2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

冠婚葬祭で私はこの親戚に腹立たった!その7

1 :愛と死の名無しさん:2006/09/27(水) 13:04:53
普段付き合いないくせに、冠婚葬祭になるとしゃしゃり出てくる
自称親戚筋の方々から、とことん嫌な思いをした人は
ここで暴露し合いましょう
どうぞ、思う存分愚痴ってください

前スレ

冠婚葬祭で私はこの親戚に腹立たった!その6
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1138078514/
冠婚葬祭で私はこの親戚に腹立たった!その5
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1099103504/
冠婚葬祭で私はこの親戚に腹立たった!その4
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1074721924/
冠婚葬祭で私はこの親戚に腹立たった!その3
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1055827962/
冠婚葬祭で私はこの親戚に腹立たった!その2
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1029978186/
冠婚葬祭で私はこの親戚に腹立たった!
http://life.2ch.net/test/read.cgi/sousai/994783593/

2 :愛と死の名無しさん:2006/09/27(水) 13:15:52
初2げっとー

3 :愛と死の名無しさん:2006/09/27(水) 13:16:11


4 :愛と死の名無しさん:2006/09/27(水) 20:19:40
1乙  4様

5 :愛と死の名無しさん:2006/10/02(月) 21:01:39
おすっ オラ 5くぅ!!

何年かサイクルで腹がたつ親戚は従兄弟のYだ。
おまえ、もっと世間のこと勉強しろっ
大学でいっぱい勉強しても、今の職業でさらに勉強しても
所詮キミの視野は狭いんだから。

まずは法事で、寺に行ってホテルで食事って席に
ジーパンにセーターはやめろ。

6 :愛と死の名無しさん:2006/10/11(水) 07:12:47
日本はめんどいしんどい。
もっと合理化を

7 :愛と死の名無しさん:2006/10/20(金) 06:29:40
374 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2006/10/18(水) 23:06:27 ID:pnYsqtPT
生前、ほとんど会いに来ることもなく、入院中は大阪から関東まで1泊で顔を見に来るだけ。
その1日ですら、病人の横でグースカ居眠りしていたそうだね。
その夫は定年退職後にもかかわらず自転車で荷物を運ぶ仕事をしているとかで
母親の付き添いを人に押しつけて帰りたがる始末。
意識不明になったところで、やってきた妻の方は、
亡くなって遺産分けを始めると、帰りたがるどころか何泊も残り続け、
今まで何の手伝いもしたこともないくせに、「アレが欲しい、これがいいわ。」と
ずうずうしく口を出す。
リウマチで膝が痛くて夜行バスのトイレ休憩も降りられないくらい辛いと言いながら、
大阪では自転車の配達を夫とやったり、社交ダンスもやっているんだってね?変なのw
そしてその息子は、生きているうちから「青森で遠いし交通費が高いから葬儀は来れない。」
と言いながら、葬儀が終わって遺産分けが始まると、なぜかやってきて何泊も滞在。
会社には何と言って休みを取ったんだ?どうせ祖母の葬儀だと嘘をついたんだろう。
あなたたちは人としてそれでいいのか?
ケイコさん、よく恥ずかしげもなくいつまでも居座って口を出せるね。
生前、亡き人はあなたのことが嫌いだと言っていたが、やっと分かった。
自分もあなたが大嫌いだし、親戚にあなたみたいな人間がいることを恥ずかしく思う。
あなたに某お寺の入り口に書いてあった言葉を贈りますよ。
「欲が深けりゃ重みで沈む 三途の川の渡し舟」
天罰が下りますように。

8 :愛と死の名無しさん:2006/10/28(土) 01:32:02
母の実家は、母と伯父が先妻の子で、伯母二人が後妻の子。
従妹(伯母の子)と私が、祖父が亡くなってから結婚したんですが…
祖母は従妹の結婚式には出席し、私の結婚式は欠席でした。
幼い頃、伯母達とは差別されて育った母は、私にまで、こんな思いをさせるなんてと泣く始末。
こんなことになるなら、結婚式をしなければ良かったと、悲しくなりました。
来年、子供が産まれる予定ですが、祖母には、他人の子ですので、見せる気はありません。

9 :愛と死の名無しさん:2006/10/28(土) 15:17:26
そんなばあさんでも出席して欲しかったんだ。
私なら出てくれなくてラッキー、って感じだけど。

10 :愛と死の名無しさん:2006/10/28(土) 15:28:23
>>9に賛成。親族席で面白くも無さそうな顔したお婆さんに
微妙な雰囲気を醸し出されるよりずっとよかったとおもうよ。

11 :8:2006/10/28(土) 17:44:56
私も、欠席については、何とも思ってないんですけどね。
母は、従妹と私の差別で、幼い頃の嫌な事を思い出したみたいです。
けど、今回の事で所詮は他人だと、割り切れたんじゃないかなとも思いますけど。

12 :愛と死の名無しさん:2006/10/31(火) 18:53:49
ご本人が欠席をなんとも思ってなくて、
お母様が割り切れたのなら結果オーライで良かったんじゃ?

13 :愛と死の名無しさん:2006/11/01(水) 18:33:57
遺産分けがからむと
いままで態度が丸かった人たちも
様子が一変するから
なにげにこわいよね。

14 :愛と死の名無しさん:2006/11/01(水) 19:23:13
胃酸なんてそんなに欲しいもんかねぇ?

15 :愛と死の名無しさん:2006/11/01(水) 19:29:15
どんだけ残ってるかにもよるだろう。

16 :愛と死の名無しさん:2006/11/01(水) 20:48:57
友人父が亡くなった時、はじめて遺産つーか遺品でもめたのは、
なんと頂き物のタオル・タオルケット類だったらしい。


17 :愛と死の名無しさん:2006/11/02(木) 11:24:59
>>8
>母と伯父が先妻の子で、伯母二人が後妻の子。

それは、どう考えても無理。叔母でしょ。

18 :愛と死の名無しさん:2006/11/02(木) 12:56:54
親戚の子の結婚披露宴で出された料理を
「これ、うちのワンちゃんのご飯ね」とタッパに詰め込む親戚のおじちゃん。

これは、失礼だ。 

19 :愛と死の名無しさん:2006/11/02(木) 14:27:36
>>17
変換ミスかもしれないし、
双方子連れ再婚(母と姉は血がつながっていない)の可能性もある。

>>18
それは持ち帰り時の決まり文句。
多くの場合その言い訳で詰め帰ったものを食べるのは2本足。

20 :愛と死の名無しさん:2006/11/02(木) 16:09:58
>>19
>変換ミスかもしれないし

いや、叔母、伯母、小母の違いを知らないと思うよ。

>双方子連れ再婚

なんで、そこまで考えて擁護すんの?

