2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

在米日本人は皇室問題をどう思う?

1 :名無しさん:2006/03/06(月) 17:07:11 ID:OyJ/Tlq+
アメリカに永く住んでいるかた、永く住む予定のかた、
日本という国にはもう帰らないかもしれないが、
外から見た日本の皇室問題について語りましょう。

駐在、留学生のかたもウエルカムです。


2 :名無しさん:2006/03/06(月) 17:10:37 ID:A24AdE25
2

3 :名無しさん:2006/03/06(月) 17:18:45 ID:A24AdE25
山系みたいな赤新聞系と、右翼みたいな人たちが妙に男系維持にこだわってるな、と思う。

4 :名無しさん:2006/03/06(月) 17:54:45 ID:5DU9hrbT
そもそも天皇制は現代民主主義の基本理念にそぐわないものであるからして
天皇自らが天皇制の廃止を宣言すべきではないか?


5 :名無しさん:2006/03/06(月) 20:21:49 ID:6KUO4/WS
そかw

6 :名無しさん:2006/03/06(月) 21:46:19 ID:H2NgWUZK
アメリカ人も実は王制に憧れを持っていると昔は言われていた。
その意識の反映が「ファンタジー」や「SF」などの冒険小説に現れているんだそうな。

7 :名無しさん:2006/03/06(月) 23:10:12 ID:5DU9hrbT
憧れを持つと実際に持つのではわけが違う

8 :名無しさん:2006/03/06(月) 23:30:57 ID:JiaoZtke
やっぱりいつか「もう私の代で廃止しよう」と言えることのできる天皇本人が登場しないかぎり続くんだろうな。





身分制度反対。

9 :名無しさん:2006/03/07(火) 00:57:51 ID:Cy9ZmauI
俺は身分制度大賛成。文化や伝統は身分制度によって維持される。
お前らのあこがれるアイビーリーグだってワスプ階級のおかげ
で存在してるんだし。
天皇制はいつまでも続いてほしいな。日本が世界に誇れる伝統
だよ。

10 :名無しさん:2006/03/07(火) 03:15:43 ID:wrXcjAoZ
日本式カーストみたいな天皇制はいらないと思う。
日本は早くアメリカの51番目の州になるべき。

11 :名無しさん:2006/03/07(火) 04:48:25 ID:Udzq7Eip
確かに天皇無くなったら51番目の週になるな

12 :名無しさん:2006/03/07(火) 09:58:41 ID:i4WuxBfd
皇室御一行様★アンチ編★part397
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/ms/1141637476/


13 :名無しさん:2006/03/07(火) 13:21:42 ID:h/XlaChK
とりあえず、愛ちゃんが、母ちゃん似であることを祈ろう。
あの一族も多少はせくしーになってくれないと。
母ちゃんが巨乳かどうかは知らないが、巨乳天皇とか美尻天皇とか萌え天皇とかイイ
と思わないか。


14 :名無しさん:2006/03/07(火) 13:33:32 ID:h/XlaChK
連投スマソ
>>六
言われてみれば、禿同。確かに。
ロードオブザリングの盛り上がりは漏れには理解できんかった。

FFやDQにはまる俺達日本人はどうなのよ、という反論もあるにはあるが。

15 :名無しさん:2006/03/08(水) 08:37:12 ID:jHk4RHiA
http://s03.2log.net/home/dosukoi/archives/blog100.html

16 :名無しさん:2006/03/09(木) 01:23:53 ID:LgXvK8V4
>>9
賛成
文化というのはそれを担い、守っていくべき人たちがいないと守ることはできないのだから
と言っても、現代の天皇やらその周りにいる人達が日本文化の体現者であるかと言うと・・そうでもないのだけれど
戦後日本のダメなところはの一つは上流階級の人間が精神的な美徳を失ってしまったことと
自国の文化を維持すべき人たちがそれをしなかったところにあると思う
本来ならば上流階級の人達こそが、率先して文化を守る必要があるのにね

17 :名無しさん:2006/03/09(木) 10:17:25 ID:u9RL0Zar
日本では伝統と文化を守る教育はいっさいせず、
愛国心は軍国主義になるから
国旗国家も捨てるように、と小学生から教えられる。
すごいね。
よく天皇制がいままでもったと思うよ。
もうそろそろ限界だろうね。

18 :名無しさん:2006/03/09(木) 14:44:44 ID:4ZUTWqtV
>>17
あんた何言ってんの? 外国の人?

19 :名無しさん:2006/03/09(木) 16:15:29 ID:YTzV+evz
>>18
あんた何言ってんの?ここはアメリカだよ?

20 :名無しさん:2006/03/09(木) 16:24:10 ID:U5I3Wyqc
>>17
それは二十年以上前の話だろ

21 :名無しさん:2006/03/09(木) 16:44:39 ID:wueLh93T
跡継ぎ問題は皇室に決めさせる、というわけにはいかんもんかね?
皇族で話し合って、「女系でも愛子」ならそれで良し、「やっぱり男系」なら旧華族から養子を取れば良し、という風に。

象徴天皇なんだから、基本的には国民にとってはどっちでもいい話じゃなかろうか。
だとしたら、跡継ぎ問題は要するに天皇家の問題でしょう。だったら天皇家の希望に沿うのが宜しいんじゃないかと。

22 :名無しさん:2006/03/09(木) 17:11:35 ID:xPGkWxOD
日本のポルノ文化

http://www.epochtimes.jp/jp/2006/03/html/d27017.html


23 :名無しさん:2006/03/09(木) 18:47:13 ID:u/NzALhl
こんなニュースが入ってきましたが、アメリカでは報じられてる?
           ↓
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/773.html

24 :名無しさん:2006/03/09(木) 19:24:31 ID:pEOQWgde
でもこのイソターネットのご時世にあくまで天皇はエライんだというのも無理があるっしょ。
人格においてはガンジーやマザーテレサに遠く及ばす、
知能においてはアインシュタインの遥か後塵を拝し、
肉体能力においてヒョードル陛下wの指一本にも負け、
財産においてもゲイシさんに比べればビンボー人だ。
容姿については気の毒なので語らないが、
ぶっちゃけどこがそんなに素晴らしいの? と言われても答えに窮する罠。
延命のためにはむしろ露出を避け、なんか居たなぁ・・ぐらいの方が利口と思。

25 :名無しさん:2006/03/09(木) 19:53:01 ID:8TG+y1lu
>>1
職場で日本てどんなところ?ってよく聞かれるので
天皇アキヒトは125代目です。父親をたどれば2600年前の神武天皇まで繋がっています。
って説明してるよん。
白人は伝統好きだから、すごいウケるよ。

まあ、そのほかに日本を代表して世界にまねできないものって特にないしね。


26 :名無しさん:2006/03/10(金) 02:02:34 ID:onf3RNBm
てゆうか。天皇家は伝統の名のともに自由を剥脱されたかわいそうな家族だぞ。
生まれついての連中は外の世界を知らないからいいけど、
雅子さんは、そりゃあ辛かろうよ。自由のない暮らしは。

そういうこと考えたら、世継ぎくらいは天皇家自身に決めさせる権利を
あげてもいいと思うな。
自分らで「男系」がいいっつうなら、まあ相撲の土俵(女人禁制)の
様なもの、伝統だと思えばいいし、「男女平等」なら
「天皇結構リベラルじゃん」と誉めればいいし。
どっちコロンでも天皇家はほめられる。

困るのは今も昔も「天皇家」を政治的に利用したがっている連中だな。

27 :名無しさん:2006/03/10(金) 02:09:01 ID:onf3RNBm
だいたい男系じゃなきゃ駄目とかいっている連中は
右翼や右派の普段から政治的活動発言で飯を食っている、
プロ政治評論家のひとばかりでしょ。(ヒゲの親王は許すけど。)
「女系を許せ」とかいうヒステリーは、なんかジェンダーで
飯食ってる同じような連中だし。

どちらも「不純な動機」「自分の都合」が一番の理由じゃあねえの?
当の皇室の気持ちを聞こうと言う意見が0てのは、
皇室があまりにもかわいそう。
実はこいつらからは皇室は全く尊敬も愛されてもいない証拠だわな。

近所のおばはんの「雅子さんはどうしたいのかねえ?」
という気持ちの方がよっぽど国民の声を反映していないかねえ?

28 :名無しさん:2006/03/10(金) 03:47:46 ID:61LIyY6d ?
元皇族が語る 皇室典範問題
http://youtube.com/watch?v=diI-0Vyv_is

29 :比嘉マリア:2006/03/10(金) 03:54:23 ID:QgV6342P
■■■■■ 女の子が産まれたら、男装さして、
■■■ ■ 宝塚みたいな天皇にすればカコイー
■▼ ▼■
■ ◎ ■
■■ ■■
■■ ■■



30 :名無しさん:2006/03/10(金) 04:55:45 ID:pOVexB4S
オマイ天才!

31 :名無しさん:2006/03/10(金) 09:50:37 ID:PhLP0yV9
特権階級は、民主主義にはいらない。
象徴は、天皇制じゃあなきゃいけないの?

32 :名無しさん:2006/03/10(金) 12:01:22 ID:kGBTy03H
天皇の価値
http://www.infosnow.ne.jp/~sevas/adult/japan/japan2.html#ten

33 :名無しさん:2006/03/10(金) 12:26:26 ID:Do4R6inP
仮に日本が天皇制廃止して共和制国家を選ぶと、
国の「格」としては中国韓国と同レベルになるのかな。



34 :名無しさん:2006/03/10(金) 12:29:06 ID:Do4R6inP
>>26-27は在米なのか?

35 :名無しさん:2006/03/10(金) 13:57:36 ID:+Mx3Ypqe
26&27は俺。在米もうすぐ二桁。
近所のおばはんというのは、嘘だわな。
日本在住のおかんとかその辺の連中のご意見。
でも自分の意見もおなじで、天皇家のことは天皇家で決めてかまわん、
どっちでも俺は快く受け入れるよ。

しかし天皇は特権階級という意見もでているけど、
俺的には実質は奴隷のように見える。生活する金には困らんが、
好きなことができないのでは金があっても人生を生きる意味がない、かわいそうな人々。
自分の人生ではない、決められたことしかできない一生を送るんだもの。
全くもって非人道的で民主主義的ではないと思う。

36 :名無しさん:2006/03/10(金) 14:21:32 ID:+YrMGWz6
>>25

> 天皇アキヒトは125代目です。父親をたどれば2600年前の神武天皇まで繋がっています。
> って説明してるよん。
> 白人は伝統好きだから、すごいウケるよ。

日本人でもわかってない人が多い、男系による継承の話を白人がそんなに簡単に理解するわけがない。

単に家系がさかのぼれるというだけで国際標準には十分。


37 :名無しさん:2006/03/10(金) 18:31:47 ID:eMUsSMzq
>>36
男系って言ってないような‥
父親をたどると、て言ってるような‥

白人てそんなにオバカでもないと思うよ。
少なくともうちの研究室では。

38 :名無しさん:2006/03/10(金) 18:53:01 ID:bSo9uH9X
中国「対日政治工作」

A−1.基本戦略

 我が党は日本解放の当面の基本戦略は、日本が現在保有して
いる国力の全てを、我が党の支配下に置き、我が党の世界解放
戦に奉仕せしめることにある。


A−2.解放工作組の任務

 日本の平和解放は、下の3段階を経て達成する。

 イ.我が国との国交正常化(第一期工作の目標)

 口.民主連合政府の形成(第二期工作の目標)←いまココ(自公連立)
                       
 ハ.日本人民民主共和国の樹立
・・天皇を戦犯の首魁として処刑


39 :名無しさん:2006/03/10(金) 20:26:50 ID:Q23+h30F
天皇が中国人によって処刑されたら
俺は喜んで自衛隊に志願できると思う。

日本って国愛してますから。

40 :名無しさん:2006/03/10(金) 22:14:36 ID:HQRbW+67
>>37
父親を辿ると特定の祖先に行き着く
ってのが男系じゃないか?

41 :名無しさん:2006/03/10(金) 22:58:07 ID:qB3uHN/u
>>40
そうなの?

42 :名無しさん:2006/03/10(金) 23:19:21 ID:HQRbW+67
>>41
男系は父・父・父…の系統が同じ、
女系については、本来は同様に母・母・母…だが、
現状で論じられているのは、上記の男系以外の系統。
男性であるか、女性であるかは関係なし。
愛子様は「男系女児」。
したがって、天皇になられても「男系女性天皇」であって
「女系」とはならない。

43 :名無しさん:2006/03/10(金) 23:30:00 ID:dRzIrlIf
>>42
>女系については、本来は同様に母・母・母…だが、
>現状で論じられているのは、上記の男系以外の系統。

そうそう。ホントは女系じゃなくて混系または雑系だよね。

44 :名無しさん:2006/03/10(金) 23:37:48 ID:qB3uHN/u
ふうん。
‥‥え?
ということは、愛子チャマのお父さんをたどれば神武天皇に行き着くけど
愛子チャマの子供はお父さんをたどっても天皇家の家系じゃなくなるわけ?だよね。

45 :名無しさん:2006/03/11(土) 01:32:25 ID:vpIcnds6
日本の天皇制を批判する人って、英国の皇室には何も言わない人が多い気がする
民主主義ではない?それと同じことをイギリスにも言うかね?


46 :名無しさん:2006/03/11(土) 02:28:50 ID:o8lcqOLW
英国王室のことなんか詳しく知らないから、
批判できないんじゃない?

あそこは、女王がいたけど、女系?
どっちでもない?

47 :名無しさん:2006/03/11(土) 04:00:05 ID:jIffMDoo
日本の天皇陛下がアメリカ訪問された時のもようが知りたいです。
記事と写真をお持ちのかた、いらっしゃいませんか?(できればWPかNT)

48 :名無しさん:2006/03/11(土) 08:18:03 ID:9deslexj
>>37

> 白人てそんなにオバカでもないと思うよ。
> 少なくともうちの研究室では。

学校の環境ではましかも知れないけど一般のアメリカ人はオバカだし、海外の情報に対する認識も無いよ。

以前にアメリカの予約センターで大阪ヒルトンを予約したら、値段を香港ダラーで見積もり寄越した。


49 :名無しさん:2006/03/11(土) 09:58:32 ID:NiOTvrJZ
>>学校の環境ではましかも知れないけど一般のアメリカ人はオバカだし、
>>海外の情報に対する認識も無いよ。

それは日本人も同じ

50 :名無しさん:2006/03/11(土) 10:17:10 ID:9deslexj
>>49
> >>学校の環境ではましかも知れないけど一般のアメリカ人はオバカだし、
> >>海外の情報に対する認識も無いよ。
> それは日本人も同じ

もちろん日本もおなじだね。

そこで、男系による皇位の継承について、一般のアメリカ人と一般の日本人のどちらがよく理解しているか、と考えると、オバカとはいえ一般の日本人の方がよく理解してそうに思うけど。

ということ。一般のアメリカ人にとっては天皇(国王)がいる国、いない国のイチゼロでしょ。


51 :名無しさん:2006/03/11(土) 12:17:56 ID:PIy+5cNA
>>1は何の意図があって北米にこんなスレ立てたの?

52 :名無しさん:2006/03/14(火) 06:31:29 ID:AT8I7NJz
>>51
国外で生活を始めてみて、初めて日本の伝統や文化といったものを
考えるというか、正面から考えようとする人も多いと思う。
私もアメリカに来ることが決まったときから、
日本のことを改めて勉強した(大した事はしてないけど)。

また、日本人以外の人から日本についての質問を
受けたりすることも少なからずあるはず。

皇室問題に関しては、大げさでもなんでもなく、
日本という国の根幹に関わる事柄であると思うから、
この板で議論することに意義はあると思うよ。

53 :名無しさん:2006/03/18(土) 17:32:09 ID:7o2iLzt5
ああ、そうなんだ

また2ちゃんの似非右翼が流れてきたのかと思った

54 :名無しさん:2006/03/18(土) 18:05:32 ID:jhEgZzQE
あのー。
先祖が国の奪い合いをして王になった英国女王と
天皇家とは成り立ちがちがいますから。

55 :名無しさん:2006/03/28(火) 19:50:55 ID:mjbPTWmz
>46
>32はったのは私じゃありませんが、前から知ってるとこです。
そこからコピペ。


天皇陛下(emperor)≧ローマ法王(Pope)>英国女王(Queen)> アメリカ大統領etc(president)>日本国首相etc(premier)
っつーわけで、天皇陛下が一番偉い。
と、まで言わないが、世界で2トップのうちの一人なのよ。いや、マジで。

エリザベス女王だって天皇陛下と同席するときは上座を譲るし、当然アメリカ大統領だって空港へホワイトタイで出迎えます。
ちなみにアメリカ大統領がこの歓迎の仕方をするのは、天皇陛下とローマ法王と英国君主のみ。
アメリカ大統領に最敬礼させられるのはこの3人のみといったほうが判りやすいか?


コピペ終わり。
↑は昭和天皇の訪米時のことを言ってるようですが、
このときレーガンさんは最礼装で、軍の閲兵かなんかまでやったそうです。

ちなみにヨハネパウロ2世が来日したときは、
皇居まで出向いて昭和天皇に会ったそうです。
ローマ法王が外国に行ったときは、その国の元首・君主が出向くのが慣例だそうで、
コレはまじで凄い事だそうですよ。

56 :名無しさん:2006/04/11(火) 15:46:32 ID:19Gd9ohh
天皇制ってさ、我々の文化でありアイデンティティーだから敬意を表する=我々の自尊心
ってこと?かな 否定する連中…外国人が否定するならまだしも、日本人が否定するなん
てねえ。 いろんなところで王様殺して共和制になったけど、そいつらの民度ってどーよ。

57 :名無しさん:2006/04/12(水) 03:30:23 ID:Ov6JA5vF
イギリス王室も男子優先です。
女子がなれるのは、直系がすべて絶えたときのみ。

参考
2004年センター試験 高校別ランキング 平均正答率 (単位:%)

1位 灘(685/800)         男子校
2位 東大寺学園(681/800)    男子校
3位 栄光学園(676/800)     男子校 
麻布(673/800)        男子校
開成(670/800)        男子校
久留米附設(665/800)     男子校
甲陽学院(663/800)     男子校 
桜蔭(658/800)        女子校(笑)(笑)
大阪星光学院(740/900)   男子校
ラ・サール(655/800)     男子校
駒場東邦(648/800)      男子校
聖光(634/800)        男子校
洛星(633/800 712/900)    男子校
愛光(632/800)          男子校
青雲(630/800)          共学
渋谷幕張(630/800)       共学

58 :名無しさん:2006/04/12(水) 04:41:36 ID:gByejRoT
>ちなみにヨハネパウロ2世が来日したときは、
>皇居まで出向いて昭和天皇に会ったそうです。
>ローマ法王が外国に行ったときは、その国の元首・君主が出向くのが慣例だそうで、
>コレはまじで凄い事だそうですよ。

天皇はキリスト教徒ではないから、ローマ法王の配下にない。
天皇は、明治神道におけるローマ法王のような存在。(天皇が譲位すると上皇、上皇が出家すると法皇。)          から?

59 :名無しさん:2006/04/12(水) 07:03:06 ID:gByejRoT
X 天皇は、明治神道におけるローマ法王のような存在。
O 天皇は、神道におけるローマ法王のような存在。


60 :名無しさん:2006/04/13(木) 01:17:11 ID:ky5epFKi
>>58
外交儀礼上の格付けでは天皇(Emperor)と教皇は同格で、その中の順位は天皇の方が上ですから、
教皇が出向くのが当たり前といえば当たり前なんですが、それを本当にやってしまうのがこの教皇の凄かった
ところと言えるのではないかと。
ちなみに順位っていうのは、単に即位・就任順です。

61 :名無しさん:2006/04/13(木) 04:42:15 ID:xi5JLTr0
>>60 レストン。
天皇陛下(emperor)≧ローマ法王(Pope)>英国女王(Queen)> ...
なのは、どう見ても
>天皇はキリスト教徒ではないから、ローマ法王の配下にない。
>天皇は、神道におけるローマ法王のような存在。
から覆せないとも言えるのではないかと。

62 :名無しさん:2006/04/14(金) 00:33:19 ID:hENZ6fQ3
いや、神道の長であることは関係ないと思います。この序列に教皇が含まれるのは、教皇が
国家元首でもあるためではないかと。逆に、国家元首とならない宗教指導者については、
キリスト教諸派であっても出てきていませんから。神道が考慮されるなら、国教会の長である
イギリス国王もまた同格でなければならないことになりますが、実際には他の王と同じ扱いです。
個人的には、王たる宗教指導者を他の王と同列に扱うことが不適当なため、格上げされたと
考えています。
まあ、この考え方でも 皇帝≧教皇が「≧」であることに変りはないわけですけど。


63 :名無しさん:2006/04/14(金) 02:43:15 ID:M2GAf39V
イギリス国教会は、もともとはカトリック教会の一部。
ローマ法王(Pope)>英国女王(Queen)

神道はもとから神道。
天皇は本来なら神道の首長で国家元首。ローマ法王はカトリック教会の首長で国家元首。
天皇陛下(emperor)=ローマ法王(Pope)

ローマ法王は神に仕える。天皇の先祖は神=>天皇は神。
天皇陛下(emperor)>ローマ法王(Pope)

やるじゃん、日本。

64 :ニセモノ皇族(長州藩部落住民)の学術論議が日本再生に必要:2006/04/17(月) 01:55:49 ID:hcl2xtq0
内容(「BOOK」データベースより)
幕末は慶応二年十二月から翌三年夏にかけて、長州、岩倉の一味によって強行された、
孝明天皇父子弑逆事件とその徹底的な隠蔽、そして長州による大室寅之祐明治天皇スリ替え事件。
明治維新という未曾有の大改革によって誕生した大日本帝国なるものは、
それらの大謀略を経て築かれた偽政体であった。このような大異変は、
日本民族のそれまでの歴史の流れから、絶対に生まれるはずのない性質のものである。
それは何故なのか?なぜ、起きたのか?そしてその本質は何なのか?
今や、この問題に答えを出さなければならない秋は来た。
本書はこの平成の御代まで連綿と続く、西洋かぶれ売国奴政治屋の悪辣悪行をあぶり出し、
家畜・羊の群れと堕した現代日本人に強い覚醒を促す書である。

内容(「MARC」データベースより)
明治維新という未曾有の大改革によって誕生した大日本帝国とは、
大謀略を経て築かれた偽政体であった。「孝明天皇父子弑逆」
「大室寅之祐明治天皇スリ替え」など、長州売国奴が封印した日本史の超タブーを暴く。

参考文献:長州の天皇征伐〜日本の悲劇は全てここから始まった〜  太田龍
成甲書房、¥1,995 (税込) ISBN: 4880861898 ; (2005/10/20) 、以下URLはアマゾン書評(見る価値あり)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4880861898/503-4909883-0820712
皇族とか天皇が犯罪犯したらどうなるの? (偽皇族はオウム真理教殺人被疑あり)
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1137727591/l50http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1137727591/l50


65 :名無しさん:2006/04/18(火) 18:59:55 ID:MknF5VFE
>>64

太田龍ってどうよ?
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1125588604/

66 :名無しさん:2006/04/19(水) 01:16:20 ID:3CoEYgDh
>>1
伝統というのは内部の人間が守り続けるからこそ意味があるんだろ。
「日本」というのはあくまでも地域ごとに分けられた自治体の1つであって、
別にそこに住む人がみな関わりを持っているわけでもない。
皇室を守るのは勝手だけど、そんなのは皇室の内部でやればいいこと。
右翼みたいに、勝手に仲間意識を持つ気にはなれない。
逆に、外部の人が「無くせ」というのもどうかと思う。
全部任せればいい。
別に、何の関係も無い人間の私生活に、深く踏み込むつもりは無い。

67 :名無しさん:2006/04/20(木) 14:20:41 ID:c1DtNaIr
価値観の違いね。 ただあそこの社会は良かれ悪しかれ好むと好まざるとに関わらず日本史の中で
少なからず接点はあったんだろうよ。 史上「われこそは天皇なり」って武家がアレだけ強かった
どの時代でも言うやつはいなかったのは事実なんだから。 勿論蚊帳の外、政の中心からは程遠かった
ようだけど。 すると他所の国のどこの王室ともかなり性格を異にする存在で、日本人の中で守られた
独特の社会だよね。 だから勝手にどうぞともいえないよな。 内部の人っていうけど、日本人なら
少なくとも完全にこの問題について外様ではないよね。 ま、狂惨党とか反日マスゴミとか、はてまて
街宣右翼(ほとんど日本人じゃないんだけどな、実は)とか極端な人達のことはちょっと別。

68 :名無しさん:2006/04/20(木) 14:31:10 ID:pn06CzBe
天皇は大事にして欲しいです。
最低千何百年くらいも続いてて今でもそれが天皇という地位に
いるってのは考えたら途方も無い話しですごいし
三種の神器を代々受け継いでるというのもなんともステキというか
こういう夢みたいな話は貴重では?

69 :名無しさん:2006/04/23(日) 07:59:00 ID:DavwvzqQ
漏れたちがフツーの日本人として知ってる、日本社会だけが日本ではないってことなのよ。

きれーごというだけが日本じゃないのと同じでさ、だから天皇制ってものも我々の文化の一部なわけ。
だから天皇制やめられないよ。

70 :名無しさん:2006/04/23(日) 16:02:49 ID:6hxnxNQo
天皇家の人々が毎年国民から施しで貰ってる税金分の収入を
・・・国益を日本に齎す存在なら居てもイインデナイ?
優遇や収入源が国民の血税なんだから、国民にとって損な存在じゃん。
欠伸して居眠りしてるバカ議員と同じ存在。

71 :名無しさん:2006/04/23(日) 17:35:43 ID:rTTz+2EK

在日の年金は毎年払ってないのに、日本人より多く貰えます。
天皇より、在日の年金を排除すれば良い。



72 :名無しさん:2006/04/23(日) 18:52:30 ID:/s3MgpBm
8兆9547億円 男女共同参画予算中の高齢者向け予算(2005年度、概算要求)
5兆9462億円 道路特定財源(国と地方の合計、2001年度)
4兆8563億円 防衛関係費(2005年度概算要求)
3兆5780億円 アメリカの宇宙関係予算
3兆1280億円 りそな銀行に投入された公的資金
1兆6743億円 男女共同参画予算中の男女共同参画等向け予算(2005年度、概算要求)
1兆4400億円 東京アクアライン建設予算
1兆3600億円 全国の朝鮮銀行に投入された公的資金(1998年から2002年まで)
  8200億円 瀬戸大橋建設費
  6724億円 NHKの予算(2005年度)
  6216億円 欧州の宇宙関係予算
  5000億円 明石海峡大橋建設費
  2845億円 日本の宇宙関係予算
  2273億円 中国への日本のODA(2000年度)
  1212億円 中国への日本のODA(2002年度)
  200億円  皇室費 ←――――――――――――ここ!!

73 :名無しさん:2006/04/23(日) 18:58:00 ID:Vbq6nI4r
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1145089815/l50
AB型は態度に問題あり


74 :名無しさん:2006/04/23(日) 19:59:20 ID:TMyrs4F9
>>71年金は払ってないと貰えないぞ
もう少し勉強しろ。
あともしそうでも両方とも排除すりゃいいでしょ
>>72
たった数人の糞ガキで200億だからな

75 :名無しさん:2006/04/23(日) 21:50:57 ID:sHn2b3I9
1人あたり年間19円らしいよ
天皇の歴史は日本の歴史でもある
これからバカばっかりでどうなるかわからない日本の柱はぜひ残してほしい


76 :名無しさん:2006/04/24(月) 00:35:51 ID:oS3SURuO
>>74
天皇は法的には人じゃ無いと思う、おまえのコメント頭悪杉
国と歴史の象徴、システム、そういうのの類だろ。
しかも、一度途切れたら一巻の終わりの。

77 :名無しさん:2006/04/24(月) 20:08:55 ID:xQY4Jk1q
キリスト教徒も天皇敬わなきゃいかんのか?
象徴と認めて維持するための税金払わにゃいかんのか?
公立に行ったら君が代も歌わなきゃいかんのか?



