2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

サルでも分かる親鸞会

1 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 13:18:42 ID:EXuTbF7i
このスレは、だいたい親鸞会の反社会的行為・内部問題について語りあうスレです。
会員の人もそうじゃない人も、 良識あるレスを心がけましょう!


      ∩ ∧_∧ ∩バ-ン…
       \(*゚ー゚)/__
      / |  / ./\      けんかしないでね、厨房のみなさま
    /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\/   
      |_____|/
      ,,,,,,,,,

■ルール
・荒らしは原則「禁止」&「放置」です。
・一般会員の個人名を出さないようにね。伏せ字でも。
・人を罵ったりする人は来ないで下さい。
・AAはひかえめに。

最近とても思考停止としか思えない荒らし行為をする人がいます。
一般常識を守って、みんなが見て気持ちの良いレスを心がけましょう(^^)/

■親鸞会スレッド暫定まとめページ
http://light.kakiko.com/skaimatome/

2 :参考資料:2005/11/24(木) 13:20:55 ID:EXuTbF7i
会員粛清規定第3条(2)組織破壊行為
 
(1) 支部長の指示に従わない。
(2) 講師部を批判する。
(3) 本会の機密を漏洩する。
(4) 本会の和を乱す。
(5) 本会の指示に対する批判的言動。
(本会の指示、方針、通達、活動目標等を批判する)


3 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 13:23:42 ID:pX+HR3nF
>2chを擁護したって、どうにもならんよ。

>匿名であることをいいことに、個人情報を垂れ流し。
>会社や公人に関係する個人情報は削除されないという勝手な基準を逆手にとって、個人に対す>る執拗な誹謗中傷はほったらかしで残されたまま。
>真偽の分からない無責任ななりすまし書き込み。援助交際や集団自殺の助長。
>そして犯罪予告、ついにはP2P開発者が逮捕される始末。
>当の管理人は、裁判で負けても賠償する気は全く無し。

これが現実。

4 :親鸞聖人の言葉?:2005/11/24(木) 13:27:25 ID:pX+HR3nF
397 :名無しさん@3周年:2005/07/08(金) 21:34:31 ID:A4JkR8az
>大体、覚・不覚を論ぜずという親鸞聖人のお言葉になにがしかの反論がなされているでしょうか。
>恐らく会長は自分の味わった神秘体験を誠の信心と思いこんでいるようで、
>その揺るぎない思いこみが会員をその気にさせているのでしょうが。

ほほう、「覚・不覚を論ぜず」は、親鸞聖人のお言葉、だとおっしゃる。
この発言に同調したアンチが、

>417 :名無しさん@3周年:2005/07/08(金) 23:42:34 ID:V82rZloa
>>大体、覚・不覚を論ぜずという親鸞聖人のお言葉になにがしかの反論が
>なされているでしょうか。
>まったく同感。
>会員は後者の質問に答えてみ。 どうせ誰も答えられんだろ。

と、けしかける。
まあ待て、「覚・不覚を論ぜず」は、本当に親鸞聖人のお言葉なのか?
そう問えば、

>446 :名無しさん@3周年:2005/07/09(土) 11:32:35 ID:ee9z0oM1
>御裁断御書です。
>親鸞会の教学は高森会長の信仰にとって、都合の良いところしか教えませんから、
>ご存じないのも仕方がないかとは思いますが。

おいおい、
「御裁断御書」って、江戸時代の三業惑乱騒動の時に、本願寺法主の本如が書いたものだよ。
「親鸞会の教学は都合の良いところしか教えません」と言いいながら、自分の都合の良い言葉を、勝手に「親鸞聖人の言葉」にしているのは、誰だろうね。

釣られた人も、醜態を晒した訳です。



5 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 13:28:14 ID:pX+HR3nF
情報操作にはまらないため、あるいははまりかけたときに
脱け出すためのアドヴァイスを記します。

1. 匿名の掲示板で、四六時中ある特定の宗教団体への非難を、ねちっこく
そこら中に貼り付ける人がいたら要注意です。正常な人間でかつ非難する
根拠があれば、名前を隠して非難はしません。

2. おかしいと思ったらはっきり無視すること。避難者者は、人間的にも社会的にも
どうしょうもない人物である場合がほとんどです。 しかし捏造情報に流されて事柄
の本質を見ないでいると、本当にすばらしいものを見失ってしまいます。

3. 「自分たちの言うことだけ心理である。親鸞会の人たちはみんなマインドコントロ
ールされており、彼らの話はみんな嘘である。」 などと言われたら、 それが悪意
のある情報操作の始まりです。情報操作を拒絶する一番よい手段が、2ちゃんねる
などの匿名掲示板での発言がいかに、無責任なものかを知ることです。



6 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 13:50:32 ID:pX+HR3nF
南京事件について皆さんご存じでしょうか。旧日本軍が南京で殺戮、強姦、放火、
略奪など悪虐非道の限りを尽くし30万人の中国人を虐殺した、という説です。本多
勝一『中国の旅』(朝日新聞社、1972年)、笠原十九司『南京事件』(岩波新書、
1997年)、アイリス・チャン『ザ・レイプ・オブ・南京』(ペンギン・ブックス、
1997年)などによって取り上げられ、現在では教科書にも載り史実としてほぼ定着
するに至りました。

ところが以前から南京事件の真偽には強い懐疑があり、特に最近、亜細亜大学教授
の東中野修道氏が、南京事件の「証拠写真」と言われる写真について丁寧な検証を
行い、証拠として通用する写真は一枚もなかったと主張。その大部分が当時の国民
党宣伝部のでっち上げや合成写真であることを明らかにしました。

以前から写真のみならず、南京事件の証言や証拠とされるものについても、信憑性
について疑問とされる点が多くありました。今では虐殺があったことを肯定する論
者はメディアにも殆ど登場せず、その主張の綻びが顕著になっています。

それがなぜ教科書にも記載され、中国に虐殺記念館ができ、世界遺産への登録申請
までされるようになってしまったのでしょうか。それはとりもなおさず「ウソも百
回言えば真実になる」という人間の心理を巧みに利用したと言えるのではないでし
ょうか。

7 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 13:51:01 ID:pX+HR3nF
こうした一連の発言にも「名無しさん」である彼らには責任感のかけらもありません。
そして普通の人が仕事や勉強をしているはずの時間に、彼ら「アンチ」は今日もひ
どく偏った中傷文のコピペを繰り返しているのでしょう。

私は親鸞学徒としてより、同じ人間として、彼らに深い哀れみの情を感じます。

誰しも人間として過去の自分を後悔したり、やるせない感情やえもいわれぬ苦悩に
沈むことはあるでしょう。普通の人間はそれを自分自身の心の葛藤によって乗り越
えようとします。しかしそれができず匿名掲示板に悪口を書き込むことによってし
か、解決の方法を持たない人もいるのです。

もう一度、仏法を聞いて、かけがえのない人間性を取り戻してもらいたいと切に念
じています。



8 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 13:58:39 ID:pX+HR3nF
メディアの見た親鸞会 〈書籍や新聞記事などがとらえた姿〉
http://nagoya.cool.ne.jp/ls-sg7/
 岩波講座 日本通史 第21巻 (岩波書店 平成7年初版発行)
  宗教意識の現在 3.「土着型」新教団の台頭 真宗「原理主義」の挑戦
  http://nagoya.cool.ne.jp/ls-sg7/nihontushi.htm
 真宗王国と新宗教「蓮如さん今を歩む」 (北国新聞社 平成8年初版発行)
  第一部 世は乱れ法もなく−法話に集まる若者たち
  http://nagoya.cool.ne.jp/ls-sg7/shinshuokoku.htm
 富山新聞 平成9年10月28日号 掲載記事
  「神よ仏よ」 信仰厚き北陸路を行く
  http://nagoya.cool.ne.jp/ls-sg7/shinkouatsuki.htm
 RENNYO THE SECOND FOUNDER OF SHIN BUDDHISM
  (Asian Humanities Press, 1991)
  http://nagoya.cool.ne.jp/ls-sg7/rennyo.htm



9 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 15:06:54 ID:heaOGcxI

ホント、2chって社会にとって害毒でしかないよな
2chに浸ってばかりのアンチが哀れで仕方がないよ


10 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 15:57:56 ID:KJDTD67T
>>9

W部さん、今日はなにか嫌なことがあったんですか?
日々是吉日ですぜ!

11 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 16:29:45 ID:pX+HR3nF
匿名の掲示板において大事なのは、情報の取捨選択です。
たとえば2ちゃんねるのスレッドにおいても、ある特定の宗教団体をことさらに「カルト」と言う一握りの人たちがいます。
しかしその内実をみると、
立証不可能な自分の体験談や、単なる印象を根拠として、カルトと断じている事が分かります。
なおかつ、自分は客観的な立場に立っているようなふりをして、内容をみると明らかにある特定団体に悪い印象を与えようと言う、
明確な意志を感じるものもあります。

しかしその団体について詳細に調べてみると、創立以来半世紀近い歴史の中で、
犯罪や訴訟とも縁がなく、他の「カルト」と言われる団体にみられるような被害者団体の存在や、
それによる集団訴訟なども皆無であり、
本部のある所に行くと、意外と地域住民からも信頼を得ている事実をみて、驚くことがあります。

また、「敗残者と罵られた」「脅迫に近い嫌がらせを受けた」などという「被害者の体験談」なるものも、
「そんな事実はなかった」といった証言も併せてなされている事が分かりますし、
そうした発言が「ネット工作員」の手によって組織的に行われているかのような印象を持たせようと、
情報操作していることにも気づくでしょう。

自分の証言に自信があるのならば、匿名の掲示板など使わないでしょう。
犯罪という確かな事実があるのなら、訴訟をするでしょう。
事実従来の「カルト」と呼ばれる団体の殆どが受けている、そうした訴訟も、この団体は受けていません。

このスレにお越しの方は情報の信憑性を確かめながらご覧下さい。
怪しいと少しでも思った場合、発言者に質問してみることをお勧めします。
常に一歩距離をおいて情報の取捨選択を行ってください。
もちろん、このレス自体にも距離をおいてで結構です。

http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/

12 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 16:30:43 ID:pX+HR3nF
2ちゃんねるは投稿者本人が自分の発言を削除できず、削除依頼は公開掲示板でなければ受け付けてもらえません。
この削除依頼公開によって被害は拡大するのです。
誤って個人情報を書き込んでしまった人が削除依頼によって増幅した攻撃を受け(数千にも及ぶ書き込み)、退職に追い込まれている事実もあります。
また会社、公人に関係する個人情報は原則削除しないという基準があり、事例では教師経験のある人への執拗な誹謗中傷が削除されないという被害を生んでいるのです。
一方、なりすましによる書き込みは真偽を確認しないまま放置されています。
削除依頼者のIPは公開されるのに削除対象投稿者のそれは公開されないなどの矛盾もあります。
ネットで知り合って集団自殺する事件に関連する通報があり、発信元を調べようとした県警がプロバイダーから令状を要求され、事件捜査ではないため令状が取れず調査できなかったこともあります。

http://www.nurs.or.jp/%7Eracoon/

13 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 17:30:11 ID:oNCSD+kZ
>>10
気持ちを察してやれよ。
ネット対策の一環として、以下のサイトに削除要請したが、
現時点では失敗してるようだから無理もないだろ。
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

削除できなかった以上、ネット対策の責任者としては
2chに投稿を続けて、努力していることを示すしかない。
でないと責任問題でコウセン部長の更迭もありえる。

14 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 17:43:11 ID:2t1ZMcpU
        ,.,,..::;;:::;;;::,.、,
      ,:r'^       `ヽ
     /::          :::\
    ./::: ,,,-;;;;;;...,.....,...;;-;;;;...,.::::::i     ヽ人人人/
    i;;/'|i<_O_ヽ二( <O`゙iヽ;::::!    ノ  布  ゝ
    l;′ヽ二/⌒ミ、二ニノ ヽ::l    ヽ   団   (
   _,,l;    / ^` ^´ヾ、    :::l、   丿  運   (_
  i │  / ,r――-、 i    i" )  ̄ヽ  び   (_
  ゝ .l   l i.j" ̄ ̄`jl l   l゙ ;/   )   始   (
   `''';   l |.l-='''''=‐/    ,r''''"   丿   め   ゝ
    ヽ  ヽ,`'-―-" /  ,/l      ヽ   |   (
     ヽ ゝ   ̄  /   .|       ) !!  (
     ,r| ヽ、ヽ::,,;;::: ゙,/  l,,     /⌒Y⌒Y⌒ヽ
  _,,,,/ ヽ,  `''-;;;;;;-'"   丿l
''"" /   ヽ i:   ;: _/  ヽー、、
   l     \   i/     l  `'''
   l_,,,=--‐''"゙゙;r-<゙,,,,,,,    /
         |O   ""゙''''″
         |
         |


15 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 17:47:06 ID:e3UmPEpB
教えと団体は違うものだと理解すべきですね。

16 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 17:57:21 ID:oNCSD+kZ
>>11
顕正新聞で「敗残者」と書き立てていたのは何だったんだ。
この頃からすでにネット対策には苦心していたが、
ただこの記事は逆効果だったと思う。
彼自身の女性問題も取り沙汰されていたので、
同情の余地はあるが、もっと内容を考慮するべきだった。


17 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 18:19:32 ID:pX+HR3nF
宗教以外のカルト(マルチ、アム○ェイ、政治結社など)は、容易に騙されたことに
気付き、社会常識のなかに復帰することはさほど難しくない。

しかし、2ちゃんねるを含む匿名掲示板によるマインドコントロールは、騙されたことに気付くことが
出来ないことが多く、 被害者であったものがいつのまにか加害者に変貌し、
その巧妙な方法によって、人格もしばしば不可逆的に凶悪なものに変容される。

その理由は、根拠のない捏造(たとえばネット工作員の存在など)の実在を信じこまされ、
現実からまったく遊離してしまった、証明不能の偏った体験談を築き上げて
しまうからである。 彼らにとって、親鸞会に入っている人間こそ憐れむべき人間、
あるいはごく一般的な社会生活を営む会員をも思考停止・カルト・加害者にみなすようであり、
奇しくも 統一教会が親をサタンとみなして敵視するのと酷似している。

アンチは、善意と聖なる使命感をもって中傷・誹謗行動し、自らの行為の反社会性・
反人間性の認識は全くない。
ただし、こういう匿名掲示板に来ると、その反社会性・ 反人間性がしばしば
表出するのが非常に興味深いのであるが・・・。

だからこそ、こういう掲示板における病人たる彼らの啓蒙が大切なのである。

http://homepage2.nifty.com/shinran/

18 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 18:20:38 ID:pX+HR3nF
親鸞会の発足である1950年代は、いわゆる“神々のラッシュアワー”、第二次宗
教ブームの時期にあたります。

 しかし注意しておきたいことは、親鸞会では宗祖はあくまでも親鸞上人だとし
ていることです。
 会員さんから「現代の善知識」と尊敬されている会長も「親鸞学徒」を自称し、
「珍しき法」(自分で考えた新しい教え)は何一つ説かないとしています。

 このことから親鸞会は新宗教・新新宗教と呼ばれることを好みません。
 親鸞上人の教えの原点に立脚し、親鸞上人の教えを正確に、迅速に、一人でも
多くの人に伝えるための団体、と自己を位置づけています。あくまでも伝統仏教
の中の革新運動とする立場のわけです。

 また、親鸞会の特徴として注目されるのは若者が多いことです。本願寺をはじ
めとする既成の仏教が若者にそっぽを向かれているのとは対照的です。

 しかし若者たちが集まるのは、オウム真理教のような超能力やオカルトを求め
てのことではありません。
 親鸞会自身が行った参詣した若者が「どんな教えに心ひかれたのか」というア
ンケート結果を見ても、「諸行無常」「因果の道理」などがトップに挙げられて
います(『顕正新聞』第533号 平成8年4月15日)。

19 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 18:22:26 ID:pX+HR3nF
Q 親鸞会って何か新しい教えを説いているんですか?
A 「親鸞聖人の教えを徹底する」これ以外に親鸞会の存在意義はありません。
「更に親鸞珍らしき法をも弘めず、如来の教法をわれも信じ人にも教え聞かしむるばかりなり」
の言葉の通り、親鸞聖人の教え一つ明らかにしています。
 人は何のために生まれ、何のために生きているのか、なぜ苦しくとも自殺してはならぬのか。
 すべての人のいちばん知りたい「人生の目的」を明らかに教えられた方が、親鸞聖人です。聖人の教えを聞けば、生きる目的がハッキリ知らされます。
 親鸞聖人の教えにより、人生の目的を知り、達成して、「人間に生まれてよかった」という生命の歓喜を頂いてほしいと思います。

 http://homepage1.nifty.com/jinsaku/shinrankai/faq.html

20 :参考サイト:2005/11/24(木) 18:40:09 ID:dJvFclZj
これも

本当に勝ったのか
http://shinrankai.jugem.jp/

続・なぜやめたのか
http://nazeyameta.shinrankai.makibishi.jp/

本尊論再考
http://blog.duogate.jp/shinrankai/

21 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 19:03:59 ID:fvmoGdha
>>13>>20は普通に削除対象だろ?
最初に公開されたサイトからは消滅してるんだし、
放っておいたら閉鎖されるのも時間の問題だと思うよ。

22 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 19:08:35 ID:CxFunG1H
(゚Д゚)ハァ?

23 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 19:33:07 ID:2t1ZMcpU
w部さんって、一年生に「ジャーナリスト」って紹介される人?

24 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 19:38:37 ID:pX+HR3nF
>私もあるスレッドで長いこと中傷され続けているものです。
>発端になったのは、以前私が持っていたHPで、そこに書かれていることが気に入らない人間たちとトラブルになり、私はHPを閉鎖しました。
>以後、ずっと2ちゃんで叩かれています。
>私は、痛くて、気が狂っていて、粘着でどうしようもない人間ということになって、様々な中傷を受けています。
>私とトラブルを起こした人たちが2ちゃんで叩かれるとすべて私が書き込んでいる、ということになります。
>また私に成りすまして空き放題書いている人も居ます。
>しかし、法律で取り締まれる対象のギリギリのところで上手に書いています。
>すべていやがらせです。
>すでに不眠症・神経症になり、平常な日常生活が送れない状態です。
>しかし誰にも助けてもらえず、結局我慢する・泣き寝入りするしかないのが現状です。

大変だね。

25 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 19:41:27 ID:oNCSD+kZ
>>21
ネット対策責任者(コウセン部長)に
プレッシャーをかけるようなことを
言うなよ。

26 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 19:53:45 ID:CxFunG1H
前スレとぜんぜん雰囲気ちがうからびっくりしちまった

27 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 19:57:43 ID:pX+HR3nF
> つい先程ある2chの掲示板で、フリーターに関するスレッドがありました。
> そこではフリーターは社会のゴミだ等の中傷発言があり、
> 将来フリーターになろうかとひそかに考えていた私は、反論を書いたんです。
> そしたら人間のクズだの、ゴミ虫だの、廃残者だのと徹底的に中傷されました。
> 何故彼らはこれほどまでに人を傷つけようとするのでしょうか。
> フリーターになろうが無職だろうがホームレスだろうがそんなのは人の勝手です。
> それに就職したくてもできずにフリーターにならざるを得なかった人だっているのに、それほどまでに中傷するのは本当に理解に苦しみます。

大変だね、それ。

28 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 20:03:12 ID:oNCSD+kZ
>>21
今、コウセン部長の指示の下、対抗サイトを作成中だろ。
しばらく待ってあげよう。
完成したら2chでお知らせがあるはずだ。

>>23
親鸞会専属だけどね。それがわかるのは後のこと。

29 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 20:17:36 ID:/mX8lP/s
親鸞会のHPにBBSを用意すべきだと思いますね。会に対しての批判も掲載
すべきだと思います・綺麗事ばかりだと逆に信用できないですから
そいゆうのも大事だと思います。退会する人が全て2ちゃんねるとかのせいだというの
は心外です。

30 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 23:00:15 ID:ESee9pFu
>>29
そんなことしてもアンチに荒らされるのがオチだろうよ。


31 :名無しさん@3周年:2005/11/24(木) 23:10:44 ID:x8ygTfb7
>>30
いや、目的のためならどんな汚い手段も許されるような団体のつくった
BBSには恐くて誰も行けない。
信用ができなくなるんじゃなくて、もう信用がないんです。
情報統制がかけられたBBSにはアンチはわざわざ書き込まんだろうな。

32 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 08:48:29 ID:rouKOsSk
やはりこれでお金をもらってる人とは違うんですよ

33 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 16:31:53 ID:fnsQBoYM
>1月14日、はじめて会長先生のお宅を訪れたときのことであります。ジョーという
>先生ご自慢の素晴らしい犬が喜び勇んで雪をかきわけて走ってきました。
>まだ未成犬というのに、立った姿は僕よりも大きく見え、それはたくましい
>犬でありました。
>会長先生が一命されるとジョーはピタリとその命に従い、「ジョー!!、待て」
>と一声命令されるとその場で待つ。
>「ジョー!!はうす」と命令されるとジョーは自分の家へと去っていく。
>会長先生の命令なら忠実に従う。
>僕はその時、本当に情けないと思った。

人間ここまで自虐的になりたくないね。

34 :これ、どうなったの?謝罪あった?:2005/11/25(金) 16:42:12 ID:RDM2kfXM
736 名前:昔の名前で出ています[] 投稿日:2005/11/24(木) 08:22:12 ID:U8QGbCdN
雑行ははっきりさせておきたいので。

>>660
>法蔵館の辞書に五雑行が載っているなんて嘘を平気でつくのにはあきれた。

これ書いたひと謝罪してもらえますか。
法蔵館の河野雲山の真宗辞典P262に五雑行出ています。

あと本派で有名な学者では興隆が本典徴決に「五雑行」という言葉を
使っています。



35 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 17:27:30 ID:1Q92KXsQ
親鸞会って変なところを気にするよね 教学講義の時にペンの音がうるさいだとか
畳に傷がつくとか もっと大事なところがあるのに


36 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 18:16:07 ID:U3beU8vh
あれ、シンパの自演じゃなかったの

37 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 18:32:10 ID:csSh1678
>1月14日、はじめて会長先生のお宅を訪れたときのことであります。ジョーという
>先生ご自慢の素晴らしい犬が喜び勇んで雪をかきわけて走ってきました。
>まだ未成犬というのに、立った姿は僕よりも大きく見え、それはたくましい
>犬でありました。
>会長先生が一命されるとジョーはピタリとその命に従い、「ジョー!!、待て」
>と一声命令されるとその場で待つ。
>「ジョー!!はうす」と命令されるとジョーは自分の家へと去っていく。
>会長先生の命令なら忠実に従う。
>僕はその時、本当に情けないと思った。

人間ここまで自虐的になりたくないね。



38 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 19:52:14 ID:E9zeADtD
サークルははじめ、人生について語りあうサークルだったはずで、
当然、参加者は人生について公平な態度で議論することがのぞまれるべきなわけだ。
しかし、実際はちがって、参加者は、真宗の教義だけでなく、
仏教全体、また宗教全体、あるいは人間の思想や人生哲学について
論じる場合にも、親鸞聖人の言葉だけを絶対としなくちゃいけない。
つーか、より正確にはs会の教義を絶対としなくちゃいけない。

s会で感じる違和感のひとつは、これだと思います。
はじめにしめす未来図と、
あとでわかる現実がちがいすぎるんです。
ほぼ詐欺ということです。

39 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 21:02:11 ID:wm04zzhA
親鸞会は本当に本願寺に勝ったのか
http://shinrankai.jugem.jp/

過去世に仏縁薄き者、宿善浅きものは、現世に於て宿善は求められねばならない。でなければ、宿善開発の時節到来ということはあり得ない。
【高森顕徹著 白道燃ゆ】

宿善というものも待っていて来るものではなく、努力精進して求めてゆくものである。かかる人にこそ宿善到来ということがあるのである。
【高森顕徹著 会報3集】

結局この根拠はないんでしょうか。
根拠がないから高森先生は本願寺の主張をあえて言い換えられて記されたのでしょうか?

40 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 21:11:38 ID:RJMorbh9
>どうかみなさん、御恩報謝のお念仏を称えられる身にならせて頂きましょう。
>それには真剣な聞法が肝要です。必ず必ず美しき真の信心が頂けます。
>私のような泥泥の泥田の心の中にも美しく咲いた阿弥陀さまからの御信心。
>何と美しいことでしょう。何と喜ばしいことでしょう。
>有り難うございました、阿弥陀さま有り難うございました。親鸞さま有り難うございました。
>善知識高僧方のご苦労なかりせば、真の信心を頂くことなどできませんでした。
http://yellow.ribbon.to/%7Edaihi/

41 :昔の名前で出ています:2005/11/25(金) 21:29:03 ID:zKySWHTr
こっちに書いておきます。
>>854
>五修雑行を禁ずるという君の観点から言えば、助正間雑はどうなるん?
これも禁止せなあかんことにならんの?

「雑行を捨てよ」と言われているのは何を捨てよと言われているのか
わからないと永久にわからないでしょうね。
五雑行は行為の対象自体が間違っているので行為が禁止されるんですが
助正は行為自体は正しいのですから禁止されません。

外道に参るのも禁止しないというのは後生の一大事もなんにもないんでしょうか?
本願寺さんは。



42 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 21:49:53 ID:RJMorbh9
>私の友人が誹謗中傷の被害にあっています。
>その人専用のスレッドを作成し怨恨をもった人間が一人で自作自演でその人のプライベートや家族の問題、ありがちな卑猥な内容実名で1年以上掲載し続けています。
> 管理者に抗議を入れているようですが、未だスレッドは存在します。
>サイト上でしか連絡のとれない方式でネットに詳しくない私などは指をくわえてみているしかありません。
>もしできるなら、そのサーバーとやらをハンマーで叩きつぶしたい気持ちです。
>良い物もあると言いますが、500万人の人間はいったいなにを考えているのでしょうか。
> 彼らは正しい経路で情報を入手する能力も人脈も判断力もなく、他人の主観的な感想や意見を聞きあさりものごとを判断したつもりでいるのでしょうか?

まあ、もちつけ。

43 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 21:58:57 ID:z3kwdOZY
親鸞会では正信偈の意味を聞けて本当に嬉しく思います。今まで寺に
行っても、「そんなことは知らなくてもいい」とか、「忙しいから
又今度にしてくれ」などと、まともに答えてもらったことはありません
でした。今から思えば、答えられなかったのだと思います。

44 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 22:00:08 ID:z3kwdOZY
恐らく私のように正信偈の意味を知りたがっている人はまだたくさんあると
思います。

45 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 22:00:52 ID:z3kwdOZY
ここまで詳しく教えて頂き驚きです。

46 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 22:24:04 ID:uW95aryQ
阿弥陀如来の誓願を伝えて下された方々に感謝いたします。


47 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 23:01:29 ID:z3kwdOZY
実際に寺の住職でも親鸞聖人の教えを知りたくて親鸞会に聞きに来ている
人も結構あるそうですね。

48 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 23:07:07 ID:vNiFlENj
>>47
きっとあの説法じゃがっかりして帰ったろうね

49 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 23:14:44 ID:ERu6irgT
すまんが、今日は疲れているので一点だけに絞らせてもらうよ。
残りは明日ね。

>いえ、自然科学に詳しい、ハワイに住んでおられたこともある「ジャーナリスト」の方だと思います。
君は、俺のことをこういう人だと本気で信じているということだな?

50 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 23:25:32 ID:RJMorbh9
> 恐らく悪いとは思っていないでしょうね・・・。
>私は1度彼らと全く同じレベルで対抗して自分達の間違いを気づかせようとしたのですが、
>やはり彼らは自分達が間違っているとは思えないようです。
>今回の場合はこうなってるから違う・・・などと言って一方的に攻撃ばかりでした。
>というより彼らは自分達と「あえて」同じレベルになって対抗しているという言葉の意味すら理解できないようです。
>それを馬鹿だのと批判すれば、それは全て自分達に言っていることになるのに・・・。
>
>やはり2ちゃんねらーは人を傷つけることしか知らないんでしょうか?
>そんなのは一部の2ちゃんねらーだけだなどと言う人がいますが、
>たしかに一部と言えば一部ですが、その「一部」が今はとんでもない問題になっています。
>2ch利用者の1%がそのような中傷しか知らないような人だったとしても、500万人いれば5万人が中傷しか知らない人です。
>そしてその5万人の中傷行為が伝染して中傷をする人が増え続ける。これは問題です。
>長崎県佐世保市の小6女児殺害事件も、こうして起こったのではないでしょうか。

気にしすぎだと。


51 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 23:27:38 ID:VaIMYTMT
>>41
>五雑行は行為の対象自体が間違っているので行為が禁止されるんですが

以前、雑行のものがらは、「善」であり、すすめられているって主張して
たシンパいなかったっけ?

52 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 23:31:17 ID:LdOhapjP
カルトは全体主義

 同報告書では、こうした事実を詳細に明らかにした上で、フランス国民にカルトへの
警戒を呼びかけている。2001年には、「セクト(カルト)運動防止・抑制強化法」
が制定され、創価学会を含めたカルトへの同法の適用に向けた捜査が進められている。

 こうした事態に対して創価学会は、「正当な宗教活動によって寄付金を集めて何が悪
い。宗教活動に対する政治的弾圧だ。信教の自由の侵害だ」と反論している。だがフラ
ンス国民議会は、創価学会をはじめとするカルト問題を「宗教上の問題」とはとらえて
いない。

 先の報告書「フランスにおけるセクト」は、カルトの本質を「新しいかたちの全体主
義」と定義づけ、カルト10項目の中でも、Iの「公権力に浸透しようとする企て」に深
刻な危機感を表明している。「カルトとは宗教の仮面を被った全体主義結社」であり、
そうした勢力が公権力への浸透を試み、最終的に国家権力を乗っ取ってしまうようなこ
とになれば、国家・社会全体がカルト=全体主義結社に支配されてしまう。それは民主
主義国家と自由な社会の「死」を意味する。「信教の自由」の名の下に、カルト宗教の
社会への浸透を放置してはならない、カルト宗教との闘いは「新しい全体主義」との闘
いなのだ、と。



53 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 23:33:12 ID:ERu6irgT
再貼りしとくね。

>たとえばですが、自分の上司の非倫理的な行動を目の当たりにして、親鸞会を信頼できなくなって、やめた場合はどうでしょうか?
>この場合、この人の中では、「親鸞会=絶対の幸福に導いてくれるところ」という方程式が崩壊しているので、
>あなたのいうような、天秤にかけることにはならないようにも思いますが、いかがでしょうか?
天秤にはいつもかけるんだよ。人間が行動するときにはいつも判断があるんだ。
意識的か無意識的かは別にして、な。
信頼できる・できないは人間同士の問題。ひとりひとりの、後生の問題とは較べられない。
上司といっても、絶対的な存在ではなく、しばらくの縁。
絶対の幸福を親鸞会で聞き求める道は、必ずあったはずだ。
また、親鸞会ではなく別のところで絶対の幸福を得るという思いでやめたのなら、
そういう実践が現にあって当然だ。

そうしない人がいれば、その人の本音は、文字通り、態度に現れているとおりのものと見て然るべきだろう。
絶対そうだと決め付けるわけではない。そのような合理的推認ができるということだ。


54 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 23:34:49 ID:ERu6irgT
>「相対性理論は宇宙の真理だ」という場合は、「思い込んでいる」というよりも、
>「その人は、相対性理論を宇宙の法則だと論理的に説明している」と、私は言いますね。
>「相対性理論」は「反証可能な理論であり、かつ、反証されることなく生き残っている理論」なので。
君が「論理的に説明する」と言っているのは、どうやら以下の手続きのことを言っているらしいな。
1.Aは反証可能である。よって、Aは科学的である。
2.Aは反証可能であり、未だ反証されていないかぎり、暫定的に真と見なされる。
3.(暫定的に)真なるAは、本当に真(宇宙の真理)である可能性がある。
こんな説明を君は「論理的」だと言っているわけだね。
「科学的」と言うなら異論はないけど、反証可能性と論理性を同じもののように言うのは
大いに異論ありだな。反証可能/不能というのは論理における一部でしょ。
・論理的なもの⊃反証可能なもの
・論理的なもの⊃反証不能なもの
・反証可能なもの∩反証不能なもの=空集合
なんじゃないの。

要するに、反証可能であることと論理的であることを一緒にするな、
てことだ。

55 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 23:35:57 ID:ERu6irgT
>一方、そういったことが消極的に現れる場合がある。
>絶対の幸福を求めていると言いながら、態度に現れていない人。行動にあらわさない人。
>退会したものの、会員在籍時程度に、時間や体力を費やして真理追究を実践していない人は、
>求めていると自分では思っているかもしれないが、本音では求めていない。
>その人の本音なんて、そんな簡単に分かるものではないのに、決め付けているかのような発言ですね。
決め付けていないよ。合理的に推認できるということだ。
誰だって理解できるんじゃないのか。思いは、行動に現われることくらいね。
「やる気はある」と言うけどやらない人っているよね。
「やる気はある、いつかやるつもりだ」と後回しにして、結局やらない人もいる。
後回しにするのは、やる気のなさ、優先順序の低さの現れだ。

だから、そういった行動が(ほとんど)現われていないことを自覚する人は、
自分にはそういう思いが欠けているか、あるいは思いが弱いってことに気付くと思うよ。
その人にとって、自分自身を省みるよいきっかけになるんじゃないかな。

で、君はどうなの? 会員在籍時なみ、あるいはそれ以上に絶対の幸福を求めるために
時間や体力やお金を使っているのかな?

>親鸞会をやめた人は、「堕落した者」、「自分の人生に妥協して、相対の幸福で満足している愚か者」とか、
>思っているんですかね?
飛躍しすぎだね。

>「親鸞会=絶対、正しい」この方程式が成り立っているので、そうとしか思えないのでしょうね。
>これも、一種のマインドコントロールだと、私は思っていますよ。
ますます飛躍しすぎだね。もっと論理的に思考しないとね。

56 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 23:41:31 ID:Qe/ryrZY
>>51

>>41
>>五雑行は行為の対象自体が間違っているので行為が禁止されるんですが

>以前、雑行のものがらは、「善」であり、すすめられているって主張して
たシンパいなかったっけ?

いたと思うよ。S会では以下の感じのことが言われていた。

雑行に2つあり、五雑行といわれるものと諸善とがある。
五雑行は、>>41の言う通り。後者の雑行は、ものがらは、「善」であり、すすめられているが、心掛けが悪いから、雑行といわれ捨てよと言われる。

57 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 23:45:40 ID:VaIMYTMT
>>56

サンクス。
で、その雑行を五雑行と諸善の2つに分け、後者の雑行はすすめられて
いるというのは、お聖教のどこに書かれているのですか?

58 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 23:57:05 ID:VaIMYTMT
>>56

そのシンパは、雑行というのは善行のことだと言ってたと思うのですが、
その五雑行も善行ということですか?
それとも、諸善と分けられた五雑行は、ものがらは、「善」でないという
ことですか? 
行為が禁止されるということは、五雑行のものがらは「悪」という
ことですか?

59 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 00:06:05 ID:vq1lFd2D
 「やっちゃったことは取り消せないので、言い訳でごまかすしかない」状態。
 自分がやってしまったことを間違いだと認めるのは、誰だってあまりいい気持ちのするものじゃありません。
ですが、間違いは間違い。…そんなときどうするか? いさぎよく間違いと認めるよりは、言い訳でもって誤魔
化すほうが、気持ち的には遥かに楽なんですね。

 あなたにだって、絶対体験はあるはずなのです。ただ、それと気が付いていないだけで。

 いちどドアを開けてしまったら、新聞やさんの勧誘を断れない人…(だってドア開けちゃったしさ)。
 いちど買い始めたマンガ本は、義務的に買いつづけてしまう人…(なんか、途中で止めるのもなぁ)。
 ほんとは飽きちゃったんだけど、習慣になっているから、ついつい馴染みのウェブサイトに行ってしまう人…(うーん、何でだろう?)
 いますね?! 絶対いるでしょ、こんな人!!

 セールスマンの間でも広く使われている方法なのですが、危ない団体の中には、ほとんど脅迫的な勢い
でこれを迫ってくるところがあります。
 たとえば、最初は小額のお布施を要求しておいて、その要求をだんだんと高額にしていく方法。前回お

60 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 00:06:27 ID:vq1lFd2D
布施をしてしまったという気持ちがありますから、今回はダメだ、とはなかなか言い切れないんです。
それが、だんだんと積り積って、気が付いたら後戻りできないほど高額になっている…ということは、
多々あります。ことに宗教団体は、相手が背後に神様なんかチラつかせていたりしますからね。
「お布施しないと呪われる」「不幸がおこる」と言われてしまうと、「ああ、だったらお金払ったほうが
穏便にすませられるよなあ。これくらいならいいか」と思ってしまうものです。
 「これくらいなら」。その妥協が、いのちとりになるのですよ。

 そうして、人は少しずつ、深みにハマっていきます。小さな失敗を認めたくないばかりに、より大きな
失敗を重ね、気が付いたら取り返しのないことになっている…。あなたもきっと、一度や二度は体験があるはずです。
 結局、家も何もかも失って、ようやく間違いに気付いたとしても、「今さら戻れない」ということになっ
てしまうんですよね。間違いを認めるよりは、自分の行動を正しいと言ってくれる仲間たちの側につくこと
を望むのも無理からぬことです。
 最初に小額の寄付をした人は、気がついたらカルト教団の一員です。

 と、いうわけで、この<その3>は、人の無意識と心の弱さをついた、実に有効な手段となり得るのです。

61 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 00:12:35 ID:wPmDwM+V
>>57-58

S会で雑行について、説明したプリントがある。その説明では

五雑行は、
「後生の一大事を助かろうとして、阿弥陀仏以外の仏や菩薩や神に仕える行為。
助ける力のないものにすがるのは迷いだから、心も行為も間違い。
だから捨てよといわれる。
後者の説明については、

諸善を励んで、これだけ善に努めているから後生の一大事助かるだろうと、修善をあて力にする心は悪い心掛け。
これを自力の心という。
こんな自力の心でやっている諸善を雑行という。
行いは善だから励まねばならないのは当然だが、心掛けが悪いから、雑行と嫌われ、捨てよといわれる。
しかし、「善をやるな」ということでは絶対にない。
悪い心掛け(自力の心)を捨てよ、ということ。


62 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 00:19:02 ID:wPmDwM+V
>>61に追加。

S会で雑行について、説明したプリントがある。その説明では

雑行といわれるものは大きく2つに分けられ、五雑行といわれるものと諸善とがある。

五雑行は、
「後生の一大事を助かろうとして、阿弥陀仏以外の仏や菩薩や神に仕える行為。
助ける力のないものにすがるのは迷いだから、心も行為も間違い。
だから捨てよといわれる。

諸善は、字の通り、よい行為。
諸善を励んで、これだけ善に努めているから後生の一大事助かるだろうと、修善をあて力にする心は悪い心掛け。
これを自力の心という。
こんな自力の心でやっている諸善を雑行という。
行いは善だから励まねばならないのは当然だが、心掛けが悪いから、雑行と嫌われ、捨てよといわれる。
しかし、「善をやるな」ということでは絶対にない。
悪い心掛け(自力の心)を捨てよ、ということ。




63 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 00:20:34 ID:wkljA8cW
>>61

寝るとこだったけど、ふたたびサンクスです。
では、S会では、五雑行は、心掛けも、行いも、「悪」だと言われてるわけ
ですね。
で、この説は、お聖教のどこに書いてると、そのプリントには書いてますか?

64 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 00:22:31 ID:wkljA8cW
>>63追加

「この説」というのは、>>57で書いた説です。

65 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 00:25:06 ID:wPmDwM+V
>>58
つまり、S会の説明によれば、

>そのシンパは、雑行というのは善行のことだと言ってたと思うのですが、
その五雑行も善行ということですか?
>それとも、諸善と分けられた五雑行は、ものがらは、「善」でないという
ことですか? 

→善行ではない

>行為が禁止されるということは、五雑行のものがらは「悪」という
ことですか?

→五雑行のものがら(行為)は間違い

というのが、S会の見解になると思います。

66 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 00:28:18 ID:wPmDwM+V
>>63
書き忘れてました。
残念ながら、お聖教の根拠はプリントには書かれてありません。

67 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 00:28:59 ID:wkljA8cW
>>65
>五雑行のものがら(行為)は間違い

「五雑行」=「間違った行為」(禁止されてる行為)=「悪」というのがS会説という
ことでいいですか?
それとも、間違った禁止されてる行為であっても、善行ではないだけで、悪行とまでは
いえないということですか?

68 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 00:34:43 ID:wkljA8cW
>>66

たびたびサンクスです。もう寝ます。

69 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 00:37:35 ID:wPmDwM+V
>>67
>「五雑行」=「間違った行為」(禁止されてる行為)=「悪」というのがS会説という
ことでいいですか?
それとも、間違った禁止されてる行為であっても、善行ではないだけで、悪行とまでは
いえないということですか?

悪だという言い方はされていなかったので、「間違った行為」=「悪」なのかは、わからないです。
ただ、これらの行為を阿弥陀仏に対してすれば「五正行」というよい行為になるとは言われていました。

70 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 01:14:43 ID:fzB7N9gS
前スレ
>>852
確認が遅れた。
手元にある法蔵館の真宗新辞典には載っていなかったからな。
こちらの方が大型で項目数は多いはずだが、五雑行はなかった。
昭和十一年初版の永田文昌堂の真宗大辭典には載っていた。
新しい辞書には載らないようだ。

嘘つき呼ばわりしたことは謝罪するよ。
すまなかった。

71 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 02:14:54 ID:rQ9C35Fp
>>67
会で聞いていた人?
とてもそうは思えないのですが・・・

72 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 07:36:57 ID:1jrR3if3
会を離れるきっかけになった最初の単純な疑問は、
仏はすべての者を救済しようとしている、
いつでもどこでも誰にでも開かれている法なのに、
なぜT先生だけしか救済の法を説く人がいなくて、
救いのチャンスが会員に限定しているかのように、
教えられているんだ?
「私たちは無間地獄へ堕ちるような極悪人だ」と教えたその口で、
仲良くしていた退会者を見下すような言動がなぜ平然とできるんだろう?
ということだった。
この疑問を口にしたら、
「聴聞不足だからそういう疑問が出るんだよ」
というご指導をいただいた。
教えているところ法には魅力を感じていたが、
内部の空気には法と乖離したものがあってそれが悲しかった。
弘誓の法に引かれていたから、
会から離れることには友人問題以外は
何の問題も感じなかった。

73 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 07:48:11 ID:Y2QbcDsd
39 :名無しさん@3周年:2005/11/25(金) 21:02:11 ID:wm04zzhA
親鸞会は本当に本願寺に勝ったのか
http://shinrankai.jugem.jp/

過去世に仏縁薄き者、宿善浅きものは、現世に於て宿善は求められねばならない。でなければ、宿善開発の時節到来ということはあり得ない。
【高森顕徹著 白道燃ゆ】

宿善というものも待っていて来るものではなく、努力精進して求めてゆくものである。かかる人にこそ宿善到来ということがあるのである。
【高森顕徹著 会報3集】

結局この根拠はないんでしょうか。
根拠がないから高森先生は本願寺の主張をあえて言い換えられて記されたのでしょうか?

74 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 07:58:22 ID:tic8WW32
正信偈は仏教のすべてが納まっているわけですから
正しい意味知りたいですよね。

75 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 07:59:19 ID:tic8WW32
私も前から聞きたいと思っていたので、今度親鸞会の講演会に行ってみます。
教えてくれてありがとう。

76 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 07:59:30 ID:dhonyeHj
>>72同感です。
>仲良くしていた退会者を見下すような言動がなぜ平然とできるんだろう?
退会者の名前に「さん」とか敬称をつけただけでも
「あんなヤツに『さん』なんか付けて呼ぶな!」ですものね。
私もあの雰囲気には辟易しています。

77 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 08:00:28 ID:tic8WW32
公式ホームページも覗いて見たけど、いいこと一杯書いてあったね。
あんなの読めば自殺とか、ニートとか無くなるんでないの?

78 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 08:11:40 ID:Rq3fCEgP
退会した人間をバカにするのは。やはり「おれがこれだけ心配しってやった」
「面倒みてやった」など 俺が俺がという的なことがどこかあるのかもしれません。私の場合は裏切るの
私の場合は裏切るのかとも言われました。

79 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 08:41:57 ID:7wlDcuIj
tic8WW32さんって単純思考な人ですね。


80 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 09:01:35 ID:dhonyeHj
>>78
相手に対してのみでなく、
自分自身に対して「自分は自分の力で聞けているのだ」という
自力を頼む思いから、辞めた人を見下すという風潮もあるように思います。

「自分には善はできない」と知らせていただく為にしているはずの活動が、
「自分はこんなに活動について行っているのに、彼らはそれが出来ないのだ」と、
自力の行いを頼む心に繋がってしまっているように思いました。

>>72の言う「乖離」も、そういったところに感じられたのではないかと思います。

81 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 09:06:08 ID:7wlDcuIj
>>75
私も前から聞きたいと思っていたので、今度親鸞会の講演会に行ってみます。
教えてくれてありがとう。

講演会に行ったことないのに、
正信偈は仏教のすべてが納まっているわけですから
とはこれいかに。

82 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 09:25:15 ID:HLBm54NX
退会した人を悪く言うのって、そうでもしないと自分の足場が崩れて
しまうから、っていうのもあるんでしょうね

でもって新聞や機関誌には親鸞会高揚の嵐。私は最後の方は、
どうしようもなく茶番臭さを感じていました

83 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 10:11:44 ID:L7fOGfLI
> 2ちゃんねらーは、自分達が悪いと分かっていて、人を貶したりするんだからな。いや、恐らく自分達の遣っている事が悪いと判っていないのだろう。
> 高い金を払って、サーバーを買い、2ちゃんねるのサーバーになり・・・・。
> 本当に2ちゃんねるの連中は、腹黒い者ばかりだ。
> 私がよく行くサイトの掲示板に、こんな事が書き込まれていた。
>
> 「他人を罵倒したりするのに躊躇する必要がないんですよ、御存知のようにw
> ですから、モラルやら道徳やらっていうメンドクサイモノを外した忌憚ない意見を得る場として、あそこより有意義なとこは無いんです。」
>
> 何だ?これは!?どう納得すれば良いのだ?
> 2ちゃんねるの何処が有意義だと言うのだ?
> こいつ等は、人の事を考えた事が有るのか?
> ネットの世界にも、モラルや道徳が有って当然だ。
> モラルや道徳が「面倒臭い物」?馬鹿を宣っては行けない。人間として当然の事を「面倒臭い物」と決め付けては行けない。
> 自分達が書き込んだ内容によって、どれ程の人達が傷付くか解っているのだろうか?
> こんな事は小学生だって解る事だろう。
> それを馬鹿共が、匿名掲示板等と言う、誹謗中傷をする様なサイトを作り、モラルや道徳が無い掲示板サイトに仕立て上げた。
> そして「叩いたものが悪い」のでは無く「叩かれた者が悪い」「叩かれる様な事をす>るからだ」「自業自得」と言う。
> 挙句の果てには、スパムメールに迄、2ちゃんねる系の顔文字・アスキーアートが使われ、2ちゃんねるとは関係無い一般サイトに迄、2ちゃんねる系顔文字・アスキーアートが使われる様になった(この時点で一般では無いが)。
> それに、2ちゃんねらーは、放って置くとどんどん殖えて来る。
> 現に長崎県佐世保市小学生の殺人でも、加害者の女児は2ちゃんねらーだからである。
> 彼女のサイトのミラーサイトを見たのだが、確かに、2ちゃんねる語や2ちゃんねるの顔文字が書かれていた。

そうかもしれんが。


84 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 11:02:04 ID:vq1lFd2D
「カルト教団のつくりかた」という観点からの話ですから、当然、教祖様は必要です。
 どれだけ教義が出来ていようが、条件が揃っていようが、教祖様がピザ屋の出前だの
ウェイトレスだの、そこらへんにいそうな人だったら信者は集まりませんよね。
 ちょっといかがわしいめの、白い鬚の老人、とか、巫女さんの格好したおばあさんと
か、…私としては神秘的な美少女あたり(オイ!)が教祖だと、何だかそれだけで信憑
性を感じてしまうものですよね。

 そう! 会社にせよ何にせよ、トップの魅力は大切なんです!

 もっとも、カルトの場合、魅力というより、「他の人とは違っている」という意味が
強調されることが多いようです。
 だからなんですね、宗教団体のトップがヘンな格好しているのは。髪型といい、服装
といい…まぁ、それがなきゃ、ただのオッサンおばはんなんですけど(笑)。

 あとは、伝説をくっつけて魅力をありがたみを上げる方法。どっかの教祖様が「釈迦
のうまれかわり」だったり、「まばゆい後光とともに誕生」したりという話をつくるの
は、いわば教祖様にハリボテの後光をくっつける作業なんです。
 なんせ誰にも証明できないものですからね。「生まれ変わり」や「誕生時の状況」なんて。

 さらに信頼性。
 これは、教祖様の取り巻きのことです。取り巻きのみなさんが「うおおー、教祖様ぁ〜」
なんつって興奮してたら、自分もついつい信じてしまいますよね。「皆が言っているから」
教祖様はエライことになる。こうして、イカガワシイ教祖様は信頼性のある人物へと変貌す
るのです。

 誰も崇め奉らなければ、ただの狂言者なのにね…。

85 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 11:26:59 ID:JFJIRcC3
親鸞会が伝統を強調するのって、日本人のナショナリズムをくすぐるためだよな。
自分と相手の間に共通項を作り出すテクニックだよ。
「日本人なのに知ってないと恥ずかしいよ。」
とか言われると、ついつい聞いてしまいそう。

でも、ナショナリズムって親鸞会に言わせれば、神信心になるんだろうな。
まあ、目的のためなら、何使おうが正当化されるからいんだろうね。
親鸞会らしいや、、

86 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 11:40:44 ID:L7fOGfLI
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/
これは、今後親鸞会とご縁を結ばれる方にとっても、現在会員になっておられる方にとっても、また、すでに退会された方にとっても、非常に大事な問題を含んでいますので、親鸞学徒の一人として、そのことを、これからお話してみようと思います。

87 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 11:45:02 ID:6EvUVODf
>>67

何故ですか? あと>>67の答えも書いてください。

88 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 11:58:46 ID:TaEvIXcL
>>809
>>これらは、「組織で行なわれている」のではなく、あくまで「個人の判断に任されている」ことなのでしょうか?
>>組織の長が、公の場でおこなった時点で、組織的なおこないになるようにも思いますが、いかがでしょうか? 

>そういう見方があるのは分かるけどね。
>どっちかというと、個人の意思・判断に重きが置かれていると思う。

「そういう見方があるのはわかるけど」というのは、私がいったことが、親鸞会学友部で「現実には行なわれていない」ということですか?
それとも、「現実に行なわれている」ということでしょうか?

あなたの意見は・・・、

親鸞会学友部で、新入生に対して、「引き離し対策」「親対策」「兼部カット」といわれる行為は、
・組織の長がマニュアルを作成して、その手法を伝えている
・新勧にむけて、講義がおこなわれ、その訓練も組織的に行なわれる
・学友部の長はじめ、講師部員が推進するため、学生も先輩から後輩へ伝える 
・そのとき、その場で実行にうつすかどうかは、個人の判断にまかされる

と理解していますが、これでよろしいでしょうか?


89 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 11:59:21 ID:TaEvIXcL
>>825

>寝る前にこれだけ貼っとくから、出来るだけ読み取っておいてくれ。


読みましたが、この文章のどこに、以下の問いに対する回答があるのかまったく分かりません。
分かる説明をお願いします。


>親鸞会の説く、「順次業」「順後業」(でしたっけ)の場合は、どれだけ期間を長くとっても、
>解析不能ではないでしょうか?
 
>また、「どれだけ善いことを実践したか」「行為をおこなった当人の幸福感」をどのような指標で解析するのですか?
>そんな抽象的な値を、どうやって解析するのでしょうか?数値化できないのではないでしょうか?  
>あなたの返答には、そのことが書かれていませんでしたが、いかがでしょうか?

>あと、あなたが言っている社会科学とやらの実験や、調査の根拠があれば、教えて下さい。
>どんなデーターなのですか?どのような解析なのでしょうか?

>それが分からなければ、「だから自然科学の枠組みで、十分扱えるだろ」と言われても、まったく分かりません。

>回答よろしくお願いします。


90 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 12:02:05 ID:TaEvIXcL
>>86
>http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/

>これは、今後親鸞会とご縁を結ばれる方にとっても、現在会員になっておられる方にとっても、また、すでに退会された方にとっても、
>非常に大事な問題を含んでいますので、親鸞学徒の一人として、そのことを、これからお話してみようと思います。


私が親鸞会幹部として長年聴聞した人間なのか、との疑問が書かれていましたので、 ここで「その通りです」とハッキリ答えておきたいと思います。
親鸞会学友部や支部の中で、聴聞、勧誘活動、後輩の育成、募財活動、活動の企画立案など、様々なことを、幹部としてやってきました。

また、この人の書いた文章の中に、私の言ったことを誤解されている部分が少なくないので、 この人の文章を縁として、
私の気持ちをもう少し分かりやすくお話しできればと思います。

http://nazeyameta.shinrankai.makibishi.jp/
続・なぜ私は親鸞会をやめたのか


91 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 12:23:14 ID:L7fOGfLI
>結局2ちゃんに集まる奴は、学校でも社会でも全く相手にされない、精神的に
>少し難が有るような奴らばかりって事だね。相手にされないから、2ちゃんのような同人
>が集まる、所謂母親の胎内のような所でしか、世界を見れないわけだ。ちゃんと社会に接
>していればおのずから、精神的にも大人になり、社会のルール、常識が判ってくるはずで、
>渡海やタケダ君のような、非社会的で幼稚な事はしないはず、出来ないはずだ。
>
>しかし、糞スレ、煽り、糞レス、コピペ、真剣にあきれた
>・・・
>奴らは2ちゃんなんて只のおもちゃだな・・・お役立ちなんて微塵の無いな・・・
>
>結論・・・奴らは幼稚
>

まあ、そこまで言わなくても。

92 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 12:29:57 ID:1jrR3if3
>>86
先生や会に絶対服従(しようと)している人たちにはよく通じる話なんで、
書いている人の気持ちは理解できますよ。
問題は内部の異常な空気が体質的にあって、
それが教義によって美化されている点にあります。
特に幹部方にはその異常さがわからなくなっている。
だから、会の体質的な点を問うといつも「謗法罪」「聴聞不足」で誤魔化してしまう。
会に絶対服従した人にのみが救われるかのような教え(指導?)が
仏の教えとはどうしても思えなかった。

93 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 12:32:16 ID:8Z5chJSe
サルなんですが、
私でも一生懸命聴聞すれば
信心決定できるのでしょうか?

94 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 12:44:47 ID:NflAi2IQ
>>93
先生の御法話を聴聞することは大変な功徳があるので信心
決定間違いなしです。
前の方で聞くのが効果的で、宿善がモリモリ厚くなります。
しかし沢山御報謝を包まないと前列で聞くことはできません。
無一文のサルにはムリな相談ですね。
先生の法話を聴聞することより功徳はありませんが、気休め
に念仏でもしておいてください。

95 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 12:49:22 ID:5Yhjt14d
金持ちのサルなんですが、
私でも一生懸命聴聞すれば
信心決定できるのでしょうか?

96 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 12:58:22 ID:eeKkpv+K
親鸞会顕正虎の巻
ttp://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/kensho_toranomaki.pdf

しばらく見てなかったら
こんなもんまで発掘されてたのかw

ここでも相変わらずK玉さんの名前がでてきますねw

97 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 13:32:57 ID:U8hsCbpP
親鸞会の人に辞めた人は 保守的で人を攻撃することしか考えてないと
言われましたが。これって現在の親鸞会の状態なのにね

98 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 13:34:01 ID:4db5aFAM
なんかよく分からんけど再貼りしとくね。

すまんが、今日は疲れているので一点だけに絞らせてもらうよ。
残りは明日ね。

>いえ、自然科学に詳しい、ハワイに住んでおられたこともある「ジャーナリスト」の方だと思います。
君は、俺のことをこういう人だと本気で信じているということだな?

>「相対性理論は宇宙の真理だ」という場合は、「思い込んでいる」というよりも、
>「その人は、相対性理論を宇宙の法則だと論理的に説明している」と、私は言いますね。
>「相対性理論」は「反証可能な理論であり、かつ、反証されることなく生き残っている理論」なので。
君が「論理的に説明する」と言っているのは、どうやら以下の手続きのことを言っているらしいな。
1.Aは反証可能である。よって、Aは科学的である。
2.Aは反証可能であり、未だ反証されていないかぎり、暫定的に真と見なされる。
3.(暫定的に)真なるAは、本当に真(宇宙の真理)である可能性がある。
こんな説明を君は「論理的」だと言っているわけだね。
「科学的」と言うなら異論はないけど、反証可能性と論理性を同じもののように言うのは
大いに異論ありだな。反証可能/不能というのは論理における一部でしょ。
・論理的なもの⊃反証可能なもの
・論理的なもの⊃反証不能なもの
・反証可能なもの∩反証不能なもの=空集合
なんじゃないの。

要するに、反証可能であることと論理的であることを一緒にするな、
てことだ。

99 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 13:34:40 ID:+v+Oe/Mi
>>95
もちろん、できます。
ただ、「長者の万灯より貧者の一灯」だからといって、
「一灯」でいいと思ってはいけません。
金持ちなら金持ちなりに、全財産を仏法につぎこむくらいの
覚悟でないと難しいでしょう。

100 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 13:34:54 ID:4db5aFAM
>たとえばですが、自分の上司の非倫理的な行動を目の当たりにして、親鸞会を信頼できなくなって、やめた場合はどうでしょうか?
>この場合、この人の中では、「親鸞会=絶対の幸福に導いてくれるところ」という方程式が崩壊しているので、
>あなたのいうような、天秤にかけることにはならないようにも思いますが、いかがでしょうか?
天秤にはいつもかけるんだよ。人間が行動するときにはいつも判断があるんだ。
意識的か無意識的かは別にして、な。
信頼できる・できないは人間同士の問題。ひとりひとりの、後生の問題とは較べられない。
上司といっても、絶対的な存在ではなく、しばらくの縁。
絶対の幸福を親鸞会で聞き求める道は、必ずあったはずだ。
また、親鸞会ではなく別のところで絶対の幸福を得るという思いでやめたのなら、
そういう実践が現にあって当然だ。

そうしない人がいれば、その人の本音は、文字通り、態度に現れているとおりのものと見て然るべきだろう。
絶対そうだと決め付けるわけではない。そのような合理的推認ができるということだ。

101 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 13:35:22 ID:4db5aFAM
>一方、そういったことが消極的に現れる場合がある。
>絶対の幸福を求めていると言いながら、態度に現れていない人。行動にあらわさない人。
>退会したものの、会員在籍時程度に、時間や体力を費やして真理追究を実践していない人は、
>求めていると自分では思っているかもしれないが、本音では求めていない。
>その人の本音なんて、そんな簡単に分かるものではないのに、決め付けているかのような発言ですね。
決め付けていないよ。合理的に推認できるということだ。
誰だって理解できるんじゃないのか。思いは、行動に現われることくらいね。
「やる気はある」と言うけどやらない人っているよね。
「やる気はある、いつかやるつもりだ」と後回しにして、結局やらない人もいる。
後回しにするのは、やる気のなさ、優先順序の低さの現れだ。

だから、そういった行動が(ほとんど)現われていないことを自覚する人は、
自分にはそういう思いが欠けているか、あるいは思いが弱いってことに気付くと思うよ。
その人にとって、自分自身を省みるよいきっかけになるんじゃないかな。

で、君はどうなの? 会員在籍時なみ、あるいはそれ以上に絶対の幸福を求めるために
時間や体力やお金を使っているのかな?

