2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アニメや児童文学を妻・母・嫁の立場で検証するスレ15

1 :名無しさん@HOME:2006/11/11(土) 20:02:43
アニメ、漫画、ゲーム、児童文学などの、いわゆる子供向けメディアの内容を
家庭人の立場から冷静に、または熱く突っ込むスレです。
スレタイは“妻・母・嫁”となっていますが、男性が“夫・父・婿”の立場として
意見を書くのは歓迎です。

対象は古い作品でも、最近の作品でもオールOK。
あまりにもマイナーそうなものは、簡単なあらすじ紹介や
作品に関するサイトを案内するなどしてもらえればベストです。

作品対象年齢は問いませんし、たまに脱線して子供向けではない作品の
話題を振るのも禁止ではありませんが、あくまでも常識の範囲内でお願いします。
また、あまりにもマニアックすぎて不快感を表す人が多いと予想される話題
(やおい等)はご遠慮ください。

前スレ
アニメや児童文学を妻・母・嫁の立場で検証するスレ14
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/live/1160318768/


2 :名無しさん@HOME:2006/11/11(土) 20:04:14
>>980を踏んだかた次スレおながいします。
でいい?

3 :名無しさん@HOME:2006/11/11(土) 20:29:38
>>1さん乙。

>>2
いいよ。

>>998
>足長おじさんなら設定を日本に変えて、
>時代も書かれた当時の時代にしたのが漫画誌に掲載されてたね

途中でYOUNG YOUを読むのをやめたからね。
タイトルと作者名をご存知の方お願いします。

4 :名無しさん@HOME:2006/11/11(土) 21:05:55
>>3
タイトルはわからないけど作者は確か「勝田文」

5 :名無しさん@HOME:2006/11/11(土) 21:31:20
>>1
乙です。

6 :名無しさん@HOME:2006/11/11(土) 22:50:33
>>4
勝田文でググッたらタイトルが「Daddy Long Legs」と判明しました。
ありがとうございます。

ところでYYといい、Cutieといい、ハチクロが連載されていた雑誌は
のきなみ休刊に追いやられているな。

7 :名無しさん@HOME:2006/11/12(日) 04:46:51
女性漫画版超人ロックのようだ

8 :名無しさん@HOME:2006/11/12(日) 07:55:44
ハチクロのせい、と言うより、既にダメダメになっている所を
取り合えず人気のハチクロでも入れてなんとか挽回しようと試みるも
上手く行かなかった…って所でしょう。
私も7,8年YY読んでたけど、ハチクロと槇村以外がホントにつまらなくて
買わなくなったクチ。廃刊したのも知らなんだ。


9 :名無しさん@HOME:2006/11/12(日) 10:10:40
聖母マリアが羨ましい。
セクースしなくても、不妊治療しなくても、
子供が出来るなんて・・・。
セクースなんて全然気持ちよくないし、
不妊治療はお金も手間も掛かって面倒くさいし。
ほんっと羨ましい。

10 :名無しさん@HOME:2006/11/12(日) 11:00:30
でも、目の前でその息子が磔の刑で死ぬんだよ。
傷口からまだ血を流してる息子を膝に抱くんだよ。(ピエタっての?)
私ゃ、あんまりなりたくないなぁw

11 :9:2006/11/12(日) 13:34:14
>>10
ああーそれはイヤだな。
手塩にかけた(?)子供が
「俺の親は神だから」
とか言い出しちゃうのもアレか・・・。
(そういえば前スレでもイエスの話題あったね)

12 :名無しさん@HOME:2006/11/12(日) 18:04:02
騒ぎ起こしてとっ捕まって死刑になった(元)大工って考えると
いつの時代にもいるありふれたドキュソだ

13 :名無しさん@HOME:2006/11/12(日) 20:09:03
遠藤淑子のマンガに野戦病院を舞台にした「君の為にクリスマスソングを歌おう」
という作品があって、スタッフ全員で参加してキリスト降誕劇を演ることになったけど
神父さんが「若い娘がまだ結婚もしていないのに子供が出来たら、そう思うに決まってるだろう」


  天使:「あなたは神の子を宿したのです。マリアよ。」
 マリア:「げっ!? やっべー!」

と変えていたよ。

でも、この神父さんの言っている事には筋が通っているな。

14 :名無しさん@HOME:2006/11/12(日) 20:28:04
悩める人「神は本当にいるのですか?」
神父「それは企業秘密だ」

というのも「君の為に〜」だったっけ。
すごくうろ覚えw

15 :名無しさん@HOME:2006/11/12(日) 22:18:54
>>13
よくわからないんだけど、処女ならやっべーと思わないんじゃ。

16 :名無しさん@HOME:2006/11/12(日) 22:44:55
>>14
「君の為に〜」で合っているよ。


17 :名無しさん@HOME:2006/11/12(日) 23:10:52
>>15
処女のほうが切実に「やっべー!」だろ。
見に覚えのないことで家族ごと信頼がた落ちになりかねない。
周りがすっかり信じ込んだから良かったものの…


18 :名無しさん@HOME:2006/11/12(日) 23:38:53
そのうえ婚約者がいて、婚約者とは清らかなお付き合いをしていながら
婚約者以外の男(神なんだけど)の子供を身篭ったのなら
切実さも倍増だろう。

19 :15:2006/11/12(日) 23:42:52
や、「はあ!?なんで!?」だろう普通
いやいやDNA鑑定すればわかりますから!
は!神のDNAどこで仕入れれば!?
みたいな。

20 :名無しさん@HOME:2006/11/13(月) 01:44:37
つか本当に処女なのに妊娠したとしても
それを誰が信じてくれるんだよとか思う
疑われて信用失って孤独に生きるしかなくなりそう


21 :名無しさん@HOME:2006/11/13(月) 01:58:08
「ええええ??? なんでなんで?」としか思わないだろうよとは思う。
受胎告知は天使が1人だけ来るけど
生まれたときに賢人がお祝いにくるから
その時ちょっと「ひょっとしてホントに神の子かも」って思うかもね。

救いは婚約者の大工が処女懐胎を信じてくれたことだろうか。

22 :名無しさん@HOME:2006/11/13(月) 02:33:58
「嘘もつき通せば真実」というのを示してるとしか思えない。

23 :名無しさん@HOME:2006/11/13(月) 04:13:21
ヨゼフだっけ? マリアの婚約者。
本心から信じてたかどうかはともかく
はらみ女の身がヤバイとなれば故郷を捨てて女と逃げようとする行動力。スバラシイ。
いい意味で鳶のヤンキーっぽいな。
(過去はもう問わねえ。おメエは俺が守ったらあ! って感じ)

24 :名無しさん@HOME:2006/11/13(月) 08:01:52
少なくとも地元(ナザレ)では誰も処女懐胎なんて信じてなかったらしいよ
聖書の記述でもイエスが地元に里帰りしてる間は
まったく奇跡が起こせなかったと書かれている

本人を小さい頃から知ってれば「我は神の子」とか言われても鼻で笑っちゃうよな

25 :名無しさん@HOME:2006/11/13(月) 08:22:36
読んだときは気の毒な大工さんだと思った
今でもそう思ってる
クリスチャンじゃないから信じてない

26 :名無しさん@HOME:2006/11/13(月) 11:14:59
レイプでもされたんかしらねぇ。

27 :名無しさん@HOME:2006/11/13(月) 11:18:24
村の有力者からレイープもしくは、もともと有力者の愛人で、
妊娠しちゃったために、その辺の若いのに強権発動で押しつけた
・・・という話ではないのかなと。

28 :名無しさん@HOME:2006/11/13(月) 13:24:53
そう解釈すると蒲田行進曲の「銀ちゃんカッコイ〜」の人っぽいな。ヨセフ。

29 :名無しさん@HOME:2006/11/13(月) 13:35:46
どっかの海外ドラマでマリアがローマ兵にレイープされたっぽい描写があって
教会からクレームがついたって話を聞いたぞ。

30 :名無しさん@HOME:2006/11/13(月) 13:59:45
イエスの父がローマ兵士って説もかなり有力だよ

31 :名無しさん@HOME:2006/11/13(月) 14:09:11
精子とか遺伝子は質量のあるものなのに処女懐胎てホント意味不明だよな
空中から突然赤ん坊が出てきたって同じだろう

32 :名無しさん@HOME:2006/11/13(月) 14:19:45
>>23
出来婚なんて許されない、結婚後8ヶ月で産まれても
親戚一同 が 後ろ指を刺されるくらい不名誉なことだから、
同じところに住んでいるわけには行かなかった らしい。

33 :名無しさん@HOME:2006/11/13(月) 16:15:17
聖書ってつじつま合わせと神秘性もたせるために人間が後から作ったんだよね…
子供の時はあんなヨタ話信じてたわよ。バカバカーン

34 :名無しさん@HOME:2006/11/13(月) 17:25:29
でも物語として読むと面白いよ。>聖書
手許にないけど翻訳物の「小説聖書」とか結構よかった。
特に旧約。調子にのって週刊誌仕立ての「週間聖書」まで買ったしw
欧米の映画や本なんか見てると役にたつこともあるしね。

現在の教会は処女懐胎をどう説明してるのかなー?

35 :名無しさん@HOME:2006/11/13(月) 19:38:37
詳しいところは忘れたけど、聖書を訳す時に
「ひとりの婦人が…」を「ひとりの処女が…」と
誤訳したのが発端だと
何かで読んだことがある>処女懐胎
小説聖書、面白そうだね

36 :名無しさん@HOME:2006/11/13(月) 20:28:34
>>31
魚の中に、メスしかいない種類がある。
排卵して他の種類のオスの精子を利用するんだけど、
分割する刺激にするだけで遺伝子は取り込まないんだと。
人間じゃ遺伝情報が多すぎて、無理だけど。

37 :名無しさん@HOME:2006/11/13(月) 20:33:01
>>34
ファンダメンタリストと呼ばれる人たちは、一言一句信じてるから、
今でも彼らの教会だと、神は一週間で天地創造を成し遂げて(進化論は
間違っているようだw)、マリアは処女で懐胎したことになってるんじゃね?

確か、マリア自身も父無し子ということになってるんだよね。
彼女だけが人類で唯一「無原罪の御宿り」なんだという説明の為に。



38 :名無しさん@HOME:2006/11/13(月) 22:40:29
「パタリロ!」のバンコランとマライヒの息子、フィガロは
「男女のカップルにだけ子宝を授けていたら将来人類が滅亡するから
男同士、女同士のカップルにも子宝を授けてみてはどうかな?」という
考えの下に自ら男同士のカップルの子供に転生した大天使達の1人だったんだよ。
(ちなみにフィガロの正体は大天使ミカエル)

周囲の人たちにはフィガロがやって来た経緯を何て説明しているのだろうか?

39 :名無しさん@HOME:2006/11/13(月) 22:59:06
聖書とクソみたいな漫画を一緒にすんなや。

40 :名無しさん@HOME:2006/11/14(火) 05:05:56
>>37
その人達の娘が未婚なのに妊娠して、娘が「これは処女受胎よ!」と言い張ったら
素直に信じるんだろうか。

41 :名無しさん@HOME:2006/11/14(火) 07:54:58
>>99
聖書の名の下に殺された人はたくさんいるが
パタリロの名の下で殺された人はいないので
パタリロの勝ち

42 :31:2006/11/14(火) 10:46:37
>>36
えっなんかおもしろそうな話…
魚の名前思い出せませんか?単性生殖とかでぐぐって見たけどわからん
その魚ずっと他固体と遺伝子交換しないのかしら

43 :名無しさん@HOME:2006/11/14(火) 11:10:01
ギンブナだね
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%8A
単為生殖とか雌性発生でぐぐるといい

オガサワラヤモリも単為生殖らしい
http://homepage3.nifty.com/japrep/gekko/othersgekko/text/ogasawarag.htm

44 :名無しさん@HOME:2006/11/14(火) 12:05:59
カイコも無精卵をお湯につけると(温度と時間が決まっている)
単為発生するよ。
学生の時実験して「こいつらカップラーメン!」wwwwwと大うけしました。


45 :名無しさん@HOME:2006/11/14(火) 12:14:35
単為生殖のいい解説見つけた PDFだけど
http://www.tuat.ac.jp/~kaiko/GeneDeveBio/unisex.pdf

46 :31:2006/11/14(火) 12:26:21
うわー みなさんありがとうございます
みんな読むよ

47 :31:2006/11/14(火) 12:29:01
とりあえず銀ブナ読んできた
男がいないなんてつまらん人生だなー

48 :名無しさん@HOME:2006/11/14(火) 12:58:59
>47
それならそれで平和だと思うが・・・>男がいない世界
ある日突然いなくなったら寂しいだろうね。

49 :名無しさん@HOME:2006/11/14(火) 13:08:51
>>48
柴田昌弘の漫画に女だらけの世界が出てくるのがあったような気がする。
逆に男ばっかりの世界といえば、萩尾望都「マージナル」だな。
今のCGの技術があれば「マージナル」の映画作れそうだけどなー。
あの世界を大画面で見てみたいよ。

50 :名無しさん@HOME:2006/11/14(火) 13:38:17
マージナル、男ばっかりで成人前の男の子はお稚児さんにされるなんて
自分の子供が男の子だったら耐えられない設定だ。

51 :名無しさん@HOME:2006/11/14(火) 13:47:10
柴田昌弘のは、
女ばかりの世界に、主人公(もちろん男)が
1人なぜかトリップしてくるという
男の夢炸裂の妄想漫画だったな。

