2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

□ いい人・やさしい人のお話 9 □

266 :1/2:2006/05/09(火) 14:52:56 ID:+UB4zPSq
今から30年近く前の話。当時8歳の俺は、母が入院した関係で祖父の家に預けられていた。
その祖父は質屋を営んでいたんだが、時々夕方ふらっと銭湯に出かけ、俺が店番をすることが
よくあった。
ある日のこと、いつものように計算ドリルなど解きながら店番をしていると、お客さんが・・。
ただ、たった一つ違っていたのは・・・お客さんは893だったのです。(川谷卓三似)

後で知ったが、どうやら品が質流れになったのを恨んでいるらしく、(逆切れもいいとこだがw)
「じじいおるか?」
「おらん」
「どこじゃ?」
「しらん(子供心に場所はいっちゃいけないと思った)」
「あのじじい・・・・・・・・・お前はなんな?(注:お前は誰なんだい?)」
「孫」
「なんでお前がおるんな(注:どうして、君はここにいるの?)」
「お母ちゃんが病気しとるけえ、ここにきちょる(注:母が病のため、ここに来ているのです)」




265 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)