21 :愛と死の名無しさん:2006/11/02(木) 16:12:24
>19
「ドギーバッグ」のことを言いたいなら、それは飲食店に向けての言い訳。
この場合は披露宴の料理なので、失礼なことこの上ない。

22 :愛と死の名無しさん:2006/11/02(木) 17:26:07
保健所の指導で、持ち帰りはお断りさせていただいてます。
‥‥と言われるから犬用と言うのか。
どっちにしても失礼。

23 :愛と死の名無しさん:2006/11/02(木) 19:01:00
>>17嫌味だねー

24 :愛と死の名無しさん:2006/11/02(木) 20:50:54
なんか>>8が必死だな

25 :愛と死の名無しさん :2006/11/04(土) 13:25:35
自分(男)40歳。既婚(10年目)。子供無し。
自分の姉の旦那の妹が不倫出産。
その子供を「(自分の)養子にどうか」と姉を通じて話を持ちかけてきた。
唖然とした。
自分としては子供はとうにあきらめているし
不倫するのも出産するのも本人の勝手だし
子供に罪は無いのも承知だが
何が悲しくて不倫のガキを育てなきゃいかんのじゃ!
とキレたい気持ちを抑えて断った
(そんな話持ってくんなよ姉ちゃん)。

その約2年後、弟が死去(以前から具合が悪かった)。
葬儀にその不倫女と母親が来ていた。
しかも子供連れ。
不倫相手の子供を産んだという事実が知れ渡った状態で
堂々と親戚連中に顔を出せるその神経が理解不能だった。
しかもその女、自分にやたらと
「ホラかわいいでしょ」
「面倒みたくなったでしょ」
といわんばかりに子供をアピールしていた。
その時は弟が死んだ悲しみで何とも思わなかったが
後で思い出すとムカついてきた。
その母親のほうも合同で写真を撮る時
「こんな白髪のオバァちゃん写すのォ〜」
とか訳の分からない事をほざいてたし
「弟の代わりにオマエらが氏んどきゃよかったんだよ」
と、つい思ってしまった。
もちろん親戚付き合いはしていない。

26 :愛と死の名無しさん:2006/11/04(土) 13:50:01
浮かれた母娘だな。
当初育てるつもりが無かった子をナゼ産んだのかね。
不倫相手が結婚してくれるとでも思ったのか。
>25の姉上もこの先まだ苦労するだろな。

27 :愛と死の名無しさん :2006/11/04(土) 14:04:46
>>26
レス有難うございます。
おっしゃるとおり旦那の母親には
姉もかなり嫌な思いをさせられてきたようです。
(旦那さんはまだまとも)
人の不倫には興味が無いので経緯等不明ですが
自分の娘が人の道に外れる事を
咎めない親であるのは間違いないでしょうね。

28 :愛と死の名無しさん:2006/11/04(土) 14:12:34
若くして亡くなった人のお葬式って、私も身内を早く亡くしたから分かるけど
みんなすごく悲しい気持ちで集まってるよね。
そんな中でそういう言動ができるって理解できんわ。
子供に罪は無くてもDQNすぎ。>>25さん本当に乙でした。

29 :愛と死の名無しさん:2006/11/08(水) 14:14:34
>>25
まぁたしかにそいつはDQNだな。
だが、年寄りが
>「こんな白髪のオバァちゃん写すのォ〜」
とか言うのははっきり言って普通です。
営業写真館でバイトしたことあるから。
そんなところをたたいてあげないでやってほしいとは思う。

んで、違ったらすまんが、あなた自身子供ほしいと思ってないでしょ。
この場合断ること自体なんら不自然じゃないし、それも当たり前。
だが、なんだが自分が子供は要らないと言う考えを必死に正当化
しようとしてるような、そんな感じがこの文から伝わってくるのは気のせいかな?
すまん。関係ない話だったな。

じゃぁ俺のことを。
親戚関係で親に腹たったことなんだが、
いとこのことを君づけで呼んでいて、うちの家族全員
そうだし、ほかのいとこだって同じなんだが、
今日、そのいとこの結婚式の写真を送ろうとして
封筒の中に「このCDは○○君(いとこ)の分です」
といったメモを書こうとしたら
「年上なんだから『様』だろう」とか、急に言い出したんだが、
おかしいだろ。封筒の宛名書きなら確かに様だろうし、
実際宛名には実家の伯父の名前に様つけて送ってるし。
この場合どう思います?


30 :愛と死の名無しさん:2006/11/08(水) 14:51:02
>>29
バイトしているんだから中学生ではないよね?

手紙の書き方として親が正しい。
例えメモでも本人宛ならともかく伯父宛に出し伯父が開封するのだから
従兄を目下に使う君付けで呼ぶのは宛名の伯父に対して非礼なのですよ。
せめて「○○さん」くらいで止めてくれという感じですね。
呼び方自体も結婚を機に年下従弟全員改めた方がいいんですけどね。
小さい頃から親の真似をして君で呼んでいただけで本当はいけないことですから。

一般常識として親は注意したことだからカチムカする前に
29が一般常識をきちんと習いましょう。それじゃ就職時に自分が困るよ。

31 :愛と死の名無しさん:2006/11/08(水) 17:16:47
>>30
>手紙の書き方として親が正しい。
いや、まぁ正しさはわかるんですよ。正しいってことは。

>呼び方自体も結婚を機に年下従弟全員改めた方がいいんですけどね
というのが正直わからんと言いたい。
親しき仲にも礼儀ありとかそういうのはわかるが、
人間関係は形式じゃないだろう。
そういう風に呼んでほしいかほしくないかってことのほうが重要じゃ
ないのかと。俺がいきなり「さん」とか「様」言ったらそれこそ
親戚中で気持ち悪がられる。
そもそも礼儀なんてものはお互いがどう思うのかってことからあるものだろうし、
そういう昔からのとかが気になる人が多ければそれに従うが、
実際うちの家系でその辺の常識とやらにうるさいのはうちの親父ぐらい。
伯父もまともに喪主をしたときは親父に頼りっきり見たいな状況で、
いとこ連中も年上ばっかりだがうちの親父をあだ名でよぶくらいだから
そんなものを持ち込むのもどんなもんかとおもったまでなんですがね。