52 :名無しさん@HOME:2006/11/14(火) 14:14:45
柴田昌弘のは「ラブ・シンクロイド」だよね。
だけど最後の望みのただ一人の男の子の誕生が解決の鍵だったよね。
確かに男の妄想炸裂でしたw

53 :名無しさん@HOME:2006/11/14(火) 14:34:35
「マージナル」、メイヤードとナースタースの悲恋に泣いた。
なによー、あんたら両思いだったんじゃない、
どうしてもっと素直になれなかったのよーて。

54 :名無しさん@HOME:2006/11/14(火) 15:26:31
年取ってからの萩尾の作品は嫌いだ
キモイ欲求不満のばばあがえぐいBL描いてはぁはぁしてるだけ。
処女じゃねえのかこいつと思ってる。

55 :名無しさん@HOME:2006/11/14(火) 15:57:42
聖母マリアが処女じゃなくて困る人はたくさんいるが
はぎ万年青が処女で困る人はそんなにいないと思う。

56 :名無しさん@HOME:2006/11/14(火) 20:51:04
処女か処女じゃないかって、そんなに作品に影響するかな。
エミリ・ブロンテは処女のままで生涯を終えたとか言われてるけどさ。
あ、私は子持ちです。残念ながら処女懐胎ではありませんw

57 :名無しさん@HOME:2006/11/14(火) 20:51:32
はぎ万年青…なんつー変換だよヲイw
一気に正月気分だぃね。

58 :名無しさん@HOME:2006/11/14(火) 20:55:37
>>56
ジャンルによってはそういうこともあると思うよ。
例えばフランス書院系の作家は、実経験が乏しい人の方が
妄想が突っ走っておもしろい作品を書き上げることが多いらしい。

59 :名無しさん@HOME:2006/11/14(火) 20:57:16
ペンネームの由来が、「萩 万年青」らしいので、
あながち間違いともいえないw

60 :名無しさん@HOME:2006/11/14(火) 20:58:42
うそつけ 本名だろ

61 :名無しさん@HOME:2006/11/14(火) 22:48:43
>>59
それマジですか?受けてしまいました。

ところで萩尾作品といえばメッシュがダントツ好き。
読んだ当時は小6で男同士の描写がいまいち理解できてなかったけど
メッシュの淋しさやらミロンのまともさが胸に痛かった。

マージナルは当時「カフェテラスの二人」っていうラジオドラマでやっていて
直接読んだことはないままなんだけど
市長の名前=メイヤー(本当はメイヤードだったらしいけど)で
市長を英語でメイヤーと知った中1の期末試験
おかげでその単語だけはあっさり覚えられた記憶があるw

関係ないけど未来少年コナンのおかげで
インダストリアルも楽に覚えられた。

62 :名無しさん@HOME:2006/11/14(火) 23:35:56
>>59
そりゃパタリロのネタだ。

63 :名無しさん@HOME:2006/11/15(水) 00:15:22
>53
あれってメイヤードが、(エゼキエラ保因者の)自分には未来がないから
わざと「愛の他は何でもやる(でも愛してない)」と言ったんだよね?
ナースタースはメイヤードの最期の言葉を聞くまでそれがわからなかった、
っていうのが悲しかった……。

64 :名無しさん@HOME:2006/11/15(水) 09:06:16
万年青(おもと) 観葉植物の名前だったかな?

65 :名無しさん@HOME:2006/11/15(水) 10:19:45
万年青といえば山岸の漫画でキマイラ症候群かの人の
話があったよね


66 :名無しさん@HOME:2006/11/15(水) 13:27:18
あったあった。
花の咲かない万年青を自分の分身のように愛していた…

67 :名無しさん@HOME:2006/11/15(水) 14:43:49
>>62
竹宮惠子もよくネタにされているんだよね。>パタリロ

68 :名無しさん@HOME:2006/11/15(水) 15:21:18
バンコランとマライヒの関係を描くにあたり参考にしてるのかと思った。
いや、萩尾・竹宮はそれ以外でも秀逸な作品を手掛けているが。

69 :名無しさん@HOME:2006/11/15(水) 20:35:35
お子様大喜び、テディベア型USBメモリ
ttp://japanese.engadget.com/2006/06/18/teddy-bear-usb/

70 :名無しさん@HOME:2006/11/16(木) 02:06:40
処女懐胎って、「乙女マリアが・・・」という部分を
のちの人が「処女マリアが・・・」と訳してしまったがために
処女で通すしかなかったという説もあるらしいですね。
(日本でいう「むすめ」という単語に、未通女=おぼこという意味と
若いお嬢さんという意味があったようなもの)
進化論を、最近になって認めたような宗教だから
この間違いを認める日がいつか来るのだろうか。

>>56
あるコスプレイヤーのブログに、
「童貞だったライターやイラストレイターが、脱童貞すると
なにか作風が変わる」と気付いて、作品をよりよくwするために
童貞を守る決意をした、というクリエイターの話が出てた。
ということは、やっぱ変わるんじゃないでしょうかね?
自分を振り返っても、現実を知らないころのほうが、男性のたくましさ〜とかを
書いた小説を読んでは妄想大爆発で、実際に男性と付き合うようになって
「あら、こんなもの?」「え、そうなの?」がけっこうあったから
クリエイターのような感性の鋭い人には変化があるのかもしれないね。

71 :名無しさん@HOME:2006/11/16(木) 02:31:35
>>70
そこらへん、伊集院光とみうらじゅんの「DT」って本が
詳しいよ。
まあ、みうらじゅんはそんな本買いときながら
らしくないネタで騒がれてたけどさ。

72 :名無しさん@HOME:2006/11/16(木) 12:33:26
伊集院は童貞の仲間みたいな芸風だけどかわいい嫁さんいるよな

73 :名無しさん@HOME:2006/11/16(木) 13:20:15
>>56
逆に処女でないエミリ・ブロンテというのが想像できない。
エミリにもし恋人がいたり結婚してたりしたら
「嵐が丘」はどういう風になっていたのかな。

74 :名無しさん@HOME:2006/11/16(木) 13:20:44
これ見て和んでw
http://up.nm78.com/old/data/up116660.jpg

75 :名無しさん@HOME:2006/11/16(木) 13:34:34
>>74
お腹イタイwww

76 :名無しさん@HOME:2006/11/16(木) 13:43:54
>>74天才!

77 :名無しさん@HOME:2006/11/16(木) 15:03:16
今石川賢が亡くなったって言うニュースを見た。
あぁこれでゲッターは、永遠に封印されてしまったんだと思うと
脱力してしまった。   orz
こんなことなら「新ゲッター」、もっとちゃんとアニメ化してほしかった。
「極道兵器」も、あの先描いてほしかった。
(思えばそんな作品ばかりだ。)

‥‥ご冥福をお祈りします。

78 :名無しさん@HOME:2006/11/16(木) 15:10:31
>>74
センスいいなぁ

79 :名無しさん@HOME:2006/11/16(木) 15:25:40
え、そんなに面白い?ワカラン

80 :名無しさん@HOME:2006/11/16(木) 15:45:11
元ねた鉄筋家族だっけ?

81 :名無しさん@HOME:2006/11/17(金) 00:15:58
チャーハン付き
ttp://www.tongariyama.jp/weblog/images/menu_07.jpg

82 :名無しさん@HOME:2006/11/17(金) 11:02:49
>>81
あ〜る君とヘイハチが喜びそうなメニューだw

83 :名無しさん@HOME:2006/11/17(金) 14:30:56
あ〜るは味付けまでは大丈夫だが(おせんべい)
他のものがお米に混ざると食べられないぞ(ライスチョコ)。

84 :名無しさん@HOME:2006/11/17(金) 17:27:04
そうだった、不完全燃焼起こしてケロケロ吐いちゃうんだっけ。

85 :名無しさん@HOME:2006/11/17(金) 18:21:35
マンガでオナニーしたことある?

86 :名無しさん@HOME:2006/11/17(金) 18:29:03
今時の子は、こんなライトノベル読んでるんだもんねぇ。
http://sneg4vip.com/ameloda/1163/687258.jpg

つーか、自分が若い頃、恥かしくって読めんかったわ。

87 :名無しさん@HOME:2006/11/17(金) 18:31:51
セクスカリバーも堕ちたもんだ

88 :名無しさん@HOME:2006/11/17(金) 19:09:08
BLって何でもアリだもんねぇ。
あれって規制掛からないのが不思議だよ。
18禁とか成人向けにしちゃえばいいのに。

89 :名無しさん@HOME:2006/11/17(金) 19:11:38
>>86
禿しく下手糞なセックスだよな

90 :名無しさん@HOME:2006/11/17(金) 19:17:15
自分の子がこんなの読んでたらどうしよう

91 :名無しさん@HOME:2006/11/17(金) 20:07:10
うちの子(中学)の図書館にBLあるそうなんですがどうしたら

92 :名無しさん@HOME:2006/11/17(金) 20:35:25
BLもそうだけど、男性対象とされる少年漫画・青年漫画の方が性表現の規制が強く、
女対象の少女漫画等は規制がゆるい。
だから成年漫画よりエロい少女漫画なんてものが存在する。
間違った性差別の気がする。

93 :名無しさん@HOME:2006/11/17(金) 22:27:04
ヘタに快感フレーズで億単位の家を作者が建てたもんだから
少女コミックなんてレディコミと大差ない状態になってるもんな。
しかも購買層に合わせてヒロンの大半が未成年ってのが更に最悪。

94 :名無しさん@HOME:2006/11/17(金) 22:33:06
>86
ワロタ。
しかしエクスカリさんの名前の読みが解らない。ヤジン?w
図書館にも漫画みたいだけどそこはかとなく怪しい表紙の小説があるが、
こういう中身なのか。

95 :名無しさん@HOME:2006/11/17(金) 22:53:29
296 :名無しさん@七周年:2006/11/16(木) 20:59:46 ID:2pNtp/H90
青は藍より出でて藍より青し
石川賢は永井豪より出でて永井豪より永井豪

何とも言えぬゴロの良さ。
ご冥福をお祈りいたします。

96 :名無しさん@HOME:2006/11/17(金) 23:09:29
石川賢亡くなったのか。
石川賢は、永井豪から暴力だけを突出させたようなイメージだ。

97 :名無しさん@HOME:2006/11/17(金) 23:25:01
最近漫画やアニメ関係者(声優含む)がよく死ぬなー。
漫画やアニメ好きだったから、俳優女優が亡くなるよりもより悲しく感じる。
はらたいらは漫画家というより「クイズダービーの人」だったけど。

98 :名無しさん@HOME:2006/11/18(土) 02:43:56
そう・・・。そのまま飲みこんで。僕のざんてつけん・・・

99 :名無しさん@HOME:2006/11/18(土) 12:57:01
またつまらぬものを飲んでしまった。

100 :名無しさん@HOME:2006/11/18(土) 12:58:02
>>93
たまたま立ち読みした少女コミックかなんかで
男とやりまくってた少女に初潮が来た描写があってタマゲタ

101 :名無しさん@HOME:2006/11/18(土) 13:51:12
「風と木の詩」も少コミじゃなかった?
エロいのは伝統なのかも・・・?

102 :名無しさん@HOME:2006/11/18(土) 14:15:42
ダ・ヴィンチにも少コミがエロイと書かれていたから、
へ?って思ってたよ
97年の新條まゆ「快感?フレーズ」からだそうだ
画が好みじゃないのでエロ度は確認してない
風木は男女ものじゃないからな???腐女子育成のパイオニア漫画ではあるがw
上原きみこも少コミだっけ?少コミといったら、そのあたりの記憶しかない
ドラマの14歳の母といい、低年齢の女子を無駄に刺激するのはなんかちょっと嫌かもと思ったが、
考えてみると、小学生の頃に「けっこう仮面」や「いやはやなんとも」を読んでいたわけだから
そんな自分が批判者側にまわるのもなんだかな???という気はする

103 :名無しさん@HOME:2006/11/18(土) 14:17:53
私が「風と木の詩」を初めて読んで衝撃受けて
以後24年組を追い掛けるようになったのは小学6年生のとき…。
当時の私も私が夢中になって読んでた本も
大人の目から見れば「とんでもない」もんだったろう。
そんな私も大人になって
今の小学生の女の子たちが読む本の性描写の激しさにめまいを覚えていますわ。
最も最近のエロ少女漫画家と24年組じゃあ
作家としての実力も才能も違いすぎますけど。

104 :名無しさん@HOME:2006/11/18(土) 15:01:53
ワカル、めまいがするっての。
ティーンエイジャーですらない娘が「僕イモ」全巻持っていた。はげしく鬱。
もっと骨太なストーリーの物を読めよ〜エロばっかりじゃん。
(しかし結局全部読んでしまった自分がイタい)

105 :名無しさん@HOME:2006/11/18(土) 15:47:03
>>102
大島弓子の作品に十代の母とか、結婚せずに子ども産んでたりとか結構あったよね。
まあ、エロさなんて皆無なんだけど。
みんな非力ながら一生懸命生きてるんだなあ。としみじみと思わせるような内容だった。

106 :名無しさん@HOME:2006/11/18(土) 16:05:23
>>102
やぁ、さすがに女の子がレイプされて快感覚えたりするのはおかしいだろう?と。

107 :名無しさん@HOME:2006/11/18(土) 17:00:35
>102
快感フレーズ考察 ※文体こそおちゃらけですが、指摘は的確です。
http://www6.plala.or.jp/kannauraha/nikki/koram01.htm

「風と木の詩」は少年愛が主題なだけで比較にならんくらい質は高い。
「快フレ」や「僕イモ」と同列に並べるのはいくらなんでも失礼というものだ。

ちなみに少年誌に「けっこう仮面」や「いやはやなんとも」があったのは
あの時代、まだ青年誌というカテゴリが確立されていなかったかららしい。

108 :名無しさん@HOME:2006/11/18(土) 17:04:01
困ったもんだとは思うけど(実際、我子には読んで欲しくはない。)
でも、規制とかまでは思わないけどね。

避妊とか、レイプはいかんものだとか
そゆのはキッチリ描いて欲しいもんだ。

109 :名無しさん@HOME:2006/11/18(土) 17:48:28
>>107
無理やり同列に語ると、風と木は思春期の性の目覚めに対する
嫌悪感と悩みをメインに描いてる
それにたいして僕イモあたりはそういう悩みはなく、子どもがいき
なり性に目覚めそれに狂って行く様を描いてる

110 :名無しさん@HOME:2006/11/18(土) 23:02:21
>>107
当の漫画は読んだこと無いが、そのサイト見て大笑いできた。ありがとう。
続き(第九回以降)はないのかな?