>親鸞会をやめた人は、「堕落した者」、「自分の人生に妥協して、相対の幸福で満足している愚か者」とか、
>思っているんですかね?
飛躍しすぎだね。

>「親鸞会=絶対、正しい」この方程式が成り立っているので、そうとしか思えないのでしょうね。
>これも、一種のマインドコントロールだと、私は思っていますよ。
ますます飛躍しすぎだね。もっと論理的に思考しないとね。

102 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 13:41:55 ID:TaEvIXcL
>なんかよく分からんけど再貼りしとくね。

>すまんが、今日は疲れているので一点だけに絞らせてもらうよ。
>残りは明日ね。

明日、疲れがとれたら、>>88>>89に答えてくださいね♪

まってます。

103 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 13:45:13 ID:4db5aFAM
>明日、疲れがとれたら、>>88>>89に答えてくださいね♪
分かったよ。
俺のにも、回答なり、反論なり、異論なしの表明なりしてくださいね♪

104 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 14:09:15 ID:TaEvIXcL
>>763
>>「相対性理論は宇宙の真理だ」という場合は、「思い込んでいる」というよりも、
>>「その人は、相対性理論を宇宙の法則だと論理的に説明している」と、私は言いますね。
>>「相対性理論」は「反証可能な理論であり、かつ、反証されることなく生き残っている理論」なので。

>君が「論理的に説明する」と言っているのは、どうやら以下の手続きのことを言っているらしいな。
>1.Aは反証可能である。よって、Aは科学的である。
>2.Aは反証可能であり、未だ反証されていないかぎり、暫定的に真と見なされる。
>3.(暫定的に)真なるAは、本当に真(宇宙の真理)である可能性がある。
>こんな説明を君は「論理的」だと言っているわけだね。「科学的」と言うなら異論はないけど、反証可能性と論理性を同じもののように言うのは
>大いに異論ありだな。反証可能/不能というのは論理における一部でしょ。
>・論理的なもの⊃反証可能なもの
>・論理的なもの⊃反証不能なもの
>・反証可能なもの∩反証不能なもの=空集合なんじゃないの。

あなたが言いたいのは、「反証可能であることと、論理的であることを一緒にするな」ということですね。

私が「親鸞会の説く因果の道理は、反証不能な命題なので、論理的でない」と言っているので、その考え方について、指摘されている訳ですよね。

つまり、あなたの主張は「反証不能だから非論理的、反証可能なら論理的」とは言えない、ということですか?
確認させて下さい。
  
ちなみに先ほどの文章の、「論理的」を「科学的」にかえて、
「親鸞会の説く因果の道理は、反証不能な命題なので、科学的でない」なら、納得されるのですか?



105 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 14:23:55 ID:TaEvIXcL
>>100
>>たとえばですが、自分の上司の非倫理的な行動を目の当たりにして、親鸞会を信頼できなくなって、やめた場合はどうでしょうか?
>>この場合、この人の中では、「親鸞会=絶対の幸福に導いてくれるところ」という方程式が崩壊しているので、
>>あなたのいうような、天秤にかけることにはならないようにも思いますが、いかがでしょうか?

>天秤にはいつもかけるんだよ。人間が行動するときにはいつも判断があるんだ。意識的か無意識的かは別にして、な。
>信頼できる・できないは人間同士の問題。ひとりひとりの、後生の問題とは較べられない。
>上司といっても、絶対的な存在ではなく、しばらくの縁。
>絶対の幸福を親鸞会で聞き求める道は、必ずあったはずだ。
>また、親鸞会ではなく別のところで絶対の幸福を得るという思いでやめたのなら、そういう実践が現にあって当然だ。

>そうしない人がいれば、その人の本音は、文字通り、態度に現れているとおりのものと見て然るべきだろう。
>絶対そうだと決め付けるわけではない。そのような合理的推認ができるということだ。

あなたの考えは分かりますよ。そのように『合理的に考えられる』ということは。

話しをもとにもどしますと・・・、
>>133
>>>「絶対の幸福なんてあるかどうかわからない。なれなかったら求めても無駄だ」という者は「金、名誉etc」でOKと思っている。根底は神信心。
>>この考え、最近よく見かけるけど、s会でよく話されてるの?

>根底が神信心かどうかは知らんが、大体そういう内容のことは共通理解としてあると思うよ。俺も持っている。

最後はあなたの発言だったでしょうか?

私がいいたいのは、『親鸞会をやめた人の中にも、死がきても崩れない幸せを求めている人はいる』ということです。
数は少ないと思いますが。親鸞会との縁は離れても、そのような幸せをもとめている人はおられますよ。

あなたも、「絶対そうだと決め付ける訳ではない」「決め付けてはいない」と言われているので、それでよろしいですか?

106 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 14:51:01 ID:CzUbU7y2
親鸞会って会を離れる人は2ちゃんねるに汚染されたからだというよね
因果の道理になってないですよね 身内が信心決定したものですが

107 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 14:54:59 ID:YaVHC27c
>>98
あるブラックボックスに対して、善因を入力すると、善果が出力されるように思われた。
ブラックボックスに作用した共通の何か、これが善根というものであると仮定した。
この定義ではじまるのが、論理が因果の道理の根本概念だと思うのだが、
問題がある。
善とは何か、悪とは何か。
善い行為とは何か。悪い行為とは何か。
善い結果とは何か。悪い結果とは何か。
善いものに共通する善根とはどういう条件で決めるのか。
これの規定が極めて曖昧だ。

以上のことから、論理的ですらない。

108 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 15:05:38 ID:uCGzvW6l
つーか、前スレちゃんと消化しろよ

親鸞会白書
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1131793343/l50


109 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 15:22:30 ID:YaVHC27c
>注)このたび、プロバイダーからこのマニュアル掲載で
>「親鸞会」が「カルト」として掲載されているとの苦情
>があったとのことです。そこで、次のとおりわたしども
>の見解を申し上げ、誤解を招く点については修正しまし
>た。「親鸞会様から削除または訂正の要請を頂きました
>が、勧誘方法が統一教会などと類似している上、勧誘資
>料から、宗教団体でありながら宗教ではないといって勧
>誘している点に問題があると思われ、参考のため掲載し
>ております。親鸞会をカルトと断定しているわけではあ
>りません。」

いや、親鸞会って、あきらかにカルトだよな?
現在では、
「宗教団体でありながら宗教ではないといって勧誘している」ようないかがわしい宗教団体を
カルトって言うんですよ、親鸞会サンw。覚えててね。

110 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 15:52:56 ID:swBk26aB
勧誘時、「宗教ではない」と自団体を位置付けておきながら、
ちゃっかり「宗教法人法」に便乗して宗教法人格を取得し
固定資産税等で優遇措置を受ける。

詐欺じゃねーの?

宗教法人として登録されているレッキとした宗教団体なのに、
勧誘のときは「宗教じゃないよ」などと嘘をつく。
大学で勧誘するときも、大学に許可もとらず、事実関係を問われても
「宗教とは関係ありません」。

詐称すんなよ。

111 :文 セックス脳 鮮明:2005/11/26(土) 15:53:33 ID:cc10iesd
>罪悪感を持つあまり
>常に頭の中はセックスのことばかり

確かにそれまでよりもずっと

ヤリチン教祖ヤリチン教義の影響で性やセックスなどを意識するようになったね

人間の脳はきわめて柔軟で本人の努力(勉強や興味や生活習慣など)によって作り上げられるから

子供の頃からあまりセックスの情報を入れると

文鮮明みたいなセックス脳ができあがるからよくないよね


112 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 16:08:49 ID:K3f3zlnp
親鸞会ってちょっとネットに対してムキになりすぎなところがありますね。どうして
だろうか ここ最近になってなのでしょうか

113 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 16:21:28 ID:q2a7Ayua
>72

>76

>78

法を聞かない人は体で仏法を謗ってる。
ましてや会長先生から大恩を受けておきながら、
仏法を聞かなくなるなんてそんな恩知らずは犬畜生にも劣る。

仏縁が深くなって法の尊さが分かれば分かるほど、
この道が唯一絶対の道であることが分かるほど、
仏法を破戒する者への怒りの心が湧き上がってくる。
法謗罪を見て知らん振りできるのは仏縁が浅い証拠。


114 :113:2005/11/26(土) 16:27:39 ID:q2a7Ayua
なんてことを自分が思ったり人に言ってたりしてたかと思うと、
なんて馬鹿だったんだろうと思う。

ホントにS会にいた時はどうかしてた。
人間らしくなくないよね・・・
組織優先の冷たさがあるよね・・・
猛反省・・・


115 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 16:34:16 ID:6C4HXZnM
ダースベイダーみたいだ
理想を求めてシステムに組み込まれた結果、
視野が狭まりロボットみたいになる
組織に与えられた仮面を取ると個性のない疲れた顔がそこにある

116 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 16:45:50 ID:26bsUJUc
根が腐った木に実はならない。
早く木を切った方がよいように思うよ。
そしたら、そこに新しい木を育てていけばいい。
弥陀の光明が温かく照らしくれるだろうさ。

117 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 17:24:26 ID:hPwGmT/c
>>116
異教徒の殺害と子供の洗脳を勧めてるの?


118 :元々ぼら夫:2005/11/26(土) 18:18:38 ID:5O7AhyfH
いやあ、今日もちかれた♪ちかれた♪前スレ容量overやったんやね。カキコめへんかった。
で、とある大学の先生に会ってきますた。他大学との会合の際に、ダミサ(仮)問題の話も
出してくださるそうでつ。来年度は、ダミサ(仮)活動に一石を投じることができるや否や?
また、経過報告できればお伝えしまつね♪ひとまづ(^-^)/ホナねん♪

119 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 18:35:35 ID:gHqxxyqV
今日ブックオフ行ってみたら
なぜ生きるが105円で売ってたw
しかも3冊。
どれも線とか引いてなかったからすぐ逃亡できた人だろうなぁ
とかいろいろ想像してしまった
100の花束も105円であったけどこれは結構線が引いてあった。

どんな気持ちで売っていったのかね。

120 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 18:42:08 ID:wPmDwM+V
>>112
4年前のO大学でのこと。
S会の批判サイトを見た当時の新入生が、このサークルはS会だと気付き、
他の新入生にそのことを教えて、新入生全員がやめてしまった。
あわてて先輩たちは、新入生一人一人に説得したが、戻ってきた新入生は半分以下。
これがきっかけで、ネット対策に力を入れるようになったようです。

121 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 18:46:06 ID:4db5aFAM
三度貼り。

>>いえ、自然科学に詳しい、ハワイに住んでおられたこともある「ジャーナリスト」の方だと思います。
>君は、俺のことをこういう人だと本気で信じているということだな?

>で、君はどうなの? 会員在籍時なみ、あるいはそれ以上に絶対の幸福を求めるために
>時間や体力やお金を使っているのかな?

>私が親鸞会幹部として長年聴聞した人間なのか、との疑問が書かれていましたので、 ここで「その通りです」とハッキリ答えておきたいと思います。
>親鸞会学友部や支部の中で、聴聞、勧誘活動、後輩の育成、募財活動、活動の企画立案など、様々なことを、幹部としてやってきました。
そういえば、「なぜやめたのか」の主張は君の主張と不思議なくらい一致しているよね。
もしかして君はご本人なの?

122 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 18:57:32 ID:uRBgl30E
広宣部長が書きこむことってあるのでしょうか。

123 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 19:10:12 ID:IHFtgZO/
老後のこと、早めに考えておいたほうがいい。もう20代から考えておかないと
…とラジオで言ってた。老後安心できるようにって

でも、その後がわからなくてどうして安心できるのだろ、ラジオ聞いてて
すごく不安になった。

124 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 19:11:51 ID:4db5aFAM
>因果の道理A…一切のものごと(果)は、因縁によって生じたものである。
>因果の道理B…Aを前提としたもの。私たちの運命についての因果で、善因・・・・自果のこと。
>Aについて:
>2.科学とはまさにそういう前提の上に成り立つものだと思うから。
>これは、私も賛成ですね。あなたの言われる通りだと思います。
じゃあ、Aの「一切のものごと(果)」の中に、私たちの運命は入るの?入らないの?

>親鸞会の会員って、本当に、こんな考え方で「親鸞会の説く因果の道理」が反証可能な法則だと、思ってるんですか?
俺は思うって言ってるだけなのに、なぜ会員一般は〜みたいになってるのか全然分からん。
君は以前会員だったんだろうが。
自分自身のことや、自分の経験した事実と比べながらもっと慎重に考えてみたらどうなんだ。
やっぱり君はかなり思い込みが激しい性格だと思うね。

>親鸞会の説く、「順次業」「順後業」(でしたっけ)の場合は、どれだけ期間を長くとっても、
>解析不能ではないでしょうか?
だから、そういうものはどうしても誤差になってしまうから、
できるだけ誤差の割合を少なくするように努力する必要があるって言ってるの。
 
>また、「どれだけ善いことを実践したか」「行為をおこなった当人の幸福感」をどのような指標で解析するのですか?
>そんな抽象的な値を、どうやって解析するのでしょうか?数値化できないのではないでしょうか?  
実践したことの方がデータ取りやすいだろうな。具体的な行動を指定して、やったかやらないかを聞けばいいだろう。
幸福感はあの実験みたいに、10段階で満足度みたいなのを自己申告してもらうとかかな。
ストレスがたまるかどうかで判定するのもいいかもね。
多数の人を対象にする実験とは別に、同じ人に対して行動を変えてもらう実験も
同時にやったほうがいいと思うよ。

125 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 19:15:23 ID:Y2QbcDsd
これ、誰か答えて下さい。

親鸞会は本当に本願寺に勝ったのか
http://shinrankai.jugem.jp/

過去世に仏縁薄き者、宿善浅きものは、現世に於て宿善は求められねばならない。でなければ、宿善開発の時節到来ということはあり得ない。
【高森顕徹著 白道燃ゆ】

宿善というものも待っていて来るものではなく、努力精進して求めてゆくものである。かかる人にこそ宿善到来ということがあるのである。
【高森顕徹著 会報3集】

結局この根拠はないんでしょうか。
根拠がないから高森先生は本願寺の主張をあえて言い換えられて記されたのでしょうか?

126 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 19:15:55 ID:uCGzvW6l
チンコ

127 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 19:29:08 ID:4db5aFAM
>私が「親鸞会の説く因果の道理は、反証不能な命題なので、論理的でない」と言っているので、その考え方について、指摘されている訳ですよね。
>つまり、あなたの主張は「反証不能だから非論理的、反証可能なら論理的」とは言えない、ということですか?
>確認させて下さい。
その通り。
  
>ちなみに先ほどの文章の、「論理的」を「科学的」にかえて、
>「親鸞会の説く因果の道理は、反証不能な命題なので、科学的でない」なら、納得されるのですか?
まぁそうなんだけど、もう一つ、
「命題」が何を指してるのかしばしば不明なんだよね。ここでは因果の道理のことらしいが、
「因果の道理は宇宙の真理である」という文章もよく出てくるし、結局どっちなのかはっきりしない。

128 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 19:36:45 ID:4db5aFAM
>>>>「絶対の幸福なんてあるかどうかわからない。なれなかったら求めても無駄だ」という者は「金、名誉etc」でOKと思っている。根底は神信心。
>>>この考え、最近よく見かけるけど、s会でよく話されてるの?
>>根底が神信心かどうかは知らんが、大体そういう内容のことは共通理解としてあると思うよ。俺も持っている。
>最後はあなたの発言だったでしょうか?
そう。俺の発言。
そういえば、論破してやる〜なんて言ってた人がいたなぁということを思い出したよ。
どこ行ったんだろうな。

>私がいいたいのは、『親鸞会をやめた人の中にも、死がきても崩れない幸せを求めている人はいる』ということです。
>数は少ないと思いますが。親鸞会との縁は離れても、そのような幸せをもとめている人はおられますよ。
>あなたも、「絶対そうだと決め付ける訳ではない」「決め付けてはいない」と言われているので、それでよろしいですか?
絶対にいないとは言えないと思うよ。ほとんどいないと思うけど。
ま、君が言いたいことと今までの流れとの整合性が全く不明だけどね。

ちなみに、君はそういう人を知っているということかね?その人はどうやって求めてるの?

129 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 20:07:14 ID:G9gOGL5d
だから、因果の道理は言葉の定義が曖昧なんだから
論理的ですらないんだって。

>>また、「どれだけ善いことを実践したか」「行為をおこなった当人の幸福感」をどのような指標で解析するのですか?
>>そんな抽象的な値を、どうやって解析するのでしょうか?数値化できないのではないでしょうか?  
>実践したことの方がデータ取りやすいだろうな。具体的な行動を指定して、やったかやらないかを聞けばいいだろう。
>幸福感はあの実験みたいに、10段階で満足度みたいなのを自己申告してもらうとかかな。
>ストレスがたまるかどうかで判定するのもいいかもね。
>多数の人を対象にする実験とは別に、同じ人に対して行動を変えてもらう実験も
>同時にやったほうがいいと思うよ。

ほら、自分で認めてるじゃん。
幸福なんて数値化して測れないんだから、
論理として扱えるわけがない。論理的じゃないってことだよ。


130 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 20:52:24 ID:IHFtgZO/
因果の道理は間違いないと思います。

131 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 20:55:10 ID:IHFtgZO/
因果の道理は仏教の根幹です。

132 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 20:57:25 ID:6tN8iAev
親鸞会を辞めるのも因果の道理ですか

133 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 21:25:47 ID:L7fOGfLI
思考停止

考えるのをやめること。

あるいは、あることに対する判断を放棄して、既成の判断を無批判に受け入れること。

「短絡的な反応」「脊髄反射」「固定観念に基づく判断の枠組みを超えていない」「状況の変化にもかかわらず、以前の方針をそのまま当てはめる」状態を指し、議論において極めて批判的に用いられる。

■ 使われる場面
基本的に、きちんと論証する手間を省いて「自分は正しく、相手は間違っている」ということを簡潔に訴えるために使われる手抜きのための用語。
「相手の発言は何らかの権威の受け売りであるのに対して、自分はものごとをきちんと判断している。自分は正しい」と主張したい人が使う。

また、左翼・右翼・保守・革新などの立場からの発言ばかりだ、とレッテルを貼って馬鹿にするためにも駆使される。

この言葉を使うこと自体、往々にして、相手の発言を読み取らずにレッテルを貼るだけに終わってしまう(=「思考停止」)という陥穽にはまりがちである。

http://tamahi.parfe.jp/

134 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 21:35:38 ID:TaEvIXcL
4db5aFAMさん、以下の問いに対する回答をお願いします。

>>809
>>これらは、「組織で行なわれている」のではなく、あくまで「個人の判断に任されている」ことなのでしょうか?
>>組織の長が、公の場でおこなった時点で、組織的なおこないになるようにも思いますが、いかがでしょうか? 

>そういう見方があるのは分かるけどね。
>どっちかというと、個人の意思・判断に重きが置かれていると思う。

「そういう見方があるのはわかるけど」というのは、私がいったことが、親鸞会学友部で「現実には行なわれていない」ということですか?
それとも、「現実に行なわれている」ということでしょうか?

あなたの意見は・・・、

親鸞会学友部で、新入生に対して、「引き離し対策」「親対策」「兼部カット」といわれる行為は、
・組織の長がマニュアルを作成して、その手法を伝えている
・新勧にむけて、講義がおこなわれ、その訓練も組織的に行なわれる
・学友部の長はじめ、講師部員が推進するため、学生も先輩から後輩へ伝える 
・そのとき、その場で実行にうつすかどうかは、個人の判断にまかされる

と理解していますが、これでよろしいでしょうか?



135 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 21:37:01 ID:tic8WW32
正信偈聞かせて頂きました。こんなに詳しく聞けるとは驚きました。

136 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 21:51:27 ID:TaEvIXcL
>>124
>>親鸞会の会員って、本当に、こんな考え方で「親鸞会の説く因果の道理」が反証可能な法則だと、思ってるんですか?
>俺は思うって言ってるだけなのに、なぜ会員一般は〜みたいになってるのか全然分からん。
>君は以前会員だったんだろうが。自分自身のことや、自分の経験した事実と比べながらもっと慎重に考えてみたらどうなんだ。
>やっぱり君はかなり思い込みが激しい性格だと思うね。

聞いてみただけですよ〜。
あと、他の会員の意見を聞きたかったので。
他の会員は、この意見、どう思っているんだろ?



137 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 21:58:51 ID:TaEvIXcL
>>124

>>親鸞会の説く、「順次業」「順後業」(でしたっけ)の場合は、どれだけ期間を長くとっても、解析不能ではないでしょうか?
>だから、そういうものはどうしても誤差になってしまうから、できるだけ誤差の割合を少なくするように努力する必要があるって言ってるの。

その誤差がどれくらいの割合で生じるか、わかるのですか?
誤差の割合や頻度が分からない時点で、解析不能となります。

それとも、親鸞会の教義に『我々の行為が「順現業」となるか「順次業」なのか「順後業」か、何か定義があるのですか?
それぞれ、どれくらいの割合となるかが分かる、教義なのですか?』
それが分からなければ、解析不能ではないでしょうか?


>>また、「どれだけ善いことを実践したか」「行為をおこなった当人の幸福感」をどのような指標で解析するのですか?
>>そんな抽象的な値を、どうやって解析するのでしょうか?数値化できないのではないでしょうか?  

>実践したことの方がデータ取りやすいだろうな。具体的な行動を指定して、やったかやらないかを聞けばいいだろう。
>幸福感はあの実験みたいに、10段階で満足度みたいなのを自己申告してもらうとかかな。
>ストレスがたまるかどうかで判定するのもいいかもね。多数の人を対象にする実験とは別に、同じ人に対して行動を変えてもらう実験も
>同時にやったほうがいいと思うよ。

あなたの言うような、「10段階の満足度の自己申告」だと、人それぞれ、どれくらいの幸福感を、10段階のどの数字で
あらわすかがバラバラで、同じ数字でも、幸福度は違ってくるので、数字で得られるデーターの意味がなくなり、解析できないと思いますが、いかがでしょうか?


138 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 21:59:56 ID:TaEvIXcL
>>127
>>ちなみに先ほどの文章の、「論理的」を「科学的」にかえて、
>>「親鸞会の説く因果の道理は、反証不能な命題なので、科学的でない」なら、納得されるのですか?

>まぁそうなんだけど、もう一つ、
>「命題」が何を指してるのかしばしば不明なんだよね。ここでは因果の道理のことらしいが、
>「因果の道理は宇宙の真理である」という文章もよく出てくるし、結局どっちなのかはっきりしない。

ここで言っている命題とは、親鸞会の説く因果の道理そのものですよ。
再度、確認しますが、
「親鸞会の説く因果の道理は、反証不能な命題なので、科学的でない」なら、納得されるのですか?


139 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 22:17:20 ID:TaEvIXcL
>>124
>>因果の道理A…一切のものごと(果)は、因縁によって生じたものである。
>>因果の道理B…Aを前提としたもの。私たちの運命についての因果で、善因・・・・自果のこと。
>>Aについて:
>>2.科学とはまさにそういう前提の上に成り立つものだと思うから。
>>これは、私も賛成ですね。あなたの言われる通りだと思います。

>じゃあ、Aの「一切のものごと(果)」の中に、私たちの運命は入るの?入らないの?

答え方が悪かったので、誤解が生じたかもしれませんが。

一切の物事の中に、もちろん、私たちの運命も入ります。
ただ、「そうだな」と思うのは、身に起こる運命にも、必ず原因があるのであって、原因なしに起こるはずはない、という部分。

それ以外の、たとえば、善い行為が必ず善い結果をもたらす、とか、悪い行為が必ず悪い結果を引き起こす、とか、
それらが、『宇宙の真理として、厳粛な法則として成り立っている』ということが、
「たしかに大宇宙の真理だ!」とは、とても理解ができない、ということですね。 

分かりにくいでしょうか。


140 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 22:17:50 ID:Y2QbcDsd
これ、誰か答えて下さい。

親鸞会は本当に本願寺に勝ったのか
http://shinrankai.jugem.jp/

過去世に仏縁薄き者、宿善浅きものは、現世に於て宿善は求められねばならない。でなければ、宿善開発の時節到来ということはあり得ない。
【高森顕徹著 白道燃ゆ】

宿善というものも待っていて来るものではなく、努力精進して求めてゆくものである。かかる人にこそ宿善到来ということがあるのである。
【高森顕徹著 会報3集】

結局この根拠はないんでしょうか。
根拠がないから高森先生は本願寺の主張をあえて言い換えられて記されたのでしょうか?

141 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 22:22:03 ID:5GsYEiVh
会員の人が辞めた人間を罵倒するのはまぎれもない事実です。私がそう言われました

142 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 22:22:20 ID:TaEvIXcL
>>129

>ほら、自分で認めてるじゃん。
>幸福なんて数値化して測れないんだから、
>論理として扱えるわけがない。論理的じゃないってことだよ。

私もそう思います。

人それぞれの幸福感を定量的にデーターであわらして、解析するなんで、できる訳がないと思います。

『「親鸞会の説く因果の道理」は反証可能だ』、などと言い出すので、どんな反証を示せるのかと思ったら、
とても解析できるようなものではない、きわめて、あいまいで、不鮮明な内容だと感じました。



143 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 22:33:34 ID:TaEvIXcL
>>121

>>私が親鸞会幹部として長年聴聞した人間なのか、との疑問が書かれていましたので、 ここで「その通りです」とハッキリ答えておきたいと思います。
>>親鸞会学友部や支部の中で、聴聞、勧誘活動、後輩の育成、募財活動、活動の企画立案など、様々なことを、幹部としてやってきました。

>そういえば、「なぜやめたのか」の主張は君の主張と不思議なくらい一致しているよね。
>もしかして君はご本人なの?

これを読んでみて、「なるほどな〜」と思い、これに対して親鸞会会員の人たちは、どんな意見をもっているのだろうということに大変、関心を持ち、
4db5aFAMさん、あなたと議論をさせてもらっています。

親鸞会会員の生の声がきけて、大変、有意義な議論だと思っていますよ。


http://nazeyameta.shinrankai.makibishi.jp/
続・なぜ私は親鸞会をやめたのか

「親鸞会必殺育成法」「顕正虎の巻」、なかなか削除されませんね。



144 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 22:35:38 ID:dhonyeHj
途上国に生まれ、戦乱といった政治状況や
貧困といった経済状況に苦しまざるを得ない状況に生まれてきた子供たちが、
「前世の行いが悪くてその報いを受けているのだ」などとは
とても考えられない。

それとも、こう考えられる人は
「彼らは前世の報いを受けて苦しんでいるのだから、苦しがっていても当然の報いだ」
とでも考えるのでしょうか?

145 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 22:35:43 ID:Y9Uo7nQ0
解析や統計でわかるのは傾向であって真理ではないと思うのだが…
何かデータらしきものが出たところで相関はほぼ0になるのは目に見えてるし。

146 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 22:41:20 ID:FlA4JfXG
s会辞めたいんですが、担当仔牛に何度お願いしても受け入れてもらえず
(押しが弱いのかもしれないが。)、直接本部に本尊郵送して辞めるって
出来るんですか?

147 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 22:49:38 ID:TaEvIXcL
>>146

>s会辞めたいんですが、担当仔牛に何度お願いしても受け入れてもらえず
>(押しが弱いのかもしれないが。)、直接本部に本尊郵送して辞めるって出来るんですか?

可能だと思いますが。ただ、紛失しないか、対処が必要ですね。

退会はあくまで本人の自由なので、もし、担当講師がやめさせてくれないというのなら、
退会の意志を、本部会館に郵送すればいいと思いますよ。

あと、部室のポストに、正御本尊と退会届けをだしてくる人も、過去たくさんいたと思う。

ちなみに、担当講師が受け入れてくれない、というのは、何度やめたいと言っても、
説得されるということですか?

148 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 22:56:19 ID:dhonyeHj
>>146
会費未納状態になると、自動的に除籍されるシステムらしいですから参考までに。
借りたものは返すのが筋ですから、確実に返却できる方法を選ぶといいと思います。

まあ、本尊をそのように扱わせるs会の制度は、親鸞聖人の言葉に一致しないもののようですが。
http://blog.duogate.jp/shinrankai/

149 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 22:58:57 ID:L7fOGfLI
「平生業成」とは、死が迫ってからあわてて聴聞してお念仏を申すということではなくて、今この時に阿弥陀さまのお慈悲、南無阿弥陀仏をいただく身になって往生成仏定まって、その後はご恩報謝の生活をしていくことです。
歳を取ると、思う時に、思う場所で聴聞することができなくなります。 (中略)大事な問題を先送りしてしまうのではなくて、いま解決しておかねばならないということを思ったことであります
http://come777.55street.net/

150 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 23:00:31 ID:L7fOGfLI
一見、平凡な日常は、実は最も根本的な問題から目を背け続けています。そして人々は、心の空虚を抱えたまま、それに驚きもせず、ただ漠然と生きています。
果たして、人生は生きるに値するものなのでしょうか。
なぜ、どんなに苦しくても、自殺してはいけないのでしょうか。

http://cokolo.cocolog-nifty.com/

151 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 23:17:01 ID:dhonyeHj
>>150
>果たして、人生は生きるに値するものなのでしょうか。

あなたが「生きるに値しない」と考える人生って、どんな人の命のことですか?


152 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 23:19:21 ID:4db5aFAM
スルーされ続けて4度目か。そろそろ答えてくださいね♪

>>いえ、自然科学に詳しい、ハワイに住んでおられたこともある「ジャーナリスト」の方だと思います。
>君は、俺のことをこういう人だと本気で信じているということだな?

>で、君はどうなの? 会員在籍時なみ、あるいはそれ以上に絶対の幸福を求めるために
>時間や体力やお金を使っているのかな?

>あなたの意見は・・・、
>・マニュアルがあるけどあまり使われていないらしい。
>・新勧にむけて、講義がおこなわれ、練習もする。
>・先輩から後輩へ伝える 
>・そのとき、その場で実行にうつすかどうかは、個人の判断にまかされる
>と理解していますが、これでよろしいでしょうか?
はい、直しといたよ。

153 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 23:24:21 ID:FlA4JfXG
>>147
>あと、部室のポストに、正御本尊と退会届けをだしてくる人も、過去たくさんいたと思う。
以前に一度したんですが、アパート訪問されて返却されました。
>ちなみに、担当講師が受け入れてくれない、というのは、何度やめたいと言っても、
>説得されるということですか?
説得が長時間にわたり続きます。
ただ、途中で帰りますが。

>>148
>会費未納状態になると、自動的に除籍されるシステムらしいですから参考までに。
活動していないとはいえ、なかなかやりずらい。

私も少しの間は聞いていたので本尊を大切にしないといけないことくらいは理解している
つもりですので手渡しが一番理想なのですが。

s会入るのは割と簡単だが出るのは難しいってなんか嫌だな。

154 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 23:29:40 ID:dhonyeHj
>・マニュアルがあるけどあまり使われていないらしい。
使いもしないマニュアルを作ったK講師やH講師、Iさんって
無駄な労力を費やしてたんですね。
>・新勧にむけて、講義がおこなわれ、練習もする。
全国規模でほぼ同一の内容のレクチャーが組織的に行われますね。
>・先輩から後輩へ伝える 
先輩や上司が後輩に命じる
>・そのとき、その場で実行にうつすかどうかは、個人の判断にまかされる
任すしかないのでそのように言えるが、

「本人が納得して判断する・しないに関わらず組織・上司の命令に服従せよ」
と、s会では「個人の判断」よりも「組織・上司の方針や命令」を優先せよと教えている。

155 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 23:32:58 ID:4db5aFAM
>聞いてみただけですよ〜。
あ、そうなの。
アドバイスしとくと、世の中で「反証可能」の考え方に
習熟している人はほとんど皆無だと思うよ。

>その誤差がどれくらいの割合で生じるか、わかるのですか?
>誤差の割合や頻度が分からない時点で、解析不能となります。
>それとも、親鸞会の教義に『我々の行為が「順現業」となるか「順次業」なのか「順後業」か、何か定義があるのですか?
>それぞれ、どれくらいの割合となるかが分かる、教義なのですか?』
>それが分からなければ、解析不能ではないでしょうか?
いつ因縁和合するかなんて、そりゃあばらばらでしょうな。
でも、それがばらばらなのを利用すればいいじゃん。
平均化すればキャンセルできるんじゃないの。

それにしても、「親鸞会の」「親鸞会の」とわざわざ言うところが気になるな。
仏教で言われる因果の道理ではないと言いたいのかね?

156 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 23:35:10 ID:4YA7pNAK
>>その誤差がどれくらいの割合で生じるか、わかるのですか?
>>誤差の割合や頻度が分からない時点で、解析不能となります。
>>それとも、親鸞会の教義に『我々の行為が「順現業」となるか「順次業」なのか「順後業」か、何か定義があるのですか?
>>それぞれ、どれくらいの割合となるかが分かる、教義なのですか?』
>>それが分からなければ、解析不能ではないでしょうか?
>いつ因縁和合するかなんて、そりゃあばらばらでしょうな。
>でも、それがばらばらなのを利用すればいいじゃん。
>平均化すればキャンセルできるんじゃないの。

ますます曖昧だな。もう無理って認めろよ。

157 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 23:40:28 ID:QIswghx1
ところで親鸞会のキモである地獄や浄土が存在することを論理的に説明できるんですか?

158 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 23:42:52 ID:4db5aFAM
>あなたの言うような、「10段階の満足度の自己申告」だと、人それぞれ、
>どれくらいの幸福感を、10段階のどの数字であらわすかがバラバラで、
>同じ数字でも、幸福度は違ってくるので、数字で得られるデーターの意味がなくなり、解析できないと思いますが、いかがでしょうか?
意味はなくならないよ。感覚の差異があっても、幸福を不幸と書いたりはしないだろ。
ある程度の誤差を見積もれば、十分意味のあるデータが得られる。

君の指摘していることで、反証可能性が低くなることは確かだが、
反証可能性がゼロになるとはいえないね。
なんらかの予測をしていて、なんらかの確かめようがあれば反証可能なんだろ?
予測はこう↓
多数の人が長時間において、所定の行為についての実践度と幸福感の関係を解析すると、
行為の実践度が高いグループの方が幸福感が高い。

159 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 23:48:54 ID:QIswghx1
因果の道理が論理的であったとしても、前世や来世があることの証明にはならないです。
どうやって前世や来世があることを論理的に納得したのでしょうか?
無学な人間から天才が生まれたことは、論理的な説明とはいえません。

160 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 23:49:50 ID:4db5aFAM
>ここで言っている命題とは、親鸞会の説く因果の道理そのものですよ。
>再度、確認しますが、
>「親鸞会の説く因果の道理は、反証不能な命題なので、科学的でない」なら、納得されるのですか?
因果の道理って命題なのかというのは疑問だが、ま、命題と言えば言えるかな。
で、納得っていうのは言葉遣いとして間違ってないだろうなっていう意味ね。
反証は可能だと思うよって言ってるでしょ。

>人それぞれの幸福感を定量的にデーターであわらして、解析するなんで、できる訳がないと思います。
>『「親鸞会の説く因果の道理」は反証可能だ』、などと言い出すので、どんな反証を示せるのかと思ったら、
>とても解析できるようなものではない、きわめて、あいまいで、不鮮明な内容だと感じました。
そうか?
君がごねてるだけじゃないの?

それにしても「親鸞会の説く」って気持ち悪いな。
かぎ括弧は普通、そのまま引用するために使うものじゃないのか。
ご丁寧に二重括弧まで使いながら、自分の言葉に言い換えるとは、
どうも君の執念のようなものを感じるな。
なんか前もこういうことあったな。

161 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 23:50:10 ID:4YA7pNAK
>>158
だから、善い行為をどう規定するの?
ブッサイクな女が超カコイイ男に微笑んだって、善い結果なんて返って来んぞ。
ブサイクも悪因の結果とかは検証しようがないし。


162 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 23:57:14 ID:4YA7pNAK
善いことだとそのときは思ってても、後年それを後悔したりいくらでも例がある。
後悔した時点でそれは悪い事だったと分かったというなら、
因果の道理ありきの観念をもつ人間の判断になっちゃうしな。
人間の判断自体が曖昧だし、その人の信念に依存するものかもしれない。
それを実験結果として扱えるかどうかも疑問だ。

163 :名無しさん@3周年:2005/11/26(土) 23:58:46 ID:QIswghx1
まさか幽霊がいるから死後の世界が実在するという説明で納得しているわけではありませんよね?
もしそうなら幽霊の存在を論理的に証明してもらわなければなりません。

>「親鸞会の教義」は、講師部員や幹部の先輩が「話しを聞けば、論理的に理解できる」とか、
>「真実の話しなので、まともな人なら必ず分かる」といますが、

法施、破邪顕正と思って地獄や浄土の存在を論理的に説明してください。

164 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 00:02:15 ID:4db5aFAM
>ただ、「そうだな」と思うのは、身に起こる運命にも、必ず原因があるのであって、原因なしに起こるはずはない、という部分。
>それ以外の、たとえば、善い行為が必ず善い結果をもたらす、とか、悪い行為が必ず悪い結果を引き起こす、とか、
>それらが、『宇宙の真理として、厳粛な法則として成り立っている』ということが、
>「たしかに大宇宙の真理だ!」とは、とても理解ができない、ということですね。 
>分かりにくいでしょうか。
じゃあ、
「何かの原因はいつか必ず何らかの結果につながるものである。」という命題は?
つながるとは、原因の少なくとも一部として結果に影響を与えるということね。

165 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 00:06:05 ID:TPRth1Z+
>>154

> s会では「個人の判断」よりも「組織・上司の方針や命令」を優先せよと教えている。
それは一般の会社でも同じでは?
それが悪いというなら、世の中の組織のほとんどすべては悪いということになる。

166 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 00:11:02 ID:iCYCLsIo
>「何かの原因はいつか必ず何らかの結果につながるものである。」という命題は?
>つながるとは、原因の少なくとも一部として結果に影響を与えるということね。
「何かの原因」って言葉がおかしかったな。「何らかのものごと」に訂正。

>だから、善い行為をどう規定するの?
掃除とか挨拶とかボランティアとか勉強とか、具体的に指定すればいいでしょ。

167 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 00:11:12 ID:PIvISmf6
こんなことを書くと現役の会員さんに叱られそうだが、幽霊云々の説明は「こんなことが知りたい」から
削除すべきと思う。

「死後の世界の実在有無」と「幽霊の実在有無」は関係がないのでは?
仏典の中に後生を説かれた箇所は複数あるようだが、「幽霊」の存在に言及した箇所はあるのだろうか?
識者のフォローを求む。

168 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 00:12:05 ID:uR6XPHO2
たとえば、努力しても成功するとは限らんが、努力しなければ成功しない。
こういう考え方は、社会が発展するのに、大切な考え方だ。
でも、努力を善と規定し、善因善果を絶対としてしまったら
成功しないものは、努力していないということになってしまう。
これでは、成功した者、成功していない者との間に差別が起こるのは明らかだ。
論理的な検証もできないものを勝手に絶対、宇宙の真理などぬかす神経が分からん。
少し考えれば、分かることを信仰大事のためねじまげる。
愚かすぎる。南無

169 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 00:17:15 ID:iCYCLsIo
あ、そうそう、「宇宙の真理」というのは、「道理」のことだよ。
だから、「因果の道理は宇宙の真理である」という命題はトートロジーだ。

170 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 00:19:59 ID:olTerqIp
>>167
あったら聞いてみたい。

釈尊は霊魂否定の立場だし。
大乗仏教も業の相続を説くが、永遠不滅の霊魂は否定する。

釈尊が霊魂を否定した理由は、今議論されている縁起の法と密接に関係する。
説明するのは難しい。

171 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 00:24:19 ID:uR6XPHO2
道理と真理はニュアンスがちがう。
道理は人の中の理。行うべき道。
真理は人とはかけ離れて独立に存在する原理。
てなこった。

172 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 00:26:56 ID:uR6XPHO2
>>170
高森氏の教えは仏教ではないということか。


173 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 00:34:47 ID:CPJff/Nw
オウム道理教だったなら、人殺しはしなかっただろうにね。

174 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 00:37:49 ID:olTerqIp
>>167
>仏典の中に後生を説かれた箇所は複数あるようだが、「幽霊」の存在に言及した箇所はあるのだろうか?

諸行無常 諸法無我 涅槃寂静

仏教のもっとも基本的な教えの三法印に諸法無我とある。
この諸法無我は永遠の実体は存在しないという意味。
なぜ永遠の実体が存在しないかというと、諸行無常だから。
諸行無常とはなにか?
荒っぽくいうと、全ては因縁で生じており、それそのものだけで存在する実体はない、
すべては因と縁によって仮に和合しているのだから、永遠の実体である霊魂は存在しないということ。
仮に和合して出来ているに過ぎない自分や物事に執着するから、苦しんでしまう。
だから、諸行無常、諸法無我であることを悟れば、煩悩執着に惑わされることが無くなり、
静かな境地、涅槃を得ることが出来る。
これが釈尊の教え。

175 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 00:45:03 ID:olTerqIp
>>172
幽霊を認めるならね。

無我であるなら、なにが輪廻するのかという命題ができる。
大乗仏教はこれを業で答える。
人間のなした業、それまでの行為は相続されると言う説だ。

親鸞会は、これについて論理的に説明しているのかもしれないが、
私には複雑すぎて説明できない。
阿頼耶識が出てくると、ちょっと手に負えない。

幸い真宗はそんなことを論理的に理解しなくても救済される教えなので助かる。

176 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 00:52:36 ID:olTerqIp
>>174
>荒っぽくいうと、全ては因縁で生じており、それそのものだけで存在する実体はない、
>すべては因と縁によって仮に和合しているのだから、永遠の実体である霊魂は存在しないということ。

間違った。
やはり難しい。

諸行無常とは、
全ては因縁によって仮に和合しているのだから、それそのものだけで存在する実体はない。
また、全ては因縁によって変化している。したがって永遠不滅の固定した実体は存在しない。
だから、永遠不滅の霊魂は存在しない。

これでもかなり乱暴。
親鸞会は縁起の法をどう教えているのか興味深いね。

幽霊があるとして、六道のどこに入るだろ?

177 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 01:11:19 ID:zZfnya1a
>>167
「会報」には、無霊魂説が書かれてある。
でも、「こんなことが知りたい」には幽霊を認めるような記述がある。
どちらが本当なのか疑問に思って、講師に質問したが、しっかりとした説明はしてもらえなかった。

178 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 01:31:04 ID:olTerqIp
>>177
「こんなことが知りたい」は大衆向けらしい。
親鸞会も、本当とするのは無我説でいいと思う。
でなきゃ外道だ。

一点指摘すると仏教が人生が苦であるとする理由は、単に後生が暗いからではない。
人間がに苦しむのは自分や物事に執着するから。
全ての物事は因縁が仮に和合して出来ているに過ぎないのに、
それらを永遠の実体だと誤解し振り回されるから苦しむ。
死の恐怖は自分への執着から起こっている。
だから、諸行無常、諸法無我を悟れば死も問題でなくなる。
(これは虚無主義をいっているのではない)

親鸞聖人もその境地を求めたが、それを得ることは出来なかった。

179 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 01:40:12 ID:olTerqIp
ともあれ

>「親鸞会の教義」は、講師部員や幹部の先輩が「話しを聞けば、論理的に理解できる」

これが事実なら論理的に浄土や地獄の存在を証明して欲しい。
もっとも

>「真実の話しなので、まともな人なら必ず分かる」

これを裏返して考えれば、分からないからと何度も質問する人は、
「まともじゃない」「非論理的」な人間であると烙印を押されかねないね。
これを恐れて質問しなくなるんじゃない?

180 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 07:30:06 ID:edZD/xE7
>>165
「悪い」とは言ってないよ。
全国規模で組織的に行われる嘘・ダミサ勧誘や、
そこで用いられるマインドコントロール的手法は、「学生個人が勝手にやってる」
ことではなくて、s会組織側が主導してやっていることを指摘しただけ。

181 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 07:37:50 ID:edZD/xE7
そもそも、大学に
「s会とは関係がない」と装ったs会のフロントサークルを作って
学生を勧誘しようなんて発案したのって、誰なんですか?

182 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 08:06:02 ID:hGAKRZrr
>>175
昔、「唯識三年倶舎八年」(桃栗三年柿八年のもじり) と聞いた記憶があります。(w

183 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 09:34:32 ID:GzjGoPgd
>>181
元上級専任講師で、s会に造反してやめたN根さん。
いまも神経症で悩んでいるのは君だけじゃないとかいって、
神経療法を騙ったダミサやってますね。
これって違法じゃないかと思うのですがどうなんでしょうね。

もっとも、s会のダミサは当初は歎異抄研究会と名乗っていたから
それほど悪質ではなかった。
次第に勧誘効率重視で巧妙に(えげつなく)なっていったのでしょう。

184 :113:2005/11/27(日) 12:39:00 ID:JWfb6Fnh
>142

前スレとかで話が出てたらとても申し訳ないです。

よく話が分からなくなってきたのですが、普通の論理的ってどういう説明をいうんですか?
それを説明する時にどういう風に反証可能、反証不可能がからんでくるのか、一例があると助かります。

普通の反証があると、幸福感を数値で表す手法がどんだけおかしいかってことが分かると思うのですが・・・

185 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 12:56:51 ID:Bq3WQZ6s
>>183


歎異抄研究会発祥の地とされる某大学で、何か事件(漏れが聞いた噂は、学食
でYM○Aの学生と喧嘩になったというのだが、真偽および詳細は不明)があ
って、その名で活動しにくくなったと聞いたが、どうなん?

186 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 14:58:02 ID:q4Po3kZ3
デタラメです

187 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 15:01:36 ID:F0/mbK70
親鸞会では、全国各地で法話・講演会・勉強会を行っております。どんな方でも参加していただける法話や講演会、勉強会を全国各地で行っております。
http://homepage1.nifty.com/jinsaku/shinrankai/faq.html


188 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 15:52:32 ID:Z/67QqaB
>>184
参考にしてください。

論理学(ろんりがく)とは、論理を研究する学問。古くは(広い意味での)哲学の一分野で
あったが、数学が発展し、演繹法を数学的に取り扱う事ができるようになると、数学の一
分野である論理学(記号論理学)と、哲学の一分野であるその他の論理学とに分化した。

記号論理学に属する論理として例えば命題論理、述語論理、様相論理、直感主義論理、量子論理がある。
記号論理学は論理を単なる記号操作として扱う事に特徴があり、記号操作で書けないものは記号論理学
では決して扱うことができない。 たとえば前述のように、数学的に扱えるのは演繹法だけなので、
帰納法は記号論理学に属さない。

哲学の分野である論理の例として、弁証法がある。 哲学の分野である論理は数学に拘束されない分、
記号論理学では扱えないような対象も扱う事ができるという利点を持つ。 しかし数学を放棄している
以上間違いをも含む危険をおびてしまう上、人によって意見が異なるという欠点も持ち、「論理」
というよりも「思想」に近い部分がある。

189 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 18:06:38 ID:nSBV/ek8
>>70

>657 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2005/11/22(火) 23:17:00 ID:iChHpXzh
親鸞会員は持ってもいない法蔵館の辞書に、五種雑行が載っているなんて言い出す嘘つきだ。
その言葉は信用できない。

>660 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2005/11/22(火) 23:26:54 ID:iChHpXzh
ここだけの話、法蔵館の辞書に五雑行が載っているなんて嘘を平気でつくのにはあきれた。
不妄語を平気で犯す人間が仏縁を厚くしようなんていっても胡散臭いだけだ。

>70 名前:名無しさん@3周年[sage] 投稿日:2005/11/26(土) 01:14:43 ID:fzB7N9gS
前スレ
>>852
確認が遅れた。

嘘つき呼ばわりしたことは謝罪するよ。
すまなかった。


この程度で流れていくのが、ここのモラルのレベルでしょう。
シンパの自演とまで言い出す人も出る始末。
・・・・・これは、まだいい方でしょうかね。


190 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 18:19:25 ID:nSBV/ek8
>>49
> >いえ、自然科学に詳しい、ハワイに住んでおられたこともある「ジャーナリスト」の方だと思います。
> 君は、俺のことをこういう人だと本気で信じているということだな?

 横から失礼します。
 やっぱり、本気で信じているんでしょうね。

 よっぽどその方を慕っていたということの表れではないかと思って、
 読ませて頂きました。


191 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 18:27:52 ID:edZD/xE7
まあリアルs会のモラルは>>110くらいのレベルですけどね。

192 :元々ぼら夫:2005/11/27(日) 19:04:10 ID:9HBMYL16
>>188横パス〜♪
インドの学問区分では、五明ってのがあります。中でも、第4の「因明」ってのが、
論理学に相当するのでしょう。宗・因・喩をあげて、命題を明らかにしようとする形式で、
三段論法に近いのかも。世親菩薩の門弟陳那以降、合・決が加えた「因明五分作法」
が、正理派という学派で用いられたそうです。例として『宇井仏教辞典』では、
@かの山に火あるべし(宗)→A煙あるるが故に(因)→B竃の如し、竃において火と煙とを見よ(喩)→
Cかくのごとく彼の山に煙あり(合)→Dこの故に彼の山に火あり(結)というような論法形式です。


193 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 19:08:16 ID:nSBV/ek8
>>136
> >>124
> >やっぱり君はかなり思い込みが激しい性格だと思うね。
> 聞いてみただけですよ〜。

 いや、適当に誤魔化さずに、
 あなたは、やはり思い込みの激しさを、しっかりと反省した方がいいです。

 横から失礼しました。


194 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 19:11:37 ID:nSBV/ek8
>>143
> >>121
> >そういえば、「なぜやめたのか」の主張は君の主張と不思議なくらい一致しているよね。
> >もしかして君はご本人なの?
> これを読んでみて、「なるほどな〜」と思い、これに対して親鸞会会員の人たちは、どんな意見をもっているのだろうということに大変、関心を持ち、
> 4db5aFAMさん、あなたと議論をさせてもらっています。

 本人に決まっているではないですか。

 全然「静かに見守りたいと思います」になってないですし。

 このあたりは、やはり「配慮」して下さっているのでしょうかね。


195 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 19:16:21 ID:nSBV/ek8
>>153

> 私も少しの間は聞いていたので本尊を大切にしないといけないことくらいは理解している
> つもりですので手渡しが一番理想なのですが。
> s会入るのは割と簡単だが出るのは難しいってなんか嫌だな。

 ご本尊を大切に思う心は、素晴らしいと思います。
 そんな方がご縁を遠のけられるのは大変残念ですが、
 そんなあなたが「担当仔牛」などと表記するのを見るにつけ、
 それこそ胡散臭さを感じる今日このごろです。


196 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 19:18:51 ID:nSBV/ek8
>>155
> それにしても、「親鸞会の」「親鸞会の」とわざわざ言うところが気になるな。
> 仏教で言われる因果の道理ではないと言いたいのかね?

 毎日ご苦労様です。
 私も前からそれを、いやらしく思っていました。同感です。


197 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 19:37:05 ID:RNXhqYyW
えーっと、



2chじゃもう死語だけど使わせてください。






必 死 だ な w


198 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 20:52:03 ID:VgrNgD+B
 「カミソリ東条」と呼ばれ、太平洋戦争直前から大戦中首相となり日本を指導しつつけ
た東条英機は昭和19年7月のサイパン陥落の責任をとり首相を辞任する。その後の戦局
は日本に利あらず、ついに昭和20年8月15日大日本帝国は連合国に対して無条件降伏
する。そして東条は戦争責任を問われ、収監される直前の9月11日、ピストル自決を図
るが弾は心臓を逸れ、進駐軍軍医の治療、進駐軍兵士の輸血もあり東条は一命を取り留め
る。この一件不可解な進駐軍の東条への治療は東条を裁判にかけ、戦争責任を追及する意
図があった。東条が裁判の席上で天皇の御意見に対して背くことなどあり得ない等の発言
を行えば、戦争責任が天皇に及ぶことになる。実際に連合軍が戦後日本の政治体制をどの
ようにするか、天皇制の存続の是非をどう考えていたのかは定かではないが、裁判の審理
によっては天皇の戦争責任を追求されてもおかしくはなかった。しかし東条は往年の「カ
ミソリ東条」の異名を発揮し、キーナン検事の尋問に対し一歩も譲らず反論を行い、つい
に天皇の戦争責任の追求をはねつけることに成功する。東条の刑殺はすでに決定しており
、東条自身も「自分は永遠に歴史の中で罵りの鞭を受けるだろう」と語っており、東条英
機の東京裁判は天皇の戦争責任回避のみの裁判だったと言っていい。その意味で東条は東
京裁判で勝訴したと考えていいと思う。少なくとも東条自身は満足したであろう。

199 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 20:52:31 ID:VgrNgD+B
 昭和23年11月12日、ウェップ裁判長から「絞首刑」の判決を受けた東条は口元に
微笑を浮かべ、通訳を伝えるイヤホーンを外した。そして傍聴席の親族や旧部下に視線を
わずかに向けた後、退廷する。死刑執行は同年12月23日、死刑執行の前日、東条はト
イレットペーパーでこよりを造り、それで縊死しようとして果たせず、このまま死なせて
くれと男泣きしたという。東条はおそらくナチスドイツbQ、ヘルマン・ゲーリングが死
刑執行前日、隠し持っていた毒薬で服毒自殺を行ったことを知っていたであろう。そして
自ら処断できたゲーリングが羨ましかったのかもしれない。しかし翌日の執行日には東条
は威厳を取り戻していた。東条は酒好きであり収監中もことあるごとに「一杯やりたいで
すな」と話していたという。執行直前にコップ一杯のワインを飲み、上機嫌になったとい
う。そして同じく死刑執行される松井岩根大将に音頭をとらせ「大日本帝国万歳」を三唱
する。その余韻がまだ消えないうちに刑場のドアが開かれ、東条は刑場の露と消えたので
ある。

東条英機 1948年12月23日死去






200 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 20:59:04 ID:VgrNgD+B
信心決定しても、天皇を敬うもんなんですか?
信心決定しても、自殺をしようとするもんなんですか?
信心決定しても、死刑を苦に思って男泣きするもんなんですか?

201 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 21:21:39 ID:la+8uSkh
最期に発した言葉が「大日本帝国万歳」とは意外でした。

同じように「死刑執行される松井岩根大将に音頭をとらせた」ってことだけれど、信心決定したのなら、同時に信心決定していない
松井岩根大将が地獄に落ちる一大事の事実がありありと判る筈なのだから、「大日本帝国万歳」の音頭をとらせたなどと悠長なこと
は、いっていられないんじゃないですか?

202 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 21:30:53 ID:9qSD6ZXc
浄土や地獄を論理的に証明できるんでしょうか?
真宗の教えは論理的に理解できるんですよね?
だったら、[浄土]真宗の浄土の実在を論理的に証明してください。

203 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 22:02:04 ID:rZFHc8QY
人間の智慧なんぞ仏さまから見れば、我々がアリをみているようなもんなんだよね。

204 :騎士:2005/11/27(日) 22:03:18 ID:g6TsrlnW
キリストを求める人生にはよろこびがあります。それは本当のよろこびです
私はそれを知らずに生きて来ました。しかし、もう過去の虚しい心、虚しい生きかたから私は解き放たれました。神が導いているからです
私は神を信じているつもりだった。けれど私は人を愛するということを知らなかった。でも、今は人を愛せます。神が私の心を開いて下さったからです。私はもう恐れません。

205 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 22:07:40 ID:FvEAvIrJ
神は不平等、ですよ。生まれた時から差別があるでしょ。

206 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 22:08:37 ID:FvEAvIrJ
愛の神なら、生まれた時から同じ条件にして。そうでないとおかしく
ないですか?

207 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 22:10:49 ID:F0/mbK70
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/

208 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 22:15:20 ID:rZFHc8QY
207のサイトは何度読んでも素晴らしいですよね
お見事です。

209 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 22:21:29 ID:9qSD6ZXc
>>205-208
それはいいから「浄土」真宗の浄土の実在を論理的に説明してください。
浄土真宗の教えは論理的で、親鸞会の説明を聞けば誰でも分かるんですよね?
この親鸞会の言葉が嘘でないならハッキリ答えてください。

210 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 22:50:17 ID:F0/mbK70
 情緒あふるる日本一の琵琶湖を擁する滋賀県。
 ここは古くから関西、東海、北陸の物流ネットワークの要衝として栄えてきました。
 浄土真宗を開かれた親鸞聖人や、その教えを全国に広められた蓮如上人とも大変ご縁の深いところです。
 親鸞聖人は、若き比叡山での修行時代、この大湖を見下ろし、独り人生の目的に悩まれました。

http://sigamiyako.nsf.tc/

211 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 22:54:48 ID:9qSD6ZXc
>>210
親鸞会なぜ答えぬ!
「浄土」真宗の浄土の実在を論理的に説明してください。
真宗の教えは論理的で誰でも分かるという、親鸞会の言葉は嘘なのですか?

212 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 22:54:49 ID:FvEAvIrJ
うだうだいわずに聞きに行けば?

