2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【カクレカラクリ】森博嗣【すべてがFになる】

1 :(-_-)さん:2006/12/04(月) 14:12:21 ID:???0
小説家兼研究者。森博嗣の優雅な日常について。
http://blog.mf-davinci.com/mori_log/

2 :(-_-)さん:2006/12/04(月) 14:22:32 ID:ZOV0vXGJ0
???

3 :(-_-)さん:2006/12/04(月) 14:34:58 ID:???0
森博嗣=小説家、研究者
1957年愛知県生まれ。元国立N大学助教授。小説家。
1996年に「すべてがFになる」でデビュー。
2005年に大学を退職。研究活動は続けている模様。
多作で、大小7つのシリーズと、シリーズ外の作品
多数。2週間ほどで1冊を執筆する。打鍵速度毎分
80文字。国立大学工学部の様子が情緒豊かに描かれ、
理系ミステリィとして宣伝された。
引きこもりに親和性の高い作風で知られ、関係者に
名高い。保健室に心の薬として常備する学校も。


4 :(-_-)さん:2006/12/04(月) 14:43:31 ID:???0
森博嗣=ブロガー
1990年代中頃よりウェブ上で日記を公開。
当初の予定通り、本として出版される。
2005年より新たにブログの執筆を開始。
4日遅れで毎日公開されている。書籍化も
同時進行中。

5 :(-_-)さん:2006/12/04(月) 15:01:16 ID:???0
森博嗣の優雅な生活と復讐
ブログに公開される画像は大抵自宅の景色を
撮影したもの。ある日の写真には、紅葉した
紅葉の背景に、赤い庭園鉄道の高架が写って
いる。交友関係が派手な点など、引きこもりの
目に毒な点も否めないが、彼の文章は少数派
への慈愛に満ちている。彼はヒッキィにとって
殺伐としたマスメディアの中における、唯一の
精神活性剤であるといえよう。


6 :(-_-)さん:2006/12/04(月) 15:11:10 ID:???0
>>1 と森博嗣の関係。
僕と森の関係は深くて長い。彼との出会いは近所の
書店だった。高校生活に躓いていた僕は、当時なりの
思考で、なんとか一般教養を身につけようとしていた。
平積みにされていた一つの文庫。それが「すべてがFになる」
であった。初めて手に取る大人の本、それが森博嗣だったのだ。
一目見て作者の教養の高さ、博学さ、それが見て取れた。
興味をもった僕は見返しをめくった。作者は現役の国立大学
教官。今までに読んだどんな小説よりも、僕の生活に優しかった。
一般人とは乖離した家庭。学校でなじめない苦しさ。そららを
否定する言葉は彼の辞書にない。知的で分析的で、僕の苦しさを
わかった上でそれを論じてくれるのだ。彼は僕の味方だった。


7 :(-_-)さん:2006/12/04(月) 16:01:57 ID:???0
第1回メフィスト賞受賞作「すべてがFになる」について
外に出られない天才「四季」。個人所有の孤島に建つその
窓のない研究所は、天才のための城。その中で四季が設計
したオペレーティングシステム「レッドマジック」。それ
が研究所のあらゆるシステムに関わっていた。電気、
セキュリティ、通信、ネットワーク。事件が起こったとき
居合わせた生を感じさせない科学者「犀川」。彼は
唯一残された独立システムを駆使して事件の真相を解く
べく働く。犯人が仕掛けたカラクリとは。
そして美人もうらやむ女学生、西之園の恋の行方は。


8 :(-_-)さん:2006/12/04(月) 16:15:29 ID:???0
「カクレカラクリ」とは
今年の夏に発表された作品。コーラを飲み過ぎて虫歯だらけ
だろう高校生が出てくる、コカ・コーラ120周年記念作品。
彼女は紐をつけたコーラを首から下げて行動している。
洞窟に行ったり外を歩いたり。恥ずかしくないのか、とすら
思わせない田舎が舞台。
主役は2人の男子大学生。鉄道ファンで冒頭から変態じみた会話を
展開する。その圧倒的なまでのリアリティで読むものを一気に
引き込む。2人は変態じみた作戦で一人の女学生と懇意になり、
まんまと彼女の実家に招かれるが。これがスポンサーが
つくということかと思わせる記念碑的初テレビ化作品。


4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)