111 :名無しさん@HOME:2006/11/19(日) 00:03:42
快フレも別に悩んで無いよね。

112 :名無しさん@HOME:2006/11/19(日) 05:15:05
ただヤってヤってやりまくるのがお約束。
売れりゃ何でもOK。

ロリやペドと同じ理屈だよね。
吐き気がする。

113 :名無しさん@HOME:2006/11/19(日) 06:57:05
質の高さでエロ表現が緩和される、みのがされていいとは思わないが。
石原都知事も早く少女漫画の現実に目を向けろよと思う。
あの人も自分は昔エロイの書いてたくせに厳しいよね。
大人になったら心に棚を持つのはいいことだ

114 :名無しさん@HOME:2006/11/19(日) 10:12:28
中曽根さんが当時のマンガなんかに規制かけたんだ、
阿部さんもやらないかな
エロが書けなきゃ他の面白い要素を持ってくるしかないもんね
娘の「りぼん」を見て、昔の花とゆめって面白かったのねと思った。
「いっぱしマン」「すーぱーキッド」とか勢いで読ませる恋愛無関係物とか
作家わすれちゃったけど、童話みたいな「もつれっ毛の姫君」なんか」よかった。
「小さなお茶会」読んで日東紅茶を買いに走ったり、いろいろ懐かしい。

115 :名無しさん@HOME:2006/11/19(日) 10:32:54
>>114
たぶん「めるへんめーかー」>もつれっ毛の姫君
好きだったノシ

116 :名無しさん@HOME:2006/11/19(日) 12:35:42
美味しんぼ壁紙
http://www.imgup.org/iup289171.jpg
http://vista.nazo.cc/img/vi6390641212.jpg

117 :名無しさん@HOME:2006/11/19(日) 14:02:18
>>110
これもおもしろかったよ
ttp://members2.jcom.home.ne.jp/tenkaji/kaikan.htm

118 :名無しさん@HOME:2006/11/19(日) 15:22:35
いつもは自分もここの参加者なんですが
博識な皆さんを見込んで質問させてください。
ネット上で以下のようなニュースをみかけたんですが
このニュースに出てくる絵本のタイトルわかる方いませんか?
もうどうやって調べたらよいものやら・・・気になって仕方ないんです。
以下記事全文

『米国で同性愛ペンギンの絵本発売
2006年11月18日 10時23分
オスのペンギン2羽が赤ちゃんペンギンを育てる内容の絵本が米国で出版された。
一部の父兄からは子どもへの影響や、学校関係者の消極性に憂慮する声があがっている。
米AP通信が17日伝えた。

絵本は、ニューヨーク市中央動物公園でオスのペンギン2羽が卵を受け取り、
自分たちのヒナとして育てた実話に基づいた物語。
同性愛者の擁護を暗に示す内容に、地元の小学校の父兄らは怒り心頭。
絵本は学校図書館で市民にも貸し出し可能なことから、「
幼い子どもたちが触れるには重過ぎる内容」と苦情を寄せている。
父兄は教育委員会に対し、絵本を児童向け書籍の棚から移動し、
貸し出しに保護者の許可を義務付けるなどの措置を求めている。
父兄からの閲覧制限の要請に対し、教育関係者は「図書館は市民全体のもの。
一部の宗教背景や考え方を過度に保護することは難しい」と頭を抱えている。 』

119 :名無しさん@HOME:2006/11/19(日) 15:33:36
>>118 "two male penguins" であっさり出たが。

ttp://www.chinadaily.com.cn/world/2006-11/17/content_736092.htm

120 :名無しさん@HOME:2006/11/19(日) 15:35:22
>>118
これかどうかわかんないけど
「And Tango Makes Three」でぐぐってみ

121 :名無しさん@HOME:2006/11/19(日) 15:39:24
>>119>>120
ありがとう!
two male なんて思いつきもしなかった!
バカですね・・・英語弱いとこれだから・・・ほんとにもう。
思い切り感謝します。どうもありがとうございました。

122 :名無しさん@HOME:2006/11/19(日) 16:12:09

トメペンギン

123 :名無しさん@HOME:2006/11/19(日) 16:19:53
>>122
やーめーてーーーー


124 :名無しさん@HOME:2006/11/19(日) 23:05:29
>>113

あれDQN小説だよね

125 :名無しさん@HOME:2006/11/21(火) 03:09:45
障子を突き破ったとこしか憶えてない
幼稚なやつだな、というのが感想

126 :名無しさん@HOME:2006/11/21(火) 09:49:49
太陽の季節…アニメで放映された事があるんだよなあ…。
(日テレ・青春アニメ全集)
エロ系描写はさすがに無かったが。
平日夜7時台にこんな物放映するなよ、と思った。


127 :名無しさん@HOME:2006/11/22(水) 00:25:31
「吉祥天女」映画化だって。
小夜子役は鈴木杏。
…もっと他に女優はおらんかったんかい。

128 :名無しさん@HOME:2006/11/22(水) 00:36:52
>>127
工エエェェ(´д`)ェェエエ工工 も一つおまけに 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
小夜子の友人役でなくて?小夜子って神秘的な絶世の美少女なのに、なぜorz

129 :名無しさん@HOME:2006/11/22(水) 01:49:42
>>127
何つーか、台無し。作者もOK出さないでほしい。

130 :名無しさん@HOME:2006/11/22(水) 06:41:56
>>127
栗山千明がいいな


131 :名無しさん@HOME:2006/11/22(水) 07:24:21
栗山千明には、つのだじろうが描く切れ長美女の役をやってほしい

132 :名無しさん@HOME:2006/11/22(水) 08:16:15
私も小夜子役は栗山千明がいいなあ。
個人的にはもうちょっとまろやかさが欲しいところだが、
栗山もきりっとした正統派美人だからまだいい。

133 :名無しさん@HOME:2006/11/22(水) 08:37:44
>>127
わーすてき(棒読み)
クソ映画になりそうww

134 :名無しさん@HOME:2006/11/22(水) 08:55:43
なんかただのオタ向けコスプレ映画になりそうね・・・
イメージが違いすぎて厳しいな

135 :名無しさん@HOME:2006/11/22(水) 10:51:15
いっそルーシー・リューを小夜子役にしてハリウッドで映画化しろ。

136 :名無しさん@HOME:2006/11/22(水) 11:08:52
>127
「夜叉」は見てないから知らんが、「櫻の園」もパッとしなかったし
作者はあまり映像化にこだわりがないのかなぁ。
「BANANA FISH」がハリウッドで企画あがったのに、リバーフェニックス
が急逝したりとあまりこういう方面では恵まれてないのかも。

137 :名無しさん@HOME:2006/11/22(水) 11:55:25
りょうが若かったら、小夜子にぴったりなのにい


138 :名無しさん@HOME:2006/11/22(水) 14:20:40
こだわりがないから劇団ひまわりにバナナフィッシュを上演させたりするんだろ

139 :名無しさん@HOME:2006/11/22(水) 14:35:01
>>138
うわ。それ見たわ。
友達のバイト仲間が出演してるとかで、見に行った。
演技以前に自分に酔ってる人たちが舞台上にいっぱいいたw
2〜3時間程度で全巻やろうとして脚本最悪だった。
そこバナナフィッシュの後、最遊記もやってるの。
それも友達に付き合ってチケット買ったけど、やっぱり脚本最悪だった。
次の舞台の為に、男ばかりのマンガを探してるらしい。<ひまわり派生の男ばかりの劇団だから。
チケット売るためか、原作付きの芝居しかやらないみたい。
私の好きな本はやらないでくれと密かに願っている。

140 :名無しさん@HOME:2006/11/22(水) 14:47:50
へぇー

ひまわり、宮沢賢治のグスコーブドリの伝記がベースの「UBU-BOMI」や
「とんとむかし」がよかったから、質の高い演劇集団の印象だった。

141 :名無しさん@HOME:2006/11/22(水) 17:38:08
>>137
私も。
小夜子には神秘的な和風顔美人という印象があるから
バタくさい鈴木杏じゃイメージに合わないよ。


142 :名無しさん@HOME:2006/11/22(水) 18:49:05
>>139
アッシュ役の人の顔を見たいような、見たくないような・・・

143 :名無しさん@HOME:2006/11/22(水) 18:53:45
なんで鈴木杏なんだろう。一時期太ってたけど、せめて痩せていてほしい。
私は香椎由宇がよかったな。人間味がない美人って感じで。

144 :名無しさん@HOME:2006/11/22(水) 20:25:49
りょうや香椎由宇じゃ男子のウケが悪いんでしょ

145 :名無しさん@HOME:2006/11/22(水) 20:59:24
>>142
見るな!
見たら後悔する!
バタ臭いおじさんだ!
でも劇中ではノンケの男がまでくらくらする美少年っつう設定だ!
いや、私は演じた柄谷さんの大ファンなんですけどね。
サイユウキの三蔵はわりと似てた。ファンの欲目。

146 :名無しさん@HOME:2006/11/22(水) 22:52:02
「自虐の詩」も映画化だってよ。
恐ろしいことに阿部寛と中谷美紀で。

147 :名無しさん@HOME:2006/11/22(水) 23:02:36
>>146
知らないからぐぐってみた
http://plaza.rakuten.co.jp/manbou007/7001
これのことであってる?

148 :名無しさん@HOME:2006/11/22(水) 23:10:46
>>147
うん、それ。

149 :名無しさん@HOME:2006/11/23(木) 00:02:18
なんでそんな華やかな人選なんだw 香川照之とか寺島進がイメージなんだが。

150 :名無しさん@HOME:2006/11/23(木) 00:28:08
ヒロインは寺島しのぶがいいな、なんとなく。

151 :名無しさん@HOME:2006/11/23(木) 01:17:16
>>149
寺島進いいね
問題は熊本さんを誰がやるかだ

152 :名無しさん@HOME:2006/11/23(木) 02:09:06
阿部寛って、マンガキャラ役者かも。
まあ、今回は…ですが。

153 :名無しさん@HOME:2006/11/23(木) 05:46:43
阿部寛は現実的に絶対アリエネー役を演じてるときの方が輝いているw
が、今回はなあ。「ダメオーラ」が徹底的に欠けてるような気が。


154 :名無しさん@HOME:2006/11/23(木) 06:13:57
しのぶと進の寺島コンビですべきだよね

155 :名無しさん@HOME:2006/11/23(木) 06:15:38
熊本さんも幸っちゃんもタイプは違うがブサイクで貧乏くさいっつうのが
すごくラストの友情に生きるのに!!
Pr.は全然わかってない

156 :名無しさん@HOME:2006/11/23(木) 10:57:29
寺島しのぶはアキハバラ@DEEPで胸ぐり開いたボデコン(死語)着て
キャットファイトで山田優にマウントしてたのが凄まじかった

しのぶ乳 インパクトすごすぎ

157 :名無しさん@HOME:2006/11/23(木) 17:33:03
中谷美紀って案外貧乏臭いの似合うかもよ

158 :名無しさん@HOME:2006/11/24(金) 00:01:01
うむ、幸薄そうで貧相な顔してる。

159 :名無しさん@HOME:2006/11/24(金) 00:30:07
中谷の貧相さってなんか単調でつまらん。

160 :名無しさん@HOME:2006/11/24(金) 02:59:42
幸っちゃんのあの壮絶な貧乏とは違うもんね。
中谷なんてなんの苦労も顔に出てない。

161 :名無しさん@HOME:2006/11/24(金) 07:25:14
中谷美紀から連想してみたんだけど、内山理名なんかどう?
メイクさんがどんなにがんばっても隠せなかった大奥主演時の
何とも言えない貧乏くささを今こそ生かすときかもしれない。

162 :名無しさん@HOME:2006/11/24(金) 09:55:33
主役の男は遠藤憲一なら良かったのに。

163 :名無しさん@HOME:2006/11/24(金) 12:39:13
>>127
鈴木杏って何番目の小夜子だかなんだかやってた時
かそれより前は美少女だったよね?栗山と一緒に出てた

164 :名無しさん@HOME:2006/11/24(金) 12:42:01
六番目?
先生役の一色紗英はかなり劣化済だった

165 :名無しさん@HOME:2006/11/24(金) 12:44:19
>>163
美少女だったけど、昔からタヌキ系丸顔だよね、鈴木杏。
吉祥天女の小夜子っていうイメージじゃないなあ。

166 :名無しさん@HOME:2006/11/24(金) 13:12:51
小夜子は「凄みのある天女」なんだから生身のコムスメには誰が演じても荷が重かろうて

167 :名無しさん@HOME:2006/11/24(金) 15:21:06
自虐の詩みたいな名作4コマは、監督と脚本の手腕の見せどころだけど、
チャレンジャーだね〜



168 :名無しさん@HOME:2006/11/24(金) 19:25:00
トリックもケイゾクも映画は糞
ドラマは好きなんだけどな

堤はなぜ無駄なチャレンジをするのかね
適正というものを考えろ

169 :名無しさん@HOME:2006/11/25(土) 21:18:54
>>162
エンケンのHP見たら自虐の詩に出演と書いてあった。

170 :名無しさん@HOME:2006/11/26(日) 01:14:42
>>169
お父さんの役かな?