78 :名無しさん:2006/04/25(火) 06:09:40 ID:S3BF5cPi
天皇の存在意義について、皇室外交も馬鹿にはできないが、
現在のイラクのような状況が、もし日本に訪れた場合の事を考えると、
国家統合の象徴としての天皇も捨てがたいと思う。

日本の場合、有事の際にわざわざそういった存在を探さなくても
既に天皇という国家統合の象徴を持っているわけだから、
天皇を担ぐことで、事態の収拾も比較的スムーズに行われると思う。
過去の例では明治維新などがあげられる。

もちろん、こういった事態を招かないようにすることが大切である。
しかしながら、不測の事態に対する「保険」としての役割は
何者にも代え難い存在だと思う。

>>77
国の庇護下で、国の恩恵を受けておきながら、
国に対して敬意を払えないというのはどうかと思うよ。
君が代は、様々な意見があるとは言え、現在の日本国国歌だ。

79 :月17万!!!:2006/04/25(火) 14:53:35 ID:j/uQVIn/
月約17万円の生活保護と、支援者からのカンパが頼りだ。
将来は日本国籍を取得し、ソウルに住む長男も呼び寄せたいというが、
「いまの生活保護額では厳しい」と悩む日々だ。

民主党は先月、「北朝鮮人権法案」を国会に提出、自民党も同様の素案を
まとめるなど、脱北者をどう受け入れるかの議論も始まった。
http://akid.s17.xrea.com/urlcache.php?file=http%3A%2F%2Fwww.asahi.com%2Fnational%2Fupdate%2F0310%2FOSK200503100048.html

【関連】
在日韓国人64万人中46万人が無職、4分の1が大阪に在住していることが明らかに
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1109595620/

日本の為に税金を納め続けた老人達よりも手厚い保護を受けております

馬鹿朝鮮人のニートが月に17万も生活保護を貰っています。
17万も貰って足りないだと?乞食朝鮮人!!!
帰化もしない乞食が日本人の税金を!!!!
大阪だけで、46万人!!!!!
他の県を含めればどれだけの人数でしょうか?

これも全て税金ですよ!!!!!

日本に帰化する気も無く、税金も払わない在日に、
選挙権を与えましょうとか、ほんと民主党は売国政党だ。
日本人でないものに、生活保護の適用は必要なし。
朝鮮人なら韓国行けよ。
生活保護の制度自体を徹底的に見直しして欲しいよな。
若い時から、デタラメやってた馬鹿で、生活保護受けて、
昼間から酒飲んでるのか見ると、税金を払うのが馬鹿らしい

只で日本人の税金が貰えるなんて、ある意味在日が羨ましいです

80 :えええ!!!?17万!?:2006/05/01(月) 06:34:33 ID:UgUdiDFy
この話し本当の事なんですか!?
恥ずかしながら初めて知り、無性に憤りを感じています。
時給¥850で毎日毎日必死に働いて少ない収入の中から
税金を納めている私より、なんで・・・
働かないで昼間から酒を飲んだりできる人に日本って国は
17万円も支払っているのですか!?
はぁ〜〜〜。。。。。これで『愛国心』を持てと?・・・・・。
このGWも少しでも(もちろんそれは自分の為にですが)
頑張って働くぞー!と思っていた気持ちが萎えてしまいそ><
必死に手取り17万円でも欲しいと思い(いじましい少なさですが*汗;)
日々仕事をしているのに、何もしないニート生活をしている人に
17万。。。。。
ホントこの国は何か税金の使いどころを履き違えてるよ;;
皇室一族も在日も働いて税金を納めている日本人の汚物じゃ!
ああ、そっか。産業廃棄物も大金がかかるんだっけ。
そういうこと?(泣

81 :名無しさん:2006/05/01(月) 07:58:59 ID:8P0KKYxI
>>78
天皇ってのは明治政府以前からもともと日本の国の象徴的な位置にいた
わけで、日本の伝統の中でもその最たるものだと思うんですが、
伝統を守るのにいちいち理由なんて要らんと思います、
大事にしないのはもったいなさ杉。昔から続く神社、昔から続く寺、
こういうのは失われるともう元に戻らないから貴重なんで、
天皇もそう、代々受け継いでる三種の神器とか天皇という地位が無くなったら
価値も半減・・・

82 :三種の神器:2006/05/01(月) 08:17:28 ID:UgUdiDFy
三種の神器をセキュリティーばっちりの所で保管する費用だけじゃダメなの?
戸籍を持たない日本国民じゃ無い人間・・・象徴なのに3食いるし糞もする。
それって生きてる生臭い息を吐く普通の人間じゃん。人間国宝みたいに日本人の
生活・文化に貢献した人種でも無い。敗戦の時に負けた国の大将なら首をはねておけば
今こんなに変な国に成らずに済んだ?アメリカは天皇を利用するのは当たり前の話しで
同じ日本国民が天皇なんかもういらねーと処刑しておけば良かったんでない?
三種の神器の管理費だけなら国家予算でもそんなに計上しない金額で済むんでは?

83 :名無しさん:2006/05/01(月) 08:26:41 ID:8P0KKYxI
>>82
受け継ぐのをやめた瞬間から過去の遺物ですんで。
実際に使ってるからすごいわけで、そうでないんなら
地面の下から掘り出した遺跡とかとなんら変わらんですよ。
天皇に関することに限り、「いついつまでその伝統が
続いてました」なんつう話は聞きたくないですけど。


84 :名無しさん:2006/05/02(火) 05:40:53 ID:NSEfrQ1K
>>80
GWって何?
日本のゴールデンウィークのこと?
あなた在米じゃないの?

85 :名無しさん:2006/05/02(火) 08:46:18 ID:3xHAl2Pc
>三種の神器の管理費だけなら国家予算でもそんなに計上しない金額で済むんでは?

金の問題よりも、なんつか天皇家の人権問題で、
やめるなり、一般人兼用にするなり、もうすこし、かえた方がいいとは思う。

失っても神社仏閣と違って必ず子孫がいるから、また現人神が欲しくなったら、
どこかから系列の人を連れてくれば済むわけで、
一度抜本的に変えてみてはどうなんだろう?

俺的には雅子さんという人柱の人生が、酷でならない。
俺の親族が取られなくって本当に良かった。(んなことははなからないが)
あれって現代日本唯一の奴隷だよな。自由を奪われて。


86 :名無しさん:2006/05/02(火) 11:07:52 ID:ZIGk3Pw5
>>84
だめだめ!そっとしておいてあげて…

87 :名無しさん :2006/05/02(火) 13:07:39 ID:Lxz2YL1v
世界最古の皇室は素晴らしいです。
海外への訪問とか、日本と海外への橋渡しも
大変な仕事でしょうね。
これからも、この素晴らしい最古の伝統を
守っていって欲しいです。

天皇の事より、馬鹿ニートの在日問題の方が大きいでしょうね。
働きもせずに税金の金が貰えて、年金を払っていなくても
日本のお年寄り以上に、日本人の年金を貰う事が出来る。
在日の凶悪犯罪が増加、在日のオカルト宗教、これらの問題の
方が大きいと思います。



88 :名無しさん:2006/05/02(火) 20:25:37 ID:SIDVjGut
>>85
ああいうのは継続してなきゃ意味が無いんで、
どっかからつれてくればよいというものでも無いです。

本当はあんなに人前に出てこないほうが継続しやすいんですよね。
側室がいないからだとかいろいろ言ってるけど、本当は天皇が
一番変わったのは、親しみがどうこうということで人前に出てくる
ようになったことで、それが継承を難しくしてんじゃないかという
気がする、これだと皇太子などと結婚したがる人が少なくなる。何も
ヨーロッパあたりの王室を真似することは無いのに。


89 :名無しさん:2006/05/03(水) 02:14:34 ID:dEVbg4ty
>ああいうのは継続してなきゃ意味が無いんで、
>どっかからつれてくればよいというものでも無いです。

だから正当なお血脈のひと、つれてくるのであって、
誰でも言い訳ではない。今でもすでにいるじゃない。
一般人になっている元皇族の人ととか。

「それを言っちゃあ、おしまいよ」なんだけどさ、
そもそも戦乱の世も多々あったこの国の歴史で、
天皇家が本当に遺伝的に継承されてきたかどうかは、
かなり怪しいよね。
戦乱で居所を逃げる時に、自分の赤ん坊とすりかえた側近、
あるいは、正室と乳母が組んで密かに赤ん坊を交換とか、
あるいは影武者がそのまま本物になっちゃったこともあったろう。
全然注目されなかった時代も長いから、すりかわってしまっても、
口裏あわせられたらアウトだ。

まそういう歴史の上での可能性を全部飲み込んだ上で、
それでもやはり「継続する伝統」と呼ぶのだろうけれども。

まあ税金を投入している以上、ある程度の公開は必須なんじゃないかな。
やっぱ冠婚葬祭の話題提供、外交のアピール全て、税金投入の公務だから。

密室で隠すのはやっぱ時代として厳しいように思う。
犬神家の一族みたいに薄気味悪く思われて、人気失墜もあり得るし。


90 :名無しさん:2006/05/03(水) 02:22:26 ID:dEVbg4ty
最大の問題点は、日本人の中ですら、

>世界最古の皇室は素晴らしいです。

と言い切れる国民がいて、それと同時に、俺みたいに、
ただ継続するだけでは、あまり魅力を感じないなあ、
という国民の両方が、半分づつとは言わんけど、
かなりの数いることだな。

俺的にはもっと、怪しい儀式的な皇室であれば、
まだ歴史的価値を見いだせるが、現在の開かれた皇室の
必要性は本心から感じない。微笑ましいのは皇室外交くらいか?
天皇は日本の神社界で最高権威の宮司でもあるのだから、
もっと法王的スタイルと権威がほしいところ。

彼がいなくちゃ神社は崩壊しちゃう、くらいの、
実力、存在感が欲しい。
ただの国民のアイドルなら、税金の無駄遣いに見える。
それと85の視点で、現状の皇室には好感を持てない。
大衆の衆愚化操作のための人形みたいだ。

91 :名無しさん:2006/05/03(水) 12:10:13 ID:JVdnFhoa
>>89
ですからね、考えてみると、
天皇の貴重さはほんとは血じゃないんですよ。

ああやって継承されてる所がすごいわけで。
途切らしていいんなら簡単だから貴重でもなんでもないすよ。
今から徳川幕府の将軍を象徴として復活さすのも簡単ですよ。
(日本の象徴としての価値としては、天皇ほどの権威は
持ち得ないですけど・・・)


92 :名無しさん:2006/05/03(水) 12:25:46 ID:JVdnFhoa
>>89
あと、公開するのと芸能人みたいにさらされるのとでは
違うと思う。

あと、影武者が本当になっちゃったみたいな話に類似することは、
少なくとも古代のある時期以降は無いと考えてよいようです。
そういうところもすごいわけで。国が継続されているという
ことを示す基準をここまではっきり持ってる国ってのも、珍しいですよ。


93 :名無しさん:2006/05/03(水) 13:25:04 ID:iAbTdmbS
>>85の言ってる事なんですが、雅子様が奴隷みたいって言ってますが、
普通天皇家に嫁ぐ時点で覚悟が出来てるでしょう?それが嫌なら結婚
しなければ良い話ですね。

>>90
>継続するだけでは・・
その継続は簡単な事では無いんですよ?
どれだけの歴史の積み重ねだと思っているのですか?
その歴史を絶やすのは簡単でしょうね。世界にも誇れる
歴史を、簡単に絶やそうとする日本人の愛国心の無さに
呆れますね。

これも、反日の日教組のお陰だと思いますがw


94 :名無しさん:2006/05/03(水) 13:32:44 ID:iAbTdmbS
それと、税金無駄使いの事がよく出ていますが、
日本が、在日へプレゼントしているお金を計算すれば
どれくらいになるでしょうねw?
そりゃあ、かなりの金額ですね。大阪でもニートが
40万人以上、その他の県も在日は多いですからねぇ。
在日に税金をプレゼントするのは良くて、国の象徴の
天皇に少しの税金を使われるのが嫌なのですか・・・。

95 :名無しさん:2006/05/03(水) 14:16:41 ID:nwCYpUUe
ろくに納税していない香具師に限り税金の事で話をすりかえるんだよ。
本人は正論言ってるつもりかも知れないが単なる恥晒しに過ぎない。
皇室あってこその大日本、天皇制抜きに東亜の繁栄はあり得ない。
アカや属国チョンの受け売り覚える暇があったら、ちゃんと勉強して出直せよな。


96 :名無しさん:2006/05/03(水) 20:17:06 ID:JVdnFhoa
>>95
そこまで右翼っぽい感情持たないですけど、
純粋に日本の伝統、というより日本という伝統の継続の為にきわめて
貴重と思う。
本当は、天皇のことを知らずに日本の歴史を知ってるとはいえない
んすよね、で、知ると、天皇が継続してるのがいかに驚異的かって
いうのは感じると思うんですけど、根本的に知らない人が多いのが
問題なんですよね、何で学校で習わないのか?私も日本で生まれ
育ったのに、学校では習いませんでしたしね。


97 :名無しさん:2006/05/04(木) 02:17:34 ID:w6ZC09EX
>>96
以前、町村元文科大臣がテレビで、何故日本の学校では
現代史を教えないのかについて、
「教育の現場では、マルクス・レーニン主義に沿って
 教えたがる。しかし、文科省としてはそれでは困る、
 となる。結局、時間が足りないと言うことにして
 有耶無耶の内に歴史の授業を終えてしまう。」
と言っていました。
結局、教育側のイデオロギーの問題で、天皇についても
習わないんじゃないでしょうか。
町村外相(当時)も周りもさらっと流していたようですが、
結構重要な問題じゃなかろうかと思っております。

98 :名無しさん:2006/05/04(木) 11:12:04 ID:i38fsN36
>>97
時間が足りないといっても、本来なら授業の他の部分のウェイトを
下げるべきなんだがなあ。

天皇に関しては、調べれば調べるほど面白いんですよね。
貴重なのは天皇だけではなく、その周辺で働き伝統を守ってる
人たちが皆貴重で。昔のものをそのままの形で継承してる人たちが
いるのに学校でそれに言及すらしないのは不思議で。これほど歴史をないがしろに
する国は、考えてみるとあまりないですよね。もっとも、伝統をよく保存
していない所の人のほうがその貴重さがわかるというのはあると思いますが。

99 :名無しさん:2006/05/04(木) 13:35:15 ID:RzsA2Kvh
要するに皇室と言う「制度」が、諸々の儀式共々長年継承されていることに、
深い敬愛の念を抱く、ということであって、
今の天皇の遺伝的な真実性等々は2の次てことだよね。

自分も歴史ある神社仏閣を訪れたときには真摯で経験な気持ちがわいてくる。
日本人としての安心感とよろこびと、静かな誇りを感じる。

しかし天皇家や天皇制はちょっと疑問で、長年日本の庶民、大衆からの尊敬と畏怖を
受けてきた存在では、実は、ない。
どちらかと言うと公家だけのために存在し、政争の道具に右から左に動かされてきた悲劇
時代が長過ぎる。近代も日教組教育で槍玉に挙がるように、実に悲惨だ。
それは天皇家や天皇制の落ち度ではなく、周囲の政治的実力者の思惑に起因する。

公家や政治的支配者ではなくて、庶民が天皇を国のリーダーと考えたのは残念ながら
近代の軍国日本だけにちかい。それまでは庶民は天皇よりも将軍の方が、権威に感じていたろう。

天皇制度、天皇家の継続の理由はすべからくその政治的実態、実力の無さによるもので、
本当の支配者であったら、どこかの時点で滅ぼされていたはずである。
本当の天皇は戦や政争からはなれた存在で、だから故に存続を許された節がある。

100 :名無しさん:2006/05/04(木) 13:40:10 ID:RzsA2Kvh
>普通天皇家に嫁ぐ時点で覚悟が出来てるでしょう?それが嫌なら結婚
しなければ良い話ですね。

彼女は父親を人質に取られていたから拒否できなかったんだよ。
失脚して閑職をまかされてうなだれていた父親に、
降って湧いたような現場復帰、要職栄転の知らせ。
そして求婚。一度に父の要職復活の謎が解けたはずだ。
断れば父の晴れがましい笑顔、家族の誇りを壊すことになることを、
同じ外務省に籍を置いていた彼女が解らぬはずがない。
他にも諸々の不思議な出来事攻撃で、彼女が拒否できないように、
追い込んだわけよ。

101 :名無しさん:2006/05/04(木) 13:47:52 ID:RzsA2Kvh
例えば91さんは
天皇が神官であることを知っていたか?
日本政府が朱鷺を必死に維持する理由も、知ってる?

そういう天皇制の伝統継続にはある程度時代に無理がかかって来ているように思う。
おそらく俺の知らない部分の季節行事などの簡略化はなされているのだろうな。
そういうささいなことも合わせたら、俺に取っては現皇室はやっぱり、
価値がないとは決して言わないけど、魅力には乏しい。
逆にそれでも多くの国民の敬愛を集めるのは、やっぱりすごいことだとも思うけど。
(単に親の教育だけが敬愛の理由の人も多いと思う)

102 :名無しさん:2006/05/04(木) 14:19:41 ID:i38fsN36
つうか、
>>99 さんは、天皇の周辺でどの程度のものが残ってるか
ご存知すかね。儀式とか伝統芸能みたいな類はもちろんのことですが、
それ以外のことに関してもなんですが。

まさにタイムカプセルですよ、あれ。

103 :名無しさん:2006/05/04(木) 14:24:52 ID:i38fsN36
>>99
遺伝的なものは二の次ですが、なんか言ってる意味が違う感じが
するなぁ・・。

『「遺伝的に」継承されている』のが貴重なのではなく、
『遺伝的に「継承されている」』のが貴重なわけです。
意味わかんないすかね?

104 :名無しさん:2006/05/04(木) 14:26:33 ID:i38fsN36
>>101
単純に神官だとだけ思ってる人はまずまちがいなく
天皇のことなんてわかってない人ですよ。

105 :名無しさん:2006/05/04(木) 19:03:41 ID:bhG84w3c
ここに書き込みしている連中は、今日本でベストセラーになっている藤原正彦先生の「国家の品格」でも読め。
日本と日本人、そして皇室に対する考え方について目から鱗が落ちるぞ。

106 :名無しさん:2006/05/04(木) 19:33:24 ID:pVW+5AF/
なにを「ハルとナツ」やってんだ?

107 :名無しさん:2006/05/05(金) 03:49:55 ID:X6/mqdcx
>103

じゃあ、ちょっと意地悪い質問だけど、
仁徳天皇陵を発掘調査して、今の天皇との遺伝子判定をして、
もしも血縁可能性0だったら、そでいまのあなたの皇室への敬愛は
消えてしまうの??

そういうもんでもないでしょ。
現在の天皇はかなりの可能性で、遺伝的に神武の子孫ではないでしょ。
むろうそうであったらいい、という夢を現代科学の刀で伐って捨てるのは、
無意味な上に無益なことで、これはやらないほうがいい。
そういうことはミステリアスなままがいい。

ま、とにかく、皇室天皇を敬う敬わないは、今や個人の皇室観の問題であり、
個人の嗜好の問題でもあり、むずかしいが、
決して愛国心の問題ではないと思う。

私は愛国心はそこらのアホよりよっぽど高い。
日本は大好きだ。日本に行くたびに、いつかここに帰りたい、
この国を守りたいと強く願う。
しかし皇室は嫌いではないけれど、あんまり敬愛の念も湧いてこない。
なんでか理由は分からない。それはあなたが、皇室を尊敬して、
大事に思う心が論理的に説明できないのと同じこと。
いわば、愛のもんだいなんだろな。


108 :名無しさん:2006/05/05(金) 04:05:01 ID:X6/mqdcx
101>104

いや単純に神官だとは一言もいっていない。
ただ自分の知識では天皇陛下は、天皇であると同時に、
最高位の神官を兼務することは、国民の間でほとんど知られていない。

従って法的には皇室は特定宗とは切り離されたことになっているが、
それは現実不可能で、現在も多くの節目の神事を司ってもいる。
新聞にも出るのは新嘗祭、ほかに有名なところでは伊勢や出雲の
社殿の定期的作り替えの行事(遷宮)においても
天皇の神官としての参加は欠くべからざるものだ。

民主主義国家の象徴としては、一宗教の神事のために公務を休んで
税金つかって神官やるのは、無理がないだろうか?


109 :名無しさん:2006/05/05(金) 10:05:42 ID:vHyc3SZp
>>107
どこが意地悪な質問なのかわからない、だって、
もちろん嗜好の問題なんで、そんな質問は踏み絵になって
いません。そんなことより、
天皇の周辺で保存されてる伝統がいかほどのものかというのを
どの程度知っててそういう意見言ってるのかというのに
とても興味があるんですけど。

常識的に考えて、知りもしないで嗜好も何もないんじゃないですか?
よく知っている上での話なら納得いきますけど。



110 :名無しさん:2006/05/05(金) 11:41:18 ID:Bkq0/6iK
じゃあ109さんの知っている伝統とは何?
どんなもの?

111 :名無しさん:2006/05/05(金) 11:43:36 ID:Bkq0/6iK
>もちろん嗜好の問題なんで、そんな質問は踏み絵になって
>いません。そんなことより、

あれ、天皇陛下が実はただの一般民でもいい、そんなことにかまわないってことかしらん?
それともそんなこと考える事自体不敬なのかしら?


112 :名無しさん:2006/05/05(金) 11:53:19 ID:B6JqWCTS
自分は自分なりにあるていど、皇室や制度をしっていると思います。
その上で自分としては大変な労力や、他人の一般人の人生を曲げ、
不幸に落とし込んでまで、維持し続けなければならない制度なのかどうか、
民主主義とぶつかりながら無理に維持していく必要性が解りません。
しかし、語弊はありますが、天皇をいわば神様のように敬っている国民も
多いことも知っています。特に田舎で天皇に「陛下」をつけないと、
怒られたりします。田舎には都会よりも天皇信奉者は多いことも知っています。
だから反対はしません。しかし魅力は感じないのです。
むしろ八瀬童子などに興味を感じます。

113 :名無しさん:2006/05/05(金) 13:18:53 ID:vHyc3SZp
>>111
その書き込み自体が、天皇について全くわかってない人の書き込みです。
仁徳天皇陵掘っていったい何すんですか?ハテナですよ。
何でハテナなのか答えはいいませんので自分で調べてまた別人になって
戻ってきてくださいな。
知りもしないことをえらそうに語ってるだけなのでしょ、あんた。


>>112
知ってると思いますと言ったってしょうがないんで、
知ってる内容を書き出してみてほしいんだが。
こちらから言うと知ってるフリされるので・・・。
いや、これこそ真に意地悪な質問かもしれないが・・・。

114 :名無しさん:2006/05/05(金) 13:31:24 ID:vHyc3SZp
現実には、数年前のナショジオでの天皇特集に書かれてた程度の
ことも知らないで評論してる人が殆どだと思う。日本人が、
アメリカという外国の雑誌の特集程度のことを知らない。

学校の授業で習わないからなんすよね、やっぱり・・・。


115 :名無しさん:2006/05/05(金) 20:10:24 ID:mR8ZCGbS
それじゃあ立場はおなじじゃない。
こちらが書けば、「そんなことは知っているうちにははいらない、
xxもしらないとは」
「xxは当然知っていますよ、常識だと思って書きませんでした」
手な水掛け論になることは必至でしょう。
じゃあなたはいったい皇室について詳しいと言えるのか?
ためしに質問を出しましょう。さんざ書かれたトキと皇室の関係について、
こたえてみて下さい。これを知っていれば、詳しい方だと言えると思います。

116 :名無しさん:2006/05/05(金) 20:19:05 ID:mR8ZCGbS
それひとつだけじゃなんだから八瀬の件も。
それらだけでは、実際どこまで詳しいのか具体的には解らないけど、
答えたら一応この場では114さんがかなり詳しい人、ということで、
疑わず行きます。
その後一切、>こちらから言うと知ってるフリされるので・・・。
なんてセコいことはしませんよ。別にする気もないんだけれど。

117 :名無しさん:2006/05/06(土) 11:33:57 ID:8EirdNxD
>>115
立場ってなんすか、
話の勝ち負けにでもこだわってもしょうがないでしょう、
会話の経緯をよく見てください、
あなたは、>>89の書き込みなど、
日本の天皇やその記録、それだけでなく、
日本の歴史一般についても、
まともに知識のある書き込みだと思いますか?

118 :名無しさん:2006/05/06(土) 15:19:26 ID:7Vgx8XX7
インターネットTV放送開始
http://www.ch-sakura.jp/index.html

119 :名無しさん:2006/05/06(土) 15:54:11 ID:8EirdNxD
>>116
ひとつには、
天皇にまつわる伝統についてのカキコが増えるように仕向けようという
意味もあっての投稿でしたんで、まあその手のレスでしぼませないで
くださいや。またなんちゃって評論家のウザいカキコを減らす効果も
期待されるので。マターリ行きましょうや。


120 :名無しさん:2006/05/06(土) 17:06:22 ID:7Vgx8XX7
『大日本帝国の民主主義』。http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4093892423/249-7770044-3556318
副題に「嘘ばかり教えられてきた!」とあるが正にその通りである。
かつて山本七平さんが戦前暗黒史観を嘲ったがそれを碩学の坂野潤治さんが資料をもとに裏付けて田原総一郎さんが巧みに聞き出している。
とてもここの字数ではダイジェストすることも難しいのだが例えば<主権は天皇ではなく国家にある>という一章だけでも読んでみて下さい。
左巻きの狡猾なところは大日本帝国憲法の第1条<大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス>を持ち出しては「絶対主義天皇制」だと言ってきた。
しかし坂野さんはすかさず第4条を持ち出す。<天皇ハ国ノ元首ニシテ統治権ヲ総攬シ此ノ憲法ノ条規ニ依リ之ヲ行フ>。田原さんが言う。
「事実上、天皇を飾り物にしたわけだ。象徴天皇だ」。繰り返すがこれはごく一部である。ホントに目からウロコですよ。
本書を読んだあとに5月4日の朝日新聞の社説を読むと爆笑できる。<天皇と憲法を考える 国民と伝統に寄り添って>
http://www.asahi.com/paper/editorial20060504.html

http://www.diary.ne.jp/user/31174/

121 :名無しさん:2006/05/06(土) 19:25:51 ID:dmmVLR0q
関連スレ
今後の日本に皇室は必要だと思いますか?(生活全般板)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1146097132/l50

122 :名無しさん:2006/05/07(日) 10:29:04 ID:GF4BRJNf
日本の歴史ではそのほとんどで天皇がFigure Headとしてしか扱われていなかった。 ある意味
それだからどんな豪傑も天皇に手を出さずにいた。 実は未だにそうである。
ではこれからFigure Headとしての天皇なしでやりま〜すってなわけには簡単に進まないと思われ。
それはいつしか感情的なものに…戦争する時にはアイドルだし、戦争に負ければこてんぱんに非難
されるが、勝てばアイドル度は一段と高まる、平時においては無用の長物と化す。 それでも
皇室「行事」があればうきうきするし、外国にいれば胸を張りたくもなる。

是非を議論するって、それだけ日本は平和だってことかな。

123 :名無しさん:2006/05/07(日) 21:55:37 ID:oIfKH/dE
>天皇にまつわる伝統についてのカキコが増えるように仕向けようという
>意味もあっての投稿でしたんで、

115だけど、だったらくだらない自慢や水掛け論を恐れないでとっとと教えてくれ
(そうはしないから)、その伝統とやらを。
おそらくかなりの人間(日本人の2−3割の興味があるひと)が既に知っていること
なのではないかと思う。(アメリカにおける日本報道の一般的な印象として)
八瀬やトキも非常に需要な皇室の制度や伝統そのものの一部だよね。
既にある程度有名でもあるが。もしここで確認したければ、調べる手間をはぶくために、
自分なりのknowledgeを示しましょう。既に良く知っているなら無視して次行きましょう。

自分の知らない事実としての伝統で、自分の意識、観念が変わりかねないなら、
ぜひともそれを知りたいと思うものです。

122>是非を議論するって、それだけ日本は平和だってことかな。

まったくこの方の言うとおり。わたしも平和を享受したい。

124 :名無しさん:2006/05/07(日) 22:00:54 ID:oIfKH/dE
>あなたは、>>89の書き込みなど、
>日本の天皇やその記録、それだけでなく、
>日本の歴史一般についても、
>まともに知識のある書き込みだと思いますか?

これも非常に疑問。日本の歴史と皇室の伝統を知っていても、
89の様な周囲が予期せぬ事件が起こる可能性は捨てきれないはず。
89の様なことは、いわば歴史的事実や伝統の濃密さと、一切相関関係がない事象、
事件だと思う。歴史にことをどこまで詳しく調べても、論理的には
可能性は変わらず存在するはず。。

自分には「不敬なり」と言っているようにしか聞こえない。
もうすこし解説を求めます。

125 :名無しさん:2006/05/07(日) 22:44:01 ID:k/v8vqxR
>>124 は 89

126 :名無しさん:2006/05/07(日) 23:53:30 ID:UFEoV/6D
日本の国ってつくづく可愛そうなオバカ国だと感じる。

自衛のために始めた戦争が、アメリカとロシアコミンテルンの謀略だったことが
やっとわかってきたと思ったら次は天皇制廃止して内部崩壊の危機とは…。

いつまでもやってろって感じ。そのうち中国の属国にでもなれってんだ。
全く自分のことが自分で守れないつまらん国だな。


127 :名無しさん:2006/05/08(月) 00:00:58 ID:bM+miQ3O
お前確実に育ち悪いだろ。

128 :名無しさん:2006/05/08(月) 03:34:00 ID:CKca4kI3
小和田氏と一緒に働いていた時期があるが
彼はまるで天皇のようにふるまってたぜ。
なにもかもごり押しだ。

その孫が日本の天皇になるのか。
小和田氏も満足だろ。

129 :名無しさん:2006/05/08(月) 06:26:17 ID:hUwNPRcR
>>124
いまどき、天皇崇拝入ってる人に対してすら、少々のこと
言ったって「不敬なり」なーんて思う人はいないよ、
そういうふうに見えるんなら、そりゃ単なるあなたの先入観でしょう。

130 :名無しさん:2006/05/08(月) 15:38:50 ID:NOQCeXWG
>>129
豚に真珠の価値なんてわからんし、猫に小判の価値なんてわからんもんね。
要するに天皇陛下について何もわかっていなければ
その価値はわからん。教育現場では教えないようにしているしね。



131 :名無しさん:2006/05/09(火) 07:00:57 ID:CLqV/ocN
>そういうふうに見えるんなら、そりゃ単なるあなたの先入観でしょう。

じゃあもう少しくらいは説明してくれないと。
「私はそう信じている、異論は認めない」というだけじゃあ、
不敬思想とどうちがうのか、かいもく解りません。
小さな可能性すら否定する絶対性を主張するなら
なにかしら根拠があってしかるべきでは?

