2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

□ いい人・やさしい人のお話 8 □

67 :おさかなくわえた名無しさん:2006/02/01(水) 22:27:13 ID:e2LThI3c
田んぼに落下ではないんだけど、高校の頃自分もいい人に助けて貰った。
学校の校門の中で、一番人の往来が少ない門から出入りしてた。
すごく急で段数の多い階段の上にある門なんだけど
休日部活で登校したらその門が閉まってた。
階段をすでにのぼってしまっていたので、また降りて他の門まで迂回する
のがとても面倒で、のりこえようととりあえずよじのぼったてみたら
ものすごい半端なところで進退窮まってしまった。
のりこえられないし、もとの位置にももどれないひどい状況で、
5分くらいその状態のまま固まってたら、だんだん体の力抜けてきて、
これはもうだめか?と感じだしたとき、たまたまなんかの部活で
走りこみしてた人が、こっちに気づいて慌てて駆け寄ってきてくれた。
自分の肩の上に足のせて台にして良いと言ってくれて、実際そうするしかない
状況だったんだけど、靴はいているし(はいてなくても)申し訳なくてしかたなかった。
躊躇ってたら再び、ほんとに気にしなくていいよと言ってくれ、自分も限界だったし
時間とらせてるのも申し訳ないし、覚悟を決めて肩をかしてもらって、無事に中に入れた。
動転してて名前やクラスをきいてあとでお礼とかするっていう頭もなく、
ただただその場でお礼言って謝ってって感じだったんだけど、その人はやっぱり
気にすることないっていって、本当に颯爽とどこかへと走っていった。
休みで正門と裏門以外は閉まってるのわかってるのに、ぼんやりいつもどおり
階段上ったり、そもそも階段の下で門が閉まってるのに気づかなかったり、
その上何も考えず乗り越えようとした自分のあさはかさを顧みるにつけ、
その人の優しさとか親切さがより感じられて、未だに忘れられない。


274 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)