171 :名無しさん@HOME:2006/11/27(月) 14:30:04
小夜子は、かつての葉月里緒菜がイイな。
今は見る影もないんだろうけど。
ああいう触れると切れるような煌めきって、一瞬のものなのね……

172 :名無しさん@HOME:2006/11/27(月) 14:43:56
土日と、二夜連続だった「氷点」を見た。
飯島直子の和装がとても美しいのと、演技が良いので驚いたw
陽子の兄ちゃん(徹)は妙に子供っぽくて、イメージから遠かった…。


173 :名無しさん@HOME:2006/11/27(月) 16:55:46
昨日は私の誕生日でした。もう26歳です。祝ってくれる人などいません。


あーあ…ネットで鯖よんでも惨め。本当は28歳。結婚してないし彼氏もナシ。
寂しくないと言えば嘘だけど、どうしようもない。小さなケーキに蝋燭を3本たてると涙が出た。

ヤケで告白すると本当は30歳。ついに三十路。田舎の親には行かず後家、会社ではオールドミス扱い
される日々。オールドミス…古っ(苦笑)バレバレか…実は40になりました。これは嘘偽りない真実。

ただ、女じゃないことと、会社勤めなどしてない親と同居の引き篭りニートだと付け加えておきます

174 :名無しさん@HOME:2006/11/27(月) 18:02:25
氷点は、高木医師が余計なことをしなければ、誰も不幸にならなかったのでは?と、
原作を読んでいない私は思った。

175 :名無しさん@HOME:2006/11/27(月) 18:57:19
児童文学じゃないけど、漫画のナースあおいで
長年パン屋をやってて体を壊し、
息子夫婦に面倒見て貰ってるおじいさんが、
勝手にパン屋を売り払った嫁に抗議する意味で、
階段からわざと転げ落ちる話がむかついた。
最後はパン屋を継ごうとしたが
厳しい毎日に耐えかね男と夜逃げして20年位行方不明の娘を、
あおいが探しだして再会させるんだけど、これがどうもねえ。
結局バカ娘>>>>>>>>面倒見てる嫁
なんだなと思った。まぁこの嫁も金の亡者なんだけどさ。


176 :温点太郎左衛門:2006/11/27(月) 19:45:11
氷点太郎で〜す!
こんな低能なイタはじめて見ました!!!!!!!!!!!!
哲学とはニートを生み出す元凶です、

それを考えますと金玉が。筋が・・
ご婦人の方々大変恐縮ですが、これから射精をいたします。

かんちょクラッシュ
結合結合結合結合結合結合結合
無機質てつがくクラッシュフラッシュスプラッシュ無機質人間と機械との融合・・・・
カンブリアカンブリア カンブリア カンブリア カンブリア カンブリア
でろはめりょも・・・・子供にアニメ見せるなだびゅば!実用性がすべてめりょも・・・・介助犬だびゅば!でろはめりょも・・・・だびゅば!でろはめりょも・・・・だびゅば!
でろはめりょも・・・・じゅおんだびゅば!
うつくしい世界


177 :名無しさん@HOME:2006/11/27(月) 22:30:30
くつしたを履かしてる所でみるのやめた
気持ち悪くって

178 :名無しさん@HOME:2006/11/27(月) 23:11:58
>>172
私は岸本加代子がお召しになっていた、着物の色使いが好きだった
着こなしは上手だとは思わなかったけどね
どこが提供しているんだか気になる

エンドロールでは、北海道のどこを使って撮影したかのチェックに忙しくて
衣装提供にまで気がまわらなかった
元旭川住民なので、どうしてもそっちのチェックを優先してしまう

陽子兄のトオル役は野村宏伸が演ったときが一番良かったな
桜なんとかじゃ幼なすぎる
窪塚弟と元金八もブサで酷杉

179 :名無しさん@HOME:2006/11/27(月) 23:20:56
>>174
私は原作しか読んでないけど同じこをと思った

180 :名無しさん@HOME:2006/11/28(火) 08:35:12
「氷点」は題名がいいよね。
この題名だけで、何回も映像化したくなっちゃうんじゃないかと思う。

181 :名無しさん@HOME:2006/11/28(火) 16:50:34
>>180
そだね。なんか清冽な感じがする。
「凝固点」じゃちょっとねぇw 寒天煮ようかとか思ってしまうw

182 :名無しさん@HOME:2006/11/28(火) 17:19:22
>>180
「沸点」だと何か、切れやすい人間が大量に出てきて暑苦しそうだ。

183 :名無しさん@HOME:2006/11/28(火) 18:09:55
「笑点」は「氷点」をもじって付けた。

184 :名無しさん@HOME:2006/11/28(火) 18:27:06
エンディングの歌のタイトルも
旭川の菓子店のお菓子になってるやつだっけ?

185 :名無しさん@HOME:2006/11/28(火) 18:49:40
「氷点」の対極にあるのが、「照り柿」(高村薫)だな。モワーーと熱い。

>184
「氷点下41度」?「樹氷」?だっけ。

186 :名無しさん@HOME:2006/11/28(火) 21:29:44
三浦綾子のは海嶺なんかも好きだな

187 :名無しさん@HOME:2006/11/29(水) 00:51:54
>>183

それだけ認知度の高いものだったんだね

188 :名無しさん@HOME:2006/11/29(水) 06:38:03
ドラマ「のだめ」を見るたびに
「この子だけは抱けない」と思ってしまう。
つくづくつくづく私の中のおっさんの好みからはずれすぎ。
(好みは巨乳童顔コケテッシュ)
私自身が見るとそれなりにかわいいのだけれども。

189 :名無しさん@HOME:2006/11/29(水) 10:02:50
私の中のおっさんはもとかりやユイカに反応。
私自身はあまり好きじゃない娘なのに。
ロリコンなのか、私の中のおっさん。

190 :名無しさん@HOME:2006/11/30(木) 15:12:26
民話劇「夕鶴」など、数々の戯曲で戦後演劇界に多大な影響を与え続けた劇作家の木下順二(きのした・じゅんじ)氏が、
10月30日に亡くなっていたことが、29日分かった。92歳。
告別式は故人の遺志で行わない。

東京生まれ。戦後、民話に取材した「夕鶴」「彦市ばなし」などで劇作家の地歩を固めた。
1949年の初演以来、女優の山本安英(やすえ)さんが「つう」を演じた「夕鶴」は、上演1000回を超えた。
「オットーと呼ばれる日本人」や読売文学賞を受賞した「子午線の祀(まつ)り」など、歴史の中の人間を見つめた戯曲を書く一方、
シェークスピア劇の翻訳や小説・評論の分野でも活躍。戦争責任の追及や平和運動にも積極的だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061130-00000101-yom-ent

191 :名無しさん@HOME:2006/11/30(木) 21:11:03
萬斎さんの「彦市ばなし」は観た。
すごくおもしろかった。

192 :名無しさん@HOME:2006/11/30(木) 22:31:21
訃報ならこちらも
実相寺昭雄監督死去
ttp://www.asahi.com/obituaries/update/1130/003.html

子供の頃に見たウルトラマンシリーズの印象に残った回は
ほとんど実相寺監督の作品でした。
ご冥福をお祈りします。

193 :名無しさん@HOME:2006/12/02(土) 00:04:24
それを貼るならこっちもドゾー

<訃報>宮内国郎さん74歳=「ウルトラマン」などの作曲家
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061130-00000153-mai-peo

194 :名無しさん@HOME:2006/12/02(土) 16:48:07
ジッソーくん…。

195 :名無しさん@HOME:2006/12/03(日) 02:26:27
>>194
仲間

196 :名無しさん@HOME:2006/12/05(火) 08:27:28
820 名前:風と木の名無しさん 投稿日:2006/11/26(日) 14:26:06 ID:sXSZQ+sX0
801本が家族に見つかった時の対応ってどうすりゃいいのかね
昨日初めて旦那に発見されたがジョジョ風喧嘩になってうやむやになったわ

822 名前:風と木の名無しさん 投稿日:2006/11/26(日) 14:54:32 ID:y15rCcAs0
>>820
ジョジョ風喧嘩kwsk

827 名前:風と木の名無しさん 投稿日:2006/11/26(日) 15:33:09 ID:sXSZQ+sX0
>>822
801本発見される
夫「貴様ッ!これはなんだッ!」
私「な、なぜそれを!だがしかしッ!ドイツ軍人はうろたえないィッ!」
夫「お前が仕事に行ってる間にお前のタンスから出てきたのだ!」
私「人の留守中にタンスを開けるとは何をするだァーッ!」
夫「プライバシー問題を持ち出しても無駄無駄無駄ァ!」
私「(旦那が隠していたレズ物AVを持ち出し)ならば貴様のこれはなんだ!」
夫「あ・・・ありのまま今起こったことを話すぜ!『完璧に隠していると思っていたAVが発見されていた』・・・」
私「俺は隠れ腐女子をやめるぞジョジョォーッ!」

こんなバカ二人


197 :名無しさん@HOME:2006/12/05(火) 08:31:35
やっぱヲタはきもちわるい。
嬉々として書いてるとこがまた嫌

198 :名無しさん@HOME:2006/12/05(火) 09:05:11
ヲタクは置いといて、配偶者の趣味にケチつける時点で嫌だな。
犯罪に繋がりかねない趣味なわらわかるけど。

どっかの教員がHPに子供の死体とかヌードとか載せてて捕まったね。


199 :名無しさん@HOME:2006/12/05(火) 10:13:33
△どっかの教員
◎元神奈川県警本部長の息子(職業 小学校教師)

200 :名無しさん@HOME:2006/12/05(火) 11:49:52
△どっかの教員
○元神奈川県警本部長の息子(職業 小学校教師)
◎元神奈川県警本部長である渡辺泉郎の息子の渡辺敏郎教諭(33)(職業 小学校教師)


201 :名無しさん@HOME:2006/12/05(火) 13:20:02
親から写真をもらっていたんだろうか。デスノのライトみたい

202 :名無しさん@HOME:2006/12/05(火) 13:32:16
これまでに死体好き教師を語った言葉の中で、一番カッコいいなw>デスノのライト

203 :名無しさん@HOME:2006/12/05(火) 13:39:00
わー、2ちゃんではもう本名ばれてるんだ、死体好き教師。
エライさんの子どもってどこか歪むのかねぇ。


204 :名無しさん@HOME:2006/12/05(火) 13:42:34
親父が息子に遺体写真を渡してたのなら親父も終わりだな。

205 :名無しさん@HOME:2006/12/05(火) 14:09:12
渡辺父 東大法学部を出てるバリバリのキャリア組だが犯人隠匿罪で有罪判決が確定。
史上初の警察キャリアの犯罪者となった時点で役人としてとっくに終了。叙勲も無理。

とはいえ美味しい天下りポストを転々としたから、庶民から見れば勝ち組かもな

206 :名無しさん@HOME:2006/12/05(火) 14:10:58
なんだ父親も犯罪者だったのか

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 19:41:01
関連wiki
http://wiki.ninki.org/wiki.cgi?p=%a5%a2%a5%cb%a5%e1%a4%e4%bb%f9%c6%b8%ca%b8%b3%d8%a4%f2%ba%ca%a1%a6%ca%ec%a1%a6%b2%c7%a4%ce%ce%a9%be%ec%a4%c7%b8%a1%be%da%a4%b9%a4%eb%8e%bd%8e%da15


208 :名無しさん@HOME:2006/12/05(火) 22:16:09
これが中国の現実だ!直視しろ!

最も有名な中国収容所の全貌。
冷たいコンクリートの上に裸で這い蹲らされている
http://ca.c.yimg.jp/news/20061108135610/img.news.yahoo.co.jp/images/20061108/rcdc/20061108-00000010-rcdc-cn-view-000.jpg
信じられないほどの過密な収容環境。
http://www.chinadaily.com.cn/english/doc/2005-12/01/xin_411202011703074867912.jpg
一列に並べられはずかしめられる
http://www.pandafix.com/photos/other_pandas/wolongcubs_20051009.jpg
人間性のかけらもない収容施設記念写真
http://www.uoregon.edu/~nsagara/panda/pandas.jpg

209 :名無しさん@HOME:2006/12/06(水) 00:36:11
■信者「NARUTOより面白い漫画書けないくせに批判すんな」

A「オマエはNARUTOよりおもしろい漫画が描けるんだな?描けないのに批判するな!」
B「漫画描いてみたよ、ほら」
A「なんだこれ、糞つまんねー」
B「ちょっと待て、俺の漫画を批判するのは俺よりおもしろい漫画を描いてからだ」
A「描いたぞ」
B「どっちがおもしろいか第三者に聞いてみないとな」
A「よし、Cに聞いてみよう」
B「ちょっと待て、それはCがおもしろい漫画を描いてからだ」


210 :名無しさん@HOME:2006/12/06(水) 01:20:22
>>208
そら「人間性」はかけらも無かろうよwww

211 :名無しさん@HOME:2006/12/06(水) 01:25:05
>>209
小学生の会話?