教育現場で教えなくても、知っていることは山ほどあるでしょう。
親が教えれば、世間が教えればいいことであって、
教育のせいにしちゃうと議論はそこまで。
じゃあ教育が悪いのなら、教育の場で何を教えればいいのか、
何を教えるべきなのか、しっかり自分の意見を持たないと、
日本も世界も良くなりません。

で、おっちゃんはそこが聞きたいわけ。

>お前確実に育ち悪いだろ。

俺とは関係ないけど、こういうこというやつはお里が知れる。
そもそも育ちの良いやつは2chにはこないだろーが。

132 :名無しさん:2006/05/09(火) 07:33:40 ID:l0v6U6N5
>>126
日本が戦争はじめたのは自衛のためでなく自分等の世界的地位向上
のためなんだが。

>>131
2chには普通に育ちのいい人も悪い人もくるぞ。
高学歴の人も偉い人も金持ち達もな。昔とは違ってもうすっかり有名に
なったんだからいつまでも昔のメンバーのままのはずがない。

133 :名無しさん:2006/05/09(火) 10:11:59 ID:zdy2wixo
>>132
>日本が戦争はじめたのは自衛のためでなく自分等の世界的地位向上
>のためなんだが。

そんなもんどっちも正しいだろう、所詮解釈の問題ですから。ほかにも
ドイツにそそのかされたと解釈されることもあれば、ドイツが行動しようと
しているところへ日本がそのチャンスを掴もうとしていたと言う人だって
いるかもしれませんし、地位向上しようとしなきゃ、日本の地位を下げ
ようとする相手もいたのだからそこに飲み込まれてたのも確かでしょうに。
韓国と道連れだったですよ?韓国に限らず、普通に考えて、日本の
戦争相手だった中国ですら、日本が引っ掻き回していなければ
世界の波の中で持ちこたえなかったと思いますよ?中国は日本の敵として
重宝がられていただけでしょう。それに「日本が戦争始めた」ってのも
全く出鱈目ではありませんが正確じゃありませんね、アメリカの陰謀
とまでは思わないが、少なくとも、アメリカの政策だって、仮に日本と
戦争しても勝てるという自信が無ければとれないアグレッシブな路線を
とっていたわけですからアメリカが始めたというのだって全くのうそでは
無いでしょう?

だからイメージだけで語り合っても意味が無いと・・・


134 :名無しさん:2006/05/09(火) 14:29:43 ID:9G9C9Tco
天皇制って日本人のアイデンティティーですから。 嫌な人はしょうがな
いね。 でもそう言う国なんだから。 他国に干渉されるでもなく、長い
間守ってきましたし、特にどういう意味が今、具体的になくってもいいん
ではないか?

税金使わせるのが無駄だって言う人もいるけどさ、むしろそう言うものを
守っていくことに税金注ぎ込んで何が悪いんだろうか。 文化財を守るの
と大して変わらないと思うぞ。 対象が人間かモノであるかというだけで。

135 :名無しさん:2006/05/10(水) 06:33:57 ID:c+kHdUz2
>天皇制って日本人のアイデンティティーですから。 嫌な人はしょうがな
いね。 

嫌いな人も国民にいて、それでも国家としてのアイデンティティーも保たれ、
その嫌いな人の日本人としてもアイデンティティーも保たれるのであれば、
天皇制は本当に日本人のアイデンティティーなのだろうか?

本当は天皇制はあってもなくても、我々の暮らしも、
国家への思いや誇りも、国家の威厳も、
何もかわらないのではないかという、
そういう疑問もすこしある。

136 :名無しさん:2006/05/10(水) 10:41:37 ID:y7GZwPIc
何で天皇が嫌いなのか意味が分からん。
世界最古の文化で、誇れるものだと思うけどね。
反対するのは、日教組と極左くらいでしょう。
特に日教組は必死w

137 :名無しさん:2006/05/10(水) 12:13:00 ID:lThximFI
嫌いでは全くない。皇室ニュースは微笑ましく見る。
皇室の話題にも結構のる。盛り上がる。
しかし、だからといって、日々生きる自分に取って、
皇室や天皇が、大事なものなのか?と問いかけると、
はっきりと「大事だ!!」と言い切れる自信が無い。

こういう日本人は少なくないんじゃないかと思うのだが。

138 :名無しさん:2006/05/10(水) 12:23:02 ID:x5qWaRw7
個人的にゃ皇室ニュースってのはなんか違うと思う。

しかしオバさん方が好きなんだよなあ。

139 :名無しさん:2006/05/10(水) 12:28:10 ID:lThximFI
例えば、自分を知るための心のテストとして、
「皇室を失うか、XXを失うか、どちらかひとつを選べ」
というような選択を自分に課すとして、
いったい何ならば皇室を選び、何ならば皇室を捨てるか、
そういうことを考えてみる。

家族と皇室ではやはり家族を取る。これは皆そうだろう。
じゃあ銀行預金と皇室では、やっぱり情けないが預金を取る。将来もあるし。
親とでは、親かな。曾祖父あたりだと(もう死んでいるが)、皇室。
Toyotaとなら、やっぱりToyotaだな。Hondaでも。
松嶋菜々子なら、皇室を取る。松島ファンには悪いが。
中曽根康弘だと中曽根。しかし森元首相なら断然皇室が大事。
神社となら、神社を取ってしまう、な。伝統と言えば神社だ。仏教伝来以前からの精神がある。
東京タワーは難問だ。皇室かな。所詮昭和のもんだし。
富士山は富士山でしょう。仕方が無い。
2chだと断然皇室だ。遊ばせてもらっていて申し訳ないが。

こんな遊びは、あんまり深い意味はないが、自分にとっての皇室の存在と言うか、
大事さと言うか、そういうものがおぼろげに見えてくる。
少なくとも自分はありとあらゆるものを対象にできる、という点から、
自分にとって皇室はさしてspecialなものでは無いことが解る。

さて、こういう自分は日本人失格なんだろうか?



140 :名無しさん:2006/05/10(水) 18:06:28 ID:kgat3aCy
>>139
国があって、今の自分があるんだ。という基本が抜けているのではないか。

今手にしているパスポートは菊の御紋入りの日本国からいただいたありがたいパスポートだ。
これは今や世界でも最も信頼されているパスポートであるが
日本人は格別な思いはないようだ。しかし、皇室という扇の要を失うとたちまち
反日勢力が国内で新政権を立てようとし内乱が起こり分裂するかもしれない。
そうなると世界の信頼も失墜だ。パスポートが印籠のような力を発揮することもなくなるだろう。


大切なものは失ってから気付く事が多い。日本人なら皇室を守ろう。



141 :名無しさん:2006/05/10(水) 18:33:02 ID:G6XrtG75
あくまで象徴なんだから
優先だのなんだの気にしない。
そういう存在。

142 :名無しさん:2006/05/10(水) 18:41:35 ID:x5qWaRw7
>>139

日本神話読んでみれ。
神社と皇室はそういう風には比較できん。
深い意味が無い遊びとはいえ、今でも天皇その他の存在が
あるから神社もまた面白い。
日本の天皇、出雲国造、こういう超古い家は神社と密接な
つながりがある。こういう伝統が今も本当に生きているのが
すばらしいのである、どちらが欠けてもイマイチになるので
どちらか一方を取るというのは不思議。

神社と深い結びつきのある日本神話なんて本当は少しくらいは
学校でも習うべきで・・。だって、日本にいけばそこらじゅうに
ある神社の内容も知らないんじゃ、しょうがないわけで。

143 :名無しさん:2006/05/10(水) 18:54:59 ID:esIab1SX
チャンネル桜24時間インターネット放送
http://www.ch-sakura.jp/index.html

144 :名無しさん:2006/05/11(木) 02:29:35 ID:NfMXRuI5
>しかし、皇室という扇の要を失うとたちまち
>反日勢力が国内で新政権を立てようとし内乱が起こり分裂するかもしれない。

なんでそういうことが思い付くのか、非常に不思議だ。
皇室があっても日教組という、見方によっては反日勢力に教育を奪われているし、
(前身はあるが)歴史の無い新興勢力の民主党は、歴史ある国民政権自民党を
退けて新政権につくことが悲願だ。

歴史を見ても、皇室があっても、神道は渡来宗教の仏教に勢力を奪われたし、
関ヶ原では天下分け目の戦いが起きて天皇不在で政権が変わった。
天皇は全ての歴史を座視していただけで、何も能動的な動きは示さなかった。
天皇は政権から無視されてきただけの歴史の方が圧倒的に長い。

天皇はいわば神のようなもの、石の道祖神のようなもので、
黙して語らず、日本の歴史を左右しない。
誰かが既に述べていたが、「だからこそ」時の政権の敵、せん滅すべき対象に
ならずに済み、今までながらく存続し得たわけだ。

そもそも皇室が日本の「扇の要」という根拠は何一つない。
しかし、歴史を通じて私利私欲なく、日本という国を悠久の時間で
ただ見つめ祈る黙視人なのではなかろうか。
天皇の生活は実際「祈り人」である。本来は毎朝拝殿にむかって日本国と
国民の平和を祈る(実際は侍従が代わりに行って、陛下は2週間に
一度拝殿へのぞまれるが)。それを2千年やってきた。
祈りは現代科学的には無意味で無価値な行為かもしれない。
しかし2千年の祈りと黙視はほかの誰にもできない天皇の存在そのものだ。
強い(強すぎる)意志こそが戦乱を呼び、この国に不幸をもたらすこと、
無意味無価値といった「無」の中にこそ真の「平和」につながる真理がある、
そのことを2千年示しているのではなかろうか?

だからこそ尊い、といわれた方が、妙に説得力がある気がする。


145 :名無しさん:2006/05/11(木) 02:47:14 ID:NfMXRuI5
>国があって、今の自分があるんだ。という基本が抜けているのではないか。

国はなくても国土に国民が集まれば国はできる。
国のために自分があるわけではなく、自分(達)のために国は存在する。
だから国に対して自分は何をすべきか、何ができるのか、常に
考えるべきであり、国民一人一人が、自ら国を支える意志を
もつ必要がある。
国政もきちんと考えて責任を持って参加し、自分が選んだ政治家なのだから、
監視を怠ってはいけない。すべて自分の責任なのだから。

パスポートも国が「くれた」のではない。自分が国に「作らせた」のである。
パスポートの信用は国がただくれたものではない。
自分の行動で決まっていくものだ。世界で最も信用されるか否かは、
自分達日本人一人一人にかかっている。
海外では日本人としての誇りを持って、襟を正して行動すべし。

国という組織を自分から突き放して、別の存在とし、
国への責任を果たさず、国から得られる権利だけ主張して、
吸い取れるものだけ吸い取るような、
自分の国を支え、造る意志と責任感のない日本人が増えていないか。



146 ::2006/05/11(木) 03:41:49 ID:i/S9cVWp
よくわからん。
3行で説明してくれ。

147 :名無しさん:2006/05/11(木) 14:16:34 ID:Iaj4cYOm
>>137

> 皇室や天皇が、大事なものなのか?と問いかけると、
> はっきりと「大事だ!!」と言い切れる自信が無い。

大事ではない、と言い切る自信がある。

148 :名無しさん:2006/05/11(木) 15:26:26 ID:DTIKmSFL
>145
最近多いよな、権利ばかり主張する香具師。
はっきり言うと卵が先か鶏が先かってな話でさ、そう言うモノの言い方って不毛だよね。
ただ、国はなくても国土に国民が集まれば…ってくだりはちょっといいすぎじゃない?
ユダヤ人の先例もあるし、わが国にも「在日」現象があるでしょ。 世の中決して一方通行
じゃないんだから。

149 :名無しさん:2006/05/14(日) 00:25:31 ID:F6aulYJ9
天皇は、
日本という国が形成されていくなかで、日本史上
最初の統治者の伝統を継いでいるのであり、
統治後に纏められた日本神話の主役の末裔です。
日本最古、かつ、最も貴重な伝統を引き継いでいる
わけです。日本という「国」のルーツの中でも最重要な
ものが今も生きてるわけです。

だから日本国の象徴としてふさわしいと思います。


150 :名無しさん:2006/05/14(日) 01:14:45 ID:R8ZLuuC4
天皇制度いらね。 >>24に同意見。税金の無駄だよ。

俺の親父は大好きみたいだけどな(w


151 :名無しさん:2006/05/14(日) 05:58:24 ID:OLzfj6Aw
>日本最古、かつ、最も貴重な伝統を引き継いでいる

日本最古なのは神道とそれを産んだ自然崇拝信仰でしょう。
日輪や大きな岩など、自然物を神の象徴として畏怖した、
原始宗教としての信仰は、太鼓の日本から現代の日本の田舎のご神体にまで、
永々続々、存続しつづけている。

天皇制はそれに比べれば、はるかその後に成立した、
日本が村社会から王制に成長した後に誕生したものでしょう。

自然崇拝と言えば、アイヌのイヨマンテなどの祭事も、
おそらく縄文の狩猟民族の自然信仰の流れを汲むものと思われるし。

152 :名無しさん:2006/05/14(日) 10:19:44 ID:F6aulYJ9
>>151

それは日本の民族のことでしょ。
アジアの人は分かってない場合が往々にあるけど、
国=民族じゃ無いです。

日本国の成立と関係有る最重要かつ最古の伝統は天皇だと思います。


153 :名無しさん:2006/05/14(日) 10:23:18 ID:F6aulYJ9
ちなみに日本各地の民族信仰が国の宗教として
整理され高度に様式化されてきたのと、
天皇および日本国の成立は深い関係があります。

どこからを現在の神道の歴史と見るかは、本当に見方の
問題ですが、日本「国」の伝統となると、天皇も神道も
切っても切れない関係にあります、このスレ読むと、完全に
切って比べる人がいるけど不思議な比べ方です。っていうか
無理な比べ方かと思います。

154 :名無しさん:2006/05/14(日) 14:47:25 ID:SADuFrby
しかし、
>そもそも皇室が日本の「扇の要」という根拠
がただ「古い」というだけでは、ダメなんちゃうか?
国家成立以前の古くから国民の信仰、思慕の念、を集めてきて、
未だに初詣、お宮参り、秋祭りなど現代にまで国民に広くその習慣と信仰をのこすものは、
神道や土俗信仰にまつわつ自然崇拝以外にあるまい。
そのような自然そのものを尊敬して敬う思想は先進国では日本しかもっていない。
その悠久の歴史から比べたら皇室は後からつけたものでしょう。
他の国にも王室や王家は山程あるのです。長さしか特徴がないというのは....。
何よりも重要な欠点は神道ほどの国民の信仰、信奉を集めつづけていない、
江戸幕府700年のあいだ国民(主に庶民、公家は忘れてはいないから)から殆ど
忘れ去られていた存在を、
明示以降必要になっていきなり世間に引っ張り出してきて、今更「国の要です」
と言い出したところに若干の無理は無かろうか?

だからこそ戦中徹底的に尊王思想を広めたはずなのに、
敗戦後即座にその信用を減らしてしまったのでは?
日本の自然崇拝は戦争や経済や浮き世の流れと超絶して、
日本とともに存在している。しかも存在感はバブル崩壊後更に増している。
故郷に帰り、祭りで集う若者の多いこと。

155 :名無しさん:2006/05/14(日) 14:52:11 ID:SADuFrby
結局日本人にとって本物とは何だったのか、と問えば、
天皇制でも幕府でも民主主義でもない。
自然崇拝が残ると思うのです。
日本が先進国として誇りに思い、世界に対して発信すべき思想とは、
やはり天皇制ではなくて、この自然を畏怖するこころ、
自然を敬う心、しか、ないのではないでしょうか?

そしてそれが未来の子孫を、そして地球を救う大切な一歩に、
つながるではないのでしょうか。
日本人は今こそ、神道を、その根底に流れる自然崇拝の意味を、
自ら学び直すべきではないでしょうか?

156 :名無しさん:2006/05/14(日) 14:55:31 ID:SADuFrby
154、155>脱線御免!

157 :名無しさん:2006/05/14(日) 14:55:34 ID:F6aulYJ9
>>154
明治以降になっていきなり引っ張り出してきたようなイメージは
デマです。お伊勢参りは江戸時代に流行りました。そしてもちろん、
それ以前だって、天皇の存在は皆知っていたわけですし、適当に神社に
行ってたわけじゃなくて、古代に国や神話がまとまるとともに様式化
されてきたものを皆祭ってきたわけです、逆に、そうじゃなかったら
宗教とすら言えませんし、先進国か発展途上国かなんていうことは無関係で、
全人類に普遍のものであって、日本特有のものとすら言えません。


158 :名無しさん:2006/05/14(日) 14:57:21 ID:F6aulYJ9
>>156
脱線というか、神社の内容知らないで神社に行って喜んでるだけじゃ
子供と一緒だと思います。理由がまったくないじゃないすか。
テレビアニメ見てはしゃいでるのと一緒では?

159 :名無しさん:2006/05/15(月) 10:37:01 ID:RX2pOdnm
じゃあ「厳密」に言って現在の神社のいったいどこに、
天皇そのものに由来する神がまつられているのか?

お伊勢参りで参拝する、伊勢神宮には皇室に祈りを捧げるために参拝したのではない。
中心となる内宮にまつられているのは天照大神であり、これは読んで字の如く太陽神に他ならない。
太陽を神としてまつった歴史は農耕以前と考えられて、皇室成立の遥か以前である。
しかし皇室は自らを日本の主権者としたいがために、後の世にこの天照大神を自らの神にした。
しかし、天照大神はその前から日本民族の主な崇拝神であった。

100歩譲って神社神道の建物のスタイル、様式美をまとめあげて現在の形に
洗練させたことには皇室は多大な貢献をしたと言えよう。
しかし皇室が産み出した神と言えば、語弊があるどころか、
皇室そのものも、そのようなことは言わないはずである。
いわゆる古事記に見られるような神話は、農耕文化を基盤とする、
自然崇拝宗教が日本の村々に誕生し、農耕そのものと共に、
定着した後から、王制を権威づけるために創作された寓話であり、
農耕の歴史、農耕の年次農事に由来した自然信仰の誕生は、
その先から存在せねば、つじつまが合わない。
日本国民は皇室と共に、ぽっと突然誕生したのではない。
土着の日本民族(おそらく狩猟メイン)と、王と共に海を渡ってきた渡来農耕民族が
融合の結果、王制と皇室、そして現行の神道の皇室と結びついて部分を産み出したのである。
皇室部分を取り除いた神道は現代日本人の祖先たる一般農民が産み出したものと言って、
過言ない。

160 :名無しさん:2006/05/15(月) 10:45:24 ID:RX2pOdnm
農耕民族の長い歴史を背負ってきた日本人には現在でも、
アニミズム時代の名残色濃い、神道という宗教を、
帰属実感無く社会共存させている。日本の地方を旅すれば司馬遼太郎ではなくても
気がつくことは多々ある。各地方の神は中央神道で統一されてはいない。
各地の土地神と融合された形で、農事とリンクした祭事の伝統を守っている。
共通するものは天皇といった人間形成したものへの崇拝ではなく、
自然と、農耕を通じた人間の共存のための、自然崇拝と、祭事である。
日本は農業国ではなくなってもはや長いが、
今でも人々はその神道祭事に影響されている。
祭りに参加する人の数、初詣に神社に参拝する人の数は、
皇室を真摯に敬う国民の数を確実に上回るであろう。
なぜならば日本人の本当の神は、皇室でも民主主義でもなく、
原始神道、農耕神道なのだから。

161 :名無しさん:2006/05/15(月) 10:52:45 ID:RX2pOdnm
神道は国家神道とあいまって戦中には民衆を戦争に駆り立てる道具として、
利用されたとこは、皇室と同義に語られましょう。

しかし戦後の二つはどうでしょう?
いまや皇室はその神性を全く失い、アイドルの特殊な形になりつつある。
お世辞にも国民の敬愛が高まったとは言えません。
神道も昔より確実に存在感は落ちてきています。
しかし、人生において初詣に行ったことがない日本人というのは、
この科学文明全盛の現代において未だ少数派です(他宗教の日本人が主ですな)。
これを国教と言わずに、他の何がそれにあたりましょうか?
その点神道の権威は失墜していないどころか、
現代日本人の心の中にすら、強く生き続けているのです。

この違いを、日本人として、冷静に、どう考えますか?
それでも、天皇こそが、一番の国民の心の要と、
言えますか?
日本人は神道について、もう少し、きちんと認識しなおすべきではないのでしょうか?

162 :名無しさん:2006/05/15(月) 10:57:26 ID:RX2pOdnm
江戸時代、いったいだれが
「天皇陛下に申し訳が立たないぞ」と言って子供を叱ったりしたでしょうか?
「お天道様申し訳ない」「誰もみてなくてもお天道様はみているぞ」
このお天道様は、天皇陛下をさしますか?
そんなことはないでしょう。太陽神です。日本における太陽神は、
天照大神として神社に祀られています。

学術知識だけじゃなくて、庶民の暮らし、哲学、つまり
現実を見れば、こたえは自明なのです。

163 :名無しさん:2006/05/15(月) 11:46:35 ID:mmIjYZlZ
神道なんて一体何割の日本人が信じてんだよw

164 :名無しさん:2006/05/15(月) 12:31:18 ID:RX2pOdnm
神を信じているとは思ってもいないが、
初詣に神社に行くこと、合格祈願の絵馬を奉納すること、
すべて一般的なことでしょう。神道は生活の中に自然に存在するものなのです。
もはやそれは無神論者のアメリカ人と、キリスト教の関係に近い。

それに何せあなたが信じるも信じないも、神道は細かい教義が無いんですから。
神社に参拝したことがある日本人、お祭りで寄付したりお賽銭あげたことがある日本人は、
すべて神道の広義の信者なのです。それがキリスト者であっても含めてしまいます。
ヒジョーに懐の広いものであります。


165 :名無しさん:2006/05/15(月) 13:06:39 ID:mmIjYZlZ
まあビルゲイシがウィンドウズを使ってる香具師は”広義で”皆自分のファンだと思うのと同じだなw

166 :名無しさん:2006/05/15(月) 14:16:03 ID:ww9LQIfR
>>159
神社って最初からああいう形だったんじゃないんですよ、あんた。

>>162
ずいぶんと極端なこと言う人だなあ。そんな戦中だけの話持ち出して持論を
押し通すために何でも言う人とは話になりようがねえです。
伊勢神宮と天皇の関係や、日本の神話体系のほんの概要(要するに
天皇のご先祖様が一番偉い神様みたいな感じの)くらいは知った上で
神社に参ってたんだよ、それも戦後以前はずっと。
文化・伝統の面において、中国が文化大革命のことをどれだけ
後悔してるか知りましょう。


167 :名無しさん:2006/05/15(月) 16:37:44 ID:ovJuR1jg
日本て、世界の国の中でこんな国めずらしいよな、ってことが多い国だな。

その代表格は天皇で、きいたところ125代も続いてるそうじゃね?
たまげたな。よくまあ続いてるもんだ。





168 :名無しさん:2006/05/15(月) 23:35:06 ID:B/jbI+zc
21世紀にもなって、王様だ女王様だ天皇だ首領様だ王子だ何だかんだ、そんなもの要らない。

169 :名無しさん:2006/05/16(火) 01:25:33 ID:mzapKg+W
166>そんな戦中だけの話持ち出して

誰が戦中だけやねん。江戸時代についても書いてます。
そもそもお伊勢参りは江戸期が一番盛んでしょう。

>伊勢神宮と天皇の関係や、日本の神話体系のほんの概要(要するに
天皇のご先祖様が一番偉い神様みたいな感じの)くらいは知った上で
神社に参ってたんだよ、それも戦後以前はずっと。

それは認めます。知っていたはずです。が、ではなぜ伊勢参りであって、
京都御所参りではなかったのか?
これは重要なポイントではありませんか?
現存する神王であるはずの天皇陛下はうっちゃっといて、
神様であるお伊勢さんにお参りですよ。
どう見ても民衆は天皇をありがたがっても、崇めてもいないんです。
もうこの時点で民衆の目は政治は幕府を見ているし、
精神は神道の神様を見ておって(仏教もありましたが)、
天皇、皇室はいわば蚊帳の外です。悪い言い方をあえてすれば、
無視だ。それがなんとまあ700年延々続いた。
その事実は私は重要視せざるを得ません。



170 :名無しさん:2006/05/16(火) 01:31:25 ID:mzapKg+W
このような様々な歴史上の事実、そして現代日本人の生活習慣からも、
すべてが示しているのは、
皇室は公家にとっては神であったが、
日本の民衆、大衆からは忘れ去られていたに近い存在であった、
と結論づけるまで言いませんが、
そういう要素は日本史をかんがみて無視できないのです。

それならば今日日本人にも天皇不支持派が少なくなく存在するのは、
不幸な太平洋戦争の過去だけが理由じゃないのです。
昔から指示されていなかった、というのが実は客観的には、
正しいのです。

重ねて押さえておきますが、一般民衆の視点ですよ。
公家や一部の武士は本気で天皇を敬っていたことは間違いないのです。

171 :名無しさん:2006/05/16(火) 01:34:30 ID:mzapKg+W
>その代表格は天皇で、きいたところ125代も続いてるそうじゃね?
>たまげたな。よくまあ続いてるもんだ。

そこには触れたくなかったのですが、
ここまで「長さ」だけを主張されると、
そこにも触れないわけにはいきません。
125代は歴史学的には真実とは考えられていません。
最初の方の40代ほどは神話の、実存根拠の見えない、
後の世の人間が間違って解釈したかもしれない未確認天皇を含みます。



172 :名無しさん:2006/05/16(火) 10:26:05 ID:UWSeJCYn
40代ほどもが嘘というのは言い過ぎでしょ。
一般には初代から14代までは神話の可能性大(在位が100年を越えるのは不合理)、
その後も皇太子の即位ではなくて、武力による王権交代が頻繁に起きていたとは、
常識的に多々有ったと考えられているので、家系にこだわらず「日本の王」を天皇と呼ぶのであれば、
ざっと100代以上は続いていることになる。
すべて男系同一家系で継続していたわけではないでしょうけど。

しかしですね、私の血なんて、それはもう長いこと絶えず継承されてきているんですよ。
もうに人間が猿みたいだった頃から、今に至るまで、
途切れたことが一度も無いのですよ、私なんか。一番長いんですから、人類史上。

173 :名無しさん:2006/05/16(火) 10:27:33 ID:BMw9BGin
>>169
あっそう。でもその割に何で戦中の極端な価値観から
語ってるんだい?