32 :愛と死の名無しさん:2006/11/08(水) 17:31:33
あと、「君」自体の感じ方がおそらく世代によるギャップが
生じてきていると言うのも感じる。
おそらくはこの部分がもっとも影響しているような気はするが。
もちろん本来の意味では目下で、完全に意味自体変わってない
とは思うが、変わりつつあると思うよ。
まぁこのこと自体議論しても意味は無いと思うが。

33 :愛と死の名無しさん:2006/11/08(水) 17:31:52
>>29家のマイルールなんか他人にはどうでもいい。
世間から見てどうかを聞きたかったなら、はいそうですかだけで終われ。




34 :愛と死の名無しさん:2006/11/08(水) 18:37:17
>親しき仲にも礼儀ありとかそういうのはわかるが、
>人間関係は形式じゃないだろう。

この場合は形式だった、ってことで終わり。
親が注意するんだから、この状況・この相手には
そういう考え方の方が無難だ、と判断しろ。

35 :愛と死の名無しさん:2006/11/08(水) 18:43:01
>>29
子どもみたいに、ダラダラした文章で言い訳してみっともない。
>>25に対しての発言も余計なお世話な上に、無神経だね。
世間との折り合いの付け方もわからないなんて、一体いくつなんだ?w

36 :愛と死の名無しさん:2006/11/08(水) 18:52:21
>いや、まぁ正しさはわかるんですよ。正しいってことは。

リア厨?www

37 :愛と死の名無しさん:2006/11/08(水) 19:01:17
>>29
25が子供欲しいどうこうなんて話のポイントじゃないんだよ。
欲しいと思ってたとしても、そんな近い関係でおかしな大人の子を
何とも思わず養子に迎えられないと思うよ、普通。
子供に罪はないけど、おかしな大人のせいでウザがれらることもあるさ。

38 :愛と死の名無しさん:2006/11/08(水) 21:43:55
>>37
いや、欲しいと思ってたら迎え入れるかどうかは
親は関係ないと思うがね。
むしろおかしな親元で育てられるぐらいならって思うのが普通。
つか、普通なんて無いね。すでに普通な状況じゃない。

だが、こどもがほしいと思える人ならそう考えるんじゃないか。
そう思うだけ。
それにこの場合こどもはうざがられてないだろ。おかしな大人を
うざがってはいるが。

39 :愛と死の名無しさん:2006/11/08(水) 21:50:34
>>38
暴れてないで親の言うこと聞きなさい。

40 :愛と死の名無しさん:2006/11/08(水) 22:06:13
>>38
子ども一人を育て上げるのに、どれだけの労力と気遣いと費用が必要なのか、
それに思い至らないようなお子サマには、理解出来ないことかもしれないな。

次からは、名前欄に29って入れてくれ。

41 :愛と死の名無しさん:2006/11/08(水) 22:08:00
>>38=29?
「従兄弟を『君付け』するな」という、お父上の言には納得いったのか?

42 :愛と死の名無しさん:2006/11/08(水) 22:11:50
29が納得しているわけがない
世間に逆らう俺カッコイイの中二病患者だからw

43 :愛と死の名無しさん:2006/11/08(水) 22:34:08
まあまあ、「正しさはわかる」そうだから、そろそろ流してあげましょうよ。

44 :愛と死の名無しさん:2006/11/08(水) 22:42:09
人前で屁理屈こねて父上に恥をかかせるに全部

45 :愛と死の名無しさん:2006/11/08(水) 22:46:51
身内だからで甘えてるなという印象しか残らない。
身内内での恥は止めてほしくても一生語られる訳だが。

46 :愛と死の名無しさん:2006/11/08(水) 23:14:26
生意気盛りなんじゃね?
理想論ぶちかまして、大人は世間に媚びてるとか計算高くて汚いとか…w
チョト賢い子なら、高校生ぐらいで現実を見て、上手に対処していく方法を学ぶんだろうけど。

47 :愛と死の名無しさん:2006/11/08(水) 23:23:21
話豚切りすみません。ちょっと吐き出させて。

先日夫の祖父の葬儀があった。知らせを受けて慌てて飛んで
帰った夫と私。私は長男の嫁なんで義母を助けての雑用が、
夫実家到着早々にてんこ盛り。

それはいい。義父母の助けになる事だから苦にならない。が、
夫の姉の態度にはハラワタが煮えくりかえり、今でもグツグツ
言っている。

祖父の死去の知らせを受けた義姉は、車で30分の距離をすぐ帰って
来た。が、それから葬儀3日後に帰るまで、ほーんと何もせんかった。
した事は食べる事、寝る事、飲酒、間食、入浴、実家にあるもので自分
の家に持ち帰る物の物色だけ。2歳前の子を連れていたので、その子を
建前に寛いでいるだけだった。

48 :愛と死の名無しさん:2006/11/08(水) 23:37:24
さすがは冠婚葬祭板。
年寄りしかいないなw

49 :愛と死の名無しさん:2006/11/08(水) 23:45:19
>>47
乙。
「きっと、誰かがあなたの働きをちゃんと見ているよ…」と言いたいところだがw
世の中、結構いい加減なヤツに優しかったりするんだよね。
もう、こういうことは、自己満足と諦めるほうが精神衛生上はイイと思うよ。

立場は違うが、通夜や葬儀で立ち働いて当然のように周囲から見られている自分は、
出来る範囲で一生懸命働いて見送ってあげられれば「自分の気が済んだ」と思うようにしてる。

50 :愛と死の名無しさん:2006/11/08(水) 23:46:35
そりゃそうだ。若造ぶりたいならよそ行きなw

51 :愛と死の名無しさん:2006/11/08(水) 23:52:01
>>48
つ 『次からは、名前欄に29って入れてくれ。』

52 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 00:10:41
>>29が叩かれてるのは書き方のせい?
言ってることはそんなにおかしくないと思うけど・・・。
宛名や、正式な手紙の文面なら「様」や「さん」を使うのは当然だけど、
この場合のメモ(付箋?)で普段呼んでいない「様」や「さん」を使わなきゃ
いけないってことはないでしょう。
呼ぶときの敬称だってどうして変えなきゃいけないのか分からない。
わたしは年下の親戚から「○○ちゃん」と言われるのは嬉しいし、
それがいきなり「○○さん」になったら寂しい。

53 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 00:21:18
>>52
「伯父宛の手紙」に同封して言付けるのに、
その家の年上の息子に「君」付けはおかしい。
説明されないとわかりませんか?