212 :名無しさん@HOME:2006/12/06(水) 09:47:39
>>208
'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ

213 :名無しさん@HOME:2006/12/06(水) 13:44:23
208最近あちこちではやってるね
ムハ〜

214 :名無しさん@HOME:2006/12/06(水) 14:42:29
信じられないほどの過密な収容環境。
http://www38.tok2.com/home/simasima/cgi-bin/images/s3gs_0.jpg
http://s00516.pussycat.jp/neko/nakayosineko14.jpg
一列に並べられはずかしめられる
http://dokuo-ha-hitori.dyndns.tv/~dokuopics/cgi-bin/src/1165144031079.jpg
人間性のかけらもない動物実験
http://e-125ch.keddy.net/imagebbs/src/1146144094125.jpg
あるときは打ち捨てられ、
http://nukonuko.ddo.jp/nukoup/img/1012.jpg
あるときは食われ
http://nukonuko.ddo.jp/nukoup/img/822.jpg
エロかわいいとおちょくられる
http://nukonuko.ddo.jp/nukoup/img/3220.jpg

215 :名無しさん@HOME:2006/12/06(水) 14:43:11
これが日本の現実だ!直視しろ!

信じられないほどの過密な収容環境。
http://www38.tok2.com/home/simasima/cgi-bin/images/s3gs_0.jpg
http://s00516.pussycat.jp/neko/nakayosineko14.jpg
一列に並べられはずかしめられる
http://dokuo-ha-hitori.dyndns.tv/~dokuopics/cgi-bin/src/1165144031079.jpg
人間性のかけらもない動物実験
http://e-125ch.keddy.net/imagebbs/src/1146144094125.jpg
あるときは打ち捨てられ、
http://nukonuko.ddo.jp/nukoup/img/1012.jpg
あるときは食われ
http://nukonuko.ddo.jp/nukoup/img/822.jpg
エロかわいいとおちょくられる
http://nukonuko.ddo.jp/nukoup/img/3220.jpg

216 :名無しさん@HOME:2006/12/06(水) 17:19:15
もううんざり

217 :名無しさん@HOME:2006/12/06(水) 18:29:05
うんざりけったり

218 :名無しさん@HOME:2006/12/11(月) 10:35:00
age

219 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 02:49:23
め組の大吾読んだ!
主人公が行くところ大災害起きてんじゃねーか!!

220 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 07:26:43
金田一少年とか名探偵コナンみたいなもの?

221 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 08:38:37
災害起きなきゃ話になんないしねw
コナンも殺人起きなきゃ(ry
コナンなんて長く続いてる分、死んだ人は一体何人になってるんだろ。


222 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 08:40:50
たまには追悼式でもしれ と思うのであった。

223 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 10:25:54
め組の大吾と海猿は
それでもハラハラしちゃうから好き
単純な私

224 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 11:22:40
コナン、連載は長いけど作中では1年たってないんだしw
米花町近辺の事件発生率ってバカ高だよね

225 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 12:18:42
なんて治安の悪い町なんだw

226 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 12:51:44
それはコナンが犯人だから

227 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 12:55:04
>>226
マッチポンプかよw

228 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 13:15:17
そういえば怪盗キッドを初めて見た時、
「なんで新一が元の姿に戻って怪盗やってんだ?」と素で思った。

229 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 14:33:51
コナンってほんとつまらないのに、なんで人気あるんだろう

230 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 14:42:12
>>229
ストーリーよりもキャラ人気(あるのか?)に頼ってるとかかね。
コナンがガキのままだろうが阿笠博士が実は黒幕説だろうがどうでもいいや
どうでもいいが「バーロー」が恥ずかしくてたまらん。
作者は痛くお気に入りのようで作品中で乱発しているが

231 :230:2006/12/15(金) 14:44:49
間違えた
>痛くお気に入りじゃなくて ○いたくお気に入り だ。
どっちでもこの場合似たようだからいいか。

232 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 14:45:44
新一と聞くとミギーとシンイチの方を思い浮かべてしまうな。

233 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 16:07:44
>>230
ねえ、バーローなんて今使う?
田舎者丸出しの感性も剥き出しで、きっつい漫画だ。


234 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 16:09:47
ハイバラさんって子がまんま綾波レイで呆れた。
声優まで、作者の指定で同じ人だもん。
主役の人と結婚するし、その声優漫画に出して崇め奉るし、
言っちゃなんだがヲタそのものできもちわるいよ。

235 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 16:15:08
コナン作者、コナン声優と結婚したんだよね?

236 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 16:18:26
>>235
そうだよ。「コナン婚」とニュースで書かれてた。
キャプテン翼の作者も主人公の声優と結婚したんだよね。

237 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 16:21:24
「バーロー」はあの作品以外で見たことも聞いたこともないな。
あの作者の女性観・男性観が激しくキモス。
口調もおかしいんだよね。男言葉とか女言葉とか。

238 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 16:35:57
>>236
キャプテン翼の作者は、今、車のCM出てるね

239 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 16:38:29
コナンって他のわかりやすいおたくマンガとかアニメに比べて
絵がとっつきやすかったりするけど、実は結構もにょもにょする、そう言えば。
かえって業深いな。

240 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 18:24:49
漫画って記号の集合体なところがあると思うけど、
あの作者のはその記号がいちいち気持ち悪いというか、癇に障るというか……

241 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 19:20:11
どーでもいいことだけど、
優勝は巨人だ!
とかコナンにシーズン中言わせて種。去年、おととし。
二年とも限りなく最下位に近いBクラスだった。
コナンの推理も大したことないなあ。笑


242 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 22:13:19
細木並みの予想w

243 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 22:22:58
そのへんは金田一の「ほうがマシかなあ。

そういや優れた探偵に必要な能力のひとつに、
大きな事件によく遭遇すること、ってのがあると誰かが言ってた。

244 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 23:25:32
ジュニア小説の王道、「若草物語」
今日読み直してたらメグがよそさまのお宅に泊りがけでお呼ばれして、
そこの娘がダンスパーティーの前にろくにドレスを持ってないメグに
服を貸して着飾らせるシーンがあったのだけど。
「ピンクの絹糸でイヤリングをうまく糸が見えないように耳に結びつけた」
って文章があった。

昔のイヤリングは糸でぶらさげてたのか?
で、糸が見えないように耳にイヤリングを結ぶことは可能なのか?ナゾ〜。

245 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 23:26:18
金田一少年も無理な設定多いよ
タイマー録画機能が壊れたビデオを使ってる人が殺された事件
その人は早朝の番組を録画するため、目覚まし時計が鳴ったら録画ボタン押して
すぐ二度寝するのが日常習慣だった…みたいなアリエネー設定の話がある
普通そんな壊れたビデオはとっと捨ててHDDレコーダー買うだろ
つーかそこまでして録画したいと思うか??

246 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 23:34:52
つ−か、探偵なんて浮気調査、人の粗さがしが本職でしょ。
あれだけ職業に誇張(夢パラダイス)があるのも
小説、ハードボイルド類いの影響でしょう。すごいわ。
それはそれで楽しませてもらってるが。

コナンは待ってる立場の蘭
でも実は側にいるんだシチュが割と好き。
EDの「氷の上に立つように」あたりの表現が萌えました。スマソ

247 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 23:44:28
TVのコナン
「10周年スペシャル」って一体いつまでお前は小学生なんだよと。

コナンは殺人事件ばかりだけど
あの絵柄がまったく生々しさがないんで
リアリティがないところが却っていいので長く続いてるんだろう。

248 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 23:50:20
殺人事件より、自分のその体をなんとかしろとw
組織の話はどうなったの?

249 :名無しさん@HOME:2006/12/15(金) 23:54:24
灰原の研究もたいしたことないのね

250 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 00:04:16
>>248
組織のことを持ち出されると
「そういえばそういうこともありましたね」って感じ。

251 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 00:13:46
>>244
わっかにして耳にかけてぶらさげたんじゃないかと。

252 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 00:40:37
コナンといえば、
未来探偵 コナン・ザ・グレート だろ

253 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 00:47:40
>>244
ピアスでピアスホールがなかったとかで
>>251のようにぶら下げたってことじゃまいか。
マーチ母がピアスを許したとは思えないので。

254 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 02:02:55
「あらしのよるに」のアニメ、なんか恥ずかしくてまともに見れない。
絵本の方は絵があれだったからマシだったんだがな。

255 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 02:22:51
>>252
まざりすぎ

256 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 02:24:56
>252
ものすごい絵が浮かんだ

257 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 04:22:43
栄光なき天才たちってマンガ好きだったな。
どこかで同じようなマンガやらないかなぁ。

258 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 11:01:27
>>257
あのマンガは良かったよね、いわゆる偉人伝じゃなく人間を描いていて面白かった。
浮谷東次郎のはまだ持ってるよ。

259 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 11:28:29
ヤンジャンだっけ?連載当時読んでた。>浮谷
ラストは感動したよ。

260 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 11:35:21
子供に読ませたいマンガだ

261 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 11:42:46
昔、歴史を勉強するための歴史マンガ本ってあったよね?
それを、今まで歴史を描かれてきたマンガを集めてみたら面白いのになと思った。
ディアゴスティーニみたいになりそうだけどw
年代を追って過去の歴史大作マンガならぶと壮観だろうな。

山岸凉子とか里中満智子、大和和紀・・



以外に思い浮かばない・・_| ̄|○

262 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 11:42:48
あのマンガでテニス選手の佐藤次郎を知っていたので、
当時のフィルムが発見されたというNHKのニュースを感慨深く見たw

メンデルの話が好きでした。
全巻持っているので、うちの子が大きくなったら手に届くところに出す予定。

263 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 11:45:47
>>261
つ池田理代子

264 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 11:46:25
>>261
つ横山光輝

265 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 11:48:14
>>262
私も栄光なき天才たちで知った人多い〜。
勉強になるマンガだったね。

266 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 12:46:12
栄光なき天才たちは確かにいいマンガだが
自分の息子が浮谷東次郎みたいになっちゃったらちょっと困る
つか心配ばっかで早く老けそうだw

267 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 12:47:17
栄光なき天才たちは確かにいいマンガだが
自分の息子が浮谷東次郎みたいになっちゃったらちょっと困る
つか心配ばっかで早く老け込みそうだw

過保護なのかなー?

268 :266,267:2006/12/16(土) 12:47:53
あれ、二重カキコすまそ

269 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 12:49:16
別にベルばら読んで、マリーアントワネットやオスカルみたいになったって人居ないと思うけど?

270 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 12:58:11
>>269なんでか叶姉妹が頭よぎった。読んでないかも知れんけど。

271 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 13:38:00
>>269
ヅカに目覚めたらそれはそれでイヤだぞ。

272 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 16:39:47
>>269
巨人の星を読んでプロ野球選手になった人は結構いるそうだが。

273 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 17:04:10
キャプテン翼読んでサッカー選手とかね

274 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 17:09:40
801にハマった人もなー

275 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 18:05:17
エースをねらえ!読んで、県立高校に通うお嬢様になるとかな。

276 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 19:26:24
>258だけど浮谷東次郎の「がむしゃら1500キロ」と「俺様の宝石さ」を
読んでバイクの免許取って北海道一周してレースに出ちゃった過去が有るw
自分みたいに目先の事しか考えられないオメデタイ人間はアニメとか本の
影響を受けやすいと思うよ。

277 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 21:12:07
>>275
通うだけじゃお嬢さまにはなれん
フラワー・オブ・ライフを読むと、
そう悪いとこでもないのかと思ってしまいそうだが
あそこの偏差値レベルがよくわからん

川原泉の今の連載の高校偏差値の85ってどうよ
灘だってそんなにないよね
しかも、中高一貫じゃない私立校で高偏差値
漫画とはいえ、ちょっとな〜

278 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 22:19:12
「栄光なき天才たち」読んでフォン・ブラウンを知った。
ちょっと前にBSで「宇宙へ」ていうタイトルでアメリカとソ連で月への一番乗りを競ってた時代の話があって
「きゃ〜、フォン・ブラウンだ〜」と思いながら観てた。
頭のいい男というのはなんであんなにかっこいいのだ・・・・。

279 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 22:32:02
>>277
模試のレベルによると思う。
レベルの高い子しか受けないのだと下がるし、
しんけんもしみたいなのなら灘や筑駒なら80は行くんじゃないの。

280 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 22:56:38
>>279
灘や筑駒は中学からあるでしょ
あの漫画は私立で、高校だけなんだよ

どこの模試でも85というのは見たことない
私が知らないだけかもしれないけど

281 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 23:28:43
正規分布なら偏差値の最高は75
小学生に中学校の問題出して、1人だけ一流大学生が受験すれば
85は出せるかもしれない。

