2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

□ いい人・やさしい人のお話 10 □

883 :おさかなくわえた名無しさん:2006/11/24(金) 00:05:30 ID:LSwn3IK2
つづき

おじさんは大きな犬を背中に背負うと、
「さあ、○○(犬の名前)ウチに帰って手当てしよう。包帯グルグルにしちゃうぞ。ハハ!」
とやけに明るい表情で元来た道を帰っていった。
でもおじさんの背中が小刻みに震えているんだよね。
母と弟3人でおじさんと犬を祈るような気持ちで見送った。

数日後、おじさんは車の修理代を払わせてほしいと連絡をくれたそうだ。
母から、修理代は丁重にお断りしたが、犬は奇跡的に一命をとりとめたと聞き、
私と弟は心底嬉しかったのを覚えている。
そしていつしかその話も忘れ去られていた。

そして私も成人して、母とふとその話をする機会があった。
そこで知った事実ーー。
実はあの犬は、ほぼ即死で家に着くと同時に息を引き取ったそうだ。
でもおじさんは電話口で「子供さんには「助かってピンピンしてる」と伝えて下さい。
あんな所を見ちゃ辛ぇだろうから。」と言ったと。
自分も辛いのに、子供の前で一切そぶりを見せなかったおじさんの心遣いに
頭が下がる。

長文スマン。


306 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)