213 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 22:55:35 ID:FvEAvIrJ
サルでも分かるとか誰か言ってるし(笑)

214 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 23:06:49 ID:9qSD6ZXc
>>212
真宗の教えは論理的で誰でも分かるのですよね?
であるなら、あなたがたは「浄土」真宗の簡要である、
浄土の実在を論理的に分かっているはずです。
また論理的に理解した話なら、ここで説明できるはずです。

215 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 23:09:14 ID:rZFHc8QY
説明することはたいへん難しい
説明するのはたいへんな労力がいります。
単純なことではないので、ここでは無理です。

216 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 23:10:42 ID:N+Z0kR1J
>>152
>>あなたの意見は・・・、
>>・マニュアルがあるけどあまり使われていないらしい。

>・新勧にむけて、講義がおこなわれ、練習もする。
>・先輩から後輩へ伝える 
>・そのとき、その場で実行にうつすかどうかは、個人の判断にまかされる
>と理解していますが、これでよろしいでしょうか?
>はい、直しといたよ。

あまり使われないのに、マニュアルを作ったのは、何のためですか?
 
やはり、「引き離し対策」や「親対策」「兼部カット」といった内容について、講義でも話しがなされ、
先輩から後輩へ伝えられているということですね。

あんなマニュアルまで作り、非常識だと分からないのでしょうか・・・。  
こそくな手段をつかわなければ、新入生をひきとめられないことを
反省すべきだと思います。

自分たちのしていることが、社会からどうみられるか、正しく判断できないから、
自分たちにとって正当化される理論でもって、あのようなマニュアルまで作ってしまうのでしょう。

「親鸞会ではマインドコントロールが行なわれている」と言われても仕方ないと思います。 


217 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 23:13:50 ID:9qSD6ZXc
>>215
では、あなたは浄土の実在を論理的に理解しているのですね?
また、複雑であっても、それを説明することができる、と断言するのですね?


とりあえず、浄土の実在を論理的に説明する際の
重要なキーワードをいくつか書き出してしてください。

218 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 23:18:32 ID:N+Z0kR1J
>>155
>>その誤差がどれくらいの割合で生じるか、わかるのですか?
>>誤差の割合や頻度が分からない時点で、解析不能となります。
>>それとも、親鸞会の教義に『我々の行為が「順現業」となるか「順次業」なのか「順後業」か、何か定義があるのですか?
>>それぞれ、どれくらいの割合となるかが分かる、教義なのですか?』
>>それが分からなければ、解析不能ではないでしょうか?

>いつ因縁和合するかなんて、そりゃあばらばらでしょうな。
>でも、それがばらばらなのを利用すればいいじゃん。平均化すればキャンセルできるんじゃないの。

何を平均化すれば、何がキャンセルされるのでしょうか?

分かりにくいので、説明してもらえませんか?
そうでなければ、「親鸞会の説く因果の道理は、反証可能である」というあなたの主張を正しく理解できないので。

よろしくお願いしますね。


>それにしても、「親鸞会の」「親鸞会の」とわざわざ言うところが気になるな。
>仏教で言われる因果の道理ではないと言いたいのかね?

私が知っているのは、「親鸞会」というフィルターを通しての仏教ですので。
親鸞会の説く因果の道理について、どの経典にどのように説かれているかは知りませんし、
親鸞会で、詳しく説明を受けたこともありません。

そこで、誤解のないように、そのように表現しています。
それとも、「親鸞会の説く因果の道理」について、「どの経典」に「どのように」説かれているのか、根拠を示して下さいますか?

219 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 23:28:10 ID:N+Z0kR1J
>>158

>意味はなくならないよ。感覚の差異があっても、幸福を不幸と書いたりはしないだろ。
>ある程度の誤差を見積もれば、十分意味のあるデータが得られる。

>君の指摘していることで、反証可能性が低くなることは確かだが、反証可能性がゼロになるとはいえないね。
>なんらかの予測をしていて、なんらかの確かめようがあれば反証可能なんだろ?

>予測はこう↓
>多数の人が長時間において、所定の行為についての実践度と幸福感の関係を解析すると、
>行為の実践度が高いグループの方が幸福感が高い。

あなたの言う、「所定の行為をおこなったから、現在の幸福感が得られた」と関係付けることができるのは、なぜですか?

現在の幸福感が、その所定の行為から得られたものだ、となぜ言えるのですか?
「過去世の種まきの結果かもしれないですよ」といわれたら、なんと答えるのですか?
 
たとえ、あなたの言うように「行為の実践度が高いグループのほうが幸福感が高い」からといって、
その幸福感が、それらの行為の実践の結果だと、どうして言えるのですか?
過去世の種まきの結果ではないと、どうしてあなたは分かるのでしょうか?
あなたが、そのように判断された理由を、私にも分かるように説明して頂けると、
「親鸞会の説く因果の道理」について、大変理解が深まりますので、よろしくお願いします。

それがきっちり説明できなければ、なんの予測も出来ないことになり、反証不能となりますが、いかがでしょうか?  


220 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 23:31:08 ID:8VjJboDP
>>200-201

s会のシンパじゃないですが、これらのことは、信心決定している/してない
に関係なく、その人の業によるものですね。
s会流には、どう考えるかわかりませんが。

221 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 23:32:45 ID:N+Z0kR1J
>>166
>>だから、善い行為をどう規定するの?

>掃除とか挨拶とかボランティアとか勉強とか、具体的に指定すればいいでしょ。

ボランティアや勉強が善であるとは、何か経典上の根拠があって言われているのですか?

 
>それにしても、「親鸞会の」「親鸞会の」とわざわざ言うところが気になるな。
>仏教で言われる因果の道理ではないと言いたいのかね?

こんなことを聞かれる方もありましたので、「親鸞会の説く因果の道理は、経典の根拠に基づいた、正真正銘、仏教の教えである」ことを、
説明して頂ければありがたいかと思いましたので。

よろしくお願いいたします。


222 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 23:34:21 ID:5lDUiCsm
因果の道理は仏教の根幹です。

223 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 23:36:29 ID:5lDUiCsm
根拠は一切経すべてと言ってもいいでしょう。

224 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 23:36:33 ID:VgrNgD+B
>>220
天皇を敬うのは、神信心じゃないの?
東条英機は、天皇崇拝者だったらしいけど、それでも信心決定できたんだ。

225 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 23:38:07 ID:5lDUiCsm
ごちゃごちゃ言って善い事しなければ、善い結果はきませんよ。

ともに光に向かって進ませて頂きましょう。

226 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 23:40:18 ID:VgrNgD+B
嘘勧誘も善い事ですか?

227 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 23:42:16 ID:9qSD6ZXc
>>215
まさか、浄土を「論理的」に説明出来るという答えが返ってくるとは…
たまげた、というか、あきれた
てっきり、仏道に導くための配慮です、とでも答えるのかと思ったのに。
いいのか?
親鸞会はこんな勝手なことを言う外道を放置して?

浄土や阿弥陀仏は真如法性が、衆生のためにかたちと名前を顕したものだ。
だから浄土を論理的に説明するためには、真如を論理的に説明する必要がある。
しかし、真如法性を論理で理解することは出来ない。
こころもことばも及ばないのが真如だからだ。
真如を、そしてそれから顕れた浄土は、ことばの世界では説明できないことこそ、
親鸞学徒ならよくよく分かっているべきことのはず。

だから、真宗の教えを「論理的に誰でも分かる」などと言うこと自体がおかしい。

228 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 23:45:08 ID:N+Z0kR1J
>>166
>>「何かの原因はいつか必ず何らかの結果につながるものである。」という命題は?
>>つながるとは、原因の少なくとも一部として結果に影響を与えるということね。

>「何かの原因」って言葉がおかしかったな。「何らかのものごと」に訂正。

えっと・・・、あなたの質問を言い直すと「何らかのものごとは、いつか必ず何らかの結果につながるものである」
という命題は、納得できますか?ということですね。

言われていることが、あまりにも抽象的すぎて、意味がよくわかりません。

もうすこし、言われたいことを、「具体的に」、もしくは、「言葉を添えて」頂けると、
意味が理解できるかと・・・。すみません。



229 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 23:48:29 ID:8VjJboDP
>>224

天皇を敬うのは、別に神信心(この定義も不明確だが)じゃないだろう。
天皇崇拝を一種の宗教にまでしたのは、一神教的な平田神道(平田篤胤は、
密かに当時、ご禁制のキリスト教神学を研究していたと言われる。彼は、
日本仏教の宗派の中では、真宗と日蓮宗を「神敵二宗」と呼んで、特に敵視
していた。)の影響を受けた、国家神道だろう。
明治初頭の「廃仏毀釈」の行き過ぎにあわてた、新政府の指導層は、すぐに
、神懸り的、原理主義的な平田神道の過激派を排斥した。
で、政治的に利用できる部分だけを残した。
昭和初期の「皇道派」も、上のような「神懸り」に近かったが、東条英機は、
反対の、現実主義の「統制派」の巨頭だった。

230 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 23:51:30 ID:N+Z0kR1J
>>215
>説明することはたいへん難しい
>説明するのはたいへんな労力がいります。
>単純なことではないので、ここでは無理です。

ここで無理なら、どこに行けば、説明するのに労力がいる、大変難しいことを説明してもらえますか?
どなたが説明してくれるのでしょうか?


231 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 23:51:36 ID:9qSD6ZXc
さて、浄土を論理的に説明することが不可能であるわけですが、
それなのに>>215のごとく「浄土」真宗は論理的で誰でも分かる、と吹聴することは
是でしょうか非でしょうか?

232 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 23:54:24 ID:VgrNgD+B
>>229
じゃあ、なぜ東条英機が天皇を崇拝したと思う?
人格者だったから?才能ある人だったから?
一国の元首だから?

233 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 23:57:29 ID:iCYCLsIo
>ID:N+Z0kR1J
ご苦労さん。
今日はちょっと忙しいので、スルーされ続けている質問だけ貼っとくよ。
いつまでスルーするつもりかな。
あまりふざけないでくれよ。

>>いえ、自然科学に詳しい、ハワイに住んでおられたこともある「ジャーナリスト」の方だと思います。
>君は、俺のことをこういう人だと本気で信じているということだな?

>で、君はどうなの? 会員在籍時なみ、あるいはそれ以上に絶対の幸福を求めるために
>時間や体力やお金を使っているのかな?

>>231
ちょっとむきになりすぎだろ。

234 :名無しさん@3周年:2005/11/27(日) 23:57:59 ID:8VjJboDP
>>232

わかりません。
興味があるなら、自分で研究してみたら?

235 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 00:00:38 ID:VgrNgD+B
>>234
きっと、>>128さんなら神信心をしていたからと結論づけると思います。

236 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 00:04:04 ID:wglUN0AB
>>233
ムキ?
浄土を論理的に説明できるなどと言う外道を、破邪顕正と大悲伝普化を旨とする親鸞会が見過ごすというのか?

「浄土」真宗の教えは論理的に説明されれば誰でも分かるなどと言う嘘を許すわけ?
これは親鸞聖人の浄土についての教えに大きく逸脱している。
親鸞学徒であれば、真宗は論理で説明できないことをハッキリ言うべきだ。

237 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 00:05:23 ID:F5Lvap/I
>>233

>今日はちょっと忙しいので、スルーされ続けている質問だけ貼っとくよ。
>いつまでスルーするつもりかな。あまりふざけないでくれよ。

わかりましたよ。別にふざけるつもりはありませんが。
では、あなたも返答しないという、「ふざけること」は、今後しないで下さいね。


>>いえ、自然科学に詳しい、ハワイに住んでおられたこともある「ジャーナリスト」の方だと思います。
>君は、俺のことをこういう人だと本気で信じているということだな?

だって、語尾とか、その人の口調と、あまりにもそっくりなので・・・。すみません。
親鸞会の日程と、書き込みのない時間とかも、あまりにも合致しているし。
一般会員か、講師部員か、会館近辺の人か、とか考えちゃう♪


>で、君はどうなの? 会員在籍時なみ、あるいはそれ以上に絶対の幸福を求めるために時間や体力やお金を使っているのかな?

なぜ、私のことを聞きたいのですか?


238 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 00:06:47 ID:wglUN0AB
>>236
ちょっと興奮した

>親鸞学徒であれば、真宗は論理で説明できないことをハッキリ言うべきだ。

親鸞学徒であれば、浄土は論理で説明できないことをハッキリ言うべきだ。
に訂正。

239 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 00:13:32 ID:i+Z7cSg1
>わかりましたよ。別にふざけるつもりはありませんが。
>では、あなたも返答しないという、「ふざけること」は、今後しないで下さいね。
何言ってるんだ?
さんざんスルーし続けた君が言えることか、それは。
かなり人をなめてるね、君。

>だって、語尾とか、その人の口調と、あまりにもそっくりなので・・・。すみません。
語尾って、「だな」「かね」とかのことか。
よくそれだけのことで決め付けられるものだな。
それで「あまりにもそっくり」ときたか。

君はとてつもなく世間知らずなだけかもしれんな。

>なぜ、私のことを聞きたいのですか?
君みたいな発言をする人の、リアルでの言動にとても関心があるからだよ。

240 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 00:20:52 ID:i+Z7cSg1
>「浄土」真宗の教えは論理的に説明されれば誰でも分かるなどと言う嘘を許すわけ?
>これは親鸞聖人の浄土についての教えに大きく逸脱している。
>親鸞学徒であれば、真宗は論理で説明できないことをハッキリ言うべきだ。
うーん、離言真如としてはそうだけどさ、依言真如としては、言葉である以上、
言葉の論理によって理解できるでしょ。
「弥陀(因)によって浄土(果)が作られた。」
これは論理的な文章で、理解できるだろ。

241 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 00:21:01 ID:wglUN0AB
まあいいや
>>233
真宗の教えは論理的であり説明を受ければ誰でも分かると、親鸞会は吹聴します。
このことをあなたは是としますか、それとも非としますか?

是とするなら、「浄土」真宗の浄土の実在を論理的に説明してください。

242 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 00:22:40 ID:uUTroTNQ
ID:i+Z7cSg1さんは、「絶対の幸福」を求めるために
どれくらいの労力とお金をお使いですか?
また、その労力やお金は、信心決定のためになくてはならないものですか?


243 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 00:27:15 ID:wglUN0AB
>>240
>「弥陀(因)によって浄土(果)が作られた。」

浄土の因は法蔵菩薩の発願と兆載永劫の修行で、阿弥陀仏もその果だよ…
細かいことだけどね。

それで、法蔵菩薩や阿弥陀仏と、その浄土の存在を論理的に証明できるの?
真如について、ある程度説明することはできるが論理的に理解できるとはいいがたいと思うね。

244 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 00:32:18 ID:i+Z7cSg1
>それで、法蔵菩薩や阿弥陀仏と、その浄土の存在を論理的に証明できるの?
>真如について、ある程度説明することはできるが論理的に理解できるとはいいがたいと思うね。
存在が証明できるとか聞いたことはないな。
少なくとも、現代科学を前提としての証明は絶対出来ないと思うし、
因果の道理といった公理から浄土の実在とかを証明するなんていうのもナンセンスだしね。

245 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 00:32:39 ID:uUTroTNQ
>「弥陀(因)によって浄土(果)が作られた。」
>これは論理的な文章で、理解できるだろ。
これって、クリスチャンが言う
「神(第一原因)によって我々(果)が作られた」
というのと同じ論理では?


246 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 00:34:42 ID:wglUN0AB
真如が何を指しているかが分かれば、浄土が論理の枠を越えていることも理解できるはず。
そうすれば、浄土真宗が論理的で誰でも分かるなんて、とても言えなくなると思う。
如何?

247 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 00:37:36 ID:uUTroTNQ
>>244
証明できないことを、あなたはどうやって「真実である」と判断しましたか?
ご説明下さい。

248 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 00:38:53 ID:wglUN0AB
>>244
>因果の道理といった公理から浄土の実在とかを証明するなんていうのもナンセンスだしね。

つまり、浄土真宗の教えは論理を越えている。
「論理的で説明すれば誰でも分かる」というのは不適切な言葉では?

>>245
「我々や世界は空の相である」ぐらいの言い方なら禅かぶれならするかもね。

249 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 00:40:40 ID:Fz31unPg
>>244
たしかあなたが、仏教は因果の道理に立脚して説かれているから論理的だ、
から始まって因果の道理の検証がはじまったと思いましたが。。。

250 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 00:46:24 ID:i+Z7cSg1
>真如が何を指しているかが分かれば、浄土が論理の枠を越えていることも理解できるはず。
>そうすれば、浄土真宗が論理的で誰でも分かるなんて、とても言えなくなると思う。
うん、仏智を人間が完全に理解できる訳ないからね。
言いたいことは分かるけど、「理解」といってもいろいろあるでしょ。

>証明できないことを、あなたはどうやって「真実である」と判断しましたか?
浄土真宗の救いがなければ私たちは本当の幸せになれないということが分かったから。

>たしかあなたが、仏教は因果の道理に立脚して説かれているから論理的だ、
>から始まって因果の道理の検証がはじまったと思いましたが。。。
別に何も矛盾してないでしょ。
論理的であることと、現代科学で実在が証明できることは別だ。

251 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 00:57:21 ID:F5Lvap/I
>>239

>>なぜ、私のことを聞きたいのですか?

>君みたいな発言をする人の、リアルでの言動にとても関心があるからだよ。

これ、どういう意味ですか?「リアルでの言動」って何?


>>233 名前: 名無しさん@3周年 [sage] 投稿日: 2005/11/27(日) 23:57:29 ID:iCYCLsIo
>>ID:N+Z0kR1J
>ご苦労さん。
>今日はちょっと忙しいので、スルーされ続けている質問だけ貼っとくよ。

返答まっています。
「親鸞会の説く因果の道理」を深く理解したいと思っていますので、楽しみにしてます。



252 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 00:58:13 ID:ORq76v83
ちょっと疑問

「親鸞会が社会的に見てカルトであるかどうか」と、
「高森先生の信心が偽りかどうか」って別問題ですよね。

個人的には後者の方が重要な気がしたもので・・・

253 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 00:58:48 ID:Fz31unPg
>>250
あっ、そういう論理的ね。
くだらね、こんなの相手にしてたのか。
もう、親鸞会の教えを「信じてる」でいいね。

254 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 01:01:41 ID:F5Lvap/I
>>239

>君はとてつもなく世間知らずなだけかもしれんな。

新入生に対して、「引き離し対策」「親対策」「兼部カット」といった行為をマニュアルまでつくって、おこなっている浄土真宗親鸞会は、
もっと世間知らずだと思っていますよ。

親鸞会も、あんなマニュアルまで作り、非常識だと分からないのでしょうか・・・。  
こそくな手段をつかわなければ、新入生をひきとめられないことを 反省すべきじゃないでしょうか?

自分たちのしていることが、社会からどうみられるか、正しく判断できないから、
自分たちにとって正当化される理論でもって、あのようなマニュアルまで作ってしまうのでしょう。

「親鸞会ではマインドコントロールが行なわれている」と言われても仕方ないと思います。 



255 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 01:03:23 ID:8SRTBWbu
人間の考えの及ぶ段階と及ばない段階があります。
合点ゆかずば合点ゆくまで聞きなされ、聞けば合点のゆく教え、と言われるように、
筋道立っていて論理的な教義でありますから、人間でも納得できます。
二種深信でいうならば、そのような幸福でなければ、我々は真の幸福にはなりえない、というところまでは凡夫の頭で考えられるわけです。
それが実際にあるかどうか、なぜそんなことがありうるのか、ということは凡夫の理解を超えた不思議、です。

人間は知情意の動物といわれる通り、別に宗教的なものごとに限らず、人の判断には主観が大いに絡んでしまいます。
ですが特に宗教は、多くの問題と関わるために客観的判断が難しいものだと思います。
件の論理的思考について、ごく簡単に考えを説明させていただきますと以下のようなものです。
・仏縁深い人は、仏教の中に筋道立って教えられた人生哲学に対して純粋(素直)である。
仏法を聞かれない方でも、なるほど、とは言われますからね。しかし、その方の好みが理由で聞かれないようです。
因果の道理が適用されないものはこの宇宙にはありません。だから真理というのです。
燃えるという結果は、薪などの因縁が和合したことによって生じたもので、
その因縁が離れれば結果もなくなります。


256 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 01:08:41 ID:rLvvJADW
http://nazeyameta.shinrankai.makibishi.jp/
の反論サイト、まだ?

257 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 01:08:42 ID:8SRTBWbu
報恩講で弁士の一人の方が、
せっかく親鸞会で弥陀の本願を知らされながら、4年間、御縁の遠のいていた方なのですが、
「もう一度聞かせてください。真剣に仏法を求めさせていただきます。一人でも多くの方に弥陀の本願お伝えしたい。」と心からの謝罪、および感謝の言葉を述べられました。
皆さんも、いずれこの方のように戻ってこられることを心より待っております。
ともに、無碍の一道へ出させていただこうではありませんか。



258 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 01:08:47 ID:wglUN0AB
>>250
>うん、仏智を人間が完全に理解できる訳ないからね。
>言いたいことは分かるけど、「理解」といってもいろいろあるでしょ。

そう仏智は完全に理解できない。
仏意は、理解するものではなく、ただ信じる。ただ受け入れる。ただ聞く。
真宗の教えは、そう言う性質のもののはず。
論理で理解しつくせないことが分かれば、「真宗の教えは論理的に分かる」
という言葉が真宗の教えに反していることも分かるのでは?

259 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 01:10:40 ID:uUTroTNQ
>>255
途上国に生まれ、紛争や飢餓に晒されている赤ん坊が、
なぜそのような目にあっているのかを筋道立てて説明して下さい。
彼らが前世に悪い行いをしたから、それは当然の報いですか?

260 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 01:11:23 ID:8SRTBWbu
分かってない人が分かったように書き込んでいるのだからお粗末至極なのです。
たとえ、以前親鸞会で聞いておられたとしても現在聞いておられないということは、
阿弥陀さま、善知識を泣かせているということになるということが全く分かってないのだから
情けない限りです。
早く目を覚ましていただきたい。
全人類の救われるただ一本の道「弥陀の本願」を正確に伝える親鸞会を誹謗するということは、
自分のみならず多くの人を地獄へ突き落とすことになるから
厳しく忠告しているのです。

261 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 01:19:17 ID:Fz31unPg
>>260
だから、自分の信念上の問題で、他の信念を謗ってただけだったんだね。
阿弥陀さま、善知識、これら自分が信じているものを他人にも
押しつけるために、嘘勧誘、両舌勧誘、信心の偽り、被勧誘者の引き離し
これら、どうみても異常としか言えないほどの勧誘方法を正当化してたんですね。
こういう反社会的な宗教団体を破壊的カルトと言うんですよ。
オウム真理教、統一教会といっしょにするなと言っても、そう判断せざるをえないことを
親鸞会はしてるんです。

262 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 01:20:59 ID:uUTroTNQ
>>260と、分かってない人が分かったように書き込んでおられます。

あ、彼が信心決定したとか言うんであれば別かもしれませんが。

263 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 01:22:59 ID:rLvvJADW
>>260
>たとえ、以前親鸞会で聞いておられたとしても現在聞いておられないということは、
>阿弥陀さま、善知識を泣かせているということになるということが全く分かってないのだから
>情けない限りです。

親鸞会に入って聞かなければ救わないような阿弥陀さまを拝んでいるということ?

264 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 01:39:45 ID:wglUN0AB
>>255
>.二種深信でいうならば、そのような幸福でなければ、我々は真の幸福にはなりえない、
>というところまでは凡夫の頭で考えられるわけです。

では質問。

阿弥陀仏の救いをただ信じることで往生は決定する。
そしてその信心は、二種深信という相をもつ。

この話を信じる根拠は?

265 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 02:13:48 ID:wglUN0AB
>>264
>.二種深信でいうならば、そのような幸福でなければ、我々は真の幸福にはなりえない、
>というところまでは凡夫の頭で考えられるわけです。

いや、この文意は
「論理の世界に安心はない、論理の世界を越えた阿弥陀仏しか凡夫に安心は与えられない」
かな?

論理の世界では人に絶対の幸福を与えられない、という結論は論理的かもしれないが、
論理を越えたところに絶対の幸福がある、という結論は、やはり論理的というより信仰の世界だな。
そこに幸福があることを論理的に証明することはできないんだから。

>筋道立っていて論理的な教義でありますから、人間でも納得できます。

教義の中心である阿弥陀仏や浄土が超論理的なのに、論理的と言っていいのだろうか?

266 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 02:55:20 ID:wglUN0AB
大前提 仏教の因果の教えは論理的である。
少前提 そして真宗の教えは、仏教の因果の教えからは逸脱しない。
結論   したがって、真宗の教えは論理的である。

という組み立てか?
しかし大前提である釈尊の縁起の法は、相対的な論理で説明しつくせる教えだろうか?
因果の法は宇宙の真理である。
絶対の真理であるなら、相対の論理で説明し尽くすことはできない。
もし相対的な論理に過ぎないのなら、釈尊の教えは絶対の幸福を与えられないことになる。

したがって、その教えを根底に置いた真宗は論理的であるとは言い難くなる。

(ただ、仏教は超論理的であって、非論理的ではないというような説明は時々されるな)

267 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 08:19:32 ID:GbAJ46/J
机上の空論ご苦労様。

268 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 08:53:18 ID:8aJeyRLj
仏教は行学です。

269 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 09:50:43 ID:sWy9iYm0
>>268
>仏教は行学です。

その通りです。
善知識と真実を伝える組織に対する無条件絶対服従を通して
知らされていくことがあるのです。
T森先生の飼い犬めざして光に向いましょう。
会に対して批判することは法を謗る行為ですから無間地獄に
堕ちます。批判する気持ちを押し殺し、自分を騙し騙ししつつ、
光にむかって進んでいかなくてはなりません。
真実をお伝えするには配慮として、多少の嘘が必要です。
その嘘に対して罪悪感をもつ必要はないのです。
T森先生はあなたの信心を試しているのですから。
批判する気持ちは信心を試す羅刹とおもって光に向って
進んでいかなくてはなりません。


270 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 11:59:46 ID:ga3N5fWA
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/
何だろう、この変な感じは?

271 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 12:10:00 ID:F5Lvap/I
>>270

>http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/
>何だろう、この変な感じは?

親鸞会を絶対視しているから、やめる人や、親鸞会を批判する人の気持ちを理解できないので、
変な感じがするのだと思いますよ。

これをよく読んでみたら?

http://nazeyameta.shinrankai.makibishi.jp/
続・なぜ私は親鸞会をやめたのか


272 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 12:12:38 ID:F5Lvap/I
>>155
>>その誤差がどれくらいの割合で生じるか、わかるのですか?
>>誤差の割合や頻度が分からない時点で、解析不能となります。
>>それとも、親鸞会の教義に『我々の行為が「順現業」となるか「順次業」なのか「順後業」か、何か定義があるのですか?
>>それぞれ、どれくらいの割合となるかが分かる、教義なのですか?』
>>それが分からなければ、解析不能ではないでしょうか?

>いつ因縁和合するかなんて、そりゃあばらばらでしょうな。
>でも、それがばらばらなのを利用すればいいじゃん。平均化すればキャンセルできるんじゃないの。

何を平均化すれば、何がキャンセルされるのでしょうか?

分かりにくいので、説明してもらえませんか?
そうでなければ、「親鸞会の説く因果の道理は、反証可能である」というあなたの主張を正しく理解できないので。

よろしくお願いしますね。


>それにしても、「親鸞会の」「親鸞会の」とわざわざ言うところが気になるな。
>仏教で言われる因果の道理ではないと言いたいのかね?

私が知っているのは、「親鸞会」というフィルターを通しての仏教ですので。
親鸞会の説く因果の道理について、どの経典にどのように説かれているかは知りませんし、
親鸞会で、詳しく説明を受けたこともありません。

そこで、誤解のないように、そのように表現しています。
それとも、「親鸞会の説く因果の道理」について、「どの経典」に「どのように」説かれているのか、根拠を示して下さいますか?


273 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 12:13:11 ID:F5Lvap/I
>>158

>意味はなくならないよ。感覚の差異があっても、幸福を不幸と書いたりはしないだろ。
>ある程度の誤差を見積もれば、十分意味のあるデータが得られる。

>君の指摘していることで、反証可能性が低くなることは確かだが、反証可能性がゼロになるとはいえないね。
>なんらかの予測をしていて、なんらかの確かめようがあれば反証可能なんだろ?

>予測はこう↓
>多数の人が長時間において、所定の行為についての実践度と幸福感の関係を解析すると、
>行為の実践度が高いグループの方が幸福感が高い。

あなたの言う、「所定の行為をおこなったから、現在の幸福感が得られた」と関係付けることができるのは、なぜですか?

現在の幸福感が、その所定の行為から得られたものだ、となぜ言えるのですか?
「過去世の種まきの結果かもしれないですよ」といわれたら、なんと答えるのですか?
 
たとえ、あなたの言うように「行為の実践度が高いグループのほうが幸福感が高い」からといって、
その幸福感が、それらの行為の実践の結果だと、どうして言えるのですか?
過去世の種まきの結果ではないと、どうしてあなたは分かるのでしょうか?
あなたが、そのように判断された理由を、私にも分かるように説明して頂けると、
「親鸞会の説く因果の道理」について、大変理解が深まりますので、よろしくお願いします。

それがきっちり説明できなければ、なんの予測も出来ないことになり、反証不能となりますが、いかがでしょうか?  


274 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 12:21:40 ID:F5Lvap/I
>>239

>君はとてつもなく世間知らずなだけかもしれんな。

新入生に対して、「引き離し対策」「親対策」「兼部カット」といった行為をマニュアルまでつくって、おこなっている浄土真宗親鸞会は、
もっと世間知らずだと思っていますよ。

親鸞会も、あんなマニュアルまで作り、非常識だと分からないのでしょうか・・・。  
こそくな手段をつかわなければ、新入生をひきとめられないことを 反省すべきじゃないでしょうか?

自分たちのしていることが、社会からどうみられるか、正しく判断できないから、
自分たちにとって正当化される理論でもって、あのようなマニュアルまで作ってしまうのでしょう。

「親鸞会ではマインドコントロールが行なわれている」と言われても仕方ないと思います。 


275 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 13:02:52 ID:rIAt7aTt
あんたらコピペ多すぎ。

276 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 14:01:27 ID:4seKNkZ/
親鸞会を辞めたことで幸福になりました。人生で最も無駄な時間を過ごしたとしか思えません
自分の記憶から抹消したいです

277 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 14:02:39 ID:ga3N5fWA
http://www.geocities.jp/ongwanji/
多い。

278 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 16:24:01 ID:ga3N5fWA
「真に重大な哲学上の問題はひとつしかない。自殺ということだ。人生が生きるに値するか否かを判断する、これが哲学の根本問題に答えることなのである」
不条理の哲学で知られる20世紀フランスの作家、アルベール・カミュは、『シジフォスの神話』の冒頭に、こう書いています。
シジフォスは岩を山の頂まで運びあげますが、岩はその重みですぐに転がり落ちてしまいます。運び上げては転がり落ち、また運び上げては転がり落ちる。無意味で、希望の無い労働を永遠に繰り返すシジフォスの努力に、人生の実相を見る人も少なくありません。
http://www.hana-kyoto.net/

279 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 16:27:35 ID:F5Lvap/I
>>158

>意味はなくならないよ。感覚の差異があっても、幸福を不幸と書いたりはしないだろ。
>ある程度の誤差を見積もれば、十分意味のあるデータが得られる。

>君の指摘していることで、反証可能性が低くなることは確かだが、反証可能性がゼロになるとはいえないね。
>なんらかの予測をしていて、なんらかの確かめようがあれば反証可能なんだろ?

>予測はこう↓
>多数の人が長時間において、所定の行為についての実践度と幸福感の関係を解析すると、
>行為の実践度が高いグループの方が幸福感が高い。

これ書いた人もふくめて、親鸞会の会員って、ほんとうに「親鸞会の説く因果の道理を、論理的・客観的に理解している」と思っているのでしょうか?
私はたんに、親鸞会会員の人たちは「親鸞会の教義を信じている」のだと思っています。

つまり、論理的に理解できないので、親鸞会の教義を信じられない人もいるということです。

なぜそんなことくらい、素直に認められないのでしょうか?疑問にさえ思います。
あなたたちは、一つの宗教団体の主張を信じているんですよ。
そろそろ、そのことを自覚してもらいたいと思います。




280 :元々ぼら夫:2005/11/28(月) 16:35:32 ID:GQhCgP7s
乙〜♪
ちと、今の流れとは関係無くて、前スレの『五修雑行』尻切れトンボやったんで、まとめだけ。
興味ない人は飛ばしておくんなまし。
「化身土巻」〈観経隠顕〉「雑行のなかの雑行雑心・雑行専心・専行雑心あり。
また正行のなかの専修専心・専修雑心・雑修雑心は、これみな辺地・胎宮・懈慢界の
業因なり。ゆえに極楽に生ずといへども三宝を見たてまつらず」
五修雑行を禁止した所で、定散心(自力の心)が雑われば、真実報土に往生することは
不可。辺地懈慢界の業因だと親鸞聖人はゆうてはるわけやね。
〜つづく〜


281 :元々ぼら夫:2005/11/28(月) 16:58:33 ID:GQhCgP7s
>>280つづき
すなわち、名号に礼拝し、お正信偈を読み、不可思議の徳を讃嘆しても、自力心が
雑じわるならば、例えば、禅定を修し、諸仏を礼拝して浄土往生を願うことと、
果として受くるもの(=辺地懈慢往生)には変わりはないって言えます罠。どなたか
おっしゃっておられましたが、安心の段においては、0点か100点かしかない。
そうであるのに、何故、s会においては、五雑行だけがクローズアップされるのか?
財施や教団への服従というものが背景にあるからではないか?と、漏れなんかは
深読みしてしまうんです。
〜つづき〜

282 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 17:02:01 ID:F5Lvap/I
>>153
>>あと、部室のポストに、正御本尊と退会届けをだしてくる人も、過去たくさんいたと思う。
>以前に一度したんですが、アパート訪問されて返却されました。

退会届を出したのに、返却されてしまったということでしょうか?
結局、やんわり言われて、最終的に返却されたということですか?

やりかたがひどすぎますね。親鸞会は。


>>ちなみに、担当講師が受け入れてくれない、というのは、何度やめたいと言っても、説得されるということですか?
>説得が長時間にわたり続きます。ただ、途中で帰りますが。

結局、「やめたい」とのあなたの意志を受け入れてくれないようなら、もう会う必要はないと思います。
できれば、学友部の責任者あてに、その旨を手紙にでも書いたらどうですか?
「担当講師や幹部の人たちに言ってください」とか書いて。





283 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 17:03:00 ID:F5Lvap/I
>>153

>>会費未納状態になると、自動的に除籍されるシステムらしいですから参考までに。
>活動していないとはいえ、なかなかやりずらい。

分かりますよ、その気持ち。いろいろ人間関係もありますしね。
退会はしたいが、親鸞会で築きあげてきた人間関係すべて壊したくはない、と。
親鸞会をやめても、付き合いを続けてくれる人がいるなら、私はそのような人が
あなたにとって、本当の親友だと思います。


>私も少しの間は聞いていたので本尊を大切にしないといけないことくらいは理解している
>つもりですので手渡しが一番理想なのですが。

そうですね。退会処理がおわったことを確認したあと、手渡しで返却してもいいかも。


>s会入るのは割と簡単だが出るのは難しいってなんか嫌だな。


親鸞会って、以下のようなことを言っているけど、
>http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/
>浄土真宗親鸞会は、入会されるも退会されるも、まったく自由ですから、ご縁がなくなれば離れてしまうのも、残念ですが止むを得ないことでしょう。

言っていることと、やってることが反対でしょ。
退会したいっていっているのだから、本人の意志を尊重したら?
それとも、最近、会員が減少し続けているので、これ以上減らしたくないのかな?

一体、会員って何人いるんでしょうね。


284 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 17:22:11 ID:3oRUMlJ1
担当講師の人って退会者がでると 困ることがあるんじゃないんでしょうか。

私はとりあえず今月一杯で辞める人間だけど 連絡も取らないし 向こうから来ることも
ないです。親鸞会にとって会員は単なる金ヅルみたいなものなのかもしれません。
結局本願寺と同じ道を歩むんだなと思いますね。


285 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 17:26:10 ID:F5Lvap/I
なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/


これを読んだ、親鸞会サイドの反論が以下のものですよね。

「なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/


この親鸞会側の意見に対して、以下の反論が出たんですが、

続・なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://nazeyameta.shinrankai.makibishi.jp/

これに対する、親鸞会側の反論って、あるんでしょうか?
親鸞会の会員の人って、これ読んで、どう思うのかな?



286 :元々ぼら夫:2005/11/28(月) 17:26:14 ID:GQhCgP7s
長々スマソ。
>>281つづき
財施を布施行の一種ととらえるならば、広く言えば、雑行雑修に入る。「化身土巻」
〈真門釈〉「いはゆる布施・持戒・立寺・造像〜一切福業、もし正信なければ、
回向願求するにみな少善とす。往生の因にあらず。」とあるのだけれども、s会では
「財施は宿善を積む」こととされているから、これを雑行と言うことはできない。
いくらお金積んでも、浄土往生とは何ら関係ないなんて言ったら、お金集まらなく
なっちゃうからね。「五種雑行」だけを取り出して、禁止するのは、本来の雑行雑修を
見えにくくさせる効果あり


287 :元々ぼら夫:2005/11/28(月) 17:52:48 ID:GQhCgP7s
>>286
s会のお聖教の読み方は、教団側に不都合な部分は読まない、読ませないって立場なんじゃ
なかろかね。パッチワーク教学って、漏れがゆうのはそ〜ゆ〜トコ。ダミサ(仮)勧誘を許すために
こうした教学になったんか、こうした教学のためにダミサ(仮)勧誘が生まれたんか、
どっちが親で、どっちが卵なんかわからんが、親鸞聖人をホントに学びたいんやったら、
お勧めできん。ま、絶対の幸福を得たいんやったら、ニーズに合わせていろんな宗教も
あるさかい、ご随意に。あと、宗教団体を隠して勧誘する件に関しては、社会的制裁は
必要やね。(^-^)/

288 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 18:29:39 ID:7/G7NPPU
入学して間もない新入生を勧誘しようと
思ったのですがなかなかできません。
ダミーサークルを作り口裏合わせもし、
学外の宗教団体とは関係ないかのように見せかけ
新入生にアタックしたのですが段差でつまづき、
必殺育成法を廊下にブチ撒けた瞬間に警備員に見つかりました。
慌てて「宗教じゃないんです、配慮なんです」などと言い訳したのですが
どう見てもカルトです。
本当にありがとうございました

289 :昔の名前で出ています:2005/11/28(月) 19:46:53 ID:OURkKJlM
ボラは雑行が全然わかってないから好き勝手なこと書いてますが
「雑行を投げ捨てて」「雑行を振り捨てて」救われるのだという
祖師、蓮師のお言葉をなんと心得ているのか。

「諸善を振り捨てて」悪に走るとでもいうのかな?
廃悪修善をしなくなったらただの外道だろう。
雑行許すんなら真宗ではないし。

もともと後生の一大事が抜けてるんだから。
古本屋で立ち読みした知識で祖師の御教えを計ろうなんて
態度自体が間違ってるんだよ。

290 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 19:47:35 ID:d1xehvhK
>>279
何ヶ月か前に、「学友部で留年する人がいるかどうか」の議論がありました。
「学友部に留年する人がいる」という他人事でさえ、なかなか認められない人たちです。
そんな人たちに「自分は仏教を納得したのではなく、信じているだけなのだ」
と理解させることは難中の難だと思いますががんばってください。


291 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 19:54:02 ID:ORq76v83

なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

ここのサイトって、アンチの心情は分かるけど
論理的な教義の批判がほとんどないね。



292 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 19:57:34 ID:d1xehvhK
>>291
教義の批判ってあったの?どこに?

293 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 20:26:25 ID:MBWbBnOC
K玉ですがいったいいつになったら信心決定できるのでしょうか?
サルでもわかるというのに・・・・
私はサル以下なのでしょうか?

294 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 21:02:47 ID:i+Z7cSg1
>これ、どういう意味ですか?「リアルでの言動」って何?
普段どういう行動をしているのか、ということ。
「絶対の幸福を求める」ことについてね。

>自分たちのしていることが、社会からどうみられるか、正しく判断できないから、
>自分たちにとって正当化される理論でもって、あのようなマニュアルまで作ってしまうのでしょう。
社会の代弁者になったつもりかね、君は?
その前に、まずは常識を身に付けることだな。
そんなに思い込みが激しいようでは無理だと思うよ。

>「過去世の種まきの結果かもしれないですよ」といわれたら、なんと答えるのですか?
>たとえ、あなたの言うように「行為の実践度が高いグループのほうが幸福感が高い」からといって、
>その幸福感が、それらの行為の実践の結果だと、どうして言えるのですか?
>過去世の種まきの結果ではないと、どうしてあなたは分かるのでしょうか?
何言ってるのかよく分からんな。
理論から予測できることがあれば反証可能って言うんじゃなかったのか?
善をすれば幸福になれるという理論なら、善を頑張った方が幸福感が高いって、
当然の予測じゃないの?
反証可能の意味が分からないから散々聞いて、結局得られた答えは以下のようなものだったぞ。

>まず、「万有引力の法則」から予測される事象があると思います。
>そして、その予測に反する現象が確認されれば、「反証された」ことになり、
>「万有引力の法則は『反証可能』な説である」ということになるのでしょうね。
>何の予測もしない仮説だと、「反証不能」となりますよね。
>「親鸞会の主張する因果の道理」は、何の予測もしえない命題なので、「反証不能」だと、私は言っているのです。

…しかし、改めて見ると何か変だな。予測に反する結果が得られて初めて反証可能であることが
分かるかのような書きぶりだな。
これでは、未だ反証されていない理論が反証可能だと証明するにはどうしたらいいのかよく分からんな。

295 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 21:22:26 ID:i+Z7cSg1
>何を平均化すれば、何がキャンセルされるのでしょうか?
それは根本的なアイデアで、具体的にはたとえばこう。
たくさんのサンプルを集めて平均したら、幸福度の曲線の傾向が出るだろ。
サンプル数が多ければ多いほど、別の人を同数集めてもその傾向のばらつきは小さくなるだろ。
で、グループごとに条件を変えて調べる。
何の指示も出さないときの曲線=通常の平均的傾向であり、
得られた結果からそれを差し引いたものを評価すればいい。

>私が知っているのは、「親鸞会」というフィルターを通しての仏教ですので。
>親鸞会の説く因果の道理について、どの経典にどのように説かれているかは知りませんし、
>親鸞会で、詳しく説明を受けたこともありません。
ちょっととぼけすぎじゃないのか。
教学聖典1とか見たことないの。
それとも、あれも親鸞会発行だからやっぱり親鸞会のフィルターか?

>私はたんに、親鸞会会員の人たちは「親鸞会の教義を信じている」のだと思っています。
>つまり、論理的に理解できないので、親鸞会の教義を信じられない人もいるということです。
結局、君が単にそう信じているだけなんじゃないのかね。
俺は普通に君の主張が理解できないね。


296 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 21:47:58 ID:F5Lvap/I
>>294
>>自分たちのしていることが、社会からどうみられるか、正しく判断できないから、
>>自分たちにとって正当化される理論でもって、あのようなマニュアルまで作ってしまうのでしょう。

>社会の代弁者になったつもりかね、君は?
>その前に、まずは常識を身に付けることだな。
>そんなに思い込みが激しいようでは無理だと思うよ。

何がいいたいの?
主張に対する反論をしましょうね。議論にならないですよ。

『そんな君の言動では、社会の代弁者にはなる資格はないぞ』ということを言いたいのでしょうか?
何が無理なの? 

何度でもいいますよ。

自分たちが、社会からどう見られるか、正しく判断できないから、あんなこそくな手段まで文章化した
マニュアルまで作ってしまうのでしょうね。しかも、あまり使われていないマニュアルを。



297 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 21:48:57 ID:ga3N5fWA
疑問質問はこちら
http://homepage1.nifty.com/jinsaku/shinrankai/faq.html

298 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 21:50:57 ID:k9SEKGH5
親鸞会自体はどうでもいい存在だと気付くべきですね 教えが大事だとわからない人が
多いんですね会員の中にも

299 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 21:52:08 ID:yX8mSNrz
>>294
ていうか、君の検証方法でわかるのは
「良いことをしたら良いことが(統計的に)起こり「やすい」」
くらいのもので、
「良いことをしたら「必ず」良いことが起こる」
という結果は得られないんだが。

300 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 21:52:16 ID:F5Lvap/I
>>294
>>「過去世の種まきの結果かもしれないですよ」といわれたら、なんと答えるのですか?
>>たとえ、あなたの言うように「行為の実践度が高いグループのほうが幸福感が高い」からといって、

>>その幸福感が、それらの行為の実践の結果だと、どうして言えるのですか?
>>過去世の種まきの結果ではないと、どうしてあなたは分かるのでしょうか?

>何言ってるのかよく分からんな。
>理論から予測できることがあれば反証可能って言うんじゃなかったのか?
>善をすれば幸福になれるという理論なら、善を頑張った方が幸福感が高いって、当然の予測じゃないの?

あなたの「善を頑張ったから、幸福感が高い」という理論の中で、なぜ「高い幸福感が、その所定の期間に行なった善の結果だ」と
判断できるのですか?所定の期間外の、過去世の善行により、現在の幸福感がえられているのかも、知れませんよ。 
または、もしかしたら、過去世の悪行の結果、現在の幸福感が得られているのかもしれません。
  
つまり、現在の幸福感が、善の結果だと判断できる相関関係がないように思いますが、いかがでしょうか?
 
だから、あなたの言う実験だけでは、結果から「所定の善をしたことによって、幸福になれる」という理論は導けないのですよ。
だから、そのような中途半端な理論によっては、何も予測しえないのです。
当然、反証不能です。



301 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 21:52:53 ID:F5Lvap/I
>>294

>反証可能の意味が分からないから散々聞いて、結局得られた答えは以下のようなものだったぞ。

>>まず、「万有引力の法則」から予測される事象があると思います。
>>そして、その予測に反する現象が確認されれば、「反証された」ことになり、
>>「万有引力の法則は『反証可能』な説である」ということになるのでしょうね。
>>何の予測もしない仮説だと、「反証不能」となりますよね。
>>「親鸞会の主張する因果の道理」は、何の予測もしえない命題なので、「反証不能」だと、私は言っているのです。

何度でもいいますよ。「親鸞会の説く因果の道理」は、あまりにも中途半端な理論なので、何も予測しないのですよ。

どこが「中途半端」かと言うと、これも何度も言っていますが、

・結果がいつ返ってくるのか
・具体的に、どんな行いに対して、どんな結果が返ってくるのか

この2点です。「親鸞会の説く因果の道理」は、これをハッキリ説明していません。だから、どんな事態も予測しえないので、
予測しないものに反論はしようがないので、反証不能なんですよ。



302 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 22:05:33 ID:F5Lvap/I
>>294

>ていうか、君の検証方法でわかるのは
>「良いことをしたら良いことが(統計的に)起こり「やすい」」
>くらいのもので、
>「良いことをしたら「必ず」良いことが起こる」
>という結果は得られないんだが。

分かりやすい説明ありがとうございます。

私もそう思います。「必ず」だといえないんですよ。>>294の理論では。
得られる幸福感が、行為の結果だと、理論付けられる実験になっていないので。
それとも、そんなことを確かめることの出来る実験ができますか?

303 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 22:10:49 ID:MI9gSMx6
>>296
>自分たちが、社会からどう見られるか、正しく判断できないから、あんなこそくな手段まで文章化した
>マニュアルまで作ってしまうのでしょうね。しかも、あまり使われていないマニュアルを。

ん?あんまり使われてない?
じゃあ、実際の勧誘は、マニュアルほど悪質でないということ?
s会弁護とも受けとれそうな内容ですけど。。。


304 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 22:18:23 ID:F5Lvap/I
>>295
>>私が知っているのは、「親鸞会」というフィルターを通しての仏教ですので。
>>親鸞会の説く因果の道理について、どの経典にどのように説かれているかは知りませんし、
>>親鸞会で、詳しく説明を受けたこともありません。

>ちょっととぼけすぎじゃないのか。教学聖典1とか見たことないの。
>それとも、あれも親鸞会発行だからやっぱり親鸞会のフィルターか?

もちろん、教学聖典は知っていますよ。
では、聞きますが、たとえば「順現業」「順次業」「順後業」については、「どの経典」に「どのように」詳しく説かれていますか?

あと、たとえば「阿頼耶識に蓄えられた業に縁が生じて、結果がひき起こる」ということについて、
経典上の根拠を教えていただけませんか?
天親菩薩がまとめた唯識学に説かれているなら、その経典上の根拠を具体的に教えて下さい。

そのような部分のことを言っているのですよ。親鸞会で詳しく聞いたことがありませんよ。
是非、教えて下さい。
  

>>私はたんに、親鸞会会員の人たちは「親鸞会の教義を信じている」のだと思っています。
>>つまり、論理的に理解できないので、親鸞会の教義を信じられない人もいるということです。

>結局、君が単にそう信じているだけなんじゃないのかね。俺は普通に君の主張が理解できないね。

もちろん、お互い理解できないので、議論をしているのですよね。
では、聞きますが、あなたは「親鸞会の教義」を「信じている」のではなく、「論理的・客観的に理解している」のですか?



305 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 22:19:24 ID:V29c5EDI
>>303
横レスです。
勧誘の内実はあのマニュアルそのままです。
製作当時から現在に至るまで変わっていません。

ただ、ああいったマニュアルは、
内部事情が公になることを怖れて、
実際には文章として利用されることはない、ということです。

306 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 22:21:49 ID:F5Lvap/I
>>303
>>自分たちが、社会からどう見られるか、正しく判断できないから、あんなこそくな手段まで文章化した
>>マニュアルまで作ってしまうのでしょうね。しかも、あまり使われていないマニュアルを。

>ん?あんまり使われてない?
>じゃあ、実際の勧誘は、マニュアルほど悪質でないということ?
>s会弁護とも受けとれそうな内容ですけど。。。

いえいえ、i+Z7cSg1さんが以下のように言っていたので、
100歩ゆずって、そのような表現をつかっているだけです。

>あなたの意見は・・・、
>・マニュアルがあるけどあまり使われていないらしい。
>・新勧にむけて、講義がおこなわれ、練習もする。
>・先輩から後輩へ伝える 
>・そのとき、その場で実行にうつすかどうかは、個人の判断にまかされる
>と理解していますが、これでよろしいでしょうか?
はい、直しといたよ。


親鸞会はあまり使いもしないのに、なぜあんな危険なマニュアルを作ったんですかね。
それこそ、間抜けだと思いますが。

307 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 22:25:41 ID:F5Lvap/I
>>303
>横レスです。
>勧誘の内実はあのマニュアルそのままです。
>製作当時から現在に至るまで変わっていません。

>ただ、ああいったマニュアルは、
>内部事情が公になることを怖れて、
>実際には文章として利用されることはない、ということです。

あなたの言う通りですね。
親鸞会で幹部となり、勧誘活動にたずさわった人に聞けば、あきらかでしょう。

それとも、i+Z7cSg1さんは、
親鸞会では、「引き離し対策」や「親対策」「兼部カット」などは行なわれていないとでも
いいたいんでしょうかね。

本当に卑怯な団体です。

308 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 22:28:31 ID:GbAJ46/J
 みんな元気で何よりです。仏教を真剣に聞き求めて下さいね。仏縁を
 念じます。

309 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 22:29:28 ID:GbAJ46/J
 サルにはなりたくない、サルにはなりたくない、壊れた磁石を砂浜で

 拾っているだけさー

310 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 22:38:47 ID:ga3N5fWA
 本を通して、著者の人柄が伝わってきます。
 あくまで平易な言葉で語っていますが、
 穏やかさの中に信念があり、
 自信があって優しさがあるような文章です。

http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/

311 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 22:40:41 ID:uUTroTNQ
>廃悪修善をしなくなったらただの外道だろう。
嘘・ダミサ勧誘・身分詐称etc...
世間の普通の営利団体だってこんな勧誘しませんよ。
世間一般で「廃する」ようにすることが当たり前の「悪」ですら
廃さないs会は、外道ってことか。


312 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 22:44:56 ID:8aJeyRLj
>>302

真剣に善い事をやってみればわかりますよ。

自分のその行為がどんなものか。

やらなければ、絶対わかりません。

313 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 22:45:33 ID:ORq76v83

親鸞会がカルトだというアンチは、高森先生が、
金儲けなどの目的で、故意に会員を騙しているとお考えですか?


314 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 22:49:00 ID:8aJeyRLj
>>299

>「良いことをしたら良いことが(統計的に)起こり「やすい」」
>くらいのもので、

本当に良いことをしているのでしょうか?

315 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 22:53:41 ID:8aJeyRLj
善い結果=幸福にないたいと思ったら、みんな一生懸命善いことをしようと
努力するのではないでしょうか?
悪いことをして、幸せになれると思いますか。
小さい時からずっと、悪いことしたらダメ、善いことしなさいって教えられて
きたけど…


316 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 22:53:45 ID:V29c5EDI
>>313
あなたはカルトについて少し学ばれた方が良いでしょうね。

私がカウンセリングをして救出した人々が入っていたいくつかの
グループのリーダーは、「金銭のためにやっている」のではなく、
私の見るところ自分の影響力に中毒になっている人間たちだった。
多くの破壊的聖書カルトのリーダーは、目立った浪費家でもなく、
神と聖書を自分より上の権威としているように見える。にもかか
わらず、聖書と神意に関する彼らの解釈が、人々を操作しコント
ロールするのに使われているのである。

【スティーブ・ハッサン著 マインドコントロールの恐怖】


317 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 22:54:31 ID:MI9gSMx6
>>314
なんかもう、論理うんぬんの話じゃなくなってきた気が。。。



318 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 22:55:40 ID:V29c5EDI
>>312

親鸞会を外から見たらわかりますよ。

自分の所属する団体の行為がどんなものか。

マインドコントロールの中にいては、絶対わかりません。

319 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 22:56:58 ID:NEpmnEuk
>>315
では、善行をなせば阿弥陀仏の浄土に往生できるんですか?

320 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 22:57:53 ID:NEpmnEuk
>>312
善いことをすれば浄土に往生できるのですか?

321 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:05:31 ID:hxdFbSHt
>>304
>「順現業」「順次業」「順後業」については、「どの経典」に「どのように」詳しく説かれていますか?

倶舎論15に出てます。
調べるのは簡単だと思います。
なんでこういう質問がでるのか理解に苦しみますけど。

322 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:09:58 ID:uUTroTNQ
>>315
そうですね。私も小さい頃を思い出しました。
友達の家に遊びに行くとき、
「相手の親御さんにはキチンと挨拶して家に上がりなさい。
相手の家の中では、自分勝手に振舞ったりせず、家の人の了解を得てからしなさい」とか
言われました。

そういえば大学のキャンパスにもありません?
「大学に許可なくキャンパス内でのビラ配りや勧誘行為を禁じます」って趣旨の注意書き。
よその敷地に入ったら、相手の了解・許可を得てから行うのが礼儀ですよね。
子供の頃から教わること。
s会って、勧誘活動を行ううえで、
大学の許可を得てやってるんですか?得てないでしょ(byオカラw

323 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:10:53 ID:hxdFbSHt
>外から見たら

後生の一大事を否定する立場に立つ、ということですかね。
死とか自分の人生の意味とかについてどういう見解を持っているのか
シンパに発言してください。
同感を得ればみんな自然と仏法を聞かなくなるでしょう。
前から言ってるのにどうしてそうされないんでしょうか?

324 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:14:30 ID:F5Lvap/I
>>321
>>「順現業」「順次業」「順後業」については、「どの経典」に「どのように」詳しく説かれていますか?

>倶舎論15に出てます。
>調べるのは簡単だと思います。
>なんでこういう質問がでるのか理解に苦しみますけど。

だから、「経典の根拠」を「具体的に」って書いたのですが。

あなたは、「親鸞会の教義を論理的・客観的に理解した」 と思っておられる方ですか?

325 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:16:12 ID:V29c5EDI
>>323
後生の一大事って何ですか?
親鸞聖人がどこに「人は死んだらみんな地獄に堕ちる」って説かれたんでしょうか?
その点からお聞きしたいですね。

326 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:17:49 ID:ga3N5fWA
「何が正しいかということを自問自答するところから生まれてくる。
 衆知を集めて正しさを追求するところから生まれてくる。
 どんなに頭のよい人でも、自分のやっていることがあやまっているとか、
 よくないことだとなれば、自信は持てないであろう。
 だから自分のやっていることは正しい、という信念を持たなければならない。
 正しいからこそ人にも勧める。
 そして、ぜひとも人を説得しなければならない。
 そうすると、これは説得できる。
 説得できるから、事を進めていくこともできる。」

327 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:18:15 ID:ga3N5fWA
 一貫して感じるのは、「健全さ」です。
 信用を重んじ、人の意見に耳を傾け、人を信頼して任せ、
 人情の機微をとらえ、信念を持ってやり抜く。

328 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:23:57 ID:yX8mSNrz
>>327
それ何て会の話?s会と真逆の方針だね。

329 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:24:33 ID:uUTroTNQ
会員粛清規定第3条(2)組織破壊行為
 
(1) 支部長の指示に従わない。
(2) 講師部を批判する。
(3) 本会の機密を漏洩する。
(4) 本会の和を乱す。
(5) 本会の指示に対する批判的言動。
(本会の指示、方針、通達、活動目標等を批判する)

健全だねえ。

330 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:25:58 ID:V29c5EDI
【会員粛正規定】  
第1条(目的) 
本規定は、親鸞会会員の真摯な求道を妨げる行為を 粛正するために設ける。
第2条(種別) 粛正の種別は下記の通りとする。
〔イ〕除名
〔ロ〕除籍
〔ハ〕役職解任
〔ニ〕訓戒
第3条(対象行為) 下記の行為を粛正の対象とする。
これらの行為を知った会員は、直ちに本会に報告しなければならない。
(1)教義背反行為
(1) 親鸞聖人のみ教えに従わない。
(2) 親鸞聖人のみ教えに対する批判的言動。
(3) 真実の仏法に反する宗教団体、邪教に対しての利敵行為、同情的な言動。(冗談で行うことも含む)
 (寺や神社の寄付を集める、邪教の教義を褒める等)
(2)組織破壊行為
(1) 支部長の指示に従わない。
(2) 講師部を批判する。
(3) 本会の機密を漏洩する。
(4) 本会の和を乱す。
(5) 本会の指示に対する批判的言動。(本会の指示、方針、通達、活動目標等を批判する)
(3)信用失墜行為
刑法で処罰される行為 (窃盗、詐欺、横領、暴行、名誉毀損等)
(4)上記の行為に対して、無報告、黙認、または、助長する行為。
第4条(審議と決定)
(1)粛正は人事局で審議し、会長先生のご承認を得て決定する。
(2)審議は、充分な調査に基づかなければならない。
(3)審議に当っては、本人の求道歴、信仰、向上心等を充分考慮するものとする。

331 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:27:32 ID:hxdFbSHt
>>324
>、「経典の根拠」を「具体的に」って書いたのですが

倶舎論を経典の根拠をあげて説明しなさい、ということですか?
だったら仏教大学でも行かれたら?