282 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 23:36:35
一人だけ抜きん出るというやつなら、偏差値計測不能を見たことある。
平均点が十点いくか行かないかの数学のテストで、
90点台後半をたたき出した人がそうなってた(100を超えてしまうため数値が出ない)。

学校全体だとすると、高校でそれはちょっと厳しそうな気もする。

283 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 23:44:10
いまだに偏差値というものを正確にわかっていないんだがw
かつてS台のあるクラスにいた時、何のはずみか
800人中2番という成績をとったことがある。
その時の偏差値は80超えてたよ。

あー偏差値ってこういう数字も出るんだーと思ったw

284 :名無しさん@HOME:2006/12/16(土) 23:59:39
個人じゃなくて学校偏差値なんだよ
よしながふみとの対談では、リアリティを出すために
今の学校について色々リサーチしてるといってたから
余計違和感があったんだよね

285 :名無しさん@HOME:2006/12/17(日) 00:12:20
ああ勘違いしてた。「学校」偏差値か。
そりゃ確かに見たことないわ。

286 :名無しさん@HOME:2006/12/17(日) 12:29:57
いくらマンガとはいえ、
そういうところがあまりに現実離れしていると萎えるよね。
最初から「このお話は架空のものであり」と太字大書されてる感じだ。

エリート高の話を描く作者がそうした高校を出ている必要はないが、
描く以上はそれなりの現実感を持たせられる程度には調べてほしいよ。

287 :名無しさん@HOME:2006/12/17(日) 12:30:50
>>278
あさりよしとおの「まんがサイエンス」もオススメ

288 :名無しさん@HOME:2006/12/17(日) 17:49:44
復活 世界名作劇場
「レ・ミゼラブル」
http://www.nippon-animation.co.jp/lesmise/
何か色々とおしまいです。若干コナンの絵が入ってます。

289 :名無しさん@HOME:2006/12/17(日) 20:08:36
>>288
ガブローシュがティナルディエの長男になってる…なんでーーーーー?
バルジャンも全然イメージと違うし。

290 :名無しさん@HOME:2006/12/17(日) 20:39:05
「レ・ミゼラブル」 でなく、「コゼットちゃん物語」なんだな。

291 :名無しさん@HOME:2006/12/17(日) 21:01:39
「レ・ミゼラブル」、原作をちゃんと読んだ事がないような気がする・・・
ジャンバルジャンがパンを盗んで神父に諭され、というのは知ってるんだけど。
ちゃんと読めばやっぱり感動する小説なのかな?


292 :名無しさん@HOME:2006/12/17(日) 21:09:43
その昔、「世界昔話」みたいなアニメがあってそれで見た覚えが。
なんだかにほん昔話の世界版でキャストとナレーションが同じ人
だったような。

>288の公式、コゼット母が無駄に美人だね。

293 :名無しさん@HOME:2006/12/17(日) 21:25:03
>>288
ナニ、この絵?

ほんと、コナン入ってるwww


294 :名無しさん@HOME:2006/12/17(日) 21:35:11
>>288
主題歌が斉藤由貴か。
懐かしいのう。

295 :名無しさん@HOME:2006/12/17(日) 22:08:14
大きいお友達向け・・・?

>>291
感動するよ。

296 :名無しさん@HOME:2006/12/17(日) 22:32:22
>>291
ジャン・バルジャン目線とジャベール刑事目線で読むと最期にカタルシスが得られるかも。
でも、>>288みたいなのじゃダメポだな。
本編ではおつまみ的な要素に思いっきりスポットライトを当てて萌えアニメ作りましたって感じだね。

297 :名無しさん@HOME:2006/12/17(日) 22:33:34
ジャベールをただの悪人にしてそうだな、この糞アニメ
童話にせよ御伽噺にせよ、世界文学にせよ、子供用に改悪するのはやめろと言いたい。

298 :名無しさん@HOME:2006/12/17(日) 22:46:42
>288
登場人物のとこ見たら萌えアニメだってのが解るな。
更にひどい2人のロリペドがいるよ。

名作劇場、完璧に\(^o^)/オワタ

299 :名無しさん@HOME:2006/12/17(日) 23:15:44
なんで今川泰宏に作らせねえんだあー!ヽ(`Д´)ノ
こんな糞ロリアニメじゃなく熱い親父がぶつかり合い回転する迷作になる事間違いなしなのに。

300 :名無しさん@HOME:2006/12/17(日) 23:39:00
>>296
みなもと太郎のレ・ミゼラブルは良かった。

301 :名無しさん@HOME:2006/12/17(日) 23:42:38
ジャヴェールはツンデレ

302 :291:2006/12/18(月) 00:21:00
いわゆる海外の文豪モノってなんか食わず嫌いで読んでなかったけど
この冬に読んでみようかな、と思いました。レスありがとう!

家に海外名作全集みたいのがあり、車輪の下、赤と黒、アンナカレニナなど
小学生の時いくつか読んでみたんだけどサッパリわからなかったので
苦手意識を持ってしまって。


303 :名無しさん@HOME:2006/12/18(月) 00:57:09
>302
文豪…私も苦手だったけど、高校生のときディケンズあたりから
読み出したら面白かったな。
時期的に「クリスマス・キャロル」なんかほんわりとするし、とっつきやすいとオモ。
児童文学のコーナーにあると思うよ。

304 :名無しさん@HOME:2006/12/18(月) 01:21:28
小学生の頃のほうがワクワクして読んでた。昔は他に娯楽なかったしさ
今のほうが頭が固くて体力もないし読めないと思う

ロマン・ロランやバルザックが好きだったんだよね
失われた時を求めて、なんてもう一生読む気になれないだろうな
子どもの頃にチャレンジしておけばよかった
あれを読破されたかた、いらっしゃるかしら?

>>300
みなもと太郎は歴史物で人気高いけど
自分の頭の中では太郎といえばホモホモセブンなんだよw
あれを広川太一郎の吹き替えでアニメ化してほしかったな

305 :名無しさん@HOME:2006/12/18(月) 07:38:28
レ・ミゼラブル、見たいけどBSなんですもの…地上波キボンヌ。

しかし牙、朝からなんてさわやかなアニメなんだ…_| ̄|○
さすがに娘と一緒に見られず、ビデオが溜まっていく…いつ見られるかな。

306 :名無しさん@HOME:2006/12/18(月) 14:00:11
子供に読ませたいですわね

307 :名無しさん@HOME:2006/12/18(月) 14:03:49
子供のころ「ああ無情」や、「岩窟王」をよんで、もう少し年齢が上がって、
「レ・ミゼラブル」「モンテクリスト伯」を読んで、同じ話でびっくりしたひといる?

308 :名無しさん@HOME:2006/12/18(月) 14:16:47
>>307
ノシ

あと「アルセーヌ・ルパン」シリーズも子供向けだと恋愛エピソードが丸ごと削除されてたりで
子供向けだけどここまで話が違ってもいいのか、と。


309 :名無しさん@HOME:2006/12/18(月) 14:23:54
>>307そうだったんだ!?

310 :名無しさん@HOME:2006/12/18(月) 15:13:39
>>118
交尾してるわけじゃないんでしょ?
そもそもペンギンは育児参加する生き物だから
卵を渡されたら温めて当たり前。
ホモってなんでもホモにしたがるよね。

311 :名無しさん@HOME:2006/12/18(月) 16:23:08
>>275

w西高行ってもお嬢様にはなれないけどね。

『大ふり』読んで思わず行きたくなっても、ももかんはいない。

312 :名無しさん@HOME:2006/12/18(月) 19:16:09
その『大ふり』も春からいよいよアニメ化らしい。

>308
女っ気のないホームズに比べて4度も結婚したと知った時は
さすがアムールの国だと思った。

313 :名無しさん@HOME:2006/12/18(月) 19:35:14
>308
ノシ

アルセーヌ・ルパンがあんなに女好きで、しかもすぐ別れるのには、びっくりした。
子供の頃に、「緑の瞳の令嬢」が漫画化されたものを読んで、ルパンとヒロインがラブラブなのに萌えて、
触発されて文庫本読んだら、ヒロインが「なるべく長く愛してください」と別れること前提で、
ルパンと付き合い出して、目玉ポーンだった。

でも、大人になっていろいろ知ると、
そういえば、ルパンってフランス人だったなと。

314 :名無しさん@HOME:2006/12/18(月) 20:10:30
やっぱり女っ気の有無はお国柄の差なのかねー。
自分は今も昔もホームズ派だが、
そんなに違うなら子供向けでないルパンを改めて読んでみたくなったよ。

そういえば、小学校の頃は他に江戸川乱歩も人気だったが、
あれも改めて読み返すとなかなかエロい。
小林少年なんかかなりマズい感じがするなw

315 :名無しさん@HOME:2006/12/18(月) 20:32:43
>>314
緊縛フェチにはたまらんよね
少年探偵団もの
あくまでもメンタルなものです
不器用なので緊縛できないw

316 :名無しさん@HOME:2006/12/18(月) 20:36:26
>314
明智探偵とデキてたんじゃなかったっけ?<小林少年
妻の文代嬢も並みの人生を歩んだ人じゃないから
それはそれでありかとは思った。
エロいというなら江戸川乱歩自身がそうだからなぁ。

317 :名無しさん@HOME:2006/12/18(月) 20:49:00
乱歩はのぞき見趣味もエロい

318 :名無しさん@HOME:2006/12/18(月) 20:54:50
子どものころはルパンの方が好きだったけど、大人になって、
ビクトリア朝の風俗とかとからめて読むとホームズは魅力ある。
英国が世界一だった時代だからね。
やっぱりその国の最盛期はおもしろいよ。

319 :名無しさん@HOME:2006/12/18(月) 20:59:49
外人だの奇形だの、NGワードも満載だよね<江戸川乱歩
いつまで小学校の図書館に置いてもらえるんだろうw

320 :名無しさん@HOME:2006/12/18(月) 22:24:48
>>314
乱歩はだってエログロだもの。

321 :名無しさん@HOME:2006/12/18(月) 22:31:18
>310
ペンギンじゃないけど、
「文鳥様とわたし」という文鳥の飼育漫画があるんだが
そこの文鳥はホモで交尾もしてた
あと、文鳥(雄)←ジュウシマツ(雄)とかもあった

322 :名無しさん@HOME:2006/12/18(月) 23:03:52
>>321
今 市子の?
「百鬼夜行抄」以外はBLのかほりがするので読んでなかったんだが
やはりそういう系だったのか

323 :名無しさん@HOME:2006/12/18(月) 23:32:48
321さんじゃないけど、鳥同士が自然にそういう行為をすることがあるよ。
交尾まで行かなくても、オスがオスに求愛したりとか。
飼育マンガだと、人間がわざとBLストーリーを作ってるんじゃなくて、
そういうことがあった話を書いてるのかも。

324 :名無しさん@HOME:2006/12/18(月) 23:52:26
>>323
鏡に映った自分に求愛するからね。

325 :名無しさん@HOME:2006/12/18(月) 23:53:22
でも、実際にオスのカゴに初対面のオスを入れるとケンカするんだよね。

326 :名無しさん@HOME:2006/12/19(火) 00:00:52
今市子さんは、大陸ものの岸辺の唄シリーズがいいよ。

私は、百鬼夜行よりカラッとして好き。

327 :名無しさん@HOME:2006/12/19(火) 00:30:38
>>294
そういえば、昔コゼットだったな。

328 :名無しさん@HOME:2006/12/19(火) 00:32:18
>>327
ホントだ。

329 :名無しさん@HOME:2006/12/19(火) 20:33:49
>>289 遅レスで悪いけど、ガヴローシュって確かエポニーヌの弟だったはず。
だからテナルディエ夫妻の子供で間違いないと思うけど…

330 :名無しさん@HOME:2006/12/19(火) 22:39:38
>>302
そういえばアンナカレニナの主人公のモデルは、プーシキンの娘だったんだって。
長女か次女かどちらか思い出せないけど。

>>329
エポニーヌは本当は3人姉弟だったのか。まんが世界昔話では本人と妹のアゼルマしか出てこなかったけど。
「小公子セディ」のセディの父親も原作では3人兄弟でアニメでは2人兄弟だったな。

331 :名無しさん@HOME:2006/12/20(水) 08:01:52
>>330
まんが世界昔話の「ああ無情」は面白かった記憶がある。
あまりよく覚えてないけど、
アニメの「家なき子」と雰囲気が似ていたような気がする。
出崎統が演出だったのかな?
世界名作劇場で「リンバロストの乙女」をやったら面白そうに思うけどな。
ヒロインに可愛げはあまりないが。

332 :名無しさん@HOME:2006/12/20(水) 09:12:07
氷室冴子も絶賛してたね<リンバロストの乙女
ヒロインよりヒーローの魅力の無さが印象深かった記憶が・・・
婚約者フラれて大正解。見守っててくれた男の方が100倍イイ男だ。

と言う、三(四?)角関係ドロドロなラスト付近が、
児童向けの名作劇場には向いてないのかな〜とも。
学校卒業、母の仕打ちも誤解だった、ハッピーエンド〜ならいいかもね。

333 :名無しさん@HOME:2006/12/20(水) 09:29:32
リンバロストの乙女は、
改心した母親が作ってくれた弁当が美味しそうだったのと
男の婚約者がなかなかカッコ良かったのしか覚えてないw

334 :名無しさん@HOME:2006/12/20(水) 15:55:06
まんが世界昔話って、宮城まり子が一人でやってたやつだっけ?