54 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 00:22:15
>>52
あなたも29と同類ですか?

55 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 00:23:09
>>52
つ 『次からは、名前欄に29って入れてくれ。』

56 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 00:32:05
>>52
使い分けも出来ないのか。
TPOって知ってる?

57 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 00:37:37
>>52
ウチのリア厨(中2)の甥でも、人前で話すときや年賀状の文面なんかは
それなりに弁えているぞw

58 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 00:39:34
つまり52は中学生にも劣るということですねw

59 :29:2006/11/09(木) 01:45:45
リクエストに答えて入れてやるよ。
で、あぼーんなわけだろ。年寄りらしく聞く耳持ちませんなわけだ。

>>52
常識とか正しさとか、一般的だとか言うくだらんもん抜きに
自分の正直な意見を言われているあなたはとてもまじめな方と存じます。
んま、村みたいなところだから。
お門違いと言うか、こういうのもなんだがありがとう。

>>56
そっくりそのままお返ししよう。
そもそも、そこまで言うなら、メモ書きにも様、さん付けするという
決まりがあると言うことを述べている書籍かなにかのソースを出してくれたまえ。

ま、まともに論じてるやつが一人としていない時点で
まったくもって説得力ないし、53なんていってるだけで
どうせ説明なんてできないw

60 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 07:49:25
>>30で過不足無く説明されている。


61 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 08:19:23
マナーとしては君付けが良くないのだろうが、
伯父や従兄弟との親しさによってはアリだと思う。
身内へのメモ書きに様付けは要らない

62 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 08:56:16
それでも義務教育終了した青年がマナーも知らないんじゃ
こんなことも教えていないのかと親の躾が疑われる
必死で君でもいいよという奴はそれを見た人間に
まだ子供なのねと苦笑されていることに気づいていないだけ

63 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 09:13:35
もう放っとこうよ
読解力も無い厨なんかさ

64 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 09:19:04
なんだか読んでると、私もそんなに>>29が叩かれ過ぎの気がしてきた。

みんなの言ってる常識もわかるけど、手紙の中にいれた従兄弟あてのメモ書きまで様をつける必要はないと思うんだけどなー。

私も、従兄弟と割と仲がいいから>>29がそんなに常識はずれな事をしたとは思えないんだけど…。

私も常識はずれなんかな…。

65 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 09:36:59
改行もできないぐらいだから常識ハズレ

66 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 12:32:12
常識はずれではない。
常識という言葉を履き違えているマナー厨いちいち相手にすんな。
でも改行はしろ

67 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 13:07:24
>>64
すべての家庭が常識に当てはまるわけではない。
しかし>29の書き方には充分に叩かれる要素があるとも思う。

>だが、年寄りが
>>「こんな白髪のオバァちゃん写すのォ〜」
>とか言うのははっきり言って普通です。
>営業写真館でバイトしたことあるから。
>そんなところをたたいてあげないでやってほしいとは思う。
と、優しい部分も持ち合わせているみたいではあるけどね。
たしかにおばちゃん達がよく言う台詞だし。でも、葬儀の場ではやっぱり非常識。
遺族の神経を逆なですると思う。亡くなったのはまだ年若い(だろう)弟さんだし。

68 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 14:15:19
>>29の書いた伯父宛の手紙って、書き出しが「○○おじさんへ」とかなの?
だったら「△△君にこれわたしてください」というメモが付いててもいいんじゃない?w

69 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 14:29:44
子供ならしかたないね。

70 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 15:06:40
>>67ハゲド。
40代以下の人が亡くなった式に3回ほど出たけど
本当に皆沈痛な表情で嘆き悲しんでて、
とてもこんな台詞が言えるような雰囲気じゃないよ。
よほど空気の読めないおばあさんだったんだと思う。

71 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 20:45:38
子どもじゃなくてもおじさんに手紙を書いているなら書き出しが「○○おじさんへ」
でもおかしくないと思う。
「拝啓○○様」でももちろんいいけどその辺は親戚との付き合い方次第じゃないかと。
「○○おじさん、こんにちは。先日は△△君の結婚式にお招きいただきありがとうございました。
とても素晴らしい結婚式でしたね。張り切ってたくさんの写真を撮りました。素敵な写真が現像できたので
送ります。△△君にもぜひ渡してください。」
おかしいかなぁ?

72 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 20:57:49
>71
中学生の手紙だね。だが18歳以上だとかなり引く。

73 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 21:03:00
>>71
子供ならしかたないね。

74 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 21:05:43
>>71>>52

つ 『次からは、名前欄に52って入れてくれ。』

75 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 21:26:17
写真なんぞ送るのやめたらって言いたくなってきた・・・


76 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 22:11:01
>>71は何歳なの? 義務教育終わってる年齢なら本気で頭弱いのかと思われるよ。
普段親しくしているなら、親にひとこと言いたくなるかもしれない。

77 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 22:16:59
子供だったら、結婚する年齢の従兄に書面で君付けはだめだろ。

78 :愛と死の名無しさん:2006/11/09(木) 22:20:11
>>71
参考までに、あなたは何歳?

もし、そんな手紙が成人した甥から送られてきたら、
「耄碌したボケ老人だとでも思ってるのか?」と気を悪くするか、
「いい年して、手紙の書き方も知らんのか…」と情けなく思う伯父(叔父)さんが
大半なんじゃないだろうか。

79 :愛と死の名無しさん:2006/11/10(金) 01:17:50
これって冠婚葬祭じゃなくて生活全般板あたりで議論すべき問題じゃないの。

80 :29:2006/11/10(金) 02:09:23
>>67
そんなもんが非常識なら、
そもそも写真とろうといいだしたやつが一番非常識じゃなかろうか。

81 :愛と死の名無しさん:2006/11/10(金) 08:31:13
>>29さんにもお勧め。
ニンテンドーDSソフト
『いまさら人にはきけない大人の常識力トレーニングDS』

問:会社への宛名
封書やハガキを会社に送る時の宛名の書き方として、
正しいものはどれか。

1:〜商事株式会社 様
2:〜商事株式会社 行
3:〜商事株式会社 御中
4:〜商事株式会社 殿

これで悩むならこのソフトは買いだ。


82 :愛と死の名無しさん:2006/11/11(土) 17:51:51
>>80 -29
普通、葬儀の写真は記録用だ。
若い人の葬儀や大きな葬儀ならなおさら記録色が強い。