居て当たり前の人間をわざわざ崇拝する人のほうが珍しいと思いますが。
昔は天皇ってのは、日本に居て当たり前だったんだ。今だからこそ
貴重だとわざわざ口に出して言う人が多いだけで。

>>170
それじゃその天皇崇拝してた公家や一部の武士は全員
伊勢に参らず天皇に参ってたんだな、すごいな、
死人みたいに扱われる天皇も哀れだなwww

ところで、話は脱線しますが、中国人は万里の長城の価値を昔は全く
知りませんでした。その証拠に、中国の古い絵や詩の題材として
万里の長城は一切出てきません。
自分たちの先祖がユニークなものを作ったんだと気がついたのは中国に
西洋人が入ってきた、中国の歴史の中では比較的最近のことです。ぜひ
中国人に、「昔の中国人は万里の長城なんて大事に思ってなかったん
だからあんなもん大事でも何でもないだろう、潰して鉄道でも引けば?」
と進言してきてください。もっとも、日本の天皇の場合は本当は
そうじゃありませんが・・

>>171
そんなことわざわざ力説しなくてもいいと思いますが・・

174 :名無しさん:2006/05/16(火) 10:33:38 ID:BMw9BGin
>>169
その論理なら人間国宝なんかも全部不要ですから
ああいうのも廃止したらどうですかね。

175 :名無しさん:2006/05/16(火) 10:55:21 ID:UWSeJCYn
>21世紀にもなって、王様だ女王様だ天皇だ首領様だ王子だ何だかんだ、そんなもの要らない。

逆に21世紀にもなってまだあるから、とっておく意味も有るように思う。
あと50年もすると、観光名所になるかもしれない。
イギリス王室とその宮殿のように。


176 :名無しさん:2006/05/16(火) 11:10:55 ID:UWSeJCYn
>その証拠に、中国の古い絵や詩の題材として 万里の長城は一切出てきません。

誰がそんな嘘を教えているんでしょうか?例えば、
12世紀の漢詩にこんなのがあります。

千金募戰士,
萬里築長城。
何時?冢月,
却照漢家營。


177 :名無しさん:2006/05/16(火) 11:16:42 ID:UWSeJCYn
文字化けましたな?なんて漢字はございません。
冢という字です(出るかなあ?)。
まあ、要するに歌に詠まれたりしてはいますが、
もともと昔は国教の辺境の地の城壁にすぎませんから、
一般人は寄り付きませんな、国境の警備の危険な地ですから。

178 :名無しさん:2006/05/16(火) 11:22:42 ID:BMw9BGin
>>176
煽りの為のケンサク乙wwww

あにょな、
西洋人が入ってくる前ず〜っと全く何の題材にもなって
なくないですか?これ、常識を言ってるだけなんですが。

179 :名無しさん:2006/05/16(火) 11:29:07 ID:2MWj0+Uc
>天皇制って日本人のアイデンティティーですから。 

やはり現代日本においては天皇制を日本人のアイデンティティーと呼ぶには無理が有る。
しかし現皇室メンバーが好きか嫌いか、どちらを選べと言われれば、国民は
やはり「好き」が多数派だと信じる。
しかし「今後、高貴な尊い存在として奉りたいか?」ときかれれば、それは「No」で
固まるであろう。
維持費も現行レベルは許されても、これより莫大な出費にでもなれば強い反対意見も国民から出よう。

もはや明らかに言えることは、我々日本人は天皇陛下をリスペクトこそすれ、
前時代的な「君主たる王」とはまったく認識していない、ということである。
そこまで言ってしまったものに、いまさら精神的な何を託せばいいのか?
現代日本人の心のよりどころになり得るのか?

180 :名無しさん:2006/05/16(火) 11:33:47 ID:2MWj0+Uc
天皇は依然日本の要である、現代日本人のこころは天皇を中心にすえることが
可能である、天皇が日本人の心のよりどころ足りえる、
という意見の根拠を少し詳しく聞いてみたい。
今まで一度もその説明が出ていない。
それを聞いてみないことにゃあ、なんとも、ねえ。

181 :名無しさん:2006/05/16(火) 11:37:42 ID:BMw9BGin
別に誰も崇め奉らなきゃいけないかどうかなんて話してないのに、
どうして昔は崇め奉ってなかったとか、ワケのわからない話になん
のかどうしても理解できないんですが。

>>180
天皇は貴重といってる人の意見がそれじゃなきゃ困るのはあなただろww



182 :名無しさん:2006/05/16(火) 11:39:58 ID:hd6pJ+7w
天皇はアイドル
それの何がいけないのか

183 :名無しさん:2006/05/16(火) 11:55:26 ID:2MWj0+Uc
>天皇制って日本人のアイデンティティーですから。

>しかし、皇室という扇の要を失うとたちまち反日勢力が国内で新政権を立てようとし
>内乱が起こり分裂するかもしれない。

なんていうか、こういう発想をするのは、
ひとえに皇室にも、天皇制にも、不勉強で知識がないために、
自分の心の中の理想やイメージ、あるいは誰かの主張の受け売りでものごとを
語っているのではないだろうか?
陛下の日常の祭事や、神道との関係について、何を知っているのだろうか?
たぶん自分の好きな部分だけを見ているのだろうな。

>天皇はアイドル
>それの何がいけないのか

この二文の方が悲しいかな、圧倒的に皇室の今を確実に直視できている。
しかし、まさに現実の方が魅力の無い意見に終わる好例である。


184 :名無しさん:2006/05/16(火) 12:00:12 ID:2MWj0+Uc

183の天皇観は以下に尽きる。

歴史を通じて私利私欲なく、日本という国を悠久の時間で
ただ見つめ祈る黙視人なのではなかろうか。
天皇の生活は実際「祈り人」である。本来は毎朝拝殿にむかって日本国と
国民の平和を祈る(実際は侍従が代わりに行って、陛下は2週間に
一度拝殿へのぞまれるが)。それを2千年やってきた。
祈りは現代科学的には無意味で無価値な行為かもしれない。
しかし2千年の祈りと黙視はほかの誰にもできない天皇の存在そのものだ。

強い(強すぎる)意志こそが戦乱を呼び、この国に不幸をもたらすこと、
無意味無価値といった「無」の中にこそ真の「平和」につながる真理がある、
そのことを2千年示しているのではなかろうか?


185 :名無しさん:2006/05/16(火) 12:06:28 ID:2MWj0+Uc
過去は変えられない。無理に変えれば嘘になる。万世一系の嘘は過去のロマンだ。
しかし未来は自らの手で変えられる。
天皇も現代の我々で変えることは可能だ。
天皇を我々の単なる暇時のなぐさみもの、TVアイドルにするも、
もっと何かしら質のある、意味ある日本の象徴にすることも、
どちらを選び、どう作り上げてゆくかも、
今を生きる日本人に託された仕事である。

日本が民主主義国家である以上、避けられことなのだ。

186 :名無しさん:2006/05/16(火) 12:23:33 ID:BMw9BGin
>>183
そういう意見にツッコミ入れるのは簡単ですけど、現実は、
普通に伝統だから貴重だみたいに思ってる人が大半だと思いますが。

天皇が今まで続いたのは、一言で言えば日本という国のルーツだから
でしょ、それを無くそうなどと考える人が今まで居なかったわけです、
それが今でも生きたままでいるのが面白いわけです。
実に日本らしい。



187 :名無しさん:2006/05/16(火) 12:53:14 ID:ga+I7X3R
脱線だが、web上の神道の説明から都合良く抜粋

神道(しんとう)とは、日本の民俗的な信仰体系であり、日本固有の多神教の宗教である。
日本列島に住む民族の間に自然発生的に生まれ育った伝統的な民族信仰・自然信仰を基盤とし、
豪族層による中央や地方の政治体制と関連しながら徐々に成立した。神道には明確な教義や
教典がない。森羅万象に神が宿ると考え、天津神・国津神や祖霊を祀り、
祭祀を重視し、浄明正直(浄く明るく正しく直く)を徳目とする。
神道は皇室神道・神社神道・教派神道(神道十三派)・民間神道に分類できる。

元々、神道に教義が無いのは、古来より「神ながら言挙げせず」だからであるとも言われている。
そのため、外来諸教と融合しやすい性格を有すことになり、逆に言い表せない神道的なものを
諸教が自由にコントロール出来なかったため、狩猟時代的記憶を内蔵した唯一の先進文明国と
なった。このため海外知識人(アインシュタインなど)からは賞賛され、国際社会でも中華文明、
ヨーロッパ文明などと並ぶ日本文明として位置付けられるという日本という国の、文化の基層部分
を未だ担っている。そのため現在では、神道は欧米の概念で言う、文化と宗教のちょうど中間的な
状態を維持し続けた状態であるために、一般的日本人には神道とは宗教と考えられていないので、
日本人が無神教・無宗教であると揶揄される由縁である。

188 :名無しさん:2006/05/16(火) 17:36:03 ID:9Twh82k4
君が代をオリコン1位にしよう!
【まとめサイト】http://eva.xrea.cc/kimigayo/
【現行スレ】http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1147747518/
【MIDI】http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/fd/Kimigayo70.mid
【概要】日本国国歌 「君が代」(きみがよ)をオリコン1位にする
【目的】君が代をオリコン1位にして国民意識を向上させる
【決行日】5/29 (変更の可能性あり)
【注意事項】
1. これは国歌に対する侮辱ではありません。一国民がその国の国歌を愛すること。またその国歌のCDを購入することは誰にも束縛はされません。
2. まとめ買いはいくら買っても1枚としかカウントされません。面倒ですが、一枚一枚予約・購入して下さい。
  ゲーマーズ、アニメイト、アマゾンなどはデイリーチャートには入りません。デイリーは気にしないでウィークリーに賭けてください。
  なお、オリコン加盟店は右記のサイトで参照できます→http://www.oricon.co.jp/rank/index2.html

189 :名無しさん:2006/05/18(木) 02:37:59 ID:Q68EI3Ng
>天皇は貴重といってる人の意見が

この意見の人だけが何度聞いても、全然説明も解説もない。
多分貴重だと自分でも実は思ってないんではないか。
親とか作家とか有名人に「貴重だ」と言われたから、
何となくそう思う、ってことなんじゃないか、と。
(それも立派なひとつの意見だが......)
いや、一つあった、長いから貴重だ、と言う意見だ。違ったかな?

>21世紀にもなって、王様だ女王様だ天皇だ首領様だ王子だ何だかんだ、そんなもの要らない。

と言う意見や、ひたすら税金の無駄と言う意見もあった。
そっちはまだ根拠があるからわかる。
税金の無駄は、それはまあ日本政府は財政破たん寸前なんだから、
当たり前と言えば当たり前の意見。政府財務が破たんしたら、
国家存亡の危機、天皇どころではない。王より飛車をかわいがれない。
だが現段階ではもっと先に出費を減らすべきところもあろう。

民主主義国家になってからも王様はいらない、と言う意見も、
なんか文革の中国みたいだが、一理はある。
しかし天皇は今はもう王様ではないし、統治もしていない。
むしろ文化財的な存在なので、厳密にいえば王様ではない。

190 :名無しさん:2006/05/18(木) 02:53:16 ID:Q68EI3Ng
天皇は日本という「扇の要」である、という意見もあった。
しかし180>181の様に、本心ではないらしい。もしも181ならば。
そういうイメージを持っているというだけで、
天皇が実質日本という扇の要として存在している=機能しているとは、
本心では思っていないようだ。

それは当たり前だ。現天皇は象徴天皇であって、
象徴以上の政治的、国家的機能はまかされてはいない。
ただ国民の中にはそういう気持ち、イメージを抱いている
人が186の様に存在するという事実は重要だ。

186は天皇は「日本のルーツ」だと信じ、断言してる。
私はそういう見方もありなんかな、と思いつつも、
日本のルーツは王制や王の存在よりも、
「農村」にある、と見ている。稲作をメインとする農耕社会ね。
原始から今まで連綿と継続し、今も日本人の心や習慣、文化に、
強い影響を及ぼしているもの、として。
自分のルーツも太古の農村の誇りある一農民に行き着くはず。
日本を耕し、日本を起こし、日本を支えてきた農民にね。

それと比べたら天皇制は庶民には影薄い、というか、
日本国のマジョリティーたる庶民には距離が遠すぎる。
有史上今が一番近いんでしょうけど、そりゃあただの
TVアイドルだからですね。



191 :名無しさん:2006/05/18(木) 07:44:43 ID:DHOihaWb
日本の皆さん、GHQが取り決めた「象徴としての天皇」という位置付けを
忠実に守りすぎ。いつまで占領憲法内のみで自らを縛っとくのよ。w

日本の国のことは日本で決めるべきじゃないの?
今の日本人、なんかおかしいよ。まったく。

192 :名無しさん:2006/05/18(木) 11:00:41 ID:+bhe2SWK
>>189
説明が無いって言ってみたところで説明が無かったことには
ならないと思うが、所詮人間は人の話を自分の聞きたいようにしか
聞かないのだろうな。

193 :名無しさん:2006/05/18(木) 11:03:49 ID:+bhe2SWK
>>191
元から象徴だったよ、それをはっきりと単語で定義してみただけだわな。


194 :名無しさん:2006/05/18(木) 11:05:09 ID:FcywP3po
国家の象徴である「王」が国民と利害関係じゃなく結びついて存在しているのは奇跡
いい加減象徴とかじゃなくて本来の姿に戻るべき
敗戦後のお互いに慰めあう姿は美しかったと思う

195 :名無しさん:2006/05/18(木) 11:07:44 ID:j608Leqe
>>194
もうちょい、詳しく?

196 :名無しさん:2006/05/18(木) 11:08:48 ID:+bhe2SWK
>>190
ルーツという言葉が曖昧で、どうとでもとれますから
どちらも正しいでしょうな、
天皇は日本という国の原型が出来た頃の最初の支配者で、それが
天皇という伝統の根拠となっているわけです。


197 :名無しさん:2006/05/18(木) 11:14:00 ID:+bhe2SWK
>>194
利害関係と関係のない象徴的存在だったから長く存続したんでしょう。


198 :名無しさん:2006/05/18(木) 11:36:30 ID:BkodfEHl
大昔の本当の支配者だった時代は、殺したり殺されたりで、
別の豪族の長が入れ替わって支配すると、また帝を名乗ったりしていたろう。
後の世でも天皇の家系が絶えることは幾度も有ったろうけど、
それを周りは必至で隠して結局誰かがその役割をしてきたのだろう。
実権者ではないから、注目された存在じゃないから、
そうやって身代わり身替わりでも、制度をずっと存続することが可能だった。
ここにきて、大衆が知るほどの存在となり、身代わりはバレバレで無理だし、
現代倫理上側室はもてないし、歴史上初めて存続の危機かもな。
それも日本が文化的に進歩して情報化したからだな。
日本国の進歩の結果として皇室存続が危ぶまれるのだとしたら、
自然が「そろそろやめようか」と言っているのかもね。
自然淘汰?その時が近いってことかねえ。

199 :名無しさん:2006/05/18(木) 11:58:47 ID:+bhe2SWK
>>198
煽りって楽しいのか?

200 :名無しさん:2006/05/18(木) 13:15:04 ID:mKKZqwoY
>>191
そうだ!禿同!
本当の天皇に戻して今こそ鬼畜米英を打ち破ろう!

201 :名無しさん:2006/05/18(木) 14:44:46 ID:2SRZ4Kis
>>195
昭和天皇と全国巡幸
http://www.jiyuu-shikan.org/frontline/sonota/shouwa-tennou.html

202 :名無しさん:2006/05/18(木) 14:56:02 ID:2SRZ4Kis
>>195
復興への3万3千キロ
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog136.html

203 :名無しさん:2006/05/18(木) 22:20:14 ID:89GHasXM
20世紀、世の中を良くしてきたのは天皇でも政治でも経済なくて科学技術だって。
21世紀、その流れは更に加速するって。

天皇制度を廃止して浮いた200億で、ノーベル賞に対抗できる天皇物理学賞、天皇化学賞を作って欲しい。
皇居はそのまま歴史記念公園。日本最大の観光地の一つになります。

彼らが神様に戻る事は国民の大反対で、ほぼ絶対有り得無い、よなぁ。

204 :名無しさん:2006/05/19(金) 09:35:35 ID:nvEgjli6
神様にもどられたひにゃあ、
あっちにもこっちにも
「んじゃオレも神様ってことで」てのが増えそう。

日本国は八百万の神ってくらいだからね。

205 :名無しさん:2006/05/19(金) 10:04:16 ID:HYUkmLtS
「「天皇制を廃止する会」を立ち上げました。 2006/05/01「天皇制を廃止する会」を立ち上げました。
http://akkyan2.web.fc2.com/
 当会は、日本を不平等社会たらしめ、
「日本国の象徴」ではなく、不平等の象徴となっている天皇制を廃止することによって、
日本を真に平等な社会にするための会です。
当会は、あくまで平和的手段で天皇制を廃止に導きます。
参加希望者は「参加希望」と明記してメールを送ってください。
ほかにはハンドルネーム等だけで結構です。本名などは要りません。
また掲示板も設けましたので、意見はそこに書き込んでください。

206 :名無しさん:2006/05/19(金) 11:00:30 ID:Y69YDKO7
天皇って立場の人がいなくなると、
新嘗祭とかその他数多くの古くから続く伝統的な事が
出来なくて困っちゃうわけですが。

207 :名無しさん:2006/05/19(金) 11:40:41 ID:yHQJj3t4
>>206
・・・・偉く地味なデメリットだな・・・・(w  なんとかなるよ。

208 :名無しさん:2006/05/19(金) 11:54:57 ID:nvEgjli6
>新嘗祭とかその他数多くの古くから続く伝統的な事

まあ神主にやらせれば済むことではあるなあ。
というか、皇室を神職専門にしてあげれば、
諸々の問題点が解決するのでは?

民主国家日本国の天皇ではやっぱ変だし、
宗教行事には常に批判がともなう。
いっそのこと、法的にただの一宗教法人のトップに
してしまえば、好きな人も嫌いな人も、円満解決。
税金投入はストップして、神社が皇家を養う。

209 :名無しさん:2006/05/19(金) 11:55:09 ID:Y69YDKO7
>>207
あの、絶対になんとかなりようがないんですが。
地味だと思うのも不思議。

210 :名無しさん:2006/05/19(金) 11:55:35 ID:vz/tOYPm
オオニシの電波は快調ですか?

211 :名無しさん:2006/05/19(金) 12:01:57 ID:P/8ujxcO
アメリカとの再戦マダー?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

212 :名無しさん:2006/05/19(金) 12:07:50 ID:Y69YDKO7
>>208
天皇じゃなきゃ新嘗祭にならんのですが・・
なんで無知が自分の知らんことを適当に言っとるんだこのスレは・・・

213 :名無しさん:2006/05/19(金) 12:11:23 ID:yHQJj3t4
>>209
すまん。
じゃぁ、とりあえず伝統行事関連だけやって頂く。ひっそりと・・・

214 :名無しさん:2006/05/19(金) 13:23:09 ID:bOQ84SVO
ひっそりと・・・

って、今でも十分ひっそりちゅうか、
新嘗祭いつやってるか、みんな知ってるか?
つうか新嘗祭さのものを国民の過半数は知らないんじゃないかと,,,,,,,。

215 :名無しさん:2006/05/19(金) 13:26:13 ID:bOQ84SVO
ちょっと調べたけど、なんだよ、
新嘗祭は飛鳥時代に確立した儀式だけど、
江戸元禄までずっと、やってなかったんだと。
で、元禄期に東山天皇が復活させたとのこと。

だめじゃん。

216 :名無しさん:2006/05/19(金) 13:28:28 ID:bOQ84SVO
>なんで無知が自分の知らんことを適当に言っとるんだこのスレは・・・

うむー,,,,,,,,,, 。

217 :名無しさん:2006/05/19(金) 13:38:09 ID:6kgQZJXd
>>191
> 日本の皆さん、GHQが取り決めた「象徴としての天皇」という位置付けを

でもさあ、GHQ前の明治憲法の絶対君主としての天皇という位置づけだって高々80年くらいの歴史のもんでしょ。
明治からの天皇親政だって結局は藩閥がらみで将軍に対抗して担ぎ上げられただけ。

もちろん家系として続いていることは認めるよ。鎌倉時代位でもまあ貴族のトップでもあったでしょう。でも、室町時代くらいからこっちは単なる認証機関の役目しか果たしてなかったんじゃないの?


218 :名無しさん:2006/05/19(金) 13:39:20 ID:6kgQZJXd
>>214
勤労感謝の日?

219 :名無しさん:2006/05/19(金) 13:50:41 ID:Y69YDKO7
>>215
215的には、江戸時代は伝統としては古くないわけか。
あと、新嘗祭だけじゃなくて、人目につかないような伝統事がやたらと
沢山あんだけど。

220 :名無しさん:2006/05/19(金) 14:15:04 ID:6kgQZJXd
>>219
天皇が2600年以上続いている、といいつつ、新嘗祭が元禄からって言うんじゃ羊頭狗肉ってやつだよね。

でもほんとにそんなにやってなかったの?

221 :名無しさん:2006/05/19(金) 14:27:33 ID:6kgQZJXd
>>215
調べてみた。

新嘗祭は応仁の乱以降中断していたみたい。
まあ、応仁の乱くらいまでで実質天皇家の支配ってのは完全に崩壊したってことぢゃないの。応仁の乱で室町幕府の支配力もなくなるわけだし。

222 :名無しさん:2006/05/19(金) 16:07:46 ID:4HoL7pS/
どう考えても中国が世界の王になるよ。あと30年かからんだろう。
世界史上何度も何度も隆盛を繰り返せるのは中国だけ(必ずしも中華民族に限らない、あの地域にできる国がということ)。
多くの地域・民族が有史上1度は世界トップレベルになれるが、世界最高レベルの隆盛を何度も繰り返せるのは中国だけ。

ローマ帝国しかり、オスマントルコしかり、古代エジプトしかり、ソビエト連邦しかり、モンゴル帝国しかり、
アッバース朝しかり、大英帝国しかり、大航海時代のスペインしかり、こないだまでの日本しかり、ね。
このことは世界史上最大の謎といわれています。なぜ1度だけか?なぜ中国だけ例外なのか?
ちなみに日本史上最大の謎は、@あの天皇一家がなんで延々滅びもせず続いてきたかというのと、
A鎌倉時代になぜ新興宗教が一気に勃興したかの2点だそうです。

・・・中国が再び世界のトップになるのは歴史の必然です。おかしいことでもなんでもない。
日本が再びJAPANアズNO1になるのが希望薄なのも、同様に煽りぬきで歴史の宿命です。別に悪あがきもいいけどw
石原慎太郎とかって歴史に詳しいらしいけど、アホだよね。こういうダイナミックな長期の視点を知らずに、
わずかここ100年かそこらの短絡で中国を見下してる真性アフォ。
日本がここ100年だけ特に勃興した事がむしろ「異常事態」であって、中国中心できたアジアの歴史的な秩序を壊し、
この100年間の各種不幸や軋轢を招いているという見方の方がむしろ真をついているんです。
日本はたった一度の機会を使い切ってしまったorz アーメン†〜

※GDP世界2位は、既に日本ではなく中国です。
米CIAの各国経済力ランキングも、購買力平価GDPの方を採用しており、中国が2位。一方日本は3位で半分。
http://www.cia.gov/cia/publications/factbook/rankorder/2001rank.html  (内容は2005年の最新数値)
ページトップに「GDP」と明記されているのに注目。(purchasing power parity 購買力平価PPP)
今どき名目GDPの方を拝んでいるのは、日本ぐらいです。アメリカと欧州は購買力平価GDPが基準です。(wikipediaのGDPも参照)
数百年のスパンで大隆盛と、それがゆえの沈降・混乱期を繰り返す中国が、再び隆盛の時期に入ってきましたにょ。

223 :名無しさん:2006/05/19(金) 21:02:25 ID:Y69YDKO7
>>220
天皇が続いてるから復活できたんだな。
江戸時代は人が昔のものを大事にしてたしな。
あと、

>天皇が2600年以上続いている、といいつつ、
>新嘗祭が元禄からって言うんじゃ羊頭狗肉ってやつだよね

元禄からというのは天皇じゃなくてひとつの伝統行事である
新嘗祭なんだがあんた頭大丈夫か。2600は神話だし
天皇(大王)が本当にいつから続いてるかは有史以前だから分かり
ようがないわけだが、現実には2600では無いだろうが神話は
神話として語られているわけだわな。


224 :名無しさん:2006/05/20(土) 02:56:10 ID://wWbaHe
とりあえず、天皇制度、規模縮小。
「新嘗祭だけじゃなくて、人目につかないような伝統行事」をやって頂く程度の規模に縮小すれば良いんじゃね?

あまった金で天皇科学賞でも作った方が人類の為になるんじゃないの? どうよ??

225 :名無しさん:2006/05/20(土) 06:30:19 ID:/YjEZSuE
>あまった金で天皇科学賞でも作った方が人類の為になるんじゃないの

これは、どう考えても間違いないよな。
今の日本にも、人類にも必要なのは、
生活を豊かにするんじゃなくて、
環境を保護し、地球を正常化するための科学だな。

226 :名無しさん:2006/05/20(土) 06:31:10 ID:/YjEZSuE
でもどれくらい規模縮小かによっては反対。
少しはそれらしいものを残してほしい。

227 :名無しさん:2006/05/20(土) 10:16:55 ID:SlePD1Vh
>>223
他の行事も天皇が実権失ってた間はほとんどやってなかったんじゃないのかな、と思うわけだ。
江戸時代に政治が安定してから、なんだかありがたみがありそうだから天皇家の行事なんかを将軍家がサポートするようになった。
まあ一旦中断した時点で終わってるわけだよね。その後は幕府に寄生して生きてたわけだ。それは今でも一緒だけど。

そう考えるとありがたみがうせる、といってるわけだ。単に2600年前だかなんだかに先祖が居た、ってことなら誰でもそうだし。

228 :名無しさん:2006/05/20(土) 10:24:37 ID:zo/7hBAb
>>225
”環境を保護し、地球を正常化するための科学”なんて作ったって
アメリカがこれじゃあどうにもならんだろw

とりあえず日本人はまた天皇の元に結集して
アメリカを倒すのが先だ

229 :名無しさん :2006/05/20(土) 14:17:22 ID:kwifNmYr
天皇制が廃止されれば、
基地外日教組や>>205が喜びますね。
あ、それと韓国・中国様も大変喜びますね。

こんな極左の基地外が日本の子供を教育しています^^

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4759/kyouiku.html

日教組の集まりで、大きな旗に「君が代反対!天皇反対!」と
掲げて吼えてましたね(そういえば、行動が朝鮮人みたいですね^^)
学校でも、そんなチラシを配る始末w
それと、愛国心の憲法が制定の問題が挙がった時、真っ先に反対
したのが、日教組と朝鮮関係者w(この人たちの関係がバレバレ)

日教組の極左の増田が解雇されましたよね?
アメリカ人のハーフの子に暴言吐いたり、一日中反日的な事を
子供に教える始末。解雇された途端、韓国のノ・ムヒョンに手紙を
送る。(日本の悪口、韓国を褒め称える内容w)

朝鮮大好き日教組^^

天皇がいなくなれば、中国・朝鮮・日教組の天国でーす。
これで、日本の子供の将来も明るいですかw?

230 :名無しさん:2006/05/20(土) 20:00:28 ID://wWbaHe
天皇がいなくなれば、ヤクザの街宣車は減るかな?

天皇大好き?街宣車・・・  萎え・・・


231 :名無しさん :2006/05/21(日) 10:33:35 ID:9cIKdw3c
>>229
こんな教師に教えられる子供が可哀想。
これじゃあ、学校なんか行かない方がマシ。

232 :名無しさん:2006/05/22(月) 04:28:58 ID:6epFrL36
>天皇がいなくなれば、ヤクザの街宣車は減るかな?
>天皇大好き?街宣車・・・  萎え・・・

なんかあの、街宣車右翼てのは、やっぱり在日の朝鮮人、
韓国人だらけだっていう話なんだが、
素人にはそのへんがさっぱり分からん。

229さんなんかはその辺が詳しそうですが、
解説してもらえませんか?

なぜ日本は右翼も左翼も極端なのは在日か朝鮮人かその関係者なのか?
彼等はお互い反目したり、協調したりしないのだろうか?

