2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

□ いい人・やさしい人のお話 5 □

750 :おさかなくわえた名無しさん:04/12/05 12:46:16 ID:CCiAZL98
ある年の冬休みに、初めて上京。
友人宅に何泊かする予定だったので、荷物は結構でかかった。
夜行バスが予定よりも早く着き、早朝東京駅でぼーっとしていたときに、20代半ば頃のカップルに声をかけられた。
「どこからきたん?」「なにしているの?」
恐かったけども、正直に答えていると、突然女の人が笑い出した。
「ごめんごめん。家出少女に見えたからさ〜」
中学生ぐらいの女の子だと思ってたらしい(当時私は大学生)。
聞くと二人は夫婦らしく、旦那さんは元族のリーダー、奥さんはレディースだったという。
現在は夫婦で気楽なホームレス生活をしている、とのこと。
「家には東京に着いたと連絡したんか?」
「まだ朝飯食べてないんだろ?おごっちゃるよ」
「東京でヘンな奴にあったら俺に言えよ。
 俺が吹っ飛ばしてやるからな(彼の靴は鉄板入り)」
「荷物重いんじゃない?ほらあんた持ってあげなよ」
家への電話代を払ってくれた。
スープをおごってもらった。
改札口まで荷物を持ってもらった。
初対面の私に二人はとてもよくしてくれた。
そして、最後に。
「これ、お守りな。着けとき」
改札口でお礼をいって、別れるときに彼が手渡してくれたのは、雫形のペンダントトップのついたネックレス。
「気を付けるんだぞ、東京は恐いとこらだから〜」

最後の最後まで親切だった若い夫婦。
初の上京という不安を解消してくれた。
この二人とはこれっきりだけど、私の手元にはまだ、彼がくれたお守りが残っている。



長文かつ、乱文スマソ

287 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)