故人が大往生って場合は、
めったに顔が揃わない親戚一同で記念に撮ることもある。

時と場合、地域や家の考えによるけど
写真を撮るのは非常識というような事では無い。

いちいち反発したいようだが、
人の話も一応きいておくものだよ、29。

83 :愛と死の名無しさん:2006/11/11(土) 18:41:34
人生経験の浅さって、「謙虚さ」でしか埋められないんだよね・・

84 :29:2006/11/11(土) 21:09:38
>>82
>故人が大往生って場合は、
>めったに顔が揃わない親戚一同で記念に撮ることもある
あの、こんな当たり前のことを言って何を伝えたいのか理解不能なんだが。

そんなことよりも、
>時と場合、地域や家の考えによるけど
と言っておきながら

>写真を撮るのは非常識というような事では無い。
なぜこうまで決め付けるのか。
そのくせ、人の話も一応聞いておくものだ。とさ。

「けど」から「ではない」までに、そう判断するにいたる
理論的説明などひとつも無い。


「白髪の〜」程度で非常識だが、
写真を撮るのは非常識でない。
いったいこの線引きはなんなんだ?という意味合いで
>80では述べているのだが、まじめなことに写真を撮る状況
から説明されて、感服いたすところではございますが、
まったく理論的でないことを自覚していただきたい。
わかりにくいようでしたら申し訳ないので
上の二点に関しての私の考えは「どちらも別にふつーだろ。」
ってことです。
写真撮るのもふつーのことだし、ばぁさんが「白髪のー」
と言うのもふつーのことだろ。別にそんなことぐらいで
常識がどうのこうのいうようなこっちゃないね。ってのが考えです。

85 :29:2006/11/11(土) 21:25:46
あくまでがちがちに考えるってんならやはり人が死んだときに
記録であろうとなんだろうと写真を撮るということは
何を思って撮るのか。
何を思って撮ろうと思ったのか。
(撮ろうと思った動機は何なのか、その写真をどうするつもりか)
そのことを考えれば、決して死者を弔う気持ちによるものとは
思えないが。それならば50歩100歩ってとこだとおもうがね。
所詮カメラも写真も、一般人には嗜好品でしかない。

とはいえ、別にこれが常識非常識って言ってる考えを
やめろとか、改めろとか言うつもりは無いね。
好きに言ってりゃいいさ。
んが、その根拠もたいした意味も無い常識とやらに
あてはめてないやつは愚か者だと言う、
(井の中の蛙であることはお互い同じであるのに)
卑下した態度に反抗してみただけさ。

結局常識とやらにしたって人が「勝手に」決めたもんでしかない。
葬式、その他儀式だって、所詮は宗教。そう考えればどんなもんよ。
なにもそれらを完全に無視して生きていくぜ!って言ってるんじゃねぇ。
だが、これは正しくてこれは正しくない!だからこれはだめで、こうしろ!
っていえるほどのもんかと。まして、馬鹿にしてまで必死に守り抜くようなもんでもねぇ。
そんなにはっきりかっきり決まってるんならなんにも悩むことなんてねぇんだから。


86 :愛と死の名無しさん:2006/11/11(土) 21:47:00
「そこには風呂上がりの妹が」まで読んだ。

87 :愛と死の名無しさん:2006/11/11(土) 22:08:52
厨房、せめて日本語で書けやw

88 :愛と死の名無しさん:2006/11/11(土) 22:14:32
>>84-85=29
もう、出て来ない方がいい。
こういう言われ方を、君が一番好まないだろうことは容易に想像が付くが…

世の中には、大人にならないとわからないことがあるから。

89 :愛と死の名無しさん:2006/11/11(土) 22:54:36
多くの人がほぼ納得できる了解事項=「常識」
これに則って行動できる方がコンセンサスを得やすく、
自分のリクエストも通りやすい。結果的に有利で賢い。

そんなこともわからないから「ガキ」だと言って鼻で笑われるのよ。

90 :愛と死の名無しさん:2006/11/11(土) 22:56:19
ところで29は何歳なんだ?
中二病のリア厨なら許せるが。

91 :愛と死の名無しさん:2006/11/11(土) 23:05:54
「自分の意見を持っていて立派だね」とでもいって誉めてほしいのか??

92 :愛と死の名無しさん:2006/11/11(土) 23:33:18
「あくま」まで読んだ‥‥

と、言いたいところだったが(w
葬儀には「無宗教」で行うものもあるんだよ、と
立派な29に教えてあげようと思って。

93 :29:2006/11/11(土) 23:36:51
>>92
結婚だって人前式があるんだよ。
その程度でインテリ気分かい?w

94 :29:2006/11/11(土) 23:39:18
>>89
>これに則って行動できる方がコンセンサスを得やすく、
>自分のリクエストも通りやすい。結果的に有利で賢い。

字読めない人?

95 :29:2006/11/11(土) 23:40:34
>>91
「常識のある大人だね」と言われて当然と思ってるのか??

96 :愛と死の名無しさん:2006/11/11(土) 23:49:50
>結婚式だって人前式があるんだよ。

いやいや、ココの他の人たち皆知ってるから大丈夫だよ
何でも知ってる子だねー、えらいねー。
ついでにインテリって言葉の使い方も調べておくといいよ。

>「常識のある大人だね」と言われて当然と思ってるのか??

誰か言った?

97 :愛と死の名無しさん:2006/11/12(日) 00:11:33
数年後、自分の青臭さを思い出して (*゚∀゚)ウキャァァァァ ってなる時が来るよ・・・

98 :愛と死の名無しさん:2006/11/12(日) 00:57:14
もうやめなよ…引き際を知ることも必要だよ。

99 :愛と死の名無しさん:2006/11/13(月) 04:06:28
29よ。アンタの親は会話の空気を読むということを教えてくれなかったのか?
常日頃から会話のない家庭で育ったカワイソウな子供なのかな?