233 :名無しさん:2006/05/22(月) 08:28:42 ID:q2YuNRvv
>>224-225
えらく地味な縮小の理由だなァ。
廃止だの縮小だのってのはいつも結局
たいした理由はないんだよな。

騒いでるような人に関してはネタバレしてみると
「他所の国」の歴史を破壊することで溜飲を下げるような
人たちの場合が多かったわけで。



234 :名無しさん:2006/05/22(月) 11:35:01 ID:IknQKtOM
224は日本人だと思うけど、ああいう意見の人は全部在日にしちゃうのは、
2chではよくあることだ。とくにこのスレでも最近多いし。
でも225は生粋の日本人だ。自分だから。在米だけど。

だが、205までいくと、なんかそういう生粋日本人ではない人なんじゃないかと思う。
そこまでは俺だって考えないもの。

235 :名無しさん:2006/05/22(月) 11:36:55 ID:q2YuNRvv
233は別に224が在日だと言ったわけではないす。
巷で大騒ぎしてる人に多いということが分かってきたという話です。

236 :名無しさん:2006/05/22(月) 17:57:59 ID:SoFzP4qN
>>232
街宣右翼は在日朝鮮人ですよ。
あれは、本当の愛国心を持つ人(日本人)を、誤解させる為に
在日右翼は街宣車で騒ぎを起こしています。
彼らの考えどおり>>230みたいな日本人が多くなって、
在日右翼の思うとおりになったと言う事ですね。
だから、日本では右翼=野蛮とかマイナスなイメージ
になったと言う訳ですよ。

237 :名無しさん:2006/05/22(月) 21:59:09 ID:U/hsCloJ
>>232 >>236

解説ありがとうございます。
「ホメ殺し」みたいな作戦ですよね。

日本人が地道に天皇制を縮小するよう頑張るので、
朝鮮人の人達は北の独裁者をなんとかするよう頑張れば良いのに。
あれもかなり無駄(とゆうか被害が大きい)と思うがなぁ・・・



238 :名無しさん:2006/05/23(火) 01:45:40 ID:EtjWKBCs
っていうか、天皇制はすでに極限まで縮小してあるので、
これ以上一体どうやって縮小するんだとか思うんですが。
今では宮家も無いし。

イメージだけで語ってる人大杉

239 :名無しさん:2006/05/23(火) 01:50:40 ID:EtjWKBCs
金がもったいないならはるかに問題なのがいくらでもあるんですけど。
ゼネコンに無意味に利益落とすために税金が投入される問題とか
全く規模が違う話がいくらでもあるんで、
別に悪いことでも何でも無い皇室に白羽の矢が立つのは不自然で、
おそらく無理やり話題にしようとしてる人たちが世の中にいるんだろうと
思います。

実際は天皇には国の象徴としてはちょうどいい金額以下の金しか
使ってないです、皇室周りは波風立てない為にそういう事を話題に
すること自体を避ける傾向がありますが、おそらく世論を敵に回さず
静かにやってゆく為だと思います。

240 :名無しさん:2006/05/23(火) 02:00:33 ID:5eeGouit
>>239
敗戦時に昭和天皇はすべての皇室財産を国の復興のためにと国庫に
収めました。
よく「俺たちの税金で食わせている」とかいう大馬鹿野郎がいます。
現在支出されえている金額は利息にもなりません。
まあ、国の復興に皇室財産が使われたことを知らないだけで、また
知らせようとしない教育やマスコミに問題があるとも言えますが。

241 :名無しさん:2006/05/23(火) 02:03:24 ID:EtjWKBCs
>>240
おそらく、話題にすること自体を避けてるんですよ。
静かに、細く長く、が継続の秘訣ってわけで。

242 :名無しさん:2006/05/23(火) 02:05:43 ID:EtjWKBCs
で、笑い話ですが、

>「俺たちの税金で食わせている」

そういう人に限って大して払ってないんだよなww

243 :名無しさん:2006/05/23(火) 02:16:12 ID:5eeGouit
>>242
同感です。
無知なだけならいいがさらに無能で自分が恵まれていないので、皇室が楽
に見えてねたましいという思考回路だと推測する。
君臨すれども統治せず。っていうのが日本国の伝統。
何もしていないっていう馬鹿もいるが、それこそが馬鹿をさらしている。



244 :名無しさん:2006/05/23(火) 02:40:17 ID:yf3kBvqu
まぁ、現状維持派・・って事で。
でも、昔みたく神様に戻そうって馬鹿はいないよね?

245 :名無しさん:2006/05/23(火) 08:49:06 ID:EWZPBDhK
自分も基本は現状維持だが、
もう少し金額は下げてもいい、つうか縮小していいように思う。
宮内省も人多すぎだし。
幸行?旅行とかイベント出席の経費だけ、
総務省に申請する形式にした方がいいような。

トキもねえ、皇室のためが理由なら、やめてもいいんじゃない?
ほかの絶滅危機動物放置してトキだけ皇室のために守るってのは、
おかしいよ。

246 :名無しさん:2006/05/23(火) 09:32:57 ID:EtjWKBCs
>>245
トキは皇室の為が理由だったのか、
それから他の絶滅危機動物放置してたのか、
おお、なんともいえないすげえ意見だ、初耳だ・・


247 :名無しさん:2006/05/24(水) 01:35:40 ID:RHvH1aCe
カワウソ放置、イリオモテヤマネコも、ヤンバルクイナも、
何十億もかけて保護センター立てて研究者と従業員雇って、
人工授精なんてしていません。
トキだけ突出して税金の投入でしょ。
結局失敗して日本原産酒は絶滅しちゃったけど、
ほかのトキ(黄色)を中国からつれてきて、
羽の色を日本種風に白にする研究が続いてるわけ。



248 :名無しさん:2006/05/24(水) 13:00:00 ID:7wfkiCvj
トキが特別天然記念物になっても生息地の観光地化などぜんぜん
止まらんかったわけだが一体どこが特別扱いなんだ。
あと、皇室の為なわけ?ほんとにバカだなあ。
もちろん伝統的によく馴染みの有る大事な鳥だったということはあるが。
トキを捕獲し保護してまで必死に繁殖を始めた頃は、
世界中で絶滅したと思われてたくらい希少な鳥だったんだが?

ニホンカワウソなんかはもう目撃例が無いから今更どうしようも
ないだろうに。世界中にいっぱいいる動物でもあるし。


249 :名無しさん:2006/05/24(水) 19:11:56 ID:XjU9kFtQ
復興への3万3千キロ
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog136.html

250 :名無しさん:2006/05/24(水) 23:59:18 ID:24eXd3rx
>>249
>>24

251 :名無しさん:2006/05/25(木) 01:06:43 ID:/hZ2mTHY
支持してる人たちが怖いひとたちばっかなので
積極的に反対できませーん
消滅しても貧乏なひとにお金が行く訳じゃないしね

252 :名無しさん:2006/05/25(木) 07:45:37 ID:5M21sjKd
折口信夫によると朱鷺はコウノトリの近縁種だが、日本書紀にも記載のある
皇室にゆかりのある鳥で、伊勢の遷宮の時の皇室祭事にはこの羽が
欠かせないそうだ。これが無ければ祭主が天皇の御名代を果たす
ことができないそうだ。
で昭和40年代から保護センターを設立して、
国費で保護してきたわけ。むろんそれ「だけ」が理由ではなくて、
メインは絶滅器具動物の保護が目的でしょうけど、
そういうセンター作って国費大量投入しているのは朱鷺だけ。

日本のコウノトリは兵庫県が保護していたけど絶滅したそうだし、
ヤンバルクイナなんか世界であそこだけに百羽位いしかいないらしい。
生きる化石のイリオモテヤマネコも100匹前後。
ダイトウオオコウモリなるものも絶滅寸前らしいが、知らなかった。

朱鷺は中国では人工羽化に成功して300羽以上いるそうだ。
韓国にもロシアにもいるらしい。
朱鷺だけなぜか国費投入が突出しているのは明白。
「伝統を守る」ということは、現実にはこういうことも
含めるのでは?

253 :名無しさん:2006/05/25(木) 08:15:08 ID:LpEKVfio
トキは、学名をニッポニア ニッポン(Nipponia nippon)といい、
その名の通り日本中に い た鳥で、日本を代表する鳥でした。

254 :名無しさん:2006/05/25(木) 09:05:25 ID:VVW0rqIX
>>252
日本が必死こいて保護しようとしはじめた時は
中国にもいないように思われてたよ。情報操作もいいとこだな。

そんなことよりあんた一体何に文句いってんのかサパーリです、
天皇のためだかなんだかのためにトキを保護するのがいけないと言ってるのか
他の動物を同じように保護しろといってんのか。
イリオモテヤマネコが、捕獲して人工繁殖するほどの状態ですか?
できれば自然繁殖のがいいんじゃないすかね?
トキは、特別天然記念物に指定しときながらその繁殖地の観光化進めて
たんですよ、一体どこが特別扱いですか?

255 :名無しさん:2006/05/25(木) 13:14:51 ID:WT8J3PWm
最初から読めば解るでしょう。
ただそういう話が有るということを全然知らないで、
皇室にかかる費用は使い過ぎか、そうでないか、
議論できないでしょう。
あんた皇室のことよく知っているんじゃなかったの?
折口信夫はその道では超有名らしいぜ。

>一体どこが特別扱いですか?

トキ保護センターの年間予算十数億円ですね。
もう止めてもいいでしょう。どうせ中国のトキなんだから、
羽が入用な時は中国にもらえばいい。

伝統を守ることと、それにかかる費用はバランスの問題でしょう。
かかりすぎたら、止めた方がいいし、そうでもなければ、
「やはり伝統は守りましょう」と言いたくなるわけ。
費用対効果は大事な概念だ、ということね。

256 :名無しさん:2006/05/25(木) 13:26:13 ID:WT8J3PWm
それはまあ無駄金の例だが、
じゃあ毎年の皇室の予算はどれくらいか調べてみると、
皇室費が68億5200万円。
宮内庁費はそれとは別になんと106億円6千万円!
ボスよりもそれを管理する手下の方が金遣いが荒いんですね。
宮内庁は規模縮小すべきですよね。
これには公的儀式,国賓・公賓等の接遇,行幸啓,外国ご訪問など皇室の公的ご活動の必要経費は入ってないんですよ
それは皇室費の方に入っているわけで、宮内庁がなんでそんなに金食いかと言うと
主たるものは役人の給料のようですな。

257 :名無しさん:2006/05/25(木) 14:01:01 ID:khUfUq2V
世界中のロイヤルファミリー等で日本の天皇ほどお金を自由に使えないとこはないだろ。
皇室費が約70億あったとしても個人資産は本当に少ないだろうな。それなのに毎回
笑顔を振り向き、批判にも耐える生活。ほんとうにかわいそうだと思うよ。

http://www.infosnow.ne.jp/~sevas/adult/japan/japan2.html#ten

258 :名無しさん:2006/05/25(木) 15:16:25 ID:w25CGfuV
70億なんてF/A-18Cホーネットが一機買えるか買えないか位しかねえんだ
ガタガタぬかすんじゃねえよ

259 :名無しさん:2006/05/25(木) 20:39:38 ID:nuvW+OkL
>>255
いくら煽りの為でも、
トキが皇室費用だってのはちょっと無理だわなwwwww
金かけたのは、それ以前にいい加減な保護してたから気がついたらもう
数えるほどしかいなかったから。トキは、人口繁殖の是非を考える上で
ひとつのケースに位置づけられてる感じがある、日本産の繁殖には
失敗したし、その手法に賛否両論あるし、始めるまでに相当な
議論があった。他の動物についても同じ手法はそう簡単に取れないです、
それが一番良い方法かどうかでまず議論があるからです。


260 :名無しさん:2006/05/26(金) 00:53:44 ID:NvyGDHB5
トキも天皇制も、必要無いんじゃねーの?

261 :名無しさん:2006/05/26(金) 05:00:33 ID:j7LADt0F
北米板だからこそ皆覚えておいて欲しい。
昭和50年に昭和天皇がアメリカを訪問された際のアメリカの対応は
それまでのいかなる賓客をも上回る対応だった。
皆の好きなアメリカは天皇陛下を世界で最も権威のある人だと思って
いることを。
ここで天皇制いらないとか言っている>>260みたいなやつはアメリカの
知識人には「おまえ本当に日本人か?」と言われてしまいますよ。


262 :名無しさん:2006/05/26(金) 06:51:16 ID:pJEc0GxM
>>261>>257のサイトの写しである件について

263 :名無しさん:2006/05/26(金) 07:00:39 ID:/+YJS1tY
結局天皇はトキなのか?って議論にもなるわな。
ただトキは中国にはたくさんいるわけ。
ロシアにも少ないが野生がいるらしい。
天皇はここだけだな。

でトキに毎年何億円もの国家予算をぶち込むのは、
どうなんだといえば、自分はうーん、もう止めてもいいんじゃないか、
というか、佐渡の観光なら佐渡の地方税で細々やればいいじゃん、
てなかんじ。

天皇も皇室予算毎年70億円が高いのか安いのか、
無駄はあるのか、ないのか、正直わからん。
しかし宮内庁に毎年106億円もの国家予算はちょっと
おかしくないか?なんでそんなに高いのか、
詳細を伺いたい。

100億円の研究費があれば5億のプロジェクト20年動かせるわけで。
毎年の予算額だから、年単位なら5億のプロジェクト20個立てられるわけ。
それだけ使ったら、でかいぜー。

264 :名無しさん:2006/05/26(金) 07:04:15 ID:/+YJS1tY
259>始めるまでに相当な議論があった。

ほとんどなかったと思う。どんな議論があったのか、
知っているのか?センター設立の昭和42年に。
憶測でつまらないことを言うな。面白ければ嘘でもいいけど。

265 :名無しさん:2006/05/26(金) 08:50:45 ID:TjrQiKPq
>>264
あったよ、自然繁殖か人工か、など。憶測というか自分の思い込みで
言ってるのはあんた。大体、トキは一度は絶滅したと思われたことも
あるほど幻の鳥と化していたんですよ。

第一、一体何に文句言ってるの?はっきり言って、保護の理由なんて
どうとでも作れるんで、要するにトキを保護しちゃいかんと言ってるのと
同じに聞こえるんですけど。もう話の目的を忘れてるとしか言いようが
無いわな。
トキの話で皇室が出るのは、それがいかに日本の伝統の中で大事なのか
という理由として使われてるわけです。それを、皇室の為に保護してる
とか言う人は、ちょっと言語能力に問題があるとしか・・・


266 :名無しさん:2006/05/26(金) 08:55:05 ID:TjrQiKPq
まあ、色々な議論はあると思いますが、

トキ保護の議論の中で皇室とのゆかりの話が出てきてるのを
皇室のためとか狂った解釈してるアホは、このまま逃げないで
くださいね。他の意見が出てきて分かりにくくなったところで、
おまえのバカさ加減が消えるわけではないwww

267 :名無しさん:2006/05/26(金) 11:19:31 ID:/+YJS1tY
なんで逃げる?のよ。休憩の時にたまにくるだけだよ。

しっかし、関係各者には結構有名な話なのに「狂った解釈」ですか?
ちょっと偉そうにしていた自分が知らなかったからって、それはないでしょう。
トキだけは故あって特別扱いしてるだけのこと。

だいたいやね、トキだけじゃないんだよ。
皇室絡みで、国庫から余計にお金が出ているのは。
ほかにもたーくさんある。
総理府だけじゃない、国土交通省だって皇室絡みの出費はある。
トータルすると、結構な額になるでしょうね。
ちょっと考えれば思いあたるでしょう。


268 :名無しさん:2006/05/26(金) 11:21:59 ID:/+YJS1tY
>あったよ、自然繁殖か人工か、など。

え、昭和42年に生きてたのか?
ええかげんなこと言うなよ。
生きていたとして、記憶があるとして、
いったいあなたはいくつなんだい?


269 :名無しさん:2006/05/26(金) 11:44:43 ID:nDY19cJr
252は間違ってないが、説明不十分。

トキの羽は伊勢神宮の神宝、須賀利御太刀には2枚の羽が使用されている。
また、天皇の即位の際にも須賀利太刀が奉納される。この太刀は、
1,500年以上昔から遷宮、天皇即位の際に作られる伝統工芸品でもある
ため、トキの絶滅は日本の重要な伝統工芸品の1つが終焉することをも
意味する。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%AD

1,500年以上の歴史がある。

270 :名無しさん:2006/05/26(金) 11:46:17 ID:TjrQiKPq
皇室の為にトキを保護しているというのが
関係者の間で有名な話だったのか、そりゃあすげえですwwww

271 :名無しさん:2006/05/26(金) 11:51:26 ID:/+YJS1tY
例えば皇室メンバーがボランティアの会だのなんだのに、
出席する時に、その度のルートは全て、
国土交通省が整備し直さねばならない。
ゴミも掃除されるし、道路の穴は補修される。
だから地方はみな誘致する。ファミリーに会いたいだけが理由ではない。
だから皇室の話題の報道では常に背景がきれいなのだ。


272 :名無しさん:2006/05/26(金) 11:56:53 ID:TjrQiKPq
そんなことより、皇室の為にトキを保護しているというのが
関係者の間で有名な話だったのか、そりゃあすげえですwwww

おまえはこの話から逃れられないww

273 :名無しさん:2006/05/26(金) 11:57:25 ID:nDY19cJr
270ほか、お前らに日本の皇室を語る資格はない。

須賀利御太刀(すがりのおんたち)は伊勢神宮(内宮)の神宝の一つ。
式年遷宮と天皇の即位の際に作製される。

太刀の柄には日本トキの羽が2枚使われている。 天皇の即位に際し、
この太刀と鏡が天皇家に奉納される。

つまり、正統な天皇の証でもある。


朱鷺の絶滅は天皇が正統に即位できなくなったことを意味する。
朱鷺の絶滅は日本の伝統の絶滅に等しい。
これは大変なことなのだ。

お前ら凡人にはわからんことだ。

274 :名無しさん:2006/05/26(金) 12:01:14 ID:/+YJS1tY
>そりゃあすげえですwwww

だから、ばかはお前だって、上のWikipedia(日本版)
行ってみろって。関係者だけじゃないって、こと、
わかるから。俺もここ読んだのは初めてだが。




275 :名無しさん:2006/05/26(金) 12:02:18 ID:TjrQiKPq
>>274
え?Wikipediaに、皇室の為にトキを保護してるって
書いてあるのか、そりゃすげえですwwwwww

276 :名無しさん:2006/05/26(金) 12:03:46 ID:/+YJS1tY
もう遅いから落ちるけど、
凡人にとっては儀式の道具のために、
(重ねていうがそれ「だけ」ではないだろうが)
何億もかける神経の方が解らんけどね。

俺の主張は、簡単。もっと安ければ文句はないってこと。
皇室も絶命動物保護も。

277 :名無しさん:2006/05/26(金) 12:07:15 ID:TjrQiKPq
まだ言ってるよ。

>俺の主張は、簡単。もっと安ければ文句はないってこと。
>皇室も絶命動物保護も。

ウソつけ、皇室の為にトキを保護してるからいけないって言ってたろ、
話のつじつまあわせをしようとするんじゃない。辻褄合わせになってない
けど。

278 :名無しさん:2006/05/26(金) 12:07:26 ID:/+YJS1tY
とは言い切ったものの、

273>太刀の柄には日本トキの羽が2枚使われている。

これが中国産トキの羽になるのか、とおもえば、
まあ、なんとなく、天皇が好きでもなんでもない、
自分でも、正直日本人として少し悔しい気はするよ。

でも絶滅しちゃったものはしょうがないじゃない。


279 :名無しさん:2006/05/26(金) 12:11:10 ID:TjrQiKPq
>>278
ごまかすなって。

280 :名無しさん:2006/05/26(金) 12:17:49 ID:/+YJS1tY
>277

もう恥ずかしいからよせよ。
確かにWikipediaにはそこまで書いていないよ。
でもたとえ書いていなくても、なんでコウノトリにも
丹頂鶴(こっちの方が美しい日本の象徴的鳥だと思う)
にも税金かけないのに、国がトキの保護にそこまでこだわったのかは、
もうわかるだろ。

いろいろ読ませてもらって、しんみりした。
やっぱり絶滅はいかんね。
皇室も守ってもいいとおもうね。(自嘲)

281 :名無しさん:2006/05/26(金) 13:37:21 ID:kWg3oeJP
>つまり、正統な天皇の証でもある。

今上天皇が崩御されたら、もう正統な天皇は絶える、
みしるしをもった天皇の即位はない、
ということなのですか!?

トキと一緒に絶滅〜??

282 :名無しさん:2006/05/27(土) 00:51:56 ID:TwtGz9zg
「絶滅して、めでたしめでたし」 って事もあるな。

283 :名無しさん:2006/05/27(土) 08:34:05 ID:na5wLf/y
>>280
>丹頂鶴(こっちの方が美しい日本の象徴的鳥だと思う)
>にも税金かけないのに、国がトキの保護にそこまでこだわったのかは、
>もうわかるだろ。

皇室のためかい?

284 :名無しさん:2006/05/28(日) 04:24:48 ID:eOnUErDF
皇室のためと言うか、天皇の「即位の礼」のためでしょう。
三種の神器なしでは儀式として格好がつかないだろうし、
伊勢神宮も出雲大社も、お宮さんの立場としては正式に即位を認めるわけにはいかんし、
天皇の即位を認めないと、自分達の祭事も最高権威を欠いてストップしてしまう。
どうにも困ったことになる。
保護要請をしたのは宮内庁だけではないでしょう。神社庁も、
それから三重県も島根県もそういう事情なら国側に協力要請するでしょうね。
そもそも保護センター前身の有志の朱鷺保存会は神社の関係者だし。

285 :名無しさん:2006/05/28(日) 12:56:29 ID:8qUKJyVP
>>284
それ空想ですよね。

日本産トキがいなくなるかならないかの頃ニュース見てなかった人って
ほんとになんでも言うんだな。聞いててアホらしいです。

286 :名無しさん:2006/05/29(月) 01:38:59 ID:NhOa8vH/
だいたい中国やロシアに野生入れて700羽以上はいるトリを、
日本政府が大金かけて日本で維持せないかんとは。
動物園にまかせたらいいやん。
あの報道の時のセンターのねえちゃんのいってる感じ(鳴き声のまねとか)が、
なんかやだった。あの人はやっぱ皇室ご用達の
山科鳥類研究所の人かね?一般人には見えなかった。

287 :名無しさん:2006/05/29(月) 06:46:20 ID:5W0zMODk
>>286
中国の数百羽というのは、日本が本腰入れ始めた後の流れで
そういうふうになったんですが。これからどうするかは別の話としても
今やってることに関してはそういう経緯があるんで、あんまり無知な
コメントしてるとトキの保護に文句を言ってる人が頭悪く見えます。

288 :名無しさん:2006/05/29(月) 22:43:43 ID:aaxv2Rai
世襲制の国王とか首領とか天皇も相当バカらしいですけどね。

289 :名無しさん:2006/05/29(月) 22:56:18 ID:rYUIT7iG
山階鳥類研究所も公金使いの皇族の趣味研究だろ。
政府が赤字で倒産しかねないんだからちょとは無駄金慎んでほしいね。

290 :名無しさん:2006/05/31(水) 06:57:36 ID:wfU5taLr
即位の礼も環境庁トキ保護事業に異例の高額国家予算を投入した
理由のひとつだなんて報道できるわけないじゃん。
せっかくの保護の声に水を差すことにもなりかねん。
世の中にはそういう報道されない事実てのが
あるのだ。オモテの報道が全てじゃない。
知っている人は、知っているのだが。

291 :名無しさん:2006/05/31(水) 08:52:33 ID:k+9pf4MX
>>290
ふ〜ん、アナタすごく面白い自称情報通ですね。


292 :名無しさん:2006/06/01(木) 12:49:22 ID:ksJpy0Zo
まあ皇室関係はタブーが多いからな。
報道されないことは多すぎるほどある。
あたりまえっていやあ、あたりまえじゃんか。
皇室だもんな。

293 :名無しさん:2006/06/01(木) 12:51:37 ID:K3G7VG9d
知ってる人は知ってるって、
知ってる人って誰?

294 :名無しさん:2006/06/02(金) 08:37:45 ID:s67VkWqv
114だな。自称通だから。

295 :名無しさん:2006/06/02(金) 09:34:25 ID:F5333lYa
つくづく思うんだけど、ヨーロッパ人ってほんっと歴史的重厚感みたいなの好きだよね。
こちら英国のアッパーの方々なんて、天皇家に関して一般的な日本人より詳しかったりする人、よくいますもん

296 :名無しさん:2006/06/02(金) 22:59:38 ID:gW7vmEla
イギリスはまたちょっと特殊だと思うけどね
古いことにものすごい価値がある国だから。

297 :名無しさん:2006/06/03(土) 00:27:52 ID:1gQimHj5
年寄りだけじゃないのかな?4、5年前でうろ覚えなんだけど、イギリスの若者の60%程度が
「税金の無駄だから、王室イラネ」 って世論結果が出たって記憶あるよ。

「昔ならギロチンだろうに、言いたい事が言える時代になったんだなぁ・・・」と凄く感慨深かった。

日本でも昔は「天皇陛下、バンザーーイ!」 しか言えなかったんだろうけど、今なら
「天皇陛下、イラネーー」 って叫んでも大丈夫だもんね(だよね?)







298 ::2006/06/03(土) 01:12:57 ID:GsLG63Em
通報しますた!

299 :名無しさん:2006/06/03(土) 02:01:42 ID:eegtricl
>「税金の無駄だから、王室イラネ」 って世論結果が出たって記憶あるよ。

でもイギリスの王室って税金ほとんど投入してないと聞いたぞ。
会社のオーナーだったり株主だったりして、
資産運用等で王室自力で生活費を稼いでいると聞いた。
まあ公務の分は国が出すだろうけど。

皇室も少し見習えるようにしてあげればいいのに。

300 :名無しさん:2006/06/03(土) 02:21:07 ID:1gQimHj5
>>自力で生活費を稼いでいる

まじっすか!? 凄いっすね (てか「王室」っぽく無いですね・・・自力で稼ぐて・・・)

資産運用失敗で自己破産の恐れとか無いんですかね? まぁ無いんでしょうけど・・・

301 :名無しさん:2006/06/03(土) 02:39:08 ID:giPJ9ASk
>イギリスの若者の60%程度が 「税金の無駄だから、王室イラネ」 

ta!!とか言ってるような無知無教養な低層階級の若者と「アッパー」を一緒にしちゃまずいだろww
イギリスがどんな国かも知らないようだなw

302 :名無しさん:2006/06/03(土) 02:56:10 ID:djo3dRYd
イギリス王室の総資産は1兆円を軽く超えるので税金が云々とは誰もいわないだろ。
ちなみに利子や株、不動産の運用でちょっとづつ増えていってるらしい。それ以外にも
インド等、世界中の植民地から巻き上げた門外不出の宝石だ遺跡だ絵画だがまだまだ
ゴロゴロしてるので金に困るって事はない。

まあ結局の所は大英帝国の遺産がそれ程凄いって事だな。なんつーか大英帝国博物館に
行って思ったのがこれって世界略奪物博物館の間違いじゃね?って事。よくもまあ
世界中からこれだけ宝物を持ち去ったなとしか思えなかった。イギリスに比べれば
ナチスの絵画略奪なんてかわいい物かもしれないな。

303 :名無しさん:2006/06/03(土) 03:38:38 ID:1gQimHj5
少し前まで「植民地」の時代だもんねぇ・・・ (1兆とか言われても??だよ。「3光年」、みたいな感じだ・・・)

父が政府関係者、母が画家で海外暮らしの長い知人(30歳)が言ってたけど
「皇室はテレビに出ないで欲しい。役に立たないから」  って言ってたよ。

イギリスの「アッパー」が何考えてんのか知んないけど、「皇室も王室もイラネ」って一般人は多いと思うけどなぁ(そんな事無いのか?)

304 :名無しさん:2006/06/03(土) 12:07:07 ID:qeA2FPPz
>>299
>>300
日本は皇室が資産を持って自立するというやり方をしないように
してその代わりに国のお金を使うという方式を取ったんですよ。
そういう仕組みに意図的にした訳です。
ある意味人格と引き換えだけれども。

>>303
そんなこと言ったら
私なんて、自分自身の親戚が元政府関係者で、テレビ局のお偉いさんで、
私自身が海外暮らしが長いどころか海外に定住してるんですが、
そうは思わないんですが?
っていうか、そういうの、その書き込み見るまで全く意識した
ことすら無いです。
その本人が大臣かなんかなら話は分かるんですが。

305 :名無しさん:2006/06/03(土) 14:05:09 ID:yqJsfOII
>「皇室も王室もイラネ」って一般人は多いと思うけどなぁ(そんな事無いのか?)

これは海外在住とか関係なく、客観的には正しくないか?
その是非を論ずるのはいいことだと思うが、
客観的には「イラネ」派一般人は無視できないだいると思うな。
イギリスにも、日本にも。

306 :yuriko:2006/06/03(土) 14:24:23 ID:SczExpol
確か、チャールズ皇太子は、自分のアイデアで、オーガニックフードの会社を立ちあげて、大成功しました。
超優良企業だそうです。
日本の皇室関係者も、私企業を立ち上げることができたら、いいと思うんですが。
「浩宮梅酒」とか「紀子様焼酎」とか結構あたりそうな気がします。
そうすれば、「税金の無駄使い」などという、見当外れの批判もなくなるような気がします。

307 :名無しさん:2006/06/03(土) 16:09:35 ID:qeA2FPPz
ついに、ここにも変なのが来てしまったか・・・

308 :名無しさん:2006/06/03(土) 18:58:44 ID:1gQimHj5
別の知人が言ってたけど、「取りあえず、京都に引っ越せ」 と。

京都に移って頂き、祭り事や神事を執り行って頂く。
21世紀のミニ平安京を造り、観光客に沢山来てもらう。

取りあえず当面の間(将来的には廃止だけど)凄く大切な観光資源になって頂く・・・・と。
(明治時代にこんな事言ったら、銃殺かな・・・)

309 :名無しさん:2006/06/04(日) 01:31:56 ID:1rL7fGC6
将来的には廃止?

