2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

電磁障害のもとで精神科ユーザーに必要な対策。

1 :ご意見をうかがいたい:2006/12/08(金) 06:59:58 ID:W39x7ONY
電磁波過剰の状態の下では、
1 抗精神薬の副作用で生じた肩と首の筋肉の痙性を押さえ込むこと。
2 遮光サングラスをかけ、耳栓を用いて、光過敏性をあげないこと。
3 膝・肘・足首など、痛めた関節にサポーターを装用する。
4 疲弊したときは、オレンジジュース・豆乳・黒酢などで調整する。

 肩と首の筋肉の痙性を押さえ込むには、ゴムサポーター(一枚1000円くらい)を使い、
下図のように首に回し適度の張力で細かい痙攣を抑える。肩も筋緊張の強い方は、
腱板損傷を避け、肩関節付近を通過する神経の安静を保つため、同じようにゴムサポーター
(一枚1000円くらい)を置く。さらに、電気工事屋さんの着るベストで肩を保護する。
薄い手袋(複数種必要)で両手を保護し、好みに応じてリストバンド装用。
 ゴムサポーター(一枚1000円くらい) 
http://dc-ita.dyndns.tv/~machibbs/cgi-bin/imgboard/img-box/img20061208062711.jpg
 電気工事屋さんの着るベストで肩を保護
http://dc-ita.dyndns.tv/~machibbs/cgi-bin/imgboard/img-box/img20061208062037.jpg
 
 神経の過敏性を押さえるために、最大の感覚器である眼は遮光する。
(サングラスは金属を用いていない安くて、ガラスの大きいもの)
 そして、ひょうたん型のゴム製耳栓で遮音する。遮音、遮光で顎関節を保護し、
 集中力を保つ。
http://dc-ita.dyndns.tv/~machibbs/cgi-bin/imgboard/img-box/img20061203085017.jpg

 足首・外反母趾の保護のために、足袋を装用し折り返す。ピップフジモトの
 製のように弾性があり巻くタイプのサポーターを膝、肘に適宜装用する。


2 :ユーザー用緊急防護指針:2006/12/08(金) 07:34:32 ID:W39x7ONY
サングラスはオーバーグラスでも代用できる。
http://www.sportsglasses.jp/overglass-wide.htm

3 :ユーザー用緊急防護指針:2006/12/08(金) 08:42:00 ID:W39x7ONY
抗精神病薬(ジプレキサ、リスパダール等)を中止し、マイナーコントロール
にしないと骨折・変形の可能性が高い。

 就寝時には、布団の下に毛布を丸めて入れるような足を高くする位置で寝る。

4 :病弱名無しさん:2006/12/08(金) 17:50:09 ID:puHw1i1o
チラシの裏スレ キタコレ!

5 ::2006/12/12(火) 19:19:00 ID:HP7IKbwd
公団住宅ふじのき台某棟;1階配電室
http://blue.ap.teacup.com/anntena2006/19.html

 この配電室は、なぜ緩衝材を壁に配置したのでしょう?



6 :諸兄姉の賢明な判断を望む:2006/12/21(木) 05:28:02 ID:gP4IpS49
we

7 :電磁傷害は、関節拘縮を生じる。:2006/12/26(火) 19:07:23 ID:tLdaEWVw
打撲・挫傷の基礎知識
http://www.akimoto.ecweb.jp/bruise.htm

一般的に軽度の打撲であれば、湿布を貼って包帯で圧迫固定を施行すれば1週間から2週間ぐらいで完治します。
ただし、関節周囲の打撲や出血・腫脹の強い打撲では専門家による固定や施術を要します。
特に関節周囲の打撲では、関節運動のたびに傷ついた組織が動き、同じ程度の関節周囲以外の打撲と比較して、
通常よりも多くの内出血や腫れが起こります。また、その出血した血液が線維化していく過程で、関節組織が
部分的に癒着したり、しこり状の瘢痕組織が関節機能を司る組織の運動を妨害することにより、関節拘縮(関節
の運動範囲が狭くなる。関節が動かなくなる。)を生じます。関節拘縮を起こすと半年や1年の治療期間を要し、
場合によっては後遺症として関節拘縮が完全に治らないままの状態で固まってしまうこともあります。

8 :電磁傷害は、関節拘縮を生じる。:2006/12/26(火) 19:45:36 ID:tLdaEWVw
人体周囲に、過度の変動磁場を作ると、四肢末梢、遊離部が振動し、骨折が
再び折れたり、関節拘縮が生じる。;一定時間、安静に保つ必要が生じる。



9 :電磁傷害は、関節拘縮を生じる。:2006/12/26(火) 20:09:05 ID:tLdaEWVw
人体周囲に、過度の変動磁場を作ると、四肢末梢、遊離部が振動し、骨折が
再び折れたり、関節拘縮が生じる。;

 どうしても、一定時間、安静に保つ必要が生じる。




4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)