親鸞会のフィルターとこの質問がどういう関係があるのか
理解に苦しむ、と言ったんですが。


332 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:29:29 ID:F5Lvap/I
>>295
>>何を平均化すれば、何がキャンセルされるのでしょうか?

>それは根本的なアイデアで、具体的にはたとえばこう。
>たくさんのサンプルを集めて平均したら、幸福度の曲線の傾向が出るだろ。
>サンプル数が多ければ多いほど、別の人を同数集めてもその傾向のばらつきは小さくなるだろ。
>で、グループごとに条件を変えて調べる。
>何の指示も出さないときの曲線=通常の平均的傾向であり、
>得られた結果からそれを差し引いたものを評価すればいい。

それで、以下の私の主張への反論になりますか?

>その誤差がどれくらいの割合で生じるか、わかるのですか?
>誤差の割合や頻度が分からない時点で、解析不能となります。
>それとも、親鸞会の教義に『我々の行為が「順現業」となるか「順次業」なのか「順後業」か、何か定義があるのですか?
>それぞれ、どれくらいの割合となるかが分かる、教義なのですか?』
>それが分からなければ、解析不能ではないでしょうか?

あなたは、「ばらつきが小さくなる」と言われていますが、「ばらつきが大きくなる」可能性はないでしょうか?
サンプル数をとればとるほど、ばらつくとか。なぜ、「ばらつきは小さくなる」と言えるのでしょうか。

「誤差の割合や頻度」が本当に分かりますか?

「順次業」や「順後業」の結果、得られる幸福感なら、誤差が生じますが、
それらの業の結果であるか、「順現業」の結果であるのか、どうやって分かるのでしょうか?

「順次業」や「順後業」の結果、得られる幸福感の割合が高くなるほど、
誤差は大きく、「ばらつきが大きく」なると思います。

333 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:30:21 ID:NEpmnEuk
>>323
>後生の一大事を否定する立場に立つ、ということですかね。

まず、後生の一大事があることを論理的に証明してください。
でなければ、論理的に後生の一大事を否定することはできませんから。

>死とか自分の人生の意味とかについてどういう見解を持っているのか

たとえば、「死んだらお終い人生は一度きり、だから全身全霊で生きるべき」という信念をどう否定する?

334 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:30:42 ID:hxdFbSHt
>>325

既出です。
御わさんあげて詳しく解説しました。

335 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:31:45 ID:MBWbBnOC
なぜ生きるを買えと脅されたのですが、
ブックオフの105円ので大丈夫ですか?

336 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:41:49 ID:F5Lvap/I
>>312
>真剣に善い事をやってみればわかりますよ。

何が分かるのですか?教えて下さい。


>自分のその行為がどんなものか。
>やらなければ、絶対わかりません。

論理的に言葉で説明できないということですか?



337 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:42:41 ID:ga3N5fWA
●コウモリ

 アフリカには魚をとって食うコウモリがいる。
 超音波を出して、魚の位置をつかむのだという。

 ところが超音波は、水中に発すると1000分の1に減衰する。
 はね返ってくるのは、さらに1000分の1。
 
 それをキャッチして、ピュッと飛び降りたと思ったら、百発百中で魚つかむ。

338 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:43:02 ID:mNqMRte0
>>335
大丈夫だと思います。

339 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:43:30 ID:F5Lvap/I
>>335
>なぜ生きるを買えと脅されたのですが、

誰に脅されたの?


>ブックオフの105円ので大丈夫ですか?

あなたが大丈夫と思えば、何の問題もありません。
中身は同じです。

資源の有効利用ですね。

340 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:43:35 ID:qIlQa3U4
>>321
>倶舎論15に出てます。

横レスですが、倶舎論って経典じゃないよね。
経典の根拠は示せないの?
説一切有部がそういっているから正しいってことですか?

341 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:45:44 ID:zbJp7zxp
>>281 >>286
>そうであるのに、何故、s会においては、五雑行だけがクローズアップされるのか?
財施や教団への服従というものが背景にあるからではないか?と、漏れなんかは
深読みしてしまうんです。

>「五種雑行」だけを取り出して、禁止するのは、本来の雑行雑修を
見えにくくさせる効果あり

なるほど。それとこれも、昔、S学会あたりが盛んに言った神社や、他宗の本尊に礼拝したり、布施したり
するのは「謗法」で堕地獄の因で、自宗の本尊に礼拝したり、勤行したり、布施したり、勧誘(自称「折伏」
)したりするのが、「成仏行」「正行」であり、功徳になるとかいうのに学んでるのかもしれないですね。

真宗では、神社に参拝しようと、御名号に礼拝しようと、自力心であるかぎり、同じ「雑行雑修」で「捨て物」
(0点)なのにね。

342 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:46:27 ID:i+Z7cSg1
>何がいいたいの?
>主張に対する反論をしましょうね。議論にならないですよ。
>『そんな君の言動では、社会の代弁者にはなる資格はないぞ』ということを言いたいのでしょうか?
全くその通り。分かってるじゃん。無理というのは、社会の代弁者になるのが無理ってことだよ。

>自分たちが、社会からどう見られるか、正しく判断できないから、あんなこそくな手段まで文章化した
>マニュアルまで作ってしまうのでしょうね。しかも、あまり使われていないマニュアルを。
変な文章だし、何が言いたいのかも分からない。
主張の前提も不明だし論理展開も不明だ。
何度でも言っていいけどさ、もうちょっと意味のあることを言ってもらいたいものだ。

>だから、あなたの言う実験だけでは、結果から「所定の善をしたことによって、幸福になれる」という理論は導けないのですよ。
>だから、そのような中途半端な理論によっては、何も予測しえないのです。
>当然、反証不能です。
凄い鮮やかな論理だねw
自信があって言っているのか、単に勢いで言っているのか分からないけどね。
残念ながら綻びだらけだ。
まず、反証可能かどうかの話をしていることを忘れないで欲しいね。
君が言い出したことだろ?
「反証」が「可能」であることが示されるかどうかで、宇宙の論理だと論理的に説明しているか
どうかが決まるということは相対性理論等の例で確認したとおりだろう。

俺が提示した実験は「反証」の例だ。「理論を決定的に裏付ける実験」ではない。
「反証」とは、理論からの予測と異なる結果を実験で得ることだろう。
君からの説明ではそれ以上のことはなかったように思うが?

君の反論は、俺の示した実験は理論の真実性を証明しきる実験ではないと言っているわけだが、
俺はもともとそんなものを示したつもりはない。
今に至るまで、君とそんな話をしていたつもりもない。
混乱してるんじゃないのか。

343 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:51:28 ID:F5Lvap/I
>>312

>真剣に善い事をやってみればわかりますよ。
>自分のその行為がどんなものか。
>やらなければ、絶対わかりません。

親鸞会のマニュアルに書かれている、新入生に対しての「引き離し対策」「親対策」「兼部カット」は、善い事ですか?

あなたは、これらの行為を、文章化して、マニュアルまで作ることを、どう思いますか?

そのようなこそくな手段ではなく、あくまで「対話」によって、新入生に「親鸞会で聴聞を続けるべき利」を説くべきだと
私は思うのですが、いかがでしょうか。

その努力を忘れて、あのような方法に走っていまい、また、こんなものを作ったら、どう思われるか、と考えることもなく、
マニュアルまで作ってしまうのは、『親鸞会の人たちは、「自分たちは正しいから、何をやってもいいのだ」と思っている』
と言われても仕方ないのではないでしょうか?

344 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:52:44 ID:hxdFbSHt
>>333
>後生の一大事を否定する

否定するのか、肯定するのか、何もわからないとするのか
立場を聞いただけなんですが。

>死んだらお終い人生は一度きり

これも証明できないことですね。
たった一度きりならさっさと終わらせたほうがいいと思うひともいるわけですが
あなたの立場なら否定はしないわけですか?

論議するなら共通の土台が必要なのはわかりますか?
「死なんてたいした問題じゃない」
「自殺もいいんじゃないか」
「無意味な人生もよし」
というならそこまででしょう。

「証明したことしか自分は信じない」というなら
「火は熱いということを証明してみなさい」っていう話聞いたことありませんか?


345 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:56:49 ID:jQ/CVsHK
>>282
>>>153
>>>あと、部室のポストに、正御本尊と退会届けをだしてくる人も、過去たくさんいたと思う。
>>以前に一度したんですが、アパート訪問されて返却されました。
>退会届を出したのに、返却されてしまったということでしょうか?
>結局、やんわり言われて、最終的に返却されたということですか?
次の日くらいにアパート訪問されてなんか色々言われて返された。
ようは、辞めるなということらしい。

>>ちなみに、担当講師が受け入れてくれない、というのは、何度やめたいと言っても、説得されるということですか?
>>説得が長時間にわたり続きます。ただ、途中で帰りますが。
>結局、「やめたい」とのあなたの意志を受け入れてくれないようなら、もう会う必要はないと思います。
>できれば、学友部の責任者あてに、その旨を手紙にでも書いたらどうですか?
>「担当講師や幹部の人たちに言ってください」とか書いて。
>>私も少しの間は聞いていたので本尊を大切にしないといけないことくらいは理解している
>>つもりですので手渡しが一番理想なのですが。
>そうですね。退会処理がおわったことを確認したあと、手渡しで返却してもいいかも。
部室のポストに手紙置いて会わないようにします。そして今年度で大学卒業
しますし、住んでるアパート出るときにでも手渡ししてさよなら〜したいと思います。

346 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:57:00 ID:i+Z7cSg1
>「反証」が「可能」であることが示されるかどうかで、宇宙の論理だと論理的に説明しているか
>どうかが決まるということは相対性理論等の例で確認したとおりだろう。
間違えた。宇宙の真理ね。

>もちろん、教学聖典は知っていますよ。
>では、聞きますが、たとえば「順現業」「順次業」「順後業」については、「どの経典」に「どのように」詳しく説かれていますか?
>あと、たとえば「阿頼耶識に蓄えられた業に縁が生じて、結果がひき起こる」ということについて、
>経典上の根拠を教えていただけませんか?
>天親菩薩がまとめた唯識学に説かれているなら、その経典上の根拠を具体的に教えて下さい。
>そのような部分のことを言っているのですよ。親鸞会で詳しく聞いたことがありませんよ。
>是非、教えて下さい。
そのへんを詳しくっていうのは俺には難しいな。
詳しく言えというより、もうちょっと具体的に疑問点を挙げた方がいいんじゃないの?
阿頼耶識が業を蓄えるとか、因縁和合するのが次生になったり次々生になったりするとか、
ほとんど仏教では当たり前のことだと思うんだが。
あと、その順現業…や阿頼耶識のことが今の議論とどう関係するんだ?
全然話が見えないぞ。

347 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:57:09 ID:jQ/CVsHK
>>282
>>>s会入るのは割と簡単だが出るのは難しいってなんか嫌だな。
>親鸞会って、以下のようなことを言っているけど、
>http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/
>浄土真宗親鸞会は、入会されるも退会されるも、まったく自由ですから、ご縁がなくなれば離れてしまうのも、残念ですが止むを得ないことでしょう。
>言っていることと、やってることが反対でしょ。
>退会したいっていっているのだから、本人の意志を尊重したら?
まったくもってそのとおりですよ。
ここでも方便だとでも言うのだろうか。
>それとも、最近、会員が減少し続けているので、これ以上減らしたくないのかな?
>一体、会員って何人いるんでしょうね。
会員は増えても活動している会員は増えてないような気がする。
教えが正しい、間違いは別としてs会の体質がこれではなぁ〜。

348 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:57:13 ID:uUTroTNQ
人生の意味なんて、見出そうとすりゃそこら辺にごろごろ転がってるよ。
まあ、見出せない人は、その人自身が日頃からそういう生き方しかして来なかったからだろうね。


349 :名無しさん@3周年:2005/11/28(月) 23:57:17 ID:hxdFbSHt
>>340

何の話がしたいのかな?
三時業が正しいかどうか議論したいのかな?
勝手にやってれば。

350 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 00:00:41 ID:hxdFbSHt
>>341
>自宗の本尊に礼拝したり、勤行したり、布施したり、勧誘(自称「折伏」
)したりするのが、「成仏行」「正行」であり、

こういう馬鹿がまた出てくるんだな。
会の話も聞いたことないんだろうが。無責任というか。
「長い間会員だった」といって五雑行がどう教えられているか知らなかった馬鹿と
同類だ。

351 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 00:08:25 ID:V0QE1M6E
>>344
否定するにも肯定するにも、論理的に後生の一大事があることを証明してもらわないと
判断のしようがないですね。
「論理的に証明できないことで、あれこれ悩むのは一度きりの人生の無駄だ」
という結論も導き出せます。

>「死なんてたいした問題じゃない」「自殺もいいんじゃないか」「無意味な人生もよし」
>というならそこまででしょう。

一度きりの人生を無駄にするのはもったいない、という人生観は?
あなたは後生は証明できないが、自殺は肯定すべきでないし、人生が無意味だと嫌だから
後生があることにしておく、と言う結論付けるのですか?
それは論理的な結論とは言い難いですね。
自己欺瞞的です。

>「証明したことしか自分は信じない」というなら

つまり、あなた方の信仰がただの思いこみである可能性を認めるのですね?

352 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 00:12:34 ID:1LdYVAQo
>>342
>>自分たちが、社会からどう見られるか、正しく判断できないから、あんなこそくな手段まで文章化した
>>マニュアルまで作ってしまうのでしょうね。しかも、あまり使われていないマニュアルを。

>変な文章だし、何が言いたいのかも分からない。主張の前提も不明だし論理展開も不明だ。
>何度でも言っていいけどさ、もうちょっと意味のあることを言ってもらいたいものだ。

分かりましたよ。

以下のマニュアルに書かれている、新入生に対する「引き離し対策」や「親対策」「兼部カット」といった行為は、
こそくな行為と言いたいのです。

親鸞会 必殺育成法の巻
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf

こんな行為をやること自体、おかしいと思いますが、まして、これらの行為について、文章化して、
マニュアルまで作ってしまう感覚を疑ってしまいます。

「引き離し対策」や「親対策」「兼部カット」といった行為を、本当に正しいことだと主張したいのなら、
親鸞会学友部員全員に配布して、意見を聞いてみればいいのではないでしょうか?
また、学友部員全員に、このマニュアルを携帯でもさせれば?

あと、返答をお待ちしていますが、
なぜ、あまり使われていない、とあなたが言われるようなマニュアルが、作られたのですか?

文章化して活用する必要があったので、作ったのではないでしょうか?

353 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 00:18:07 ID:+OSqtRIF
>倶舎論15に出てます。
>調べるのは簡単だと思います。
>なんでこういう質問がでるのか理解に苦しみますけど。
そうなのか。機会があれば調べておこう。

>もちろん、お互い理解できないので、議論をしているのですよね。
いや、だんだん俺は、「君は信じているだけ」という確信を持ち始めているよ。
君の言う、「信念の方法」という奴でね。

>では、聞きますが、あなたは「親鸞会の教義」を「信じている」のではなく、「論理的・客観的に理解している」のですか?
いつの間にか「客観的」って入ったね。
客観的は難しいかな。あくまでも俺の理解であって、人の理解ではないからな。
まぁ論理的に理解している、が妥当な表現じゃないかね。

>あなたは、「ばらつきが小さくなる」と言われていますが、「ばらつきが大きくなる」可能性はないでしょうか?
>サンプル数をとればとるほど、ばらつくとか。なぜ、「ばらつきは小さくなる」と言えるのでしょうか。
ばらつきっていうのは、標本の平均のばらつきのことね。
それは標本数が増えれば増えるほど減るものじゃなかったっけ。
統計はあまりまじめにやらなかったから数学的裏づけはすぐには出てこないんだけどね。

354 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 00:19:38 ID:1LdYVAQo
>>342
>まず、反証可能かどうかの話をしていることを忘れないで欲しいね。 君が言い出したことだろ?

もちろん、忘れていませんよ♪

>俺が提示した実験は「反証」の例だ。「理論を決定的に裏付ける実験」ではない。
>「反証」とは、理論からの予測と異なる結果を実験で得ることだろう。君からの説明ではそれ以上のことはなかったように思うが?

ごくろうさまです。
あなたがの言う理論だけでは、以下のような予測ができない、だから反証不能だといっているのですよ。

>>158
>なんらかの予測をしていて、なんらかの確かめようがあれば反証可能なんだろ?
>予測はこう↓
>多数の人が長時間において、所定の行為についての実践度と幸福感の関係を解析すると、
>所定の行為の実践度が高いグループの方が幸福感が高い。

それは、あなたの言うような「所定の行為についての実践度」と「幸福感」についての統計をとり、
一つの曲線ができても、
『あなたのいう「所定の善い行い」をしたから、現在の幸福感を得られた』とは必ずしも、いえないからです。

それは、「現在の幸福感」の中には、あなたの言う「所定の行為」には入らない「順次業」や「順後業」によって得られた幸福感も含まれており、
それらがどの程度、この統計に影響を与えているかが、まったく解析不能なので、
『あなたのいう「所定の善い行い」をしたから、現在の幸福感を得られた』とはいえないのですよ。

だから、何の予測もし得ないのですよ。言っていることが分かりませんか?
あなたの示すやり方から得られる結果には、測定不能な要素により影響があり、
その影響がどれくらい結果に含まれているかも、測定不能なので、そんな予測ができないのですよ。

あなたが「このように言える」と思っているだけですよ。


355 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 00:22:26 ID:+OSqtRIF
>以下のマニュアルに書かれている、新入生に対する「引き離し対策」や「親対策」「兼部カット」といった行為は、
>こそくな行為と言いたいのです。
ああ、そういうことだったのか。ごく主観的な感想って訳だね。
常識ある人が言えば説得力があるところだったよ。

>なぜ、あまり使われていない、とあなたが言われるようなマニュアルが、作られたのですか?
>文章化して活用する必要があったので、作ったのではないでしょうか?
作った人に聞くしかないんじゃないの。

356 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 00:38:52 ID:V0QE1M6E
>>344
後生の一大事はq論理的に証明できない。
しかし、自殺を否定するため、また人生が無駄だと思うのは嫌だから、
後生の一大事があると結論付けているんですか?
それは論理的な結論ではなく信仰に過ぎません。

親鸞会は本当に論理的な教えなんですか?

357 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 00:41:47 ID:1LdYVAQo
>>353
>>もちろん、お互い理解できないので、議論をしているのですよね。

>いや、だんだん俺は、「君は信じているだけ」という確信を持ち始めているよ。君の言う、「信念の方法」という奴でね。

そうですか。
「もう君なんかとは、議論なんてやっておれん!」とか言って、放棄しないで下さいね。

自分の示した意見に対する反論に、最後まで責任もってこたえて下さい。
親鸞会がいつも言っていることです。


>>では、聞きますが、あなたは「親鸞会の教義」を「信じている」のではなく、「論理的・客観的に理解している」のですか?
>いつの間にか「客観的」って入ったね。
>客観的は難しいかな。あくまでも俺の理解であって、人の理解ではないからな。
>まぁ論理的に理解している、が妥当な表現じゃないかね。

わかりました。あなたが「親鸞会の教義を論理的に理解している」とのこと、了解しました。


>>あなたは、「ばらつきが小さくなる」と言われていますが、「ばらつきが大きくなる」可能性はないでしょうか?
>>サンプル数をとればとるほど、ばらつくとか。なぜ、「ばらつきは小さくなる」と言えるのでしょうか。

>ばらつきっていうのは、標本の平均のばらつきのことね。
>それは標本数が増えれば増えるほど減るものじゃなかったっけ。
>統計はあまりまじめにやらなかったから数学的裏づけはすぐには出てこないんだけどね。

理系ではないのですか?文系だったのですか?何学部だったんですか?

358 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 00:46:20 ID:2T8+xf39
君の出した検証方法では、どんな結果が出ようと
因果の道理が間違いだとする結論にはならない。
たとえどんなにずれた結果が出ようと、過去世の因や未来世の果という
測定不能なものの影響とみなせるのだから。
まずないが、善因100、悪因0、幸福0、不幸100とかいう人が出たとしても、
不幸は全部過去世の悪因、善因の結果は全部未来世で善果となる、
そう結論づければ矛盾なく「説明」できる。本当にその説明が正しいという根拠はないのだが。

359 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 00:54:03 ID:qOUtJFmC
どんどんs会のメッキがはがれていくように思えるのは私だけでしょうか。。。

360 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 00:54:41 ID:+OSqtRIF
>『あなたのいう「所定の善い行い」をしたから、現在の幸福感を得られた』とはいえないのですよ。
>だから、何の予測もし得ないのですよ。言っていることが分かりませんか?
「だから」の前後のつながりが全然分からないな。
予測というのは、その結果について、その原因を確定できるものでなければ予測にならないのか?
その根拠は何だ?
「善をすれば幸せになれるのだから、善をした方がより幸せになれると考えられる」
ただこれだけのことだぞ。

>理系ではないのですか?文系だったのですか?何学部だったんですか?
統計をあまりやってない理系だ。

>まずないが、善因100、悪因0、幸福0、不幸100とかいう人が出たとしても、
一人ずつ見ていけばそういうこともあろうが、
そういう極端なことは、多数を平均すればないだろうな。

361 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 00:58:08 ID:1LdYVAQo
>>355
>>以下のマニュアルに書かれている、新入生に対する「引き離し対策」や「親対策」「兼部カット」といった行為は、
>>こそくな行為と言いたいのです。

>ああ、そういうことだったのか。ごく主観的な感想って訳だね。
>常識ある人が言えば説得力があるところだったよ。

しかし、あのマニュアルに書かれている、新入生に対する「引き離し対策」や「親対策」「兼部カット」といった行為は、
こそくな行為だと思う、という意見と同じことを感じている人は、少なからずいると思っています。

こんな行為をやること自体、おかしいと思いますが、まして、これらの行為について、文章化して、
マニュアルまで作ってしまう感覚を疑ってしまいます。

ちなみに、常識ある人が言えば、どういう説得力があるのですか?
 常識ある人がこのような意見が述べられれば、あなたは、その人の意見に賛成するということですか?


>>なぜ、あまり使われていない、とあなたが言われるようなマニュアルが、作られたのですか?
>>文章化して活用する必要があったので、作ったのではないでしょうか?
>作った人に聞くしかないんじゃないの。

そうですね。あなたは作った人ではないですからね。

なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

※親鸞会弘宣部長 渡部隆志様から、「顕正虎の巻」と「部室住所一覧」について、前者は著作権侵害、
 後者はプライバシー権の侵害との理由で削除要請を受けました。当方はinfoseek規約及び法的に問題ないという認識で
 公開しており、当面は掲載を続けます。(2005.11.18)

結局、親鸞会は、これ以上、このサイトに削除要請はしないのかな?
「必殺育成法」は著作権侵害にはならないのかな?

362 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 01:05:38 ID:2T8+xf39
>>360
いや、平均とっても意味ないだろ。
真理なんだからただ一人の例外もないんじゃないのか?

あくまで例えばだが、三角形の内角の和は180度、という定理の反証は
内角の和が180度でない三角形を一つでも出せばいい。
それと一緒で、因果の道理の反証は因果に合わない因や果を一つでも出せばいい。
しかし、君の検証方法では上述の通りどんな極端な結果が出ようと反証にならない。

363 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 01:12:49 ID:pf30G4Di
>>360
>>>まずないが、善因100、悪因0、幸福0、不幸100とかいう人が出たとしても、
>「だから」の前後のつながりが全然分からないな。
>予測というのは、その結果について、その原因を確定できるものでなければ予測にならないのか?
>その根拠は何だ?
>「善をすれば幸せになれるのだから、善をした方がより幸せになれると考えられる」
>ただこれだけのことだぞ。

善という概念を定義できないんだから、
どういう因果関係のもとで結果がおこったか判別できないと思いますが?

>一人ずつ見ていけばそういうこともあろうが、
>そういう極端なことは、多数を平均すればないだろうな。

どういう根拠でそう言っているの?
ホントに理系ですか?

364 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 01:13:20 ID:1LdYVAQo
>>358

>君の出した検証方法では、どんな結果が出ようと
>因果の道理が間違いだとする結論にはならない。
>たとえどんなにずれた結果が出ようと、過去世の因や未来世の果という
>測定不能なものの影響とみなせるのだから。
>まずないが、善因100、悪因0、幸福0、不幸100とかいう人が出たとしても、
>不幸は全部過去世の悪因、善因の結果は全部未来世で善果となる、
>そう結論づければ矛盾なく「説明」できる。本当にその説明が正しいという根拠はないのだが。

あなたは親鸞会会員ですか?
ジャンヌの管理人の説明と、同じこと言っていますよ。

何の予測もしない理論で、どうとでも説明できるので、反証不能であり、「大宇宙の真理だ」などと、理解ができないのです。

親鸞会について考えるページジャンヌ
http://homepage1.nifty.com/you/

是非、読んでみて下さい。とくに、「3、科学の方法とはどのようなものか」「4、親鸞会の教義を科学の方法で考えると」
あと、学友部の活動を経験された方なら「2、信念の方法で思い込む過程」も面白いですよ。


365 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 01:20:55 ID:2T8+xf39
>>364
あのな…俺は脱会者で、これはお前に対する反論じゃない。よく嫁。

366 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 01:21:28 ID:1LdYVAQo
>>360
>>『あなたのいう「所定の善い行い」をしたから、現在の幸福感を得られた』とはいえないのですよ。
>>だから、何の予測もし得ないのですよ。言っていることが分かりませんか?

>「だから」の前後のつながりが全然分からないな。
>予測というのは、その結果について、その原因を確定できるものでなければ予測にならないのか?その根拠は何だ?
>「善をすれば幸せになれるのだから、善をした方がより幸せになれると考えられる」 ただこれだけのことだぞ。

統計結果から、理論を導いて、その理論に基づいて、未来の予測をするのですが、
あなたの示す統計結果からは、あなたのいうような理論は導けないんですよ。

統計結果から、ある理論を導くだけなら、どんな理論でも、無理やるこじつければ、できますよ。
しかし、そこには、「そのような理論を導くことができる、統計結果の解析と説明」が必要です。 

それが、あなたの場合は、測定不能要素が多々あり、しかも、それらの影響をどれくらい受けているかもまったく分からず、
あなたのいうような理論は、あなたの示す統計結果からだけでは、到底、得られませんよ。

>>理系ではないのですか?文系だったのですか?何学部だったんですか?
>統計をあまりやってない理系だ。

本当に理系で学んでおられたのでしょうか?疑ってしまいます。何学部だったのでしょうか?
本当に理系の大学、卒業されたのですか?
卒論書くときに、実験結果から、理論を導くような作業は、繰り返ししなかったのでしょうか?
普通、理系の学生なら、卒論書くときに、それらの作業には慣れていると思いますが。
いかがでしょうか?


367 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 01:30:26 ID:1LdYVAQo
>>360
>>『あなたのいう「所定の善い行い」をしたから、現在の幸福感を得られた』とはいえないのですよ。
>>だから、何の予測もし得ないのですよ。言っていることが分かりませんか?

>「だから」の前後のつながりが全然分からないな。
>予測というのは、その結果について、その原因を確定できるものでなければ予測にならないのか?
>その根拠は何だ?

では、『あなたのいう「所定の善い行い」をしたから、現在の幸福感を得られた、とはいえない』
これは分かりますか?
なぜ、私がこのような結論を導けたのか、分かりますか?



368 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 01:42:45 ID:+OSqtRIF
寝る前に一言だけレスッとこ。

>統計結果から、理論を導いて、その理論に基づいて、未来の予測をするのですが、
>あなたの示す統計結果からは、あなたのいうような理論は導けないんですよ。
そんなことは知ってるよ。理論を導けるとは言ってないだろう。
俺は単に、君が説明した反証の手続きに従って例を挙げてるだけだ。
反証の手続きのどこに「理論を導く」なんてあったんだ?

>卒論書くときに、実験結果から、理論を導くような作業は、繰り返ししなかったのでしょうか?
>普通、理系の学生なら、卒論書くときに、それらの作業には慣れていると思いますが。
君が何の分野だか知らんが、理論を導けるほどの実験ってすごいね。
俺は、実験値を理論値と比較するぐらいのことしかしてないかな。
数式いじくって理論を導いたりはしたが、実験結果から導くって意味が良く分からん。

369 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 01:51:07 ID:pf30G4Di
じゃあ、オレも寝る前に一言レスと・・・w。
>>368
>>統計結果から、理論を導いて、その理論に基づいて、未来の予測をするのですが、
>>あなたの示す統計結果からは、あなたのいうような理論は導けないんですよ。
>そんなことは知ってるよ。理論を導けるとは言ってないだろう。
>俺は単に、君が説明した反証の手続きに従って例を挙げてるだけだ。
>反証の手続きのどこに「理論を導く」なんてあったんだ?

理論がはっきりと規定できてないから、その理論を反論しかたも分からないといこと。
それだけだよ。
きっちり読もうよ。

370 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 01:54:19 ID:efdnljOY
不可称、不可説、不可思議と言われるように証明は出来ません。
しかし仏智に照らされることによって「知る」ことは出来るのです。


371 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 02:56:34 ID:1LdYVAQo
>>368
>>統計結果から、理論を導いて、その理論に基づいて、未来の予測をするのですが、
>>あなたの示す統計結果からは、あなたのいうような理論は導けないんですよ。

>そんなことは知ってるよ。理論を導けるとは言ってないだろう。
>俺は単に、君が説明した反証の手続きに従って例を挙げてるだけだ。
>反証の手続きのどこに「理論を導く」なんてあったんだ?

あなたの示す統計結果からだけでは、あなたの言う、以下のような予測が出来ないということですよ♪

>なんらかの予測をしていて、なんらかの確かめようがあれば反証可能なんだろ?
>予測はこう↓
>多数の人が長時間において、所定の行為についての実践度と幸福感の関係を解析すると、
>行為の実践度が高いグループの方が幸福感が高い。

現在の幸福感が、あなたの言う所定の行為の結果から得られたものだけだと、言えないからですよ。

では、『現在の幸福感は、過去世の行為の結果であり、あなたのいう「所定の行為」による結果は、あなたの示した一定期間には、
まだ生じていないのでは?』という予測をした人に、反論してみて下さい。

この予測を間違いだと説明して、あなたの示した『所定の行為による結果からのみ、現在の幸福感が得られる』ことを導けなければ、
あなたのような予測は出来ませんよ。

では、反論まっていますね〜♪

372 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 03:00:42 ID:1LdYVAQo
>>368

>>卒論書くときに、実験結果から、理論を導くような作業は、繰り返ししなかったのでしょうか?
>>普通、理系の学生なら、卒論書くときに、それらの作業には慣れていると思いますが。

>君が何の分野だか知らんが、理論を導けるほどの実験ってすごいね。

あなたの研究した分野にはなかったのかもしれませんが、論文を書くのですから、
当然、実験結果から、理論を導きましたよ。

>俺は、実験値を理論値と比較するぐらいのことしかしてないかな。
>数式いじくって理論を導いたりはしたが、実験結果から導くって意味が良く分からん。

一体、何の分野の、どんな実験をされたのか、教えてもらえませんか?
本当に理系の人なのか、疑ってしまいます。






373 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 03:33:20 ID:1LdYVAQo
ちょっと、突っ込みましょうか♪

以下は、過去にあなたが書いたものだと思いますが・・・

>>767
>>あなたの言われる三重構造でいうと、因果の道理はどこに入るのですか?
>>もちろん「宇宙の真理」ですよね。
>>ちなみに、「反証不能」には入らないのですか?

>宇宙の真理、そりゃそうだ。あと、反証は可能だと思うぞ。

「親鸞会の説く因果の道理は、反証可能だ」と主張するあなたに確認したいのですが、

あなたは「親鸞会の説く因果の道理は、大宇宙の真理であり、かつ、反証可能だ」と言っていますよね。

ということは、その因果の道理は、反証可能性を備えつつ、かつ、未だ誰にも反証されておらず、
また、これからも反証されない、ということですよね。


374 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 03:42:25 ID:1LdYVAQo
「親鸞会の説く因果の道理は、反証可能だ」と言うのなら、
「このようなことが起きれば、反証されたことになる(間違っていたことになる)」という例を、2つ、3つ示して下さい。

そして、それは、今まで絶対に起きなかったことであり、かつ、これからも絶対に起きないことですよね。
だって、「親鸞会の説く因果の道理」は「大宇宙の真理」なんですから。

もし、そんな例がないのなら、反証可能とは言えません。理論があいまいすぎて、反証できないということですよ。

待ってますので、お願いしますね〜。


375 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 07:19:58 ID:9zdG9gsP
>>289
>「諸善を振り捨てて」悪に走るとでもいうのかな?
廃悪修善をしなくなったらただの外道だろう。


自力諸善を捨てて、法蔵菩薩の修され完成された無上善をいただくの
だから、外道どころか内道中の内道ですよ。

376 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 07:46:49 ID:w7dM4iTk
自分さえよければあとはどうなってもいい。
自分さえ儲かればいいんだ。悪いことをしてでも。

そういう人、幸せ(になる)と思いますか?

長い目で見てみれば明らかですよ。
みんな因果の道理を信じて一生懸命生きてると思う。
因果の道理を信じてなければ、頑張る人もないし、世の中大混乱ですよ。

それと因果の道理は、三世因果の道理であることをお忘れなく。

377 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 08:20:30 ID:0ie8ThAf
>>374
>だって、「親鸞会の説く因果の道理」は「大宇宙の真理」なんですから。

信念の方法で、あなたが自力信で信じてこんでいるだけなんですよね。
「大宇宙の真理」である根拠はなにも提示できないんですよね。
なぜ「大宇宙の真理」と信じるにいたったんですか?
その過程をよく反省してみてください。


378 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 08:21:41 ID:0ie8ThAf
>>376
>それと因果の道理は、三世因果の道理であることをお忘れなく。

ってあなたが信じ込んでいるだけなんですよね。
そこには論理はないと認めますよね。

379 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 10:34:00 ID:AC9vB2i/
誰にでも構わず一部だけみて噛み付く厨房がいる件について。

380 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 10:52:41 ID:9hzXobnv
弥陀の誓願不思議にたすけられ参らせて
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/

381 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 12:31:44 ID:lzwDW2vI
>>375
>自力諸善を捨てて、法蔵菩薩の修され完成された無上善をいただく

いただいてもないのに諸善を捨てて悪に走れば、やっぱり外道でしょう。

382 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 12:48:10 ID:lzwDW2vI
>>351
>「論理的に証明できないことで、あれこれ悩むのは一度きりの人生の無駄だ」
という結論も導き出せます。

これがアンチの本音に近いところでしょう。
人生の苦しみに論理的に存在が証明できるものがありますか?
金が無くて苦しんでいる人に
「お金がない苦しみの存在を論理的に証明してください」と
言ったら殴られるでしょうね。

「存在の論理的証明」なんて議論の土台を壊してるだけじゃんか。
「証明できない」から
自分の人生を悩まずに生きていけてるなら、ただのバカですけど。

383 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 13:01:14 ID:lzwDW2vI
未信が仏法を聞いているのは
「死んだらどうなるかはっきりしたい」からです。
自分の未来がわからんのに安心して生きていけるわけがないじゃない
ですか。

それに対して>>351のアンチははっきりせんこと、わからんことを
悩んでみても仕方ない、という訳。
「あんたは病気かもしれんし、そうでないかもしれん。」とか
「あなたの病気は治るか、なおらんかわからん。
わからんこと心配しても仕方ないから気楽にやりなさい」という
医者がいたらおもしろいだろうなあ。

どう言い訳しても人間は死ぬんだからそれを抜きに
人間苦の解決はない。

384 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 13:23:21 ID:1LdYVAQo
>>166
>>だから、善い行為をどう規定するの?

>掃除とか挨拶とかボランティアとか勉強とか、具体的に指定すればいいでしょ。

ボランティアや勉強が善であるとは、何か経典上の根拠があって言われているのですか?


これって、まだお答え頂いていないですね。
返答よろしくお願いします。 

385 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 13:30:01 ID:1LdYVAQo
>>376
>それと因果の道理は、三世因果の道理であることをお忘れなく。

あなたは、「親鸞会の説く因果の道理は、反証不能な仮説にすぎない」という主張に対して、
何か、反論をもっていますか?

つまり真実かどうか、たしかめることも出来ないので、絶対に間違っているということも
もちろん言うことはできませんが、「大宇宙の真理である」ということなどは、到底、理解できない
ということです。

それはもちろん、あなたの言う通り、「三世因果の道理」のことを言っています。
いかがでしょうか?

386 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 16:22:15 ID:9hzXobnv
親鸞会の皆さんこんにちは。ここは全国の親鸞会大好き人間が集う場所です。
もちろん親鸞会の会員じゃなくても良いんですが、私が親鸞会の会員だし、タイトルにも親鸞会と書いてありますから。

親鸞会について知りたい方は、親鸞会総合リンク集を見てください。

親鸞会の公式サイトではありません。2chとも関係ありません。親鸞会とは直接関係ないので誤解されないようご注意下さい。

http://cube4.fc2web.com/


387 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 16:47:51 ID:a/h8rtFG
>>383
診察に行って
「前世」とか「死んだら地獄」とかいう
医者がいたらおもしろいだろうなあ。

あなたは「死んだら地獄」とはっきりしました?
それとも、自分でもはっきりしないようなことなのに
「真実」と主張する人なのかな?

388 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 17:03:00 ID:a/h8rtFG
遺伝性の疾患を持った新生児を見て
「この子が病気を持って生まれてきた原因は、遺伝上の原因ではない。
この子の生まれる前の行いが悪かったからなのだ」とか言い出したり、
出産時の医療事故で赤ちゃんに重い障害が残るようなことがあったときに、
担当の産婦人科医が
「私のミスが原因じゃない。生まれる前の過去世で
この子はこのような報いを受ける行いをしたのが原因なのだ」とか言うような
医者がいたら、おもしろいというより怖いよね。

389 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 17:03:43 ID:84XPa83q
>>382
問題点をづらさないように。
>>168を参考にしてください。
問題はs会が絶対と言えない信念ということを他人に押しつけるために
妄語、両舌、被勧誘者の引き離しをも許されると考えているという点です。

信仰の自由は認めますので、親鸞会が因果の道理が真実だと「信じる」のは
別に止めていません。しかし、他人に自分の信念を押しつけるために
相手の信仰の自由に対して不当な影響力を行使しようとする行為を止めているのです。
分かりますか?

390 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 19:12:44 ID:BhCKgpPu
>>389
>絶対と言えない

仏教というのは
絶対といえることはこの世には何一つないので
みんな崩れて行くんだよ、っていう話をしてるんだと思いますよ。
これは正しいから他人におしつけて主張してもいいよね。

391 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 19:17:49 ID:BhCKgpPu
「人殺しはいけない」なんていうのも思い込みで信念で信じているだけ。
戦争になったら人殺しもOKになってしまうわけだから。

仏教聞いて信じているひとにとってはどういう場合も悪は悪だが
無宗教だとか思っている人は簡単に殺人に走る可能性が高いわけだ。

392 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 19:19:36 ID:BhCKgpPu
神道なんかは鬼畜米英を殺せば英雄だったんだから
場合によっては殺人をすすめる教えでもあるのに
みんなよく神社になんか参拝に行きますね。
無智はおそろしい。

393 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 19:38:49 ID:1LdYVAQo
>>390
>>絶対と言えない

>仏教というのは
>絶対といえることはこの世には何一つないので
>みんな崩れて行くんだよ、っていう話をしてるんだと思いますよ。
>これは正しいから他人におしつけて主張してもいいよね。

絶対といえることは、この世に「絶対にない」と言っていますが、BhCKgpPuさんは矛盾していませんか?
そんな教えが仏教ですか?

394 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 19:44:53 ID:a/h8rtFG
>>391
>仏教聞いて信じているひとにとってはどういう場合も悪は悪だが
仏教聞いて信じているひとにとっても、
「妄語」として戒められている「悪」を
会に入会させる手順に用いる場合には「よし」として勧める団体ありますよね。

395 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 19:54:02 ID:1LdYVAQo
>>382>>383

>これがアンチの本音に近いところでしょう。
>人生の苦しみに論理的に存在が証明できるものがありますか?

アンチですが、共感できる部分もあります。

lzwDW2vIさんは、「親鸞会の教義は大宇宙の真理である」と、
「論理的・客観的に理解している」と思っていますか、それとも「信じている」と思っていますか?


396 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 20:00:54 ID:a/h8rtFG
>>390
>絶対といえることはこの世には何一つないので
親鸞会というこの世の一組織にも、「絶対といえることはない」というご主張でしたか。

397 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 20:16:32 ID:w7dM4iTk
>>385

>つまり真実かどうか、たしかめることも出来ないので、絶対に間違っているということも
>もちろん言うことはできませんが、「大宇宙の真理である」ということなどは、到底、理解できない
>ということです。

凡夫の智恵ではわからないでしょうが、仏智でははっきりしていることでしょう。
親鸞会は、自分の考えを言ってるのではなくて、親鸞聖人の教えを正確に伝えている集まり
だと思います。親鸞聖人は仏教以外説かれていませんから、そのまま真実の仏法です。
私たちには、わからないことはたくさんあるけどお釈迦さまの説かれたことに間違いはないでしょう。
それとも、仏さまより自分が正しいと思いますか?


398 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 20:20:41 ID:w7dM4iTk
自分では、わからないことでも、分かる人には分かるということはいっぱいあるよね。

僕は、分かる人(正しいこと)に従って行きたいと思うよ。

迷った人間の言うことより、仏の教えに従いたいと思う。

399 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 20:32:15 ID:9hzXobnv
このサイトでは、浄土真宗親鸞会の素敵な思い出を募集しています。

私たちはそんな思い出を、大切にしたいと思っています。

もしそんな経験のある人は、是非掲示板にその思い出を書き込んで下さい。

http://live.usj.to/revoir/

400 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 20:33:57 ID:BHa0lOhr
>論理的・客観的に理解している

純粋に客観的なことなどどこにも存在しないでしょ。
この質問にどういう意味があるのか、よくわかりません。

もしかして「科学の客観性」なんて信じているんですか?


401 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 20:56:20 ID:tDipFDFU
>>397

>親鸞会は、自分の考えを言ってるのではなくて、親鸞聖人の教えを正確に伝えている集まり
>だと思います。親鸞聖人は仏教以外説かれていませんから、そのまま真実の仏法です。

では「一切衆生 必堕無間」についてどの教典のどこに書かれているのか教えて下さい。
あと、親鸞聖人が、全ての人が地獄に堕ちると言われた根拠も。

また、蓮如上人が木像を本尊にしておられたにもかかわらず、
「木像本尊は間違っている」と教えている親鸞会は、
少なくとも蓮如上人は否定している団体だと認識しています。

402 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 20:58:26 ID:1LdYVAQo
>>400
>>lzwDW2vIさんは、「親鸞会の教義は大宇宙の真理である」と、
「論理的・客観的に理解している」と思っていますか、それとも「信じている」と思っていますか?

>純粋に客観的なことなどどこにも存在しないでしょ。
>この質問にどういう意味があるのか、よくわかりません。

>もしかして「科学の客観性」なんて信じているんですか?

親鸞会の教義の中で、どれだけ説明されても、「なるほど!たしかに大宇宙の真理だ!!」などと、論理的に理解できない部分があるので、
親鸞会会員の皆さんは、「親鸞会の教義は大宇宙の真理である」と「信じている」のだと、私は思っています。

つまり、「信じる」「信じない」という問題なので、「親鸞会の教義は大宇宙の真理だと、信じない人もいるのですよ」ということを、
親鸞会の会員の皆さんに受け止めて頂きたい、ただそれだけです。

あなたは、いかがですか?
「親鸞会の教義は大宇宙の真理である」「信じている」のではないですか?それともほかに、何か主張がありますか?


403 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 21:03:30 ID:1LdYVAQo
>>400
>>lzwDW2vIさんは、「親鸞会の教義は大宇宙の真理である」と、
「論理的・客観的に理解している」と思っていますか、それとも「信じている」と思っていますか?

>純粋に客観的なことなどどこにも存在しないでしょ。
>この質問にどういう意味があるのか、よくわかりません。

以前も書きましたが、私が言いたいことは、以下のようなことです。

★「親鸞会の教義は、大宇宙の真理である」との主張は、各人が「信念により信じている」のであって、論理的に理解しているものではないのでは?
 それなのに、講師部員や学友部員の多くは、「自分は、論理的・客観的に理解している」と思っている。

★「親鸞会をやめた人の中にも、本当の幸せがどこにあるのか・・・」と探し求めている人もいるのでは?
 親鸞会を絶対視している人は、この意見を認められないのですが、そこが危険なところだと、私は思います。

★「親鸞会学友部が行なっている『引き離し対策』や『親カット』『兼部カット』は、新入生に対して、
 偏った情報(親鸞会は正しいという情報)を与える情報操作ではないか?

そして、これらのことから、「親鸞会ではマインドコントロールが行なわれているのでは・・・」と思うのですよ。



404 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 22:10:49 ID:1LdYVAQo
なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/


これを読んだ、親鸞会サイドの反論が以下のものですよね。

「なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/


この親鸞会側の意見に対して、以下の反論が出たんですが、

続・なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://nazeyameta.shinrankai.makibishi.jp/

これに対する、親鸞会側の反論って、あるんでしょうか?


405 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 22:40:20 ID:s+IDcv+9
コウセン部長によるダミサ勧誘資料の削除工作が失敗したのは痛かった。
あれを放置したままではどう反論しても虚しいように思う。

406 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 22:43:31 ID:WYkcOrpO
このサイトはあいかわらずくだらんことやってるねえ。

407 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 22:43:55 ID:WYkcOrpO
よく飽きないね。

408 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 22:47:19 ID:9hzXobnv
http://homepage1.nifty.com/jinsaku/shinrankai/faq.html
疑問質問はこちらへ?

409 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 22:47:20 ID:ANMQBiCu
s会入会案内ビデオを会員だけに見せてなんの意味があるんだろうか。

410 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 22:54:49 ID:1LdYVAQo
>>406
>このサイトはあいかわらずくだらんことやってるねえ。

>>407
>よく飽きないね。

もう、会員はこれくらいしか、言えないのかな?

以下のサイトへの、反論すら、もう言えないのかな?


続・なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://nazeyameta.shinrankai.makibishi.jp/


411 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 22:58:37 ID:ghKt8lUq
>>408
少なすぎる。
あまり更新されていないようだし。

412 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 22:59:20 ID:efdnljOY
>>410
いい加減そのサイトのコピペ張るのやめないか?
検索対策か知らんが、鬱陶しくてたまらん。


413 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 23:01:58 ID:zyuEKn5y
>>398
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf
↑これは仏様が「こうせよ」と仰ったんですか?

414 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 23:02:01 ID:BRbc2B7F
>>400
>>論理的・客観的に理解している

>純粋に客観的なことなどどこにも存在しないでしょ。
>もしかして「科学の客観性」なんて信じているんですか?

論理性や客観性は存在しない、そういうことですね?
ではなぜ「親鸞会の教えは論理的だ」と会長は言っているんですか?
会長は論理の存在と、その価値を信じていらっしゃるようですが。

415 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 23:03:38 ID:zyuEKn5y
「幽霊の存在は科学的に証明された」とは、会長の言だったような…

416 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 23:06:00 ID:efdnljOY
>>415
> 「幽霊の存在は科学的に証明された」とは、会長の言だったような…

違いますよ


417 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 23:07:15 ID:1LdYVAQo
>>412
>いい加減そのサイトのコピペ張るのやめないか?
>検索対策か知らんが、鬱陶しくてたまらん。

なぜ、鬱陶しいのですか?反論できないからですか?

あなたは、親鸞会会員の方でしょうか?

親鸞会で洗練されたあなたの論理で、鬱陶しい以下のサイトをだまらせてみたらいかがでしょうか。
反論すればいいと思いますよ♪


続・なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://nazeyameta.shinrankai.makibishi.jp/





418 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 23:16:05 ID:s+IDcv+9
ネット対策部長、今回は対応が遅いね。
だいじょうぶかな。

419 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 23:21:49 ID:2T8+xf39
>>412
ウザイのは同意。これじゃテープレコーダーみたいな会員と大して変わらない。
お互い人の褌で相撲とってるみたいなものでつまらん。

420 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 23:29:28 ID:yijli4aO
s会なんかにいたら全員地獄逝きですよね?

421 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 23:30:48 ID:1LdYVAQo
>>368
>寝る前に一言だけレスッとこ。

>>統計結果から、理論を導いて、その理論に基づいて、未来の予測をするのですが、
>>あなたの示す統計結果からは、あなたのいうような理論は導けないんですよ。

>そんなことは知ってるよ。理論を導けるとは言ってないだろう。
>俺は単に、君が説明した反証の手続きに従って例を挙げてるだけだ。
>反証の手続きのどこに「理論を導く」なんてあったんだ?

>>卒論書くときに、実験結果から、理論を導くような作業は、繰り返ししなかったのでしょうか?
>>普通、理系の学生なら、卒論書くときに、それらの作業には慣れていると思いますが。

>君が何の分野だか知らんが、理論を導けるほどの実験ってすごいね。
>俺は、実験値を理論値と比較するぐらいのことしかしてないかな。
>数式いじくって理論を導いたりはしたが、実験結果から導くって意味が良く分からん。

昨日、これ書いた人へ

>>367、371、372、373、374への反論まっています。

今日は忙しいみたいですね。

422 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 23:42:06 ID:zyuEKn5y
>>416
あったよ。
>K1−(5) 死後の世界は本当にあるのか
>答.死後の世界は実在します。このことは仏教が三千年前から説き続けてきたことですが、
>今日幽霊が撮影されるようになって、その実在性が科学によっても証明されました。


423 :弘宣部部長から著作権違反で”削除”要請されるかしらん?:2005/11/29(火) 23:44:20 ID:BRbc2B7F
>>416
K1−(5) 死後の世界は本当にあるのか
答.死後の世界は実在します。このことは仏教が三千年前から説き続けてきたことですが、
今日幽霊が撮影されるようになって、その実在性が科学によっても証明されました。

ある特別の人のみが偶然に見たという幽霊ならば、錯覚や幻覚であったか、
実在したものかの区別は困難ですが、人の顔や手の形、或いは全身像の幽霊が
撮影された写真がたくさんありますから、実在はもはや疑う事はできません。

よく「幽霊が実在するという考えは科学と矛盾する」と言う人がありますが、
「では幽霊の実在が、どの科学とどのように矛盾するのか」と反問すると
明快な返事をする人がありません。それは幽霊の存在は如何なる科学とも矛盾せず、
また如何なる科学も幽霊の実在を否定する事は出来ないからです。

幽霊もそのように実在するのだけれども見た事のない者には信じられないだけの事です。


因みにその次は、
「K1−(6) 仏教の根幹、三世因果とはどんな教えなのか」
だからその足がかり的なものとして、生前や死後の世界が存在すると
どうにかして思い込ませたかったんじゃないかな?

会長著『こんなことが知りたい』が出典

424 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 23:53:27 ID:tDipFDFU
>>421
>今日は忙しいみたいですね。

はい。W弘宣部長は今日は出張ですから。
弘宣部に戻ったらまた相手をして下さるでしょう。

425 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 23:59:47 ID:zyuEKn5y
写真に撮れた=科学的に証明された
T森先生、科学的なご判断ですねw

過去、宇宙人の写真も撮れてるわけだけど
s会としては「宇宙人の存在も科学的に証明された」ってことでOK?

426 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 00:09:46 ID:wc6reXvr
>>381(>>375)
>>自力諸善を捨てて、法蔵菩薩の修され完成された無上善をいただく

>いただいてもないのに諸善を捨てて悪に走れば、やっぱり外道でしょう。

 自力で、自力諸善を捨てることは、できません。

この、「諸善を捨てる」は、文脈によって主語が変わりますね。
教判論として、「法門の廃立(立て分け)」のうえから、言われる言葉であれば、「廃捨する」
の主語は、仏さまや、祖師方ですね。「自力諸善」を廃捨し、「(他力)念仏」を立てるです。
「自力諸善」とは、諸経で説かれる「自力諸善万行」のことですね。

一方、われわれの体験から言えば、正確には「捨てさせていただく」ですが、捨てさせていただく
のは、「信罪福心」(自力疑情)です。自分の福(善業)をたのみにして、自分の楽果を求め、自
分の苦果を恐れて、罪悪を避けようとする心です。これは、われわれの本性であり、その本質は、
「己が、己が」という「我見」であり、我欲のためには、仏法も、阿弥陀さまも利用しようとする
功利的な心です。「御本願」の無条件のお救いを撥ね付ける心です。
そんな心は死ぬまで無くなるものではないですが、逆説的ですが、仏さまの御智恵によって、そん
な「私の本性」のありのままを見せていただき、「こんな悪人は救われない」という仏願を撥ね付
ける心を、「こんな悪人一人お目当ての御本願だった」と転入させていただき、このまま、この我
見の本性のまま、おまかせさせていただく(御本願を信じお念仏申す)のが、「自力諸善を捨てる」
です。御信心(=お念仏)をいただいても、私の三業は変わるものではないですが、どんな自分の
恐ろしい本性が出てきても、「阿弥陀様におまかせ」ですから、何の恐れもないし、お念仏さまと
して、自分の心ではとてもない阿弥陀さまの御心である「懺悔の心」もそのまま、いただくしかあ
りません。

427 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 00:10:04 ID:cFx4aBAk
>>382-383
絶対の幸福とやらを論理的に証明する方法はない。
論理の世界で証明できれば、それは絶対の存在ではないからな。
人間の感覚で絶対の幸福を証明することもできない。
相対的で限界のある人間の感覚でとらえることができるものは絶対とは言えないから。

人生が苦しい、自殺を否定したい、死後どうなるか知りたい、大いに結構。
しかし、それらを解決する絶対の幸福が用意されているはずだと結論付けるなら、
それはただの安易な願望だ。

それとも絶対の幸福を体験(相対的な人間の感覚で体験できるのかは置いておく)
した人が、あると言っているから信じる?…いいよ、信仰は自由だ。

しかし、論理的に証明されたわけでもないのに論理的な教えだ、と吹聴したり、
自分が絶対の幸福とやらを体験してもいないのに、さも体験したかのように語ったり、
自分が体験していないことを隠して、人に存在すると確信を持って勧めるのは欺瞞的だ。

人生に悩む高尚な会員は、こういう自己欺瞞的な願望を論理的だと言って
人に勧める事に疑問を持ったり悩んだりしないの?

428 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 00:10:42 ID:wc6reXvr
>>426つづき

ですから、一部の方が、上の教判と体験を混同して、「自力諸善を捨てる」というのは、「諸善万行」
を実践して初めて言えることだと言われますが、「信罪福心」は、人間の本性として、「諸善万行」を
実践してなくても誰でもあります。

最後に、(教判と体験の)何れにせよ、
「自力諸善を捨てる」=「法蔵菩薩の修され完成された無上善をいただく 」ですから、いただいてもない
のに、自力諸善を捨てることはありえません。

429 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 00:15:49 ID:cFx4aBAk
>>427
>人生が苦しい、自殺を否定したい、死後どうなるか知りたい、大いに結構。
>しかし、それらを解決する絶対の幸福が用意されているはずだと結論付けるなら、
>それはただの安易な願望だ。

訂正

「しかし、それらは解決されなければならないから、それはあるはずだ」と結論付けるなら、
それは安易な願望にすぎない。
それが、論理的にあると結論付けるなら、それなりに納得させうる論理が必要だ。

430 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 00:16:36 ID:CxPSu6VC
>よく「幽霊が実在するという考えは科学と矛盾する」と言う人がありますが、
>「では幽霊の実在が、どの科学とどのように矛盾するのか」と反問すると
>明快な返事をする人がありません。それは幽霊の存在は如何なる科学とも矛盾せず、
>また如何なる科学も幽霊の実在を否定する事は出来ないからです。

科学で幽霊を否定することは出来んだろうな。
「幽霊」という超常現象の概念は科学の範疇外だから、「矛盾」のしようもないし。

かといって、心霊写真ごときで「科学的に幽霊の実在が証明された」なんて結論付けることもできない。
写真の原理を科学的に知っていればね。
まあ、きょう日の技術なら、T森会長の「写真に撮れた=科学的に証明された」論を
裏付けさせるような写真画像くらい私でも作れますけどね。

431 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 00:20:27 ID:Qin2NUvH
>>416
>> 「幽霊の存在は科学的に証明された」とは、会長の言だったような…

>違いますよ

これ書いた人って、親鸞会会員でしょうか?
会長先生の書かれたご著書『こんなことが知りたい1』に、以下のようにハッキリとおっしゃっているではないですか。
さては、K1をあまり拝読されていない方ですね。


>>422
>あったよ。

>>K1−(5) 死後の世界は本当にあるのか
>>答.死後の世界は実在します。このことは仏教が三千年前から説き続けてきたことですが、
>>今日幽霊が撮影されるようになって、その実在性が科学によっても証明されました。



432 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 00:27:22 ID:Qin2NUvH
>>368
>寝る前に一言だけレスッとこ。

>>統計結果から、理論を導いて、その理論に基づいて、未来の予測をするのですが、
>>あなたの示す統計結果からは、あなたのいうような理論は導けないんですよ。

>そんなことは知ってるよ。理論を導けるとは言ってないだろう。
>俺は単に、君が説明した反証の手続きに従って例を挙げてるだけだ。
>反証の手続きのどこに「理論を導く」なんてあったんだ?