何寝言言うてんねん。天皇居らんかったらK国やC国と一緒やんけ。

タイ国は、貧しくてもKやCほどがつがつしてなくて、なんか幸せそうな雰囲気があるけど、
あっこも王様がおるで。で、あっこも仏教国や。ま、すげービンボーやがな。

310 :名無しさん:2006/06/04(日) 02:02:31 ID:1rL7fGC6
王様といえば。

フランスは王様をなくした。
フランス人は、世界中で「自己中論理(自分が絶対他人より偉いと勘違いしている)で嫌味な香具師」と思われている。

アメリカには王様はいない。
アメリカ人は、世界中で「自己中論理(自分が絶対他人より偉いと勘違いしている)でバカな香具師」と思われている。

ドイツ・オーストリアの帝政は滅んだ。
ドイツ・オーストリア人は、歴史上これ以上はないくらい、ヒトラーに騙された。

スペインには王様がいる。
スペインの植民地は広がり、そこで子孫が繁栄している。そこからさらにアメリカでも繁栄している。

イギリスには女王がいる。
イギリス人は、「イギリス人らしく(行儀よくかつ知的に)振舞う」ことを教育され、世界でも一応認められている。
例外的にイギリス人を嫌うのは、王様のいないアイルランド人とアイルランド系アメリカ人。

日本には天皇がいる。
日本はアジアで最も尊敬され、アメリカ・オーストラリアでもおそらく唯一、一目置かれるアジア国。

ユダヤ人は国もなければ国王もいない。
彼らの評判は、言うまでもない。ヒトラーのような自虐的基地害も出るし。


思いつきで書いたので、余り厳しい突っ込みはヤメテネ。


でも、国王じゃなくて、天皇(天が付くから皇帝より偉いんだぞ)がいる祖国を誇りに思わず、
廃止汁などと言う神経が理解できない。マジで。

独裁政治を行うとか、そういう心配もないんだし、いいじゃん。
費用削減なら、皇室にビジネスでも資産運用でもしてもらえばいいじゃん。宮様グッズ売るとか。w

311 :名無しさん:2006/06/04(日) 05:47:04 ID:GCIgRgVh
>>308
そう思ってない人のが多いと思いますが。


312 :名無しさん:2006/06/04(日) 06:00:34 ID:GCIgRgVh
>>305
こんなことに客観的にはなんていったら
正しいも正しくないも無いでしょ。
305って人間が客観的にみてこの世に必要な理由なんてあるわけ?
いなくなってもなんともないじゃないか。この世から消えてくださいW


313 :名無しさん:2006/06/04(日) 13:12:07 ID:zRXHLvZa
>312
天皇(の地位、職務)が社会的に要か不要かは国民の間で議論可能だけど、
「305という人間の存在」がこの世に要か不要かは、自分らが議論できる事じゃないよね。
もうすこしだけ、普通にまったりいこうや。

>308
すごくいいアイデアなきがする。
やはり京都にいてこその伝統ある日本の皇室。
公事祭事もできる限り一般観覧可能にして、
国民に公開して天皇の存在意義についてアピールする。
(同時に観光収入も発生するがそれはおもけのようなもの)
なにしろ有史以来明治以前までほとんどずーっと京都(あるいは近畿)にいたのが皇家だから、
実はその方が伝統的に正しいのは自明だ。
なにしろ東京にいるより、格が上がる。聞こえがいい。神秘性もある。
海外からの貴賓の迎賓にも京都は最適。

314 :名無しさん:2006/06/04(日) 13:21:28 ID:BZEBSD95
>310

イギリスも自己中国家であることはまあ、有名だけどな。
王家があるだけで品を感じさせる効果は何かしらありげに思う。明確には言えないんだけど。
しかし最近のイギリス王室は品よりはスキャンダラスな感じになってしまったけど。

タイのプミポン国王がはげしくなった政争をいさめて、
首相か誰か、時の権力者が国王の前にひざまずいて謝る映像が
ニュースに流れた事があって、それはある意味衝撃的だった。
民主主義で権力からは公的には遠ざかっていても、
王の威厳がまだ存在し、国民の間で根強く支持されていることに驚いた。
決して蔑む訳でなく、国王という存在の威厳が崇高に見えた。
でも人間て勝手なもので「やっぱ後進国だからかな(民度が低から王様に何でも従う)」
という気も同時にちょっとしちゃった。(この辺が難しいところだとおもう)

315 :名無しさん:2006/06/04(日) 13:27:23 ID:BZEBSD95
>でも、国王じゃなくて、天皇(天が付くから皇帝より偉いんだぞ)がいる祖国を誇りに思わず、
廃止汁などと言う神経が理解できない。マジで。

いいたい事はわかるけど、ナンセンスだなあと思うのは、
「天が付くから皇帝より偉いんだぞ」
という根拠の無い部分。さしたる主張も無いんだろし、
もしかしたら「だぞ」とかいって冗談なのかもしれないけど、
そもそも「天皇が偉い」という非科学的な幻想を、信じられるか、
といえば明確にNOであり、
しかしながらその上で、その幻想を支持すべきかといえば、
もしかしたらそういうのは国家スタイルとしては「あり」なんじゃないかと、
思ったりもする。

「キリストの復活」は科学的に信用できないけど、それとは別に自分は
キリスト教徒である、という人の矛盾みたいなものかな。


316 :名無しさん:2006/06/04(日) 13:39:30 ID:X5A6b7u/
よっぱらって連続投稿だが、
現代社会で祖国を誇る理由にトヨタやSony、あるいは科学技術や、
伝統文化、美術、芸能は挙げられても(根拠あるものとして)、
日本皇室のミラクルパワー(国民への「威厳」と言ってもいいのかも)を挙げるのは、
あまりに無理がある。日本はタイより進んでいて、国民の知識も知恵もレベルが高くて、
天皇が「ただの人間」である事は理屈として皆が頭で理解できて、その理屈が、
ある意味邪魔をしてしまって過去の様にはもう「天皇を偉いと信じる」事ができない。

ので、皇室支持意見の人も「皇室の伝統」だとか「長い歴史」だとかを
支持理由に挙げているのだと思う。むろん信じる心があるのだと思うけど、
それは論理的には説明がつかないものだし、説得して相手にわからせる事もできない。
言わば宗教のようなものだから。

現代日本は「天皇を偉いと思える」国民と「特別な方だか、人としては同じ平等で、
特に偉いという事は無い」という国民に2分してしまっており、
もはや「タイ」のレベルには戻る事は多分できない。
極端な国民は「特別な存在」であることも、許しがたいようだ。
それを突き進めると、現在のイギリス王室のように、
TVコメディアンと同列(とまではいかないが)に扱われてしまう。

なんかせっかく持っている大事な駒をみずから無価値にしているように、
見えなくもない。

317 :名無しさん:2006/06/04(日) 13:47:49 ID:SzKpI74l
>現代日本は「天皇を偉いと思える」国民と「特別な方だか、人としては同じ平等で、
>特に偉いという事は無い」という国民に2分してしまっており、

してないしてないw

318 :名無しさん:2006/06/04(日) 13:57:03 ID:X5A6b7u/
>してないしてないw

どういう意味?

319 :名無しさん:2006/06/04(日) 14:06:32 ID:GCIgRgVh
>>313
そういうこと言ってるんじゃ無いよ、

客観的になんて言い方されると、その議論自体が成立しないから
それを言っただけなので、ここで、あたかもこちらのほうがそれを
分かってないかのようなコメントされるとものすごく迷惑なんですが。


320 :名無しさん:2006/06/04(日) 14:15:16 ID:GCIgRgVh
>>316

現代日本は「天皇を偉いと思える」国民と「特別な方だか、人としては同じ平等で、
特に偉いという事は無い」という国民に2分してしまっており、
もはや「タイ」のレベルには戻る事は多分できない。


それはそうかもしれないですが、それでも
あなたが思ってるほどタイの「レベル」は低く
ないだろうと思います、
タイ行った事ありますかね、
多分あなたが思ってるほど違わないすよ>日本とタイ

レベルで片付けるなんて、タイ人バカにしすぎだと思います。
科学を出すなら、
人の「レベル」なんていうのが一番幻想であって
非科学的なのですよ。

321 :名無しさん:2006/06/04(日) 14:18:29 ID:X5A6b7u/
>319

多分誤読だと思うんだが、

303>xx な一般人は多いと思うけどなぁ(そんな事無いのか?)

と書いていあるので、305で俺が、
それは「客観的に事実(そういう一般人は多く存在している、の意味)」
と応じたのであって「王室もイラネ」に対して「客観的に正しい」と、
言っているのではないです。
「その是非を論ずるのはいいことだと思うが、 」てのは「王室もイラネ」意見に対して、
議論すべきと言っている訳。
できたらそこんとこ理解よろしく。


322 :名無しさん:2006/06/04(日) 14:23:46 ID:X5A6b7u/
>320

ごめん俺の書き方が悪かった。
レベルってのは「王家の威厳を信じられるか、尊重できるか」
「王家の特別性を信じられるか」の国民の強さ、大きさ、
のことね。日本人はそのレベルがタイよりも低くなっちゃって、
タイのレベルまで「戻れる」かというと、
もう駄目なんじゃないかと思うという話。

事前に「民度がうんぬん」言ってるから、勘違いされても当たり前ですね。
スミマセン。

323 :名無しさん:2006/06/04(日) 14:29:17 ID:X5A6b7u/
でも知識も知恵もレベルが高い、って俺書いてるしな。
タイの人を馬鹿にする気はないつもりだけど、やっぱり心の中に、
「王様は偉い」と素直に考えらる国民は馬鹿?
って思っているのだと思う。科学に毒されているのかもしれない。

もしかしたら「信じられる共同幻想」を持てる国民てのは、
現代日本人よりも幸せなのかもしれないけど、
今の日本人にもはや神話はもてないでしょう。
どっちが幸せなんかといえば、共通神話や宗教を持てる方のような気がするのだけど。

324 :名無しさん:2006/06/04(日) 14:32:59 ID:X5A6b7u/
議論は
もはや神聖ではなくなった王家に、存在意義はあるのか?
皇室の神聖性(国民哲学としての、科学ではなくて)は現代先進国日本で復活可能なのか?
てな事なんだろうか、つきつめると。


325 :名無しさん:2006/06/04(日) 15:15:01 ID:dwhEOYut
戦後は「復興そして繁栄」という共同幻想(しかも実現可能な)があったから、
日本という国はまとまって大きな力を発揮できたわけであって、
天皇はほとんど関係なかったとおもう。
とくに繁栄を目の当たりにした都市部では「高度急成長」という実現可能な神話は、
日本の国教として機能していた。繁栄がゆるやかで、前世代の老齢者との大家族
だった地方や農村部では、敗戦前のイコンである天皇は額に入って家族を見つめ続けていたかもしれないが、
しかし核家族主体の都市部では天皇の神話は崩壊した。教育も正義と科学の名の下に、
その神話崩壊を加速させた。

戦後日本人の共同幻想であった「高度急成長」を達成した90年代に、
国民は次の神話を失った。実現可能な神話は、神話足り得ない。
実現はすなわち幻想、目標の喪失を意味するからだ。

しかし戦後60年も神話なしできたものが、
いきなり天皇にまた神話に戻れというのは、無理がないか。
現代も存在意義は一部の国民の間で依然高いけど、
国民全員の共同幻想を提供するには、今上天皇は人間すぎるし、
制度によってOpinionを表に出せないし。

326 :名無しさん:2006/06/04(日) 15:55:54 ID:SzKpI74l
>現代も存在意義は一部の国民の間で依然高いけど、

高くない高くないw

327 :名無しさん:2006/06/04(日) 17:49:43 ID:ZqRHTnQN
まあ何にせよ2000年以上の間、形式上だけでも存続してるってのはたいしたものだよ。
中国は5000年の歴史とか言ってても存続してる王家や皇帝はないし、しょっちゅう
君主が入れ替わってるからね。

勘違いしてる人がいるけど、戦前の天皇も飾りにすぎなかったのよ。天皇自身が法律を作ったり、
議会を解散させたりする事はできなかったし、天皇も法律に従わなくてはいけなかった。現人神と
言われてても実際の権力はほとんどなかった。あくまでも天皇は単なる象徴。

>>257のリンクを辿ると
皇帝(emperor)≧法王(Pope)>王様(king)> 大統領(president)>首相(premier)
 皇帝と法王の間は一応≧にしてるけど、ほぼ=。
 ちなみに法皇だと皇帝と法皇兼任ですので更に偉い。
 で、これを現在の世界情勢に合わせてみると・・・
天皇陛下(emperor)≧ローマ法王(Pope)>英国女王(Queen)> アメリカ大統領etc(president)>日本国首相etc(premier)

って事みたいよ。これは初めて知ったが、実際に天皇がアメリカに行った時に当時のアメリカ大統領は上座を天皇に
譲っていたし、白ネクタイで出迎えに行ってたし本当なんだろうな。



328 :名無しさん:2006/06/04(日) 18:40:29 ID:xAtPwp+x
ようするに人間天然記念物みたいなものでしょ。
文化的な側面も含めて。
大事にできない人間は、トキが滅びたのもどうとも思ってないんだろうな。
別に責める意図は全くないけど。

329 :名無しさん:2006/06/04(日) 23:40:53 ID:GCIgRgVh
>>325
昔から、神聖とかってのとは違うと思いますが。
江戸時代とか鎌倉時代とかでも別に神聖だとかいうのとは
違うんじゃないすか。
この国を国として成立させたルーツだから大事にされて
きたとしか解釈できない。仕組みとしても、実態はどうで
あれ立場的にはあくまでも天皇>将軍、でも、神聖だとかいうのとは違う。


330 :名無しさん:2006/06/04(日) 23:43:42 ID:GCIgRgVh
>>329は、>>325に対してではなく、>>324へ。
間違えました。

しかし誤解してる人が多いな。
昔だって別に天皇が崇め奉られてたわけじゃ無いんだが・・

331 :名無しさん:2006/06/05(月) 03:43:50 ID:aRSz3SSF
でも多くの人には「とうとき方」で「おおきみ」「みかど」(これはただのtitleかもしれんが)
とか扱って、すくなくとも、下々の人よりも上の人、と本気で思っていたのでしょう。
幕府(将軍)は、一応礼儀をわきまえていたけど、
心の中では尊敬してなかったかもしれないけど。
その、現代のタイの国王並みか、それ以上の権威と尊敬を集める存在だったのでは?
単純な象徴以上の何か、それを「神聖」と人は呼ぶのでは?
何となく今上天皇に、昭和天皇よりも威厳や威光が無いと感じるのは、
そのよく分からない神聖な「何か」が欠けるからではないかと思う。

>実際に天皇がアメリカに行った時に当時のアメリカ大統領は上座を天皇に
譲っていたし

これはお客さんに対する礼儀で、小泉でも、
他の後進国の首相でも、普通は上座を譲るけどな。

332 :名無しさん:2006/06/05(月) 04:03:26 ID:6TsT74DS
257のリンクから。

>っつーわけで、天皇陛下が一番偉い。
> と、まで言わないが、世界で2トップのうちの一人なのよ。いや、マジで。

それはない。というか、それがほんとなら、そういう国相手に戦争しなはずでしょう、
さいしょから。天皇はアメリカにとっては所詮敗戦国の王にすぎ無い。
そういう論理は世界中のどこにも、信じられていないと思う。
信じたい人が言っているだけ。
今だって日本が先進国になっていなければ、天皇だろうが、王族だろうが、
扱いはもっと下だったろう。
まあ、何をもってして「偉い」といっているのか、
上のリンクはよく分かんないんだけどね。
天皇は世界の最高峰の権威なんだそうだ。
日本国民の俺ですら無理だ。それは。
ローマ法王の方が権力も信奉も、知名度すら圧倒的に上だしな。

333 :名無しさん:2006/06/05(月) 05:35:04 ID:X02/N6gM
>>332
君みたいのをガキの論理っていうのよ
国家間の儀礼上の序列であって、別に世界が1つの身分体系におさまっていて、誰もがそれに従わなければいけないわけではない
こんなことが戦争するしないに関わると思ってるお馬鹿さんは、世界史をもっと勉強しなさい
せっかく地球の裏側まで来てるのに、ぜんぜん役になってないな

334 :名無しさん:2006/06/05(月) 07:26:08 ID:v6O1sAgJ
>>331

平等主義の幻想かなんか信じてるんすか?

>その、現代のタイの国王並みか、それ以上の権威と尊敬を集める
>存在だったのでは?

じゃあ何で武士が天下の取り合いしてたんですか?天皇の一声で
収めたなんて話は聞いたこと無いですが?

日本の国を成立させたリーダーの地位にそのままずっといて、
承認機関として機能してきた、あとは、実際には今と同じ
日本の象徴的存在だった。ずっと後の時代の、黒船が来たときも、
幕府がもてあましたその手紙は、朝廷にまわされた。


335 :名無しさん:2006/06/05(月) 07:42:30 ID:X02/N6gM
ていうか、なんでおまいらは現代人の感覚で過去の近世以前の天皇観を議論してるんだ?
井沢元彦的に言えば、天皇は言霊信仰の神主のトップみたいなもんだろ
言ってみれば宗教的な方面でのトップだ
日本にはハレケガレの概念もあるので、キリスト教会と違って世俗の事柄には一切関わらなかったから(後醍醐など一部の元気な天皇を除く)、武士が天下の取り合いしてても天皇の存在とは全く矛盾しない

336 :名無しさん:2006/06/05(月) 18:58:05 ID:ea2EaoNV
つーかなんで天皇反対のやつは天皇制があると迷惑なんだ?税金がどーのこうの言っても
皇族関係の出費なんて全体から見れば微々たるものだし、戦争責任にしたって天皇に
責任があったわけではない。戦争に持っていったのはアホな軍部とそれに踊らされた国民。
それにあの当時は戦争を起こすことは国際法上合法だったしな。

俺としてはたとえ象徴だとしても世界にない物を持っているというのはいい事だと思うけどな。
それに外交面でもかなり役にたってると思うしね。敗戦国の王だろうが何だろうがアメリカ大統領を
ホワイトタイで空港まで出迎えに行かせられるのは率直に凄い事だと思うよ。なんというか
日本人が思ってる以上に天皇は世界中から重要視されてるって事。

337 :名無しさん:2006/06/05(月) 22:08:11 ID:/g2Sn+Ml
334>じゃあ何で武士が天下の取り合いしてたんですか?天皇の一声で
>収めたなんて話は聞いたこと無いですが?

語るに落ちたな。「錦の御旗」をしらんのか?
本当に朝意であったかどうかはさておき、敵の掲げた「錦の御旗」を見て、
幕府の武士は戦意をすっかり喪失するほどの、大きな存在であったのは確かじゃん。

338 :名無しさん:2006/06/05(月) 22:20:33 ID:PU81f7yi
うむ、俺も天皇制を残すことに大賛成なのだが、
天皇が世界から重要視だとか、アメリカ大統領が迎えにとかの一文は、
それは考え過ぎだと思う。勘違いと言うか。先進国の国家元首や王本人が来れば、
大統領は最高の例で迎えにくるのは別段天皇だけではない。
日本にブータンの国王が来た時も今の天皇が迎えに出た。
礼儀とはそういうものだ。
そこは現代日本人として恥ずかしいので「俺たちの王様だけ、世界で一番偉い」、
みたいな意見はちょっと同意できない。その点はもっと常識をもってほしい。

それはさておき、日本の王としての天皇は一定の尊厳をもって、
今より丁重に扱われるべきだし、威厳をもった存在でいてほしい。
権力ではなくて、あくまで威厳。

さもなくば、天皇は有っても無くても同じになってしまう。
天皇としての威厳を取り戻すために、京都に戻っていただくというのなら、
非常に良いアイデアだと思う。

339 :名無しさん:2006/06/05(月) 22:31:17 ID:OkIQNzm1
332−333
のくだりはちょっとよく分からないな。俺の勘違いかな。

>天皇陛下が一番偉い。と、まで言わないが、世界で2トップのうちの一人なのよ。

これが「大人の意見」で、

>日本が先進国になっていなければ、天皇だろうが、王族だろうが、扱いはもっと下だったろう。

こっちが「ガキの論理 」なのかな、333にとっては?
俺には非常に理解し難い。

340 :名無しさん:2006/06/05(月) 22:35:59 ID:OkIQNzm1
335の意見は正しいと思う。
だからこそ、めったに口を出さないはずの天皇が勅令を下した、
=敵が錦の御旗を掲げた、ことに幕府方はおののいてしまったわけでしょ。
本来あり得ないはずの、しかも「特別な存在」「高貴な存在」の人間から
物言いが入ったわけでしょう。
あれが「天皇は高貴な存在」「将軍より身分は上」という認識が無かったら、
だれもショックを受けなかったはず。御旗にも効果がなかったはずでしょうね。

341 :名無しさん:2006/06/05(月) 22:46:58 ID:hGxWpTXP
339>自己突っ込み、
あくまでも「儀礼上」だけの「序列」ということね、それならわかる。
大変失礼いたしました。

でもそんな実質意味の無いルールをことさら取り上げて、
アメリカ大統領を引き合いに出すような姑息な説明をしないと、
天皇の価値は表現できないのでしょうかね?

日本は推しも推されもしない先進国なのだから、
その歴史的王家としてだけで十分天皇を評価できるはずだし、
そうでなければならないと思う。そうなるべき、ということ。

問題はそんな「評価が難しい存在」になってしまった自分たちの天皇をどうすべきか、でしょう。
いまのまま、「イラネ」なんて一般人に平気で言われちゃう存在ではよろしくないと思う。
国民大多数がおおむね「すばらしい」と言える存在に、天皇を変えてゆく必要、
同時に私たちが意識を変えてゆく必要、が有ると思う。

342 :名無しさん:2006/06/05(月) 23:58:28 ID:O0MWAEDR
尊敬の対象が「歴史」だけじゃ厳しいと思うけど・・・・意見の相違か・・・
>>24



343 :名無しさん:2006/06/06(火) 02:33:38 ID:jTh0X2jz
いや、だから究極の人間国宝なんだって
無形文化財も対象になってたら、世界遺産登録してもいいくらい
それなら現代的な感覚でも納得できるでしょ

344 :名無しさん:2006/06/06(火) 02:47:31 ID:0jtt/gQP
人間国宝? どんな優れた技を持ってるの??

世界遺産・・・・前方後円墳みたいな感じで考えればいいのか?

「珍しい」とゆう点では納得だけど、それじゃ珍獣とか絶滅種と同じ扱いだよ。

345 :名無しさん:2006/06/06(火) 03:10:50 ID:jTh0X2jz
5〜6世紀から続く日本古来の祭祀を引き継いでるじゃないの
今に伝わってるものの中では、おそらく最古じゃないの?
立派な人間国宝でしょ
技以外に血統も条件になるから、他の人では変えられないぞ

世界遺産は「無形文化財も対象になってたら」ってちゃんと書いただろ
前方後円墳は有形文化財だ

346 :名無しさん:2006/06/06(火) 03:33:36 ID:0jtt/gQP
>>技以外に血統も条件になるから

へぇ〜〜(30へぇ〜) そうなんですか!? (でも、技は無くても良いのですか?)
「凄く古い」って意味では、間違いなく人間国宝ですよね。(そうか、前方後円墳は有形文化財か・・・)

んで・・・「古い」以外に「すばらしいと言える」部分って、何なんですか?



347 :名無しさん:2006/06/06(火) 05:28:06 ID:B/kmPQGw
確かに今は必要ないなどと思うかもしれないけど、何十年、何百年後には
また天皇が必要になり、政権を握る事があるかもよ。

348 :名無しさん:2006/06/06(火) 06:22:43 ID:jTh0X2jz
>>346
>そうなんですか!?
「天皇」にしかできない祭祀の担い手である「天皇」になるには、血のつながり(今は男系男子)が必要でしょ
別にその辺のおっちゃんでも祭祀のまね事はできるだろうけど、それじゃあ宗教的な意味は皆無だからな

349 :名無しさん:2006/06/06(火) 07:28:16 ID:/OdMxIJL
342から後ろの会話は、なんかしょうもない会話だけど、
ものすごく「今の天皇認識」を表現できているようにも読める。

家の由緒やいわれの歴史が古いだけとかって理由では、
現代人は驚きも尊敬もしない。過去ではなくて、現在が輝いていないと、
評価できないんだよな、今の基準では。

会社持ってるとか、特技があるとかで、現在輝いている上に、
そのプラスα、御墨付として「実は何千年も前から一子相伝のXX」とかには、
過去の歴史はつかえるけど、今の輝きがないと、
それだけでは「過去の栄光にすがる存在」になって、非常に苦しい。

天皇陛下は今は、はっきりいって輝いてない。
この場合は、威光が無いとでも言えば解りやすいかな。
威光も威厳も感じない。尊敬の心も湧いてこない。
親しみの情は湧くけれども。

開かれた皇室政策が失敗なのかな?

350 :名無しさん:2006/06/06(火) 07:39:32 ID:/OdMxIJL
>5〜6世紀から続く日本古来の祭祀を引き継いでるじゃないの
>今に伝わってるものの中では、おそらく最古じゃないの?

最古はぶっちぎりでアイヌのイヨマンテ祭事でしょう。
紀元前4000年の縄文時代からの祭事だもの。
それに比べたらまだ若い。日本は奥が深いから。

351 :名無しさん:2006/06/06(火) 09:34:20 ID:WxkEJOsL
>>349
そういうシステムになってるんだから仕方ないでしょ
ちょっとでも積極的な行動とると、「黙ってたらどうか」とか新聞に書かれるし、
左巻きの連中は軍国主義復活とか騒ぎだすし

352 :名無しさん:2006/06/06(火) 12:00:29 ID:NWOwNLnM
>>350
あんた基本が分かってないす。
アイヌの祭事は歴史学上は最古とは認められないです、
はっきりと記録を追えないと。アイヌの伝承自体には縄文時代なん
つうこと自体無いでしょう、
それが無くてよいなら天皇の歴史も2600年でOKって事に・・。

もう一つ、天皇関連は子孫に一子相伝的に寸分たがわず
伝えられてきたりしてるわけで、そのあたりが貴重。


353 :名無しさん:2006/06/06(火) 12:02:17 ID:NWOwNLnM
>>346
過去の話を都合よくなかったことにすんなよボケ
会話になんないだろうが。
日本の国は天皇が創始したんだってば。

354 :名無しさん:2006/06/06(火) 12:12:15 ID:X2fhoCgP
天皇、若しくは大君って〜のがまとめたのは確かだろうな
嗚呼、明治大帝は偉かった

355 :名無しさん:2006/06/07(水) 07:17:25 ID:TOXqhpzd
>日本の国は天皇が創始したんだってば。

でも今の天皇が創始者の直径の子孫である可能性は0だろ。
どっか途中からは確実にそうだと言えるけど。
まあ公的にはそうなんだから非科学的でも「そうだ」
と言い続けるしかほかに手は無いんだろうけど。

356 :名無しさん:2006/06/07(水) 07:21:33 ID:TOXqhpzd
>威光も威厳も感じない。尊敬の心も湧いてこない。
>親しみの情は湧くけれども。

「親しみの情」ばっかだもんだからワイドショーのネタになっちまう。
おばさんたちも「親しみ」だらけで、尊敬なんか全然してそうに見えん。
そもそもここでこういう議論している自分達の中で、
かなーり深く尊敬している、って人はいるのかね?

まあ、尊敬というか尊重というか、
きちんと大事に扱いましょうや、
程度ひとが、いいところなんでは。


357 :名無しさん:2006/06/07(水) 10:16:39 ID:9HyG+uuG
>>355
誰からそんな嘘教わったんですか?

