2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

身体的特質から見た男の価値

1 :高テス大臣 ◆TBUwbVEhpU :2006/11/03(金) 11:50:28 ID:japfRhHY
無知は不幸の再生産である。
無知蒙昧な若年層諸君、厳然たる弱肉強食の大人社会を知るべし。
屈強な高テス男ほどオス同士の闘争(競争)に優位に立ち
メス獲得に有利であるとのが人類の本質であり動物としての本能なのです。
骨太バルキーで逞しい屈強なテストステロン分泌能力の高い
男こそメス獲得能力に優れオス同士の各競争に強く人の上に
立つ傾向が極めて高いのであります。
世の中見渡してみればこの厳然たる事実がお分かりいただけよう。
逆に低テスの骨細貧弱な男性はメス獲得能力が低く競争に弱く
虐げられた人生を送るつまり弱者として生きる傾向が高いのです。

テストステロン分泌能力が高いとより筋や骨格を大きくし密度を高める。
その結果筋力や体の物理的耐久力が高まり、格闘や闘争に有利な体躯を獲得できる。
また心理面でもアグレッシブで闘争性を発揮しやすくなり、支配欲や征服欲
が高くなる傾向にある。
またコルチゾルからの脳の神経細胞の保護やシナプス樹状突起の成長を高め
鋭敏な知能を高める作用が示唆されている。
こういった作用により高テスが現代社会においても各種競争やオス同士の闘争
に有利であると言えるだろう。
つまり強者やリーダーになる傾向が高いのである。富の獲得やその結果メス獲得競争いおいて優位に立てるのである。
またこのアンドロゲンホルモン分泌能力が高いとアンドロステノールという
フォロモン物質を多く発散させ、女性(メス)の鼻腔から直接、脳に作用し、
性的興奮を喚起させる作用があるのだ。所謂フェロモン効果なのである。
高テス男がモテル直接的要因だと言っていいだろう。
個人間の闘争一つとってみても圧倒的な知能の優位性がなければ
低テス男は身体的能力や心理的闘争能力に優位なより高テス男には
分が悪いのだよ。つまり高テス男は同じ知能だとしても
闘争や競争において高いアドバンテージを持っているのだよ。
そして上記神経細胞観点からみても知能の発揮において高テスが優位である
ことは示唆される。


2 :高テス大臣 ◆TBUwbVEhpU :2006/11/03(金) 11:51:46 ID:japfRhHY
企業経営者や政治家、スポーツマンなど、分野を問わず業績のいい人ほど、テストステロン量が多いことは、ジェームズ・ダブズ教授(ジョージアナ州立大学)の実験でも、明らかになっている。
http://www.so-net.ne.jp/renaikagaku/renaikagaku/uranai/uranai020201.html
テストステロンの 血中 数値が 高い 人は 低い 人に 比べて 視覚記憶と 言語記憶(verbal memory) 機能が 良かった.
http://j2k.naver.com/j2k_frame.php/japan/healthcare.joins.com/news/article.asp?gm=aa&tonkey=20040128171922951109&cpflag=
アメリカ国立衛生研究所の調査では、
バイタリティーに溢れリーダーシップを取れる男性ほど、
血液中のテストステロンが【多い】と報告去れているのだ。
http://www.ntv.co.jp/FERC/research/20010318/f1745.html
女性はこのホルモン(テストステロン)にめっぽう弱く、年齢に関係なくこのホルモンの【多い】男性に憧れを感じます。
http://www.so-net.ne.jp/renaikagaku/dic.pict/scdictionary.cont.html
テストステロンの分泌量の【多い】男性では,僧帽筋が下肢の筋に比べて発達しやすいといえるでしょう。肩や上腕の筋群にも同様の傾向
http://www.kentai.co.jp/column/physiology/147.html
テストステロン濃度が【低い】男性はアルツハイマー病になりやすい
http://biotoday.com/view.php?n=2430
正常より【低値のテストステロン】暴露を受けた【低】ゴナドトロピン症男性では、対照群より、【低い空間能力】であった(Hier and Crowley,1982)。
http://www.geocities.co.jp/SweetHome/3829/JB/other/LJGGooren.html

上記長谷川氏のソースの記述から

雄同士の間に社会的地位もできます。
争いに勝った雄の社会的地位は高くて、2、3、4と低くなるというようなことが
出ることもあります。そういう社会的地位の高い雄を選ぶということもあります。

配偶競争の結果、雄が、角があったり、体が大きかったり、筋肉があったり、
テストステロンレベルが高くて攻撃性があったりすると、
この社会的地位や体の強さ、大きさのお陰で配偶者防衛は可能です。
雌を抑えることができます。

とあるが高テスがメス獲得競争で有利であると言うこのすれの本論と一致するでは
ないかね?


3 :高テス大臣 ◆TBUwbVEhpU :2006/11/03(金) 11:53:22 ID:japfRhHY
噛み砕いて簡単に申し上げますと、
高テストステロン男は骨太バルキーで体重が重く体毛や髭が濃くて肌が油ぎっており
怪力で首や僧帽筋が特に大きく声が低くて頭がハゲやすいと言う身体的特徴の傾向があります。
攻撃的で空間認知力に強く論理的で闘争的。
これぞオスの中のオスと言う感がある!であるから各コミュニティーでリーダーやボスになる
傾向が極めて高い。そのフェロモン漲る屈強なオスの体から多くのメスを従え
浮気も絶えないが質の高い美女に囲まれ性生活も活発極まりない。
精力絶倫でメスを強烈なエクスタシーに導きやすく、
女性をモノ扱いして使い捨てにする事も頻繁である。がそれでも女性の方から寄ってくる(しかも質の高い美女)。
これが屈強な骨太バルキー高テス男の典型と言えるだろう。

それとは対照的な
低テストステロン男は骨細貧弱体型で体重が軽く体毛や髭が薄くてスベスベカサカサ肌(油分が少ない)で
非力で首や僧帽筋が華奢で女性的、声が甲高くて髪の毛が女性的で細くて頭髪は豊富。
内向的で文学や女性的な趣味を持つ個体が多く非論理的で妄想を好む傾向にある(ヒキコモリやオタクに多い)。
オスの出来損ないと言っても過言ではない。
当然ながら女性からもバカにされる傾向が高く故さらに気弱になり内向性に拍車をかける感がある。
性器も未成熟で短小早漏などが多く精力も弱く生殖能力も低い。
性格的には女々しいが気は優しくまた女性に縁遠いので女性を大事にはするが女性から
逃げていく傾向が高い。


4 :高テス大臣 ◆TBUwbVEhpU :2006/11/03(金) 14:27:28 ID:japfRhHY
所詮人間も動物に過ぎんと言う事なのであります。


5 :病弱名無しさん:2006/11/03(金) 15:52:19 ID:OtUdMN9a
( ;∀;)イイハナシダナー
ウェイト板から出てくんなハゲ

6 :病弱名無しさん:2006/11/03(金) 21:11:51 ID:nK2Nv4JN
クソスレ乙

7 :病弱名無しさん:2006/11/08(水) 16:11:10 ID:MdO1Rwux
よくマトメたなw>>1
お前素晴らしいよ

8 :病弱名無しさん:2006/11/08(水) 16:27:47 ID:Cmh08wD5
>>1
だから何だよ?改善策を言え

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)