>>卒論書くときに、実験結果から、理論を導くような作業は、繰り返ししなかったのでしょうか?
>>普通、理系の学生なら、卒論書くときに、それらの作業には慣れていると思いますが。

>君が何の分野だか知らんが、理論を導けるほどの実験ってすごいね。
>俺は、実験値を理論値と比較するぐらいのことしかしてないかな。
>数式いじくって理論を導いたりはしたが、実験結果から導くって意味が良く分からん。

昨日、これ書いた人、あれだけ威勢がよかったのに、今日はおとなしいね。

今日、うわさでは、弘宣部長って法話か何からしいけど、やっぱり、これらの書き込みはあの人みたいですね。
書き込み時間などが一致しすぎ。

>>367、371、372、373、374への反論まってますからね〜。

親鸞会の弘宣部長が、「親鸞会の説く因果の通りは反証可能だ」とか言っていたら、面白いね。



433 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 00:27:57 ID:Qin2NUvH
そういえば、こんなことも言っていましたね♪

>>983
>>「親鸞会の教義は大宇宙の真理」
>>「高森顕徹会長は唯一絶対の善知識」
>>という信念が、マインドコントロールじゃなくて、弥陀のお育てによるものなら、

>「弥陀の本願は大宇宙の真理」だと言ってくれないかな。
>真実を占有物のように言っているみたいで、誤解を招く。
>ちなみに、調熟の光明は弥陀による「マインドコントロール」だと思うよ、俺は。

インターネットって、恐ろしいですね。

434 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 00:29:01 ID:Qin2NUvH
>>432

以下訂正、因果の道理ね。


>>367、371、372、373、374への反論まってますからね〜。

親鸞会の弘宣部長が、「親鸞会の説く因果の道理は反証可能だ」とか言っていたら、面白いね。


435 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 00:35:27 ID:fqJ7B+jq
>>431
> これ書いた人って、親鸞会会員でしょうか?
> 会長先生の書かれたご著書『こんなことが知りたい1』に、以下のようにハッキリとおっしゃっているではないですか。
> さては、K1をあまり拝読されていない方ですね。

アンチの自演だと思うぞ


436 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 00:36:01 ID:G3eJSMsw
>昨日、これ書いた人へ
今日は遅いので無理だな。すまんね。

>昨日、これ書いた人、あれだけ威勢がよかったのに、今日はおとなしいね。
>今日、うわさでは、弘宣部長って法話か何からしいけど、やっぱり、これらの書き込みはあの人みたいですね。
>書き込み時間などが一致しすぎ。
君は誰だよ。
ID:1LdYVAQo君に似せた書きぶりは彼に迷惑なんじゃないの。

437 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 00:38:04 ID:G3eJSMsw
>つまり真実かどうか、たしかめることも出来ないので、絶対に間違っているということも
>もちろん言うことはできませんが、「大宇宙の真理である」ということなどは、到底、理解できない
>ということです。

凡夫の智恵ではわからないでしょうが、仏智でははっきりしていることでしょう。
親鸞会は、自分の考えを言ってるのではなくて、親鸞聖人の教えを正確に伝えている集まり
だと思います。親鸞聖人は仏教以外説かれていませんから、そのまま真実の仏法です。
私たちには、わからないことはたくさんあるけどお釈迦さまの説かれたことに間違いはないでしょう。
それとも、仏さまより自分が正しいと思いますか?

うん、その通りだな。

438 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 00:41:09 ID:G3eJSMsw
>しかし、論理的に証明されたわけでもないのに論理的な教えだ、と吹聴したり、
>自分が絶対の幸福とやらを体験してもいないのに、さも体験したかのように語ったり、
>自分が体験していないことを隠して、人に存在すると確信を持って勧めるのは欺瞞的だ。
体験してればオールオッケーってことみたいだな。
こういう点でも、一刻も早く獲信することが大切だということだろうな。

439 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 00:44:44 ID:DYHasMIT
>>437

401 :名無しさん@3周年:2005/11/29(火) 20:56:20 ID:tDipFDFU
>>397

>親鸞会は、自分の考えを言ってるのではなくて、親鸞聖人の教えを正確に伝えている集まり
>だと思います。親鸞聖人は仏教以外説かれていませんから、そのまま真実の仏法です。

では「一切衆生 必堕無間」についてどの教典のどこに書かれているのか教えて下さい。
あと、親鸞聖人が、全ての人が地獄に堕ちると言われた根拠も。

また、蓮如上人が木像を本尊にしておられたにもかかわらず、
「木像本尊は間違っている」と教えている親鸞会は、
少なくとも蓮如上人は否定している団体だと認識しています。

440 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 00:46:06 ID:CxPSu6VC
T森会長の「写真に撮れた=科学的に証明された」論だと、
http://dokucha.dip.jp/cgi-bin/imgbox/img-box/img20051130004137.jpg
プーチン大統領がアニメ画を描いてることも
「科学的に証明されたこと」になっちゃうんだろうな。
プーチン大統領カイワイソス

441 :元々ぼら夫:2005/11/30(水) 00:50:55 ID:RTm6b0eA
遅くなってもた。
>>289
いかなる悪をも碍りとしない誓願を頂戴するが故に、信者の側には、これ以上悪を
積み重ねていくことは恥ずかしいという思いが育てられていくのではないかしらん。
弥陀の五劫思惟・兆載永劫の修行は、なんのため?ひとえに煩悩汚濁の私を、怒りも
愚痴もなく、正しく清らかな考えを持ち、他人の心も熟知し、生きとし生ける者すべてを
我が子のように思える無上仏とするためであったと聞くならば、煩悩起こるごとに
恥ずかしい事と思いはすれ、悪をさらに積み重ねても救いあるからOK♪とはならんちゃうか?
〜つづく〜

442 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 00:52:29 ID:CxPSu6VC
>>438
>体験してればオールオッケーってことみたいだな。
それでも↓の点がオッケーにはなりませんが?
>>しかし、論理的に証明されたわけでもないのに論理的な教えだ、と吹聴したり、
で、あなた体験したんですか?してないでしょ?(byオカラ

443 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 00:56:50 ID:cFx4aBAk
>>438
そうだね。
論理的に存在することが証明された事にはならないけど、
少なくとも本人が体験したと思うことを、体験した、と言うのは嘘ではない。
(もっとも、絶対と名の付く感覚を、相対的な人間が知覚できるのか疑問だけど)

444 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 01:01:59 ID:cFx4aBAk
>>437
>親鸞会は、自分の考えを言ってるのではなくて、親鸞聖人の教えを正確に伝えている集まり
>だと思います。親鸞聖人は仏教以外説かれていませんから、そのまま真実の仏法です。
>私たちには、わからないことはたくさんあるけどお釈迦さまの説かれたことに間違いはないでしょう。

親鸞会の会長は、幽霊が存在すると明言しています。
すると、親鸞聖人も幽霊を信じ、お釈迦さんも幽霊の実在を信じたことになります。
ところで幽霊の実在は仏典のどこに説かれているのでしょうか?

445 :元々ぼら夫:2005/11/30(水) 01:14:12 ID:RTm6b0eA
>>441つづき
s会教学で漏れが気にいらんのは、他力信心に段階を作って、その法味を隠してる事。
(隠してんのか、ハナっから無いのかわからんが)。段階が設けられてりゃ、トップにいる人は、
「まだ君は宿善足りないから、諸善(特にダミサ(仮)勧誘・財施推奨)積みなさい」と
命令できる。じゃ何時になったら、弘願に入れるの?「聴聞足らんからまだ無理や」
無碍光の徳を人為(はからい)でもってコントロールせんといて〜って、阿弥陀さんなら
そう言われるんちゃう?誰にでも何処においても開かれてる道に関所作って、通せんぼ。
ってな感じ。


446 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 06:52:01 ID:87MiKJx8
>>444
>ところで幽霊の実在は仏典のどこに説かれているのでしょうか?

ジャンヌで少し前に話題になってたね。

447 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 08:50:41 ID:UTVXDocc
>>426
>「自力諸善」を廃捨し、「(他力)念仏」を立てるです。
「自力諸善」とは、諸経で説かれる「自力諸善万行」のことですね。

これは行行相対ですね。
真宗では念仏にも19、20、18願の念仏の違いが教えられています。
19、20願の念仏であればやはり捨てよと教えられる雑行雑修ですが
念仏を称えるな、ということではないのは当然のことです。
信前であっても念仏は尊く称えずにおれないものです。

448 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 08:58:21 ID:IUZOP0dp
一口に体験と言ってもいろいろある。

449 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 09:51:49 ID:QUfDSDiP
>>447

ID:UTVXDoccさん、ジャンヌの自信教人信さんに
なにか反論できますか?

450 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 11:54:42 ID:HAsxwnzz
匿名性は個人の行為、民事上あるいは刑事上の責任追及を免ずるものではありません。一般のコミュニティーと同様に、行動の結果はご自身で責任を負っていただくことになります。

特に、以下の行為を禁止します。
 1 いやがらせ、悪口、脅し、あるいは有害な内容の掲載など、他人を攻撃したり、傷つけたりする目的で利用すること
 2 わいせつな内容や不愉快なデータを公開すること
 3 商業目的や広告目的で利用すること
 4 著作権者の許可を受けずに著作物を公開するなど、第三者の知的財産権を侵害したり、侵害を助長すること
 5 プライバシー侵害のおそれがあるデータを公開すること


451 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 12:01:36 ID:L0x0+m7T
>>447

みなさんの勉強になるなら
反論してもいいですよ。
こっちでやったほうがみんな見るんじゃないですか?

452 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 12:39:28 ID:UzZLP/WJ
>>445
>他力信心に段階を作って、

信前信後があるのは当たり前だろ。
阿弥陀仏のお導きを書かれたのが三願転入じゃないか。

ボラは十劫安心か?


453 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 12:48:06 ID:UzZLP/WJ
>>441

悪をいましめるのは性誡
雑行をいましめるのは遮誡って知ってる?

君の言っていることは全然的外れなんですけど。
本願寺のえらいひとにちゃんと聞いておいで。

454 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 13:42:24 ID:QUfDSDiP
>>452

s会では信前でも立派に「段階」作ってるじゃん。
「担当講師の指示は善知識の指示と心得なさい」とかいってさ。
20年前はたしかに合宿とかでそういわれたけど、
いまはあまりいわないのかな?

担当講師で信後のひとって誰?
いたら教えて。


455 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 13:48:52 ID:TPm9rG+e
すぐに信じ込んでしまう人って…。
戦時中は天皇陛下万歳で志願兵となり、
敗戦後はK会から浄土真宗を教えられれば信心を得たとするし、
幽霊の記事を読めば、幽霊がいることの証明だと本に書くし、
UFOの記事を読めば周囲に自慢げにUFO話をするし、
他にもいろいろありそう。

456 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 14:01:06 ID:lnlhY0ld
>>454
>「担当講師の指示は善知識の指示と心得なさい」とかいってさ。
20年前はたしかに合宿とかでそういわれたけど、
いまはあまりいわないのかな?

言われていますよ。
学友部長が、
「担当講師の指示、方針は、会長先生の許可を得てやっていることだから、担当講師のは言うことは会長先生の言うことと同じだ」
という内容のことを言ってましたよ。


>担当講師で信後のひとって誰?
聞いたことないですね。

457 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 18:12:47 ID:HAsxwnzz
中国へ行った体験ないけど、中国という国があると思ってる。
中国へ行った体験がない人は、会話の中で
「中国という国があるらしいんだけど」って
いちいち言わないでしょ。
無論、情報源の信憑性の問題があるわけですが、
仏縁深い会員は指導者の言葉に信憑性を見出しているので、
「絶対の幸福」があることを言うのでしょ。


458 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 18:16:22 ID:HAsxwnzz
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1115743803/47

?

459 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 18:24:42 ID:FxokrdYG
中国は不適切だ
中国という国は物理的に存在するからな。

幽霊を見た体験ないけど、幽霊があると思っている
幽霊を見た体験がない人は、会話の中で
「幽霊があるらしいんだけど」って
いちいち言わないでしょ。
無論、情報源の信憑性の問題があるわけですが、
仏縁深い会員は指導者の言葉に信憑性を見出しているので、
「絶対の幸福」があることを言うのでしょ。

460 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 18:28:43 ID:FxokrdYG
あっ、ごめん
幽霊は写真に写されたから科学的に存在が証明されたんだっけ?
幽霊も例として不適切だったな。

幽霊は徳川埋蔵金に訂正しておくよ。

461 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 18:33:38 ID:e7dQAJFa
徳川埋蔵金。

毎週わくわくしながら、見てたっけ。
結局埋蔵金なんて無かったんだけど、いい夢見させてもらったよ。


462 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 19:26:35 ID:5hREjioX
写真に写るんなら実在するでしょ。
「真を写す」から写真と書くのでしょ。
プーチン大統領だってお絵描きくらいするでしょ。

463 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 19:59:33 ID:xt/QVbOB
阿弥陀様と絶対の幸福のプロマイドあるけど買わない?

464 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 20:51:03 ID:xntXGrAn
阿弥陀如来事態存在しないものなのかもしれまんね

465 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 21:52:13 ID:Qin2NUvH
>>368
>寝る前に一言だけレスッとこ。

>>統計結果から、理論を導いて、その理論に基づいて、未来の予測をするのですが、
>>あなたの示す統計結果からは、あなたのいうような理論は導けないんですよ。

>そんなことは知ってるよ。理論を導けるとは言ってないだろう。
>俺は単に、君が説明した反証の手続きに従って例を挙げてるだけだ。
>反証の手続きのどこに「理論を導く」なんてあったんだ?

>>卒論書くときに、実験結果から、理論を導くような作業は、繰り返ししなかったのでしょうか?
>>普通、理系の学生なら、卒論書くときに、それらの作業には慣れていると思いますが。

>君が何の分野だか知らんが、理論を導けるほどの実験ってすごいね。
>俺は、実験値を理論値と比較するぐらいのことしかしてないかな。
>数式いじくって理論を導いたりはしたが、実験結果から導くって意味が良く分からん。

おととい、これ書いた人へ

>>367、371、372、373、374への反論まっています。

よろしくお願いします。

466 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 22:07:07 ID:HAsxwnzz
あの〜。自分は宗教とか弱い人がすがるものだと思ってたけど、自分の知らないモノを批判することは無責任であると
自分で思ったから、聴聞に参加してみたんだけどまともなこと言ってましたよ。
言ってることの矛盾点を探し出してニヤニヤしようと目論んでいたけど逆に言ってることにひどく感心してしまった。
「海水の如し」といって飲めば飲むほど余計に渇く。つまり「欲は満たしてもどんどん肥大化していく」。
例え政治家になって金持ちでいい家に住んでるのに、ワイロなんか受け取るのは、金持ちになってもこれで十分だといえて満足できてない証拠。
人は夢とか目標を叶えたらそれで「満足」できると信じて目指すけど、結局「満足」できる場所なんてなかった。
仏教として正しい証明なんてそもそも不可能だと思うし、悟りがあるという確証もないけれど「他にあえて目指すに値するもの」が自分には
見つけられないので、自分はこれからも聞き続けていきたいと思った。


467 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 22:11:21 ID:Qin2NUvH
>>466
>あの〜。自分は宗教とか弱い人がすがるものだと思ってたけど、自分の知らないモノを批判することは無責任であると
>自分で思ったから、聴聞に参加してみたんだけどまともなこと言ってましたよ。
>言ってることの矛盾点を探し出してニヤニヤしようと目論んでいたけど逆に言ってることにひどく感心してしまった。
>「海水の如し」といって飲めば飲むほど余計に渇く。つまり「欲は満たしてもどんどん肥大化していく」。
>例え政治家になって金持ちでいい家に住んでるのに、ワイロなんか受け取るのは、金持ちになってもこれで十分だといえて満足できてない証拠。
>人は夢とか目標を叶えたらそれで「満足」できると信じて目指すけど、結局「満足」できる場所なんてなかった。
>仏教として正しい証明なんてそもそも不可能だと思うし、悟りがあるという確証もないけれど「他にあえて目指すに値するもの」が自分には
>見つけられないので、自分はこれからも聞き続けていきたいと思った。

ごくろうさまです。是非、以下のサイトを読んでみてください。


なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

「なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/

続・なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://nazeyameta.shinrankai.makibishi.jp/


468 :sage:2005/11/30(水) 22:11:40 ID:WtCka27a
s会で「満足」得られるといいね。

469 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 22:16:13 ID:LT5C1/Su
専用エレベーターとか専用通路・専用トイレ・専用厨房車とスタッフ
金ピカの鷲のマーク、意味不明の天女のレリーフetc.

T森先生も「これで十分」と満足はしないんでしょうなあ。

470 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 22:18:40 ID:G3eJSMsw
>ID:Qin2NUvH
↓これ書いたの、君だったのか?

>>今日、うわさでは、弘宣部長って法話か何からしいけど、やっぱり、これらの書き込みはあの人みたいですね。
>>書き込み時間などが一致しすぎ。

>君は誰だよ。
>ID:1LdYVAQo君に似せた書きぶりは彼に迷惑なんじゃないの。

俺があれほど追及したにもかかわらず、のうのうと未だにこんなことを言っているのか。

君はその程度ということだということが分かったよ。

471 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 22:38:13 ID:LT5C1/Su
W部さんって、黒田慶樹さんに顔立ちがちょっと似てるかなー

と思うのは私だけ?

472 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 22:50:06 ID:2+2CtswV
サルは人間界に生まれてないから仏法聞けないな〜

473 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 22:50:53 ID:2+2CtswV
こんなことしてるうちに11月終わっちゃうね。振り返ってみると、むなしいのう〜


474 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 22:51:22 ID:2+2CtswV
こんなところより直に語り合いたいね。どっちも。

475 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 22:52:21 ID:LT5C1/Su
>>473
むなしい人生送ってらっしゃるんですね。

476 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 22:54:03 ID:WtCka27a
>専用エレベーターとか専用通路・専用トイレ・専用厨房車とスタッフ
>金ピカの鷲のマーク、意味不明の天女のレリーフetc.
それで財施が足りんといわれてもなー。

477 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 22:57:00 ID:LT5C1/Su
>>476
会員もむなしくなるでしょうなー。

478 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 22:58:18 ID:Qin2NUvH
>>470
>俺があれほど追及したにもかかわらず、のうのうと未だにこんなことを言っているのか。
>君はその程度ということだということが分かったよ。


昨日は忙しかったようですね。ごくろうさま。

>>367>>371>>372>>373>>374 への反論まっています。

よろしくお願いしますね。




479 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 23:00:01 ID:tY1/je9J
盲目で耳も聞えない、口もきけない
三重苦のうちの息子でも信心決定できるのでしょうか?

480 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 23:00:48 ID:G3eJSMsw
>ID:Qin2NUvH
相当の根拠があって言うのならいいが、今まで見る限り根拠と言えるものはない。
そんな君の思い込みを、こんなところに出さないでもらおうか。
そんな決め付けは俺が迷惑だからね。

議論を続けたいのなら、思い込みを認めて謝罪してもらおう。
そして、もう言わないと約束してもらおうか。

あるいは、相当の根拠があることを主張するのならそれでもいいぞ。

481 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 23:05:53 ID:G3eJSMsw
>昨日は忙しかったようですね。ごくろうさま。
ああ、ごくろうさん。
これからも忙しいからね。

482 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 23:06:27 ID:DYHasMIT
>>480
やっぱりセクハラで二度も左遷された人と一緒にされるのは迷惑ですか。
でしょうね。Qin2NUvHさんにも言っておきますわ。

あまりにも失礼だし侮辱だからやめろと。

483 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 23:10:27 ID:G3eJSMsw
>やっぱりセクハラで二度も左遷された人と一緒にされるのは迷惑ですか。
なにそれ。
何か根拠があって言ってるのか?

484 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 23:21:43 ID:Qin2NUvH
>>480
>>ID:Qin2NUvH

>相当の根拠があって言うのならいいが、今まで見る限り根拠と言えるものはない。
>そんな君の思い込みを、こんなところに出さないでもらおうか。
>そんな決め付けは俺が迷惑だからね。

>議論を続けたいのなら、思い込みを認めて謝罪してもらおう。
>そして、もう言わないと約束してもらおうか。

分かりましたよ。私は、あなたとの議論に関心があり、あなたとの議論を続けたいので、
あなたが誰であるかは、特にもういいです。あなたが、親鸞会の会員であるなら、誰でもいいです。

ちょっと、思い込みで書き込みすぎましたね。
そのことは謝りますよ。不快な思いをされたのなら、申し訳ありませんでした。


では、>>367>>371>>372>>373>>374 への反論まっています。
よろしくお願いします。

あと、以下の発言があなたのものであることも、確認しておきますね。
今の議論とは、特に関係ありませんが、よろしく。

>>983
>ちなみに、調熟の光明は弥陀による「マインドコントロール」だと思うよ、俺は。







485 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 23:32:30 ID:xt/QVbOB
会員って2ちゃんねるを見ちゃいけないと厳命されているのにね。
善知識の指示を無視しても問題ないのだろうか?

推測される答えは二つ
A 書き込んでいる会員は善知識の指示を無視する外道である
B 書き込んでいるのは会の広報担当の人間で情報工作している

書き込んでいる人間は自分を外道でないと主張している。
したがって、書き込んでいる人間はBの立場の人間であると考えられる。

親鸞会弘宣部長がネット対策をしている事は下のサイトに、 W部K志名義で
削除要請されたことから間違いないだろう。
ttp://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

ただし、ここに書き込んでいるのは弘宣部介入している可能性は高いが、
それがW部氏である保証はない。

486 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 23:34:38 ID:IUZOP0dp
なんか、空しい議論が多いように思うけど、こういうのってなくならないんだよね。


487 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 23:36:36 ID:IUZOP0dp
もう12月だよ、このまま1年過ぎていいのか。

488 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 23:37:49 ID:xt/QVbOB
>>486
試みに聞きますが、あなたは善知識の指示を無視する外道会員ですか?
それとも、通行人(笑)ですか?

489 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 23:38:08 ID:bF3gYRlK
>会員って2ちゃんねるを見ちゃいけないと厳命されているのにね。
>善知識の指示を無視しても問題ないのだろうか?

マジ?いつごろの情報?
漏れのころは上の許可が必要だったが、
ここの会員の話だと、それはないってことだったけど?

490 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 23:46:29 ID:LT5C1/Su
>>489
>漏れのころは上の許可が必要だったが、
そのころは、どういう条件で上司からの許可が与えられてました?

491 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 23:48:02 ID:xt/QVbOB
>>489
そうなの?
K玉氏が2ちゃんねんをみるな、とのたまったと聞いたが。

どっちにせよ上の許可が必要なわけで、ここに書き込んでいるのは許可を受けた会員と考えていいのね。

492 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 23:50:10 ID:lnlhY0ld
>>485
同感です。
支部ではどうか知りませんが、
学友部では2ちゃんねるを見たり、書き込んだりするのは謗法罪だと
徹底されていました。
2、3年ほど前からだったと思いますが、
謗法罪の10分間説法の中でも、批判サイトを見るだけで謗法罪になるということが言われていました。



493 :名無しさん@3周年:2005/11/30(水) 23:55:24 ID:Qin2NUvH
>>492

>同感です。
>支部ではどうか知りませんが、
>学友部では2ちゃんねるを見たり、書き込んだりするのは謗法罪だと徹底されていました。
>2、3年ほど前からだったと思いますが、
>謗法罪の10分間説法の中でも、批判サイトを見るだけで謗法罪になるということが言われていました。

批判サイトを見るだけで、謗法罪なのですか。
本当にそんな説法がなされているのですか?

批判サイトを批判すればいいのにね。

lnlhY0ldさん、あなたは会員?それとも脱会者?

494 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 00:01:21 ID:4rzdSKvN
渡部隆志か。
たしかダミサにいたころそいつの話を聞きにいったかな。

まだ親鸞一辺倒じゃなかったな。
でもそのときからすでに
親には言うな
っていってたけど

495 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 00:05:55 ID:fRNJ3OEf
>>493
ええ、批判サイトを見ると謗法罪になるという説法はされていました。
しかも、そのときいなかった会員に対しても、担当講師が個別で同じ説法をしました。
私は、会に籍はありますが、半年以上行っていません。

496 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 00:12:18 ID:mi1xLh8O
>ちょっと、思い込みで書き込みすぎましたね。
>そのことは謝りますよ。不快な思いをされたのなら、申し訳ありませんでした。
そうか、分かった。

>あと、以下の発言があなたのものであることも、確認しておきますね。
そうだよ。

>書き込んでいる人間は自分を外道でないと主張している。
>したがって、書き込んでいる人間はBの立場の人間であると考えられる。
おっ、何か頑張って「論理」してるじゃないかw
ちなみに、他人の主張を述べるときは、原文そのままが原則だぞ。

497 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 00:12:40 ID:ZJbKokI8
>>495
>ええ、批判サイトを見ると謗法罪になるという説法はされていました。
>しかも、そのときいなかった会員に対しても、担当講師が個別で同じ説法をしました。

親鸞会も批判サイトをみせたくないんでしょうね。
いろんな批判を受け、批判に耐えて、「やはり親鸞会で聴聞しよう」という気持ちが
強くなるものだと思いますが。

このあたりに、親鸞会のマインドコントロール性を感じてしまいます。


>私は、会に籍はありますが、半年以上行っていません。

あっ、そうなんですか。
行かなくなった主な理由はなんですか?
もし、よかったら聞かせて下さい。

学生さんでしょうか。それとも社会人の方ですか?

498 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 00:15:18 ID:ZJbKokI8
>>496
>>ちょっと、思い込みで書き込みすぎましたね。
>>そのことは謝りますよ。不快な思いをされたのなら、申し訳ありませんでした。

>そうか、分かった。

>>367>>371>>372>>373>>374 への反論、よろしくお願いしますね。まっていますので。


>>あと、以下の発言があなたのものであることも、確認しておきますね。
>そうだよ。

分かりました、有難うございます♪♪


499 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 00:15:39 ID:xZKoHJhE
>>496
>おっ、何か頑張って「論理」してるじゃないかw
>ちなみに、他人の主張を述べるときは、原文そのままが原則だぞ。

原文ねぇ?実名で書いた方が良かったですか?
それで、あなたは外道会員ですか?

500 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 00:20:24 ID:mi1xLh8O
>原文ねぇ?実名で書いた方が良かったですか?
意味が分からんけど、やってみれば。

>それで、あなたは外道会員ですか?
何、外道会員って。外道は君らだろ。

俺は、見ちゃ駄目とか言われていないな。
見ない方がいいよとは言われたんだがね。やっぱ見ないようにしようかな。

501 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 00:26:39 ID:fRNJ3OEf
>>497
行かなくなった主な理由はなんですか?
もし、よかったら聞かせて下さい。

・教義に対する疑問(特に因果の道理)
・仮に教義が正しいとしても、教えとやっていることのギャップが大きい
(新入生の引き離し、身分を詐称、授業を平気で休む人が多いなど)
というのが主な理由です。

>学生さんでしょうか。それとも社会人の方ですか?
学生です。

502 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 00:27:50 ID:ZJbKokI8
>>500
>俺は、見ちゃ駄目とか言われていないな。
>見ない方がいいよとは言われたんだがね。やっぱ見ないようにしようかな。

mi1xLh8Oさん、反論まっていますので、お願いしますね。
あなたが、「親鸞会の説く因果の道理は反証可能だ」と主張したので、
その主張に対して、議論を続けてきたのです。

>>367>>371>>372>>373>>374 への反論、よろしくお願いしますね。まっていますよ。

もし、これ以上反論されないのなら、あなたが「親鸞会の説く因果の道理は、やはり反証不能でした」と認めた、と
理解してよろしいでしょうか♪

上記への反論あれば、まっていますよ。よろしくね。

親鸞会の教義に自信のある親鸞会会員なら、逃げないでね♪




503 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 00:31:54 ID:ZJbKokI8
>>501
>>行かなくなった主な理由はなんですか?もし、よかったら聞かせて下さい。

>・教義に対する疑問(特に因果の道理)
>・仮に教義が正しいとしても、教えとやっていることのギャップが大きい
>(新入生の引き離し、身分を詐称、授業を平気で休む人が多いなど)というのが主な理由です。

親鸞会の説く因果の道理のどのへんが疑問に思いますか?

「授業を平気で休む人が多い」とは、親鸞会の活動の為に休んでしまうのですか?


>>学生さんでしょうか。それとも社会人の方ですか?
>学生です。

そうですか。
ちなみに以下のサイトはみました?


なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

「なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/

続・なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://nazeyameta.shinrankai.makibishi.jp/



504 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 00:37:03 ID:ZJbKokI8
>>372
>>君が何の分野だか知らんが、理論を導けるほどの実験ってすごいね。

>あなたの研究した分野にはなかったのかもしれませんが、論文を書くのですから、
>当然、実験結果から、理論を導きましたよ。

>>俺は、実験値を理論値と比較するぐらいのことしかしてないかな。
>>数式いじくって理論を導いたりはしたが、実験結果から導くって意味が良く分からん。

>一体、何の分野の、どんな実験をされたのか、教えてもらえませんか?
>本当に理系の人なのか、疑ってしまいます。

素朴な思いであり、いまだに疑問なのですが、mi1xLh8Oさんって、何学部で、どんな卒論の研究されたのですか?

「親鸞会の説く因果の道理は、反証不能である」って、もうそろそろ認めますか?
熱く議論してきたmi1xLh8Oさんなら、まさか、認められないでしょうね。いかがですか〜?



505 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 00:42:50 ID:xZKoHJhE
>>500
>俺は、見ちゃ駄目とか言われていないな。
>見ない方がいいよとは言われたんだがね。やっぱ見ないようにしようかな。

あなたは善知識が見ない方がいいと言ったのに、なぜ書き込んでいるのですか?
全力を尽くして善知識の言葉を聞き、それを守るのが親鸞学徒ではないのですか?
一刻も早く往生決定させるため善知識の言いつけを遵守するべきでしょう。

もっとも今書き込みをやめたら、答えに窮して議論を放棄したと思われるでしょうね。
消えるなら「親鸞会の説く因果の道理は反証可能だ」という主張を証明してからにして下さい。

506 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 00:46:07 ID:mi1xLh8O
>>367>>371>>372>>373>>374 への反論、よろしくお願いしますね。まっていますよ。
はいはい。今日はもう寝るから明日ね。

>素朴な思いであり、いまだに疑問なのですが、mi1xLh8Oさんって、何学部で、どんな卒論の研究されたのですか?
そんな個人情報こんなところで書けないな。
まぁごく普通の理系だよ。
それより君がどのような実験によってどのように理論を導いて、…中略…
よってこういうものこそが「予測」といえるものだ、という話をしてくれた方が
よっぽど話が進むと思うが。

>「親鸞会の説く因果の道理は、反証不能である」って、もうそろそろ認めますか?
>熱く議論してきたmi1xLh8Oさんなら、まさか、認められないでしょうね。いかがですか〜?
認めるも何も、君から「反証可能/不能」の概念を聞いた限りでは、
それなら「反証可能」の方じゃないの?って言ってるだけ。
なぜそう思ったか説明してるだけだ。
別にそれがどっちかということに熱い信念があるわけではないよ。

507 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 00:49:15 ID:2Xrgt9uj
>>504
W部さんなど会の中枢にいる人は、入学した大学は立派で生まれ持った頭の良さを感じるのだが
学歴を伴ってない人が少なくないから、卒業研究をしてない人かもね。


508 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 00:50:05 ID:fRNJ3OEf
>親鸞会の説く因果の道理のどのへんが疑問に思いますか?

事故にあった人や飢餓で苦しんでいる人など、その原因を過去世にもってくるのには、疑問です。
また、因果の道理は反証不可能だと思います。


>「授業を平気で休む人が多い」とは、親鸞会の活動の為に休んでしまうのですか?

それもありますし、
会にかかる費用を稼ぐバイトに行くためなど様々です。

>ちなみに以下のサイトはみました?

まだなので、見てみようと思います。


509 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 00:50:57 ID:ZJbKokI8
>>505
>>俺は、見ちゃ駄目とか言われていないな。
>>見ない方がいいよとは言われたんだがね。やっぱ見ないようにしようかな。

>あなたは善知識が見ない方がいいと言ったのに、なぜ書き込んでいるのですか?
>全力を尽くして善知識の言葉を聞き、それを守るのが親鸞学徒ではないのですか?
>一刻も早く往生決定させるため善知識の言いつけを遵守するべきでしょう。

親鸞会の講師部員でも、批判サイトをみたり、書き込んだりしてるのでないの?

あまりmi1xLh8Oさんをいじめないでね♪・・・なんて。


>もっとも今書き込みをやめたら、答えに窮して議論を放棄したと思われるでしょうね。
>消えるなら「親鸞会の説く因果の道理は反証可能だ」という主張を証明してからにして下さい。

ありがとうございます。
mi1xLh8Oさんが書き込まないのは、これ以上、反論できないからだと思っています。
だいたい、「親鸞会の説く因果の道理が、反証可能だ」なんて言った時点でアウトですよね。

あんなあいまいな教義では、どうとでも言えるので、反証できる訳がないんですよ。
アンチの私でさえ、何言われても、「こういうことで、つじつまがあうぞ、正しいじゃないか」って反論できるもん。


510 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 00:54:37 ID:mi1xLh8O
>あなたは善知識が見ない方がいいと言ったのに、なぜ書き込んでいるのですか?
>全力を尽くして善知識の言葉を聞き、それを守るのが親鸞学徒ではないのですか?
>一刻も早く往生決定させるため善知識の言いつけを遵守するべきでしょう。
正しいこと言うじゃないか。
でも残念ながら、俺は不真面目なんだよね、前も言ったけど…。

>親鸞会の講師部員でも、批判サイトをみたり、書き込んだりしてるのでないの?
また根拠のない話が出ちゃったね。

てか君、タイミング悪いよね。

>mi1xLh8Oさんが書き込まないのは、これ以上、反論できないからだと思っています。
まじでか。
正解は、君が失礼すぎたからだよ。

511 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 00:56:17 ID:ZJbKokI8
>>506
>>367>>371>>372>>373>>374 への反論、よろしくお願いしますね。まっていますよ。

>はいはい。今日はもう寝るから明日ね。

かなりのあせりを感じるのは、私だけでしょうか。
明日が楽しみです。反論まってますね。


>>「親鸞会の説く因果の道理は、反証不能である」って、もうそろそろ認めますか?
>>熱く議論してきたmi1xLh8Oさんなら、まさか、認められないでしょうね。いかがですか〜?

>認めるも何も、君から「反証可能/不能」の概念を聞いた限りでは、
>それなら「反証可能」の方じゃないの?って言ってるだけ。なぜそう思ったか説明してるだけだ。
>別にそれがどっちかということに熱い信念があるわけではないよ。

おっ、「親鸞会の説く因果の道理は、反証可能である」の主張がくずれてきたぞ。

今後、どうなるか、とても楽しみです♪だって、反証不能だから、「そんな反証不能な理論を、大宇宙の真理だなんて、どうやって理解したのですか」と
聞いているんですから。そこから「親鸞会ではマインドコントロールが行なわれているのでは」と言ってますので。

単なる言葉の議論では、終わらないからね〜。



512 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 01:00:20 ID:ZJbKokI8
>>508
>>親鸞会の説く因果の道理のどのへんが疑問に思いますか?

>事故にあった人や飢餓で苦しんでいる人など、その原因を過去世にもってくるのには、疑問です。
>また、因果の道理は反証不可能だと思います。

私もそう思います。


>>「授業を平気で休む人が多い」とは、親鸞会の活動の為に休んでしまうのですか?
>それもありますし、会にかかる費用を稼ぐバイトに行くためなど様々です。

結局、無理がかかり過ぎなんでしょうね。
学友部員で、無理のし過ぎでつぶれる人って多いのではないでしょうか?


>>ちなみに以下のサイトはみました?
>まだなので、見てみようと思います。

もしよろしければ、また感想など、聞かせて下さい。

513 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 01:04:10 ID:mi1xLh8O
>おっ、「親鸞会の説く因果の道理は、反証可能である」の主張がくずれてきたぞ。
まぁ、その概念自体まだよく分かってないからね。
最初からずっと言ってるでしょ。
で、どうも君の話を聞く限り、反証可能だね、と言ってるだけ。

じゃあ寝る。

514 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 01:07:21 ID:xZKoHJhE
>>509
>親鸞会の講師部員でも、批判サイトをみたり、書き込んだりしてるのでないの?
>あまりmi1xLh8Oさんをいじめないでね♪・・・なんて。

講師部員であれば、なおさら善知識の言葉を遵守するべきだ、ナンテネ
もっと破邪顕正が三度の飯より大好きな親鸞会のみなさんが、
こういう場所を見たり書き込めないのは辛いでしょうね。

そういえば、あなたを例のサイトの管理人だと言う人がいたけど、
あれは誤ってもらえましたっけ?

515 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 01:11:57 ID:ZJbKokI8
>>514

>そういえば、あなたを例のサイトの管理人だと言う人がいたけど、
>あれは誤ってもらえましたっけ?

いえ、一言も。
あの人どこいったんでしょうね。

はぁ?って感じなので、放置しましたが(笑)



516 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 01:12:48 ID:xZKoHJhE
>>510
>正しいこと言うじゃないか。
>でも残念ながら、俺は不真面目なんだよね、前も言ったけど…。

不真面目だと往生決定できないんじゃないのですか?
往生は、もうあきらめ気味で?

517 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 01:17:27 ID:xZKoHJhE
>>515
人は他人の目の中のおが屑を見つけるが、自分の目の中の丸太に気が付かない

自分を絶対者の立場に置いて、他人を裁くのは容易いけど、
それをする人って大抵、滑稽なものなんですよねえ…
私もね。

518 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 01:19:38 ID:fRNJ3OEf
>>512
>結局、無理がかかり過ぎなんでしょうね。
>学友部員で、無理のし過ぎでつぶれる人って多いのではないでしょうか?


親鸞会(の一部)では、
「ハイヒール現象」といって、特定の役職、係の人には一般の会員よりも多くの負担がかかり、
結果的に体調を崩したり、精神的につぶれてしまうことが少なくないです。

一般の学生会員でも、会に使う費用をうかせるため、
食事を抜き続けてやせた人など、かなり無理をしているように見えた人もいました。

519 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 01:27:32 ID:ZJbKokI8
これ書き込んだ人って、今もみてるのかな?
この人も「親鸞会の教義は、大宇宙の真理」だとでも思っているのかな?


> >>121
>>>そういえば、「なぜやめたのか」の主張は君の主張と不思議なくらい一致しているよね。
>>>もしかして君はご本人なの?
>> これを読んでみて、「なるほどな〜」と思い、これに対して親鸞会会員の人たちは、どんな意見をもっているのだろうということに大変、関心を持ち、
>> 4db5aFAMさん、あなたと議論をさせてもらっています。

>本人に決まっているではないですか。
>全然「静かに見守りたいと思います」になってないですし。
>このあたりは、やはり「配慮」して下さっているのでしょうかね。


>>196 名前: 名無しさん@3周年 [sage] 投稿日: 2005/11/27(日) 19:18:51 ID:nSBV/ek8
>> それにしても、「親鸞会の」「親鸞会の」とわざわざ言うところが気になるな。
>> 仏教で言われる因果の道理ではないと言いたいのかね?

>毎日ご苦労様です。
>私も前からそれを、いやらしく思っていました。同感です。



520 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 01:28:39 ID:ZJbKokI8
>>518
>>結局、無理がかかり過ぎなんでしょうね。
>>学友部員で、無理のし過ぎでつぶれる人って多いのではないでしょうか?

>親鸞会(の一部)では、
>「ハイヒール現象」といって、特定の役職、係の人には一般の会員よりも多くの負担がかかり、
>結果的に体調を崩したり、精神的につぶれてしまうことが少なくないです。

>一般の学生会員でも、会に使う費用をうかせるため、
>食事を抜き続けてやせた人など、かなり無理をしているように見えた人もいました。

どの地方の大学?関東かな?いつごろのこと?

521 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 01:36:25 ID:fRNJ3OEf
>>520
どの地方の大学?関東かな?いつごろのこと?

中部地方の大学です。
五年以上前から今年にいたるまで、
「ハイヒール現象」が起きています。
担当講師の話によると、他の大学にもそういったことはある(あった)ようです。

522 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 01:44:02 ID:ZJbKokI8
>>521
>>どの地方の大学?関東かな?いつごろのこと?

>中部地方の大学です。

中部地方の大学って、岐○大学ですか?あそこ以外にあったかな・・・。


>五年以上前から今年にいたるまで、
>「ハイヒール現象」が起きています。
>担当講師の話によると、他の大学にもそういったことはある(あった)ようです。

もうすぐ幹部はつぶれて、やめるんじゃないの?
心配してしまいますね。

523 :元々ぼら夫:2005/12/01(木) 01:49:45 ID:EcdZDbXO
お返事書こうとして、寝てもうた。
>>452
前スレ最後のほうに三願転入についての考え方、おおまかに書いといた。ど〜ぞ、ご参考に〜
>>453
ふ〜ん、で、何が言いたいの?
>>454
もぅね、宗教なんすかね?コレ。T森陛下の近衛師団?United Future Organization?
uniteってことはありえへんかw。また寝。


524 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 01:51:33 ID:fRNJ3OEf
>>522
中部地方の大学と言っても、親鸞会の学友部のある大学は、
○古屋、○古屋工業、○知県立、○知学院、○城、○京、○阜、○山、○山県立、○山医薬、○沢、○沢学院、○沢工業、○沢星稜、○井、○井工業
とたくさんありますよ。

525 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 01:54:12 ID:ZJbKokI8
>>524
>中部地方の大学と言っても、親鸞会の学友部のある大学は、
>○古屋、○古屋工業、○知県立、○知学院、○城、○京、○阜、○山、○山県立、○山医薬、○沢、○沢学院、○沢工業、○沢星稜、○井、○井工業
>とたくさんありますよ。

中部地方って、東海や北陸もはいるんですね。わかりました。

あなたは、半年行っていないとありましたが、これからどうしますか?



526 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 02:01:36 ID:fRNJ3OEf
>>525

会員をやめようかと思っています。
その前に、会費やご報謝未納で自動的に退会となるかもしれませんが。

眠いので、そろそろ寝ます。

527 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 04:32:13 ID:46maIReZ
信心決定してから破邪顕正なんじゃないの?


528 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 11:40:40 ID:fRNJ3OEf
親鸞聖人の遺言
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1133404680/

会員、シンパは、この人の質問に答えてください。

529 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 12:01:32 ID:n60O/wzy
 蓮如上人の晩年、一向一揆が頻発するようになると、地方の豪族は、一揆恐怖症にかかり、浄土真宗を禁制するようになりました。なかでも、九州の薩摩藩(鹿児島)と人吉藩(熊本県南部)は、明治に至るまでの三百年間、真宗信者に対し、厳しい弾圧を加えたことで、有名です。

530 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 12:27:57 ID:QW3T4ccP
>本願寺さんが「なぜ答えぬ」に反論しないのは、これ以上、反論できないからだと思っています。
まじでか。
正解は、高森君が失礼すぎたからだよ。


531 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 12:55:13 ID:n60O/wzy
元々一般信者レベルでは、葬式仏教こそが「仏教」であった罠。

奈良・平安仏教は国家鎮護のために存在していたため、「穢れ」を忌避し
天皇あるいは貴族の「葬式&先祖供養」しか行わず、庶民の遺体は街や村はずれに捨てられていた。
やがて平安後期頃から、心ある僧達が遺体の供養を行い墓地を作り、人々の死者に対する思いや、祖先崇拝感情を満たした。
京都の六角堂(だったかな)の伝承は、その辺の事情を良く伝えている。



532 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 12:58:58 ID:5FpP/Z00
>>530
>正解は、高森君が失礼すぎたからだよ。

ははは、まったくその通りだね。

相手の立場にたってみたらわかる話。
まあ、カルト教団だとすれば相手の立場にはたてないのだろうがね。

533 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 14:13:16 ID:iGb+0eme
>532
ですよねー
やっぱり相手の立場に立てる人は言うことが立派ですね♪(^o^)

534 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 14:31:14 ID:5FpP/Z00
>>533

おまえモナー

535 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 15:12:11 ID:n60O/wzy
ただ、昔の僧には「葬式&先祖供養の執行人」のほかに
「地域共同体の基礎教育者」と「カウンセラー」という役割もあったが
地域共同体も崩壊しつつある上、教育やカウンセリングについては
現在では、とうてい普通の僧侶が参入できるレベルではない。

もっとも根源的な「修行者」としての僧侶か、あるいは「葬式&先祖供養の執行人」
という今までの本業を磨いていくしか存在意義はと思われ。
 今後重視されるのは、本来副次的役割であった「伝統芸継承者または歴史的文化財の管理者」
という役割だろうと…まぁそれを「死んでいる」というのなら、そうなんだろうな。


536 :ハテナ:2005/12/01(木) 15:33:09 ID:QgpMN2ZA
>528
ご紹介ありがとうございます。みるみる下に落ちて行くので、
親鸞会の方の助けをお借りしたく、こちらでも質問させて下さい。
------------------
親鸞聖人の遺言とされている
「一人いて悲しい時は二人いると思え。二人いて悲しい時は三人いると思え。その一人は親鸞なり」
ですが、これは、倉田百三の創作ですか?それとも本当の言葉ですか?
「一人いて喜ばは二人と思うべし。二人いて喜ばは三人と思うべし。その一人は親鸞なり」
こっちは有名なのですが。
どうかよろしくお願いします。 m(_ _)m

537 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 15:46:06 ID:ZJbKokI8
>>513
>>おっ、「親鸞会の説く因果の道理は、反証可能である」の主張がくずれてきたぞ。

>まぁ、その概念自体まだよく分かってないからね。
>最初からずっと言ってるでしょ。
>で、どうも君の話を聞く限り、反証可能だね、と言ってるだけ。

だんだん、弱気になってきましたね。

では、「親鸞会の説く因果の道理は、反証可能だね」との、あなたの主張を続けてください。
まずは、>>367>>371>>372>>373>>374 への反論、よろしくお願いしますね。まっていますよ。


>>506
>そんな個人情報こんなところで書けないな。
>まぁごく普通の理系だよ。

分かりました。あなたが、「ごく普通の理系」の大学を卒業された方だと認識して、こちらも論理を展開しますね。
それとも、まだ学生さんで、「卒業されていない」でしょうか?

538 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 15:57:31 ID:Cy8/xp2d
会長先生のお気に入りだと思われてるのでしょうか?いつも大きい行事の時はアシスタント
されてますので・・・・

539 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 16:10:51 ID:qGfRk7S8
本願寺に放火しようとしたくらいの大人物だから
相手の立場にたつなんてことは無理。
自分の思いを果たせるかどうかしかないのだ。


540 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 16:16:28 ID:n60O/wzy
疑問質問はこちら
http://homepage1.nifty.com/jinsaku/shinrankai/faq.html

クレームあるならサポセンにどうぞ
そんなのあったかなぁ

541 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 16:21:27 ID:n60O/wzy
なんか「親鸞会で言う、因果の道理」って繰り返して使われているけど、

「親鸞会以外で教える因果の道理」と「親鸞会で教える因果の道理」ってどう違うのかしら?

同じものだと漠然と思っていましたが、いつも書き込むアンチさんよろしく。

公式サイトには、こんなようにありました。

http://www.shinrankai.or.jp/qa/

542 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 17:01:26 ID:sM5GY2H+
>>541
そりゃ単にアクセントの違いだ。
親鸞会の教義の一例である因果の道理ってことだろ。
親鸞会の主張の問題点を挙げているんだから親鸞会のという枕詞がいるだけ。
同じかどうかは俺は知らん。他では聞いたことないし。

543 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 17:17:17 ID:ZJbKokI8
>>541
>なんか「親鸞会で言う、因果の道理」って繰り返して使われているけど、
>「親鸞会以外で教える因果の道理」と「親鸞会で教える因果の道理」ってどう違うのかしら?
>同じものだと漠然と思っていましたが、いつも書き込むアンチさんよろしく。

私が「親鸞会の説く因果の道理」という表現を使っていることについては、以下にすでに書き込んでいますよ。
読みましたか?

>>218
>それにしても、「親鸞会の」「親鸞会の」とわざわざ言うところが気になるな。
>仏教で言われる因果の道理ではないと言いたいのかね?

私が知っているのは、「親鸞会」というフィルターを通しての仏教ですので。
親鸞会の説く因果の道理について、どの経典にどのように説かれているかは知りませんし、
親鸞会で、詳しく説明を受けたこともありません。

そこで、誤解のないように、そのように表現しています。
それとも、「親鸞会の説く因果の道理」について、「どの経典」に「どのように」説かれているのか、根拠を示して下さいますか?


n60O/wzyさんは「親鸞会の説く因果の道理」は「大宇宙の真理」だと思っていますか?



544 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 17:20:02 ID:n60O/wzy
【結論】
「修行者」になるつもりでないのなら
今までの本業である「葬式などのセレモニーマスター」としての技術を磨いてくれ。
ていうか、それぐらいしか生き残りのための戦略ドンインはないと思う。

簡単にいうと「あの坊さんに葬式やってもらってヨカタヨ!」と言われるレベルになれ、ということ。
本業で成功しないなら、今までたいして求められていなかったサービス領域に参入しても失敗する。

545 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 17:27:18 ID:kRJLYp+M
>>544
スレを間違えていないか?

546 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 17:29:52 ID:/o2JqAhm
>>545
というより別スレからのコピペ。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1050229344/

547 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 19:07:58 ID:ZJbKokI8
>>541
>いつも書き込むアンチさんよろしく。

n60O/wzyさんへ、私が言いたいのは以下のようなことです。

「親鸞会学友部が行なっている『引き離し対策』や『親カット』『兼部カット』は、新入生に対して、
偏った情報(親鸞会は正しいという情報)を与える情報操作ではないか?
親鸞会では、マインドコントロールが行なわれているのでは。

「親鸞会の教義は、大宇宙の真理である」との主張は、各人が「信念により信じている」のであって、
論理的に理解しているものではないのでは?
それなのに、講師部員や学友部員の多くは、「自分は、論理的・客観的に理解している」と思っている。

だから、自分たちを意見を絶対視し、親鸞会や高森会長が絶対に正しい、としか思えない。
批判を受け付けないんですよね。

『会員粛清規定』をみても、あきらかでしょ。あのようなものを作った時点で、アウト。
だから、批判サイトをみちゃいかん、とか言うのではないでしょうか。





548 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 19:41:39 ID:9DEr2r85
>>530

ほんとに失礼だよな。
五雑行もわからない本願寺にあんな難しい質問するなんて。(笑)


549 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 20:06:25 ID:ikyvWXT5
親鸞会は
「ここの会の悪口を言っているものは私たちに対して嫉妬しているんだ」
と言っていますが、
親鸞会は本願寺の悪口ばかり言ってるということは
親鸞会は本願寺に対して嫉妬しているんでしょうか?

550 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 20:20:14 ID:ZJbKokI8
>>513
>>おっ、「親鸞会の説く因果の道理は、反証可能である」の主張がくずれてきたぞ。

>まぁ、その概念自体まだよく分かってないからね。
>最初からずっと言ってるでしょ。
>で、どうも君の話を聞く限り、反証可能だね、と言ってるだけ。

今晩も、これ書いた人から、
>>367>>371>>372>>373>>374 への反論は、ないだろうな〜。

やっぱり、「親鸞会の教義は、大宇宙の真理」だなんて、この人が信じているに過ぎないことだった、ってことですね。
親鸞会会員の皆さん、はやくそのことを自覚しましょうね。

そして、あなたたちの主張を理解できない人、批判する人がいることをよく知って、
相手の立場にたてるよう、努力してくださいね。



551 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 20:43:07 ID:mi1xLh8O
>ちょっと、思い込みで書き込みすぎましたね。
>そのことは謝りますよ。不快な思いをされたのなら、申し訳ありませんでした。
君がちゃんと謝ったときは礼儀正しい人間なんだなと思ったんだが、
その直後に君は、

>mi1xLh8Oさんが書き込まないのは、これ以上、反論できないからだと思っています。

>かなりのあせりを感じるのは、私だけでしょうか。
>だんだん、弱気になってきましたね。

早速こんなことを言い出す。
特に一番上のは悪質だね。

君の思い込みに対しての俺の質問を、君がひたすらスルーしていたから、
俺がその質問だけを突きつけた。
そして、君は非を認めて謝った。  …はずだった。
しかし、「俺が書き込まないのは反論できないからだ」などという発言は
自分の非を認めていれば言えないことだ。
一体どの口から出てきたんだ?
君の謝罪は口先だけだったということだろう。

謝ってもらった時点では今日普通に答えようと思っていたんだが、
とりあえず今晩の君の対応を見させてもらった上で判断することにしたよ。

552 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 20:53:44 ID:ZJbKokI8
>>551
>>ちょっと、思い込みで書き込みすぎましたね。
>>そのことは謝りますよ。不快な思いをされたのなら、申し訳ありませんでした。

>君がちゃんと謝ったときは礼儀正しい人間なんだなと思ったんだが、

有難うございます。そうありたいと思っています。


>謝ってもらった時点では今日普通に答えようと思っていたんだが、とりあえず今晩の君の対応を見させてもらった上で判断することにしたよ。

そうですか。あなたの意見は分かりましたよ。

では、どうすれば、「普通の答え方」をしてもらえますか?
私はあなたとの議論をすすめたいのです。

「あなたが不快に思った」、「失礼だと感じた」と言っているのは、具体的にどんな部分でしょうか?
教えて下さい。



553 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 20:57:34 ID:U1+svDMS
>>551

同じ様な非礼なことmi1xLh8Oさんも言っていますよ。
自分の過去の発言を見返して見ては如何でしょうか。

それとも、毎日従順な部下に偉そうに指示する日々を送っていると、
自分の姿が見えなるのでしょうか。

貴方のことを言っているのではありませんよ。
私の知っているある人物のことを言ったまでです。

「謗るまじ たとえ咎ある人なりと
 我が過ちは それに勝れり」

貴方の態度を見ていると、非礼の限りを尽くした論議をして、
「本願寺に敢然勝利した!」
と子供のようにはしゃいでいるある団体の指導者を思い出しますね。

554 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:00:10 ID:U1+svDMS
そういえば、まだこれに関しての回答がないですね。

親鸞会は本当に本願寺に勝ったのか
http://shinrankai.jugem.jp/

過去世に仏縁薄き者、宿善浅きものは、現世に於て宿善は求められねばならない。でなければ、宿善開発の時節到来ということはあり得ない。
【高森顕徹著 白道燃ゆ】

宿善というものも待っていて来るものではなく、努力精進して求めてゆくものである。かかる人にこそ宿善到来ということがあるのである。
【高森顕徹著 会報3集】

結局この根拠はないんでしょうか。
根拠がないから高森先生は本願寺の主張をあえて言い換えられて記されたのでしょうか?

555 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:01:02 ID:kRJLYp+M
>>551
人格攻撃するより、ぐうの音も出ないほどに論理的に反論なさい。
それが一番、破邪顕正になるというのに、人格攻撃に走るとは見苦しい。
まあ、真摯な姿勢で求道することを捨てた外道にはふさわしいかもしれませんね。

>>121
>私が親鸞会幹部として長年聴聞した人間なのか、との疑問が書かれていましたので、 ここで「その通りです」とハッキリ答えておきたいと思います。
>親鸞会学友部や支部の中で、聴聞、勧誘活動、後輩の育成、募財活動、活動の企画立案など、様々なことを、幹部としてやってきました。
そういえば、「なぜやめたのか」の主張は君の主張と不思議なくらい一致しているよね。
もしかして君はご本人なの?

ご自身の、この思いこみについて何かコメントは?

556 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:01:11 ID:mi1xLh8O
>「あなたが不快に思った」、「失礼だと感じた」と言っているのは、具体的にどんな部分でしょうか?
上に書いてるでしょうが…。

>では、どうすれば、「普通の答え方」をしてもらえますか?
>>551に何が書いてあるかをまず理解してくれ。

557 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:02:01 ID:U1+svDMS
>>551
その程度のことを非礼というならば、
これなんてどうなんでしょうね。

・・・・・
文証に、いかにご執心か、よく分かる。文証で、なんとか防ぎとめねば……の危機感も、ヒシヒシ感じとれる。



か くて、大上段に修善をすすめた文証など、あろうはずがない≠ニ、アッと驚く、タメゴローならぬ、外道よりも、あさましい放言をなさるのである。



しかも、ここだけは、どうだ≠ニ言わんばかりに、自信に漲っている、かに見える。 どんなに、強そうにみえても、自力の自信は、所詮はもろいもの、証拠の一端を示しておこう。



もし仮りに、イジワルがいて、修善を排斥された文証をあげよ≠ニでも、反問したら、本願寺サン、どんな、文証をあげられる、とでもいうのだろうか。



またしても、一撃でダウン。みっともないことに、なりはしないか。そんな文証こそ、絶対、ありっこないのだから。


558 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:08:34 ID:31FvfsAL
まあ、s会の教える「親鸞会の因果の道理」というのは

あいつが苦しんでるのは、あいつが悪いからだ、ざまあみろ。
おまえが苦しんでるのは、おまえが悪いからだ、ざまあみろ。

と人を突き放す事しかしない、悪しき自業自得の教えにすぎん。
だから事故のニュースをネタに平気で説法してしまえる罠。
障害者は障害者の悪業としてしか語れない罠。

もちろん、そういう捉え方ではいけないという批判や反省も仏教の関係者から出ているわけですよ。

559 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:11:41 ID:U1+svDMS
>>551
正直私は貴方をW部さんとは思っていません。

W部さんは仮にも文書伝道部門の責任者なんですから、
「弥陀のマインドコントロール」なんて言葉は死んでも吐かないでしょうし、

なんだかんだ言ってもこうして一生懸命に議論に応じている誠意を見ると、
私の知っているW部さんとは随分違う人物のようにお見受け致します。
貴方もそうは見られたくはないでしょう?

だから、安心して下さい。
私は貴方の見方です。

560 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:14:28 ID:ZJbKokI8
>>556
>>「あなたが不快に思った」、「失礼だと感じた」と言っているのは、具体的にどんな部分でしょうか?
>上に書いてるでしょうが…。

了解しました。


>>では、どうすれば、「普通の答え方」をしてもらえますか?
>>551に何が書いてあるかをまず理解してくれ。

分かりましたよ。あなたが、私の発言で不快な思いをされたのなら、その部分は謝ります。

あと、私もあなたの発言で不快な思いはしています。
でも、それは言わないでおきます。親鸞会についての議論を続けたいと思います。


そして、あなたも本当に「親鸞会の教義は、大宇宙の真理だ」と親鸞会会員として強く思っているのなら、
反論をしてください。

お待ちしています。



561 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:14:56 ID:FYgcOUle
ある登山家は生前こう言っていました
「山で死ねるのなら本望だ」

しかし、実際に山で遭難してしまったかれの捜索にいくと
そこには彼の亡骸と遺書が残っていたのです
そこには
「もし生きて帰れたらもう絶対に山登りなんてしない」

今は楽しければいいと思っていても
仏法を聞き本当の人生の目的をしらなければ
かならず最後には後悔しながら死んでいくことになるのです!!



っていう話をたしか震撼合宿で聞きました



っていう

562 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:25:27 ID:ZJbKokI8
>>541
>いつも書き込むアンチさんよろしく。

n60O/wzyさんも、全然へ反応ないですね。

あなたは「親鸞会の説く因果の道理」について、「どの経典」に「どのように」説かれているのか、根拠を示せますか?