335 :名無しさん@HOME:2006/12/20(水) 16:44:26
★岸田今日子さん死去 「砂の女」、ムーミンの声

・映画「砂の女」やアニメ「ムーミン」の声で知られた個性派女優の岸田今日子さんが
 17日午後3時33分、脳腫瘍(しゅよう)による呼吸不全のため東京都内の病院で
 死去した。76歳。

 http://www.sanspo.com/sokuho/1220sokuho028.html


336 :名無しさん@HOME:2006/12/20(水) 16:49:25
うそーん
ショック

337 :名無しさん@HOME:2006/12/20(水) 16:51:51
まじ?

338 :名無しさん@HOME:2006/12/20(水) 18:09:12
エェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!
ショック…
ご冥福をお祈りします。

339 :名無しさん@HOME:2006/12/20(水) 21:14:53
いじわるばあさんも亡くなったし、一時代を築いた人がどんどん消えてゆく...


340 :名無しさん@HOME:2006/12/20(水) 22:09:17
もう一度「動物のお医者さん」の中の決め台詞「キミテルさん・・・」を聞きたい。

341 :名無しさん@HOME:2006/12/20(水) 22:29:58
>>307
ノシ

342 :名無しさん@HOME:2006/12/20(水) 22:30:46
>>310
件の話はホモが騒いでるんじゃなくて
嫌ホモ派が騒いでるんだと思うが。

343 :名無しさん@HOME:2006/12/20(水) 22:31:30
訂正
ホモがその絵本をホモ話だと言っているんじゃなくて
嫌ホモ派がホモ話と捉えて騒いでるんだと思うが、だな。

344 :名無しさん@HOME:2006/12/20(水) 22:37:37
このスレで知ってリンバロストとそばかすの少年読んだけど
リアル虐待経験者を知ってる自分としてはあれは納得しがたいストーリーだったな。
嫌われても嫌がらせされても親を嫌えなくてひたすら努力してくけど
親が変わってくれたからってそう簡単に過去の傷から立ち直れるものでもないし。

そばかすの少年もいい性格でその性格ゆえに好かれて
結局幸せを手にするのだけど、あの逆境と過酷な経験をもって
どうやってそのいい性格を維持できたのか
なぜ歪まずにすんだのか、歪まないでいる努力とか
そういう葛藤がまるで描かれていないから
想像だけでかかれたありきたりのストーリーのような
底が浅い感じがしててしまう。

345 :名無しさん@HOME:2006/12/20(水) 22:59:23
虐待話と言えば
昔秘密の花園が好きだったんだけど
今読み返すとネグレクトかよ!って思う描写が多い。

346 :名無しさん@HOME:2006/12/20(水) 23:32:34
鬱になるのはにんじんだよ
でも、こういう家庭はけっこうありそう。

347 :名無しさん@HOME:2006/12/21(木) 02:07:36
若草物語も親がDQNだしな

348 :名無しさん@HOME:2006/12/21(木) 02:23:15
にんじんのラストってどんなだったっけ?
読んだことなくて、マンガとかアニメでの中盤くらいまでの記憶しかない。

実の母と姉兄から苛め抜かれるんだよね?

349 :名無しさん@HOME:2006/12/21(木) 09:56:30
そいや海外では普通らしいが、赤ん坊置いて
海外旅行に出かける「わんわん物語」も
疑問だったな

350 :名無しさん@HOME:2006/12/21(木) 21:29:54
秘密の花園、消防のくせにコリンとメアリーはくっつくのかなと
妄想してた。両親を亡くしたメアリーの
親の財産はどうなってるのかとか色々。
相当な美少女になりそうですね。メアリー。

雨の日の屋敷探検は、廃墟が大好きな自分には垂涎ものの
描写でした。

351 :名無しさん@HOME:2006/12/21(木) 22:16:36
>>350
ナカーマ
屋敷探検に、秘密の花園ってことはいわば秘密基地w
そこでまだあったかいぶどうパンを食べるなんて
うらやましくて仕方なかったよ。
これは映画もいいよね。

352 :名無しさん@HOME:2006/12/21(木) 22:42:41
ちっちゃいかまどをこしらえて、ジャガイモや卵焼いてたね。
おいしそうだと思った。

…でもそんなことしたらいくら何でもそこでもの喰ってるってばれるんじゃないかな。
ついでに卵ってそのまま蒸し焼きにするとはじけない?

353 :名無しさん@HOME:2006/12/21(木) 23:06:42
奇跡はいいけど、踊ったり歌いだしたりするのがちょっとなんだかな。
映画。(原作でもコリンが宗教がかってトランスして蘊蓄言ってる部分はいつも飛ばし読み)

小公女の映画はラストがなんとも……
ミンチン先生のその後がめちゃリアルww

354 :名無しさん@HOME:2006/12/21(木) 23:17:35
「秘密の花園」映画はコリンが花園でメアリにプロポーズするシーンが可愛い。
コリン「結婚しよう、いつも君といっしょにいたい」
メアリ「もう、いつも一緒よ。」
・・・・10年後、いや5、6年後にその言葉をもう一度言ってみるんだ、コリン。

355 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 04:55:13
映画の「秘密の花園」はあの花園がイメージ違っててあんましピンと来なかった。
おじ様もなんか中二病に冒されすぎだし。
有名な原作なので、読んだ人それぞれの思い入れに対処する事は出来ないし、映像化は
難しかったろうとは思ったけどね。やはり花園は秘密のままでいいと思った。

356 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 07:12:38
中二病ワロタ

私は花園の映画好きだったなあ。NHKのアニメは見て損したと
思った。
小公女は… なんかアメリカっぽいラストだなあ、と思った。
一番ショックだったのはラムダスさんがオッサンだったこと。
子供の頃見たアニメのイメージ強くて… ヒゲヅラのラムダスさん怖かったよ。

357 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 07:51:16
>>355
自分も映画の秘密の花園のイメージが違った。上手く言えないが
ああじゃないだろうと。
でも配役は良かった。

358 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 08:30:15
自分が知っている児童文学や童話って、
読み聞かせや自分で読んだものより、アニメで知ったものがずっと多いわw
「アンデルセン物語」もよく見てたし、
「まんが世界昔話」や「ハウス名作劇場」なんかの影響が大きい。
nhkの三銃士も覚えてるぜ…。

359 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 08:46:02
ついこないだやってたNHKの雪の女王
確かに面白かったし名作だと思うけど原作とはぜんぜん違う作品になってたね
もはやアンデルセンが書いた話じゃなくて出崎統の話になってた

アニメから入ってアンデルセンの原作読んだらなんだこりゃと思うだろうな

360 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 08:48:15
>358
そのNHK版三銃士でアラミスが女にされている件について


361 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 09:20:16
>360
あっちで放送されたときフランス人驚いただろうな。

362 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 09:33:26
>>360
その後何年もアラミスは男装の麗人だと思ってたよw
「西遊記」の三蔵法師もずっと女だと思ってたなあ。ハハハハ

363 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 09:39:05
AHAHAHA…
 
       おなじく

364 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 09:57:46
362何歳なんだW

365 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 10:59:31
>>364
二十代後半だよw
アニメ三銃士は小学校の頃見てたし、
夏目雅子の「西遊記」は再放送で何度も見ていた。
自分が住んでいた地方は再放送が多くて、
朝7時〜9時まで、アニメ・ドラマの再放送。
夕方4時〜6時もアニメの再放送。
おかげでテレビ漬けだったわ〜。


366 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 12:17:53
中国のえらいおじさんが夏目さんの三蔵法師を見る前は
「女の三蔵なんか」って顔してたけど、見終ったら「いいですねえ」になってた。
本当の三蔵さんはむさくるしいオッサンらしいけど、美人はやはりいいのね。

367 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 12:21:04
日本には宝塚歌劇団って言う伝統芸があるからねえ
夏目雅子が出てた西遊記は大陸や台湾でも認知度高いよ

368 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 12:23:02
へーへーへー

369 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 12:50:42
夏目はきりっとしてたし目元涼しいから、美青年だと思い込むことは出来たが、
後年のふっくらしてたときの宮沢りえとか顎魔人牧瀬里穂とかオエッだった。
せめて妄想できる程度の男装にしてくれよと。
深津にいたってはもう何も言えんわ。あほらしくて。

370 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 13:03:25
今から思えば、女にしなくとも
ユニセックス風な若い男の子をキャスティング゙すればよかったのかな。
だから誰がいいとは思いつかないんだけどw

371 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 13:32:37
最近、西遊記(香取信吾が出てたほうかな)が中国でバッシング受けてたじゃん。
女はダメって。

小公女はやはり、アニメのばかばかしさ加減が秀逸。
とくにラストは、はいはいもう好きにやってください状態。

372 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 14:19:47
玄奘三蔵って、歴史的には強い男だったはずなのに
いつの間に、か弱い守られキャラになったんだろう。

373 :364:2006/12/22(金) 15:20:54
>>365
あそっか、西遊記は何度も再放送してるもんね
本放送でみていた30代後半ですわ

374 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 15:58:03
>>347
えっ?そうだった?なんで!?

375 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 16:01:55
>>372
保護欲をそそる方がいいんじゃない?
女と見まごう男子を、強い男達が守るっつーのがさw
三蔵を>>370みたいに本物の男がやったら、卑猥な雰囲気が漂いそうだわ。
それはそれで楽しめるかもしれんが。

376 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 16:01:58
>>371
アニメのラストってどんなの?
お父様の友人に引き取られて幸せに、じゃないの?



アニメによる原作の改変って話だと
足長おじさんもいやだったなぁ。
なんで主人公中学生になってんだよみたいな。

377 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 16:07:33
http://wktk.vip2ch.com/vipper16799.jpg

378 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 20:10:34
アニメ版小公女の最終回で記憶に残っているのは、ラビニアと
セーラの別れのシーンで、和解の意を込めているwラビニアの
「あなたはプリンセス、でも私は(将来)大統領夫人よ」的な台詞。
想像力逞しいというか、ある意味おめでたいというか。

379 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 20:52:33
>>375
いかんw
卑猥な三蔵法師がみてみたいw

380 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 20:54:26
厩戸の王子みたいなもんか

381 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 20:55:05
小公女、原作改悪にかけては映画にはかなわないんじゃ…
泣いたけど。

382 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 21:15:47
>>376
あれでジュディは高校生なんですよ。
>アニメ「私のあしながおじさん」

ジュディがガサツ過ぎるんじゃ…と思ったけど、最終回での成長を
際立たせるためだったんだなーと気づいて感心。


383 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 22:09:05
小公女の映画は舞台がアメリカになっちゃったから仕方ないのもあるけど
セーラの性格は映画の方が好きだな。アニメだと聖女過ぎた。

384 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 22:55:13
>>344
亀だけど、よくあるパターンでは親以外で自分を大事にしてくれる大人がいてくれて、
自分の居場所を確保できたから性格が歪まずにすんだんじゃないかな。でも確かに
「そばかすの少年」にはそういう描写がないから何か作り物っぽいよね。

遠藤淑子の「マダムとミスター」のグレースは私生児でその上母親から精神的虐待(多分ネグレストも)を受けていて
母親の結婚の為に厄介払いとして寄宿学校に入学させられて、数年後病に倒れた母親が娘と和解をしたがっていたけど
学校に入れられる時の台詞「あんたさえ産まなければ、私は幸せになれたのよ!」を思い出してしまい、自ら和解のチャンスを
棒に振ってしまったけど、そのエピに「そんな事言われて、そう簡単に許せる訳がないよね」と思って、母親亡き後、
彼女からのクリスマスプレゼントのパーティ用ドレスを抱きしめて「こんなに後悔するのに、どうして人を許すことは難しいのですか?」
とグレースが泣く場面と共に忘れられないよ。

でもグレースが通っていた学校は昔から名の知れた名門校で設備もよく、先生や友人達にも恵まれ母親が「あの子は成績がいいから
奨学金の枠に入れそうなの」と言っていて、かなり無理して学費を工面してくれていた(実際グレースは母親亡き後学費を払えず
退学を余儀なくされた)から、まるっきり娘に愛情がない訳ではなかったとも思うけどな。

「何だかんだ言ってても娘の事を考えているのね」と言われて「まあね」と顔を赤らめながら言っていたし。

385 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 23:03:44
アニメあしながおじさんは
なによりサリーの改悪が許せん

原作も続編のサリー&ドクトル話の方が好きなんだ

386 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 23:20:34
>>384
ネグレクトだよ。

387 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 23:53:23
>>382
ああそうだった。
大学生のはずなのを高校生に改悪したんだったね。

388 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 23:58:03
>>384
そうそう、そばかすの少年には
長じるまで性格が歪まずに済んだ理由になる描写が皆無。
だから作者の空想物語のような感じがする。
リンバロストもそばかすも博物誌的なとこは際立ってるんだけどね。
そのへんはその筋のプロだからだと思う。

リンバロストもさ
大事にしてくれる近所の人がいたからってのはわかるのよ。
でもたいていの虐待経験者なら一度和解したあとでも
何度も何度もフラッシュバックに苦しんだり葛藤する。
それらがなくあっさりいい母と関係のよい娘になったのが嘘っぽい。

そのマダムとミスターは部分的にしか立ち読みしたことがないから
その描写部分は知らないけどそういうのがあるとリアリティがある。
まさしく許したいのに許せないという葛藤が人間らしい。

389 :名無しさん@HOME:2006/12/22(金) 23:58:57
現在映画公開中の「シャーロットの贈り物」が理解出来ない。

農園に引き取られたブタが殺されないように、蜘蛛が助けようとするのは
良いんだけど、蜘蛛の巣に「素晴らしいブタ」とか書かれたぐらいで、
何故ブタが凄い存在になるんだ?
凄いのはブタじゃなくて蜘蛛の方じゃないかと思うのだが……

390 :名無しさん@HOME:2006/12/23(土) 00:07:02
あしながおじさんのジュディが通っていたモデル校のヴァッサーっていまだに名門なんだね
が、ジェフリー・ディーヴァーのこのミス2位クリスマス・プレゼントを読んでの感想。
ジャービス坊ちゃんとの年齢差ってっけっこうあるよね。



391 :名無しさん@HOME:2006/12/23(土) 00:36:15
>>390
年の差14だったはず。

392 :名無しさん@HOME:2006/12/23(土) 00:48:54
>>389
キリスト教的「奇跡」ってヤツじゃない?