>>98も言ってる通り、これから社会に出るのにヒキ際って本当に大事だよ。
アルバイトして社会に出てる気がしてるかもしれないけど、
実際は全然違うからね。今言ってもわかんないだろうけどね。

今、29みたいな、ネットマンセーの時代で知識だけは豊富だけど、
口だけ達者で空気の読めない学生や社会人が本当に多い。
まわりの会話も聞かず、自分の理論や理屈ばっかり述べるやつばっか。
29は本当に今の子(現代っ子)代表だよ。


100 :愛と死の名無しさん:2006/11/13(月) 10:00:52
>>99

>なにもそれらを完全に無視して生きていくぜ!って言ってるんじゃねぇ

101 :愛と死の名無しさん:2006/11/13(月) 20:20:25
>>100
その続き

>だが、これは正しくてこれは正しくない!だからこれはだめで、こうしろ!
>っていえるほどのもんかと。まして、馬鹿にしてまで必死に守り抜くようなもんでもねぇ。
>そんなにはっきりかっきり決まってるんならなんにも悩むことなんてねぇんだから。

つまり「無視して生きていくぜ」ということ。

102 :29:2006/11/13(月) 22:25:24
>>101
どうしようもない脳構造だな。
ま、最初から期待はしてなかったが。
そろそろ飽きた。おつかれさん。

103 :愛と死の名無しさん:2006/11/13(月) 23:15:39
>>102
そうだな、そろそろ引っ込んだ方がいい。
ただ、『捨て台詞』は負惜しみにしかみえないから、スマートじゃないぞ。
次からはヤメトケ。

104 :愛と死の名無しさん:2006/11/14(火) 00:11:19
>>102
というか正直まだいたのに驚きだよw
よっぽど気になるらしいな

105 :愛と死の名無しさん:2006/11/14(火) 01:22:06
我慢できなくてまた出てくるよw

106 :愛と死の名無しさん:2006/11/14(火) 16:12:52
すげー!ここまで見事なアレも珍しいな
第二のお塩先生になれそうな勢いじゃん
それをこんな地味なスレで見られるとはw
もったいないから29様語録を作って相応しいスレに紹介しとくよ

107 :愛と死の名無しさん:2006/11/14(火) 21:32:20
いやー、そもそもさぁ、
子供のいない夫婦のほんの少しの文から、
詳しい事情も書かれてないというのに
立ち入って非難するような話に持っていった29の
デリカシーの無さと、
父親のほんの少しのこだわりというか常識範囲の忠告に
腹を立てていた29のズレ具合にプチッときたのが始まりだよね。
その後の29のレスはホントに何から何まで‥‥って感じで。

108 :愛と死の名無しさん:2006/11/14(火) 22:21:55
29の愉快なところは
「オレは俺の判断を信じる」ということしか語ってないとこ。
一言で済むのに無駄な長文、しかも自分の視野の狭さには無自覚。
素晴らしい中二病だよ。ほんと何歳なんだろう?

こんな子が親戚にいて、冠婚葬祭で顔合わせたらド突きたくなるだろうな。

109 :愛と死の名無しさん:2006/11/15(水) 00:10:55
29よ、まだ見ていたら生活全般板の中二病スレを見に行くことをオススメする。
君の将来の姿がそこにあるw

110 :愛と死の名無しさん:2006/11/15(水) 00:26:18
>>29は父親に叱られてムカついて、
このスレでなら慰められるかと思ったら
予想外に叩かれてショックだったんだねw

どうせならここで自信満々に垂れ流してる能弁を
父親に直接言ってやればいいのに。
リアルでは何も言えないヘタレ坊やだから
ネットで高飛車な態度取ってストレス解消してるんだろうけどさ。

111 :愛と死の名無しさん:2006/11/15(水) 01:00:24
>>109
見に行ってきた。そのスレに「『飽きた』発言が出たらまだまだ居座る証拠」
と書いてあって笑った。

おーい29、まだ見てるんだろ?ご高説垂れていいから戻って来いよ。

112 :愛と死の名無しさん:2006/11/17(金) 18:54:32
横浜での結婚式に、名古屋から8人(1テーブル丸ごと)出席した親戚。
翌日日曜日で休みだっていうのに、日帰りしたいから最後までいられないと言う。
しかも最終の新幹線には電車乗り継いでも、最後まで居て間に合うのに、
よく聞いたら新横浜駅で横浜土産を買う時間を30分見込んでの早退だという。
そりゃ教会の式に出るために朝早くから出てきたという事情はわかるけど、
おめでた事にそりゃないでしょと、他の席の親戚は内心「…。」愛想つかした。
でも後から聞いたんだけど、
新横浜の駅が改装中で、キオスクくらいしか開いてなかったらしい。

113 :愛と死の名無しさん:2006/11/17(金) 19:09:19
>>112
非常識に聞こえるかもだけど親族の気持ちもわかるわ。
田舎は出かけるとなったら近所等に声掛けて留守番頼んだりするから
(年寄・子供だけ家に残って留守番とかだ余計に)
その人達へのお礼とかも必要なのよ。
同様に土曜日に何かサークルや会合を欠席していたら
その人達にもお土産で菓子くらい持っていく暗黙の了解とかもあるし。
お付き合いで皆がしていることを時間がないからと言い訳できないし。
いくら結婚式でも遠出すればおすそ分けの必要があったりと
地域性もあるのでその辺は責め過ぎないであげてください。

114 :愛と死の名無しさん:2006/11/17(金) 23:19:25
名古屋→横浜の結婚式って日帰りコースなんだ・・・きつそう。

115 :愛と死の名無しさん:2006/11/18(土) 00:05:35
前泊はしない。
最後まで出たら最終新幹線まで30分の余裕もない・・・。

いったいどういうスケジュールの結婚式だったんだ?

116 :愛と死の名無しさん:2006/11/18(土) 00:12:35
不案内な場所で、新幹線の乗り換えに30分の間もなければ
早めに失礼したくもなるでしょ…。しかも最終ならなおさら。
おみやげ買う時間だってほしいだろうに。

117 :愛と死の名無しさん:2006/11/18(土) 00:24:34
>>112
112は「他の席の親戚」かな。
遠方から来た親族がその名古屋組だけで、宿泊費が自己負担だったとしたら
責められるべきは新郎新婦だと思う

118 :愛と死の名無しさん:2006/11/18(土) 00:32:09
自分は名古屋でないけど似たような事したことある。
親族って着物持って行くから午後の式でも朝一番に
出るくらいでないと間に合わないんだよね。
ようやく向こうに着いてからも着付けの順番待ちしていると
あっという間に午後になってしまう。

あの一式持って在来線・新幹線等の乗り継ぎは拷問だよ。
しかも横浜に行くにはこだましかないから余計面倒。
お年を召していたらなおさら動けないから大変。
自分が出来るからと人に求めなさんな。
20代の自分でもあれは強行軍で泣きそうに疲れる事だったんだからさ。