あと、n60O/wzyさんは「親鸞会の説く因果の道理」は「大宇宙の真理」だと思っていますか?


私が言いたいのは以下のようなことです。

「親鸞会学友部が行なっている『引き離し対策』や『親カット』『兼部カット』は、新入生に対して、
偏った情報(親鸞会は正しいという情報)を与える情報操作ではないか?
親鸞会では、マインドコントロールが行なわれているのでは。

「親鸞会の教義は、大宇宙の真理である」との主張は、各人が「信念により信じている」のであって、
論理的に理解しているものではないのでは?
それなのに、講師部員や学友部員の多くは、「自分は、論理的・客観的に理解している」と思っている。

だから、自分たちを意見を絶対視し、親鸞会や高森会長が絶対に正しい、としか思えない。批判を受け付けないんですよね。

『会員粛清規定』をみても、あきらかでしょう。あのようなものを作った時点で、私は組織として批判を受け付けることが出来なくなったと
思っています。だから、「批判サイトをみちゃいかん」と、言ってしまうのでしょう。


563 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:26:21 ID:mi1xLh8O
>まあ、真摯な姿勢で求道することを捨てた外道にはふさわしいかもしれませんね。
あのさ、それは君が言えるせりふなのか?
君はそもそも求道していないから関係ないってか?

>ご自身の、この思いこみについて何かコメントは?
どれが思い込みなの?

>なんだかんだ言ってもこうして一生懸命に議論に応じている誠意を見ると、
>私の知っているW部さんとは随分違う人物のようにお見受け致します。
>貴方もそうは見られたくはないでしょう?
誰かが人格攻撃は見苦しいって言ってたぞ。確かに見苦しいな。

>分かりましたよ。あなたが、私の発言で不快な思いをされたのなら、その部分は謝ります。
分かった。
実際問題としては、君よりギャラリーの方がよっぽどひどいから、本当はそっちを何とかしてほしいんだが、
君にはそれは無理だろうしね。

564 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:28:40 ID:ZJbKokI8
意見を求めているのに、以下の内容を書き込んだ人も、全く反応がないですね。

この人も「親鸞会の教義は、大宇宙の真理」だとでも思っているのかな?
反応がないところをみると、やはり、「親鸞会の教義は大宇宙の真理だ」と、「信じ込んでいる」のでしょう。


> >>121
>>>そういえば、「なぜやめたのか」の主張は君の主張と不思議なくらい一致しているよね。
>>>もしかして君はご本人なの?
>> これを読んでみて、「なるほどな〜」と思い、これに対して親鸞会会員の人たちは、どんな意見をもっているのだろうということに大変、関心を持ち、
>> 4db5aFAMさん、あなたと議論をさせてもらっています。

>本人に決まっているではないですか。
>全然「静かに見守りたいと思います」になってないですし。
>このあたりは、やはり「配慮」して下さっているのでしょうかね。


>>196 名前: 名無しさん@3周年 [sage] 投稿日: 2005/11/27(日) 19:18:51 ID:nSBV/ek8
>> それにしても、「親鸞会の」「親鸞会の」とわざわざ言うところが気になるな。
>> 仏教で言われる因果の道理ではないと言いたいのかね?

>毎日ご苦労様です。
>私も前からそれを、いやらしく思っていました。同感です。


565 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:29:42 ID:LtDl3BPu
周りにやさしい先輩たちはいるからと言ってやめない人がいますが、
悪友を親しむ者は、共に悪名を免れませんよ。
先輩のためにもs会をやめたほうがよいと思います。


566 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:29:51 ID:RIj76WDp
某関東の大学に通っているものですが、
最近タイムリーな話題では
広島小1女児殺害事件も殺された女児のほうにこそ原因があるんだ
とか言っている先輩を見かけて
さすがに・・・・と思いました。

567 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:31:08 ID:ZJbKokI8
>>563
>>分かりましたよ。あなたが、私の発言で不快な思いをされたのなら、その部分は謝ります。

>分かった。

>実際問題としては、君よりギャラリーの方がよっぽどひどいから、本当はそっちを何とかしてほしいんだが、
>君にはそれは無理だろうしね。

そうですね。私以外の人の発言に対しては、私はなんとも言えません。

私の思いは、親鸞会会員であるあなたと、「親鸞会の問題」について、議論を続けたいのです。
これからもよろしくお願いしますね。

568 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:35:43 ID:mi1xLh8O
スルーされてたのを貼り直し。

>私がいいたいのは、『親鸞会をやめた人の中にも、死がきても崩れない幸せを求めている人はいる』ということです。
>数は少ないと思いますが。親鸞会との縁は離れても、そのような幸せをもとめている人はおられますよ。
>あなたも、「絶対そうだと決め付ける訳ではない」「決め付けてはいない」と言われているので、それでよろしいですか?
絶対にいないとは言えないと思うよ。ほとんどいないと思うけど。
ま、君が言いたいことと今までの流れとの整合性が全く不明だけどね。

ちなみに、君はそういう人を知っているということかね?その人はどうやって求めてるの?

>>「何かの原因はいつか必ず何らかの結果につながるものである。」という命題は?
>>つながるとは、原因の少なくとも一部として結果に影響を与えるということね。
>「何かの原因」って言葉がおかしかったな。「何らかのものごと」に訂正。
えっと・・・、あなたの質問を言い直すと「何らかのものごとは、いつか必ず何らかの結果につながるものである」
という命題は、納得できますか?ということですね。

これ以上具体的には言えないんじゃないかな。
「全ての結果には原因がある」でも同程度抽象的だろ。

569 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:40:19 ID:LtDl3BPu
>>568
>「全ての結果には原因がある」

別にこれに問題があるとは言ってないと思われ。
善というものに上の因果関係を適応できるとしているとしているところに
問題があるのでは?

570 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:42:28 ID:LtDl3BPu
>>568
あと、実験で統計的に善因善果が証明できると言ってたのはどうしたんですか?
あの話はもうヤメ?

571 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:43:00 ID:kRJLYp+M
>>563
>あのさ、それは君が言えるせりふなのか?

講師の言葉は善知識の言葉、善知識の言葉は親鸞聖人の言葉、
親鸞聖人の言葉は、お釈迦さまの言葉。
善知識がしない方がいい行為をする、つまりお釈迦さまがしない方がいいという行為をすること。
即ち外道。

論理的な結論です。
(わたしはこの論理に問題があると思いますがね)

あなた自身も求道に不真面目であると認めていらっしゃるでしょう?

572 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:48:53 ID:i+veCRmv
○批判系関連サイト
ジャンヌ
http://homepage1.nifty.com/you/
家族の絆(ご父兄に知って頂きたい浄土真宗親鸞会)
http://homepage2.nifty.com/nonsect/newpage1.htm
登校拒否、美容整形、浪人・・・・ちょ-いけてる、のんふぃくしょんサイト
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/6299/
浄土真宗親鸞会の謎(従然草のコンテンツ)←親鸞会に学ぶ批判サイトのつぶし方入門
http://www.nurs.or.jp/~juunenso/shinrankai.htm
http://page.freett.com/sokagakkai_komei/
創価学会員から見るカルトの実情
* 親鸞会編(東京大学創価学会学生部よちき著)
1. 観察・親鸞会(前編)
http://page.freett.com/sokagakkai_komei/shukyou/kansatsu_sinrankai1.html
2. 観察・親鸞会(後編)
http://page.freett.com/sokagakkai_komei/shukyou/kansatsu_sinrankai2.html
親鸞会 Watch:親鸞会を扱った書籍のミラー
http://web.archive.org/web/20030806032453/plato2.virtualave.net/books.html



573 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:49:08 ID:cM3uklQA
広島小1女児殺害事件で女児に責任はあるか?
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1133441195/

574 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:49:25 ID:i+veCRmv
カルトに関するプロによる親鸞会への評価
第1回マインドコントロール研究会レジュメ
http://ww91.tiki.ne.jp/~oka_megumi/micon1.html
現代宗教に関する問題点
http://pweb.sophia.ac.jp/~c-hagiwa/cult.htm
弓山達也(大正大学助教授 )1996年9月21日 日本宗教学会第55回学術大会の発表原稿です
http://www.spinavi.net/modules/news/article.php?storyid=31
宗教、宗派のいろいろ中野東禅先生 講義録 東京国際仏教塾
http://www.tibs.jp/kougi/nakano/nakano03.html
せつこの部屋 2005年02月24日 全国霊感商法対策弁連集会
http://blog.livedoor.jp/setsuko2004/archives/cat_784173.html
宗教問題研究会http://ww91.tiki.ne.jp/~oka_megumi/mind_i.html
第1回マインドコントロール研究会レジュメ
http://ww91.tiki.ne.jp/~oka_megumi/micon1.html
『現代』1999年12月号 -----若者を魅きつけるラディカル仏教「終末論) 米本 和広(ルポライター)
http://www.fpcj.jp/j/fshiryou/vfj/99/4_12.html
カルト被害を考える会・会報45号 -----「釈尊会」「親鸞会」「顕正会」など仏教系カルトも健在。
http://www.asahi-net.or.jp/~am6k-kzhr/kaiho/newsle45.htm
JWIL / エホバの証人 被害者家族の会 -----■家族の絆(親鸞会被害者家族の会)と親鸞会は裁判に発展か。
http://homepage3.nifty.com/jwil-helpcult/karuto/k0410.html



575 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:49:56 ID:i+veCRmv
つらつら日暮らし(曹洞宗僧侶のブログ)
http://blog.goo.ne.jp/tenjin95/
   └2005-07-30 06:13:03
邪宗高森親鸞会関連の画像(提供:日蓮正宗)
http://www.pocketstreet.jp/album2.php?id=48666&c=15288&n=1
http://www.pocketstreet.jp/album2.php?id=48666&c=15288&n=2


参考:十派一絡座談会
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Orion/1499/geobook.html
座談会過去ログ
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Orion/1499/download.html
親鸞会同窓会喫茶クローバー 議論用掲示板
http://yo777.parfe.jp/bbs/wforum.cgi
親鸞会 同窓会喫茶 クローバー掲示板(仮)
http://8004.teacup.com/yo777/bbs


576 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:53:36 ID:LtDl3BPu
コピペはやめろっつの!


577 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:54:02 ID:ZJbKokI8
mi1xLh8Oさんも、忙しい方のようなので、
書き込みが出来る今晩中に、
>>367>>371>>372>>373>>374 への反論、お願いしますね。

待っていますよ。


578 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:54:32 ID:mi1xLh8O
>では、『あなたのいう「所定の善い行い」をしたから、現在の幸福感を得られた、とはいえない』
>これは分かりますか?
まぁ、絶対そうだとは言えないな。

>では、『現在の幸福感は、過去世の行為の結果であり、あなたのいう「所定の行為」による結果は、あなたの示した一定期間には、
>まだ生じていないのでは?』という予測をした人に、反論してみて下さい。
反論する必要がないよ。
その人は、因果の道理を真実だと思っている。だから反論することがない。

>ということは、その因果の道理は、反証可能性を備えつつ、かつ、未だ誰にも反証されておらず、
>また、これからも反証されない、ということですよね。
そうだよ。

>「親鸞会の説く因果の道理は、反証可能だ」と言うのなら、
>「このようなことが起きれば、反証されたことになる(間違っていたことになる)」という例を、2つ、3つ示して下さい。
>そして、それは、今まで絶対に起きなかったことであり、かつ、これからも絶対に起きないことですよね。
前に言ってた実験で、多数の人を含む集合を複数用意して、片方に所定の善の実践を指示する。
で、長期間にわたり、幸福感を調査して平均をとったとき、
善を指示されなかった集合の方が幸福感が高かった。
実験条件はその一点しか相違していない。
で、何回も同じ実験をして、毎回同じ結果になれば、因果の道理は間違ってるぞ、となる。

逆に、毎回、善を指示された方が有意に高い結果となれば、因果の道理の裏づけになる。
善を指示しないときは無い現象が、善を指示したときにはあるとすれば、
善の実践が関係していると考えるのは合理的な推理と言えよう。

>善というものに上の因果関係を適応できるとしているとしているところに
>問題があるのでは?
それは「君の」考えのことでしょ。そんな話は出てないと思うが。

579 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 21:56:08 ID:n60O/wzy
>>543
> 親鸞会の説く因果の道理について、どの経典にどのように説かれているかは知りませんし、
> 親鸞会で、詳しく説明を受けたこともありません。
> そこで、誤解のないように、そのように表現しています。
> それとも、「親鸞会の説く因果の道理」について、「どの経典」に「どのように」説かれているのか、根拠を示して下さいますか?
> n60O/wzyさんは「親鸞会の説く因果の道理」は「大宇宙の真理」だと思っていますか?

質問に対して質問ですか。

私の理解は、「親鸞会の説く因果の道理」というものは存在しないと言うことです。

真宗教義のいろいろと議論が起きる部分ならいざしらず、仏教の根幹の
因果の道理において、「親鸞会というフィルターを通して」独自色的な
解釈をしているということはないと思います。

もしそういうことがあれば、浄土真宗以前の問題ですよ。
経典の根拠をあげよといわれると、教学聖典を参照しましたら

因果の道理については、以下のようにありました。

○善因善果
○悪因悪果
○自因自果

○汝ら、過去の因を知らんと欲すれば現在の果を見よ。
  未来の果を知らんと欲すれば現在の因を見よ
                     (因果経)
重ねて質問ですが、
親鸞会では、説明を受けたことないとのことですが、
では、ほかの場所では、因果の道理について「どの経典に」「どのように」教えられ
ているのでしょうか?ご教授よろしくお願いいたします。

580 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 22:03:00 ID:mi1xLh8O
>論理的な結論です。
そんなこと言ってるんじゃない。
自分のことを棚に上げるにもほどがあるって言ってるんだよ。
そういうこと普段考えないの、君らは?

>分かりました。あなたが、「ごく普通の理系」の大学を卒業された方だと認識して、こちらも論理を展開しますね。
>それとも、まだ学生さんで、「卒業されていない」でしょうか?
卒業したよ。
君は学生? 卒論は書いたみたいだけど…。

それより君がどのような実験によってどのように理論を導いて、…中略…
よってこういうものこそが「予測」といえるものだ、という話をしてくれた方が
よっぽど話が進むと思うが。

581 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 22:07:22 ID:ZJbKokI8
>>578
>>「親鸞会の説く因果の道理は、反証可能だ」と言うのなら、
>>「このようなことが起きれば、反証されたことになる(間違っていたことになる)」という例を、2つ、3つ示して下さい。
>>そして、それは、今まで絶対に起きなかったことであり、かつ、これからも絶対に起きないことですよね。

>前に言ってた実験で、多数の人を含む集合を複数用意して、片方に所定の善の実践を指示する。
>で、長期間にわたり、幸福感を調査して平均をとったとき、
>善を指示されなかった集合の方が幸福感が高かった。
>実験条件はその一点しか相違していない。
>で、何回も同じ実験をして、毎回同じ結果になれば、因果の道理は間違ってるぞ、となる。

>逆に、毎回、善を指示された方が有意に高い結果となれば、因果の道理の裏づけになる。
>善を指示しないときは無い現象が、善を指示したときにはあるとすれば、
>善の実践が関係していると考えるのは合理的な推理と言えよう。

これが、あなたの反証例のすべてと了解していいですか♪
このあなたの理論によって、「親鸞会の説く因果の道理は反証可能である、と言える」と、理解していいでしょうか。

582 :元々ぼら夫:2005/12/01(木) 22:08:38 ID:EcdZDbXO
おこん♪
五雑行ってタームも知らないぼらぼらで〜す。なぜなら、極めてマイナーな表現やからw。
義山の『摘解』、善譲の『敬信記』等見直してみたけど、そんな使い方はされとらん。
ってか、そのタームだけを取り出して、真宗の雑行雑修を理解することは、『教行信証』
(化土巻)で言われとる親鸞聖人独特の雑行観を充分に表しているとは言えへんてこと。
前スレ読んでねん♪さてさて、
>>536
ハテナサン、乙です。あたしゃ、親鸞会とはゆかりないものでつが、横レススマソ。
件の遺言については、伝承的性格を持つものではないかなと思います。〜つづく〜


583 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 22:09:33 ID:ZJbKokI8
>>580
>>分かりました。あなたが、「ごく普通の理系」の大学を卒業された方だと認識して、こちらも論理を展開しますね。
>>それとも、まだ学生さんで、「卒業されていない」でしょうか?

>卒業したよ。

分かりました。大学を卒業した方ですね。


>君は学生? 卒論は書いたみたいだけど…。

もちろん、卒論書きましたよ。毎日、大変でした。


584 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 22:10:27 ID:mi1xLh8O
あと、どこにレスがあったか分からなくなったのでうろ覚えだけど、
ボランティア:布施の例、勉強:精進の例、掃除:禅定の例、として上げた。

>これが、あなたの反証例のすべてと了解していいですか♪
>このあなたの理論によって、「親鸞会の説く因果の道理は反証可能である、と言える」と、理解していいでしょうか。
すべてと言われても困るな。
あくまでも、君が説明したことを聞いた限りで、思いついたことを言ってるだけだからね。
勘違いしてたら全く別の例になっちゃうかもよ。

585 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 22:11:55 ID:mi1xLh8O
>もちろん、卒論書きましたよ。毎日、大変でした。
そうか。今は学生? 何か昼間から書き込むことも多いみたいだけど。

586 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 22:20:41 ID:kRJLYp+M
>>580
>自分のことを棚に上げるにもほどがあるって言ってるんだよ。

私は親鸞会員ではない。
したがって、講師の言いつけが釈迦の言葉であるとは認めない。
あなたと違ってね。
だから、棚に上げてといわれても困りますね。

そうそう棚に上げると言えば、>>577で引用されている罵倒はどうです?
求道者の言葉として、あなたはふさわしいと思いますか?
それとも仏説に随わない外道を破邪顕正するためなら罵倒も許されるという立場で?

587 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 22:22:38 ID:kRJLYp+M
>>586
>>577ではなく>>557の会長さんのお言葉です。

親鸞会は論理的な教えなんですよね?

588 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 22:22:52 ID:xnmkbOp5
>>578の方法で
前世や来世も検証可能ですか?

589 :元々ぼら夫:2005/12/01(木) 22:26:01 ID:EcdZDbXO
なんか流れ違いでスマソ。明日早いので、カキコだけお許しを〜
>>582つづき
遺言については、漏れも知っとる、つ〜か、極めて広く知れわたっていますが、
漏れは明らかな出典を見たことはありませぬ。親鸞聖人9歳の得度に際しての歌として、
「明日ありと思う心の仇桜〜」とか、関東の門弟(または上越)から離れるとき詠んだとされる
「こひしくば南無阿弥陀仏ととなふべし、我も六字のうちにこそすめ」
なんてのも、鎌倉期の史料に残っているわけでもなし(江戸期の寺社縁起等には見えるが
史料価値に疑問有り)、伝承的色彩が強いと見るべきでしょう。

590 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 22:26:28 ID:ZJbKokI8
>>578

では、あなたの反証例に反論しますね♪
まず、反証例とは、「予測と異なる結果が出れば、その予測を導いた理論は間違であった、とみなせる例」のことですよ。

あなたの実験、ハッキリいって『穴だらけ』ですよ。
まず、あなたが以下に言うように、
>前に言ってた実験で、多数の人を含む集合を複数用意して、片方に所定の善の実践を指示する。
>で、長期間にわたり、幸福感を調査して平均をとったとき、
>善を指示されなかった集合の方が幸福感が高かった。
>実験条件はその一点しか相違していない。

と言っていますが、過去世の行いの結果については、まったく言及していません。
だから、実験結果に、過去世の行いが影響をあたえている可能性があります。

しかも、親鸞会が言うように、過去世の長さは、極めて長期間なので、そんな長期間の行為についての影響を、何も考えていないあなたの実験条件では、
「善の実践を指示された集合」と「善の実践を指示されなかった集合」の違いは、それこそ、無限に違いますよ。
実験条件の相違が一点だなんて・・・こんなことを言われるから、「ほんとに理系で勉強したのですか?」と聞いたのです。

だから・・・

>で、何回も同じ実験をして、毎回同じ結果になれば、因果の道理は間違ってるぞ、となる。

もしこんな結果が出ても・・・「過去世の行いの結果なのだ、因果の道理は厳粛な大宇宙の真理なのだ」と言われれば、それ以上、議論は進みません。
その時点で、議論はストップしてしまいます。
つまり、反証できなくなってしまう、反証不可能な理論なんですよ。

「親鸞会の説く因果の道理」にはあいまいすぎる部分が多々あり、上記のように何とでも説明づけが出来てしまうのです。

言っていること、分かりますか?反論お待ちしています♪


591 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 22:26:36 ID:LtDl3BPu
>>578
>>善というものに上の因果関係を適応できるとしているとしているところに
>>問題があるのでは?
>それは「君の」考えのことでしょ。そんな話は出てないと思うが。

いや、話はそこにしかないと思いますが?
因果の道理(=善因善果。悪因悪果。自因自果。)について論議しているわけです。

>「全ての結果には原因がある」

これとはまったく関係ないと思いますよ。

592 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 22:29:53 ID:mi1xLh8O
>だから、棚に上げてといわれても困りますね。
ん?
君は因果の道理を真実と認めているのか?
それなら勘違いだったな。
もしかして、「論理を超えた教えだから論理的に理解できるなんて」
みたいなことを言ってた人か。

>ご自身の、この思いこみについて何かコメントは?
で、どれが思い込みだったのか教えてくれよ。

>そうそう棚に上げると言えば、>>577で引用されている罵倒はどうです?
ん? それは本願寺に対しての手紙の内容だったか?

593 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 22:30:26 ID:LtDl3BPu
>>584
>ボランティア:布施の例、勉強:精進の例、掃除:禅定の例、として上げた。

なぜ、これらを善を定義したのですか?
上の例以外の善について、「善因善果」理論を適用させるとき
どのような理由で善と定義させるのですか?

594 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 22:31:37 ID:LtDl3BPu
>>593
訂正:→なぜ、これらを善と定義したのですか?

595 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 22:32:38 ID:U1+svDMS
>>586

以下、顕正新聞より引用

無信仰で奴隷根性しかない本願寺の恥知らず共
どんな名医でも自分の手術はできないようにくさりきった本願寺の弊病
今年も親鸞聖人のみ教えをネヂ曲げ大衆を無間地獄に突き落し我々のいい世に走るつもりでおります 本願寺予算委員会

596 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 22:36:43 ID:ZJbKokI8
>>584
>あと、どこにレスがあったか分からなくなったのでうろ覚えだけど、
>ボランティア:布施の例、勉強:精進の例、掃除:禅定の例、として上げた。

どんな勉強でも、「精進」なんですか?
掃除さえしていれば、「禅定」なんでしょうか?

たとえば、体は掃除をしていても、心で「悪」といわれることを思っていれば、それは禅定と言えるのでしょうか?

あなたが規定した実験で、「善の実践を指示された集合」と言っていましたが、
目には見えない心で、何を思っていたかは、分かりませんよ。

「善の実践を指示された集合」の人たちが、心でとんでもないことを思っていても、誰もわかりません。
実験結果にかなりの影響を与えるのではないでしょうか。
しかも、親鸞会では、心の行いが一番重い、と言っているので、その影響力は甚大です。

あなたの規定した実験から得られる結果は意味をなさないと思われますが、これはいかがでしょうか?



597 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 22:40:11 ID:mi1xLh8O
>「善の実践を指示された集合」と「善の実践を指示されなかった集合」の違いは、それこそ、無限に違いますよ。
>実験条件の相違が一点だなんて・・・こんなことを言われるから、「ほんとに理系で勉強したのですか?」と聞いたのです。
そのために多数の人を集めているんだよ。
ばらつきの範囲を超える差異が有意な結果だろ。
平均化した結果、各人の業による相違はばらつきの範囲におさまるんだよ。
それでも嫌なら、同じ集団に対して何回もやったらいいんじゃない。
善をする期間、しない期間、する期間、しない期間…
それに応じて有意な結果が伴えば、十分な説得力を持つだろう。

598 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 22:44:37 ID:kRJLYp+M
>>592
>君は因果の道理を真実と認めているのか?

真実であると分かるのは、さとりを開いた者だけだと理解していますかね。

>もしかして、「論理を超えた教えだから論理的に理解できるなんて」

「論理を超えた教えだから論理的に理解できるなんて」ありえない。
縁起という悟りの内容を論理で証明できるなら、そりゃ絶対の真理とは言えないでしょう。
縁起の法は自然科学や論理と矛盾はしないが、自然科学や論理では証明できない。
証明できたら、それは相対の世界、つまり形而下の話になってしまう。
論理的な結論です。

>ご自身の、この思いこみについて何かコメントは?
ご本人がもういいといっているので、もう良いです。

599 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 22:44:47 ID:mi1xLh8O
>「善の実践を指示された集合」の人たちが、心でとんでもないことを思っていても、誰もわかりません。
>実験結果にかなりの影響を与えるのではないでしょうか。
>しかも、親鸞会では、心の行いが一番重い、と言っているので、その影響力は甚大です。
心の方が重いとはいえ、体でやれば立派な善だぞ。

今日はここまで。

600 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 22:49:01 ID:mi1xLh8O
>>ご自身の、この思いこみについて何かコメントは?
>ご本人がもういいといっているので、もう良いです。
そうか。俺はまだいいと言ってないが?

>縁起の法は自然科学や論理と矛盾はしないが、自然科学や論理では証明できない。
そりゃあそうだろう。
誰も証明できると言ってないし、証明するとも言っていない。

601 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 22:53:20 ID:LtDl3BPu
>>597
だから、善をしたから、善い結果が返ってきたと判断できるのかってところが
まったく説明されないのね。サンプルのアンケートって信頼に足る者なのかもわかんないのにさ。
サンプルに幸せってなんなのかを聞いたほうがいいんじゃない?


602 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 22:59:10 ID:ZJbKokI8
>>597
>>「善の実践を指示された集合」と「善の実践を指示されなかった集合」の違いは、それこそ、無限に違いますよ。
>>実験条件の相違が一点だなんて・・・こんなことを言われるから、「ほんとに理系で勉強したのですか?」と聞いたのです。

>そのために多数の人を集めているんだよ。
>ばらつきの範囲を超える差異が有意な結果だろ。
>平均化した結果、各人の業による相違はばらつきの範囲におさまるんだよ。

そういうお考えですか〜♪

では、過去無量劫のながきにわたって造られた業のばらつきの範囲を超える結果が得られるには、
あなたはどれくらいの多数の人を集めればいいと、お考えでしょうか♪

わたしが指摘しているばらつきの影響を消すことが出来る、と主張されるなら、あなたの意見を聞かせて下さい。


603 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 23:01:21 ID:kRJLYp+M
>>600
>そうか。俺はまだいいと言ってないが?

あなたの対論相手が不問にするといわれたので、もうなしです。

>誰も証明できると言ってないし、証明するとも言っていない。

論理的である事を証明するために、縁起の法が反証可能であることを
証明しようとしているのではなかったのですか?
では、あなたは論理的に証明できない縁起の法を信仰しているわけですね?

それと、>>557の感想はどうです?
破邪顕正のために、仏説に外れた外道を質す会長の雄姿、ですか?

604 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 23:02:25 ID:xnmkbOp5
>心の方が重いとはいえ、体でやれば立派な善だぞ。
>>599
s会の人から聞いた、達磨大師が王様に「無功徳!」っていう話と
随分ニュアンス違うな・・・

605 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 23:14:37 ID:pCaY/HK8
人生は無意味な悪の連続か?


606 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 23:14:42 ID:LtDl3BPu
>>598
>真実であると分かるのは、さとりを開いた者だけだと理解していますかね。

ん?「因果の道理は宇宙の真理だ」なのではないのですか?
そう信じているとの表明ですか?

607 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 23:17:03 ID:pCaY/HK8
真理を知るものは真理か。
真理ならざるものが真理を知ることができるか。
人間は真理か、真理ならざる者か?


608 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 23:19:10 ID:pCaY/HK8
信じる心は正しいか。
正しいと何が判断するか。
その判断は正しいか。


609 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 23:22:37 ID:xnmkbOp5
ID:pCaY/HK8さんの「信じる心」は「正しい」ですか?


610 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 23:23:00 ID:ZJbKokI8
>>599
>>「善の実践を指示された集合」の人たちが、心でとんでもないことを思っていても、誰もわかりません。
>>実験結果にかなりの影響を与えるのではないでしょうか。
>>しかも、親鸞会では、心の行いが一番重い、と言っているので、その影響力は甚大です。

>心の方が重いとはいえ、体でやれば立派な善だぞ。

体での行いが善だとは分かりますよ。
いつもそうなんですが、「私が言っていること」に答えてもらえますか?

心の行いが実験結果に与える影響を無視できないのでは?と言っているのですよ。

>前に言ってた実験で、多数の人を含む集合を複数用意して、片方に所定の善の実践を指示する。
>で、長期間にわたり、幸福感を調査して平均をとったとき、
>善を指示されなかった集合の方が幸福感が高かった。
>実験条件はその一点しか相違していない。

「善を実践した集合」と「善を実践しなかった集合」の実験条件の相違は、1点にはなりませんよ。

「親鸞会の説く因果の道理」は、極めてあいまいな部分が多い、なんとでもいえる理論なので
条件の相違が1点になる実験なんて、出来る訳がないですよね。


611 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 23:29:37 ID:kRJLYp+M
>>606
私は親鸞会の者ではないので。

結果には原因がある。
全ての物は縁起で繋がっている。
これらは「風が吹けば桶屋が儲かる」式に論証可能でしょう。

しかし、たとえば「過去世未来から業が相続される」というのは論証不能。
信仰の世界ですね。
「仏意計り難し」と、聞くだけの世界でしょう。

612 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 23:36:02 ID:ZJbKokI8
>>597
>>「善の実践を指示された集合」と「善の実践を指示されなかった集合」の違いは、それこそ、無限に違いますよ。
>>実験条件の相違が一点だなんて・・・こんなことを言われるから、「ほんとに理系で勉強したのですか?」と聞いたのです。

>そのために多数の人を集めているんだよ。
>ばらつきの範囲を超える差異が有意な結果だろ。
>平均化した結果、各人の業による相違はばらつきの範囲におさまるんだよ。

あなたが実験の中で言っている「一定の期間」って、どんなに長くても、おおよそ100年程度ですよね。
その間に死んじゃう人もいますしね。

そのおおよそ100年程度の間の「善の実践」が「現在の幸福感」に与える影響と、
過去無量劫の長きにわたって、蒔き続けられてきた種まきが与える影響とを比べると、
圧倒的に後者のほうが大きいと考えられますよ。

それらのあまりにも膨大な過去世の行いに比べれば、実験期間内の行いなど、それこそ限りなくゼロに近いほどですよね。
親鸞会の教義からあきらかです。この世の長さは、大河に一瞬あらわれて消える泡沫のようなものらしいので。

ですから、そんな塵ほどの違いしかない、「実験期間内の善の実践の違い」だけが、
「現在の幸福感の違い」だとは、とてもいえませんが、いかがでしょうか?

明日、お答えまってますね♪


613 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 23:36:37 ID:ln+JXsvu
>>611
ありゃ、まちがえた・・・メンゴ

614 :名無しさん@3周年:2005/12/01(木) 23:38:24 ID:ZJbKokI8
>>611

>しかし、たとえば「過去世未来から業が相続される」というのは論証不能。
>信仰の世界ですね。

私もそう思うのですが、「親鸞会の教義は大宇宙の真理である」と「信仰している」と認めたくない人が
いるんですよ。

別に信仰なら信仰で、それでいいと思うのですが。

なぜ、認められないんでしょうね。認めると何か不都合なことでもあるんでしょうか?
そのあたりにも、「親鸞会の問題点」を感じます。


615 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 00:03:28 ID:kRJLYp+M
>>614
>私もそう思うのですが、「親鸞会の教義は大宇宙の真理である」と「信仰している」と認めたくない人が
いるんですよ。

自力の信心で信じている、では?
ただ、真宗の教えは論理的だから話を聞いて理解できた、というならおかしいですね。

616 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 00:14:20 ID:A2clCQQM
>>615
>>私もそう思うのですが、「親鸞会の教義は大宇宙の真理である」と「信仰している」と認めたくない人が
>>いるんですよ。

>自力の信心で信じている、では?

私もそう思います。


>ただ、真宗の教えは論理的だから話を聞いて理解できた、というならおかしいですね。

言ってますよ。親鸞会の学友部では、講師部員も幹部の先輩もみんなそう言ってますし、
また、ほんとにそう思っているのだと思います。

そんな中で、純粋に「自分は信仰している」と自覚している人は、私は素晴らしいと思います。
逆に、「論理的に理解した」などと言っている人は、マインドコントロールの影響ではないか、と思っています。

このスレ上で言っている人は、極めて微妙な表現を使っています。
「では、論理的に説明してみろ」と言われると、説明できないので、
非常に微妙な表現をつかって、うまく逃げているのだと思います。




617 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 00:34:04 ID:f1OfqQx8
  ∧∧ ∩
 ( ´∀`)/ ∧∧ ∩
⊂   ノ  ( ´∀`)/
 (つ ノ  ⊂   ノ  ∧∧ ∩
  (ノ    (つ ノ  ( ´∀`)/
        (ノ   ⊂   ノ
             (つ ノ  ∧∧ ∩
             (ノ  ( ´∀`)/
                _| つ/ヽ-、_
              / └-(____/
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  <⌒/ヽ___
                /<_/____/
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          (゚д゚ )
                  <⌒/ヽ-、__ノヽノ |
                /<_/____/ < <
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            (゚д゚ )
                  <⌒ヽ_ /ヽ-、__ノヽノ |
                /<___ノ/____/ < <
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                               (゚д゚ )
                  <⌒ヽ    /ヽ-、__ノヽノ |
                /<___ノ ̄ ̄/____/ < <
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                ( ゚д゚ )
                  <⌒ヽ    /ヽ-、__ノヽノ |
                /<___ノ ̄ ̄/____/ < <


618 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 00:46:33 ID:zeZe+lLY
>>615
真宗の教義を論理的に理解するといっても、
宇宙の真理と表現された真如法性が論証不可能です。
「南無不可思議光如来」とあるように、阿弥陀仏のはたらきは不可思議です。

それとも、教行信証に救済の論理と言えるものはありますが、
それを理解したことを真宗を理解したというのでしょうか?
もっとも、それは一宗教の教義を理解しただけで、宇宙の真理を理解した事にはならないでしょうね。

619 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 04:42:21 ID:PxUt9T5z
http://moepic.dip.jp/gazo/moeura/files/moeura1041.jpg

620 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 06:30:04 ID:rse/IHE9
>>566
>広島小1女児殺害事件も殺された女児のほうにこそ原因があるんだ
>とか言っている先輩を見かけて
>さすがに・・・・と思いました。

唖然とするね。
そのセリフを、ぜひ、家族の面前でいってみなよ。

621 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 08:55:11 ID:QLpYRLmB
>しかし、たとえば「過去世未来から業が相続される」というのは論証不能。
>信仰の世界ですね。

業とか善とかいうと仏教の概念なんですが
幸福と不幸に私たちの行動が因果関係が有るか無いかということ
に関してはふつう人間は「因果関係あり」として行動してるんでは
ないでしょうか。
ここに偶然なり、神の意志をもちこむことは
少なくとも公にはできないでしょう。
「わからない」か、「私は考えない」というのは無責任ではないでしょうか。

>>620

明らかに間違った批判をくりかえしているとアンチの批判は
こんな程度なんだなと思われますよ。
同じような因は皆持っているんだから悪縁は避けねばというのは
因縁果を説くときにはいつも言われることです。S会じゃなくてもね。

622 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 09:41:25 ID:HiEtCFza
>>621

他の宗教と言われるものを信じている人たちは
この時点で自己矛盾を起こしています。
死後がないという主張のひとも「冥福」を祈ってみたりでたらめじゃないですか。

623 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 09:58:01 ID:UFtyZ0Qb
>>621
ま〜た、論点ずらしですか。何回目になるんでしょうね、いつも一辺倒で変化がないです。

>業とか善とかいうと仏教の概念なんですが
>幸福と不幸に私たちの行動が因果関係が有るか無いかということ
>に関してはふつう人間は「因果関係あり」として行動してるんでは
>ないでしょうか。

たしかに、わたしも、たいていの人間は、いいことをしたら、いいことが返ってくると信じてるとは思いますよ?
だけど、親鸞会は、因果の道理が、絶対だ、宇宙の真理だ、って言ってるわけです。
しかも三世因果も同様に真理だと公言してます。
反証不能な命題なのにです。

つまり、論理的な検証もできないものを勝手に絶対、宇宙の真理と言って
嘘をついているわけです。
それを批判することは悪いことでしょうか?
親鸞会は、自分たちは真理を伝えるために、信心を偽っても、両舌勧誘をしても
それが正当化され、配慮であると主張しています。

信じていると自覚していれば、妙な慢心も起きないでしょうが、
自分が絶対の真理を知っていると勘違いすれば、
えらくなった気分がするのでしょう、
マインドコントロールも真実に導くためには容認される、と言った
dでもない暴言、乱暴をはたらいてしまうのです。

それでも、批判することは悪いのでしょうか?
>同じような因は皆持っているんだから悪縁は避けねばというのは
>因縁果を説くときにはいつも言われることです。S会じゃなくてもね。

?これは今話されてる議論の論点とは違うようですね。
仏教だから、みんなが言っているから合っているというものではないと思いますよ。


624 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 10:00:15 ID:UFtyZ0Qb
>>621
>明らかに間違った批判をくりかえしているとアンチの批判は
>こんな程度なんだなと思われますよ。

どこらへんが間違っていましたか?
あなたもよくレスのやりとりをみなおしてみてください。



625 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 10:54:29 ID:PxUt9T5z
ttp://chourinkai.hp.infoseek.co.jp/mans.mp3

626 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 11:11:37 ID:A2clCQQM
>>621
>>しかし、たとえば「過去世未来から業が相続される」というのは論証不能。
>>信仰の世界ですね。

>業とか善とかいうと仏教の概念なんですが
>幸福と不幸に私たちの行動が因果関係が有るか無いかということ
>に関してはふつう人間は「因果関係あり」として行動してるんではないでしょうか。

「過去世からの業が相続される」、とふつうの人は思っているんですか?
「過去世から相続される」という部分が問題になっていますが、あなたの言及では、そこが抜けていますよ。


>ここに偶然なり、神の意志をもちこむことは少なくとも公にはできないでしょう。
>「わからない」か、「私は考えない」というのは無責任ではないでしょうか。

あなたは、「過去世の行いの結果が、現在、現れる」と思っているんでしょうか?
それは、あなたがたんに「信じている」だけではないでしょうか?
もし、「論理的に理解している」と言うのなら、ここで分かるように説明して下さいね。

それを「説明できない」というのは、無責任ではないでしょうか。

627 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 13:00:15 ID:XSRjnWqX
>「過去世からの業が相続される」、とふつうの人は思っているんですか?

そういう話をしているんではないのですよ。
過去世未来世の話は仏教の概念ですから人間にはわかりません。
「証明して納得させろ」というのは無理。
(納得ということだけなら、個人の考えですから
原因と結果だよ、ということだけで納得するひとはいくらもあるでしょうが)
ただ指摘できるのは因果を認めない人たちの矛盾です。

生きている間の過去と未来は普通の概念ですね。
自分の行動が自分の幸不幸に関係していて、それに他人の行動や
自然現象が複雑にからんでいると思うのは常識的な概念でしょう。
この常識的な概念では結論として幸不幸の根本的な原因はわからない
というのが結論ではないでしょうか。
わからないままでは生活できないから、因果を信じてないひとは
神や偶然を信じるしかないわけです。ここら辺は信仰ですね。
三世因果以外に納得できる教えがあるんでしょうか?
「他にあるかもしれないじゃないか」というのは無責任で
実際はわけのわからない神や偶然を信じているのでしょ。

628 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 13:10:46 ID:XSRjnWqX
>あなたがたんに「信じている」だけではないでしょうか?

1+1=2というのもある意味では信じているだけです。
そういう規則を人間が概念として決めただけなんですから。
ただそうでない概念と比べたときに普遍性をもちやすいというだけ。

都合のいいときだけ、神や偶然を持ち出す概念、つまり信仰は
普遍性をもちませんし、害悪を垂れ流しています。

だいたい過去世や未来世というのも、仏教では
前の一瞬が過去、先の一瞬が未来というのが基本ですから
死んだあとや生まれてくる前のことがわからなくても
今の行動が次の瞬間の自分の運命に直接関わってくるということです。
これを認めずに、神の奇跡や偶然を本当に信じて生活できるのでしょうか?

629 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 13:43:20 ID:EXDbF652
>>627
>ただ指摘できるのは因果を認めない人たちの矛盾です。
おかしなことを言う人ですね。
原因と結果の関係というものは、実験観察分析考察をして
はじめてわかるものなんですよ?
因果関係があることと因果関係を脳内で創作することは別です。
たとえば、
>S会に入信して以来、一切、他の宗教を拒絶してきたそうなのですが、
>どういう気持ちの動きがあったのか、1万円の護摩木で祈願をすることになりました。
>そうしたところが、長年苦しんでいたリウマチが治ったというのです。
>・・・・
>20年間、他の信仰を拒絶して頑なになっていた女性の心が、1万円を出して
>護摩木を書くことによって解放され、心のこわばりが溶けることによって、リウマチもよくなった
>と考える方が自然でしょう(リウマチは精神状態の影響が大きいといわれます)。
>(http://www21.big.or.jp/~tetsuki/kokoro/shinjin/fuse_05_2.html
こういう例がありますが、
信仰深い人なら、護摩木という善をしたから、善果が返ってきたと解釈できるのかもしれませんが、
これは、因果関係の説明として不適切としか言えません。
人間の病が精神的なものに影響するという例にはなるかもしれませんが、
これをもって善因善果は、宇宙の真理だと認められるものではありません。
反証不能であるからです。


630 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 13:48:53 ID:A2clCQQM
>>627
>>「過去世からの業が相続される」、とふつうの人は思っているんですか?

>そういう話をしているんではないのですよ。

そうですか、分かりましたよ。

>ただ指摘できるのは因果を認めない人たちの矛盾です。

ひとくちに「因果を認めない」と言っても様々な意見があるように思います。
私の場合は、あなたの言うように、神の奇跡や偶然を信じている訳ではありませんが、
親鸞会の「過去世の行いが、現在の幸不幸に影響を及ぼしている」という主張は、
どうしても理解できません。

あなたは、この主張を「論理的に理解した」と思われた方ですか?「信じている」方でしょうか?
後者ですよね。


>わからないままでは生活できないから、因果を信じてないひとは
>神や偶然を信じるしかないわけです。ここら辺は信仰ですね。
>三世因果以外に納得できる教えがあるんでしょうか?

ここで言われている三世因果の三世には、生前、死後も入るのですか?
あなたは、生前、死後も含めた「三世因果」を信じておられる方ですか?


631 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 13:49:50 ID:A2clCQQM
>>628
>>あなたがたんに「信じている」だけではないでしょうか?

>都合のいいときだけ、神や偶然を持ち出す概念、つまり信仰は
>普遍性をもちませんし、害悪を垂れ流しています。

親鸞会の説明も、普遍性を持っていませんし、害悪はありますよ。
どんなものにも、善いところもあれば、悪いところもあると、私は思います。
もちろん、親鸞会にも善いところはあります。

私は信じていませんが、神や偶然を信じて、信仰している人の中にも、
それで幸せだ、と思っている人は少なくないと思いますよ。

親鸞会の害毒の一つは、批判を受け付けず、自分たち以外の意見を受け入れられないところだと、
私は思っています。


>だいたい過去世や未来世というのも、仏教では
>前の一瞬が過去、先の一瞬が未来というのが基本ですから
>死んだあとや生まれてくる前のことがわからなくても
>今の行動が次の瞬間の自分の運命に直接関わってくるということです。

もう一度聞きますが、あなたは生前、死後も含めた「親鸞会の説く三世因果の道理」を信じておられる方ですか?





632 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 13:50:37 ID:cNlqHzmb
>>629
…反証不能の意味わかってる?ここでは検証不能とでもすべきでは。


633 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 13:54:20 ID:EXDbF652
>>628
>1+1=2というのもある意味では信じているだけです。
>そういう規則を人間が概念として決めただけなんですから。
>ただそうでない概念と比べたときに普遍性をもちやすいというだけ。

1+1=2というものは、信じているわけではありません。
はじめに、自然数というものを定義し、
1というもの、2というものについて意味を明確にした上で
演算、証明などをおこなっているわけです。
(定義が真実か否か、それは信じる信じないの世界に入るのだと思いますが、
そういう議論は数学ではされませんね。)

例えば、「男子校の生徒は、みな男である」という命題は真ですが、
それは、男子校というもの、生徒というもの、男というもの
これらは、すべて実際はどいうものか分からず曖昧なものではありません。
実験で必ず、確認できるものです。
ですから、記号論理としてあつかえるわけです。

哲学といった論理とはいっしょにしない方がよいでしょう。

634 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 13:55:47 ID:EXDbF652
>>632
善因善果が反証不能ということですよ。

635 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 13:57:20 ID:FJ3SFm5C
広島小1女児殺害事件で女児に責任はあるか?
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1133441195/

広島小1女児殺害事件で女児に責任はあるか?
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news7/1133441136/

広島小1女児殺害事件で女児に責任はあるか?
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1133441274/

636 :元々ぼら夫:2005/12/02(金) 13:58:27 ID:oArybZKp
お昼じゃ〜♪
>>628横レススマソ♪
大体ね、因縁果ってのを仏教で体系的にまとめあげた始めをどこに求めるか?と
いう所から把握していかないと。ど〜もs会の論客方は、きちんとした把握ができて
ないのに、自然科学的証明を試みたり、特殊な考えを一般論として理解しようとする
傾向がある。説明でけへん結果、論点がズレていって(故意か必然か知らんけど)、
何の利もなく終ることが大杉。会員さんの中で、もし骨のある方いたら、入門書として
講談社学術文庫の『世親』読んで、十二因縁の目的・理解なりをある程度把握することをお勧めしまつ。


637 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 14:00:07 ID:Ds+d4/Ph
>>634
この場合検証不能だろう。なんか言葉が独り歩きしてるように感じる。
善果が本当に善因がもとにあるのかわからないってことだろ?

638 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 14:03:39 ID:A2clCQQM
>>637
>この場合検証不能だろう。なんか言葉が独り歩きしてるように感じる。
>善果が本当に善因がもとにあるのかわからないってことだろ?

あなたは親鸞会の会員の方ですか?
あなたは「親鸞会の説く因果の道理は、大宇宙の真理である」と思いますか?

639 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 14:05:16 ID:EXDbF652
>>637
いや、そもそも善果とは善因とはなんぞやがはっきり定義されてませんからね。

640 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 14:11:24 ID:cNlqHzmb
>>638
違うし思わない。まあ因果の法則ならあると思うが、三世とかただの辻褄あわせとしか思えん。
>>639
そうだな。まあ定義されたとしても、ということで。

641 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 14:14:06 ID:A2clCQQM
>>639

>いや、そもそも善果とは善因とはなんぞやがはっきり定義されてませんからね。

私も「親鸞会の説く因果の道理」はあいまいな部分が多すぎるように思います。
だから、どんな反論をしても、「いや、このように説明できる」といえてしまいます。

理論があいまいすぎて、否定もできないが、肯定もできない。
ましてや、そんなあいまいな理論が「大宇宙の真理である」などとは、到底、理解しがたいのですが、
親鸞会の会員の中で、「親鸞会の説く因果の道理が、大宇宙の真理だ」と思っている人は、いるのでしょうか?

642 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 15:06:41 ID:Pny4/StH
因果について考えるとすれば、人間の考える因果と絶対者の知る因果は絶対的に隔てられている、と考えればいいんですよ。人間の思考が絶対者の知をあれこれ推理するのは結構だけども、所詮人間という制約者の考える推理に過ぎない。そこを前提にすべきなんです。

643 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 15:11:03 ID:Pny4/StH
人間は制約者であるという前提から出発して、そこから、では絶対者の知に近づくには何が必要なのか。そこに哲学的難問や宗教的難問が現れる訳でしょう。人間が善なる因だと考える因が絶対的に善であるかは絶対者にしか解らない訳です。

644 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 15:15:52 ID:Pny4/StH
〈解脱〉,〈絶対者〉,〈無我〉,〈悟り〉…という宗教的概念が、すべからく人間が思考して考えた概念であるという地点まで一旦退却するのも一理あるんじゃないかな。《俺は解脱した》と語る主体はやはり一(いち)人間ですしね。

645 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 18:42:35 ID:3d10sS4G
何となく流れに乗ってないので再掲

質問に対して質問ですか。

私の理解は、「親鸞会の説く因果の道理」というものは存在しないと言うことです。

真宗教義のいろいろと議論が起きる部分ならいざしらず、仏教の根幹の
因果の道理において、「親鸞会というフィルターを通して」独自色的な
解釈をしているということはないと思います。

もしそういうことがあれば、浄土真宗以前の問題ですよ。
経典の根拠をあげよといわれると、教学聖典を参照しましたら

因果の道理については、以下のようにありました。

○善因善果
○悪因悪果
○自因自果

○汝ら、過去の因を知らんと欲すれば現在の果を見よ。
  未来の果を知らんと欲すれば現在の因を見よ
                     (因果経)
重ねて質問ですが、
親鸞会では、説明を受けたことないとのことですが、
では、ほかの場所では、因果の道理について「どの経典に」「どのように」教えられ
ているのでしょうか?ご教授よろしくお願いいたします。

646 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 18:44:47 ID:3d10sS4G
なんか最近直リンのコピペが多いんですが、

アンチ系統のばっかりですね。

親鸞会の教義云々というのでどんなものか知りたい人はこちらをどうぞ

仏教講座
http://www.shinrankai.or.jp/qa/仏教講座

読んでみましたが、あまり独自色や特異性を感じないのは私だけでしょうか?

647 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 18:47:39 ID:3d10sS4G
あと、広島の事件でやたらとスレッド立ててるひともいるけど、

モラルという点では、どっちも同じ気がします。


あのスレッド見て疑問のある人はこっちにおくったら?

親鸞会への疑問質問
http://homepage1.nifty.com/jinsaku/shinrankai/faq.html

648 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 19:05:36 ID:mzz4gcxr
>>645
前から思ってたんだけど、親鸞会発行の教学聖典を根拠にしても
根拠にならんだろ。
せめて、大無量寿経のどこどこにあると書けよ。
そのくらい習ったろ?


649 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 19:15:46 ID:mzz4gcxr
>>648
大無量寿経にないや。
因果経にあるらしいね。


650 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 19:18:19 ID:A2clCQQM
>>648
>前から思ってたんだけど、親鸞会発行の教学聖典を根拠にしても根拠にならんだろ。
>せめて、大無量寿経のどこどこにあると書けよ。 そのくらい習ったろ?

私もそう思いますし、そこが知りたいのですが・・・以下の3d10sS4Gさんには、あまりそのように伝わっていないようですね。

>>645 名前: 名無しさん@3周年 [sage] 投稿日: 2005/12/02(金) 18:42:35 ID:3d10sS4G
>経典の根拠をあげよといわれると、教学聖典を参照しましたら、因果の道理については、以下のようにありました。


>重ねて質問ですが、
>親鸞会では、説明を受けたことないとのことですが、
>では、ほかの場所では、因果の道理について「どの経典に」「どのように」教えられているのでしょうか?
>ご教授よろしくお願いいたします。

私は親鸞会でしか学んでいないので、他は知りませんよ。

私が聞きたいのは、「親鸞会の説く因果の道理」の内容の全てについて、明確な経典の根拠を聞いたことがない、と
言っているのです。「善因善果〜」についての内容、「阿頼耶識と業の関係」についての内容、それこそ、詳しくあげたら
膨大な内容になりますよ。それらの経典上の根拠なんて、親鸞会でほとんど聞いたことはありませんよ。
「あっ、仏教には、そのように説かれているのか」と無条件で受け入れましたので。

あなたは、説明受けましたか?また、そのようなことは疑問に思いませんでしたか?
無条件で受け入れたのなら、そのような理解をされる方ということで、それでいいですが。

経典上の根拠について、明確に説明を受けていないので、「親鸞会の説く因果の道理」という表現を使っているだけです。
もし、その表現をあらためたいのなら、根拠を教えて下さい。


651 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 19:21:31 ID:Pny4/StH
大変そうですね。僕は最後は親らんがどう言った、て事から離れますけどね。教典の解釈も大事だろうけどキリがなく思えるし。最後は親らんから離れて考えますね。親らんだけが思想家ではないですしね。

652 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 19:28:28 ID:A2clCQQM
>>645
>重ねて質問ですが、
>親鸞会では、説明を受けたことないとのことですが、
>では、ほかの場所では、因果の道理について「どの経典に」「どのように」教えられているのでしょうか?
>ご教授よろしくお願いいたします。

「親鸞会が言っていることなど、全部嘘だ」とは言いませんが、少しは批判的な目で親鸞会の教義を考察するのも
大事だとは思います。たとえば、以下のサイトに書かれているようなことを検証するとか。

親鸞会は本当に本願寺に勝ったのか
http://shinrankai.jugem.jp/

親鸞会の本尊論を再考する
http://blog.duogate.jp/shinrankai/

親鸞会から反論がないようだけど、あなたが「親鸞会の教義は正しい」と主張されるなら、
反論してみて下さい。

私は親鸞会が「自分たちを批判する者を弾圧する規律」を作った時点で、アウトだと思っています。

653 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 19:31:19 ID:yjgCO5vr
>>630
>神の奇跡や偶然を信じている訳ではありませんが、

いや、三世がないならこの世は偶然か神の意志で出来たという論以外に
どんな考えがあるんでしょうか?あなたは偶然か神を信じているんですよ。

>どうしても理解できません。

キーボードに文字を打ち込んでも何の反応もなければ原因を考えるんじゃない
ですか?それとも神の意志や偶然で機械は正常でも反応のないこともあると
納得するんですか?
仏教でいう過去現在未来は死後や生まれる前だけのことではありません。
現在の一瞬一瞬のことであり、死後の話はその延長です。
死後の話はわからなくても生きている現在、私たちは物事の因果関係を
認めずには生きていけません。
幸不幸について何の考えもなしに生きているのは偶然や神を信じているから
です。自分の持っているつまらない信仰に気づくべきですね。



654 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 19:37:09 ID:aOxh5Tn+
>>653
あなたは父親の精子と母親の卵子から生まれた。
「前世」やら「偶然」やら「神」やらを持って来る必要は何もない。

655 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 19:44:19 ID:yjgCO5vr
>>633
>1+1=2というものは、信じているわけではありません。
はじめに、自然数というものを定義し、
1というもの、2というものについて意味を明確にした上で
演算、証明などをおこなっているわけです。

数学知ってます?
定義するときに公理がいるんですよ。
「平行線は交わらない」とかの証明不可能な「おおよそ確からしいこと」
だけど「平行線が交わらない」なんて本当に確かかどうかなんてだれも知りません。
実生活に不便がないからそのようにしてるだけです。

理学部数学科いないのかな?

科学の世界でもそれぞれの学会というもので認められた学説というのは
それぞれ「証明された」と言われるものも多いが時代によって
変わって行くものもたくさんあります。
うっかり権威のある学説をひっくりかえすような発表をしたら
職を追われるなんてこともこの時代でも普通にあるんですよ。
天動説や地動説の時代だけではありません。
科学や論理的に証明されたなんていうのはその程度のもの。
その時のひとがおおよそ確からしいと思えば証明されたことになる。

656 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 19:52:06 ID:rOEuHSVu
>>655
>「平行線は交わらない」とかの証明不可能な「おおよそ確からしいこと」
これ、幾何学だけどな。
しかも、ユークリッド幾何学ね。

「平行線は交わらない」とかの証明不可能な「おおよそ確からしいこと」
としない幾何学もあるよ。
べつにこれは公理を信じているわけではないよ。そう定義しているだけ。


657 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 19:56:38 ID:yjgCO5vr
>>654

だいたいここら辺が良く出る発言なんだけど、
「人間の意志というのは脳細胞の働きだということはあと100年ほど
あれば証明できる」と、真顔で言っている脳生理学者がいますが
どう思いますか?
「100年かかる」というのは、少なくとも私たちの分野では
現在は全然証明できてないしできる見込みもないと、
告白してるのと同じなんですが。
「死後は存在しない」と力んで死んでいった某医学センター長には
「死後はない」とはっきりしていたんでしょうか?
そんな人間はどこにもいないはずですが。
「わからない」のがふつうであり、まっすぐなものの見方です。
それにどう対処しているか。

かたくなに「死後は無い、あなたは精子と卵子から生まれて死ねば肉体が
こわれていくだけ」と、わかってもいない迷信を力んで信じていこうとするか
後生がはっきりしないことを自覚して
「はっきりわかる世界がある」と教えられている仏教を聞きも求めているか
という違いです。どっちが現実に目をつぶっているのでしょう?


658 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 19:58:17 ID:rOEuHSVu
>>655
>科学や論理的に証明されたなんていうのはその程度のもの。
>その時のひとがおおよそ確からしいと思えば証明されたことになる。

今でもニュートン力学使われてますけど?
量子の分野では使われてないけど、
使われる分野は今でもたくさんあるよ。


659 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 20:02:47 ID:rOEuHSVu
>>657
ニューラルネット理論でもう説明できるんじゃないの?


660 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 20:06:28 ID:taK08etS
>>657
は「自分でもわからない」ことを「真実である」と主張している会員?
「自分でもわからない」ということに目を瞑ってない?

661 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 20:07:05 ID:A2clCQQM
>>653
>いや、三世がないならこの世は偶然か神の意志で出来たという論以外に
>どんな考えがあるんでしょうか?あなたは偶然か神を信じているんですよ。

すみません。あなたの言われる意味が、よく分かりません。
あなたの言われる「三世」とは、過去現在未来のことでしょうか?
私は、「過去現在未来がない」とは言ってませんよ。
あなたが「お前は三世がないと言っている」と言われているので、一応、確認しますね。

>キーボードに文字を打ち込んでも何の反応もなければ原因を考えるんじゃないですか?
もちろん、考えますよ。

>それとも神の意志や偶然で機械は正常でも反応のないこともあると納得するんですか?
いえ、そんなふうには納得はしませんよ。

>仏教でいう過去現在未来は死後や生まれる前だけのことではありません。
>現在の一瞬一瞬のことであり、死後の話はその延長です。
>死後の話はわからなくても生きている現在、私たちは物事の因果関係を認めずには生きていけません。

物事の因果関係は認めますよ。ただ、「生前の過去世や、死後の未来世が存在するということを理解できない」と
言っているのですよ。ちなみに「死後の世界はある」というのがあなたの主張でしょうか?確認いたします。


>幸不幸について何の考えもなしに生きているのは偶然や神を信じているからです。
>自分の持っているつまらない信仰に気づくべきですね。

何度も言いますが、幸不幸については、考えて生きていますよ。
私は偶然や神は信じていません。

ちなみに、あなたは親鸞会の会員の方でしょうか?学生さんですか?よかったら、今後、続けて議論しませんか?