358 :名無しさん:2006/06/07(水) 12:00:57 ID:wMmN522h
やはり、京都に戻っていただいて、昔のような、
最高位の神官としての暮らしを中心にしてもらった方が、
国民の尊敬を集められると思いますね。むろん時々皇室外交をはさんで。
京都の観光地としての格もまた一段と上がるでしょうし。

359 :名無しさん:2006/06/11(日) 00:43:36 ID:Eyx3+OF7
世界中の王室いらねー

360 :名無しさん:2006/06/11(日) 17:54:58 ID:oarFbkVs

統一教会とか創価とかよりも天皇現人神のほうか100000000倍ましですね。

それはさておき、確認できるだけでも1500年ぐらいつづいてる天皇制を
是非続けてほしいですね。やりなおすとまた1000年以上かかるわけですから。


361 :名無しさん:2006/06/11(日) 21:08:59 ID:++yQIgfI
しかしまー、属国に『コーテー』がいるとはねー


プッって感じだよな
          Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
          /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
         / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
    ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ

362 :名無しさん:2006/06/24(土) 01:47:22 ID:5XP9hOUW
やっぱ、イラネーヨ

363 :名無しさん:2006/07/02(日) 18:10:02 ID:hZ2Y2Hhr
日テレが、日本の皇室を相手にハリウッド映画も顔負けのテロリズムをやらかしましたよ。w

日本テレビ高校生クイズの司会者がパラシュートで赤坂ご用邸に落ちた模様
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1151827742/
【速報】「高校生クイズ」関東大会で2名が強風に煽られ赤坂御用地に着地 司会のオリエンタルラジオか
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1151827837/
日テレは赤坂御所襲撃事件の犯人を実名報道せよ
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/liventv/1151828264/
日テレまた失態 赤坂御用地にパラシュート不時着
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1151829023/

364 :名無しさん:2006/07/02(日) 19:02:17 ID:SZWATrbC
許す、ユルス。

365 :名無しさん:2006/07/03(月) 23:30:01 ID:/VfvG6QY
秋田県立大および偽皇室のオウム殺人犯罪容疑
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1137727591/416-423

2 名前:藤本しゅういち :2006/06/22(木) 13:54:13 ID:r/NLr5NA0
ヤバイ!!教員の●盗もうとして捕まっちまったよ!! 誰か助けて!!もうショック!!
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/ojyuken/1151149645/

255 :非公開@個人情報保護のため :2006/06/15(木) 06:59:11
小説救急車殺人企画事件を考える
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/truck/1109449154/463-469

275 :↑しつこいキチガイ女め :2006/06/13(火) 17:08:16 ID:???
ヒットマンではなく 直接してやる。覚悟しろや。】ヒットマン ププ
http://www.akita-pu.ac.jp/bioresource/b_aisatsu.html

311 名前:実名攻撃大好きKITTY :2006/06/24(土) 19:13:31 ID:zgdswjAI0
それ俺の親友。マジショック…

188 名前:最低人類0号 :2006/06/22(木) 01:01:05 ID:2CWmvqaB
お前のせいで私の人生終わったよ。 このまま柵のついた窓がある病院で一生を終えるなんてイヤだ。
http://www.akita-pu.ac.jp/bioresource/dbe/rural/staff.html

176 :学籍番号:774 氏名:_____:2006/06/27(火) 15:34:50 ID:nPFLGkCv
●●殺人大学は、人の殺し方や死体の処理の仕方を教えている。

957 :学籍番号:774 氏名:_____:2006/06/26(月) 01:02:44 ID:8gqYcyr7
(括弧内補足:入学者激減により)来年度の収入見込みは絶望的であるがこのような状況化においても
学生の募集を続けていることは、学生の将来を無視した、学長の自己中心的な判断だと言える

601 名前:名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! :2006/06/26(月) 16:17:18 ID:ZaBaB4mj
まぁ、警視庁が動き出したってのは事実でしょ 事実出ないことをブログにのせる奴はいないし


366 :名無しさん:2006/07/04(火) 07:52:16 ID:fsgKYueK
アメリカ人に「日本の天皇は韓国人だから日本人は天皇陛下にたいして複雑な感情を抱いているらしいね」と言われた。詳しく聞いてみたら知り合いの韓国人にそう教わったらしい

367 :名無しさん:2006/07/08(土) 00:48:42 ID:fho0irnX
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060707-00000033-jij-soci
国の借金凄いのに何やってんの? ばか?

368 :名無しさん:2006/07/13(木) 07:08:19 ID:akuSzLPx
>366
韓国人は天皇家がうらやましいらしいお

【韓国】 新しく吹き始める皇室ブーム・・・英国や日本などの皇室文化に対する肯定的関心が、韓国皇室に移ってきた [07/12]

ttp://blog.livedoor.jp/sanchez7/archives/50493508.html

369 :名無しさん:2006/07/13(木) 09:21:32 ID:4h16abiv
>>327
天皇=emperorは明らかな誤訳だろwww
天皇=kingが適訳
emperorってのは複数国を治める超国家的な支配者のこと

370 :名無しさん:2006/07/13(木) 11:01:22 ID:CQ/euWD1
今の天皇・皇后の後は、もう必要ない。
何の為に維持する必要があるの?
我々の世代から後の天皇制は無意味、無駄。
国民が苦しんでるんだから、皇室にかかる分を還元してほしい。皆が助かる。

371 :名無しさん:2006/07/13(木) 12:03:54 ID:aHPW0TRd
皇室にかかる分を還元したら一人あたりいくらになるのかな?
年間百円くらい?

372 :名無しさん:2006/07/13(木) 17:30:21 ID:j1sSfNFP
>>369
kingは違うだろ、むしろPopeじゃね

373 :名無しさん:2006/07/14(金) 03:06:23 ID:v3GZnnY4
>>369
英語だけに問題をしぼれば正解。emperor は empire をking は kingdom をとなる。
しかし明治の初め日本が模倣したイギリスでは king が Empire of Great Britain を
統治していた。大英帝国の翻案が「大日本帝国」だ。それを統治するのは emperor。
さらに天皇は「みかど」と和語で呼び「帝」の漢字を当てた、その国は「帝国」。
しかも天皇と(他国の)王とは区別すべきだという意見があった。今では日本の
king は emperor と呼ぶ、という慣習が定着している。

374 :名無しさん:2006/07/14(金) 03:37:24 ID:9w9/SnZC
別にemperorでいいだろ。
もともとは武蔵「国」、河内「国」なんかの地方組織を束ねる「帝国」の長なんだし、
男子皇族は「王」と呼ばれていたんだから、その上に立つ天皇はemperorじゃん

375 :名無しさん:2006/07/14(金) 04:20:40 ID:MsMsJVAg
もともと日本の天皇は中国の皇帝(これはemperorで問題ないだろ)に服属する
のではなく、対等な立場だというのが日本古来の主張

だから天皇はking(王)ではなくemperor

中国でさえ「天皇」って呼称を使ってるのに、今どき「王」扱いで見下してきてるのは朝鮮人くらいだぞ
さては>>369は・・・

376 :名無しさん:2006/07/14(金) 06:47:12 ID:GD/2GsMD
>>327 天皇陛下(emperor)≧ローマ法王(Pope)>英国女王(Queen)> アメリカ大統領etc(president)>日本国首相etc(premier)
wwwそりゃないで〜、さすがにwww
つくづく、こういう意見は2ちゃんだけにしてほしいな。
外で言ったら日本人はバカだと思われるわ。

377 :名無しさん:2006/07/14(金) 15:33:51 ID:9w9/SnZC
>>376
wikipediaで"天皇"を検索すると、同じこと書いてあるよ

378 :名無しさん:2006/07/14(金) 16:04:13 ID:xbsYICux
>>371
納税年数50年間で(20歳〜70歳)1人約25万円くらい。
年間約5000円くらい。

379 :名無しさん:2006/07/15(土) 10:33:34 ID:B5/2dZEr
>>376
2ちゃんだけって、おま・・・
本気で言ってるのか?

380 :名無しさん:2006/07/15(土) 10:50:43 ID:vrRcBSut
アジアの果ての気ちがい集落
それが日本

イエイ ファック ジャパン
イエイ ファック ジャパン

俺の陰茎はお前のぬるぬるで湿った
魚の腐臭がする暗闇めがけて
白濁した六月の梅雨をふりかける

イエイ ファック ジャパン
イエイ ファック ジャパン

ああ お前は あれ そのものだ
ああ お前には理性がない
何が欲しい? 何が要らない?
金か?愛か?憎悪か?海の向こうの巨大な男根か?

アジアの果て 人はそこに洗練を見る
2500年の歴史の果ての洗練を
少女は美貌と高価な着物を欲しがる
少年は金と名誉を求める
魂を持たない女の裸を抱くために

イエイ ファック ジャパン
イエイ ファック ジャパン

アジアの果て・・・ああ、アジアの果て・・・
人はそこを黄金の国だと呼んだ・・・
人は黄金を求めてアジアの果てにやってくる・・・
ああ、世界は黄金色だ・・・アジアの果て・・・


381 :名無しさん:2006/07/15(土) 19:19:10 ID:cu9QASsx
北朝鮮じゃなくて?

382 :名無しさん:2006/07/16(日) 03:14:53 ID:gu0DGH18
「天皇」なる制度はシナの模倣であることをよく知るがいい

383 :名無しさん:2006/07/16(日) 05:10:44 ID:BY2w2VFq
1000年以上も独自に受け継いでりゃ俺らのものよ
シナにはもう皇帝はいないしな

384 :名無しさん:2006/07/16(日) 12:24:56 ID:gu0DGH18
結局,日本は1200年に及ぶシナと100年弱に及ぶアメリカの模倣からなる,ということでよいのでしょうか?

385 :名無しさん:2006/07/16(日) 14:02:25 ID:BY2w2VFq
シナモデル(1200年)→ドイツモデル(60年)→アメリカモデル(60年〜)

386 :名無しさん:2006/07/16(日) 19:44:34 ID:G5VCsm7W
>>378
全然違う。宮内庁に支払う人件費等も含め、皇室支払う税金は
一人当たり年間一人当たり250円ほど。

387 :386:2006/07/16(日) 19:49:57 ID:G5VCsm7W
× 一人当たり年間一人当たり250円ほど。
○ 一人当たり年間250円ほど。

ちなみに17年度の予算は176億円でした。

388 :名無しさん:2006/07/18(火) 08:31:53 ID:VPIzGUv8
>>387
その「一人当たり」って、税金払ってない未成年とか老人とかも入った人口数で割っても意味なし。

389 :名無しさん:2006/07/22(土) 08:06:17 ID:SkZpq4s/
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=m&board=1835383&tid=a4ba4bhaaa4ka4aabd8a4dea4ja4afa4c0a45a4a4a1aa&sid=1835383&mid=1

在米さん集まれー!

390 :名無しさん:2006/07/25(火) 17:32:06 ID:Hwy3ttSd
一つ質問。

日本以外で日本と何て呼ばれてる?
大多数の人がジャパンと呼ぶだろうけど。

アメリカだと退役軍人や年寄りなどはエンパイヤーオブジャパンやエンパイヤージャパンと
よく聞くんだけど。
ヨーロッパなどでは若者でもエンパイヤーオブジャパンやエンパイヤージャパンと言う人も居るし。
フランスの地図には日本の事をエンパイヤーオブジャパンと書いてあったとも。

391 :名無しさん:2006/07/25(火) 19:12:24 ID:O4ggQLMV
つかさ。皇室問題ってなに?
男が生まれそうって言ってるんだし、何か問題あんの?

そんなことより、議論するべき問題があるのは靖国の方だろ。

392 :名無しさん:2006/07/25(火) 21:18:33 ID:MeCiVe/9
金の無駄だから廃止しろ、って話じゃないの?

靖国はブンシすればヨインでないの?  どうよ?

393 :名無しさん:2006/07/26(水) 06:30:46 ID:aA02JlmX
金の無駄かあ。なるほどね。

でも、無駄っていえば、世の中は無駄なことの方が
圧倒的に多いし、無駄だから廃止ってのも乱暴すぎるね。
おれは、それくらいの無駄は、まあ、いいと思うし
無駄なくなんでもグローバル化しちゃったら、和暦も日本語も
いらんってことになりかねんしww

まあ、昭和天皇を死刑にして天皇制度を廃止するという
千載一隅のチャンスをわざわざ逃した以上、いまさら
廃止とか考えるだけ、それこそ時間の無駄w


394 :名無しさん:2006/07/26(水) 06:40:34 ID:aA02JlmX
靖国問題は、分祀すれば、中国と朝鮮からイチャモンを
(今の理由では)つけられなくなるんで、そういう意味では
決着になるけれど、政治家が公務のような形で参拝している
現状は、政教分離の国内問題として残る。

まあ、無宗教の参拝施設を作るのが一番いいと思うけれど
理屈じゃない国だから、ぐだぐだと次世代に負の遺産を
今後も遺し続けるんだろうねww


395 :名無しさん:2006/07/26(水) 10:24:55 ID:j1G0sJnt
>>394
そうだね、プロテインだね。

396 :名無しさん:2006/07/26(水) 12:29:24 ID:Dx5EyKZY
雅子と皇太子の出来の悪さには耐えられない。

幅度もなんとかできないのか。雅子は東大も特別枠の学士入学なのに卒業
できず、Oxfordもきちんと卒業できてない。彼女の父親のコネを考えれば
どっちも簡単に入れるのに、きちんと出れない。ヤヴァイだろ。Oxfordの
修士なんていまやLSEとUCLの後塵拝しまくりなのに。

でも、学歴なんかどうでもよくて、おれは単に人間としてまったく尊敬でき
ないほうが問題だとおもう。被災者のことを考えもせず海外とか(神戸地震
の時)、青年海外協力隊と懇談を体調不良でキャンセルしながら実際の懇談
の時間に娘と庭で追いかけっこして肝心の協力隊員に目撃されるとか。
まじで人間として終わってる。。。。

397 :名無しさん:2006/07/27(木) 06:29:22 ID:VqJ8+aoJ
靖国問題論じたかったら、そこらにも書いてあるけど、神道の教義上の
「分祀」ってのは祭神を「切り離して別のところで祀る」って意味じゃ
なくて、「今のところはそのままで別のところでも祀る」って意味だって
ことくらいは基礎知識として知っとけよ。

分かりやすく言えば、Cut & pasteじゃなくて、Copy & paste。
神道には一度祀った神様を消すっていうの概念がないということ。

おなじ様な効果を得るためには、靖国神社をいっぺん取りつぶして、もう
1回作り直さなきゃいかん。

>>349
キリスト教の国アメリカに暮らしていて、よく靖国を政教分離とか言うな。
不思議だ。

398 :名無しさん:2006/08/07(月) 07:15:17 ID:xZ9frWGu
>分かりやすく言えば、Cut & pasteじゃなくて、Copy & paste。
神道には一度祀った神様を消すっていうの概念がないということ。


それはいわばへりくつで、
もともとの神道には
人間が神になって祭られるという風習そのものが一般的じゃない。
天神さんや徳川家康しか例がない。一般人は神にはなれん。

靖国は明治以降に創作した神道っぽいものであって、
元来の神道ではないニューウェーブの新興宗教なんだから、
合祀云々の理屈は改めることは可能。
今の考え方が明治のものだし。

399 :名無しさん:2006/08/07(月) 07:18:24 ID:94kCl6J1
>>390
> 一つ質問。
> 日本以外で日本と何て呼ばれてる?
> 大多数の人がジャパンと呼ぶだろうけど。
> アメリカだと退役軍人や年寄りなどはエンパイヤーオブジャパンやエンパイヤージャパンと

アメリカ在住だけど聞いたことない。
大日本帝国のことぢゃないの?


400 :名無しさん:2006/09/07(木) 03:51:54 ID:Ns4YpKgg
親王様誕生おめでとうございます

401 :名無しさん:2006/09/07(木) 04:40:19 ID:WD86Teo9
アメ人に「天皇は日本を戦争に導き原爆の被害をもたらした。日本人は天皇を恨むべき」と言われたから「皆恨んでるわけじゃないけど、嫌われてるよ。家はセントラルパークより広いのも原因。昭和天皇は犯罪者だが平成天皇はただに金満家」と答えた

402 :名無しさん:2006/09/07(木) 05:47:20 ID:AQ9ghLN3
携帯から乙
アメリカに住んでからこの板に来てね


403 :名無しさん:2006/09/07(木) 21:31:20 ID:WD86Teo9
ん?三年住んでたアメリカから帰ってきたから携帯から書き込んだんだよ。

404 :名無しさん:2006/09/08(金) 12:40:45 ID:bqJjSTPO
おまえはいろいろなところでろくに改行しないで反日的発言ばかりしてるから
すぐにわかるw

405 :名無しさん:2006/09/08(金) 14:37:52 ID:haFbldI+
天皇家が他の海外の王朝と比べてユニークなところは
宮中の祭祀を行い国民の安念を祈っているところ。
もちろん政治的や外交的役割もある。特に戦前は軍部が
天皇の政治的役割を強めた。そして戦後は
うやむやにするため「象徴的」な役割とひっくるめて
あいまいなものにしてしまった。

しかしこのような宗教的役割の長(おさ)を担い、その
古い文化を家族で伝えているところは非常に面白い。

近年それをなくそうという動きがある。

それは「反日的」ですか?
それとも「モダン的」ですか?

個人的には反日的だとは思うが。








406 :名無しさん:2006/09/08(金) 21:51:10 ID:/teXrtxC
個人的には「現実的」

遅くとも22世紀までには廃止にしようぜ

407 :名無しさん:2006/09/08(金) 23:25:48 ID:fGsB+SyV
まずはおまえを廃止してからだ

408 :名無しさん:2006/09/09(土) 05:47:35 ID:HXXLVagK
難しいわな。
希少な珍しいものであり、伝統も長いものだ。
しかし前世紀の遺物である事も真実。
それを無理に現代に存続させようとして、現代社会との間に軋轢を生じている
(雅子さんの精神病やら、継承問題やら)。
言わば国家に取っていらぬストレスのもとになっている面も残念ながら真実。

しかし、農村なんかに行くと未だに心の支えにしている国民だって、
決して少なくなくいる事も現代日本の真実。
天皇を都合良く利用しようとしている、思想先にありきの連中や、
タレントと変わらない覗き見主義の下衆な皇室ファンよりも、
素朴に大事に皇室を敬愛している国民はまだおり、
そっちの方がよっぽど国家として尊重すべき存在だと思う。
その人たちのためにも、皇室はもうしばらく、
今のままで存在するべきだ。

100年後には、無いが良いという結論が出るのかも知れないが。

409 :スレチですが:2006/09/09(土) 06:25:06 ID:/zNshB05
>401天皇の事はさておき、お前原爆の事でアメリカ人にそんなこと言われて悔しくないのか、戦争責任はどうあれ原爆を落としたのはアメリカだぞ
しかも冷戦前のロシアに優位的な立場を保つ為に一週間という短期間に二発も、しかもそれぞれ実験していたタイプの違う原爆を実験的に落とされたんだぜ
お前そいつになんか言い返したのか?

410 :名無しさん:2006/09/09(土) 16:30:42 ID:btL+ArFZ
有史以来先祖が代々残してきたものを
近代の価値観と合わないから無くせというのなら
伝統文化なんてのもは殆ど意味が無くなる。

法隆寺は建築基準法違反で税金掛けて保存
する価値も無いと言ってるようなモンだ。

むしろ近代価値からかけ離れてるてる存在なのに
現在まで残ってるから希少価値が有るんだよ。

人は皆生まれながら平等と言う人権思想を
原理に基づいて徹底すれば皇室どころか
歌舞伎や相撲の行司のような世襲の文化は
全て否定せんといかん。

411 :名無しさん:2006/09/09(土) 20:08:58 ID:MG9fbIUD
大金掛けてまで保存する必要無いよ、天皇制は。

法隆寺は当然保存でしょ。

412 :名無しさん:2006/09/09(土) 20:29:22 ID:btL+ArFZ
>>411
なぜ保存する必要がないんだ?

413 :名無しさん:2006/09/09(土) 22:02:43 ID:MG9fbIUD
>>412
>>24


414 :名無しさん:2006/09/09(土) 22:23:10 ID:btL+ArFZ
>>413
結局人権論だろ。
それなら>>410で指摘してるだろ

415 :名無しさん:2006/09/09(土) 22:35:00 ID:MG9fbIUD
「大金掛けてまで保存する必要ない」

法隆寺の並の金額で保存すれ。

416 :名無しさん:2006/09/09(土) 23:03:02 ID:btL+ArFZ
>>415
それはこの国の主権者である国民が決める事

417 :名無しさん:2006/09/09(土) 23:23:07 ID:MG9fbIUD
多数決でしょ?異存ないよ。

将来的に反対派が多数占める事を祈るだけ。

418 :名無しさん:2006/09/09(土) 23:27:51 ID:btL+ArFZ
>>417
まぁ頑張れ。
今の段階では説得力ないけどね。
他に税金のムダは腐るほど有るのに
皇室から率先してやる理由が分らんし・・・

419 :名無しさん:2006/09/09(土) 23:37:34 ID:MG9fbIUD
別に皇室から率先してやってないよ。

>>「他に税金のムダは腐るほど有る
やっぱムダなんじゃん(笑


420 :名無しさん:2006/09/09(土) 23:47:15 ID:btL+ArFZ
>>419
貴殿が「税金のムダ」と要ってるから言っただけ。
俺はそう思ってない。
つーかそもそも「税金のムダ」と>>24では反対理由が違う訳だが?

421 :名無しさん:2006/09/10(日) 00:47:23 ID:j61Ib9bp
おまいらなんでアメリカの博物館で、アジア文化のコーナーが他にあるのに日本のコーナーだけ特別にでっかかったりすると思ってるんだ?
日本がエキゾチックでミステリアスなイメージがあるからだぞ。
Emperorが1000年以上もいまだに存続してるのもその一つだぞ。
日本人じゃない在の人には、自分の母国の扱いが小さいのは屈辱以外の
何ものでもないだろうがな。

422 :名無しさん:2006/09/10(日) 01:29:43 ID:oFyCV08K
法隆寺は改築しまくってるから世界最古ではない

423 :名無しさん:2006/09/10(日) 01:53:06 ID:H2gblSqo
>>422
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E9%9A%86%E5%AF%BA
>再建説であっても、法隆寺が世界最古の木造建築で
>あることには変わりはない

で、お前の言う世界最古ってどれ?

424 :名無しさん:2006/09/10(日) 02:39:10 ID:OH8TCUH3
もしローマ法王が、
「一国(バチカン市国)の国家元首なのに、コンクラーベなんて秘密会議で決まるのは
近代民主主義の原則からしてありえない!国民投票にしる!」って
ことになったらどうなるんだ?

「進歩的な」他国(例えばプロテスタントの国とか)からのそういう声に押されて
伝統を曲げて、バチカンの国民投票によって新しい国家元首=法王が決まったとしても、
世界中のカトリックの信者はその法王を認めないだろ?
陰で細々と行われたコンクラーベで決まった別の法王を奉じるに決まってる。
「イエスの後継者(ローマ法王)はコンクラーベで決める」のがカトリックの伝統なのだから。

それと同じように、「天皇は、天照大神の子孫(苗字無し)だけがなる」が天皇制の伝統だ。
他の家(苗字がある家)の人間はなれないんだよ。

もし男系の伝統を曲げて、愛子ちゃんの子供(苗字がある家の人間の子孫)が
天皇の地位に着いたら。
今回ご誕生の新宮様を「正統な天皇」と奉じる人々が出るに決まってる。

他国の価値観押し付けによって、自国の伝統を曲げる必要は全く無いよ。
カトリックにおけるローマ法王と同じように、天皇は日本神道の最高位司祭なのだから。

日本で言えば戦国大名にすぎないヨーロッパの王室ごときと一緒にするなってことさ。

425 :名無しさん:2006/09/10(日) 02:48:20 ID:oFyCV08K
韓国にある慶州仏国寺が最古でしょうね。法隆寺も韓国人が作った寺ですが最古とは言えません。これはアメリカでも常識

426 :名無しさん:2006/09/10(日) 02:52:30 ID:H2gblSqo
ネタかよw

427 :名無しさん:2006/09/10(日) 02:55:33 ID:oFyCV08K
だって法隆寺の木見たことある?最近の木だよ。古い木なんてほとんどない

428 :名無しさん:2006/09/10(日) 03:05:43 ID:H2gblSqo
はいはいw
もうコンクリートでいいよww

429 :名無しさん:2006/09/10(日) 07:18:34 ID:x6fLrgl7
皇室の伝統とやらのために、普通の現代人を犠牲にして、
人柱に捧げる、そういうのはちょっと冷静に考えると怖くないか?
儀式やらを守りたい人だけが、自由にやればいいんじゃない。
国家で年間60億円も使って存続させるほどのものとは思わないな。

雅子さんには自由は無いし、そもそも拒否しているのに、
家族父親周りからせめて無理やり承諾させた結婚だし。
なんか彼女の人権無視はなはだしい。
これを繰り返すようなら、やめた方がいい。

皇室の人間だって、どうなんだあれ?
あそこの子に生まれるのは、はじめから人生をゴミ箱に捨てたようなものだ。
もっとも生まれた時から自由を知らないから、
本人は不満ないんだろうけど、
なんか可哀想だ。非人道的なようにすら思う。
宝物建造物は「もの」であって「人」ではないので、
そのまま維持して構わんけど、
人様の人生を国民の嗜好でむちゃくちゃにしていいもんかな。
天皇が立候補で決まるのなら問題は無いけれど。

そう思っているけど、俺自身の最終結論は408だ。
存続には賛成。

430 :名無しさん:2006/09/10(日) 07:20:49 ID:x6fLrgl7
>おまいらなんでアメリカの博物館で、アジア文化のコーナーが他にあるのに日本のコーナーだけ特別にでっかかったりすると思ってるんだ?
>日本がエキゾチックでミステリアスなイメージがあるからだぞ。

それよりは日本が経済力のある近代国家だから、
の方がファクターとしてはでかい。
先進国だから自国の文化を理解してもらうチャンスが
後進国より圧倒的に多いからな。

431 :名無しさん:2006/09/10(日) 07:23:50 ID:x6fLrgl7
>Emperorが1000年以上もいまだに存続してるのもその一つだぞ。

特にこの事は日本人以外誰も知らない。
日本人ですら。「そうだっけ?」、である。
宣伝不足、だな。

大抵のアメリカ人は天皇は明治の開国のときに、
ヨーロッパをまね公式に王室になった地方豪族かなんか
程度に認識している。

432 :名無しさん:2006/09/10(日) 09:43:33 ID:2BZwMD96
まぁ、ヤンキーに言わせれば天皇なんて属国の君主。
俺達が生かしてやってんだ。程度の意識だよ。
歴史や伝統に敬意をはらうフリが上手い社交辞令上手の奴なんか
五万といるからなこの国は

433 :名無しさん:2006/09/10(日) 09:50:45 ID:oFyCV08K
そもそも日本は後進国だよ。アメリカからみたら韓国も日本も変わらん

434 :名無しさん:2006/09/10(日) 09:53:46 ID:kOKeULkT
皇室を無くした国の多くはダメになってる、
日本に皇室が存続してることを誇りに思う。

雅子さんも皇室に嫁いだからには、それなりの覚悟をしたのだろうから
人格否定の言葉がでてくることじたい職務怠慢。



435 :名無しさん:2006/09/10(日) 13:00:58 ID:4Vzb9Cwf
皇太子あの人格否定発言の後、
尊敬も同情も結果的にされなくなったのは確かだわな。

436 :名無しさん:2006/09/10(日) 18:18:45 ID:H2gblSqo
>>429
犠牲って結構するしないは個人の自由。
やたら犠牲者にしたいみたいだが・・
あと離婚もできるだろ。

あとあんた主張だと世襲の伝統継承者は人生無茶苦茶なのか?
なんでここまで人権原理を徹底せにゃならんのだ?

>>431
皇室の存廃は国内問題だろ。
日本だって他国の皇室問題にあれこれ言う資格はない。

437 :436:2006/09/10(日) 18:27:01 ID:H2gblSqo
間違えた >>436を訂正

× 犠牲って結構するしないは個人の自由。

○ 犠牲って結婚するしないは個人の自由。


438 :名無しさん:2006/09/10(日) 22:52:26 ID:FAqrIEIy
馬鹿ウヨはよく民主国家の王族の例として国民に支持されてる
イギリス王室の例を出すが・・・
イギリス王室は、税金は1ポンドも貰っていない。
それどころか王室ファミリーは高学歴で勉学熱心であり、さまざまな事業
を手がけそのお金でイギリス王室を運営し税金を貰うどころか社会に莫大な金額を寄付している。
だからイギリス国民から尊敬されているのだ。
どっかの、税金から年間100億貰って学習院なんて三流大を付属からようやく入り、留年しかけたアホ
一家とは根本から違うわけだ。

439 :名無しさん:2006/09/10(日) 22:59:28 ID:KGieNewb
>結婚するしないは個人の自由。

雅子さんときは無理矢理だったよ。
雅子さんは5年以上も拒否してきたのに、
オヤジを左遷させて、雅子が結婚を認めさえすれば、
要職復帰を約束したとか。

親思いの娘なら、折れる条件だ。

>だからイギリス国民から尊敬されているのだ。

同時に批判も受けるし、ワイドショー的な報道もされてしまう。
王室と同時に事業の成功者という有名人でもあるから。


440 :名無しさん:2006/09/10(日) 23:06:06 ID:KGieNewb
>あとあんた主張だと世襲の伝統継承者は人生無茶苦茶なのか?

