2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

□ いい人・やさしい人のお話 10 □

636 :おさかなくわえた名無しさん:2006/11/04(土) 15:33:51 ID:G2ChY6Ay
俺さ高校の時友達もいなくて部活もやってなくて
本当に退屈な高校生活を送っていたわけよ
下校時には学校から駅までの商店街に
肉屋があって毎日50円のコロッケを
買っていたわけよ、出来たてでうまかった
コロッケを食べるとその日の辛い学校が終わったんだなと安心もした
何かそれがつまらない高校生活の中のちょっとした楽しみで
三年間その肉屋には寄っていたな・・・
そこの肉屋の親父は無骨な頑固者で
俺が「コロッケ一つ」といっても
「ん」としか返さないような人だった

そんな俺もとうとう卒業の時が来た
卒業式の日、他の人はこれから打ち上げで盛り上がっている中
俺は当然誘われもせず、一人寂しく学校を後にした
今日でこの肉屋でコロッケを買うのは最後だなと思いつつ肉屋へ向かった
肉屋の親父は卒業証書をいれた筒を見て三年間で初めて声をかけてきた
「お、今日で卒業か、これつまんないけど俺からだ」
渡されたのは200円のとんかつだった
俺は感動した、家族を抜かせば三年間ほぼ毎日この親父だけだったと
礼を言い去ろうとすると
肉屋の親父が「おい、200円忘れてるぞ!」と一言
俺は絶望した

306 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)