662 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 20:11:48 ID:A2clCQQM
>>657
>後生がはっきりしないことを自覚して「はっきりわかる世界がある」と教えられている仏教を聞きも求めているかという違いです。
>どっちが現実に目をつぶっているのでしょう?

後生がはっきりわかる世界とは、「何が」「どのように」はっきりわかるのでしょうか?
教えて下さい。とても関心があります。

自信満々のあなたですので、すぐにでも答えれるかと、期待してまっています。
親鸞会で聞いてることですよね。教えてくださいな。よろしく〜♪

663 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 21:48:52 ID:erbP63xR
因果の道理 親鸞会の人間は自惚れています。人生は苦なりとだからある程度は
自因自果と 実際本当に苦しい経験をしている人は因果の道理とはまったく
理解できないものだと思います。私はある事件の被害者の人におはなしをする
機会がありなぜ生きるを薦めましたがやはり 因果の道理の部分がなっとくできない
という解答がかえってきました。これに関して会長先生は何の解答も教えては
くれませんでしたし 会も何もしませんでした。親鸞会の弁護士さんの記事も見ました
結局は口だけのような気もします。親鸞会で聴聞しなくなり一ケ月がたちましたが
やめてよかったと思います。

664 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 21:49:37 ID:+FDZGD9b
まあ、s会の教える「親鸞会の因果の道理」というのは

あいつが苦しんでるのは、あいつが悪いからだ、ざまあみろ。
おまえが苦しんでるのは、おまえが悪いからだ、ざまあみろ。

と人を突き放す事しかしない、悪しき自業自得の教えにすぎん。
だから事故のニュースをネタに平気で説法してしまえる罠。
障害者は障害者の悪業としてしか語れない罠。

縁についての話なんて、申し訳ついでにしてるだけでしょ。

665 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 21:54:02 ID:wxbCnv+m
広島小1女児殺害事件で女児に責任はあるか?
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1133441274/

JR尼崎で死んだのは、乗っていた乗客自身の責任
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/train/1129735110/

666 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 21:56:17 ID:erbP63xR
私も対した苦労はしてない人間だから。因果の道理を納得はしていたと思いますね
善をすることはあたりまえのことだと思いますね

667 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 22:12:04 ID:A2clCQQM
>>597
>>「善の実践を指示された集合」と「善の実践を指示されなかった集合」の違いは、それこそ、無限に違いますよ。
>>実験条件の相違が一点だなんて・・・こんなことを言われるから、「ほんとに理系で勉強したのですか?」と聞いたのです。

>そのために多数の人を集めているんだよ。
>ばらつきの範囲を超える差異が有意な結果だろ。
>平均化した結果、各人の業による相違はばらつきの範囲におさまるんだよ。

↑これ書いた人、お答えまってますね。


では、過去無量劫のながきにわたって造られた業のばらつきの範囲を超える結果が得られるには、
あなたはどれくらいの多数の人を集めればいいと、お考えでしょうか♪

わたしが指摘しているばらつきの影響を消すことが出来る、と主張されるなら、あなたの意見を聞かせて下さい。



668 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 22:12:58 ID:A2clCQQM
>>599
>>「善の実践を指示された集合」の人たちが、心でとんでもないことを思っていても、誰もわかりません。
>>実験結果にかなりの影響を与えるのではないでしょうか。
>>しかも、親鸞会では、心の行いが一番重い、と言っているので、その影響力は甚大です。

>心の方が重いとはいえ、体でやれば立派な善だぞ。

↓これにも返答お願いしますね。


体での行いが善だとは分かりますよ。
いつもそうなんですが、「私が言っていること」に答えてもらえますか?

心の行いが実験結果に与える影響を無視できないのでは?と言っているのですよ。

>前に言ってた実験で、多数の人を含む集合を複数用意して、片方に所定の善の実践を指示する。
>で、長期間にわたり、幸福感を調査して平均をとったとき、
>善を指示されなかった集合の方が幸福感が高かった。
>実験条件はその一点しか相違していない。

「善を実践した集合」と「善を実践しなかった集合」の実験条件の相違は、1点にはなりませんよ。

「親鸞会の説く因果の道理」は、極めてあいまいな部分が多い、なんとでもいえる理論なので
条件の相違が1点になる実験なんて、出来る訳がないですよね。



669 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 22:14:12 ID:A2clCQQM
>>597
>>「善の実践を指示された集合」と「善の実践を指示されなかった集合」の違いは、それこそ、無限に違いますよ。
>>実験条件の相違が一点だなんて・・・こんなことを言われるから、「ほんとに理系で勉強したのですか?」と聞いたのです。

>そのために多数の人を集めているんだよ。
>ばらつきの範囲を超える差異が有意な結果だろ。
>平均化した結果、各人の業による相違はばらつきの範囲におさまるんだよ。

↓今日は答えてくれるかな?


あなたが実験の中で言っている「一定の期間」って、どんなに長くても、おおよそ100年程度ですよね。
その間に死んじゃう人もいますしね。

そのおおよそ100年程度の間の「善の実践」が「現在の幸福感」に与える影響と、
過去無量劫の長きにわたって、蒔き続けられてきた種まきが与える影響とを比べると、
圧倒的に後者のほうが大きいと考えられますよ。

それらのあまりにも膨大な過去世の行いに比べれば、実験期間内の行いなど、それこそ限りなくゼロに近いほどですよね。
親鸞会の教義からあきらかです。この世の長さは、大河に一瞬あらわれて消える泡沫のようなものらしいので。

ですから、そんな塵ほどの違いしかない、「実験期間内の善の実践の違い」だけが、
「現在の幸福感の違い」だとは、とてもいえませんが、いかがでしょうか?



670 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 22:14:55 ID:yZhYbbJL
ところで、サルでもわかるs会って、
本当にわかるのかい?
わかったら、そのサル、すごいなー

671 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 22:36:18 ID:xX59JmF+
>>621
あのねえ、歴史的な時間と、物理的な空間の範囲に限れば、
因果関係を論理的に検証することはできるでしょう?(理屈の上ではね)
しかし、その範囲に留まるなら、それは縁起の法ではなく唯物論です。
ところが三世に渡って業が相続されるというのは論理を越えています。
前世や来世を論理的に証明できますか?
この点については論証不可能です。
公の場でもなされません。
小学生殺害事件でも、犯人のペルー人の過去世の因縁を検証したりはしません。
唯物論的な範囲では因果関係の検証をしていますがね。

>同じような因は皆持っているんだから悪縁は避けねばというのは
>因縁果を説くときにはいつも言われることです。S会じゃなくてもね。

小学生の子に責任があるとしたら、知らない男に付いて行ったことでしょう。
しかし
>女児のほうにこそ原因があるんだ
という物言いは、言い過ぎでしょうね。
女の子の過去世の因縁を検証た上で言っているならたいしたものでしょうが…
それこそ公の場所でされませんねえ。

…ところで、2ちゃんねんるを閲覧することは悪縁なんですよね?
悪因は悪果を招くこと知っており、ここを見ることが悪縁であると
善知識に教えられているのに、なぜあなたはここに書き込んでいるんですか?
やはり、求道に不真面目な人ですか?
会長に外道呼ばわりさますよ?

672 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 22:43:21 ID:xX59JmF+
>>622
>同じような因は皆持っているんだから悪縁は避けねばというのは
>因縁果を説くときにはいつも言われることです。S会じゃなくてもね。

あなたはなぜ悪縁を避けねばならないと知りつつここにいるんですか?
ここは悪縁になるから見ない方が良いと言われませんでした?

673 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 22:46:21 ID:CrM8CYrp
天地のあひだに五道分明なり。
恢廓窈窕として浩々茫々たり。
善悪報応し、禍福あひ承けて、
身みづからこれに当る。
たれも代るものなし。


674 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 22:47:09 ID:7alxrmJn
親鸞会でよく唱和されるのは、次の言葉です。

会長先生のご指示に無条件で従い、信心獲得を本と致します。(講師部聖則)

675 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 22:47:11 ID:CrM8CYrp
数の自然なり。
その所行に応じて、殃咎、命を追うて、
縦捨を得ることなし。
善人は善を行じて、楽より楽に入り、明より明に入る。
悪人は悪を行じて、苦 より苦に入り、冥より冥に入る。
たれかよく知るものぞ、独り仏の知りたまふのみ。


676 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 22:47:56 ID:CrM8CYrp
教語開示すれども信用するものは少なし。
生死休まず、悪道絶えず。
かくのごときの世人、つぶさに尽すべきこと難し。
ゆゑに自然に三塗の無量の苦悩あり。


677 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 22:53:38 ID:yZhYbbJL
>>672

>あなたはなぜ悪縁を避けねばならないと知りつつここにいるんですか?
>ここは悪縁になるから見ない方が良いと言われませんでした?
>
そうだ、そうだー!見ない方が良いぞー!

678 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 23:01:16 ID:yZhYbbJL
金剛心をとりて候わん人はよも師を謗り
善知識を侮りなんどすることは候わじ。

679 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 23:02:46 ID:A2clCQQM
以下は「マインドコントロールとは何か」西田公昭・著からの引用です。
親鸞会はいかがでしょうか?

<情報の管理>

・自らの中に矛盾が生ずることを不快に思う破壊的カルトのメンバーたちは、自ら進んで、自らの組織への
 批判的情報や、その情報源には接近しようとしない。

・破壊的カルトのマインドコントロールでは、操作者はメンバーに届けられる外部からの情報を遮断する。
 メンバーは、自分のビリーフを誤りと証明する情報の獲得機会が減少し、逆に、正しいことを証明する情報の
 獲得機会が増大する。

・自らの集団内部で広報している新聞や、雑誌以外は読まないように指導している場合もある。


680 :名無しさん@3周年:2005/12/02(金) 23:21:10 ID:A2clCQQM
「親鸞会の説く因果の道理」は、

・結果がいつ返ってくるのか
・具体的に、どんな行いに対して、どんな結果が返ってくるのか

などについては、まったく説明がなされておらず、極めて曖昧な教えです。

ですから、どんな反論をしても「いや、こう考えれば説明できるじゃないか」と言えてしまうので、
反証不可能な理論に過ぎません。

それを、「大宇宙の真理だ」などと言っている親鸞会会員ですが、反論できない人がほとんどです。
会員は、もうわけの分からない書き込みしかできないのかな・・・。

そろそろ、「自分が信じているに過ぎない」ことを自覚して、他の意見を認めない傲慢な姿勢を反省するといいです。

そうすれば、周りの家族や友人などの中で、苦しい思いをする人が少なくなり、いいことだと思います。
親鸞会会員の皆さん、どうか分かってください。お願いいたします。

681 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 07:17:29 ID:pgP13uMk
>>647
「広島」、「事件」で、全く別の事件 (アニメの販売が訪問販売法違反に問われた件) を思い出したよ。
結局、最高裁で有罪だったんだっけ?
誰か教えて。できればソース付きで。

682 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 07:48:16 ID:Z7HqaIhS
>>681
当然、勝訴しましたよ(^^)v
ジャンヌにも載ってます
http://homepage1.nifty.com/you/shinran.htm

683 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 08:11:25 ID:wIZANiPx
長引いたから年寄りの体がもたなかったな。
被害だとしても数万円のことだしね。

684 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 08:16:11 ID:NLhd0Ex0
>>682
今もアニメ頒布って

    |┃三   人      _________
    |┃   (_ )    /
    |┃ ≡ (__) <   本願寺の方から来ましたー!!
____.|ミ\__( ・∀・)  \
    |┃=__    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラッ

とかやってんの?


685 :短小&早漏:2005/12/03(土) 08:36:31 ID:SUY0yIpt
地裁では親鸞会敗訴やったが、なんでも高森怪鳥によれば「池本裁判官は無間地獄に堕ちる」らしい

686 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 08:37:42 ID:Z7HqaIhS
>>685
ソースをお願いしますね

687 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 08:41:50 ID:NLhd0Ex0
>>685
なんかその頃に
「その裁判官は仏法ネジまげる輩だ」みたいなお歌作って中武?

688 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 10:24:44 ID:Z7HqaIhS
>>687
別に間違ってはいないでしょう?

689 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 11:48:43 ID:j26jCUiE
>>681
>「広島」、「事件」で、全く別の事件 (アニメの販売が訪問販売法違反に問われた件) を思い出したよ。
>結局、最高裁で有罪だったんだっけ?
>誰か教えて。できればソース付きで。

チューリップ企画発行の「逆転無罪の記録」に、裁判の様子が詳細に
書かれていますよ。

たしか、当時の会員は買わされたような。

でも、あのアニメって、販売員が届けてから、どれくらい見られているのだろうか、
ほとんどが、家のどこかに埋もれているのでは…。

690 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 12:09:59 ID:Wjkjc0dg
>>688
>>684みたいなカタリを有罪にしたら
仏法捻じ曲げたことになるのかよ。怖えなw

691 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 12:46:07 ID:Grb27pGM
>>680
>「自分が信じているに過ぎない」ことを自覚して、

ご自分のつまらない信心に気づいてください。
そうしないと会員がなぜ仏法が本当だな、と思うのかは
わからないでしょう。
理解や納得というのは相対的なものですが
それでも偶然やわけのわからない神を信じて
しかも自分が信じていることさえも気づかずに
生きているのはおかしなことですよ。

結局アンチは「誰でも納得できる人生の意味は語れない」というのが
事実じゃないですか。


692 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 12:49:26 ID:Grb27pGM
>>662

親鸞会でお話を聞いたことのない方であれば
御法座へお参りください。

693 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 12:50:08 ID:VMZYYoLV
自分達が正しくて、他は邪だ、という考えに頭から毒されてしまったら、
「正しい事」を伝えるのに、俺達は何をやったって許されると思ってしまうんだね
下手すると方針に従わないメンバーへの拷問もOK、というところまで進んでもおかしくないな

だけど夢が醒めた時、自分の目の前に残されるのは
団体のごてごてに飾られた繁栄でもなく、光に満ち溢れた世界でもなく、
「俺は一体何をやってきたんだ…」という虚無感と、惨憺たる現実ですね 悲しい事だけど

694 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 12:55:03 ID:CX5a4Bef
>>691
結局、因果の道理が宇宙の真理だと論理的に証明できるって言ってたのは嘘だったってことでFA?
親鸞会は因果の道理を信じていると考えてよろしいですか?

695 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 13:03:03 ID:j26jCUiE
>>691
>ご自分のつまらない信心に気づいてください。
>そうしないと会員がなぜ仏法が本当だな、と思うのかはわからないでしょう。

いや、私も会員だったので、分かりますよ。
ちなみに、あなたはなぜ「親鸞会の教義は、大宇宙の真理だ」と思ったのですか?

>理解や納得というのは相対的なものですが、それでも偶然やわけのわからない神を信じて
>しかも自分が信じていることさえも気づかずに生きているのはおかしなことですよ。

「お前は偶然や神は信じている」と勝手に決め付けないでね。信じてないといってるのに♪
あなたなりの論理があるのだと、思いますが、その論理を説明してね。あなたこそ、>>661をよく読んでね。

物事の因果関係は認めますよ。ただ、「生前の過去世や、死後の未来世が存在するということを理解できない」と
言っているのですよ。ちなみに「死後の世界はある」というのがあなたの主張でしょうか?確認いたします。
答えてね、親鸞会の教義に自信のある会員さん♪

>結局アンチは「誰でも納得できる人生の意味は語れない」というのが
>事実じゃないですか。

私は「誰でも納得できるもの」など、語れないと思っています。また、それでいいと思います。

人生における解決困難な多くの問題に対して、その問題の解決をせまられて、答えの出せない状況に追い込まれ、
与えられた答えを「これこそ、以前から私が求めていた答えなんだ」って刷り込まれないようにね♪
お気をつけください。

>>692
>親鸞会でお話を聞いたことのない方であれば御法座へお参りください。

元会員ですよ。何度も聴聞しました。
あなたは、学友部員さんですか?

696 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 13:05:41 ID:j26jCUiE
>>694
>結局、因果の道理が宇宙の真理だと論理的に証明できるって言ってたのは嘘だったってことでFA?
>親鸞会は因果の道理を信じていると考えてよろしいですか?

あれだけ威勢のよかった数人の会員も、全然反応がないですね。
今日、明日は、本部で行事かな?忙しいのかも。

明日の夜あたりに、よほど、練りに練られた納得のゆく答えが返ってくるんでしょね。
まあ、無理でしょうけど♪♪



697 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 13:08:35 ID:vQ5pT3PC
>因果の道理が宇宙の真理だと論理的に証明できるって言ってたのは

これはどういう話の流れで出て来たのかな?
「話を聞けば納得できる」ということはよく言われるが「証明できる」云々って?

698 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 13:08:42 ID:j26jCUiE
>>691
>結局アンチは「誰でも納得できる人生の意味は語れない」というのが
>事実じゃないですか。

では、聞きますが、あなたは「誰でも納得できる人生の意味」を語れますか?
親鸞会の教義を、「誰でも納得のできる」ように語らないと、それは語れないと思いますが、
いかがでしょうか?

質問にも答えられないのに、そんなこと言わないでね〜。

それとも、これから質問に答えてくれますか?
まってますよ。たぶん、無理だろうけど♪



699 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 13:10:25 ID:j26jCUiE
>>697
>>因果の道理が宇宙の真理だと論理的に証明できるって言ってたのは

>これはどういう話の流れで出て来たのかな?
>「話を聞けば納得できる」ということはよく言われるが「証明できる」云々って?

「親鸞会の説く因果の道理は、反証可能な理論だ」とか言い出した、自信満々の会員がいいたので、
この人はそう言ってるんじゃないの?

あなたは、「親鸞会の説く因果の道理は、大宇宙の真理だ」と思ってるの?

700 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 13:16:37 ID:vQ5pT3PC
>>695
>ちなみに、あなたはなぜ「親鸞会の教義は、大宇宙の真理だ」と思ったのですか?

親鸞会でしか聞く事のできなかったことを聞いたからです。
いつも話されてることです。

>信じてないといってるのに♪

我が身知らずだから話がすすまない。
「別に死ぬのがこわいとは思わない」とか「まだ死なない」とか
「そんなこと考えなくても生きていける」というのは
「死ぬのは偶然」と思っているからだろ?
「必ず死ぬ」とは思えないのが迷信、これが偶然や神を信じている心だよ。

701 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 13:22:45 ID:Q6Fzs3pN
>「必ず死ぬ」とは思えないのが迷信、これが偶然や神を信じている心だよ。
なんかもう言いがかり付けてるようにしか見えないんですが。

702 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 13:31:58 ID:Nc/w4PUi
>>700
今日は全国ビデオ御法話、明日は教学講義(?)なのに、わざわざ書き込みごくろうさまです。
それともまだ大導師になっていないから、書き込む時間があるということかな

703 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 13:40:09 ID:j26jCUiE
>>700
>>ちなみに、あなたはなぜ「親鸞会の教義は、大宇宙の真理だ」と思ったのですか?

>親鸞会でしか聞く事のできなかったことを聞いたからです。いつも話されてることです。

あなたが「親鸞会の教義は、大宇宙の真理である」と理解された方だと確認しました。
あなたは論理的に理解したというよりも、「信じている」方ですね。


>>信じてないといってるのに♪

>我が身知らずだから話がすすまない。
>「別に死ぬのがこわいとは思わない」とか「まだ死なない」とか
>「そんなこと考えなくても生きていける」というのは
>「死ぬのは偶然」と思っているからだろ?

ものすごい論理ですね〜。

私は「人はいつか必ず死ぬ」と思っていますよ。たのむから、もう少し、論理的な議論をしましょう。
お願いします。たのみます。論理的な親鸞会会員さま〜。

>「必ず死ぬ」とは思えないのが迷信、これが偶然や神を信じている心だよ。

親鸞会の教義から言えば、全人類が妄念をもっていて、「必ず死ぬ」とは思っていないのではないでしょうか?
親鸞会発行の教学聖典にも書いていませんでしたか?
あなたの理論では、これが迷信であり、さらに偶然や神を信じている心なら、全人類に入るあなたも、
偶然や神を信じているということでよろしいでしょうか?

お答えくださいね。


704 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 16:59:11 ID:B1PSm2PO
つ次スレ立てました。

沈黙の親鸞会
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1133596497/l50




705 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 19:54:50 ID:j26jCUiE
親鸞会会員の中で
>>667>>668>>669>>703に答えてくれる人いないかな?

できれば、もともと「親鸞会の説く因果の道理は、反証可能だ」って言ってた人に答えてほしいんだけど。


あと、会員の皆さん、>>679>>680を読んでくださいね。

706 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 20:42:57 ID:B9KQnKz7
教語開示すれども信用するものは少なし。
生死休まず、悪道絶えず。
かくのごときの世人、つぶさに尽すべきこと難し。
ゆゑに自然に三塗の無量の苦悩あり。





707 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 21:04:48 ID:j26jCUiE
もう会員は、>>706みたいなことしかできないのかな?

自分の言葉で、相手に分かるように意見を述べたらいいのに。
その自信もなくなってしまったのでしょうか?

親鸞会の教義に自信をもっておられる会員らしくないですね。


708 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 21:20:02 ID:Bl17LxCp
>>707
落ち着け。>>702嫁。
目的を果たすためには一時忍ぶことも必要って、
あなたも親鸞会で聞いたんじゃない?

709 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 21:21:50 ID:kes9w44C
いや、それにしてもこんなに閑散としてるのは珍しすぎる

710 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 22:01:57 ID:X94ZSXQw
>>707
二年ほど前から、このスレを見ている人間ですが、当時からコピペはありましたね。
自分の言葉を書き込む会員は二人のような気がします。(気がするだけで、もっといるのかもしれません)
一人が教学等に関して割と詳しいタイプ。慇懃な態度を取るが相手を謝らせるのが好き。
もう一人はあまり勉強しておらず、頭も弱く、人格攻撃や誹謗中傷に走りやすい。(こちらはコピペも投下していかも?)

711 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 22:23:53 ID:0hEaDOc6
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/
読んでを読んだ。

712 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 22:34:27 ID:YeA0KTDq
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/

読んでを読んだ。

ということで読んでみた。
感想文ですが、

どっちが正しいかは私には判りかねますが、
読んでの方が文章はうまいっすね



713 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 22:38:47 ID:YeA0KTDq
なぜ私は〜の方は、ちょっと意見が、偏っているというか
ちょっと視野が狭いという感じがします。

思考停止というわりには、意見にニュートラルな感じがしないのは
なぜなんでしょうか?


714 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 22:42:41 ID:YeA0KTDq
カルト救済団体のNPOの方ですか?
と思わず聞いてみたくなりました。

そうはいっても本当はそうではないんでしょうね。

ちょっと前から見ていますが、毎日20回前後の書き込みをするその忍耐力、精神力、
余程の信念があってのこととおもいます

なにかこの人にはとても強い信念を感じます。
自分の信じた道を進んでいくタイプっていいますか
だからS会でも幹部をしておられたんですね。

ちょっと尊敬します。

そういう意味で、使命感、自尊心の大変強い人なんでしょうね。
私もお世話になった、あの先輩かなと思って毎日読ませてもらっています。

715 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 22:43:01 ID:f+TeAZTG
なんだ、頭の弱い方か

716 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 22:43:27 ID:B9KQnKz7
教語開示すれども信用するものは少なし。
生死休まず、悪道絶えず。
かくのごときの世人、つぶさに尽すべきこと難し。
ゆゑに自然に三塗の無量の苦悩あり。



717 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 22:45:09 ID:B9KQnKz7
金剛心をとりて候わん人はよも師を謗り
善知識を侮りなんどすることは候わじ。


718 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 22:48:35 ID:yr86wqI7
よくs会の連中言ってたよな、
親鸞聖人の言葉使えって。

719 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 23:03:26 ID:Bl17LxCp
>>710
教学に詳しいタイプと教学以外のが得意なタイプがいるんじゃない?

720 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 23:13:03 ID:X94ZSXQw
>>719
たしかに、教義について詳しい人は物腰が柔らかいかもな。
教学以外というと?


会のシステムに批判的な女性会員もいたな。

721 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 23:20:24 ID:TayEuT/g
ああ・・、けうもりとかさうもりとかいうHNだったような・・ウーン
でも全然良識派だったよね、あのひとは。

722 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 23:38:51 ID:X94ZSXQw
>>721
ティーガーとも名のった中立な人ね
忍びの人は彼女も疑ってたね

723 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 23:44:48 ID:X94ZSXQw
忍びの人が疑ったのは別のだった人か

724 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 23:44:59 ID:NLhd0Ex0
>>722
虎さんとこうもりさんって同一人物なん?

725 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 23:51:01 ID:NLhd0Ex0
最近の流れって、去年のいまぐらいにVXさんが500さんと
やりあった頃と似てるよね。
s会の人は「真実知らされた」とやたら断定して言うけど、
それって結局「真実知らされたと思っている」という主観的な信仰でしかないでしょ、みたいな。

726 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 00:25:27 ID:keq/ct9n
SAがアンチの振りした会員だったって本当?

727 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 01:13:19 ID:oyyqMJbj
う〜ん、親鸞会会員は何の反応もないですね。

親鸞会会員で
>>667>>668>>669>>703に答えてくれる人って、いるんだろうか・・・?

できれば、もともと「親鸞会の説く因果の道理は、反証可能だ」って言ってた人に答えてほしいんだけど。

あと、会員の皆さん、>>679>>680を読んでくださいね。


728 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 01:20:25 ID:oyyqMJbj
>>710
>二年ほど前から、このスレを見ている人間ですが、当時からコピペはありましたね。
>自分の言葉を書き込む会員は二人のような気がします。(気がするだけで、もっといるのかもしれません)
>一人が教学等に関して割と詳しいタイプ。慇懃な態度を取るが相手を謝らせるのが好き。

教学などに関して割と詳しいって、これ書いた人のことですか?

>>578>>580>>584>>597

統計の苦手な理系の方だそうです。

729 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 01:44:50 ID:AqVPYNR5
サル?

730 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 01:49:27 ID:AqVPYNR5
チンパンジーは賢いね。
犬連れながら写真撮るサルがテレビでやってた。

731 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 01:54:53 ID:0YTj96jX
>>728
>教学などに関して割と詳しい

たとえば、ここで初登場する110
これ以降のスレでしばらく論争をやってる。
どこかで「信心決定をした」と発言した
ttp://makimo.to/2ch/etc_psy/1082/1082731046.html

たしか、忍びの人を謝らせることに躍起になっていなかったっけ?

732 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 02:09:22 ID:0YTj96jX
ちがった、謝らせるのが好きなのはオブザーバー氏か。
110氏に比べると、ちと品がない印象か。
(まあ、忍びの人もガラは悪かったな)

ttp://light.kakiko.com/skaimatome/k42.htm
ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1096557582/

733 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 05:19:33 ID:eNMd7lA1
>>726
>SAがアンチの振りした会員だったって本当?

デマですね。
書き込み者の意図はだいたいわかるが。
どうせオブザーバー氏か誰かでしょう。

734 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 07:43:20 ID:gZPkACkS
あ、忍びの人ってニンジャのことかー。

>>733
本人さんですか?

735 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 14:00:02 ID:eNMd7lA1
>>734
違いますが、以前ジャンヌにT森先生の贋作されていた証明の資料を
これでもか、というくらい大量に出しておられたのをみたので。

いくらなんでも、会員ならそこまでしないでしょ?

736 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 16:49:21 ID:kEbUxgdW
さっきTBSでなぜ生きるの朗読版がスロー再生しててワロタw
TBS、gj!!

737 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 16:54:59 ID:oyyqMJbj
>>736
>さっきTBSでなぜ生きるの朗読版がスロー再生しててワロタw
>TBS、gj!!

親鸞会が一般社会でも有名になって、アンチが嘘つき勧誘とか、批判し続ければ、
いい意味で、親鸞会も変わってくれるかな?

そうなると、いいのにね。

738 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 17:30:24 ID:U3Oihg1u
さすが坂本弁護士をオウムに売って殺させたTBS

739 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 17:31:03 ID:U3Oihg1u
TBSは宗教団体にもヤクザにも反日サヨにもいい顔しすぎだからな

740 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 17:40:16 ID:oyyqMJbj
誰か、親鸞会の各大学のサークル名、知ってる人ありますか?
早稲田はいまも「なかんずく」かな?

741 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 18:11:03 ID:6qXEUgBx
>>736
どんな番組で、どんなシーンで流れたのか。
詳しい情報キボンヌ。

742 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 18:11:07 ID:D7QItVgN
大学側のs会対策はどうなってるんだろうか。
ビラ配りとかだけじゃなくもっと画期的な対策を
とってもらいたいものだよ。

743 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 18:21:37 ID:29W1qde0
>>736
詳細きぼんぬ。
スロー再生って、あのボワボワした低い声のヤツ?

744 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 18:30:03 ID:kEbUxgdW
>>736
>>741

伊集院光の日曜日の秘密基地
という番組で、
今度のスペシャルウィークは
珍プレー好プレー大賞2005という、
TBSの番組の中でおかしかったところをまとめて放送する企画があります
と紹介して

それで去年の大賞を振り返ってみましょう
っていうところで流れたのが、

女子アナが
「それでは朗読版、なぜ生きるです」(うろ覚え)
と言った後に、スロー再生になったなに言ってるのかわからないのが流れたw


下手な説明ですまん。

745 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 18:32:50 ID:6qXEUgBx
>>744
つまり珍プレーの一環として流れたってわけなんですね。

詳しい説明有り難うございました。

746 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 18:37:30 ID:29W1qde0
>>744
つまり、なぜ生きる朗読版を紹介のために放送しようとしたら
回転数をミスっちゃって、
なんて言ってるのか全然分かんないものになっちゃったwみたいな感じ?

747 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 18:40:22 ID:29W1qde0
TBSは、ミスとはいえ
会長先生のお言葉・仏法をネジ曲げる恐ろし〜いホウボウ罪を造ってしまったワケかw

748 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 18:46:02 ID:gZPkACkS
へー、てことは最近TBSで紹介されたことがあったんだ?

749 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 18:50:21 ID:6qXEUgBx
今日の面接で趣味を俳句っていったら、ぜひ今一句読んでくれ。と言われた。

そこで・・・
「夜なのに、僕が見るのは、あおいそら」

と言ってしまった・・・・・。面接官3人、笑いなし。

シーーーーーーーーーン・・・・

ありがとうございます。
では3日後に通過・非通過のおしらせをします。

750 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 19:03:12 ID:ewFAfvc8
蒼井そら、ってAV女優の?

751 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 19:20:11 ID:oyyqMJbj
さあ、教学講義も終わったことだし、今晩は反論してくれるでしょうね。
「親鸞会の説く因果の道理は、反証可能だ」って言ってた人、まってますね〜。

>>667>>668>>669>>703に答えて下さいね。


あと、会員の皆さんは、>>679>>680も読んで下さい。ご意見まってます。


752 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 19:20:48 ID:oyyqMJbj
親鸞会の会員さんでしょ。反論お願いしますね。

>>700
>>ちなみに、あなたはなぜ「親鸞会の教義は、大宇宙の真理だ」と思ったのですか?

>親鸞会でしか聞く事のできなかったことを聞いたからです。いつも話されてることです。

あなたが「親鸞会の教義は、大宇宙の真理である」と理解された方だと確認しました。
あなたは論理的に理解したというよりも、「信じている」方ですね。


>>信じてないといってるのに♪

>我が身知らずだから話がすすまない。
>「別に死ぬのがこわいとは思わない」とか「まだ死なない」とか
>「そんなこと考えなくても生きていける」というのは
>「死ぬのは偶然」と思っているからだろ?

ものすごい論理ですね〜。

私は「人はいつか必ず死ぬ」と思っていますよ。たのむから、もう少し、論理的な議論をしましょう。
お願いします。たのみます。論理的な親鸞会会員さま〜。

>「必ず死ぬ」とは思えないのが迷信、これが偶然や神を信じている心だよ。

親鸞会の教義から言えば、全人類が妄念をもっていて、「必ず死ぬ」とは思っていないのではないでしょうか?
親鸞会発行の教学聖典にも書いていませんでしたか?
あなたの理論では、これが迷信であり、さらに偶然や神を信じている心なら、全人類に入るあなたも、
偶然や神を信じているということでよろしいでしょうか?



753 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 19:27:39 ID:kEbUxgdW
>>750
のツッコミでようやく理解したw

754 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 19:44:09 ID:E+bhFk0C
>>724
違ったと思います。
虎さんはアンチではなかったとはず。

755 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 19:51:47 ID:30vdKK2k
>>753-754
そろそろ、話題を元に戻そうぜ

756 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 21:01:59 ID:Osv3e5L+
>>754
こうもりさんも名前の通りアンチじゃなかったよ

757 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 21:15:48 ID:29W1qde0
>>748
TBSで紹介するんなら、
哲学者にして著述家、『なぜ生きる』の著者でもある伊藤先生の
学生時代の力作
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf
も合わせて紹介してホスィ。

報道特集とかで宗教団体のダミサ勧誘問題とかやらんものかな。

758 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 21:22:44 ID:vnxlKPaX
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/

759 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 21:27:00 ID:E+bhFk0C
>>754
名前の通り?

760 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 21:48:57 ID:6qXEUgBx
>>758
何度も繰り返し読ませて頂きました。
とても良いサイトだと思います。
弘宣部長さんの文章はやはりとても上手ですね。

761 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 22:16:09 ID:D7QItVgN
弘宣部長が書いてたのかあれ。

762 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 22:18:20 ID:29W1qde0
>>760
>文章はやはりとても上手ですね。
そうですね。弘宣部長さんの手によるものなのかは分かりませんが、
西田公昭氏の本なんかを参照しながらみていると、
破壊的カルト臭がまろやかに抑えられながら発せられていて
とても興味深いサイトだと思います。

763 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 22:39:08 ID:Ai4bztc8
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/

なぜやめたかをよんで

はなかなかおもしろいね


764 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 22:39:40 ID:Ai4bztc8
http://shinranshonin.hp.infoseek.co.jp/

なぜやめたかをよんで

はなかなかおもしろいね

誰が書いたかはしらないけど、ちがうんじゃないの


765 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 22:41:35 ID:Ai4bztc8
いまテレビで世界初の顔面移植というのを放送していた。
フランスでしたそうだ、
脳死状態のドナーから顔を移植したのだそうな。
患者は24時間後に目を覚まして第一声が
「メルシー」

瞑想少年 半年間飲まず食わずってのもやってたけど
これはちょっとどうかな


766 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 22:46:34 ID:XA8gkKI6
>>764
だな。まちがってるよな。
偏った考えで書いてるから、ああなるんだろうね。

767 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 22:49:23 ID:6qXEUgBx
>>761
はい。書いたのは弘宣部長です。

そういえばあのサイトへの削除要請はどうなったんでしょうね。
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

768 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 22:52:46 ID:oyyqMJbj
親鸞会会員の反論、全然こないですね。
批判意見は徹底無視か・・・・。

こんな調子で、来年も親鸞会学友部では、嘘つき勧誘はじめ、新入生に対して「引き離し対策」「親対策」「兼部カット」など、
たんたんと実行にうつされるんでしょうね。

親鸞会も、もう終わりだと思います。
会員のみなさんは、親鸞会と運命をともにする覚悟で、これからも会員を続けて下さいね。

769 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 22:54:44 ID:idupu5xE
 






 沈黙の親鸞会員

770 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 22:57:10 ID:6qXEUgBx
>>768
あなた方が下らない親鸞会批判をしても、
どうせ地獄行きの人達ですから、
そんな連中に時間をかけるのは勿体ないのですよ。

迷った人間に褒められるよりも、
阿弥陀様に褒められることを名誉とするのが、
親鸞会の会員ですから。

771 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 23:05:58 ID:oyyqMJbj
>>770
>あなた方が下らない親鸞会批判をしても、
>どうせ地獄行きの人達ですから、
>そんな連中に時間をかけるのは勿体ないのですよ。

>迷った人間に褒められるよりも、
>阿弥陀様に褒められることを名誉とするのが、
>親鸞会の会員ですから。

なるほど・・・いえてるかも。


まあ、今晩中に反論こなければ、
「親鸞会の教義は、反証不能なあいまいで、どうとでも言える教義に過ぎませんでした。
 今まで、そんな教義を『論理的に理解している』なんて言い張ってすみませんでした。」

「これからは『聞けば誰でも理解できる論理的な教えだ』なんて、言いません。私たちは一宗教団体の教義を信じている者です。」

ということで。よろしく〜♪

772 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 23:13:26 ID:29W1qde0
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf
阿弥陀様は、組織への勧誘の為なら
キャッチセールス人以上に言葉巧みに個人情報を聞き出し、
外部からの情報が被勧誘者に入らないように工夫するカメレオンアーミー、
宗教法人格を得て税制上の優遇措置を受けながら
「宗教じゃないよ」などと言って嘘勧誘することをお褒め下さいます
・・・でしょうか?

773 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 23:16:22 ID:oyyqMJbj
以下のサイトを見てみたら、昨日土曜日のアクセス数が少ないけど、
やはり、親鸞会の会員がみていたということかな?

会員はマインドコントロールとか言われて、反論しないのかな?


なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/

続・なぜ私は親鸞会をやめたのか
http://nazeyameta.shinrankai.makibishi.jp/


774 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 23:21:52 ID:yvI4n3yJ
>>770
敗北宣言キタ━(゚∀゚)━(∀゚ )━(゚  )━(  )━(  )━(  ゚)━( ゚∀)━(゚∀゚)━ !!


775 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 23:23:42 ID:H06tp6My
>>770
「一切衆生必堕無間」と教えているのが、親鸞会だから、
会員も含めたすべての人に時間をかけるのがもったいないということか。


776 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 23:37:31 ID:yvI4n3yJ
2005/12/04(日)22:57:10 

親鸞会員は、

「親鸞会の教義は、反証不能なあいまいで、どうとでも言える教義に過ぎませんでした。
 今まで、そんな教義を『論理的に理解している』なんて言い張ってすみませんでした。」

「これからは『聞けば誰でも理解できる論理的な教えだ』なんて、言いません。私たちは一宗教団体の教義を信じている者です。」

以上の事柄を認めました。

つまり、今まで親鸞会員らは、自らの信仰上のことで、他人の思想・信仰を謗ってただけでした。
阿弥陀仏、善知識、など自分が信じているものを他人にも
押しつけるために、嘘勧誘、両舌勧誘、信心の偽り、被勧誘者の引き離し・・・
どうみても異常としか言えないほどの勧誘方法を正当化してました。
破壊的カルトと言えるほど反社会的な宗教団体をしてました。

迷惑がかかったみなさま、彼らに代わってお詫び申し上げます。

  , - ,----、 
  (U(    )
  | |∨T∨
  (__)_)


こういうことでおk?会員のみなさま


777 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 23:40:52 ID:oyyqMJbj
>>776
>つまり、今まで親鸞会員らは、自らの信仰上のことで、他人の思想・信仰を謗ってただけでした。
>阿弥陀仏、善知識、など自分が信じているものを他人にも
>押しつけるために、嘘勧誘、両舌勧誘、信心の偽り、被勧誘者の引き離し・・・
>どうみても異常としか言えないほどの勧誘方法を正当化してました。
>破壊的カルトと言えるほど反社会的な宗教団体をしてました。

>迷惑がかかったみなさま、彼らに代わってお詫び申し上げます。

親鸞会学友部の担当講師や、学友部員が本気でそのように思ってくれてばいいのですが。

あなたは退会された方ですか?

778 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 23:50:01 ID:yvI4n3yJ
>>777
ええ。もう二三年たちますかね。
最近は、会もよくなってきているとの書き込みを見ますが
真実そうであってほしいと思っています。


779 :名無しさん@3周年:2005/12/04(日) 23:53:57 ID:AeluY1HS
『人生の目的』という本がありますが、
読んで人生の目的分かりますか?

780 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 00:03:32 ID:k6pll9F7
あれ? 勝利宣言?
残念ながら今日は書き込めないと言いにきたんだが…。

どうも君の時間感覚は俺のと違うみたいだね。
家にいれば2chに書き込めるのが当たり前じゃないんだよ、こっちは。
君の生活の中心は2chなのか?

それに普通の大人なら、相手の行事を把握していればその間くらいおとなしく待ってられるだろう。
せっかちすぎるというよりは、思い通りにならなくて暴れてる子供という印象を受ける。

ま、いいよ。もう結論出しても。

「アンチである私は、親鸞会の説く論理的な教えである仏法を理解するには、感情的で幼稚すぎました。
 今まで、そんな私が、『会員は信念により信じているに過ぎない』なんて言い張ってすみませんでした。」
「これからは『信念により信じているに過ぎない教え』なんて、言いません。
 逆に、私の「信念」を会員や関係者の皆様に押し付けてすみませんでした。」

って感じだね。

781 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 00:06:03 ID:oSBLDBxF
>>779
親鸞会に献金したり、嘘をついたりマインドコントロールを行ってまで
組織活動に専念しなければ
人生の目的が果たせることはない、とまでは書いていない
不備のある本ですね。

782 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 00:08:56 ID:oSBLDBxF
>>780は、信念以外で
親鸞会に献金したり、嘘をついたりマインドコントロールを行ってまで
組織活動に専念しなければ
人生の目的が果たせることはない
と、論理的に分かったわけだ。
阿弥陀仏も前世も来世も。

783 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 00:09:12 ID:lWnJZaiF
>>780
私は一応会員なんですが…
この人を見下したような傲慢な物言い何とかなりませんでしょうか。
仏法者なんでしょう?
高森先生がこれを見られたら、悲しまれますよ。

784 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 00:11:51 ID:oSBLDBxF
「自分の頭で論理的に阿弥陀仏の本願を理解した!」
とか言う人って、18願他力は必要ないんジャマイカ?
20願の自力で往生できる人でしょ。自力で論理的に理解してるんだから。

785 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 00:16:15 ID:qFQJ6Vsp
「人生に目的はあるのか。
私はないと思う。何十年も考えつづけてきた末に、そう思うようになった。」
と書かれています。

786 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 00:17:16 ID:k6pll9F7
>私は一応会員なんですが…
>この人を見下したような傲慢な物言い何とかなりませんでしょうか。
うーん、すまんね、相手の調子に合わせて端的に書いたら普通にこういう文章になったんだが。
合わせてるばかりではよくなくて、多少抑えた方がいいとは思うんだけど、基準もよく分からないしなぁ。

787 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 00:17:55 ID:qFQJ6Vsp
自分の思いを書いているだけ・・・かな?

788 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 00:22:09 ID:5nzU/7sF
>>780
>あれ? 勝利宣言?
>残念ながら今日は書き込めないと言いにきたんだが…。

分かりましたよ。しっかり、時間をとって、自分の考えを論理的に構築しないと、反論もできないと思いますし、
感情的にはやまって、こころならずも、あなたも
『ちなみに、調熟の光明は弥陀による「マインドコントロール」だと思うよ、俺は。 』
などと、口走ってしまうこともありますので、今日はお休みになって、また明日以降、あなたの主張を
しっかり述べて頂きたいと思います。明日からもよろしくお願いします。

>ま、いいよ。もう結論出しても。

いえいえ、あなたが「『残念ながら』今日は書き込めない」とまで、言って下さっているので、
残念な結果にならないよう、これからもお互い書き込みを続けましょう。

よろしく〜。

789 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 00:22:41 ID:0Qnw8JFg
>>759
>名前の通り?

たぶん彼女はイソップ物語のコウモリの話から取ったんだと思う。
動物と鳥類の戦争でコウモリはどうした?

>>770
頭の足りないシンパの書き込みだけど
「アンチ側が親鸞会の貶めるためにやっているのか?」
と時々判断に苦しむ。

790 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 00:30:39 ID:5nzU/7sF
>>780
>あれ? 勝利宣言?
>残念ながら今日は書き込めないと言いにきたんだが…。

明日は書き込めそうですか?

今週、忙しいのはいつでしょうか?

791 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 00:32:16 ID:5nzU/7sF
>>700を書き込んだ親鸞会の会員さんは、もう反論なしと考えていいのかな?

もし、まだあなたの主張があれば、以下の質問に答えてくださいね。


>>700
>>ちなみに、あなたはなぜ「親鸞会の教義は、大宇宙の真理だ」と思ったのですか?

>親鸞会でしか聞く事のできなかったことを聞いたからです。いつも話されてることです。

あなたが「親鸞会の教義は、大宇宙の真理である」と理解された方だと確認しました。
あなたは論理的に理解したというよりも、「信じている」方ですね。

>>信じてないといってるのに♪

>我が身知らずだから話がすすまない。
>「別に死ぬのがこわいとは思わない」とか「まだ死なない」とか
>「そんなこと考えなくても生きていける」というのは
>「死ぬのは偶然」と思っているからだろ?

ものすごい論理ですね〜。

私は「人はいつか必ず死ぬ」と思っていますよ。たのむから、もう少し、論理的な議論をしましょう。
お願いします。たのみます。論理的な親鸞会会員さま〜。

>「必ず死ぬ」とは思えないのが迷信、これが偶然や神を信じている心だよ。

親鸞会の教義から言えば、全人類が妄念をもっていて、「必ず死ぬ」とは思っていないのではないでしょうか?
親鸞会発行の教学聖典にも書いていませんでしたか?
あなたの理論では、これが迷信であり、さらに偶然や神を信じている心なら、全人類に入るあなたも、
偶然や神を信じているということでよろしいでしょうか?


792 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 00:35:39 ID:k6pll9F7
>いえいえ、あなたが「『残念ながら』今日は書き込めない」とまで、言って下さっているので、
>残念な結果にならないよう、これからもお互い書き込みを続けましょう。
もう結論が出てるんなら別に残念じゃないぞ。
子供の遊びみたいなのに付き合う余裕はこちらにはないし。

>感情的にはやまって、こころならずも、あなたも
>『ちなみに、調熟の光明は弥陀による「マインドコントロール」だと思うよ、俺は。 』
>などと、口走ってしまうこともありますので、
また一方的な決め付けが来たな。
こういうのがあるたび、不快にさせられるし、やる気も削がれる。

>今週、忙しいのはいつでしょうか?
ここ2、3日かな。

793 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 00:41:08 ID:5nzU/7sF
>>780
>あれ? 勝利宣言?
>残念ながら今日は書き込めないと言いにきたんだが…。

>どうも君の時間感覚は俺のと違うみたいだね。
>家にいれば2chに書き込めるのが当たり前じゃないんだよ、こっちは。

家庭をもたれた方ですか?家にいても忙しいみたいですね。



794 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 00:46:26 ID:zJ7yHNFX
やっぱり、サルよりもチンパンジーの方がかしこいな

795 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 00:46:56 ID:5nzU/7sF
>>792
>>いえいえ、あなたが「『残念ながら』今日は書き込めない」とまで、言って下さっているので、
>>残念な結果にならないよう、これからもお互い書き込みを続けましょう。

>もう結論が出てるんなら別に残念じゃないぞ。

結論は出ていないと思います。あなたが>>667>>668>>669>>703に答えていませんので。

反論まってます。


>子供の遊びみたいなのに付き合う余裕はこちらにはないし。

私は、今の議論の展開では、あなたは私に勝てないと思っています。

あと、親鸞会の教義が反証不能であり、会員が信じているに過ぎないことを、「聞けば誰でも論理的に分かる」と
言って勧誘を行い、多くの人が、親鸞会のために苦しい思いをしていることは、小さな問題とも
思いませんし、ましてや、「子どもの遊び」だとは思いませんので。よろしく。


796 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 00:51:57 ID:5nzU/7sF
>>795

>>667>>668>>669への反論まってますね。 >>703は別の人でした。



797 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 00:57:16 ID:0Qnw8JFg
子供の遊びってなぁ…
子供すら論理的に破邪顕正できないのか?

つーか相手を子供扱いするのは失礼だな。
誰かだったら、謝れ、謝れと連呼してるだろうな。

798 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 01:14:05 ID:5nzU/7sF
>>797
>つーか相手を子供扱いするのは失礼だな。
>誰かだったら、謝れ、謝れと連呼してるだろうな。

そうですね、私もk6pll9F7さんから、
「かなり思い込みが激しい人間」「こんなことも分からないのか」「お前は論理的な思考が苦手な人間だ」などと
言われ続けて、不快な思いもしますが、こんなところで「失礼だろう、謝れ!」などと言うつもりはありません。

議論の内容が大事だと思っています。
少なくとも、そのようなことに感情的になって、議論から逃げようとは思いません。


799 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 01:19:36 ID:zJ7yHNFX
子供の遊びってなぁ…
子供すら論理的に破邪顕正できないのか?

つーか相手を子供扱いするのは失礼だな。
誰かだったら、謝れ、謝れと連呼してるだろうな。

とか言ってるんじゃねーぞ。

800 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 01:26:48 ID:lWnJZaiF
>>798
一応分かって頂きたいのですが、
親鸞会の会員でも、k6pll9F7の様な人は本当にごく一部です。
殆どの親鸞会の会員は、理性的で腰の低い人ばかりです。
ただ、そういう人は通常2ちゃんねるに書き込みしないので、
目立たないだけなんです。

みんながみんな、k6pll9F7みたいな人ではありませんので、
その辺を理解して頂きたいと思います。

801 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 01:28:32 ID:lWnJZaiF
>>798
世の中でも幾らでも傲慢で理不尽な人はいます。
自分の姿が見えない人もいます。
親鸞会だって人間の集まりだから、k6pll9F7みたいな人もいる、ということです。
その比率は世間一般と比べてそんなに変わらないと思います。

k6pll9F7さんのような子供みたいな人ばかりではありません。
くれぐれも宜しくお願いします。

802 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 01:38:19 ID:0Qnw8JFg
>>800-801
礼儀正しいあなたに聞くのは気が引けるが
それでも聞かせてもらいます。
>>557の会長の口調は礼儀正しいものだと思いますか?

803 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 02:05:33 ID:4W+CycAH
親鸞会はなぜ答えないんですか?

804 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 02:23:02 ID:0Qnw8JFg
来た!
会長だ

805 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 02:24:24 ID:0Qnw8JFg
書き込みボタンを間違えて押した

806 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 03:01:26 ID:lWnJZaiF
>>802

>>557の会長の口調は礼儀正しいものだと思いますか?

邪を破るためには、時に傲慢な口調にならなければならないときもあるでしょう。
本願寺は親鸞聖人の教えを破壊しているのですから、
当然のことです。


807 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 09:20:41 ID:O6CTQkbp
>>806
>本願寺は親鸞聖人の教えを破壊しているのですから、

勧誘時、「宗教ではない」と自団体を位置付けておきながら、
ちゃっかり「宗教法人法」に便乗して宗教法人格を取得し
固定資産税等で優遇措置を受ける。
宗教法人として登録されているレッキとした宗教団体なのに、
勧誘のときは「宗教じゃないよ」などと嘘をつく。
大学で勧誘するときも、大学に許可もとらず、事実関係を問われても
「宗教とは関係ありません」。 」

本願寺もこんな胡散臭い団体から言いがかりをつけられたくない、
と思っているだろうね。

808 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 10:02:42 ID:4DMPYaJN
>>806
だから仏法を破壊するアンチに対して傲慢になることも必要ということか?

809 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 10:23:15 ID:KGF7BsPB
こんなんみつけた

なぜ私は親鸞会をやめたのか|反響集
http://shinrankai.hankyo.genin.jp/

810 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 11:20:40 ID:5nzU/7sF
情報提供ありがとうございます。
さっそくよみましたよ。

なぜ私は親鸞会をやめたのか|反響集
http://shinrankai.hankyo.genin.jp/

「残念ながら、現在の所、まだ『「なぜ私は親鸞会をやめたのか」を読んで』の制作者の方からはお返事を頂いておりません。」と
ありましたが、結局、「必殺育成法」といい、親鸞会は「親鸞会の教義」を伝えるためなら、何をやってもいい」と、結果的になって
しまうのだと思います。(たぶん彼らは自覚はないです)

このような団体は、非常に危険だと私は思います。

もし異論があるのでしたら、上記のサイトに返事を送りましょうね。親鸞会さん。




811 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 14:24:40 ID:pQwNX0mH
>>771
> 「これからは『聞けば誰でも理解できる論理的な教えだ』なんて、言いません。
私たちは一宗教団体の教義を信じている者です。」

宗教を信ずると言うことは、その宗教を信じない人から見れば
そういうもんじゃないんですかね。

なにか哲学や科学と同類のものだと思われているんでしょうか。

ただ信じている人にしてみれば、その教義は「真理」であることに
違いはないのです。

なにかえらい力をいれて、宗教を信ずること と 論理的に信ずることを分けようと
しているのは、何かのトラウマですか?

812 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 16:11:07 ID:uBJ+/Zv+
>>811
トラウマといえばトラウマだね。
後者であるように見せかけて入信させられたんだから。

813 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 16:25:38 ID:+wHj6wxr
親鸞聖人は堂々と仏教(もしくは阿弥陀仏)の名を公表し、
一般市民に仏法を唱えよと教えられているが、
実際、大学のダミーサークルの偽装勧誘を見ると、
親○会は明らかに聖人の教えに背いている。
そもそも、これだけ親○会が批判されるひとつには
この偽装勧誘がある。
この種の勧誘はオウム真理教と同じ穴のムジナである。
この問題は、強引な勧誘を含めて会員は良く考えるべきである。
実際私は勧誘され、最初は「人生について」の公演を聴くという
事であったから承知したのだが、結局何だかんだで仏教になった。

どこの宗教(まともな)も嘘ついて勧誘しないし、強引でもない。

ちなみに私は仏法について(最初は人生についてのはずだったが)
多くの時間とお金を割き、聴かされ、後生の一大事だとか前世だとか
まったく理解できなかったが、「こんなに聞いたのにお前はまだ分からないのか?」
と言わんばかりの圧力で接してくるので、合わせるほかに無かった。
最終的に親○会への入会を責められ、入会金2万と月会費3か月分6千円を支払わされた。
なぜかというと、入会しないと地獄に真っ逆さまだと脅されたからである。
入会すると、"なんともお粗末な小型仏壇"が送られてくる。
ろうそくの代わりにろうそくの形に似せたライトを使用する。
この時点で、思わず笑いをこらえず吹きだした。
そもそも仏壇は先祖の遺灰がないと意味ないのだが…
皆さんはどうか騙されないよう、お気をつけください。m(_ _)m





814 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 16:37:21 ID:+wHj6wxr
すみません
親○学徒への質問です。
前世、後生の一大事、地獄だとかは、他は置いとくとしても
論理的飛躍が大きすぎます。
このレスを見る皆さんに分かるよう、学徒サンがいつも主張するよう、
"論理的"に説明願います。
もしこれらを説明し、本当に後生の一大事を解決する可能性を証明すれば、
皆さん納得し、喜んで会員になりますよ。
そうすれば、もうダミーサークルも必要なくなりますよね?
嘘は絶対悪で地獄行きですもんね?

815 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 17:12:14 ID:m0ZHNapU
>>813
>そもそも仏壇は先祖の遺灰がないと意味ないのだが…

仏壇に位牌はいらない
それ以外はそんなもんだろう

816 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 17:34:22 ID:m0ZHNapU
>>806
会長の言葉遣いを「傲慢な口調」であることを認めるわけですね?
そして真理に即した破邪顕正のためであれば「傲慢な口調」も認められる、と。
しかし、対話の相手、つまり本願寺側が要求する
「『破邪顕正や財施を修することが獲信のための宿善となる』という文証があれば、示してもらいたい」
という質問に対し、聖教の出典を示しもしないのに、
会長が「傲慢な口調」を取ったのはおかしくありませんか?
(会長の出した七仏通解偈は『破邪顕正や財施を修することが
 獲信のための宿善となる』という主張の文証になりません)

ハッキリ言って、会長の主張が聖典の引用によって証明され、真理であることが
明らかにされてもいないのに、討論相手を邪とするのは理知的な態度ではありません。
(文証以外にも問題がありますが、詳しくはttp://shinrankai.jugem.jp/へ)

文証もないのに相手を邪とし「傲慢な口調」を取るのは、文字通り傲慢で恥知らずではないでしょうか?

817 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 17:35:28 ID:m0ZHNapU
>>806つづき
また、会長は本願寺からの応答を望み、討論を続けることを希望していたようですが、
この「傲慢な口調」は、論理と理性で対話すべき議論の場にふさわしいものだと思いますか?
私は思いません。
討論は感情を剥き出し「傲慢な口調」でするものではなく、
聖教の引用や理性的な論理の積み重ねによってなされるべきです。
会長の態度は討論の場に不適切であり、討論相手に無礼です。

もう一つ質問です。
あなたは真理に即した破邪顕正のためであれば「傲慢な口調」も認められるとお考えである。
そして、「親鸞会の説く因果の道理は反証可能だ」と主張するk6pll9F7氏が「傲慢な口調」を取ることを、
あなたは許せない。つまり、あなたは彼の主張が真理に即していないとお考えである。
すると、あなたは親鸞会の説く因果の道理は反証すら不可能な教えであると考えていると結論付けられます。

であるならあなたは、「絶対の真理」は論理的に理解できるものではない、という立場なのでしょうか?

818 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 18:44:58 ID:ogkE5Uvq
なんだよ、こっちはアンチの傲慢な誹謗中傷を容認してきてやったってのによ

819 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 19:45:32 ID:hXaziyUR
>>818
容認して頂けてましたっけ?

820 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 20:19:35 ID:ToeEEp78
何で親鸞会ってこうも反省がないんでしょうか。
見てて本当に哀しくなります。

821 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 21:09:59 ID:gcEGHNE+
アンチがいるのは、いつの時代も同じ。
仏教は聞き難い教えだから、簡単には真実が真実とわからないのも無理はない。
死に際にならないと後生の一大事の重さが分からないのは、まさに逆謗の屍。

822 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 21:31:19 ID:lWnJZaiF
>>821
全くですね。
一たび泥犂に入りて長苦を受くるとき 願往生 はじめて人中の善知識を憶す。
死ぬときに親鸞会を誹謗した罪の重さを知らされるでしょう。
全く哀れな人達だと私も思います。

823 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 21:35:09 ID:XQZW+79j
>>821
真実なら反論できるだろう。

http://shinrankai.jugem.jp/
http://blog.duogate.jp/shinrankai/

824 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 21:43:04 ID:lWnJZaiF
>>823
その程度のもので信仰がぐらついているのですか。
全く情けない限りですね。
何年高森先生から話を聞いてきたのですか?
きっと居眠りばかりでロクに話も聞いてなかったのでしょう。

825 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 21:53:15 ID:XQZW+79j
>>824
(゚д゚)ハァ?