119 :愛と死の名無しさん:2006/11/18(土) 00:38:34
賛同が得られると思いきや叩かれる最近の傾向

120 :愛と死の名無しさん:2006/11/18(土) 20:43:18
>>112
親戚が当日泊まるホテルを招待者が準備していたのに、それを理由も言わずに
断ってとっとと帰った、とかいう前段があるなら、わからんでもないけど……
親戚とはいえそれぞれの家庭の事情もある中、最終で帰る場合ですら中座しなきゃ
いけないような時間帯の披露宴に出席してくれただけでもありがたい、と思うけどなぁ

121 :愛と死の名無しさん:2006/11/19(日) 09:55:03
新郎新婦側が翌日朝一番で帰れるように宿泊の用意しとくか
親戚に持たせるお土産を事前に準備しとくべき

というか愛想つかしたという書き方は、その親戚は今までにも
そういうことをやってきたように取れるけどどうなの?
これが事情を知らない相手側の親戚が「呆れた」という話なら
書き間違いではなく意図的なミスリードと思われるが

122 :愛と死の名無しさん:2006/11/21(火) 21:05:27
>>118
??名古屋、横浜間はのぞみも通りますが?
実際、お土産買うためにテーブル1つぽっかり空いちゃったらちょっとヒクよ。

123 :愛と死の名無しさん:2006/11/21(火) 21:32:44
そういうスケジュールにした新郎新婦が責めを負うべきってことでしょ。

124 :愛と死の名無しさん:2006/11/21(火) 23:10:12
>>122
のぞみが通ろうがこだましか通らなかろうが、どうでもいいよ。
披露宴に最後まで出たら、終電まで30分しか余裕がないって、
そんなスケジュールは遠方から人を呼んどいて普通じゃないよ。

125 :愛と死の名無しさん:2006/11/21(火) 23:42:40
>>112は嘲笑のつもりで書いたのだろうが新横浜駅が改装中なら
ただでさえ不案内な場所が更に分かりにくくなってたはず。
来る時の乗り継ぎに予想外に手間くったので安全策を取って
急遽早退した可能性が高いと思う。おそらく土産は口実。

126 :愛と死の名無しさん:2006/11/22(水) 00:22:46
のぞみの下り最終は9時半ごろのようだ。
http://ekikara.jp/newdata/line/2301011/14109011/down-1_1.htm

ナイトウェディングって大迷惑なんだよね。

127 :愛と死の名無しさん:2006/11/22(水) 03:08:58
こだまだと10時ぐらい。
こっちを想定していたから、これに30分余裕をもたせると中座というので
やっぱりナイトウェディングは・・・と思った。
でも名古屋からで昼披露宴なら前泊したい。どっちみち日帰りはきつい。

128 :愛と死の名無しさん:2006/11/22(水) 14:21:17
ナイトウエディングなら後泊を新郎新婦が用意するのは常識だと思っていた・・・。

129 :愛と死の名無しさん:2006/11/22(水) 17:34:49
>>112には
>翌日日曜日で休みだっていうのに、日帰りしたいから最後までいられないと言う
とあるから、泊まり前提のプランだったんでは。
だけど日帰りしたい人たちがいた。これは別にいいよね。
問題はそういう可能性を考慮しなかったってところにある。
人にはいろいろ都合があるんだし、「泊まってもらえばいいじゃーん♪」ではすまないよ。

130 :愛と死の名無しさん:2006/11/22(水) 18:25:55
その「泊まり前提」の宿代の出所と、
まああとは日帰りしたかった理由にもよるかな。
宿は招待側持ち、いつもの囲碁教室のために帰ります、とかだと
さすがに泊まってってやれよ、と思うかもしれない。
でも1テーブル1家族か2家族か、全員帰るってことは
やっぱり宿代自腹かどうしても譲れない用事があったんだろうけど。

131 :愛と死の名無しさん:2006/11/22(水) 19:02:20
どういう事情であれ、日帰りを了承したうえで新郎新婦は親戚をお招きしたんだから、
外野がやいのやいの言うこともないわな。

132 :愛と死の名無しさん:2006/11/25(土) 09:58:20
結局>>112は周りの親戚だったのか、新郎新婦側だったのか。

133 :愛と死の名無しさん:2006/11/25(土) 14:04:46
事情があって、当日うちの両親が親がわりを努めたうちのいとこ。
式が無事終わり、新婚旅行はないはずなのにその後うんともすんとも言ってこない。
ふつうお礼の電話の1本ぐらいしないか?
うちの親も何か不手際があったのかと心配してるけど、こっちから連絡入れるのも
はばかられて、様子見のまま既に1週間。これってどうなの?

134 :愛と死の名無しさん:2006/11/25(土) 14:10:08
>>133
最近は日本人が口にする常識を一脱してる人達も増えてきたから
そのような人も居るんじゃないの?
常識がないと今回感じたのなら、今後距離を置くか縁を切ってしまうのが
いいのではないでしょうか?常識のない人に今後を期待しても
期待を裏切られることでまたモヤモした思いをすると思います。

135 :愛と死の名無しさん:2006/11/25(土) 14:25:34
どれが常識なのかがよくわからない

136 :愛と死の名無しさん:2006/11/25(土) 14:45:21
>>134も逸脱に注意しよう。
常識を脱ぎ去るのも有りだが。

137 :愛と死の名無しさん:2006/11/26(日) 00:38:37
>>133
親代わりをしたなら、お礼の必要性についても
親の代わりに注意するしかないんじゃないかな。

138 :愛と死の名無しさん:2006/11/27(月) 23:34:15
法事で一番金を食うのは叔父一家。大人6人子供3人で三所帯なのにご仏前は
二軒分で四万円。会席6+3人前、お土産は3軒分持ってって3万近い損害。
叔父一家の為に接待してるんじゃないんですが。人手が無いっつうのに、お酌くらい手伝え!
従兄弟の結婚式の時は御祝儀だけ出席者並に取っといてお返しも無い、成人式だの海外旅行だの莫大な
お祝いを貰っておきながら、故人へのお返しはゼロで、叔母の親に還元されてた。
神経太いよな、と親戚のオヴァに細かいことは言えずに愚痴ると、
「向こうだって呼ばれて有り難迷惑なんだから(来て貰って有り難いと思え)って」言われた。・・・そういう計算してたのか、叔父一家。