393 :名無しさん@HOME:2006/12/23(土) 00:52:48
>>375
玄奘三蔵が保護欲をかきたてて、じゃあ
原作的に見てダメなんだと思う。

男女問わず、カリスマ性がある人じゃないと。
キャスティング的には悟空の数倍難しい。

394 :名無しさん@HOME:2006/12/23(土) 01:07:07
マライヒとか?

395 :名無しさん@HOME:2006/12/23(土) 01:11:10
むしろ万古欄

396 :名無しさん@HOME:2006/12/23(土) 01:17:01
>>389
蜘蛛に誉められる豚なんてすごい豚じゃないか

397 :名無しさん@HOME:2006/12/23(土) 12:31:09
まあ、飛べない豚より凄いのかもな

398 :名無しさん@HOME:2006/12/23(土) 12:33:46
>>397
ワロス

399 :名無しさん@HOME:2006/12/23(土) 13:31:14
>>390
メリル・ストリープの母校でもあるよ>ヴァッサー

>>386
その通りです。ありがとう、そしてごめんなさいorz

>>388
文庫版1巻に収録されている番外編「ニューイヤー」の中のエピだよ>マダムとミスター
本編の方にもグレースが虐待を受けていた事を思わせる言動が見られたけどね。


400 :名無しさん@HOME:2006/12/23(土) 14:01:57
シャーロットのおくりものって、クモが助ける話なの?
学生時代英語の教科書に載ってた
弱くて育たなさそうな子豚を牧場の娘が
自分で育てて見る話だとばっかり思ってた。

401 :名無しさん@HOME:2006/12/23(土) 18:10:51
教科書で突然思い出したけど、
ディズニー映画の「ムーラン」って漢文の教科書に載ってたな。
木蘭なんたらっての。
しょーもない教材と思ってたけど、映画にまでなる話だったのかw

402 :名無しさん@HOME:2006/12/23(土) 22:08:48
田中芳樹が小説にしていたよね>ムーラン
中国では、結構有名な話らしいよ。

403 :名無しさん@HOME:2006/12/23(土) 23:58:14
ディズニーの「ムーラン」を見てないのでなんともいえないですが「木蘭従軍」でぐぐって見てくださいまし

404 :名無しさん@HOME:2006/12/24(日) 02:39:58
>>372

三蔵、あまりにも成し遂げた事がすごいので、
人の力を超越したものに守られた、って考えたんだよね。
西遊記の三蔵は、確かに何もしないんだよなあ。

405 :名無しさん@HOME:2006/12/24(日) 08:06:00
西遊記の三蔵は何もしないどころか阿保の子ですよ
悟空が飲むなと警告した水を飲んで妊娠したり、近づくなといわれた
人間(妖怪)に近寄って攫われたりと漫画の役立たずヒロインそのもの。

原作読んで驚いたのは悟空のほうがむしろ理知的だったこと。
漫画とアニメのイメージで暴れん坊の癇癪持ちだと思ってたよ…


406 :名無しさん@HOME:2006/12/24(日) 09:41:33
>>400
シャーロットはクモの名前です
牧場の女の子は育てたかったんだけど親には相手にされなかったので、
それでシャーロットがしゃしゃりでた
出てきた


407 :名無しさん@HOME:2006/12/24(日) 16:11:11
>405
中国が製作したアニメの「西遊記」だと、三蔵の愚かさ、悟空の聡さが顕著に見えた。
原作寄りという意味では良かったな。
愚かでも人情に篤い、弟子のためなら命を投げ出す、など三蔵に人間的な魅力が
あるならいいけど、それも無いし。おろおろして悟空に責任なすりつけてばっかり。
悟空気の毒と思う場面いっぱいある。実在の三蔵は漢なのになw

408 :名無しさん@HOME:2006/12/24(日) 17:16:30
確かにそう思うと三蔵も気の毒だねw
世界的名作で、とんでもナヨ男に描かれちゃってさ。

日本のコミックにも、西遊記をベースにした作品の多いこと。

409 :名無しさん@HOME:2006/12/25(月) 01:52:16
SF西遊記スタージンガーというのもありましたね。

410 :名無しさん@HOME:2006/12/25(月) 08:27:38
ドラゴンボールで三蔵に該当するのはブルマ?

411 :名無しさん@HOME:2006/12/25(月) 08:29:35
ヤムチャは沙悟浄なのか…?

412 :名無しさん@HOME:2006/12/25(月) 11:53:05
パタリロ西遊記は結構好き。
悟空賢いしなぁ。

413 :名無しさん@HOME:2006/12/25(月) 14:46:10
パタリロはパクリばかりで大嫌いだ
ここで語る頭の悪いオタクブスは士ね

414 :名無しさん@HOME:2006/12/25(月) 17:34:30
ちょwww何カリカリしてんのw
クリスマスにいいことなかったんかいな。きっと正月にはいいことあるyo。
おちつきなって。



415 :名無しさん@HOME:2006/12/25(月) 20:02:35
>>413
ぶw
クリスマスにどうしちゃったのよw
多分これからの人生楽しい事沢山あるよ。
まずは2ちゃんから離れてゆっくりしなね。

416 :名無しさん@HOME:2006/12/25(月) 21:31:33
レッツ豪徳寺を読んだ。
長女が不倫されて離婚してるのに、妹の不倫略奪は夫に手を出される方が悪いですかそうですか
庄司さんってもっとはぎれのいい作家さんだと思ってただけになんだかなになった。

417 :名無しさん@HOME:2006/12/25(月) 23:13:31
パタリロファンってこんなのばっかりか

418 :名無しさん@HOME:2006/12/25(月) 23:14:53
>>416
そんなあなたに漫画板の庄司(・∀・)スッドレ! お勧め。
すっごく雑で最悪なトランスジェンダー話をモーニングで描いて、
みんな怒り心頭だから。

419 :名無しさん@HOME:2006/12/25(月) 23:41:42
明らかな煽りにでもスルーできないのがヲタのプライドなんですよ。

420 :名無しさん@HOME:2006/12/26(火) 00:29:29
>416
姉妹や幼馴染やお手伝いさんまでは世代的に解るが
姉妹の母親までついでのように再婚したのはゲンナリした。
迫られた相手も同情婚みたいだったし。

421 :名無しさん@HOME:2006/12/26(火) 01:23:46
いやこのスレはパタアンチが常駐してるんだよ。
パタの話題になる度必ずループとか専用スレ池とか沸いてでるから。

422 :名無しさん@HOME:2006/12/26(火) 02:15:32
三女は不倫略奪も微妙と思ったが、
それ以上に男性用のアラビアの民族衣装を得意げに着てたのが
なんだかなと思った。
アラビア方面では、男女の区別は日本と比べ物にならないほど厳しいだろうに

>すっごく雑で最悪なトランスジェンダー話
これ読んでないから分かんないけど、そんな感じなのかな。

423 :名無しさん@HOME:2006/12/26(火) 04:17:44
レッツ豪徳寺は、リッチな話でも読みたい気分の時に買ったら、
確かに舞台は資産家の家なのに、中味はすごく貧乏臭いのでがっかりした。
とにかく庶民な話だった。

424 :名無しさん@HOME:2006/12/26(火) 09:37:07
大豪邸なのに数人入るとぎっちりな玄関とかなw

425 :名無しさん@HOME:2006/12/26(火) 12:31:49
>>422
ひどいもんでしたよ。

426 :名無しさん@HOME:2006/12/26(火) 16:58:17
>>424
河惣益巳の「ツーリング・エキスプレス」でドイツの資産家貴族の令嬢が
椅子に立ったまま手づかみでケーキを食べていた場面と同じくらい納得できないよorz


427 :名無しさん@HOME:2006/12/26(火) 18:22:00
リッチなふいんき(なぜかryを楽しみたい時は一条ゆかりを読んでる。
一番の財閥令嬢は庶民臭いし、父親も成金センスだが、やることの
スケールは確かにリッチだ。

428 :名無しさん@HOME:2006/12/26(火) 20:00:56
>>427 香港の別荘で激旨中華をひたすら食べまくる話が好きだ。

429 :名無しさん@HOME:2006/12/26(火) 20:44:11
富豪刑事や飛んでる警視シリーズもおすすめ>庶民にわかりやすいリッチ感

430 :名無しさん@HOME:2006/12/26(火) 20:47:39
大和和紀でブランドで固めた女刑事が活躍するのがあった。
実際あんなだったら給料がいくらあっても足りまい…

431 :名無しさん@HOME:2006/12/26(火) 21:23:44
でも手は試薬で荒れている


…あれ?

432 :名無しさん@HOME:2006/12/26(火) 22:15:56
それは動物の・・・

433 :名無しさん@HOME:2006/12/26(火) 22:47:12
>>430
あのブランド刑事は遺産かなにかでマンション持ってたと思う。
幼馴染の獣医師がそこで開業してるとかだったような。
曖昧な記憶ですが・・・

434 :名無しさん@HOME:2006/12/26(火) 23:03:48
>>433
親が世界旅行だかなんだかに出た隙に自分の家を叩き壊してマンション建てたんだよ。
で、そこに住んでる。一回親が帰ってくる話があった。
1Fに獣医が入ってる。女刑事は、半ボケになってリタイアした元麻薬操作犬飼ってるので、
その縁で庶民派獣医もたびたび出てくる。

435 :名無しさん@HOME:2006/12/27(水) 00:19:49
その点、ディック・フランシスの『黄金』とか『決着』
英国のお金持ちや競馬場の経営とか、使うお金の規模が違う。
なんだかスカッとするw

436 :名無しさん@HOME:2006/12/27(水) 01:34:32
>>434
そう、マンションの大家さんなので、刑事の安月給でもブランドものが
買えたっていう設定。
あと5Eを探していたから、男に買ってもらったものも多そうw

437 :名無しさん@HOME:2006/12/27(水) 01:41:20
>>422
最低最悪な話だった。<トランスジェンダー話
当事者の人たちからも何度も抗議を受け、単行本で一部描き直していたけど、
それでも尚酷かった。

庄司さんって、昔から自我の強いキャラをよく描くけど、それが悪い方向に
出てしまった例かなと思う。
独り善がりでやりたい放題にも関わらず、悪いのは全部相手や世間・・・
みたいな感じ。

438 :名無しさん@HOME:2006/12/27(水) 02:41:58
庄司陽子は妙な人生論だとかエキセントリックな人格破壊者だとか
「問題作!」を提供しようとすると、一気に底の浅さを露呈するよね。
普通に少女漫画の王道みたいなワンパタものだけ描いてりゃいいのに。
でなきゃ「豪徳寺」みたいな、はなから「ありえない」設定のとかなら
読み捨てエンターテイメントとして楽しめなくもない。

それだけの器じゃないというか、勉強もしてないのに
変に「社会派」を気取ろうとすると鼻につく。

439 :名無しさん@HOME:2006/12/27(水) 07:52:32
わたなべまさこの作品も貴族階級を感じさせてくれていいかも。
お城もドレスも、品がいい。
日本が舞台のレディコミ系の話も貧乏くさくないよね。
女って怖ぇぇと思う作品が多いけど。

440 :名無しさん@HOME:2006/12/27(水) 10:14:33
ガイエさんのお涼の話は嫌いじゃない

441 :名無しさん@HOME:2006/12/27(水) 11:23:25
貴族とかお金持ちが出てくる作品では、名香智子がいいな。
領地に狩猟場とか映画に投資とか、庶民には全然
縁の無い話が好きだ。
そしてこういう話って、やっぱり絵に華やかさがないと
楽しめないと思う。




442 :名無しさん@HOME:2006/12/27(水) 12:20:26
>>440
最近、垣野内さんの漫画買いましたが面白いしお涼さん綺麗だから
良かったけど、ちょっと端折り過ぎ感があった。
でもガイエさんの方未読の旦那は結構面白かったようで熱心に読み切っていた…
いや途中で止められない構成だったからなんだけどね。

お涼はハチャメチャさがお金持ち故か性格かよく分かんないけど
歯切れはよいので楽しい。

443 :名無しさん@HOME:2006/12/27(水) 13:50:23
>>438

なるほどね。
底が見えちゃうものね。

444 :名無しさん@HOME:2006/12/27(水) 13:53:52
お涼は面白いんだけど、
「あのシリーズもあのシリーズも終わってないのに
お涼(と○竜伝)ばかりが巻を重ねてゆく…」と思うと寂しい。
何年前からわたしは女騎士が幸せになるのを待ってるんだ。

…微妙にスレ違いか。

102 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)