826 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 21:57:37 ID:pQwNX0mH
>>812
> >>811
> トラウマといえばトラウマだね。
> 後者であるように見せかけて入信させられたんだから。

そういうことで納得しました。
論理的に説明せよと、論理的な態度をせまっているようにみえる
貴方の文章が、なぜこれほどまでに、理性的でないのかが。

人は誰でも傷を抱えて生きています。
選択を間違えることもよくあることでしょう。

かつて仏法を正しいと信じていたことが「無駄だった」と
過去の自分を否定したい気持ちは分かる気もします。

過去の失敗と思っていたことも決して「無駄」ではありません。

827 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 22:01:45 ID:pQwNX0mH
自分が間違っていたと思うのなら、それからやり直すのに遅すぎる
ということはありません。

動機はどうあれ、これだけ繰り返し同じ事を行ってくると言うこと自体
過去と訣別できていないなによりの証拠ではないでしょうか?

それだけ引きずるのは、社会的正義感でしょうか?
「トラウマ」という言葉に同意した貴方の書き込みをみると、
それだけでないということが透けて見えてしまいます。

注意を親○会の人も半分くらいにしか
聞けないのではないでしょうか。

828 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 22:05:01 ID:7fxIPOsF
>>826えっと、横からすみません。
ID:pQwNX0mHさんは
親鸞会の勧誘手法がID:uBJ+/Zv+さんに対してトラウマを与えるものであったと
認識している、ということでよろしいでしょうか?



829 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 22:08:50 ID:7fxIPOsF
>>811
>なにか哲学や科学と同類のものだと思われているんでしょうか。

親鸞会の教えは、哲学や科学とは別物ですよね。
では、親鸞会のサークルが「哲学」を掲げたり
「論理的・合理的に理解できる」と言ったりするのは
辞めるべきであり、
そういったものとは別の、「宗教である」ということを明言して
勧誘すべきだと思うのですが、いかがでしょうか?

830 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 22:14:37 ID:SDOhmLRg
>>826
ちょっとした皮肉にも気付かないなんてな…まあいい。
前者を後者のように見せかけて勧誘し、不特定多数の他人の信仰を
半強制的に書き換えるのは悪いとは思わないわけ?


831 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 22:45:57 ID:7fxIPOsF
>>821>>922>>824などを書き込まれた方は、
(もしアンチの自演でなければ)
西田公昭氏などの著作を参考までに読まれたらいいのではないかと思います。

832 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 22:46:53 ID:7fxIPOsF
訂正
>>922>>822

833 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 22:49:25 ID:ogkE5Uvq
すみません、実はアンチの自演でしたw

834 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 22:51:19 ID:7fxIPOsF
>>833ID:ogkE5Uvq
では、>>821>>822>>824のようなことを、
会員は言いますか?言いませんか?


835 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 22:56:11 ID:ygBVvF2c
今日もいいことを聞きました。
栃木の今市市の事件も
みんな悪い犯人を見つけ出そうとしていますが、
なによりの原因はその女児なのです。

836 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 22:57:36 ID:ogkE5Uvq
>>834
内輪で外部を批判するときは使いますが、何か?

837 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 23:02:07 ID:7fxIPOsF
>>821>>822>>824がアンチの自演であり、
会員が発すべきことでないor発するようなことではない発言なのであれば、
ここをご覧の会員さんは、これらの発言主である
ID:gcEGHNE+さんやID:lWnJZaiFさんに対して批判を行ってみて下さい。

838 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 23:03:42 ID:7fxIPOsF
>>836
つまり、外には出さないようにしているが
会員内では>>821>>822>>824のように言い合っている、ということでよろしいですか?

839 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 23:07:59 ID:7fxIPOsF
会の内輪だけで言い合っているだけだ、という方も、
西田公昭氏などの著作を参考までに読んでみたらいいかと思います。

840 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 23:10:36 ID:rUt59coM
釈尊の毒矢のたとえを思い出すカキコが蔓延している。
やはり釈迦は偉人だ。


841 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 23:20:02 ID:5nzU/7sF
すみません、今まで「親鸞会の説く因果の道理は、反証可能だ」と主張する、
親鸞会会員の方と議論し続けてきた者です。

>>811
>>なにかえらい力をいれて、宗教を信ずること と 論理的に信ずることを分けようとしているのは、何かのトラウマですか?

>>812は私の書いたものではありませんが、トラウマかどうかは、
私もよくわかりませんね。しかし、親鸞会との接触がトラウマになり、苦しい思いをしていた学生は
たくさんいましたよ。大学をやめた人も少なくないですし。私はかなりの問題だと思っています。


>論理的に説明せよと、論理的な態度をせまっているようにみえる
>貴方の文章が、なぜこれほどまでに、理性的でないのかが。

>>826を書き込んだpQwNX0mHさんに、お尋ねします。
わたしの文章のどこが、「理性的でないか」を説明お願いします。
できれば、「理性的に」お願いします♪



842 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 23:20:51 ID:5nzU/7sF
>>827
>自分が間違っていたと思うのなら、それからやり直すのに遅すぎるということはありません。

「親鸞会の教義は、聞けば誰もが理解できる極めて論理的な教えだ」という当時の理解は、間違っていたと思っています。
ですので、「親鸞会の教義は、大宇宙の真理だと、会員が信念により信じているに過ぎない」と理解して、
やり直しています。
アドバイス、ありがとうございます。

>動機はどうあれ、これだけ繰り返し同じ事を言ってくると言うこと自体、過去と訣別できていないなによりの証拠ではないでしょうか?

なぜ、過去と訣別しなければならないの?よくわからないが。
何がいいたいの、教えて下さい。「親鸞会をやめたのなら、これ以上親鸞会を批判せず、そっとしといて」と言いたいのでしょうか?

>それだけ引きずるのは、社会的正義感でしょうか?
>「トラウマ」という言葉に同意した貴方の書き込みをみると、
>それだけでないということが透けて見えてしまいます。

私が同意した訳ではありませんが、あなたがここで言う「それだけでない」内容を、教えて下さい。お願いします。

あなたは親鸞会学友部の「嘘つき勧誘」「引き離し対策」「親対策」「兼部カット」など、以下のマニュアルに書かれた内容を
「親鸞会において、今後も行なうべき必要なこと」だと思いますか?思いませんか?
また、そう判断した理由を聞かせて下さい。親鸞会会員さん。

親鸞会 必殺育成法
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf

843 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 23:25:02 ID:5nzU/7sF
pQwNX0mHさんだけでなく、ここに書き込みをしているすべての親鸞会会員のみなさんに、お尋ねします。
できれば、現在学友部員なのか、そうでないかも明記して頂けると、ありがたいかな。

あなたがたは、親鸞会学友部の「嘘つき勧誘」「引き離し対策」「親対策」「兼部カット」など、以下のマニュアルに書かれた内容を
「親鸞会において、今後も行なうべき必要なこと」だと思いますか?思いませんか?
また、そう判断した理由を聞かせて下さい。親鸞会会員さん。

親鸞会 必殺育成法
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf

844 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 23:27:54 ID:gcEGHNE+
阿弥陀様を念じていきなさいよ
一向専念無量寿仏、これだけは忘れるでないぞ

845 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 23:32:31 ID:5nzU/7sF

>>834
>では、>>821>>822>>824のようなことを、
>会員は言いますか?言いませんか?

>>834
>内輪で外部を批判するときは使いますが、何か?

外からの批判に耳を傾けず、以下のようなマニュアルまで作って、自分たちの過ちにいつまでも気付かないので、
親鸞会は会員数が減少しているのではないか、と思います。
親鸞会 必殺育成法
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf


親鸞会は全人類に「親鸞会の教義」を伝えようとしているのか、知りませんが、
批判を謙虚に受け止めないかぎり、これからも、あまり会員は増えないと思います。



846 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 23:33:26 ID:O/GxQRlU
>>845
>親鸞会は会員数が減少しているのではないか、と思います。

減少しているの?

847 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 23:35:28 ID:7fxIPOsF
>>846
増加しているの?

848 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 23:37:50 ID:lWnJZaiF
>>846
残念ながら減少しています。
これは勿論実際に数を見たわけではありませんが、
毎回の正本堂の埋まり具合などを見ると、少なくとも増えているとは思えません。

ただ、今は顕正戦の真っ最中です。
どこの支部でも成果が上がってきています。
減少傾向は一時的なもので終わると思います。

849 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 23:46:14 ID:5nzU/7sF
>>846
>>親鸞会は会員数が減少しているのではないか、と思います。

>減少しているの?

あきらかに減少してるのではないでしょうか。

会員数もそうですし、人材育成もうまくいっていないのではないか、と思います。
講師部を目指す人も、次第に減ってきているのではないでしょうか。
「親鸞会と運命をともにしよう」と本気で思える人など、今の学生の中からはもう現れないでしょう。

高森会長が高齢となり、その影響力が弱まれば、もっと会員は減少するかと思います。

850 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 23:46:30 ID:7fxIPOsF
>>848
>ただ、今は顕正戦の真っ最中です。
ダミサ・嘘・身分詐称を用いてのカメレオンアーミー作戦ですか?
>どこの支部でも成果が上がってきています。
「成果」とは、入会者数のことですか?


851 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 23:49:47 ID:5nzU/7sF
>>846
>>親鸞会は会員数が減少しているのではないか、と思います。

>減少しているの?

入会した分だけ、あるいはそれ以上に、やめているということでしょう。

大学在学中、あるいは大学を卒業し社会人になるときに、多くの学生がやめているのではないでしょうか。

「親鸞会の教義は大宇宙の真理だ」と『信念で信じている』だけなので、活動や聴聞の機会が減少すれば、
自然とその信念も弱くなると思います。

「信念で信じている」何よりの証拠だと思います。


852 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 23:54:27 ID:5nzU/7sF
>>792
>>今週、忙しいのはいつでしょうか?
>ここ2、3日かな。

k6pll9F7さん、今日は忙しいみたいですね。ごくろうさまです。

>>667>>668>>669への反論、いつでもお待ちしています。 

「親鸞会の説く因果の道理は、反証可能である」との主張を、引き続きのべてください。


あと、>>703を書き込んだ親鸞会会員さんも、がんばって反論してみてね♪
あまり、教学力のない学生さんかな?


853 :名無しさん@3周年:2005/12/05(月) 23:56:03 ID:5nzU/7sF
訂正します♪

あと、>>700を書き込んだ親鸞会会員さんも、がんばって>>703に反論してみてね♪
あまり、教学力のない学生さんかな?


854 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 00:07:35 ID:rkE61e49
『人生の目的』という本がありますが、
読んで人生の目的分かりますか?



855 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 00:09:17 ID:WjJdxZ2j
>>854
>『人生の目的』という本がありますが、
>読んで人生の目的分かりますか?

誰が書いた本ですか?


856 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 00:13:09 ID:rkE61e49
人生に目的は、有るのか?無いのか?
親鸞聖人から聞かせて頂きましょう。



857 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 00:26:11 ID:nXFqJtEP
>ゆえに、大乗仏典の精髄である法華経では、
>生死の流転しゆく人生の目的を「衆生所遊楽」とし、
>信仰の透徹したところ、生も喜びであり、死も喜び、生も遊楽であり、
>死も遊楽であると説き明かしております。
>日蓮大聖人も「歓喜の中の大歓喜」(「御義口伝」御書七八八頁)と断言しておられる。

だ、駄作先生・・・!
http://www.sokagakkai.or.jp/peace/teigen/lecture/lecture01_b.html

858 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 00:26:45 ID:JbHtDHGX
仏教、阿弥陀如来の本願は宇宙の真実である。
そして、その阿弥陀如来の御心を明らかにされたのが親鸞聖人。
その親鸞聖人の教えを正確に伝えているのが親鸞会。

でも、愚かな知恵しかない我々人間は、目先の欲に振り回されています。
真剣に仏教を聞き求める人は雨夜の星である。
死に際にうろたえなくてもいいように平生元気な達者なときに、弥陀の誓願を求めましょう。
それが最も賢い生き方、尊い生き方、幸せな生き方なのです。
大宇宙の宝「南無阿弥陀仏」を、猫に小判、豚に真珠で終わらせるのはもったいないことです。
仏教に背を向けた人生を歩むようではいけませんよ、愚の骨頂です。

859 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 00:30:30 ID:nXFqJtEP
ID:JbHtDHGXは「賢い」のだそうです。

860 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 00:33:04 ID:yzlcCw56
>>851
後生について論理的に考えても結論は出ない。
人知を越えているから。
だから、後生については他力に一任する。
真宗なら阿弥陀仏に。
それについて自分の頭で考えることが無駄とは言わないけど、
普通よほどヒマじゃなきゃ考えていられない。

そして、社会に出て忙しくなると、そんなことを考えるより目の前のことに追われるようになる。
大学と違って、いろんな人生観を持った人間に接することになるしね。
就職してやめる会員が多いとしても不思議じゃない。

861 :忠告:2005/12/06(火) 00:33:46 ID:JbHtDHGX
「賢い」に食いついてきましたかw
そうです、ID:nXFqJtEPよ、愚かな生き方をしてはいけませんぞ
よ〜く反省してくださいね

862 :忠告:2005/12/06(火) 00:37:28 ID:JbHtDHGX
>そして、社会に出て忙しくなると、そんなことを考えるより目の前のことに追われるようになる。
>大学と違って、いろんな人生観を持った人間に接することになるしね。
>就職してやめる会員が多いとしても不思議じゃない。

結局、後生の一大事の重みが愚かな我々人間には、本心からはわかんないんだよね。
情けないことです。
難度海の荒波に、もまれておぼれにかかってから、再び聞かせてくださいと言ってくる人が多いです。
まぁ、おぼれていく人よりはましですが、平生元気な達者なときに、弥陀の誓願を求めましょう。





863 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 00:44:29 ID:nXFqJtEP
>>861
そうでしたか。全く私ごときには
あなたがたのような賢さにはついていくことができません。

こんな賢(さか)しさには↓
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf
キャッチセールス人よりも秀でて個人情報を掴めとの仰せ、
賢い方々ですね、恐れ入りますなあ。

864 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 00:44:56 ID:yzlcCw56
>>862
そうだ
お前も私も後生の重みなどわからん。
ただ肉親や友の死を通して考えるだけだ。

「考えても分からないから考えない」これは一つの結論だが、
「考えても分からない、だから、ただまかせる」これも一つの結論だ。

865 :忠告:2005/12/06(火) 00:45:39 ID:JbHtDHGX
結局、人生、最後にニッコリ笑う者は、平生元気な達者なときに、弥陀の誓願を求めた者なのです。
まぁ、サル知恵では、なかなかわかんないかもしんないけど、これホントなんだよね。


866 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 00:46:51 ID:WjJdxZ2j
>>861
>愚かな生き方をしてはいけませんぞ
>よ〜く反省してくださいね

横からすみません。
私もできるだけ、愚かな生き方をしたくないと思っています。
そこで、JbHtDHGXさんに是非、聞きたいので、教えて下さい。

以下の親鸞会のマニュアルの内容は愚かな部分が多いと、私は思うのですが、
あなたは、親鸞会学友部の「嘘つき勧誘」「引き離し対策」「親対策」「兼部カット」など、以下のマニュアルに書かれた内容を
「親鸞会において、今後も行なうべき必要なこと」だと思いますか?思いませんか?

また、そう判断した理由を聞かせて下さい。親鸞会会員さん。

親鸞会 必殺育成法
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf

できれば、現在学友部員なのか、そうでないかも明記して頂けると、ありがたいです。

867 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 00:49:09 ID:nXFqJtEP
宗教法人の認可を得て固定資産税の免除を受けておきながら、
勧誘の時には「宗教とは関係ない」などと嘘をつき通せるという賢さ、豪胆さ!

ああ、なんと賢い方々でしょう。親鸞会の方って!

僕は愚かなので、こんなこととても出来ません。

868 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 00:49:12 ID:WjJdxZ2j
>>862
>>そして、社会に出て忙しくなると、そんなことを考えるより目の前のことに追われるようになる。
>>大学と違って、いろんな人生観を持った人間に接することになるしね。
>>就職してやめる会員が多いとしても不思議じゃない。

>結局、後生の一大事の重みが愚かな我々人間には、本心からはわかんないんだよね。
>情けないことです。

>難度海の荒波に、もまれておぼれにかかってから、再び聞かせてくださいと言ってくる人が多いです。

多いって、どれくらい多いのですか?何かに比べて多いということですか?
関心があります。是非、教えて下さい。



869 :忠告:2005/12/06(火) 00:53:10 ID:JbHtDHGX
私は、赤尾の道宗さんを尊敬しております。
赤尾の道宗さんは、仏法者の生き方として、
「二十一箇条の心得」を残されました。

その第一条には「後生の一大事、命あらん限り、油断あるまじき事」と述べられてあります。

また、第二条には「仏法よりほかに心にふかく入る事候は、あさましく存じ候て、すなわち、ひるがえすべきこと」等と述べられてあります。

道宗さんにおいては、仏法が日々の生活の中にしみこんでいるからこそ、善導大師のおっしゃる「念々称名常懺悔(じょうさんげ)」の生活が続けられたことと思います。

五箇山の赤尾の行徳寺は、道宗さんの開基の寺として継承されています。

道宗さんは、四十八本(四十八願をあらわしています)の割れ木の上に、慢心を許さぬよう横臥(おうが)なさっている像を、
行徳寺にございます。

「仏法に明日は、あるまじく候」



870 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 00:53:51 ID:yzlcCw56
>>865
まさか良い臨終を迎えられないと、往生できないとでもいいたいのか?
苦痛で錯乱した死を迎えようが念仏者は往生するぞ。

871 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 00:56:06 ID:nXFqJtEP
ID:JbHtDHGXが、自分では本心から分かっていないようなことを
「ホントなんだよね」と放言するような人だと分かりました。

872 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 00:56:56 ID:WjJdxZ2j
ID:JbHtDHGXの「忠告」さん、本当に賢いと思われるなら、
>>866>>868に答えてくださいね。

現役、親鸞会会員さんの意見をききたいので。

自分の書き込みに責任もって、答えてくださいね〜。待っています。


873 :忠告:2005/12/06(火) 00:59:14 ID:JbHtDHGX
870氏よ、世界の光親鸞聖人 第6部(完結編)を繰り返し見てください
<第6部解説書 目次>
 (1)アニメ『世界の光・親鸞聖人』シリーズ 完結編に至るまで
 (2)著作の業三十年、晩年の聖人 哲学界をもリード、主著『教行信証』
 (3)日に善悪はあるのか? 迷信を徹底して排斥する仏法
 (4)死者への供養は無意味 法事、墓参りは生きている人のため
 (5)死に様と往生は無関係 「臨終の善悪を沙汰せず」
 (6)「私が死んだら賀茂河に捨てよ」と聖人 心の葬式こそ大切
 (7)なぜ京都へ、関東の同行 歎異鈔の第二章の大意
 (8)京都・奈良のゆゆしき学者たち 聖人、既成仏教を鋭く批判
 (9)「親鸞更に私なし」 釈尊の教法を、そのまま伝えられた聖人
 (10)歎異鈔第一章の心 弥陀の誓願不思議
 (11)他力金剛の信心 いかなる非難にも動じない心
 (12)「御同朋、御同行」の聖人の御心 離反する信楽房への慈愛
 (13)本師本仏の阿弥陀仏 十方衆生にかかる広大無辺なご念力
 (14)善知識には無条件服従 仏法者の心構え
 (15)火宅無常の世界 空事・たわごと・真実あることなし
 (16)全人類の抱える後生の一大事 「必堕無間」の大問題
 (17)長子・善鸞の義絶 私情を捨て、仏法を護られた聖人
 (18)非難の嵐を乗り越えられた聖人 布教は命がけのご恩返し
 (19)聖人のご遺言『御臨末の御書』 永遠の御恩報謝



874 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 01:00:18 ID:QDVk121E
>>865
結局、人生、最後にニッコリ笑う者は、
平生元気な達者なときに、弥陀の誓願を求めた者なのです。

ニッコリ笑えるのは、求めきった者だけでは?


875 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 01:02:31 ID:nXFqJtEP
>>869って、なんでコピペなのに最後の一文ミスってるの?賢い方。



876 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 01:03:13 ID:yzlcCw56
>>873
聖典の出拠を示せばそれでいいよ。

877 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 01:05:55 ID:WjJdxZ2j
>>873
>870氏よ、世界の光親鸞聖人 第6部(完結編)を繰り返し見てください

「忠告」さんは、>>870に反論して、
『苦痛で錯乱した死を迎えると、往生できない』と言いたいのですか? それとも、
『苦痛で錯乱した死を迎えても、往生できる』と言いたいのですか?

答えてくださいね。


878 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 01:14:15 ID:nXFqJtEP
>>865
賢い方、どうか私の家系で唯一クリスチャンだった僕の伯父が、
骨肉種での死にも関わらず笑顔で死んでいったのか
ご教示ください。


879 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 01:18:21 ID:nXFqJtEP
>>878訂正
骨肉種での死にも関わらず笑顔で死んでいったのはなぜか
ご教示ください。


880 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 03:20:21 ID:cmRQtZPZ
「一切衆生のありまさ、過去の業因まちまち
なり、また死の縁無量なり、病におかされて
死する者あり、剣にあたりて死する者あり、
水に溺れて死するものあり、火に焼けて死す
る者あり、乃至寝死する者あり、酒狂して死
するたぐいあり。これみな先世の業因なり、
更にのがるべきにあらず。
〜乃至〜
然れば平生の一念によりて往生の得否は定ま
れるものなり。平生のとき不定の念に住せば
かなうべからず。平生のとき善知識の言葉の
下に帰命の一念を発得せば、そのときをもっ
て娑婆のおわり臨終とおもうべし。」
(覚如上人 執持鈔)
親鸞聖人の教えでは、死に様は問題ではありません。
(死に様と往生は関係ありません)
よく知られたらいいと思います。

881 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 06:55:27 ID:V5E1Q1Rd
各地で雪が凄いね

882 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 06:55:36 ID:rkE61e49
仏法を聞くことは難しい


883 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 07:03:03 ID:V5E1Q1Rd
昔は徒歩で本山参りしていたと聞くけど、
雪の日は大変だったろうね。

884 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 07:11:03 ID:V5E1Q1Rd
今は交通手段が便利になったけど、苦労
して聞くことを忘れてはいけないと思う

885 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 08:36:28 ID:kdMsqskw
楽をして聞こうとするほど、
聞けなくなってしまいますからね

886 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 08:48:09 ID:nXFqJtEP
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf
こういうマニュアル作ったり、
嘘や身分詐称・ダミサ使っての勧誘って
少しでも楽して会員増やしたいからじゃないん?

887 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 08:57:37 ID:lhOwpICc
>>885

それならコスギまで歩いていったらよろしかろう!!

888 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 09:32:55 ID:RpVjiuZ4
でも風邪などを弾いたりしたら 聖本堂には出入り禁止でしょう。

889 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 10:58:48 ID:0t+E6NkB
>>875
コピペをそのまま貼り付けると、盗作として通報されると思ったからだろう。>>869
臆病者でヘタレなバカw


890 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 12:09:32 ID:WjJdxZ2j
pQwNX0mHさんだけでなく、ここに書き込みをしているすべての親鸞会会員のみなさんに、お尋ねします。
できれば、現在学友部員なのか、そうでないかも明記して頂けると、ありがたいかな。

あなたがたは、親鸞会学友部の「嘘つき勧誘」「引き離し対策」「親対策」「兼部カット」など、以下のマニュアルに書かれた内容を
「親鸞会において、今後も行なうべき必要なこと」だと思いますか?思いませんか?
また、そう判断した理由を聞かせて下さい。親鸞会会員さん。

親鸞会 必殺育成法
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf


結局、会員から何の反応もないですね。
やはり、「善いこと」だとも「悪いこと」だとも言えないのが、なぜなんだろう・・・?
マニュアルが流出して、自分たちの悪行が明るみに出て、ビビッているのかな?


891 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 12:21:53 ID:XexBxv9i
>>821
>仏教は聞き難い教えだから、簡単には真実が真実とわからないのも無理はない。
>死に際にならないと後生の一大事の重さが分からないのは、まさに逆謗の屍。
じゃあ、あなたは真実を理解してらっしゃるんですんね?自分の言葉でそれを説明してみなさいな。
理解してれば、自分の言葉で説明できるはず。
>>822
>全く哀れな人達だと私も思います
>>824
>全く情けない限りですね。
>>858
>仏教に背を向けた人生を歩むようではいけませんよ、愚の骨頂です。
仏法を真剣に聞かない人は愚かであるという幼稚な発言は議論の場において
いささかふさわしくないですね。親鸞聖人ならば会員に関わらず人間全てが愚かであると言われるでしょうに。
結局会員になるとそれ以外は愚かであるという慢心に浸る傾向があり、オウムと同じだと
皆さんに受け取られても仕方ないですよ。
親鸞聖人は自分が後生の一大事を解決したすばらしい体験を文章に残されました。
親鸞会の皆さんの中で後生の一大事を解決された方は会長含め、当然いらっしゃると思いますが
親鸞聖人を尊敬するのであれば、その方たちは自らの体験をお聞かせ下さるのでしょうね?
そうであれば、ぜひお聞かせ願いたいものです。入会も希望いたします。ついでに一大事を解決されてる方
の人数も把握したいのでお答え下さい。

892 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 13:23:23 ID:2IrTdMhP
親鸞聖人は救われた無碍の一道の世界と、万人に共通する体験のみを述べられているのです。

893 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 13:29:31 ID:XexBxv9i
必殺育成法などというマニュアルまで作って、ダミーサークルを利用し多くの学生を
ダマシ(マインドコントロールにより騙されていると実感していない人もいるが)、お金を設ける。
違う意味で会長は後生の一大事を解決なさっていることでしょう。
騙してまで、金儲けなんて一般人には出来ないことでしょう。
ましてその団体により捻じ曲げられた親鸞聖人の教えはなおさら理解しがたいことでしょう。
キリスト教と違い、身分を明かさず勧誘する点を親鸞当人はどう受け取るでしょうか?
兎にも角にも、多くの方が批判するようにこのような勧誘はやめるべきではないでしょうか?
各地域の役所が本気にならば迷惑防止条例で取り締まられることになります。
結局マルチまがい商法がより巧妙化した最終形の詐欺といえるかも。
学生のうちに絞るだけ絞ってやればそれでいいという考え方か?
月会費が安いのもうまく出来てます。詐欺を詐欺と見破られないための新しい手法ですね。
学生をマインドコントロールすれば人件費要らずで勧誘活動を進んでしてくれるので実に巧妙です。
またこれら勧誘活動は明らかに悪であり、いくら真剣に仏法を聞いてもそういう団体に所属する限り、
一大事の解決に至るのもおろか来世へにも悪影響を及ぼすでしょう。
きっと来世、あなた方は生まれてすぐ捨てられることでしょう。
それも捨てたほうに原因は無く、自因自果のごとく赤ん坊である、あなた方にあることでしょう

894 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 14:27:42 ID:2IrTdMhP
親鸞聖人の教えを正確に伝えているのが親鸞会です。
全人類の救われるただ一本の道、阿弥陀如来の本願を明らかにしているのです。
弥陀を念じましょう。


895 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 15:12:06 ID:Ijd5OCAl
やはり、仏法を聞く事は難しい

896 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 15:39:19 ID:LeinU9al
あの〜、私、立派な宗教家の人っていったら、
気高く清々しい、ノーブルな姿勢を持った人というイメージがあるんですよね

親鸞会も宗教団体でしょ?なのに、
自分達を批判するサイトに圧力かけて潰そうとしたり、
「なぜ私は親鸞会をやめたのか」の反論サイトがいかにもそれのパチモンくさかったり、
宗教団体なのに、学生勧誘の時は哲学サークルのふりをしてコソコソと嘘ついたり、
本願寺への悪口が暴力団が因縁つけてるみたいだったりして、
どう見てもチンピラの行動様式にしか見えないんですが、どういう訳なんでしょう

897 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 17:40:45 ID:0t+E6NkB
高森はなぜ信心決定した体験を語らないのだ。してないから語れないんだろう。
「僕は信心決定してるよ」と新入生を騙す行為が蔓延ってるからトップが嘘を
付いていても不思議じゃあるまい。

898 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 18:33:49 ID:Ijd5OCAl
>>897

ご説法を、どれだけいい加減に聞いている事がハッキリわかる書き込みだ。


899 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 19:05:59 ID:JdK9+4pD
>>898
親鸞会では、2ちゃんねるは悪縁だから、見ないほうがいいと言われているのに書き込みをしている。
ご説法や上司のいうことをいい加減に聞いていることがハッキリわかる書き込みだ。

900 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 19:14:42 ID:17HVQEeE
>>897
そうですね。しかも、地区によっては勧誘時期に
「誰某は信心決定したことにする」と口裏を合わせて、
新入生に「このサークルで人生の目的果たした人いるんですか」と聞かれたら
「あの人がそうらしい」などと答えるようにしてもいたしね。

T森会長のことにしたって
組織的に口裏合わせしてるんじゃないかと疑われても、不思議ではない。

901 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 19:21:01 ID:QT0d2Kt9
親鸞会の方もネット対策するのも 教えに自信がない証拠です

902 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 19:31:29 ID:W/kA58Er
すべて配慮なのです。
なにごとも大きなものを達成するのには時間がかかります。
10年は聞いてみてほしいものですね

903 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 20:03:28 ID:bwLttoQP
>>902
最初は「1ヶ月」が、こうなるんだよね。フット・イン・ザ・ドア。
キャッチセールス勧誘やそこらのカルト集団の勧誘と同様。

904 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 20:08:13 ID:NCGI0cpQ
>>841
> >>826を書き込んだpQwNX0mHさんに、お尋ねします。
> わたしの文章のどこが、「理性的でないか」を説明お願いします。
> できれば、「理性的に」お願いします♪
↑こういうとこ

905 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 20:11:45 ID:NCGI0cpQ
>>904
ずれました

> > できれば、「理性的に」お願いします
♪←こういうとこ

906 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 20:20:11 ID:NCGI0cpQ
もう一つ言いますと
「理性的でない」ということばにすぐ反応したところですね。

「怒ってるでしょ?」ときかれて
「怒ってないよ( ̄△ ̄#)
 どこが怒ってるっていうの?」と言ってる人みたいな感じ

「自分は被害者」
「わるいのはマインドコントロールのせい」
「それさえなければ今のようなことにはならなかった」
というような感情的な動きがみえる論調 そんなところかな。

あと、強く否定すると認めたように読めちゃうから、実状が違うなら
理性的に書いてください。

907 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 20:36:44 ID:GncNJMoD
>>906
やれやれ。親鸞会の反社会的な活動や、
マインドコントロールについての反論が出来なくなったと思ったら、
人格攻撃ですか。

親鸞会の人ってどうしてこうも自信がないんでしょうね。
例の勧誘マニュアルの実在と、その意義について皆さんはどう思ってるの?

908 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 20:40:38 ID:WjJdxZ2j
>>905>>906
>あと、強く否定すると認めたように読めちゃうから、実状が違うなら
>理性的に書いてください。

私の書き込みが、「理性的でない」といわれるあなたのご意見が分かりましたよ。
 
以下の質問にも答えてくださいね。


あなたは親鸞会学友部の「嘘つき勧誘」「引き離し対策」「親対策」「兼部カット」など、以下のマニュアルに書かれた内容を
「親鸞会において、今後も行なうべき必要なこと」だと思いますか?思いませんか?
また、そう判断した理由を聞かせて下さい。親鸞会会員さん。

親鸞会 必殺育成法
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf


909 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 20:42:32 ID:WjJdxZ2j
>>811
>> 「これからは『聞けば誰でも理解できる論理的な教えだ』なんて、言いません。
>>私たちは一宗教団体の教義を信じている者です。」

>宗教を信ずると言うことは、その宗教を信じない人から見れば
>そういうもんじゃないんですかね。

>なにか哲学や科学と同類のものだと思われているんでしょうか。

>ただ信じている人にしてみれば、その教義は「真理」であることに違いはないのです。

あなたも、「親鸞会の説く因果の道理は、反証可能である」などと思っているのですか?
また、「親鸞会の教義」は「聞けば誰でも納得のできる教えだ」などと主張したいのでしょうか?




910 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 20:49:30 ID:WjJdxZ2j
>>907
>やれやれ。親鸞会の反社会的な活動や、
>マインドコントロールについての反論が出来なくなったと思ったら、人格攻撃ですか。

>親鸞会の人ってどうしてこうも自信がないんでしょうね。
>例の勧誘マニュアルの実在と、その意義について皆さんはどう思ってるの?

親鸞会の会員の人たちって、ここでの反応をみていると、あまり親鸞会の教義に対して、
自信がないですよね。

なのに、学友部の場合は新入生に対して、「聞けば誰でも理解できる、極めて論理的な教えだよ」とか、
言うんですよね。

あまり反論もしない新入生に対しては、自信たっぷりだけど、誰もがみているこういう場にだされると、
自分たちの教義や、活動に対する自信があまりないのではないでしょうか?

その程度の自信しかもてない教義と理解して、いいでしょうか?

「どんな質問にも答える」とか言ってるけど、どうせ無理でしょ。

911 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 21:04:47 ID:Vnx/3+Ol
>>897
Kにいたときのことだから、そっとしてやってよ。
せっかくこれまで黙り続けてきたんだからさ。

912 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 21:08:25 ID:NCGI0cpQ
sage

913 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 21:21:23 ID:tRfltoS4
最近コピペが減りましたね。


914 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 21:24:59 ID:7ToiABYS
♪←これ、そんなに気に障るもんでもないと思うんだが。
わざわざ、直せって言うほどのことか?
子供みたいな言い訳するなよ。

おまえ、ここまでわがまま通してもらったんだから、
最後まで相手してやれよ。> ID:NCGI0cpQさんよ
(ま どうせ逃げると思うが、あえて言っとく)

915 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 21:26:20 ID:GncNJMoD
>>914
まぁそれくらいしか指摘出来る部分がなかったということで…

916 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 21:32:59 ID:eYjoPhI+
あいかわらず不毛な話だな。


917 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 21:47:01 ID:WjJdxZ2j
NCGI0cpQさんも、やはり、反応なくなってきましたね。
>>912は、何か書きたかったのかな?

親鸞会の会員は、自分の非を認めたがらないように思います。

そのような会員の姿勢と、彼らが、『自分たちは大宇宙の真理を知らされ、全人類を幸せに導く使命をもっている』と本気で思っていることは、
非常に関係があると思います。

もし、NCGI0cpQさん、否定したいのなら、まず、>>908>>909に答えてくださいね。

918 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 21:53:58 ID:XexBxv9i
結局ダミサや強制勧誘、前世や後生の一大事を解決した現在の人の存在の有無などの
質問に対し、仏法を聞けば分かる、批判する者は愚かであり、必ず地獄に落ちるのいう
一点張りの解答しかないのが実態のようですね。
これじゃあ議論は全く進まないね。まともに答えないから、こうして批判は耐えないのですよ。
キリスト教と違ってどうしてこんなに批判されるのか考えたらどうでしょう?
特にダミサについて

919 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 22:01:33 ID:WjJdxZ2j
以下、「マインドコントロールとは何か」(西田公昭・著)からの引用ですが、親鸞会も似てませんか?
いかがでしょうか。


■実践の優先

 私の事例研究では、10代の終わり頃から、20歳代で破壊的カルトのメンバーになった人の多くが、
最初に勧誘話を聞くことになったきっかけは、一般的な意味での教養が身につくといった期待性が高く、
いつでもやめられるつもりで、勧誘者の「些細な要求」に応じたことを示している。

 たとえば、「話しを聞くだけなら…」「会場に行くだけ…」「ちょっとだけ体験してみるだけ…」といった、
常にこうした些細な要請に応じることの繰り返しがある。この些細な承諾の積み重ねが、いつの間にか
被勧誘者を遠い所まで連れていくのである。

 破壊的カルトは「やっているうちに分かる」というセリフを多用しながら、勧誘する場合が多い。
「分かってからやろう」という理屈で拒絶しようとしても、「今やらないと、危機に間に合わないかもしれない」
「いつもそうやってチャンスを無にしてきたのではないか」と強調してくる。

920 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 22:09:00 ID:tRfltoS4
>>899
親鸞会では、2ちゃんねるは悪縁だから、見ないほうがいいと言われているのに書き込みをしている。
ご説法や上司のいうことをいい加減に聞いていることがハッキリわかる書き込みだ。

見ないほうがいいのは、下の人間だけ、一部のK部幹部は見ていい。


921 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 22:16:49 ID:JdK9+4pD
>>920
以前、誰かも書いていたが、
2ちゃんねるなど批判サイトを見るのは謗法罪になるという10分間説法をK部がしていた。

これは、一部のK部の幹部にはあてはまらないということか。

922 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 22:20:45 ID:tSzDpPs0
するとK部の人間が工作活動をしているってことになるね。

923 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 22:31:22 ID:tRfltoS4
一部のK部幹部には悪縁にはならないから。

924 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 22:42:25 ID:nXFqJtEP
>>923
でも「謗法罪」じゃないの?

925 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 22:43:42 ID:1TxELdMw
ちょっと時間が出来たので書き込みする。
多少過去に遡るけどね。

>人格攻撃するより、ぐうの音も出ないほどに論理的に反論なさい。
>それが一番、破邪顕正になるというのに、人格攻撃に走るとは見苦しい。
人格攻撃とは心外だな。
論理的に議論するには、下準備が必要なんだよ。

>そうですね、私もk6pll9F7さんから、
>「かなり思い込みが激しい人間」「こんなことも分からないのか」「お前は論理的な思考が苦手な人間だ」などと
>言われ続けて、不快な思いもしますが、こんなところで「失礼だろう、謝れ!」などと言うつもりはありません。
>議論の内容が大事だと思っています。
>少なくとも、そのようなことに感情的になって、議論から逃げようとは思いません。
俺がそういうことを言うときは、いつも理由を挙げて言っていると思うんだが、
異論があるならそれに反論してほしいんだよね。
「数日待つ事もできず勝利宣言しちゃうのは子供っぽくない!」と主張するのなら、
そう主張してくれよ。異論がないなら、そう言ってくれ。
「不快に思ったが我慢する」だけでは、何のために言っているのか分からんよ。

根拠のない決め付けをやめろと言っているのもそう。
ちゃんと根拠があるのならそう主張しろよ。根拠がなくて、そういうのはいけないと思うなら
そう言ってほしいわけだ。

いずれも、議論の妨げになることだから。
言い方に棘があり過ぎなのは悪かったよ。

926 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 22:45:54 ID:tRfltoS4
>>924
悪縁にならないというよりは、悪縁に染まることはないから。

一般のK部は見てません。

927 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 22:50:32 ID:1TxELdMw
>>これはどういう話の流れで出て来たのかな?
>>「話を聞けば納得できる」ということはよく言われるが「証明できる」云々って?
>「親鸞会の説く因果の道理は、反証可能な理論だ」とか言い出した、自信満々の会員がいいたので、
>この人はそう言ってるんじゃないの?
俺のことかな。
ちゃんと読めば分かると思うが、全くそんなことは言っていない。
単に、例の人の説明するところの「反証例」なら思いついたよ、と言っているだけ。

>>結局アンチは「誰でも納得できる人生の意味は語れない」というのが
>>事実じゃないですか。
>私は「誰でも納得できるもの」など、語れないと思っています。また、それでいいと思います。
>人生における解決困難な多くの問題に対して、その問題の解決をせまられて、答えの出せない状況に追い込まれ、
>与えられた答えを「これこそ、以前から私が求めていた答えなんだ」って刷り込まれないようにね♪
>お気をつけください。
横レスだが、「論理的な説明」は「誰でも納得できるもの」ではないということか?

>このスレ上で言っている人は、極めて微妙な表現を使っています。
>「では、論理的に説明してみろ」と言われると、説明できないので、
>非常に微妙な表現をつかって、うまく逃げているのだと思います。
俺のことかな。
俺は、極めて普通の意味で使っていると理解してもらえばいいよ。
逆に、君の使用法は特殊だよね。前から言ってるけど。

928 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 22:52:07 ID:nXFqJtEP
>>926
「謗法罪」って、s会で言われることに合わせて考えるなら
「縁」ではなくて「本人の行いそのもの」であり、「因」となることなのでは?
「悪縁」に染まる・染まらないに関わらず、その行いは「謗法罪」という「悪」になるのでは?

>一般のK部は見てません。
で、特殊なK部って、ID:1TxELdMwさんとか?

929 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 22:52:39 ID:ZsXaIO+C
>>925
それまで毎晩すぐレスついてたのに、
議論に窮したように見えたら、いきなりレスが返ってこなくなったから
思わず逃げたように見えたんですけど、そうじゃなかったんですね。
これからも、例の議論のつづき楽しみにしてます。

いちギャラリーより

930 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 22:56:54 ID:tRfltoS4
>>928
見ないようにという指示に従わなければ法謗罪。


931 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:00:22 ID:WjJdxZ2j
>>925

>いずれも、議論の妨げになることだから。
>言い方に棘があり過ぎなのは悪かったよ。

まあ、私もあなたに不快な思いをさせたことはあったと思いますので、お互いさまということで。

それよりも、議論を続けましょうね。

私はあなたとの議論の内容に、非常に関心をもっていますので、あなたが親鸞会会員として、
議論を進めて下さることを願っています。

>>667>>668>>669への反論、お待ちしています。 
よろしく〜♪


932 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:02:30 ID:nXFqJtEP
>>930
とりあえず、弘宣部長さんはその指示に従わず
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/
↑のサイトを見たという「法謗罪」を犯しているってことですね。

933 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:03:35 ID:1TxELdMw
流れていたレスを再掲。

>もちろん、卒論書きましたよ。毎日、大変でした。
そうか。今は学生? 何か昼間から書き込むことも多いみたいだけど。

>素朴な思いであり、いまだに疑問なのですが、mi1xLh8Oさんって、何学部で、どんな卒論の研究されたのですか?
そんな個人情報こんなところで書けないな。
まぁごく普通の理系だよ。
それより君がどのような実験によってどのように理論を導いて、…中略…
よってこういうものこそが「予測」といえるものだ、という話をしてくれた方が
よっぽど話が進むと思うが。

↑結局、「反証例」とはどういうものか、具体的に説明してくれないとどうしようもないからな。
実験がどのように理論を導いて、どんな予測ができて、そしてどのようにして反証ができるのか。
君が実際にやった実験が一番話しやすいでしょ。

934 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:04:50 ID:tRfltoS4
>>932
一部の幹部K師は許可されているから、指示に従わないことにはならない。
 
だから法謗罪にもならない。

935 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:07:44 ID:nXFqJtEP
>>934
なるほど。
「法謗罪」になるか・ならないかは、s会が決めることなんですね。

936 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:10:40 ID:nXFqJtEP
ところで横からチョットすみません。
ID:1TxELdMwさんって、
心霊写真で幽霊の実在が科学的に証明された、と考えておいでですか?

937 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:14:56 ID:t9T4330X
>>935
法に背くか否かの基準は全て祖師聖人の御教えによるものですよ。

938 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:17:17 ID:WjJdxZ2j
1TxELdMwさんに確認したいのですが、今でも
「親鸞会の説く因果の道理は、反証可能である」と思っているのでしょうか?

あと、あなたは親鸞会学友部の「嘘つき勧誘」「引き離し対策」「親対策」「兼部カット」などの、以下のマニュアルに書かれた内容を
「親鸞会において、今後も行なうべき必要なこと」だと思いますか?思いませんか?
また、そう判断した理由を聞かせて下さい。

親鸞会 必殺育成法
http://shinrankai.hp.infoseek.co.jp/data/ikuseihou.pdf

よろしくお願いします。

939 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:18:39 ID:GncNJMoD
「反対者を愚者であるとみるとともに、自己を真理に達した人であるという。彼は自ら自己を真理に
達した人であると称しながら、他人を蔑視し、そのように語る。
彼は過った妄見を以てみたされ、驕慢によって狂い、自分は完全なものであると思いなし、自ら心の
うちでは自分を第一人者だと自認している。彼のその見解は(かれによれば)そのように完成してい
るものだからである。……この(わが説)以外の教えを宣説する人々は清浄に背き、(完き人)では
ないと、一般の諸々の異説の徒はこのように説く。かれらは自己の見解に耽溺して汚れに染ってい
るが故である。ここにのみ(わが説)清浄があると説き、他の諸々の教えには清浄がないと言う。こ
のように一般の諸々の異説の徒は執着し、かの自己の道を堅くたもって論ずる。自己の道を堅くた
もって論じているが、ここに他の何びとを愚者であるとみることができようぞ。他の説を愚かである、
不浄の法である、と説くならば彼は自ら確執をもたらすであろう」
(ブッダのことば・岩波文庫本・一六三〜四頁)

940 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:19:04 ID:tRfltoS4
>>935
一部の幹部は背かないという前提のもと、許可されているのですよ。

941 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:20:07 ID:1TxELdMw
>私がいいたいのは、『親鸞会をやめた人の中にも、死がきても崩れない幸せを求めている人はいる』ということです。
>数は少ないと思いますが。親鸞会との縁は離れても、そのような幸せをもとめている人はおられますよ。
で、そういう人を君は知っていて言っているの?
根拠は何?そして、その人は何を求めているの?

>子供すら論理的に破邪顕正できないのか?
子供は論理的じゃないからね。

>親鸞会の会員の人たちって、ここでの反応をみていると、あまり親鸞会の教義に対して、
>自信がないですよね。
俺はこないだ、「自信満々の会員」とかって揶揄されたことがあるんだけどさ、
アンチの主張って首尾一貫しないよねー♪

>心霊写真で幽霊の実在が科学的に証明された、と考えておいでですか?
いわゆる科学的な証明はされてないと思うよ。

>あと、あなたは親鸞会学友部の「嘘つき勧誘」「引き離し対策」「親対策」「兼部カット」などの、以下のマニュアルに書かれた内容を
配慮のことだね。
総論として、配慮は必要だと思うよ。どのようにするかは別の問題だな。

942 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:24:08 ID:nXFqJtEP
>>937
http://blog.duogate.jp/shinrankai/entry/detail/?id=2194448
ではこの指摘について釈明をお願いします。
s会が本尊を貸出制にしていることは、「祖師聖人」の教えに背いているようなんですが。

>>940
その前提が成立するか否かを決めて、許可を与えるのは、誰ですか?

943 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:26:28 ID:nXFqJtEP
>>941
>>心霊写真で幽霊の実在が科学的に証明された、と考えておいでですか?
>いわゆる科学的な証明はされてないと思うよ。
T森会長に、あなたがそう思っていることを言いました?

944 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:27:07 ID:AKMdXZ29
なるほど。「嘘つき勧誘」「引き離し対策」「親対策」「兼部カット」は、総論としては必要であるということか・・・


945 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:30:43 ID:1TxELdMw
>>>「善の実践を指示された集合」と「善の実践を指示されなかった集合」の違いは、それこそ、無限に違いますよ。
>>そのために多数の人を集めているんだよ。ばらつきの範囲を超える差異が有意な結果だろ。
>>平均化した結果、各人の業による相違はばらつきの範囲におさまるんだよ。
>では、過去無量劫のながきにわたって造られた業のばらつきの範囲を超える結果が得られるには、
>あなたはどれくらいの多数の人を集めればいいと、お考えでしょうか♪
>わたしが指摘しているばらつきの影響を消すことが出来る、と主張されるなら、あなたの意見を聞かせて下さい。
具体的には実際にやりながら最適なところを見つけるんだろうな。
ま、一万人も集めて平均すれば、相当平坦な人間像ができると思うぞ。

>体での行いが善だとは分かりますよ。
>いつもそうなんですが、「私が言っていること」に答えてもらえますか?
>心の行いが実験結果に与える影響を無視できないのでは?と言っているのですよ。
そんな抽象的な文句はやめてくれない?
具体的にどのような影響が生じてどうなるのか言ってくれないと、反論のしようもない。
俺は最初から、ある程度の範囲でばらつきが生じることは認めてるんだから。

>>前に言ってた実験で、多数の人を含む集合を複数用意して、片方に所定の善の実践を指示する。
>>で、長期間にわたり、幸福感を調査して平均をとったとき、
>>善を指示されなかった集合の方が幸福感が高かった。
>>実験条件はその一点しか相違していない。
>「善を実践した集合」と「善を実践しなかった集合」の実験条件の相違は、1点にはなりませんよ。
相違って、ミクロな(一人一人の)相違のことを言ってるのか?
集合を平均化した後で比較してもらわないとね。
ばらつき程度の相違はもちろんあるけど、それ以外はないということだ。
ちなみに、俺の言っていることって医学の中の疫学に近いかも、とふと思った。

946 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:30:59 ID:nXFqJtEP
>>944
つまり、s会勧誘には
マインドコントロール的要素を持つ行動が
総論として必要とされるということか…

947 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:31:38 ID:AKMdXZ29
もう、警察が介入してもいいんジャマイカ。


948 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:31:42 ID:WjJdxZ2j
>>941
>>私がいいたいのは、『親鸞会をやめた人の中にも、死がきても崩れない幸せを求めている人はいる』ということです。
>>数は少ないと思いますが。親鸞会との縁は離れても、そのような幸せをもとめている人はおられますよ。

>で、そういう人を君は知っていて言っているの?
>根拠は何?そして、その人は何を求めているの?

知っているからいっているんですよ。崩れない本当の幸せがどこにあるのか、と求めていると思います。


>>あと、あなたは親鸞会学友部の「嘘つき勧誘」「引き離し対策」「親対策」「兼部カット」などの、以下のマニュアルに書かれた内容を

>配慮のことだね。
>総論として、配慮は必要だと思うよ。どのようにするかは別の問題だな。

では、以下のマニュアルに書かれているような「引き離し対策」「親対策」「兼部カット」、また、新入生から経済状況を聞きだすと言った行為について、
今後も続けていくべきだと思いますか?思いませんか?

私は、マニュアルに書かれてあること、すべてがおかしいとは思いませんが、上記の行為について、あなたはその是非をどう思いますか?
あなたは、「どのようにするかは別の問題」と言われていますが、もう少しやり方をかえるべきだとか、思っているのでしょうか?


949 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:33:05 ID:nXFqJtEP
>>945
一万人も集めて平均すれば、前世や来世が論証可能なことになりますか?

950 :寒月堂死行斎☆阿漕朝上皇院右丞相 ◆pktlhz/k5w :2005/12/06(火) 23:33:34 ID:xN4oitVX
わしが日蓮宗の教主になった
.:*☆‥。* 阿漕朝上皇院 【亞】 ☆.。.:*☆‥。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/intro/1132922302/

951 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:34:31 ID:t9T4330X

てかお前ら、法人の維持がどれだけ大変か分かってるか?


952 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:37:35 ID:1TxELdMw
>あなたが実験の中で言っている「一定の期間」って、どんなに長くても、おおよそ100年程度ですよね。
>その間に死んじゃう人もいますしね。
>そのおおよそ100年程度の間の「善の実践」が「現在の幸福感」に与える影響と、
>過去無量劫の長きにわたって、蒔き続けられてきた種まきが与える影響とを比べると、
>圧倒的に後者のほうが大きいと考えられますよ。
>それらのあまりにも膨大な過去世の行いに比べれば、実験期間内の行いなど、それこそ限りなくゼロに近いほどですよね。
>親鸞会の教義からあきらかです。この世の長さは、大河に一瞬あらわれて消える泡沫のようなものらしいので。
>ですから、そんな塵ほどの違いしかない、「実験期間内の善の実践の違い」だけが、
>「現在の幸福感の違い」だとは、とてもいえませんが、いかがでしょうか?
「実験期間内の善の実践の違い」が、「幸福感の違い」と関係があると見なす事が
合理的判断となりうるってことですよ♪

ちなみに、俺が出した例は2つあったの覚えてるかね。
一つは、今言ってる、複数のグループを用意して比較する方法。
もう一つは、単体に対して指示を与えたり与えなかったりを交互に何度か繰り返し、
幸福感の追随度をモニターする方法だ。

953 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:38:17 ID:nXFqJtEP
>>950ID:xN4oitVX
IDもトリップも違うんですね。
成りすまし荒らしは辞めたほうがいいと思いますよ。

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/intro/1132922302/
>184 :寒月堂死行斎☆阿漕朝上皇院右丞相 ◆iCT8tPyHd6 :2005/12/06(火) 23:13:08 ID:???
>るら付き合ってよ

954 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:40:08 ID:AKMdXZ29
>>951
まあな。今の建築業界みてるとつくづく生きるのは大変だと思うね。
でも、言うことは言わないと。
法人も大変かもしれんが、個人も大変かもよ


955 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:43:41 ID:AKMdXZ29
>「実験期間内の善の実践の違い」が、「幸福感の違い」と関係があると見なす事が
>合理的判断となりうるってことですよ

なんでそうなるんですか?(素朴に疑問)

956 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:44:21 ID:LhdFbPGL
704 :名無しさん@3周年:2005/12/03(土) 16:59:11 ID:B1PSm2PO
つ次スレ立てました。

沈黙の親鸞会
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1133596497/l50



957 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:44:43 ID:1TxELdMw
>一万人も集めて平均すれば、前世や来世が論証可能なことになりますか?
ならないんじゃないの?

>知っているからいっているんですよ。崩れない本当の幸せがどこにあるのか、と求めていると思います。
崩れない本当の幸せを求めていると「思います」ってさ、具体的にどのように何を求めて、
今どうしているかを教えて欲しいんだけど。
君がどうして「思う」のかってことも含めて。

>私は、マニュアルに書かれてあること、すべてがおかしいとは思いませんが、
>上記の行為について、あなたはその是非をどう思いますか?
個人的に、明確な考えはまだない。絶対維持すべき類のものではないとは思うけど。

>>933もよろしく。

958 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:48:14 ID:WjJdxZ2j
>>945
>>体での行いが善だとは分かりますよ。
>>いつもそうなんですが、「私が言っていること」に答えてもらえますか?
>>心の行いが実験結果に与える影響を無視できないのでは?と言っているのですよ。

>そんな抽象的な文句はやめてくれない?
>具体的にどのような影響が生じてどうなるのか言ってくれないと、反論のしようもない。
>俺は最初から、ある程度の範囲でばらつきが生じることは認めてるんだから。

ですから、「所定の善を実践した集団」と「実践していない集団」という体の行いの相違を比べて、
実験結果に影響を与えたのは、この実験で相違をもうけた体の行い(善の実践)によるものだと、言いたいのでしょうが、

それぞれの集団の人たちの心の行いまで規定していないので、もし仮に、「所定の善を実践した集団」が心で「悪いことばかり」を
思っていたおり、逆に「善を実践して集団」は心で「善いことばかり」を思っていたら、結果から、あなたの言うようなことは
言えません。

また、たとえどれだけ多くの人を集めて実験をしても、「心の行いの結果も平均化されてキャンセルされる」ようなことにはなりませんよ。

心の行いを同じにするか、心の行いを無視できるような実験環境にしなければ、あなたの言うような、 
「所定の善の実践が、現在の幸福感となった」とは、まったく言えませんよ。

ですから、何度も言いますが、あなたの実験は相違が一点ではないんですよ。
以下のように言われていますが…分かりますか?

>前に言ってた実験で、多数の人を含む集合を複数用意して、片方に所定の善の実践を指示する。
>で、長期間にわたり、幸福感を調査して平均をとったとき、
>善を指示されなかった集合の方が幸福感が高かった。
>実験条件はその一点しか相違していない。

多くの人さえ集めれば、どんな部分も平均化されキャンセルされるなら、どんな実験から、どんな予測もできて
しまえますよ。だから、「ほんとに理系?」って言っているのですが…。

959 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:54:45 ID:1TxELdMw
今日はここまで。最後にポイントだけレスっとく。

>それぞれの集団の人たちの心の行いまで規定していないので、もし仮に、「所定の善を実践した集団」が心で「悪いことばかり」を
>思っていたおり、逆に「善を実践して集団」は心で「善いことばかり」を思っていたら、結果から、あなたの言うようなことは
>言えません。

「ありえること」を示さないとだめだよ。

>>933もよろしく。

960 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:55:17 ID:WjJdxZ2j
>>952
>>あなたが実験の中で言っている「一定の期間」って、どんなに長くても、おおよそ100年程度ですよね。
>>その間に死んじゃう人もいますしね。
>>そのおおよそ100年程度の間の「善の実践」が「現在の幸福感」に与える影響と、
>>過去無量劫の長きにわたって、蒔き続けられてきた種まきが与える影響とを比べると、
>>圧倒的に後者のほうが大きいと考えられますよ。
>>それらのあまりにも膨大な過去世の行いに比べれば、実験期間内の行いなど、それこそ限りなくゼロに近いほどですよね。
>>親鸞会の教義からあきらかです。この世の長さは、大河に一瞬あらわれて消える泡沫のようなものらしいので。
>>ですから、そんな塵ほどの違いしかない、「実験期間内の善の実践の違い」だけが、
>>「現在の幸福感の違い」だとは、とてもいえませんが、いかがでしょうか?

>「実験期間内の善の実践の違い」が、「幸福感の違い」と関係があると見なす事が
>合理的判断となりうるってことですよ♪

大丈夫でしょうか…。

「現在の幸福感」が、過去世の行為の結果では絶対にありえず、あなたの指定した「実験期間内の善の実践」の結果でしかない、と 
なぜ、合理的に判断できるのか、説明をお願いします。

それを説明できなければ、あなたのいうような判断は出来ませんよ。

これは、どれだけ多くの人を集めて実験しても、「過去世の行為」による影響が「平均化されてキャンセルされる」ことには
絶対になりませんので、よろしくお願いしますね。

言っていること分かりますね。
 



961 :名無しさん@3周年:2005/12/06(火) 23:56:51 ID:NCGI0cpQ
親子で知って頂きたい『浄土真宗親鸞会』
http://homepage2.nifty.com/shinran/
写真倶楽部 花と緑の親鸞会
http://park1.wakwak.com/%7Eshinran/
名句名言の裏側
http://meigen.ivory.ne.jp/meiku/
こすぎの森
http://imizu.main.jp/
お料理倶楽部
http://cooking.hoyu.net/
親鸞会同窓会サークル「ルボアール」
http://ec.uuhp.com/%7Erevoir/
自殺サイト なぜ死んではいけないのですか
http://inochi.jpn.org/jisatsu/


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)