139 :愛と死の名無しさん:2006/12/02(土) 13:23:04
身内の披露宴にて。叔父の代わりに来ていたいとこ。

新婦がとある動物が大好きで、いつか夫婦で海外にその動物を観に行くのが夢、
と司会者が紹介していた。

披露宴中盤、司会者が各テーブルを回り、テーブルの代表者に一言頼んだところ
「○○を観に行くなら、オーストラリアがいいですよ。離婚したカミさんと行ったんですけどね(ニヤリ」
と言い放った。腹が立つ以前に凍った。

140 :愛と死の名無しさん:2006/12/02(土) 13:45:46
面白いと思って言ったのかなあ

141 :愛と死の名無しさん:2006/12/03(日) 14:24:53
そういうヤツだから離婚されたんだろう

142 :愛と死の名無しさん:2006/12/04(月) 20:22:31
>>139
忌み言葉言うなんてドキュン

143 :愛と死の名無しさん:2006/12/04(月) 20:50:11
オーストラリアとまで書きながら、動物の名前をふせるのかあ。
コアラとかウォンバットとかペンギンかな。

144 :愛と死の名無しさん:2006/12/05(火) 16:17:08
親族というか、実の母親が、私の若い頃の友達が来るなら披露宴に来ないと言い出した。
確かに、彼女とははちゃめちゃな事ばかりやっていたし、喧嘩もしたけど、
私が荒れていたのは彼女のせいでもなんでもなく、私自信のせいなのに。
金の事は心配するな、呼びたい人は皆呼びなさい、皆に祝福されて、幸せな結婚式しなさいと言ってくれてたのに。
なら、元々出来ないものと思ってたんだから、最初から結婚式しなさい、なんか、言わないで欲しかった。
母が来ない結婚式も、今更彼女の出席をお断りして、傷つけてまでする結婚式も考えられない。
こんな女と結婚してしまって、旦那が不憫で仕方ない。

145 :愛と死の名無しさん:2006/12/05(火) 16:57:48
>>144
もちつけ。
144のDQN時代のお詫びといっちゃーなんだが母親に式見せてやる日だと思うしかないんじゃ。
ただ既に招待状を出してしまったとか互いの友人同士を呼んで
その人だけ呼ばない、となるとちょっと話が違ってくるね。
いずればれるし。
既に招待していてお断りするのはなおさらDQNであると諭すことは出来ない?
このさいグジグジするよかよく話した方がいいよ。

で、別に144の旦那になる人に対してはもっと自信もたないといかん。


146 :愛と死の名無しさん:2006/12/05(火) 23:54:54
母親は昔のことがちょっとトラウマになってるのかもね
むしろ、昔バカやってた私達も今は大人になりました、ってな感じで
ちゃんと会わせた方が良いんでない?
一応その友達には気安く母親に声かけて揉めないように
事情を話しておいた方が良いと思う

147 :愛と死の名無しさん:2006/12/06(水) 00:43:05
>>144
あ〜、トラウマなのかもしれないねぇ。
やんちゃでした、って頃の葛藤をいまさらフラッシュバック
させたくないのかなぁと思った。
ここは真剣にいかにその友人が大切で今はお互い大人になりました、
っていうのを理解してもらうように言うしかないんじゃない?
なんとなくだけど、そういった話しもしずらい関係なのか?とオモタ。
うちの子に限って〜そうあの子がいたからよ!みたいな母親だったのでは。
いい機会だし腹割って話したら。


148 :愛と死の名無しさん:2006/12/06(水) 02:31:56
>>144
母親と友達、どちらも大切なら、披露宴の前にさりげなく対面させては?
あなたの実家に友達が菓子折り持って伺うとかもできそうにない?

「私達の為に、おばさまに心配させてしまって申し訳ありませんでした」
「新婦が晴れの日を迎える事ができたのも、おばさま達の愛情ですね」
「親の有難味をしみじみと思い出すと、過去の自分の振舞いは過ちでした」

とか何とか、友達とあなたから母親に詫びと感謝の言葉を伝えたら?
友達が今もDQNなら無理だけど、いい年齢で落ち着いているのならば、
理由を話したら、きっと一緒に頭を下げてくれると思いますよ。
他家へ嫁ぐのだから、意地を張らずに母親の気持ちを汲んであげてね。


149 :愛と死の名無しさん:2006/12/06(水) 08:48:44
菓子折り持参で事前対面するのはなぁ。
144の文面をそのまま受けとるとしたら、いい大人がわざわざ招待客に
頭さげさせる訳にもいかないのでは。
近所なら遊びに来てもらうとかチャンスはあるだろうけど。
母親からの友人への印象が最悪だってことだよね。
144がその印象を変えてやる努力をするのが先だ。
過去の自分のドキュソをまず詫びるんだね。
もし友人が大人になっているならば、母親の話を聞いたら遠慮して欠席すると思う。
可哀想な私、とめげる前に頑張ってみたら。


つかスレ違いだね。実の親だし。



150 :愛と死の名無しさん:2006/12/10(日) 22:35:32
旦那のおかんの一周忌。。
田舎…私は嫁やである程度は仕方ないけど、ええ年した80前のおばあちゃんが酔っ払って、人を小ばかにしながら、でか〜い声でねぇちゃん、ねぇちゃん!
しかも車の免許持ってないってわかったら、
車は乗れんが、あっちの方は乗るのお上手やもんね〜?
下品な親戚!
恥ずかしい!

151 :愛と死の名無しさん:2006/12/11(月) 00:32:39
>>150
どうせ酔っててまわりの話なんて聞いちゃいないんだから、
本人に向かって冷静に批判してやれ。
150の旦那はどうした、
「ばあちゃんいい加減にせえ」くらいは言ったのか。

152 :愛と死の名無しさん:2006/12/12(火) 22:04:56
sage

153 :愛と死の名無しさん:2006/12/12(火) 22:14:58
>>151
なんかバカにされて腹が立ったけど、私自身バカにされる所があるんかなと思ったりして…
何年も生きてきて若い人に、何かと教えていかねばならん人が、そんなんじゃなんか情けなくなったりもして…
みんな助けあったり励ましあったりして、生活も人間性も向上していくもんだと思ってるけどいがみ合ったりアラ探ししたりして…疲れてしまいます。
私をバカにして傷つけて、その人が楽になるんならばの精神で頑張りま〜す。
私のボヤキに励ましてくれてありがとうね!

154 :愛と死の名無しさん:2006/12/12(火) 23:33:40
改行すら出来ないんだからバカにされても仕方ない。

155 :愛と死の名無しさん:2006/12/13(水) 02:40:59
>>153
どうでも良いが、なんだかあまり若くない感じがする。

49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)