2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

□ いい人・やさしい人のお話 10 □

251 :おさかなくわえた名無しさん:2006/09/22(金) 12:26:16 ID:EZX1RVO6
旦那が転職した。しばらく単身赴任をし、やっとまた家族で暮らせるようになる頃、私は臨月。
既に2人息子がおり、「お父さん」が仕事をしている姿を見せてやろうと旦那の卒業式に4歳2歳を連れて新幹線で100キロ離れた学校を訪ねた。
行きは駅からタクシーだったが、帰りは学校からタクシーが拾える大通りまで歩く必要があり、臨月のお腹を突き出し1泊旅行か?ってくらいの鞄を肩から下げ、2人の息子と手を繋いで炎天下の中歩いていた。
卒業式に参加したことを子供たちは喜んでいたし、それこそ一生に1回のことだから私も満足してたけど、流石に予定日まであと10日ってのはまずかったなと思っていた時に、後ろから車が来た。
狭い道だったので邪魔になってはいかん、と端により子供と立ち止まっているとその車が目の前で止まり窓が開いたんです。
「大丈夫ですか?大変だろうから駅まで乗っていきなさい。」と言ってくださいました。
車には私の親世代のご夫婦と、どちらかのお父様らしきおじいさんが乗ってらっしゃいました。が、しかし全く面識のない方だしこちらは2人もわんぱく盛りの子がいる。
また、こんなご時勢。
「ありがとうございます。大丈夫です。」とお断りしました。
すると「大丈夫、私らも〇〇(←旦那の会社名)の関係者だから。あなたと同じように卒業式に参加してたんだよ。」とのこと。
旦那の同期の方のご両親とお爺様でした。
結局ありがたくお言葉に甘えさせていただきました。
駅に着きお礼を言い、「ガソリン代に…」と申し出たのですが
「いつか息子がお世話になるかもしれないから受け取れない。それより元気な赤ちゃん産みなさいね。」
と受け取っていただけず…
炎天下の中、泣きたいくらいの気持ちになっていたので本当にありがたかったです。
Aくんのご両親、お爺様、おかげ様で無事出産を終え3人目もスクスク育ってます。
本当にありがとうございました。

306 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)