雅子は皇族出身じゃないだろ。一般人を捕獲して本人の意志を無視して自由を奪った例。
紀子さんは自分からのぞんでアプローチしたので誰もかわいそうとは言わない。
その差はでかいと思う。雅子は自分で人生切り開いて成功中だったからな。
結婚したくなかった。彼女が仕事辞めたくなかったのも国民周知のことだろが。

歌舞伎や雅楽家なんかは拒否してリーマンや俳優になっちゃった奴は山程いる。
世襲とは言っても強制力はない。自己選択の余地がある。
皇室は拒否できないだろ。もっとも前にも書いたが、皇太子本人は
自由を知ったことがないからまだましかもしれんが、一般人にはきつかろう。

441 :名無しさん:2006/09/10(日) 23:11:29 ID:FzKqq/aA
何だかだと騒いで、結局日本人は皇女は単なる男児製造機
としてしか見ていない事実が暴露された。男児を生まぬ雅
子妃に対するバッシングがすごかった。まるで彼女だけの
責任みたいに。特別に雅子妃のファンではないけれど、あ
の騒ぎは異常だ。

442 :名無しさん:2006/09/10(日) 23:21:00 ID:KGieNewb
そして日本皇室の現代日本社会との一番の齟齬は、
皇室の現在の主な職務であり、存在意義である「祈り」(あるいは神職であるということ)が、
非科学的なもので、根拠がなく、それが存在しなくても日本社会がきちんと昨日までと同じく
成立、機能することは、誰の考えでも明白なことだ。今や皇室の存在は
「政治的に、思想的に自分達に有利に利用したい人たち」
のために存在しているのが現状になりつつ有る。だから存続させるべき理由が「伝統」くらいしか、
出てこない。伝統は大事だが、必要不可欠ではない。食べ物に困ったら売るのが家宝だ。
そのようなものに(しかもいざというときに売れない伝統に)年間60億の税金を投入している。

バチカンをつぶせば、悲観に暮れて自殺するクリスチャンは間違いなく世界各地に少なからずいる。
皇室を廃止して、悲観に暮れ自害する国民はおそらくほとんどいないだろう。
皇室の存在、国民の心の支えとしての大きさ、国民の心の中での大きさが、
昔より遥かに小さなもの、忘れがちなものに、なってしまった。
それを昔のような尊き存在、国民の大多数に取っての「心の支え」に戻すのは、
もう無理だと思う。昔と違って日本社会は成熟し、国民は知恵と知識を持ち、
過半数は宗教の神秘性をまともに肯定できないのだ。

今は存続すべきだが、100年後には無くなるかもしれない、
そう思うのは上記の理由から。

443 :名無しさん:2006/09/10(日) 23:45:42 ID:H2gblSqo
>>440
雅子さん多少気の毒な所は有るが最終的には
承諾したんだから本人の意思だろ。
別に断って殺される訳でもないのに。

>皇室は拒否できないだろ。

確か前例は無いが皇室典範上出来る。
まぁ出来なければ改正すればいいし。

>>442
長々と書いてもらって何だが結局あなたが言ってるのは
人権原理に比べたら伝統など意味が無いと言ってる様
にしか取れないなー。
まぁあなた個人の価値観はそうかもしれんが大多数の日本人
は納得しないだろ。

444 :絶対愛子様が女帝になるべき!!!!!:2006/09/11(月) 01:06:17 ID:/+E4V7FV
何が小泉「皇室典範改正できず」だよ!
何のための【皇太子御一家】だよ!
何のために御産まれになった【敬宮愛子様】だよ!









次男は引っ込んでろ!
秋篠宮御一家なんて、【長男の次】、で、いいんだよ!



445 :名無しさん:2006/09/11(月) 01:26:29 ID:+sbSmCVq
きこさまはシンデレラ、まさこさまは・・・うばすてやま

まさこさまがかわいそうだから きこさまにはバナナの皮で転んで頭打って氏んでもらおうか


446 :名無しさん:2006/09/11(月) 02:46:13 ID:yFwMB2yO
>>440
キジョ板の皇室アンチスレ読んでみろ
雅子妃の経歴が虚構だったってことがよくわかるぞ
成功なんてとんでもない
わざわざ留学して修士号もとれなかったとさ

447 :名無しさん:2006/09/11(月) 04:48:48 ID:b+LVaGw3
>伝統は大事だが、必要不可欠ではない。食べ物に困ったら売るのが家宝だ。
>そのようなものに(しかもいざというときに売れない伝統に)年間60億の税金を投入している。

政府のやることには他にも無駄は多いのだが、
このまま政府負債が増大し続けると、国家転覆さえおきかねないくらいの、
膨大な赤字が成長しつつ有る現状で、毎年60億円の見返りのない投資、
伝統維持だけのための投資というのは、賛否評価が分かれて当然だろ。
でも皇室と言う公器のためには、国民意見を二分させるのは政策がよろしくないと、思う。
国民にそういう「無駄指摘」をされないように、皇室出費総額を抑えて、
そういう反対意見が国民から出ないように采配すべき。
10億以下なら伝統を守るのに相当な金額ではなかろうか?

俺は皇室存続派なんだが、実際経費はもっと削減すべきだと思う。
特に宮内庁は人多すぎ。今の半数でも機能維持できる。
皇室の人間(主役)は質素に暮らしているのに、それに仕えている連中(脇役)の
人数と給料高杉。

448 :名無しさん:2006/09/11(月) 04:50:38 ID:b+LVaGw3
>まぁあなた個人の価値観はそうかもしれんが大多数の日本人
は納得しないだろ。

皇室支持派もいい加減、こういうバカバカしい認識はやめて、
皇室の支持派と、無関心派は半数づつ近い現状を認めるべき。


449 :名無しさん:2006/09/11(月) 06:55:13 ID:j9yuy9qX ?2BP(0)
6日、学校から帰ってどきどきしながらニュー速を開いたら、
親王様ご誕生の報が数分で流れた。
思わずお母さんにメールを打ったら、同時にメールきたよw
未成年なのでお酒も飲めないから、甘酒飲みました。
ほんとうにおめでとうございました。

450 :名無しさん:2006/09/11(月) 09:16:20 ID:Xaqz6RZe
あんた単純だね。

451 :名無しさん:2006/09/11(月) 14:39:28 ID:GIWf43Zu
>>447
効率的にするべきとは思うが皇室費は一番チェックが
厳しい一般会計から捻出され取る。
日本は各省庁は自由に使える特別財源枠の方が大きくて
一般も含めると200兆を超えると言われとる。
先にやるべき事が沢山有るんだよ。

>>448
>皇室の支持派と、無関心派は半数づつ近い現状を認めるべき。

良く知らないとか関心が無い = 否定 じゃない。
Aと言う文化財を如何思いますか?
と聞かれて知ってる人、関心が無い人全てがその文化財
の価値を否定してる訳じゃないのは分かるよな?
つーかそのそも無関心派は半数づつと言うソース有るのか?

452 :451:2006/09/11(月) 14:42:31 ID:GIWf43Zu
「つーかそのそも」じゃなくて「つーかそもそも」ね

453 :名無しさん:2006/09/11(月) 14:42:38 ID:QA2/8CH3
天皇家の人たちの人権という観点から、宗教法人にして、
あとは信仰する人と、天皇家で自由にやってください。
このままでも自分には何の弊害もないのですがね。

454 :名無しさん:2006/09/11(月) 14:44:57 ID:GIWf43Zu
>>453
弊害無いならこのままでいいじゃんw

455 :名無しさん:2006/09/11(月) 15:19:35 ID:IlHglglk
>>446
既婚女板は嫉妬と捏造の宝庫


それと別に60億円ぐらいの税金なんて安いもんだろ
中型ジェット機が買えるかどうかぐらいの金額じゃん

456 :絶対愛子様が女帝になるべき!!!!!:2006/09/11(月) 19:21:46 ID:/+E4V7FV
何が小泉「皇室典範改正できず」だよ!
何のための【皇太子御一家】だよ!
何のために御産まれになった【敬宮愛子様】だよ!









次男は引っ込んでろ!
秋篠宮御一家なんて、【長男の次】、で、いいんだよ!




457 :名無しさん:2006/09/11(月) 21:41:09 ID:Qbj6IqK0
>456

こういう意見が国民の間で平気ででる今の皇室の現状をどう思う?
敬愛も尊敬もへったくれもない。
ただのタレントのファンと同じレベルだ。
それが「民主主義下の皇室だ」というのなら、そんなものやめてしまえ。
皇室は皇室として特別な存在であるべきで、
間違っても「皇后が夜中にラーメン!」なんて記事が
「女性なんたら」に載るような、そういう存在では、あってはならない。

「国民の友だち皇室」ならば、それはもう皇家ではないだろう。
記事には敬称は付くが、心の中では尊敬なんかしていないんだから。
449みたいのが国民の8割に達する、タイ王室みたいのが、
正しい王室の愛され方だろう。尊敬されない皇室はみじめだ。
だが国の文化が成熟して、国民の知的レベルが上がって、
王家の神秘性が否定されると、国民から尊敬を受けるのは
並大抵ではできないだろう。
英国王室は「みじめな存在」にならないために、
自己の尊厳を守るために、財産と経済的権力を手にした。
それも1つの手だ。ただの有名人、セレブ以上の特別な何かにはなっている。

日本はどうしたらかつての様な国民の尊厳、敬愛を受ける特別な存在に
戻れるのだろうか?
もう無理なんではなかろうか?
神道の力で本当に神風が吹かせられれば話は別なんだが。

458 :名無しさん:2006/09/11(月) 21:50:32 ID:Qbj6IqK0
>関心が無い人全てがその文化財の価値を否定してる訳じゃないのは分かるよな?

よく考えてみてくれ。国民が無関心なら、
その文化財を国費で守る価値は本当にあるのか?
そもそもそれは国の文化財として貴重な部類と言えるのか?

少なくとも文化財に無知な一般人ですら
「あれは国の貴重な宝ですよね」
という意見がでるようなものこそ、税金を「多額」投入する価値が
ある文化財であって、
美術鑑定家だけが価値を認めるようなものは、
「普通の維持費用」で十分だろ。
誰も知らない文化財に税金はたいて荘厳な展示館を作る必要は無い。

で、自分が言っているのは年60億円は妥当かどうかであって、
皇室否定じゃない。妥当な額にしておけば、
皇室反対論者の意見(費用がかかりすぎる)を言わせない事がきるので、
そのためにも、妥当な金額にするべきだ、という意見。

むろん他の政府の無駄と平行して同時に削減すべき。
皇室の無駄だけ指摘するのはここが皇室板だから。

459 :名無しさん:2006/09/11(月) 22:19:45 ID:GIWf43Zu
>>457
>こういう意見が国民の間で平気ででる今の皇室の現状をどう思う?
>敬愛も尊敬もへったくれもない

こういう極少数の過激な意見をピックアップして
世を愁うのはちょっと神経質すぎると思うがなー

>>458
>その文化財を国費で守る価値は本当にあるのか?
>そもそもそれは国の文化財として貴重な部類と言えるのか?

大多数の国民に意義が有れば社会問題になるだろうし
選挙の争点にもなるだろ。

あと日本の皇室費は他の皇室存置国に比べれば経済規模
の割にかなり小規模の部類に入ると思うぞ。

460 :名無しさん:2006/09/11(月) 23:45:24 ID:xGib5kTo
だいたい南北朝時代やそれ以前にも天皇家なんて断絶してるじゃん。しかし百済王朝の末裔だろ。こんなものに価値を感じる奴はそれこそ売国奴だよ。

461 :名無しさん:2006/09/12(火) 01:35:18 ID:m7S97j55
本当に貴重で尊い存在で皆が敬愛しているなら
そもそも皇室の方針に反論がでないので選挙の争点にはならんはずだ。
皇室のしきたり、方針に沿う事が、すなわち国民総意になるはず。
政治家や国民が決める事ではないはず。

他の王室で王位継承権を一般国民が議論するなんてあり得ない。
それじゃあ王室じゃないじゃん。
王室には王室の権威と自己裁量権があるはず。

そもそも王室の大事を王室が決められないで、
下々の国民が自由に自分の意見を貫くのでは、
王室の権威もへったくれも無い。
現代の王室に国家政治的「絶対」はないにしても、
王家の伝統やしきたりくらいは、王に絶対権利を持たせるべき。
一般国民に有無を言わさぬ権威がないと、それは王ではない。
国民の税金で養ってもらっている、情けない無駄飯食らいに、
なってしまう。

自分たちの皇室がいつのまにやらそんなに「身近で、気安い」
そのかわり「尊敬されない」存在になってしまっている事を、
憂わないほうが、どっかおかしくないか?
君の大事な「伝統」とは今度の選挙でどうにかなるようなものなのか?
それでいいのか?

462 :名無しさん:2006/09/12(火) 01:42:56 ID:m7S97j55
411>大金掛けてまで保存する必要無いよ、天皇制は。
 >
 >法隆寺は当然保存でしょ。

この感覚は自分もわかる。
法隆寺は悠久の時を超えて残ってきた貴重な国の宝の
ひとつと明確に断言できるが、
今の天皇制はそれほどのものかどうか、正直疑問だ。

ワイドショーや週刊誌で報道される皇室じたいに、
親しみこそ感じても、魅力や尊さ、高貴な思いを微塵も感じない。
皇室開かれ過ぎ、マスコミ不敬過ぎ。

天皇はもっと神秘的で良い。
今の様な皇室なら年間60億円の維持費に値しない。
皇室積極的支持派はもう少しがんばってマスコミをいさめて
天皇を神秘のベールに戻してほしい。

463 :名無しさん:2006/09/12(火) 03:28:39 ID:+7BUHCvj
皆はかなりのタカ派だね。アメリカ人の前で天皇を持ち上げるのはやめた方がいいよ。日本はまだ軍国主義だと思われるからね。

464 :名無しさん:2006/09/13(水) 02:29:26 ID:EFvKurfH
>>439
小和田雅子が浩宮と結婚する気マンマンだったソース

1986年10月   外交官試験合格。NHKに出演して全国に顔を売る。
1986年10月   写真週刊誌「FOCUS」で父娘2代の外交官誕生としてグラビアを飾る。           
        ※なお、同号にはなぜかトップに浩宮の記事も併せて掲載されている。
1986年10月   スペイン・エレナ王女歓迎の茶会に飛び入りで無理やり出席、浩宮と顔合わせ           
        ※出席予定名簿に名前は載っていなかったが急遽、手書きで書き加えて参加。
          (外務省の偉い人だった父親がそうさせた)
           「タイプ打ちされた、そのパーティーの出席者名簿に、
            手書きで 書き加えられていたのが、雅子さんであった」
                      (『小和田雅子さん素顔の29年』より)
1986年11月    日英協会のパーティに出席、浩宮と顔合わせ
1986年12月    東宮御所の年越しパーティーに出席、浩宮と顔合わせ
1987年 1月    再び日英協会のパーティーに出席、浩宮と顔合わせ
1987年 4月    外務省入省
1987年 4月    高円宮邸で浩宮と歓談
1987年10月24日 浩宮、学友(賀陽氏)と一緒に御所に雅子さんを招き夕食を共にする
1987年12月20日 雑誌記者たちに対する雅子の指差し恫喝事件勃発
1987年暮れ〜
    88年早々  この頃、昭和天皇、他皇族、宮内庁から水俣病やその他の理由で
            雅子さんはちょっと、と反対される
            富田宮内庁長官の説得により浩宮、一旦あきらめる→雅子、お后候補からはずれる

465 :名無しさん:2006/09/13(水) 02:32:17 ID:EFvKurfH
>>464の続き

1988年9月    雅子、英国・外務省からオックスフォード大学に留学
1989年1月    雅子との結婚に反対していた昭和天皇崩御
           (小和田がまた雅子と浩宮との結婚を画策し始める)

1989年9月   留学先の英国で日本のテレビ局の取材を受け、「私には関係ないと思っております」
         (お后候補からはずされた雅子、逆ギレ中。取材陣に吠えまくり、噛み付きまくり)

1990年6月    国費留学したオックスフォード大学から、外務省留学同期7人のうち、ただ1人修士を取れず帰国
    8月16日 東京・五番町の柳谷謙介・元外務次官宅で再会
            ※この再会劇は、外務省(=小和田の父)の肝いりによるもの。
    
     10月3日 外務省による隠密ワゴン車作戦(↓参照)
      
『6月のプリンセス』によると
 ・(日時は)天皇、皇后両陛下が山形国体の開会式出席などのため羽田をたった十月三日の昼前。
 ・皇太子を乗せた後部座席を黒いフィルムで目隠ししたあずき色のワゴン車を運転していたのは皇太子側近の職員。
 ・ワゴン車の後ろには山下和夫東宮侍従長のマイカー、ベージュの「カペラ」が続き、・・・二台の車は、新浜鴨場に到着した。
 ・そこで待ち受けていたのが、雅子だった。
 ・立ち会ったのは、元外務次官で国際協力事業団総裁の柳谷謙介氏や山下東宮侍従長などごく少数。
 ・皇太子が東宮御所内にいるような偽装工作もほどこしたから、侍従たちでさえ、この秘密作戦には気づいていないはずだ。

一度はあきらめていた皇太子と雅子を再会させ、皇太子の気持ちを焚きつけたのは小和田=雅子側。

雅子だって、本当に嫌だったのなら待ち合わせ場所に行かなければいいだけの話。
ノコノコ会いに行ってたのだからその気があるのは確か。


466 :名無しさん:2006/09/13(水) 02:38:13 ID:EFvKurfH
>>439
とにかく浩宮以外の皇室&宮内庁は雅子さんとの結婚には反対だった。
それなのに小和田に「娘を差し出せ」と圧力をかけるわけがない。

「無理やりだった」だの「圧力があった」だのは、小和田側が流した情報操作。

皇太子は雅子との再会を仕組んだ小和田側のハニートラップにかかってのぼせ上がった。
それで最終的に親(今上陛下)を押し切って結婚したんだよ。

467 :名無しさん:2006/09/13(水) 02:45:36 ID:EFvKurfH
>>446
宮内庁のHPで雅子さんの略歴を見ると、確かに東大は「中退」だし
オックスフォードは「ご留学」とだけ。
修士を取れていれば「ご修了」となる。

外務省からの派遣で、修士を取るために国費で留学させてもらった
同期7人のうち、修士が取れなかったのは雅子さんだけ。

468 :名無しさん:2006/09/13(水) 02:50:07 ID:EFvKurfH
宮内庁HPのアドレス。
http://www.kunaicho.go.jp/02/d02-04.html

トップページの ◆サイトマップ◆ をクリック
→少しスクロールして「皇太子同妃両殿下」の下の「ご略歴」

を見ると雅子さんの学歴が載ってる


469 :名無しさん:2006/09/13(水) 03:09:55 ID:EFvKurfH
その「中退」した東大だって受験突破して入ったわけじゃない。
試験が簡単な帰国子女枠。(英語と小論文、面接だけ)
しかも3年次に編入の「学士入学」。

そもそも本当に「優秀」なら、東大の大学院の方に行くのではないか。
もう「大学」は卒業してるのだから。
(父親のコネで入ったハーバード大学。「三菱枠」と呼ばれる客員講師枠の中の1人だった)

さすがにその能力は無かったからまた「大学」のほうの3年次に編入したのではないか、
との推測もできる。

470 :名無しさん:2006/09/13(水) 05:36:21 ID:SUO1yx3n
長々とご苦労さんだが、上の記載は嘘だね。

実際に皇太子が雅子さんを追いかけて、やたらと公務に雅子さん指名で通訳役に呼びつけて、
モーションかけていたのに、雅子側は「そういう事実はありません」
「そんなつもりはありません」の一点張りで、
「ああ、皇太子でも恋は自由じゃないんだなあ」
と同世代の独身男の同情を買っていた時代が3−4年ほどあったんだよ。
長すぎるほど。あの時の同時代を生きた人、特に男には記憶が強すぎるほどの
「ふられ皇太子」時代をTVや雑誌で見てきたわけよ。
だってあまりにもバレバレだったんだもの。皇太子の必死さが。
(その時代の記憶が無いってことは、お前はまだガキだな)

雅子の留学はマスコミと皇太子の攻撃から守るためのタイミングだった。
そのあと、急転直下で婚約成立で、
俺たちゃ「おいおい、いったいどうなったん?」とびっくりした訳よ。
そしたら数年前に失脚したはずの小和田父が大使も狙える要職に復帰したんよ。
だれでも「ああ、そういう手を使ったのか」ってわかるわけ。
そういう報道はさすがに出来なかったけど。
雅子さんには彼氏がいたって話もあったしね。
消されたとか、大金握らされたとか、噂はあったが、
実際もと彼氏は複数いたわな。すぐ報道から消えたからガセかどうかシランが。
本気で皇太子狙うなら、他の男とは付合うはずが無いじゃんか。

雅子が狙った説は、無理がありすぎよ。
当時の経緯を目の当たりに見てきた大人たちには。
まあ、彼女の経歴がそれほど大した事無い事は
(学士入学は当時は全入だったそうだし)、当時から若干報道されてた。
ものをしらねえっつのは、怖いねえ。これだけ見たら信じても仕方が無い。

471 :名無しさん:2006/09/13(水) 05:53:14 ID:SUO1yx3n
実際雅子さんが最初から結婚する気だったら、お妃候補の報道が
あった最初の頃に、即結婚していれば、まだ若くて子供を産む条件が
より良かったのにな。
雅子さんが6-7年近く拒否って、その挙げ句結婚そのものがかなり遅れた。
まあ最後に承諾した頃は、いい加減そろそろ結婚しないと嫁き遅れる
歳になってしまって、いよいよ雅子さんの方からアプローチしたの
かもしれんけど(女はかわるからな)。

少なくとも最初は雅子さんはかたくなに拒否っていた事は、
まあ隠し様が無い事実だろう。皇室は懸命に隠そうとしていたのに
結局バレてしまったものが、小和田家ごときに自由に報道操作
できるはずが無い。

あ、結婚の時もまだうだうだ言ってたよ、結婚じゃなくて外交官がしたいんだと。
それで皇太子が「皇室外交という外交が出来るから自分と結婚してくれ」
て口説いたのはかなり有名じゃん。あの有名な報道が根も葉もない嘘なら、
当時宮内庁が正式に否定してるはず。
当時はほのぼのエピソードだったが、今にして思うと雅子さんは超マジだったんだな。

472 :名無しさん:2006/09/13(水) 10:46:35 ID:71dTdRK8


雅子のことなんて、どうでもいいよ。

473 :名無しさん:2006/09/13(水) 22:27:05 ID:P2He3yKr
何が小泉「皇室典範改正できず」だよ!
何のための【皇太子御一家】だよ!
何のために御産まれになった【敬宮愛子様】だよ!









次男は引っ込んでろ!
秋篠宮御一家なんて、【長男の次】、で、いいんだよ!

474 :名無しさん:2006/09/16(土) 21:30:51 ID:OVwi93ix
こんな所にも…鬼女が…

475 :名無しさん:2006/09/16(土) 22:43:17 ID:EM0qZ9zF
雅子様の学歴って実はかなりうさん臭くね?
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/joke/1138512132/


学習院大・紀子様 >∞> 東大・雅子様
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/joke/1157736071/


紀子さま vs 雅子さま 五
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/wom/1157137113/


476 :名無しさん:2006/09/16(土) 22:49:14 ID:9EKBqLiE
層化のやつはみんな女帝とか叫んでるからきもい
壽屋に通いつめる真の日本人の俺は、層化も女帝もいらない

477 :名無しさん:2006/09/17(日) 00:16:28 ID:DL1G5CPK
>>470
火消し乙。


478 :名無しさん:2006/09/17(日) 01:26:09 ID:uFv3S3dC
「マスコミが必死で騒がないかぎり人々の話題にも上らない」問題の一つが皇室問題だと思います。

479 :名無しさん:2006/09/17(日) 01:41:48 ID:xurkpDEu
・・・・ただ消え去るのみ。

480 :名無しさん:2006/09/17(日) 06:42:20 ID:DtzDxblu
>>487
まさにその通り。皇室に対して特別に反感もないが、特別に
興味もなし。まあイベントがあった時なんかに、「あっそう、
天皇ってまだ元気なんだ。いいじゃないの」程度の反応しか
なし。

481 :名無しさん:2006/09/17(日) 11:33:58 ID:AHzS+rdq
日本にいる東宮アンチがここにまで来てる。EFvKurfHの
レスがそれ。

こいつがアメリカに本当にいるなら、ハーバードにコネで入れるわけないことは
知ってるはず。ニューイングランドに住んでる 歴史的な一族なら大枚はたいて
裏口入学させるかもしれないけど、並の家庭の娘息子がコネで入れるわけないのが
ハーバード。ちょっとアメリカに住んで普通に生活したり、大学経験すれば 知れた話。

ところで、私は今生は腑抜けだと思う。昭和天皇のようなカリスマも感じない。
私たちが育った頃の皇室とは 質的に 違ってきてるんではないでしょうか?



482 :名無しさん:2006/09/17(日) 11:40:36 ID:AHzS+rdq
EFvKurfH=475 ご苦労さんだね。


483 :名無しさん:2006/09/17(日) 23:16:05 ID:YOvsQtri
東宮ってなに?

ちなみにハーバードはコネと言うか、出身者の子弟枠や、
寄付金枠も裏ではなくてれっきとした正規入学です。
例えばアラブの王族の子弟連中は「王家メンバーが試験で選別される不名誉」を嫌って、
成績長優秀子弟でも必ず寄付で入学するので有名。
中東オイル産国からの寄付金入学生だけで60名近くいる、
ハーバードの資金源のひとつでもある。
米国内からも大物政治家や資産家の子弟が寄付金を積んで入学している。

484 :名無しさん:2006/09/17(日) 23:17:04 ID:YOvsQtri
ただ雅子さんはちがうだろうけど。
日本の外務省の留学枠でしょう。まあコネって言えばコネだけど。

485 :名無しさん:2006/09/17(日) 23:20:47 ID:YOvsQtri
日本政府の省庁からのアメリカ優秀大学留学は、国際交流の「お客様」として別枠入学です。
最も皆優秀で入学後も問題ない人しかこの枠には入れませんが。
大学側だって将来の日本政府高級官僚とコネをつくっておきたいのです。

486 :名無しさん:2006/09/18(月) 00:58:48 ID:+T0DE/Jo
雅子妃は留学ではありませんよ。

487 :名無しさん:2006/09/18(月) 05:35:42 ID:CBGO8cTr
おい、アンチのスレッド見てきたんだけど、
雅子さんてハーバードで学士とってんのな。
それだけですごいじゃんか。
修士無くてもすごいぞ!

488 :名無しさん:2006/09/19(火) 16:39:49 ID:c+07UC/P
>>438
へっ?意味不明?
何捏造してんだ?
馬鹿ウヨと出している所を見ると438は馬鹿サヨか?w



日本皇室とイギリス王室の違い。
敗戦直後の昭和21年の天皇家の財産は、土地がおよそ1万3400平方キロ(大体長野県位ですね)あり、
殆どが山林(御料林)でした。
それから、この当時は山に生えている木が売れますから、これも収入を支えることになります。
又、株などの有価証券、美術品、現金、などさまざま引っくるめて、当時37億円あったようです。
#但し、宮内庁職員や、学習院や帝室博物館の運営、勲章の授与などの栄典などの現在国などが行っている業務も
この資産の運用益で賄われていました。
これらは「神聖不可侵」の皇室に対して国会などが介入することを防ぐための措置です。

ところが、敗戦後に、「財産税」ということで、33億円が納税されます。
そのほかにも払いさげなどで1500万円ぐらいにまで目減りしたようです。
これではやっていけない、ということと、公的な性格を持つ皇室の経済は国会を通すべき、
という考えから、現在のように国家予算で皇室経済を賄うようになりました。

「天皇家の財布」  
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106100185/qid%3D1140984690/249-8261744-3644357 

489 :名無しさん:2006/09/19(火) 16:42:48 ID:c+07UC/P
一方、英王室の方ですが

チャールズ英皇太子の年収は1,304万5,000ポンド(約25億4,000万円)。
30日に皇太子家が初公開した資料で英王室の華麗な「台所事情」が明らかになった。
26ページに上る資料によると、収入のうち994万3,000ポンドは、
1377年以来皇太子が領主を務めることになっているコーンワル公領からの収入。
この収入の運用で、株から債券などに乗り換えるという投資戦略の成功を背景に前年度を約27%上回った。
国からの補助は約300万ポンドだった。

注目すべきは収入の柱である「コーンウォール領」からの収入です。
英皇太子は職務として皇太子につくと、「コーンウォール公爵」に自動的になります。
#同様にプリンス・オブ・ウェールズ(ウェールズ大公)、ロスシー公のタイトルも得ます。

で、この「コーンウォール公」というポストには現在の所これだけにしかない特典、
即ち領地がついてくるのです。
領地ならば、当然”年貢”を取りたてることができるのです。

#あと、発掘された遺物の所有権を得たり、海岸で取れたチョウザメの献上を受ける権利なんて物もあります。
後者の権利は近年、自然保護のために、密漁者を取り締まるための法令として活用された例があります。

これらはポストについてくる収入で、個人の所有物ではないので、相続税というものはかかってこないのだと思われます
(例えば、市長が変わっても、市の課税権は次の市長に引き継がれますよね。似たような物だと思ってください。

http://www.u-net.city.nagoya.jp/international/business/03_%207.html 

490 :名無しさん:2006/09/19(火) 16:51:50 ID:c+07UC/P
つまり違いは

1)皇室・王室の基礎財産の違い。
特に皇室は戦後納税のために財産を失った。
また、英王室は領地を依然として持っているので、相続税がかからない。

2)王室に対する考え方の違い。
日本の場合は、敗戦後に、皇室自体も国会でコントロールすべきと考えて、
その様な法制となったが、英国の場合はそう言った過程がなかった。



つまり、
日本皇室は敗戦により財産が国のものになっているから皇室費は国家財政から支出することになったのです。

イギリス王室は領地を沢山持っていて、そこから収入が有り運営出来る。
領地自体も国王や皇太子の地位に付属していますので相続税で目減りしたりしないので安定した収入がある。

491 :名無しさん:2006/09/25(月) 14:14:51 ID:hp76Bkup


【皇室】マジェステック12【生き甲斐】
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/ms/1159113238/


http://aa5.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1159100977/l50



492 :名無しさん:2006/12/01(金) 11:36:05 ID:RmQWmeUP
「東宮」も知らんで海外生活か・・。

208 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)